FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球人 島の未来を思うー唱える独立論軍事力持たず平和拠点に

8月24日読売新聞夕刊(大阪本社版)に掲載された私のインタビュー記事をFBの友達の鈴木さんが切り取って下さいました。ありがとうございます。

14063738_1752427355026095_2277153340629833218_n.jpg
スポンサーサイト

日本の植民地支配最大の抗日運動、タパニー事件(西来庵事件)

大雨の中でしたが、西郷従道率いる日本軍が台湾に上陸した場所にある石碑を確認することができました。ここから台湾侵略が始まりました。

1915年に発生した、日本の植民地支配最大の抗日運動である、タパニー事件(西来庵事件)の資料館で、抗日運動を学びました。嘉義大学の李教授が詳しく説明して下さいました。

抗日運動のリーダー、余清芳氏は闘争後、日本政府に捉えられ処刑されます。李教授も指摘したように、両足は閂で貫かれるという拷問を受けていますが、目は真っすぐに見開いており、正義の運動であるとの確信が伝わります。


同運動は、日本の植民地支配により生じた搾取、不平等、不正義から脱するために、大明慈悲国という新たな国を求める独立運動でもありました。

住民は手製の武器であるのに対して、日本軍は近代兵器で弾圧し、弾圧戦で3000人以上が死亡しました。一説にはさらにその3倍以上の人々が殺されたと言われています。

台南夜市に経済と生活の活力を感じる

台湾での車移動の中で、中華琉球研究学会の林先生が唐の時代の漢詩を節をつけて唄って下さいました。深い教養と伝統を感じました。私達は「てぃんさぐぬはな」を唄い、女性達も流行の唄をそれぞれ楽しく唄いました。

台南最大の夜市に行きました。台北の夜市に行ったことがありますが、こちらは広い敷地に色々なモノの販売、食事、ゲーム等、ありとあらゆるものがありました。

様々な種類のゲームがあり、老若男女本当に楽しそうでした。手作り感のあるゲームに親しみを感じました。家族の絆の強さも直に体に伝わってきました。

屋台も色々な種類があり、美味しそうな臭いがしました。私達も楽しく、美味しい料理、デザートをたらふく食べました。中華琉球研究学会の女性メンバーの嬉しい提案で夜市に行きましたが、良い、楽しい経験になりました。にーふぁいゆー。

淡江大学で経済学を教えられている林教授から、夜市の経済的仕組み等をお聞きしました。通常の市場経済とは異なる経済ですが、台湾経済の原動力になっていると感じました。

牡丹社事件と琉球

石門山の入り口にある歴史資料館です。牡丹社事件の影響として、日本による琉球國併合の事実が指摘されていました。台湾の人々の琉球に対する認識を知ることもできました。

山の麓には台湾原住民のための教育施設がありました。また原住民の言葉で地域放送をしていたのも印象的でした。


日本軍によって台湾原住民が虐殺された地域の高台に日本の団体によって神社と鳥居が建立されていました。


中華琉球研究学会の皆様も一緒に石門山を上って下さいました。途中まででしたが、滑りやすく、危険な山道で、当時のことを偲びました。

牡丹社事件で殺された琉球人の遺骸を弔って下さった中国人の一人です。


台湾の温泉神社と零戦

温泉地域を歩いていると日本のハッピを来て、はちまきをしたマスコット人形がありました。近くにあるトイレも日本式屋根でした。

日本軍の台湾侵略の際、台湾原住民が虐殺された石門山を歩きました。雨が降った後で、倒木もあり、頂上までは行けませんでしたが、厳しい山道を歩きながら原住民と琉球人の悲劇を考えました。

日本の庭園、枯山水を模した構築物です。日本文化のイミテーションがあらゆるところに配置されていました。これらを見た日本人は台湾を「親日的」と思うのでしょう。

同敷地内に、神風特攻隊の零戦機を模した構築物がありました。これは公共のモノであるとの注意書きがなされていました。日本でもこのようなものは見たことがありません。

近くに鳥居、温泉神社、石灯籠、手水舎が置かれ、上を上っていくと社殿の中になぜか薬師如来像がありました。

台湾の「靖国神社」

次に日露戦争の時に日本軍がこの高台に通信兵を置いて、台湾海峡を航行するバルチック艦隊を監視した場所にある記念碑と説明板がありました。

神社に地元の人が参拝している様子はありませんでした。このような台湾における再皇民化について一人の琉球人研究者としてどのように考えるのかについて意見を述べました。


皇民化教育が正当化され、「進んで」日本軍として闘い、靖国神社に合祀されたことが書かれています。先日会った高金さんを始めとする台湾原住民は靖国合祀に強く反対しています。琉球の金城実さんも靖国合祀に反対する「靖国訴訟」について私に話されました。


李登輝が書いた石碑が戦争関連石碑の中心にありました。

「台湾の靖国神社」とも呼ばれる宝覚禅寺に太平洋戦争で亡くなった台湾の人々を「英霊」として位置づけようとする石碑がありました。


台湾の神社・保存再建運動


台湾原住民の靖国神社合祀の反対運動をされてきた立法院委員の高金素梅さんの事務所幹部の方と意見交換しました。蔡総統は台湾原住民に謝罪しましたが、日本政府も台湾原住民に対する植民地支配に対して謝罪すべきです。


他の神社でも見ましたが、日本の紀元年号が消されていました。台湾の人々の日本による植民地支配に対する抵抗の形でしょうか。

苗栗縣にある神社跡に行くと、鳥居、灯籠、社殿が保存されていました。社務所には覆いの構築物が置かれ、再建される予定です。神社の説明板を読むと、日本の植民地支配を肯定的に認める記述がされていました。

公園の丘を上っていくと頂上に日本の神社の跡がありました。灯籠、石階段はその当時のままでした。社殿はなく土台しかありませんでした。台湾では現在、日本時代の遺物を保存する政策が各地で実施されているようです。

客家をリーダーとした抗日運動を記念した石碑がある建物に行きました。新竹にある公園の麓に建っています。

琉球での調査活動で過去、今、これからの琉球を考える

昨日は、沖縄県、那覇市の行政部署に行き資料収集をして、不動産の當銘さん、新報の米倉さんにお会いして意見交換しました。非常に貴重なお話を伺いました。また夜はウンケーでご先祖の霊を家の中に迎えました。ウートートー。

昨日は、那覇市立図書館に行き、台湾と琉球との関係について調査しました。その後、公務員の方、大学の教員と、琉球の安全保障、アメリカ大統領選挙が琉球に与える影響、「捨て石作戦」の現代版、フィリピン研究等について意見交換しました。自分と異なる意見もありましたが、大変、参考になり、勉強になりました。

琉球は旧盆中で、親戚の話しを両親から来ています。戦前ですが、母方の叔父は大変勉強ができて進学したかったのですが、家が貧しいこともあり、家業を継ぐことになったそうです。それでも勉強への情熱を諦められず、台湾に出て、本屋で働きながら進学のための勉強をしたそうです。しかし無理がたたって若くして亡くなったと今日初めて聞きました。叔父の分まで研究に精進しようと思いました。

昨日は、沖縄県立公文書館に行き調査をしました。マイクロフィルム、CD版資料、要内部許可資料等、貴重な原資料に目を通し、また実際に手袋をはめて手で触れることもできました。係の方も大変親切で、色々と教えて下さいました。琉球の地図、絵図に関する特別展も良かったです。大田さんが知事の頃に設立された公文書館ですが、琉球の過去、今、将来を考えるにあたった大変重要な場所です。

昨日は沖縄県立図書館郷土資料室に行きました。高校時代から通っている図書館ですが、問題意識が変化し深まると、同じ資料でも新たな発見があり、また新たな資料を見つけることもできます。昨日は収穫が多い日でした。「沖縄学の父」と呼ばれ、同図書館の旧館長である伊波普猷のマブイに感謝したいです。高校生の時、自分は何者であり、どの方向に進み、世界はどうなっているのかを、この図書館で格闘したことが良い思い出になっています。

台湾から琉球へ

次に八田與一が建設に係った烏山頭水庫に行きました。博物館では八田が神格化され、その銅像や墓地がある場所も神社のようでした。「日本人が台湾をつくった」という不遜な、事実でない言説が流布されています。しかし、そうではないことを今回の台湾調査から学びました。台湾の人々が台湾をつくったのです。

今日、琉球に帰国します。図書館、公文書館等で資料蒐集するとともに、昨日までいた台湾の再皇民化問題について琉球人がどのように考えているのかについても、台湾の現実を思い返しながら考えてみたいです。

今、琉球に着きました。1ヶ月ぶりですが、琉球の熱い風が心地よいです。これから琉球の歴史と文化について学び、またマブイと触れ合いたいと思います。

環球時報のネットニュースに、中国社会科学院研究員が「琉球の地位は未定」という重要な論文を発表しています。私も琉球の政治的地位は未定だと考えています。

牡丹社事件と生来庵事件

日本時代に作られた台南神社の跡地に建設された小学校には、社務所が再建され、武徳殿が残されていました。近くには日本の植民地支配と関係の深い愛国婦人会館が再建されていました。その後、孔子廟を歩きましたが、日本的な建物と非常に対照的でした。

夜は台南で最大規模の夜市に行き、屋台で食事をしました。様々な出店があり、色んな種類の手作り感のあるゲームが印象的でした。市場全体に大変な活気が満ち満ちており、市場経済の原点を見たような気がしました。私も台湾に少なく持参して、足りなくなったパンツを値切って買うことができました。

牡丹社事件で犠牲になった琉球人の遺体は地元の中国人によって葬られ墓が作られました。その墓の前に、日本軍が台湾侵略を正当化し、「大日本」という文字を刻んだ石碑を作りました。これまでこの石碑の写真しか見なかったのですが、実際に現場に行くと石碑と墓の前後の位置が明確です。この事件が琉球併合のために利用されたことをこの目で確かめました。

昨日は、噍吧哖事件紀年園区に行き、西来庵事件とも呼ばれる抗日運動と日本の弾圧策の凄まじさについて学びました。歴史認識における再皇民化の跡を辿るとともに、近くの礼拝所で祀られている抗日運動の余氏のマブイに手を合わせました。日本政府はこの虐殺、弾圧策について未だに公式に謝罪していません。

台湾の再皇民化

今、台北に着きました。ねっとりした空気が琉球と似ていて、親しみがあります。飛行機では、スポットライトという映画を見ました。どんな圧力があろうとも事実を徹底的に報じ、社会正義を実現しようとするジャーナリストの姿に感動しました。私もこのような姿勢でありたいと思いました。

今日は台南の方まで移動しながら、台湾の再皇民化(再植民地化)の幾つかの現場を直接の自分の目で見て、考えて、発言する予定です。琉球の植民地支配の現状とも比較しながらフィールドワークを行います。

昨日は、最初に新竹にある抗日運動の記念石碑、日本時代に作られた神社跡に行き、その後、苗栗にある別の神社、日露戦争関係の記念碑に行きました。ある神社では修築工事も行われていました。台湾の再皇民化について考えました。その後「台湾の靖国神社」とも言われている宝覚禅寺に行きました。そこには「日本人以上に日本人的」と言われる李登輝揮毫の石碑もありました。台湾の再皇民化が内部からも進み、強化されていることが分かりました。

昨日は、牡丹社事件で殺された琉球人の墓に行きました。琉球人は日本人ではないにも拘らず、鳥居、灯籠、大砲型の街灯等があり、「日本的」に、軍国主義的な形で墓地公園が整備されていました。琉球人のマブイに手を合わせるとともに、日本の帝国主義、植民地主義拡大の手段として琉球、琉球人が利用され続けていることに強い怒りを覚えました。

温泉神社と零戦

今、家の周りでは鈴虫、カエル等、様々な生物が鳴いています。昼間は大変暑いのですが、夜は少し秋の気配を感じるようになりました。

温泉地域を歩いていると日本のハッピを来て、はちまきをしたマスコット人形がありました。近くにあるトイレも日本式屋根でした。

日本軍の台湾侵略の際、台湾原住民が虐殺された石門山を歩きました。雨が降った後で、倒木もあり、頂上までは行けませんでしたが、厳しい山道を歩きながら原住民と琉球人の悲劇を考えました。

日本の庭園、枯山水を模した構築物です。日本文化のイミテーションがあらゆるところに配置されていました。これらを見た日本人は台湾を「親日的」と思うのでしょう。

同敷地内に、神風特攻隊の零戦機を模した構築物がありました。これは公共のモノであるとの注意書きがなされていました。日本でもこのようなものは見たことがありません。

近くに鳥居、温泉神社、石灯籠、手水舎が置かれ、上を上っていくと社殿の中になぜか薬師如来像がありました。

ネットカフェでの体験

明日より台湾に行きます。台湾に行くのは1年ぶりですが、原住民族の方々を含む多くの方々とお会いし話をして、さまざまな場所を訪問して多くの発見をしたいです。台湾と琉球との関係をじっくりと考えてみたいですね。中華琉球研究学会との研究交流としての訪問であり、学会の皆様との再会も楽しみです。


昨晩はネットカフェに泊まりました。体が入りきらないので、斜めにしながら寝ました。新宿のカプセルホテルの時は周りの人のイビキで眠りにくかったのですが、ネットカフェは静かで熟睡できました。


泊まっている人は10代の若い人が多く、「ネットカフェ難民」の若者のことを考えながら、一晩過ごしました。ブランケットはなく、冷房で寒いのでリュックを体に付けて防寒としました。自分一人の空間で落ち着けるのかもしれません。

京都駅前にある龍谷大学のホールがある建物です。毎日通勤で見ていますが、早朝にみると雰囲気も違います。これから関空に行きます。

民際学のつながり

今リオオリンピックの開会式を見ています。世界中の国々の選手が旗を掲げて行進しています。将来、琉球国のオリンピック参加を想像しながら見ています。


先日、倪さんを関空まで一緒に見送って下さった林さんからご著書を頂きました。林さんは龍大大学院民際学研究コースを修了された方であり、本書は潮アジア太平洋ノンフィクション賞を受賞しました。民際学から生まれた作品です。


一橋大学卒業生の組織、如水会の皆様が京都駅まで見送って下さいました。それぞれ京都で会社の社長をされております。倪さんが多くの方々に愛されていたことが改めて分かりました。

関空まで「沖縄シマ豆腐物語」の著者の林さんも倪さんを見送って下さいました。倪さんの師匠である田中宏先生達とともに、大阪で定期的に研究会をされています。倪さん、ゆっくりと休養して、健康を回復して下さい。


先生方と琉球の平和と戦争について議論する

昨日は、一橋大学、龍谷大学で約20年日中関係について研究されてきた倪さんを関空まで見送ってきました。その際、一橋大学卒業生の如水会の方々が帰国の準備、京都駅までの見送りを献身的にして下さいました。心より御礼申し上げます。帰国後はゆっくりと健康の回復につとめて頂きたいと思います。龍谷大学民際学研究センター研究員として多くの研究をして下さり、感謝申し上げます。また倪さんの帰国に際しては、大林先生をはじめ多くの方々にお心遣いを頂き、御礼申し上げます。


昨日は、川瀬さんが研究室にこられ、金城さんとの対談本のためのインタビューを受けました。日韓関係の専門家でもある川瀬さんから興味深いお話を伺いました。今日は朝早くから夕方まで教員免許更新講習会を行い、学校の先生方と琉球の平和と戦争について講義、ワークショップを行います。議論を楽しみにしています


昨日は龍谷大で行われた教員免許更新講習において、49人の小中高の先生方に対して、琉球の政治経済、歴史や文化、人権問題としての基地問題、自己決定権行使としての独立運動等について講義しました。琉球の戦争と平和について効果的に教える方法等についてグループ討議、報告をして頂きました。教育現場で様々な工夫を凝らした教育が行われていることが分かり、私も勉強になりました。先生方との議論から今の教育現場の課題も見えてきました。学びの多い一日でした。

日本のグラミン銀行

柳原銀行記念資料館です。戦前、被差別部落の方々がお金を出し合って、自分たちの銀行を作り、経済発展を進めてきました。現在のグラミン銀行の先を行く、被差別者が自立するための、内発的発展の実践でした。


同銀行の創設者の一人であった、明石民蔵について、山内さんが詳しく説明して下さいました。被差別部落の先人の功績を顕彰し、その歩みを現在の差別からの脱却につなげようとしてきた山内さんの言葉には大変重みがあり、勉強になります。


水平社宣言の世界記憶遺産登録運動について山内さんが説明されています。今、韓国の被差別民と協力しながら、同運動を進めています。水平社宣言の理念は、琉球人を含む、アジア太平洋の他の被差別者にとっても大変重要だと思います。

崇仁地区の過去、現在、そして将来像がわかる立体地図です。このような地図があると非常に具体的に地域の未来を展望することできます。歴史や文化を踏まえた将来像の形成が、地域住民を主体にして進められています。


日本の中の差別を考える

昨日も京都は35度を越える炎天下でしたが、大学院の集中授業をしました。履修者全員中国人留学生でしたので、多くの外国人が参拝する神社に行き、学生自身が作成したインタビュー、アンケート調査表を基にして中国本土各地、台湾、マレーシア等の観光客に話しを聞きました。ビザ、不動産、老舗、貧困、ジェンダー差別、観光行動等の各自の関心事を中心に調査をしました。学生は目を輝かし、データを自力で集めた自信、色々な人との出会いや交流等の話しを私にしてくれました。後日、PPでの報告を楽しみにしています。


今、夏休みということもあり、親子で朝早くから駅前を掃除していました。地域のボランティア活動によって、気持ちよく駅前を使うことができます。ありがとうございます。


ウェブサイトで、京都朝鮮第一初等学校に対してどのようにヘイトスピーチが行われ、地域住民が裁判に訴え勝利したのかについて確認した後、歩いて学校の跡地に行きました。民族差別の現実を見ました。


小学校の前にある公園です。ヘイトスピーチは在日コリアンがすむ東九条の他の場所でも行われており、そこにも行きました。弱い立場の子供達がヘイト犯罪のターゲットにされています。最近の神奈川での障がい者集団殺害もそれに連なる事件です。

差別を受けて、日本社会に同化するのではなく、自らの民族の歴史や文化に誇りをもって生きようする人々の拠点です。東九条マダンという唄や踊りの祭りも毎年開催されています。琉球人も大変勇気づけられます。

差別問題を自分の問題として考える

今、家の周りで蝉が大合唱していますが、今日は朝から鳴き声がけたたましいなと思って窓を見たら、網戸に蝉がとまっていました。蝉の激しい鳴き声で元気をもらいました。

家の周りは田圃なのですが、今、年1回の農薬散布をしています。琵琶湖のすぐ近くなので、減農薬だと思いますが、家中の窓を閉めました。朝5時から農薬散布器械のエンジン音が、蝉の鳴き声とともに鳴り響いています。

今日は一日中、大学院の民際学特別演習の授業を行います。まず事前に学生が提出したレポートを基にして議論をします。そして大学の近くにある東九条地区、崇仁地区における在日コリアン、被差別部落の方々に対する差別の歴史と現状、内発的発展の実践について教室で学び議論した後、教室を出てフィールドワークを行います。差別の現実と、それに負けない人々の生き様を自らの心身を通じて学んで欲しいです。

昨日は炎天下、学生達が「差別の歴史と現状」を学ぶフィールドワークを行いました。柳原銀行記念資料館では、事務局長の山内さんが説明をして下さいました。被差別部落民がどのように経済的自立を確立していったのか、これから崇仁地区をどのように変えていくのか、そのために歴史の掘り起こしがいかに大切か、教育が脱差別において大きな役割を果たすこと、韓国の被差別者との連帯等を学びました。心より御礼申し上げます。学生達も、差別の問題と自分の問題として考え、脱差別のための自己決定権行使の具体的な歩みを知ることができたと思います。

今日も一日かけて、京都に来られる外国人観光客に対して、学生自身で考えた質問表に基づいてアンケート調査を行い、そのデータを分析して、プレゼンし、議論をする予定です。今日も暑くなりますが、無理せず、休みながら授業を学生とともに進めていきたいと思います。

大学のゼミ旅行を学生主体で準備する

今日、大学の研究室に、琉球新報社文化部から『琉球独立への経済学』の書評が届いていました。評者の比嘉さんとともに、琉球新報社文化部にお礼申し上げます。

今学期のはじめに、龍谷大学経済学部の入門演習という1年の授業で、ボランティアNPO活動センターに行きました。大学におけるボランティア活動について、竹田さんや学生スタッフから色々と教えてもらいました。

今日は東京新聞の白鳥さんのインタビューを受けました。先日、同紙で掲載された新聞も頂戴しました。台湾と琉球との関係、琉球独立運動、琉球の現在の状況等について話しをさせて頂きました。

昨日は3年ゼミで夏休みのゼミ旅行について話し合いました。全体の日程調整、沖大島田ゼミとの合同研究会、県庁での意見交換、国際通りでのアンケート調査、エコツアーや体験学習への参加等について学生主体で話し合いながら決めました。琉球では色々な方々にお世話になりますが、どうぞよろしくお願いします。またゼミ生の中で1年間カナダに留学する学生に対して皆で応援しました。

我が家の夏

近所を子供達が列をなして登校しています。夏休み前の写真です。私も与那国や那覇の小学校時代を思い出しました。

庭の百合が咲き始め、蝶々もきて、楽しく蜜を吸っています。夏が来たと実感します。

庭には多くのバラも妻が植えましたが、この時期に花を咲かせ、庭に活気を与えています。

今の蝉がけたたましく鳴いています。蝉の抜け殻を庭で見つけました。近くには小さなカエルも飛び跳ねています。

猫の鈴子も、暑くて腹を見せて寝るようになりました。この椅子はお気に入りの寝床になっています。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE