FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年、
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年、
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年、
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年

Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

NPO法人ゆいまーる琉球の自治

特定非営利活動法人ゆいまーる琉球の自治における「自治」は、次のような後藤新平の自治の考え方に基づいています。 「人間には自治の本能がある。この本能を意識して集団として自治生活を開始するのが文明人の自治である。」 「自治を単に官治的地方自治に限るものとしてはならない。各種の職業組合ももちろん、自治でなけらばならない。」 「自治は、共助によって完全に行われなけらばならないものであるから、自治的精神は、また共助的精神として現われる。」 官治的法制度が上から琉球に適応されれば自治が実現するのではなく、自治的自覚を有する琉球の人間が自治の担い手であり、ゆいまーる(共助)によって自治を各地域において自ら作り出すことが重要であると、本NPO法人では考えています。 琉球の各島々においてこのような自治が実現することで、各島嶼は対等な関係となり、アジア太平洋地域とも自治的精神に基づいた関係を持つことができます。 地域の人間が発展の主体となり、地域の文化、歴史、自然、慣習等に基づき、島外からの新知識を選択的に活用しながら、諸問題を解決していくという内発的発展も人々の自治によって成し遂げることできます。 なお、NPO法人は2014年3月をもって解散しました。現在はNPOとして存在しています。

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カフェくろとんでの『琉球独立論』の販売

カフェくろとん


『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』が宜野湾嘉数のカフェくろとんで販売されています。琉球企画さんにお礼申し上げます。みーふぁいゆー。わざわざ拙書を買い求めてきて下さる方がおられるそうです。ありがたいです。くろとんには、玄米定食、そば、ぜんざい等、おいしい、ぬちぐすいの料理もありますので、是非、食べて下さい。私も帰国したときには食べたいです。
FC2 Management

加計呂麻島の番組を今観ています

今、BSJAPANで、加計呂麻島の番組を観ています。母親が加計呂麻出身の又吉直樹さんを通して島の生活、歴史、文化がえがかれています。昔、行った島のことが思い出されます。今は島唄と島の歴史についての部分です。又吉さんの、ゆっくりした話し方や、その内容もいいですね。

コモンズ、J-cast

今日は高田馬場にある出版社のコモンズに午前中いき、大江さんと中野さんにお会いしました。来年3月までに、欧州、ラテンアメリカ、日本において、解放、社会連帯、構造的暴力からの脱却などをテーマとする論文集が刊行される予定ですが、その件についてはお二人と話し合いました。

私も寄稿する予定ですが、大変興味深い企画だと思います。近くにある、学生時代によく通った新宿区中央図書館のことも大江さんと話しました。その後、四谷に移動してJ-castというインターネットニュース配信会社でインタビューを受けました。8月終わりごろインタビュー記事が掲載されるはずですので、ご覧下さい。日中関係、琉中関係、尖閣諸島問題の平和的解決、琉球独立後の東アジア等について話しました。近くにあったJICAの大きなビルを初めて観ましたが、印象的でした。

アジア開発銀行研究所での議論

今日は東京に来ました。霞ヶ関にあるアジア開発銀行研究所で行われた研究会において、「アジアと太平洋諸島との経済的連係強化」に関して議論が行われました。アジア開発銀行研究所研究員のほか、IMFの研究員、日本や豪州の大学で太平洋諸島を研究している教員、JICAやPICの幹部等も議論に参加しました。

私は特にokinawaがアジアと太平洋諸島の経済的連携強化において果す可能性を歴史的、経済的に報告しました。フィリピンのマニラに本部があるアジア開発銀行の研究員の方々ともインターネットを通じて意見交換をしました。

小林先生や黒崎さんとも久しぶりにお会いしました。お元気そうあり、嬉しかったです。太平洋諸島の経済的問題を踏まえて、それを克服するためにアジア経済がどのように活用できるのかを詳細に、多面的に議論することができたと思います。高田馬場で食べたベトナム料理が美味しかったです。

琉球独立論

今週末、全国書店で販売される予定です。どうぞお読み下さい。

内容紹介
なぜいま独立なのか! 琉球人教授が書き下ろした植民地琉球の歴史と現状、そして独立への道。 仮に、日本の安全保障の目玉が在琉米軍基地であるとして(それ自体私には幻想としか思えませんが)、なぜそれが琉球に集中せねばならないのか。なぜ、常に日本のリスクが琉球に集約されねばならないのか。補助金は、本当に琉球人を潤わせているのか。日本の人々は、他者の中に自己を投影して考えてみる、ということを一度くらい試みてみてもよいでしょう。 しかし、いずれにせよ琉球にとって、こうした中央政府対地方自治体という構図の中での議論は既に意味を持ちません。現在の課題は、同化するための差別撤廃というテーマから、独立するために構築すべき日本との関係性というテーマに移っているのです。(本文より)
出版社からのコメント
戦後69年、沖縄返還から42年。 沖縄にとって、戦争はまだ終わっていない! 琉球人教授が書き下ろした、植民地琉球の歴史と現状、そして独立への道!!


琉球独立論琉球独立論
(2014/07/24)
松島泰勝

商品詳細を見る

龍谷大学法学部での講演

今日、2講時に、龍谷大学法学部の科目「現代社会と政治」の授業で私が講演することになりました。法学部の西倉先生、渡辺先生、中島先生には講演の機会を頂戴し、感謝申し上げます。

対象は法学部の1年学生約300人です。場所は3号館301号室です。講演のタイトルは「米軍基地と開発政治から考える琉球(沖縄)の構造的差別問題」です。

人数も多いのですが、法学部を中心とした龍谷大学の学生ととも琉球に対する構造的差別の政治的な原因や開発問題について真摯に議論したいです。
いいね!

琉球独立論

『琉球独立論』が来週末頃から全国の書店で販売される予定です。
是非、お読み下さい。

著者 松島 泰勝 龍谷大学経済学部教授
琉球民族独立総合研究学会共同代表

定価 1,800円(本体価格)+税

ISBN 978-4-86238-211-5

発売日 2014/7/24

内容 なぜいま独立なのか!
琉球人教授が書き下ろした、植民地琉球の歴史と現状、
そして独立への道。

在琉米軍基地の集中とそれによるリスクの集中。「補助金」というもので本当に琉球人は潤っているのか。
全ての日本人の問題として考えさせられる労作。

著者プロフィール ■松島 泰勝(まつしま やすかつ)
1963年沖縄県石垣市生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒。
専門は島嶼経済。在ハガッニャ(グァム)日本国総領事館専門調査員、在パラオ日本国大使館専門調査員、東海大学海洋学部助教授等を経て現在、龍谷大学経済学部教授。2007年「NPO法人ゆいまーる琉球の自治」を立ち上げ代表を務める。2013年5月15日「琉球民族独立総合研究学会」の創立メンバーとして同学会共同代表就任。著書に『沖縄島嶼経済史-12世紀から現在まで』、『琉球の「自治」』(藤原書店)、『ミクロネシア-小さな島々の自立への挑戦』(早稲田大学出版部)、『琉球独立への道』(法律文化社)等がある。

琉球の独立と平和

昨日、早稲田大学出版部から『平和研究』がとどきました。拙論「琉球の独立と平和」も掲載されていますが、他の論文も読んでみたいです。

平和の主体論 (平和研究)平和の主体論 (平和研究)
(2014/07/20)
日本平和学会、竹中 千春 他

商品詳細を見る
http://www.amazon.co.jp/%E5%B9%B3%E5%92%8C%E3%81%AE%E4%B8%BB%E4%BD%93%E8%AB%96-%E5%B9%B3%E5%92%8C%E7%A0%94%E7%A9%B6-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%B9%B3%E5%92%8C%E5%AD%A6%E4%BC%9A/dp/4657140086/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1405148412&sr=1-2

「米軍基地と開発政治から考える琉球(沖縄)の構造的差別問題」

7月22日火曜日2講時の龍谷大学法学部科目「現代社会と政治」で私が講演することになりました。対象は法学部の1年学生約300人です。

場所は3号館301号室です。講演のタイトルは「米軍基地と開発政治から考える琉球(沖縄)の構造的差別問題」です。同じ大学内であり、人数も多いのですが、法学部の学生とも琉球に対する構造的差別の政治的な原因等について真摯に議論したいです。

「平和の主体論」『平和研究』

日本平和学会の学会紀要『平和研究』が今月中に公刊されます。同紀要に私の「琉球の独立と平和」という論文も掲載されています。アマゾンでも購入できるようです。ご一読をお勧めします。

平和の主体論
日本平和学会 編
A5判 182ページ
本体 2,200円+税(2014年7月20日発売予定)
作品概要
暴力の正当化に抗う。見える/見えない暴力に立ち向かい,平和をつくり出すのは誰か? 一人ひとりの思考の営みを問う。
目次など
巻頭言 平和の主体になること・・・浪岡新太郎/舩田クラーセンさやか
● 依頼論文
1 平和の主体論
サバルタンとジェンダーの視点から・・・竹中千春
2 琉球の独立と平和・・・松島泰勝
3 人の国際移動とシティズンシップ
   平和構築の観点から・・・宮島喬

● 依頼論考
4 原子力災害から3年目をむかえて
   災害直後の社会状況と抗い・・・西﨑伸子

● 投稿論文
5 「平和的生存」をつくる学習
   幡多地域における教育実践に着目して・・・阿知良洋平
6 平和の主体としての消費者市民社会
   コンゴの紛争鉱物取引規制をめぐって・・・華井和代

●書評
芸術と平和の解釈学・・・佐藤壮広
   (奥本京子著『平和ワークにおける芸術アプローチの可能性――ガルトゥングによる朗読劇 Hoʼo Pono Pono: Pax Pacifica からの考察』法律文化社 2012年3月)
「共に生きる」こと――他者と出会い,「あたりまえ」を疑う・・・稲垣聖子
   (モハメド・オマル・アブディン『わが盲想』ポプラ社 2013年5月)

日本平和学会の研究会活動・・・日本平和学会事務局

SUMMARY

あとがき――編集後記にかえて・・・舩田クラーセンさやか/浪岡新太郎

日本平和学会設立趣意書

日本平和学会第21期役員

日本平和学会会則

地域と越境: 「共生」の社会経済史

『地域と越境: 「共生」の社会経済史』を四方田さんから頂戴しました。心よりお礼申し上げます。
早稲田大学政治経済学部を退職された鈴木建夫先生のゼミ生が執筆されています。鈴木先生の授業、ロシアのミール共同体を受講したことが思い出されます。三田さんのご論文は一緒にツバル調査をしたときの研究成果であり、非常に興味深い調査でした。
皆様へのご一読をお勧めします。



・谷澤毅・松村岳志(編)/2014年5月
3500円(本体)/四六判上製400頁
装丁・レイアウト:コトモモ社
母国をはなれて生きた移民、商人、宣教者、命がけの亡命者など……
ヨーロッパ、ロシア、アジアの各地域で国家の枠組みを越えて生きた越境者の生活史・経済史をみる刺激的な論集。
(ISBN 9784861104077)

目次|indexs

まえがき
第1部 西ヨーロッパの越境世界
ハンザ衰退期におけるブレーメンの対ハンザ関係と商業【谷澤毅】
アルザスユダヤ人問題再考―セール・ベールの活動を中心に【川﨑亜紀子】
19世紀の「密輸資本主義」-上ライン地方を中心に【内田日出海】
19世紀におけるスイス-フランス国境地域のナショナル・アイデンティティと経済的実態【尾崎麻弥子】
第2部 ロシアからアジアへ
1810-1820年代のロシア国軍における体罰―ヴォロンツォフとジェルトゥーヒン【松村岳志】
スターリン体制を逃れるロシア・ドイツ人―アムール川、ウスリー川を越えてハルビンへ【鈴木健夫】
近世日露国境の構築と漁業―開発当初のエトロフ島漁業【髙橋周】
第3部 アジアの越境世界
明治初期のアメリカ・プロテスタントの活動と日本組合教会【辻智佐子】
近代開港場の形成と商人―近代朝鮮を中心に【李秀允】
日本と中国における企業文化の「基層」をめぐって―企業観と利益分配からの分析【四方田雅史】
ツバルの華人―台湾との関係を中心に【三田剛史】
あとがき
著者プロフィール

編者|editors

内田日出海(うちだ・ひでみ)
成蹊大学経済学部教授。著書に『物語 ストラスブールの歴史―国家の辺境、ヨーロッパの中核』(中公新書、2009年)など。
谷澤毅(たにざわ・たけし)
長崎県立大学経済学部教授。著書に『佐世保とキール 海軍の記憶-日独軍港都市小史』(塙書房、2013年)など。
松村岳志(まつむら・たけし)
大東文化大学経済学部教授。

「変わらないもの」と「変わるもの」

琉球民族独立総合研究学会の会員でアーティストの、崎山里見さんから、展示会のお知らせを頂きました。7月16日から20日まで、浦添市美術館展示室3にて、「88ワーク展」が開催されます。

お葉書には、「「変わらないもの」と「変わるもの」」というお言葉と、作品の写真があり、木造家具の暖かさが伝わります。お時間とご関心がありましたら、是非お出かけ下さいね。なお、独立学会にはアート部会があり、独立とアートとの関係についての議論を定期的に行っています。

慰霊の日に考える琉球の平和と発展

 今晩、次のような講演を行います。ご関心とお時間がありましたら、是非お越し下さい。真摯に琉球の平和と発展について、慰霊の日に話し合いたいと思います。
 関西共同行動連続講演会④ 「慰霊の日に考える琉球の平和と発展」 松島泰勝さん講演会
6月23日(月)
午後6時開場 6時30分開始 場所:エルおおさか南館734号室 講演:松島泰勝さん(龍谷大学経済学部教授)
資料代:1000円 主催:関西共同行動
関西共同行動ホームページTOP
関西共同行動は反戦・反基地・反改憲運動の市民ネットワークです。市民運動のポータルサイトです。
WWW17.PLALA.OR.JP

大島高校センバツ出場記念誌『島から甲子園』

大島高校センバツ出場記念誌『島から甲子園』が昨日、届きました。南海日日新聞から発刊されています。久岡さんが送って下さりました。心より感謝申し上げます。本全体に奄美諸島への強い愛と、島人同士の固い絆を感じることができ、大変、うれしくなりました!

国際開発学会第15回春季大会(同志社大学) JASID 15th Spring Conference at Doshisha University

今日は国際開発学会で報告をしますが、真摯な議論をし、互いに学び合える場になればと思います。


日程:2014年6月21日(土) / 場所:同志社大学(新町キャンパス)
Date: Saturday, June 21, 2014 / Venue: Doshisha University (Shinmachi Campus)
アクセス: 同志社大学(新町キャンパス)
http://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/shinmachi.html
Access : Doshisha University (Shinmachi Campus)
http://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/shinmachi.html
参加・発表申込: [ PDF ] [ Word ]
Registration : [ PDF ] [ Word ]
プログラム・タイムテーブル(暫定版:6月8日)/Program・Timetable: [ PDF ]
大会運営に関するご案内/Event Guidelines: [ PDF ]
会場案内図/Venue Map: [ PDF ]
会場周辺の御案内(飲食店MAP): [ PDF ] ://www1.doshisha.ac.jp/~jasid/

世紀の嵐吹きすさみ 故山の草木貌変え 千歳の伝統うつろいて ふりぬる跡も今はなし

私は在学中は何気なく校歌を歌っていましたが、その意味を今の時代に噛み締めたいと思います。

母校のトップページに校歌が紹介されています。母校愛がさらに強まりました。



校歌の解説      元那覇高等学校国語科教諭 山田義二

一 世紀の嵐吹きすさみ
   故山の草木貌変え
   千歳の伝統うつろいて
   ふりぬる跡も今はなし 世紀の嵐=沖縄戦
故山=故郷
※ かつて見たこともないほどの戦争が嵐のように吹き荒れ、わが故郷の山河、草木も変貌し、 長い歴史も、伝統も、すべて跡形もなく変わり果ててしまった。

 校歌の一番では、学校のことではなく、戦争と戦後の沖縄のありさまがうたわれている。
鉄の暴風といわれた戦禍によって、沖縄の歴史も風土もすべて変わり果てて灰燼に帰してしまった。 戦争の爪あと以外の何ものもここにはない、ただ荒れ果てたわが郷土があるだけだ。
 
二  東支那海水清く
   空はなごみて地は静か
   乾坤ここに春に逢い
   新沖縄の夜は明けぬ 乾神=天と地
※ やっと戦争が終わり、空や海を埋めつくしていた軍用機や軍艦がなくなり、 その青さと静けさを取り戻した。沖縄の大地は春を迎えたようで、戦後沖縄の新しい時代がはじまる。

 二番では、終戦直後の沖縄の様子と、新しい沖縄の出発がうたわれている。
新しい時代に武器はいらない、戦争のない、新しい平和な沖縄がやってきた。大地にはまだ何もないが、平和であればこそ、新しい生命が芽吹く春を迎えたようであり、新しい時代が始まろうとしているのである。

三  城岳原頭空高く
   いらかはそびえ陽に映えて
   もゆる理想の千七百余の
   若き力の意気高し 城岳=那覇高校を見下ろす丘陵
いらか=屋根、ここでは校舎の屋根であろう
※ 城岳を見上げる野原に高くそびえる校舎の屋根は陽の光に映えている。沖縄復興を担わんとして理想に燃える千七百余の若き力も意気揚がる。

 三番では、戦後沖縄の復興とそれを担う若者が登場する。何もない中から校舎建築の作業に携わり学校の復興を手掛ける。そして、作業に携わりながら友情を培った若い力は沖縄復興の理想に燃える。

四  雨にも風にも嵐さえ
   たゆまず進む学の道
   結ぶ心のゆたかにも
   励まし励む那覇高校 学の道=ふみのみち
※ 風雨にも嵐にさえも負けることなく学問の道に努力を積む。団結のなかで培った友情も豊かな心を育み、互いに励ましあう那覇高校生。

 四番の歌詞になって、やっと「那覇高校」という校名が登場し、内容も普通の校歌の内容となる。那覇高校生として何をするのか、どのような生徒になるのか。三番までの歌詞の内容に鑑みるに、那覇高校生というものは、互いに励ましあいながら学問を積み、沖縄復興の理想を実現するために励んでいるのだと言えよう。

五  沖縄の空狭くとも
   心は通う五大州
   世界に伍する高き道
   いざ大らかに進みなむ 五大州=世界

※ 沖縄の空は狭くても、その心は世界に通じている。世界に肩を並べる誉れ高き道を、さあ、おおらかに歩んでいこう。

 五番では、目を世界に転じている.小さな沖縄ではあるが、その心意気は世界に轟くという。

原発震災より開発実践・研究を再考する

今週土曜日に同志社大学にて開催される国際開発学会において次のようなセッションで報告します。12時半より。セッション8:(企画)『原発震災より開発実践・研究を再考する』会場 D座長/コメンテーター:重田康博(宇都宮大学) コメンテーター:西川潤(早稲田大学)坂本恵(福島大学)
1原発産業のカネとヒト中野洋一(九州国際大学)
2原発震災から再考する開発教育-三重県・芦浜フィールドスタデ ィを事例に-吉井美知子(沖縄大学)
3新たな植民地主義としての琉球の振興開発体制-米軍基地と原発 による「犠牲の構造」からの脱却を目指して-
松島泰勝(龍谷大学)
4原発震災の教訓-開発研究のあり方を展望する-
真崎克彦(甲南大学)

新たな植民地主義としての琉球の振興開発体制ー米軍基地と原発による『犠牲の構造』からの脱却を目指してー

来週の21日に同志社大学で開催されます、国際開発学会全国大会において「原発震災より開発実践・研究を再考する」と題するセッションにおいて、
「新たな植民地主義としての琉球の振興開発体制ー米軍基地と原発による『犠牲の構造』からの脱却を目指してー」というテーマで報告いたします。
ご関心があり、お時間がありましたら、是非ご参加下さい。大会参加費の支払いが必要かと思います。

琉球人墓地跡の調査、修復の必要性

三線を居酒屋の方が貸して下さいましたので、姜先生が音を鳴らして下さいました。琉球でかりゆしウエアーを買ったといって、見せて下さいました。また胸元にある珊瑚のネックレスも琉球で買って下さったものであり、「とても奇麗だ」と行っていました。首里城も訪問されるなど、琉球の歴史についてもお話をしました。姜先生は北京の琉球人墓地跡の調査・修復等への協力をしたいと仰って下さっており、琉球人として大変、ありがたく思います。

琉球を学びたいという姜先生の思い

北京の国際会議でお世話になった北京師範大学の姜先生が琉球を訪問されていましたので、小禄の居酒屋でお会いして、私の『ミクロネシア』という本を謹呈させていただきました。先生は大田先生にお会いになるとともに、平和祈念資料館等を訪問するとともに、この日は、渡嘉敷島に行ってきたそうです。琉球のことを学びたいという先生の情熱を感じました。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE