FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年、
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年、
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年、
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年

Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Ryukyu pro-independence group quietly gathering momentum

BY EIICHIRO ISHIYAMA
KYODO


NAHA, OKINAWA PREF. – A tiny but earnest movement is underway to seek independence for Okinawa and the other islands in the Ryukyu Islands chain.

The Association of Comprehensive Studies for Independence of the Lew Chewans, which represents native residents of the islands, said in its charter that “By gaining independence from Japan and removing all military bases from our islands, we Lew Chewans wish to achieve our long sought-after goal of becoming a sovereign island of peace.”

The chain, which belongs mostly to Okinawa Prefecture, was ruled by the Ryukyu Kingdom from the 15th century to the 19th century. The Japanese first invaded the islands in the early 17th century, eventually annexing them in the late 19th century.

The calls issued by Lew Chewans, or Ryukyuan people, to remove U.S. military bases from Okinawa Prefecture have long been ignored by the central government, laments Yasukatsu Matsushima, a professor at Ryukoku University in Kyoto and co-founder of the group.

“If we become independent, we can eliminate the military bases as our own choice,” he said.

Matsushima, 51, founded the group jointly with four other people including Shinako Oyakawa, a 34-year-old lecturer at Meio University in Nago, Okinawa, last May. The group has more than 250 members so far.

Independence for the Ryukyu Islands has largely been downplayed in Japan as “a topic of pub conversations,” Matsushima said.

“We accept that fact, but even pub talk helps the issue move forward,” he added.

The question of Scottish independence from the United Kingdom, for instance, had been a popular topic in pubs among Scots, said Matsushima, who witnessed the referendum on the issue in Scotland last September.

People for and against Scottish independence discussed the issue “on the street in a level-headed manner,” Matsushima recalled.

Many of those in favor of independence called for the removal of the Clyde naval base, home port for the Royal Navy’s nuclear submarines. Matsushima, who wore a “Yes” sign on his chest while in Scotland, said many in the pro-independence camp were aware of the huge U.S. military presence in Okinawa and welcomed his visit.

“I was impressed and encouraged by the mature debate,” he said, even though the Scottish people voted to remain within the United Kingdom.

Matsushima, whose main area of study is economics, said Okinawa is no longer dependent on U.S. military bases to support itself.

American military bases occupy 10 percent of Okinawa’s prefectural land and 18 percent of the island itself. But the bases contribute only an estimated 5 percent of its gross domestic product, while job opportunities and tax revenues in areas since returned by the U.S. military have risen sharply, Matsushima said.

Critics question his group’s movement, saying the central government would never approve independence for the Ryukyu Islands.

“Japan’s approval is unnecessary in the first place,” Matsushima argued.

The U.N. Charter and the International Covenants on Human Rights recognize that all peoples have the right to self-determination. Okinawa can “declare its independence and apply for U.N. membership if the prefectural assembly decides on the motion and wins majority support for it in a referendum,” Matsushima said. “We will then increase the number of countries that recognize us as a nation. That’s all we will have to do, though the process will be slow.”

Born on Ishigaki Island, southwest of Okinawa, Matsushima finished graduate school at Waseda University and worked as a researcher at the Japanese Consulate General in Guam and the embassy in Palau.

Despite having a population of around 20,000 compared with Okinawa’s 1.4 million, Palau was “duly respected” internationally as an independent island nation in the western Pacific Ocean because of its nonnuclear constitution, Matsushima said.

His group envisions creating an unarmed, neutral country, with each island in the arc from Amami to Yonaguni deciding whether to join. It could stand on its own feet economically by becoming a trading base like the ancient Ryukyu Kingdom, he added.

Since its establishment, the group has been criticized from certain quarters. A commentary published in the Chinese media that favored independence for the Ryukyus led to accusations that the association is aiding China’s “attempt to invade” Japan.

Kiyoshi Nakamura, an Okinawa-based author, supports the group’s cause but questions its stance of limiting members to people whose ethnic roots are in the Ryukyus.

“I cannot accept that the Ryukyuans are defined by blood,” he said.

While Matsushima’s group has been growing in popularity, the push for independence itself isn’t new.

In 1970, a political party named the Ryukyu Independence Party was formed in Okinawa but failed to win widespread support from the local people. It changed its name to the Kariyushi Club in 2008 and is still seeking an independent Ryukyu.

Meanwhile Okinawa Gov. Takeshi Onaga maintains he will oppose the plan to move U.S. Marine Corps Air Station Futenma elsewhere in the prefecture “based on Okinawa’s right to self-determination.”

Matsushima has high hopes about Onaga’s stance and said the right to self-determination is not limited to political issues like the Futenma base plan.
スポンサーサイト

沖縄振興は誰のため? 予算削減と県民の怒り

昨晩は BS日テレの深層Newsという番組にでました。
 沖縄振興は誰のため? 予算削減と県民の怒り
【ゲスト】山口俊一(沖縄担当大臣)、松島泰勝(龍谷大学経済学部教授)

振興事業の問題点とゴール、振興事業と基地押しつけとのリンク問題、安倍首相をはじめとする閣僚が翁長知事に面会しないことの問題点等について山口大臣と話しました。山口大臣は、振興事業と基地は全くリンクしておらず、リンクすべきではないというお考えでした。現在の安倍政権の沖縄県知事、県民、琉球人に対する差別的取り扱いについて問題提起させていただきました。

京都新聞の社説

私が購読している京都新聞の今日の社説です。見識のある社説だと思います。
 
沖縄防衛局は米軍普天間飛行場の移設先とする名護市辺野古沿岸部で、海底ボーリング調査の再開に向けた作業を始めた。近く調査に着手するとみられる。

 昨年の知事選とそれに続く衆院選の県内4小選挙区全てで、辺野古移設反対派の候補が勝利した。沖縄県民の意思は明確であり、一方的な調査再開は「民意の無視」と言わざるを得ない。移設を強行すれば、混乱が広がるのは目に見えている。不測の事態を避けるためにも政府は沖縄の声を謙虚に受け止め、翁長雄志知事らとの話し合いに応じるべきだ。

 沖縄防衛局は昨年8月にボーリング調査を開始し、9月中旬までに12カ所の調査を終えた。その後、台風の影響で中断。知事選や衆院選への影響も考慮し、残る12カ所の調査を先延ばししていた。調査再開は政府が強行姿勢を変えていないことをあらためて示した。

 だが、安倍晋三首相は衆院選後の会見で「数におごり、謙虚さを忘れたら国民の支持は一瞬にして失われる。緊張感をもって政権運営に当たる」と語り、沖縄の選挙結果を「真摯(しんし)に受け止めたい」と述べたはずである。その言葉は何だったのか。

 首相は辺野古移設が「唯一の解決策」と言い続けている。そうであるなら、根拠をきちんと県民に説明し、対話を深めるべきだ。だが、安倍政権は問答無用の態度を続け、自ら県民との溝を深めている。このままでは問題の解決どころか、こじれる一方だ。

 知事が辺野古推進派の仲井真弘多氏から反対派の翁長氏に代わって以降、政府・自民党の冷遇ぶりも目立つ。安倍首相や菅義偉官房長官は翁長知事といまだに会おうとせず、自民は新年度の沖縄振興予算案を議論する党会合にさえ招かなかった。こんな対応では県民が怒るのも当然だろう。

 翁長知事は政府に対話に応じるよう求めている。安倍政権がなすべきことは、埋め立て計画をいったん凍結し、民意をしっかり受け止めることだ。共同通信が衆院選後に行った電話世論調査では、辺野古移設について「計画をいったん停止」が35%、「白紙に戻す」が29%、「計画通り」は27%で、全国的にも見直しを求める声が強い。

 全国の米軍専用施設の74%が国土面積の0・6%の沖縄に集中している現実と、これを「差別」と受け止める県民の心に正面から向き合わない限り、問題の解決は難しい。問われているのは、日本の民主主義の質である。
[京都新聞 2015年01月17日掲載]

熊本日日新聞の琉球独立論

熊本日日新聞で大きく、
琉球独立論を取り上げてもらいました。ご紹介します。
荒木さんが研究室に来て下さり、インタビューしました。

写真はFBを見て下さい。

寻求自己国家独立的琉球

『戦略と管理』という雑誌に私の論考「寻求自己国家独立的琉球」が掲載されていましたので、お知らせします。ご関心がありましたらご笑覧下さい。



松岛泰胜:寻求自己国家独立的琉球
·松岛泰胜 标签: 琉球问题 2014年第3期

引言

宜野湾市的嘉树高台,是联接琉球王国、冲绳战役和现代殖民地的焦点。嘉树高台是冲绳战役中曾经进行过激战的一大战场。站在高台的瞭望台上,能一眼望到被认为是“世界第一危险”的普天间机场。把目光转向南方,能看到“浦添王陵”。那里有13世纪后半期史上确实存在的琉球最早的英祖王和1609年岛津藩侵略琉球时的尚宁王的墓地。同一地方还有被称为“冲绳学之父”的伊波普猷的墓地。

我见过美军飞机在训练时,在“浦添王陵”上空发出轰鸣并来回盘旋。这是对琉球人历史、文化和精神的否定,是一种侮辱行为。美军鱼鹰飞机在夏威夷卡米哈米哈王朝圣地的危险训练,由于岛上居民的反对就中止了。但是日本政府无视琉球居民的反对,在普天间机场强行部署了鱼鹰飞机,并进行训练。英祖王、尚宁王和伊波普猷去了琉球人当作极乐净土的彼界,他们若听到轰鸣声,灵魂也不能安息。

美军基地在琉球建立了近70年。琉球人不被当做正常人类,却像动物一样被看待。琉球人不是为了让日本人享受和平与繁荣而存在的奴隶。为什么琉球人从1609年至今,一直受歧视呢?如果琉球不能独立,靠自己的力量实现和平,那么琉球人就难以在岛上安心生活。
关于殖民地有如下定义:

“资本主义制度下的殖民地,狭义来说,是在特定国家的统治之下,与母国是不平等的,国家主权被剥夺,基于特定制度而被完全支配的地区。(加上社会、经济的视角)广义上的殖民地,是被资本主义列强剥夺了政治、经济上的独立,受到这些国家民族支配的地区。”(据大阪市立大学经济研究所编、岩波书店出版的《经济学辞典》)
琉球,在形式上,名为“冲绳县”,是日本的一个地方自治体,但是,琉球的固有领土被夺走,而由琉球人行使自我决定权,以决定自己的政治地位,却并不被承认。也就是说,琉球就是殖民地。

一、琉球殖民地化的历史过程

1609年,琉球国受到萨摩藩的武力侵略,被置于该藩的间接统治下。1879年,日本政府派兵灭掉了琉球国,废黜国王并将其强行掳到东京,设置了“冲绳县”。之后,日本政府推行同化政策,在政治、经济上实行殖民统治。

琉球合并是违反国际法的行为。琉球国不但同大清,而且还和荷兰、法国、美国等也有外交关系,是得到国际社会承认的国家。琉球不是日本的“固有领土”,王国原有的外交权、贸易权和内政权被日本政府夺走了。

夏威夷王国也有同琉球一样的历史遭遇。1810年,卡米哈米哈一世统一了夏威夷王国,并实施宪法,是一个和欧美各国缔结了条约的独立国家。支配了夏威夷经济的美国人于1893年发动政变,美国海军陆战队也参加了推翻夏威夷王朝的行动。1898年,夏威夷并入美国。

夏威夷原住民对美国国会施加影响,使国会于1993年通过《103-150号法案:第103届国会共同决议》,并由总统予以签署。该法案的大致内容是,美国国会承认当年美军参与颠覆夏威夷王朝的违法性,并进行道歉。克林顿总统来到夏威夷,亲自在原住民面前道歉。然而,到现在为止,日本政府也没对琉球合并进行道歉,也没予以赔偿。

1880年,日本政府同清政府交涉分岛改约方案,打算把宫古·八重山群岛让给清朝,以换得在中国的通商权。该条约虽然没有签署与生效,但日本政府把琉球的一部分割让给他国是说不通的,因为琉球并不是其领土。
冲绳战役中,琉球作为日本的“弃子”,被迫承受了极大的牺牲。日军虐杀琉球人、强迫集体自杀、抢夺食物、将琉球人赶出避难壕等现象,频繁发生。

二战后,美军开始直接统治琉球。1952年,日本正式将琉球分离出去。日本政府承认美军的统治,并进行强化其殖民统治的经济支援。所谓领土是国家主权(统治权)所覆盖的地域,而美军统治时代的琉球,并不能行使日本的行政权、立法权和司法权,也不适用以《日本国宪法》为中心的日本法律制度。

日本政府主张对琉球保有“潜在主权”,但这只是基于美国国务卿的发言,以及美国总统的联合公报,并没有得到国际社会的承认。日本政府按照“潜在主权”一说,将琉球人的生命、生活和安全置于美军的保护下,也不符合历史事实。
1972年,日美两国政府将作为当事者的琉球政府和琉球人排除在外,缔结了《冲绳返还协定》,由日本政府设立了“冲绳县”。从冲绳“回归”到现在,被称作是日美两国政府共同进行的直接统治时代。在冲绳的统治方式上,日本负责内政和外交层面,美国主导军事层面。这有些类似过去英法共管的殖民地,太平洋上的新赫布里底群岛(现在的瓦努阿图)。美国将维持和强化军事基地的功能作为目的,从日本政府那里得到财政、军事上的协助,并对琉球实行殖民统治。

《冲绳返还协定》第4条第3款规定,“回归”前美军对土地造成的损害,由美国政府为“土地的复原而进行自愿性支付”。但实际上,日美两国政府缔结了密约,由日本政府支付了400万美元。在该协定的第1条,有“日本国于同日,对这些岛屿的土地和居民,行使行政、立法和司法上的一切权力,并承担完全的权能和责任”的字样。但实际上,在美军基地内、美军飞机事故现场等处,日本的国家权力并不能达到。比起《冲绳返还协定》,《日美地位协定》要更为优先,日本对美军并不能行使国家权能。
19世纪的琉球合并和20世纪的“回归”,并不是通过琉球的居民投票,基于国际法上的正式手续而决定的事情。

二、琉球政治、经济上的殖民统治

日本政府在只占全国土地0.6%的琉球,强加了在日美军74%的基地。尽管有很多琉球人反对,日本政府仍然强行建设了边野古新基地。美军基地内不适用日本的法制,是属于治外法权的地带。日本政府不想改变侵犯琉球人人权的《日美地位协定》。日本政府为了维持“威慑力量”,今后也打算哪怕是牺牲琉球,也要坚持日美同盟体制。只要琉球是日本的一部分,日本政府就可以合法地把美军基地和危险的美军飞机强加给琉球。
美军导致了大量的事件或事故,比如1959年宫森小学的美军飞机坠落事件(死19人,伤121人)、1995年美军士兵侵害12岁少女的暴行、2004年冲绳国际大学的美军直升机坠落事件等。琉球的孩子们在美军飞机的噪音和振动声中接受着教育。这不能说是正常的教育环境。而且,冲绳战役中日军强迫民众集体自杀的事实,文部科学省也想从教科书中删除,剥夺琉球人学习自己历史的权利。尽管琉球人是独立的民族,但教学必须遵照文部科学省审定的教科书和学习指导大纲。琉球人自己的历史、语言和文化不能作为主要课程,让孩子们来学习。
前首相鸠山由纪夫提出把冲绳美军基地迁到县外去的时候,日本大部分的地方自治体和国民都拒绝接受。大部分日本人的想法被暴露在光天化日之下:想要美军来守卫日本,把基地设在琉球也没有关系。现在这种把基地强加给琉球的歧视,是过去400年来歧视琉球和琉球人现象的冰山一角,不只是当前的问题。这种对琉球的歧视,缘于“结构性歧视”。
在亚洲各国的民主化和经济发展取得显著进步时,琉球被强加了军事基地,处在从属于日本的状态。琉球本应得到的经济利益,由于军事基地的存在而被夺走了。日本政府还掌握了琉球的经济主权(经济政策、税收、预算等的决定权)。日本政府虽然投入了巨额的公共资金,但由于约半数公共事业由日本企业来提供等原因,大半部分的公共资金流向了岛外。“回归”对日本来说,意味着获得了琉球的新市场。日本企业和产品席卷琉球市场,使琉球制造业、流通业、建筑业等行业的企业大批倒闭,产生了很多的失业者。
虽然外部有振兴开发和民间投资的资金投到了琉球,但产生的经济利益,大半部分没在岛内循环,而是流到了外部。这就形成了所谓“沙漠经济”,也就是殖民地经济。从事低工资、不稳定、劳动强度大的工作的琉球人,正在增加。“回归”体制下,一揽子补助金在内的振兴开发资金给得再多,也只是增加了琉球对日本政府的经济依存,被强加了军事基地,增强了日本企业和日本人的支配地位。
现在,通过《冲绳振兴特别措置法》、内阁冲绳担当部局(原冲绳开发厅)、冲绳振兴计划、冲绳科技学院(OIST)、冲绳振兴开发金融公库、金融特区、特别自贸区、北部振兴·岛恳事业等,建立起只适用于琉球的法制和机构。冲绳振兴计划的制定,需要日本政府最终的批准;各项事业的优先顺序,也是由日本政府来安排。现在,琉球出身的国会议员有9人,只不过是国会议员总数722人的1%多点。通过形式上的民主制,无视琉球人的意志,将军事基地强加给琉球,这在日本人多数意志的背景下,一直持续着。
“回归”意味着“回到原来的状态”,琉球的原有状态不是日本,而是琉球国。琉球不是“日本的固有领土”,对琉球人来说是“被夺走的领土”。“回归”由于以下理由,可说是日本对琉球的“再合并”:(1)日本主导的同化与整合在深化;(2)比起琉球人的生命和生活,日本人的生命和日本的安全更受重视,形成了强加基地负担给冲绳的歧视体制;(3)形成了政治、经济和军事利益从琉球流向日本的结构,也就是殖民地体制。

三、琉球的分割统治

1609年以后,萨摩藩从琉球国将奄美诸岛割离出去,作为自己的直辖领地。现在,奄美诸岛在行政上属于鹿儿岛县。琉球和奄美诸岛在语言、信仰、音乐等方面,拥有很多文化上的共同点。其中的冲永良部岛和与论岛,与冲绳岛有特别深厚的关系。这两岛的民谣是琉球音阶,语言也属于冲绳北部语言圈。1609年后冲永良部岛仍和冲绳岛一直进行着贸易,船只在两岛间频繁往来。
萨摩藩分割琉球群岛,直辖奄美诸岛,并派出常驻官吏,监视着琉球王府。这被称作“分割统治”,是殖民统治的常用手段。
顺便说一下,同样的分割手段也被施行于太平洋上的岛屿,比如塞班岛、天宁岛、罗塔岛等构成的北马里亚纳群岛以及关岛。自古以来,北马里亚纳群岛和关岛就住着被称为查莫罗人的民族,16世纪时这些岛屿变成了西班牙的殖民地。1898年的美西战争中,美国战胜了西班牙,将关岛变成美国属地,将北马里亚纳群岛卖给了德国。第一次世界大战后,北马里亚纳群岛成为了日本的殖民地。第二次世界大战后,它又成为了美国的托管地。
太平洋战争中,日军侵入关岛,实行军事统治。那时,日军把北马里亚纳群岛的查莫罗人迁到关岛来,将群岛用于军事活动。由于这个原因,关岛和北马里亚纳群岛的查莫罗人变得相互对立起来。他们是同一民族,却被制造对立以便于统治,可说是殖民统治的牺牲者。
1986年,北马里亚纳群岛成为美国的自治联邦(准州),而现在关岛仍然是自治程度比该群岛要低的美国属地。近年,美国政府在关岛部署了核潜艇和轰炸机,移驻了海军陆战队,正在强化关岛的军事功能。这可能削弱关岛的自治权,因为美国政府可以单方面地实施其政策。总之,美军和日军一样,将同一民族居住的各岛实行分割统治,想在军事战略上加以自由利用。
萨摩藩分割开来的琉球各岛,在太平洋战争后,被一同置于美军的统治下,再度走向共同的历史进程。奄美诸岛虽于1953年“回归”日本,但1950-1973年美军在冲永良部岛设立了区域防空战斗指挥所的大型雷达站。
在切断从属关系,有历史、文化、生态方面的共同性的琉球文化圈中,奄美诸岛的人们要实现真正的自治,怎么办才好呢?重要的是,不可能构筑琉球王国时代那样的中心-周边体系,也即王府所在的首里是中心,奄美诸岛、宫古·八重山群岛是周边。琉球群岛中大小各异的岛屿,都有独特的文化、自然系统。各岛价值相同,居民地位平等,是不言而喻的。
1953年后,日本政府和鹿儿岛县对奄美诸岛实施的开发政策,以失败而告终。岛内产业衰退,人口剧减,自然环境也遭到很大损害。琉球群岛可盘活历史、文化、生态方面的共有基础,各岛居民相互尊重自我的决定权,促进各岛之间的经济文化交流,加强岛上的自立机制。如果形成这样的关系,就能开创琉球群岛新的历史。

四、琉球为什么要寻求建立自己的国家

日本通过琉球合并、日清·日俄战争的胜利、日韩合并、参加第一次世界大战、侵略中国东北等事件,扩大了在亚太地区的领地和势力范围。另一方面,中国从清朝末期到辛亥革命、国共内战、伪满建立的时段中,遭到了日本为首的列强侵略,国家面临极大的危机。在这样的背景下,近代以前中国式的华夷秩序崩溃了,日本作为大国而崛起,琉球国消亡了。太平洋战争后,在以美国为中心的东亚国际秩序中,琉球的政治地位已被决定了。
现在“冲绳县”的政治地位,是由《冲绳返还协定》所规定的。但是,该协定只是规定将琉球的行政权移交给日本,没有写明将领有权交还日本。也就是说,琉球人依然对琉球保持着领有权。1879年的琉球合并,1972年“冲绳县”的设置,其决定的琉球政治地位,是没有得到国际社会承认和理解的,是有国际法上的问题的。台湾当局也反对琉球“回归”,曾正式向日本政府提出过抗议。
《冲绳返还协定》包含着虚伪的内容,作为条约是不完备的,与琉球合并一样是无效的。作为当事者的琉球政府和琉球人,没有被给予机会,去行使国际法所保障的人民自决权,以决定新的政治地位。
现在,日本政府在推进向宫古·八重山群岛部署自卫队的事宜,并已实施了钓鱼岛国有化的举措。安倍政权想确立集体自卫权,修改宪法,把日本变成能发动战争的国家。另外,日本政府也想强化日美同盟体制,在钓鱼岛问题上引来美国介入,利用美军作为日本的雇佣兵。
一旦在钓鱼岛海域出现美、日、中武力冲突的情况,与钓鱼岛最接近的是作为自卫队基地的宫古·八重山群岛,而且琉球群岛全都有可能变成战场。日本有把琉球当作弃子的历史,现又想再度把它作为弃子。日本政府并没有为了保护琉球人的生命安全,提出“搁置论”这样的有效办法。
为了避免琉球变成战场的事态出现,琉球独立也是必要的。琉球不是应归属于大国的附庸,琉球是琉球人的。它的政治地位,应该由琉球人基于国际法,在联合国监督下举行居民投票来决定。也就是说,应将“琉球人发起为了琉球人的独立”作为目标。琉球取得主权后,将成为开创东亚和平的中心,把钓鱼岛变成“东亚共有的岛与海”,终结本地区对立与紧张的历史。
琉球失去国家独立后,沦为日本和美国的殖民地,琉球人承担了各种各样的牺牲。琉球通过建立自己的国家,摆脱日美的殖民体制,消除战争的危险性,将成为东亚的和平与繁荣之岛。

(松岛泰胜,龙谷大学经济学部教授,琉球民族独立综合研究学会共同代表)

伊波さんによる琉球独立論記事のご紹介

B6b6aaJCAAA-3bp.jpg

伊波洋一さんが、琉球新報に掲載された記事をご自身のTwitterで紹介て下さいました。みーふぁーゆー。1996年に沖縄大学で開催された日本環境会議の大きな大会で、そのころ県議であった伊波さんとお話をしたことを覚えています。

韓国と琉球の武術

韓国の大学で古武術やテコンドーを教えられている金さんが、私の琉球に関する論考を読んで、琉球空手に関する学術論文を教えてくれという連絡が来ました。私はその分野には詳しくないので、
佐久本 嗣男先生をご紹介しました。

先生は、世界的にも有名な空手家であり、劉衛流龍鳳会会長、沖縄県立芸術大学第6代学長もされていました。私が那覇高校の生徒であったとき、体育の先生でした。私が猛スピードで廊下を走って、先生にぶつかりそうになった時、颯爽とよけたのを覚えています。韓国と琉球が武道の上でもさらに強い関係をもつようになったらいいですね。

愛媛新聞の琉球独立論

2014年12月26日(金)の愛媛新聞に次のようなコラム記事が掲載されました。

琉球独立

 かつての琉球王国、沖縄。訪れるたびに魅力が増す。固有の生物はむろん、本土と異なる歴史や文化に身を浸す。空気さえ異次元の空間で組成されているかのよう▲

 南国の濃厚な気配が香る地方都市で、とある居酒屋に入った。愛媛からの来客にと、常連さんが泡盛を差し入れてくれる。職業柄、沖縄戦や基地問題について聞く。多様な意見に、うなずく。勢いで「琉球独立論」に触れたが、場は動かず▲

 多くの県民にとっては「居酒屋談議」ですらない。しかし「琉球民族独立総合研究学会」を創設した龍谷大の松島泰勝教授は言う。「独立を前提に学術的に国家像を研究している」と。スコットランド独立の是非を問う住民投票も視察した▲

 独立論は、明治政府の「琉球処分」以来の古い歴史を持つ。1972年の本土復帰前にも「日本は祖国でない」と訴える運動があったが、波及は限定された。いまも、傍流思想としての批判は根強い▲

 半面、基地問題をめぐる政府への視線は厳しい。先の衆院選では4小選挙区全てで、米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対した候補が当選した。沖縄の民意。なのに国は、振興予算減額をちらつかせ圧力を強める。これが、日本の民主主義▲

 かつて県幹部は「国ができないのなら沖縄が安全保障の在り方を米側に提案する」と吐露した。沖縄は、いつまで本土の捨て石であり続けるのか、と。このままだと、独立論が現実味を帯びる。

自らの学問によってたつ、自立した研究者へ

新年明けましておめでとうございます。昨年は、多くの方々に励まされ、勇気をもらいながら研究、教育、社会活動等を行ってきました。今年もお世話になると思いますが、ゆたさるぐとぅうにげーさびら。年末年始は演習指導をしている大学院学生3人の修士論文の修正、コメント作業をしています。

今年初めは、私のゼミにいる博士号申請論文の提出学生の口頭試問試験もあります。学生たちが自らの学問を切り開いていく姿は大変頼もしく、私も勇気と刺激をもらっています。自らの学問によってたつ、自立した研究者になってほしいです。2月に学部学生とパラオに学びに行くのも楽しみにしています。


皆様にとっても良い一年でありますように!健康とご多幸を!

今年の3点

朝日新聞の書評委員である柄谷行人さんが、「今年の3点」として拙書も選んで下さいました。みーふぁいゆー。
 
(1)民主政治はなぜ「大統領制化」するのか(T・ポグントケ、P・ウェブ編、岩崎正洋監訳、ミネルヴァ書房・8640円)
 (2)琉球独立論(松島泰勝著、バジリコ・1944円)
 (3)理不尽な進化(吉川浩満著、朝日出版社・2376円)

『琉球独立論』朝日掲載書評が“刺激的”

拙書『琉球独立論』について書いて下さった柄谷さんの書評が産經新聞文化部記者から注目されているようです。ご参考までに。



【文化部記者が選ぶベスト3】
書評 「沖縄は独立して当然」後押しして、危うさも突く 『琉球独立論』朝日掲載書評が“刺激的”


『ガルパンの秘密』(先行初回限定版)。この書評が月刊「正論」に掲載されたのには驚かされた
 読書面で本の紹介を担当していることもあり、自社媒体のみならず他紙や月刊誌の書評にもなるべく目を通すようにしている。この1年を振り返って「これは!」と驚かされた書評記事を紹介したい。(溝上健良)

■仰天書評の本当の狙いは…

 今年もっとも刺激的だったのは9月21日、朝日新聞に掲載された『琉球独立論 琉球民族のマニフェスト』(松島泰勝著・バジリコ)の書評だった。評者は哲学者の柄谷行人氏。9月18日にスコットランドの独立投票が行われ、独立反対が過半数との結果で一件落着したが、その直後の日曜日という絶妙なタイミングでの掲載だった。柄谷氏は《なぜスコットランドが独立を望むのか、私にもよく事情が理解できない》とした上で、《しかし、むしろそれ以上に理解しがたいのは、琉球が日本から独立しないでいることである》と述べている。

 スコットランドが連合王国に加わったのは1707年ですでに300年が経過している。それに対して、琉球(沖縄)ももともと独立した王国であり、琉球藩が設置されたのは明治になってからで《はっきりと日本に領有されたのは、日清戦争後である》、つまり琉球が日本の一部となってからわずか100年余りしかたっていない、というわけだ。

 さらにその後も琉球人は差別され、先の大戦では戦場となり、本土に復帰した後も日本の米軍基地の大部分が置かれている。それゆえ《あからさまに「植民地」の状態に置かれてきた琉球の人たちが、独立を考えたとしても当然である》と、柄谷氏は主張する。

 この書評には続きがある。柄谷氏は沖縄に対してもクギを刺す。いわく《歴史的に、沖縄本島に生まれた王国は、奄美、八重山などの諸島を武力で併合し搾取してきた。薩摩藩あるいは日本国家と同じようなことをやってきたのだ》。仮に沖縄が日本から独立した場合、八重山諸島もまた沖縄本島から独立してしかるべきだ、ということになりかねない、というわけだ。

そして、いざ独立したところで、その独立を保つことができるかどうかも大問題だ。著者の松島氏は独立後、非武装で中立を保つことを志向しているようだが、それは現実的な話なのか。柄谷氏の書評は一見、沖縄独立を全力で後押ししているかと思わせてその実、沖縄独立の危うさも突いている。

龍谷大学の新校舎に雄勝の硯石が使われ、嬉しいです

また今日の京都新聞では、私が勤務する龍谷大学の新校舎で被災地の石巻雄勝町の硯石を活用させていただくという記事も掲載されていました。

2011年3月11日東日本大震災が発生してから、私は龍谷大学のボランティアNPO活動センターのセンター長になり、学生、教職員とともに何回か、京都からバスで十数時間かけて石巻に行き、ボランティア活動をさせていただきました。

学生たちと一緒に、寒かったり、暑かったりしたなか、泥がついた硯石を洗い、整理したことが思い出されます。被災地の生活復興が一日も実現するようにと願っています。来年完成する新校舎の床をみながら、被災地の人々ことを忘れないで過ごしたいと思います。

京都新聞に掲載された琉球独立論の記事

先ほど、京都新聞を見てビックリしました。共同通信社の石山さんのインタビューを受けた記事が掲載されていました。紙面の半分以上のスペースを使っています。琉球独立に関する議論がさらに活発になり、自己決定権を行使して犠牲の歴史から脱却できればと思います。

南灯寮での生活

東京の琉球人男子の学生寮、南灯寮で約4年間ともに生活した嘉手納さんと當銘さんです。30年の付き合いになります。この夜も互いの近況、琉球の教育格差問題、那覇市の急激な市場経済化、子供にとっての生産と消費の関係、不動産市場における移住者の役割等、様々なお話をしました。

学生の頃、南灯寮から一歩外に出ると出ると体全身に緊張が走り、寮に戻ると安心するという生活をしてきた琉球人寮生が少なくありません。お二人からは常に励ましと勇気を貰ってきました。東京に住む寮のOBの西銘さんに電話して、近況を聞いています。来年、皆で東京ツアーをしようと話し合っています。

ゆくしむにー!

「美し島の未来を護る15旅団」?
ゆくしむにー!

第二公設市場の香り

「第二公設市場」には子供の頃よく行っていましたが、今でもあの頃の香りが残っています。表の国際通りにはない、穏やかさと落ち着きと、人の強い関係性を感じることができます。

琉球の歴史的建造物

琉球人の設計士、大城龍太郎氏が設計した大龍ビルです。同じく、大城氏が開設した建築専門学校です。国際通り周辺にはまあ新しい建物が次々に建設されていますが、このような歴史的な建造物を残し、活用することも大変重要だと思います。建物をみていると心が和みます。

琉球人の誇り

近年、「琉球の誇り」「琉球人の誇り」という言葉をよく目にするようになりました。それだけ、琉球人は自らの文化や歴史、土地に対して責任と義務を意識し、自らで島の未来を決定したいという人がこれまでになく増えてきたと言えます。

琉球人の怒りの大きさ

この電柱のシールの文字からも、琉球人の怒りが非常に大きいことが分かります。

琉球人の誇り

那覇の街をフィールドワークしていると、電信柱にこのようなチラシを見つけました。琉球人の誇りが非常に傷つけられた場面です。

今も、安倍首相は翁長知事に会おうとせず、来年度以降の振興開発費を削減しようといます。振興開発費と基地の押し付けがリンクしていることを自ら認めたものです。日本政府、自民党による脅し政策に琉球人は屈するのでしょうか。そうではないことを気付いてほしいものです。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE