FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

松島泰勝は早稲田大学で「琉球の戦争と平和」という講義を行いました。最後の20分間、また授業終了後も学生さんが次から次に意見や質問をして下さいました。できるだけ多くの声に真摯に答えさせていただきました。私も新たな発見があり、研究への意欲がさらに増しました。

今日、松島泰勝は早稲田大学で「琉球の戦争と平和」という講義を行いました。最後の20分間、また授業終了後も学生さんが次から次に意見や質問をして下さいました。できるだけ多くの声に真摯に答えさせていただきました。私も新たな発見があり、研究への意欲がさらに増しました。

松島泰勝は早稲田大学の大学院生時代、左側にあった木造アパートで7年間生活しました。今は綺麗なマンションになっていました。毎日、朝から晩まで図書館に籠って本を読んで、読書ノートを書いていました。ここを通るとその頃を思い出し、身が引き締まります。


右側が旧図書館、左側が法学部の建物です。かつては地下にサークルの部屋があり、その一つに先島クラブの部室もありました。松島泰勝もそのメンバーの一人であり、琉球の歴史や文化の1次資料を輪読したり、深夜まで議論しました。図書館での本との出会いと喜び、興奮も懐かしく思い出されます。

左側は政治経済学部の建物です。松島泰勝の指導教授であった西川先生の研究室が二階にあり、そこで他の院生とともに先生の演習指導を受けました。西川先生を通じて、植民地主義の問題、内発的発展論、人権論、開発問題、琉球の平和、国連の役割等、現在の私が立っている土台となるものを学びました。

この通りの奥にある新宿区立中央図書館にも通いました。時々、蔵書のリサイクルが行われ、フランツ・ファノンの著作集も入手しました。約20年後に松島泰勝が『琉球独立への道』を書いたとき、この著作集が大変役立ちました。この後、池袋のジュンク堂に行き、大変、刺激的な近代アジア思想の1次資料集を見付けたので、後日ネットで購入します。
スポンサーサイト

今朝、グアム政府脱植民地化委員会のアルバレス事務局長とフェスブックで次のようなチャットを行いました。朝から大変励まされました。今年3月には琉球に来て、講演をされる予定です。

松島泰勝は今日はこれから東京に行きます。早稲田大学で「琉球の戦争と平和」という講義を行い、学生さんと真剣に議論をします。また多くの研究書を収集し、先達の研究を踏まえて、自分の世界をさらに広げ、深めたいです。

昨日、東京にあるJRと東急の2つの駅前を歩いていると、双方において教育勅語の大切さをマイクで訴える、まじめそうな2人の男性がいました。日本において急速に、草の根的に戦前体制への回帰が進んでいることを改めて自らの肌身で感じました。

今朝、グアム政府脱植民地化委員会のアルバレス事務局長とフェスブックで次のようなチャットを行いました。朝から大変励まされました。今年3月には琉球に来て、講演をされる予定です。

アHow are you over there? Is it still very cold?
松Very busy.I am now in Tokyo.I will do the presentation before students in Waseda Univ.Also it is very cold too.
アOh good! What is your presentation about?
松The Peace and War in Okinawa is the theme of my presentation.
アI see.Will it cover Ryuku's Independence movement?
松Of cause,I will say the independence movement with the situation of war and people in Ryukyu.
アVery good! How do the Japanese respond to your presentations?
松They are becoming to understand that movement is based on logical,historical,economical thinking ,not on only feeling of angry.
アGreat! Now you must prepare. Good luck my brother. I will be with you in spirit!
松Thank you very much.Many Ryukyuans will be encouraged by your support to us in the forum,in coming march,on Okinawa.
アOf course. I will bring Edi to Okinawa.I think Mike san will bring his girlfriend too.We are doing the same.

今年も、多くの方々と真摯に議論して、学問としての琉球独立論をさらに深めていきたいです。

今年も、ゆたさるぐとぅうにげーさびら

今年は、大田元知事、鳩山元総理、木村鹿大教授と私との対談本がかもがわ出版から、金城実さんとの対談本が解放出版社から出版されます。

『琉球独立への道』の中国語への翻訳出版も進められています。また3月には、佐藤優さんや白井聡さんともシンポや対談等で議論します。北京大学、福建師範大学、龍谷大学での国際シンポ、愛知県立大学での講演会等において琉球独立について報告、議論する予定です。今年も、多くの方々と真摯に議論して、学問としての琉球独立論をさらに深めていきたいです。

法語は定期的に変わりますが、いつも勇気づけられます。琉球の「命どぅ宝」が思い浮かび、一日も早く琉球から基地がなくなり、辺野古、高江の新基地建設が中止になるようにと手を合わせました。

象が建物の上で歩いており、シュールな光景です。感性が刺激されて、発想が自由になります。

琵琶湖の漁港です。ときどき、ゴリという小魚の佃煮を箱一杯にご近所の方から頂戴しています。ご飯と一緒に食べると美味しいです。

法語は定期的に変わりますが、いつも勇気づけられます。琉球の「命どぅ宝」が思い浮かび、一日も早く琉球から基地がなくなり、辺野古、高江の新基地建設が中止になるようにと手を合わせました。

琵琶湖の伝統的漁法のえり漁のワナです。琉球や太平洋のサンゴ礁でみられる石干見漁も、魚を追い込んで捕獲するという点で似ています。

松の枝に多くの鳥が足を休めたり、飛び立っていました。今年は酉年ですので、皆様にとっても大きな飛躍の年になりますよう、お祈り申し上げます。


正月3日間は天気にも恵まれ、近所を散歩しました。琵琶湖は大きな海のようで、島育ちの松島泰勝にとって気持ちが落ち着ける生活環境です。

妻は首里織を同業者組合の学校で学び、その後、京都造形芸術大学の通信制の大学、大学院で染織の術を深めてきました。草木染をしたり、友禅をしたりと、様々な技法をつかって自分を表現しようとしています。また夜は謡曲の練習もしています。

正月3日間は天気にも恵まれ、近所を散歩しました。琵琶湖は大きな海のようで、島育ちの松島泰勝にとって気持ちが落ち着ける生活環境です。

比良山系の頂上には琵琶湖バレーというスキー場があり、雪が積もっています。冬は比良おろしという強く、寒い風が吹くことが多く、電車も止まったり、徐行運転をすることがあります。

滋賀県でよくみられる「飛び出し坊や」です。運転手への注意を促すもので、子供への愛が感じられます。坊やのほかに、女の子、小野妹子等のバージョンもあります。

昨年はサンダーバードで福井、金沢で講演に行きました。以前は、富山大学で何回か講義をした時もこの電車に乗りました。日常的によく見る、とても速い電車です。

妻が織った壁掛けの下に、15年物の古酒の甕があります。時々飲みますが、大変熟成され、五臓六腑にしみわたります。

重子と鈴子は静岡時代から11年一緒ですが、とても仲良しです。

2017年の元旦に家の近くにある、近江舞子に散歩に行きました。日が雲間から輝き、てぃだ神様から力を頂きました。

染織家の妻が新たな作品をつくっています。機織りの音が心地よく部屋で響いています。

玄関ホールの棚に妻がアレンジした生け花が置かれています。近くに住む生け花の先生とは家族で忘年会と新年会をさせていただき、互いに励まし合っています。

妻が織った壁掛けの下に、15年物の古酒の甕があります。時々飲みますが、大変熟成され、五臓六腑にしみわたります。

琉球人に目覚め、自己決定権を行使するようになった松島泰勝の歩みを通して琉球の戦争と平和について議論します

いいしょーがちでーびる。昨年中は、多くの方と出会い、自らの研究、教育そして社会活動を励ましてもらい、多くの知恵を頂戴しました。心より感謝申し上げます。

今年も自らの信念に基づき、多くの方と平等な立場で真摯に意見交換をして琉球独立研究をさらに深め、琉球が「平和な島」になるための一助になればと希望してます。新年7日には母校の早稲田大学の学生さんと、琉球人に目覚め、自己決定権を行使するようになった松島泰勝の歩みを通して琉球の戦争と平和について議論します。

松島泰勝の『琉球独立論』を紹介してくだり、感謝申し上げます

下記のブログで、松島泰勝の『琉球独立論』を紹介してくだり、感謝申し上げます。


http://blog.zige.jp/bamboopiper/kiji/886022.html

柳原銀行記念資料館、京都朝鮮第一初等学校跡地、そして耳塚に行き、アジアの歴史、戦争、独立、日本の中の差別問題等について意見交換しました

昨日はNYで医者、人権活動をされているケビンさんが訪ねてこられたので、京都をご案内しました。柳原銀行記念資料館、京都朝鮮第一初等学校跡地、そして耳塚に行き、アジアの歴史、戦争、独立、日本の中の差別問題等について意見交換しました。

安倍首相のあきれたパフォーマンスに琉球人は騙されません

安倍首相のあきれたパフォーマンスに琉球人は騙されません。真珠湾攻撃で亡くなった人々に対する冒涜でもあると思います。

鈴子が寝ているところを重子が割り込んできました。仲良くしています。

芳子は上から人間たちを観察するのが好きなようです。

安倍首相はグアムに行き、チャモロ人に謝罪すべきです

安倍首相はグアムに行き、チャモロ人に謝罪すべきです。1941年12月8日に日本軍はグアムのアプラ・ハーバーを奇襲攻撃しました。その後、44年7月21日まで日本軍が軍事統治をしました。

この軍事統治がハワイの場合と異なり、この間、日本軍による虐殺、強制労働、「従軍慰安婦」問題等が発生します。しかし、未だに日本政府はチャモロ人に対して謝罪や賠償を行っていません。

日本のメディアではハワイのパールハーバーが注目されていますが、もう一つの「パールハーバー」についても考える必要があります。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

手前の芳子は滋賀で、奥の鈴子は静岡で拾ってきたネコで、最初は仲悪かったのですが、冬になると互いに寄り添い仲良くしています。

重子さんの犬種名はキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルです。キャバリアは騎士を意味し、イングランド国王チャールズ1世、2世がこの犬を好んだことからチャールズと名付けられたそうです。

今朝はやたらに寒いと思っていたら、大雪です。周りはまだ暗いですが、部屋明かりで見える屋根に雪が積もっています。

グアムのエドさん、マイクさんの龍谷大学経済学部松島泰勝の「地域経済論」等の授業での講演内容が中日新聞、東京新聞に掲載されました

先日、松島泰勝の授業、「地域経済論」「演習1」で特別講義をして下さったアルバレスさんとベバクアさんのご意見が、東京新聞や中日新聞で報じられています。グアムと琉球はともに脱植民地化の道を手を携えて進んでいます。

昨日、グアムのエドさん、マイクさんの龍谷大学経済学部松島泰勝の「地域経済論」等の授業での講演内容が中日新聞、東京新聞に掲載されました。琉球とグアムとの連帯が大きく取り上げられています。


15732272_1195960223825954_2670561265294402239_o.jpg

下記のように、龍谷大学のホームページでも、松島泰勝の授業「地域経済論」等でエドさん、マイクさんが講演された内容と、龍谷大学とグアムとの関係等が紹介されていますので、どうぞご覧ください。

http://www.econ.ryukoku.ac.jp/news/detail.php?id=8897

来年1月8日のラジオ沖縄「沖縄羅針盤」において松島泰勝が琉球独立について語ります

松島泰勝は10年ほど前から顔に髭をつけるようになりました。月に1度ほど、自分で電気バリカンで頭と髭を一緒に刈ります。大変、立派な髭をしている、チャモロ人のマイクさんが昼食中に写真を撮って下さいました。髭も顔に生えてくる意味と役割があるのでしょう。

松島泰勝は大学院生時代、「先島クラブ」を仲間とつくり、琉球の様々な文献の読書会をしましたが、そのメンバーの一人に道場さんもおりました。道場さんとの議論を懐かしく思い出します。大変、素晴らしい研究者であっただけに早すぎる死に心よりの哀悼を申し上げます。

来年1月8日のラジオ沖縄「沖縄羅針盤」において松島泰勝が琉球独立について語りますので、どうぞお聞き下さい。このような機会を頂戴した島田さんにお礼申し上げます。

「琉球の戦争と平和」

来年1月7日に、早稲田大学「21世紀世界における戦争と平和(争点、ケース)」の連続講義において、松島泰勝は「琉球の戦争と平和」に関して講義を行います。学生さん達との活気溢れる議論を楽しみにしています。

公安調査庁のデマを「公共放送」のNHKが拡散していることも大問題です

公安調査庁のデマを「公共放送」のNHKが拡散していることも大問題です。

http://lite-ra.com/2016/12/post-2796.html

『文明の海洋史観』を、琉球独立を念頭において再読し、新たな知恵とアドバイスを得たいと思います

松島泰勝の大学時代の恩師であり、現在、静岡県知事をされている川勝先生から、『海洋の文明史観』を頂戴しました。心より感謝申し上げます。今年は、静岡県幹部100人の前で琉球独立論を講演させて頂く機会も頂戴しました。本書は大学院生時代に読ませて頂きました。文庫版では「あとがき」「解説」も新しく、琉球独立を念頭において再読し、新たな知恵とアドバイスを得たいと思います。皆様もどうぞお読み下さい。


トリミングを終えた重子が、いびきをしながら熟睡しています。耳飾りもクリスマス用のものになっています。

寒くなり、年をとったこともあり、毛布の中で寝る時間が長くなりました。

暖かい日は3匹で仲良く、昼寝を私の椅子の上でするようになりました。芳子は外を見ています。

松島泰勝の写真を改めて見ると、やはり日本人ではなく、琉球人であると思います。20代の頃からそのように自覚し、自らの内面を掘り下げてきたから、内面が表面に現れたのかもしれません

昨日は、京都の老舗料亭「菊乃井」で行われた経済学部の忘年会に参加しました。ミシュラン3つ星であり、フランス料理と和食が調和し、大変繊細で、各料理に驚きと発見がありました。両隣の席の先生からは、オーストリアの政治社会、京都市長賞や日経BP賞を受賞したゼミプレゼン等の話しを伺いました。他の教員も世界的に優れた研究をされている教員も多く、多くの刺激を受けています。和やかで楽しく、自由な雰囲気での忘年会でした。

チャモロ人のマイクさんに撮ってもらった自分、松島泰勝の写真を改めて見ると、やはり日本人ではなく、琉球人であると思います。20代の頃からそのように自覚し、自らの内面を掘り下げてきたから、内面が表面に現れたのかもしれません。


数年前、お二人と龍大の学生とともにパラオに行き、同国のレメンゲサウ大統領と面会しました

グアム大学のマイケル・ベバクア教授が講演を行っています。マイケルさんの専門はグアムの政治史、チャモロ語教育ですが、グアム政府脱植民地化委員会の中で独立部会の共同代表もしています。また写真家、漫画家、鍛治士としても活動しており、レオナルド・ダビンチのように多才です。

数年前、お二人と龍大の学生とともにパラオに行き、同国のレメンゲサウ大統領と面会しました。現職大統領とお二人との会話は、大変興味深いものであり、日本の植民地・琉球の人間としても大変、刺激になり、励みになりました。

松島泰勝も、お二人と学生達の意見交換を通訳しながら、多くのことを知り、考えることができました。これまで龍谷大学の学生は、何度かグアムを訪問し、チャモロ人へのインタビュー、フィールドワークを行いましたが、京都でグアムのお話を聞いたのは初めてです。

松島泰勝のゼミでも、エドさんとマイクさんに対して、学生全員そして東京新聞編集委員の白鳥さんが質問や意見を述べました。学生はチャモロ人と初めて会話をし、グアムのことをより身近に、自分の問題として考える機会になったと思います。

松島泰勝は2年間、グアムの日本総領事館で働いた経験があり、その後も龍大生と何度か訪問してきました。その際、植民地としての琉球とグアムとの類似性、活発な脱植民地化運動等、多くのことを学びました。この日もお二人の講演、学生等からの質問の通訳をしながら、グアムに感謝しました。


謝名親方顕彰碑の前に行き、独立学会での議論、高江での基地建設強行、「土人、シナ人」発言の問題等について報告しました

松島泰勝は妻とともに、エドさん、マイクさんを自宅に招き、バーベキューをしながら、グアムや琉球について意見交換しました。家の近くにある琵琶湖の浜も歩いてもらいました。マイクさんは、私の家でグアムの新聞への投稿原稿を書いて送付しました。

グアムからエドさんとマイクさんから到着した日に、龍谷大学の宿舎までご案内したときの写真です。エドさんは膝に障害がありますので、私の肩を貸して歩いてもらいました。ちょっと長く歩いたので反省しています。

松島泰勝は、謝名親方顕彰碑の前に行き、独立学会での議論、高江での基地建設強行、「土人、シナ人」発言の問題等について報告しました。ニライカナイで謝名親方は現在の苦難の状況におかれた琉球を応援し続けていると考えます。

牛肉、鶏肉を始め、4人ですべて食しました。マイクさんは写真家でもあり、この写真も素晴らしいです。Facebookの私の写真もマイクさんが撮って下さいました。沢山バーベキューを食べて、龍谷大学に行き、学長選挙に投票しました。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE