FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年、
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年、
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年、
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年

Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

NPO法人ゆいまーる琉球の自治

特定非営利活動法人ゆいまーる琉球の自治における「自治」は、次のような後藤新平の自治の考え方に基づいています。 「人間には自治の本能がある。この本能を意識して集団として自治生活を開始するのが文明人の自治である。」 「自治を単に官治的地方自治に限るものとしてはならない。各種の職業組合ももちろん、自治でなけらばならない。」 「自治は、共助によって完全に行われなけらばならないものであるから、自治的精神は、また共助的精神として現われる。」 官治的法制度が上から琉球に適応されれば自治が実現するのではなく、自治的自覚を有する琉球の人間が自治の担い手であり、ゆいまーる(共助)によって自治を各地域において自ら作り出すことが重要であると、本NPO法人では考えています。 琉球の各島々においてこのような自治が実現することで、各島嶼は対等な関係となり、アジア太平洋地域とも自治的精神に基づいた関係を持つことができます。 地域の人間が発展の主体となり、地域の文化、歴史、自然、慣習等に基づき、島外からの新知識を選択的に活用しながら、諸問題を解決していくという内発的発展も人々の自治によって成し遂げることできます。 なお、NPO法人は2014年3月をもって解散しました。現在はNPOとして存在しています。

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今日、『琉球独立論』の読書会があります

今日の沖縄タイムスの読書欄をみたら、ジュンク堂那覇店で売り上げ総合4位に『琉球独立論』がランクされていました。拙書を買って下さった方に、心よりお礼申し上げます。今日は、午前10時から宜野湾嘉数の琉球館で拙書の読書会があります。参加者の方々と、真摯に議論をさせていただきたいと思います。今日は拙書の第一部の部分を対象に議論を行います。ゆたさるぐとぅうにげーさびら。
FC2 Management

明日、琉球館で『琉球独立論』の読書会があります

明日、宜野湾の琉球館で拙書の読書会が開かれます。読者の方々と琉球独立について真摯に議論したいと思います。お時間がありましたら、是非お越し下さい。
第 1 回『琉球独立論』読者会 ゲスト:著者・松島泰勝さん

しまんちゅスクール
日 時 8月23日(土) 午前10時~11時半 参加費:1,000円(ドリンク付) 場 所:cafeくろとん(琉球館1F) *要事前お申込み(098-943-6945)

去る 7 月に発行された『琉球独立論-琉 球民族のマニフェスト』(バジリコ株式会 社)の著者・松島泰勝さん(龍谷大学経済 学部教授、琉球民族独立総合研究学会共同 代表)をゲストにお招きする読者会。
第 1 回目のテーマは、第 1 部「琉球小史」 です。 (第 1 部は第 1~4 章) 第 1 章:琉球王国の成り立ち 第 2 章:植民地となった近代琉球 第 3 章:戦時下の琉球と米軍統治時代 第 4 章: 「復帰」という名の琉球再併合 当
日は、同書をご持参ください。当スク ールでも好評販売中です(1800 円+税)。

事前予約をして、お越し下さい。
住所:宜野湾市嘉数4-17-16 琉球館2F (㈱Ryukyu企画)

電話:098-943-6945
FAX:098-943-6947
メールアドレス:teruya@ryukyukikaku.com
担当:照屋

熊本鎮台駐屯地跡を歩く

昨日は、那覇市役所情報公開センター、那覇市立図書館、沖縄県立図書館に行き、研究資料を探しました。那覇市立図書館は私が高校の時から同じ建物であり、高校生の時に戻ったように、大変落ち着きます。その後、与儀、古波蔵周辺を歩きました。

琉球併合時に、熊本鎮台の兵隊が駐屯していた場所です。琉球新報の琉球併合特集記事を思い出しながら、歩きました。今日は、自宅にたまった新聞、沖縄タイムスと琉球新報を読んで、切り取っています。現在調査中の琉球の植民地経済についても貴重な資料がありました。

謝名親方顕彰碑

謝名親方の石碑の前に行き、手を合わせました。琉球に帰国し、時間があれば波の上に足が向かいます。

辺野古ゲート前抗議7

歩道を占拠した鉄製の障害物です。手で触ろうとすると、警備員が傲慢にも「触るな」と命じましたが、警備員の足の間から固い鉄の障害物をこの手で確かめました。

辺野古ゲート前抗議6

宜野湾市か数のカフェくろとんに戻り、本村さん、照屋さんとともに、ぬちぐすいのおいしい料理を食べながら、今日の抗議活動について話し合いました。

辺野古ゲート前抗議5

抗議の方々が少し休憩しているとき、山城さんが、私を紹介して下さいましたので、少しアピールさせていただきました。琉球独立を主張する者の一人として辺野古の新吉建設に反対すること、そして、10月に名護で琉球民族独立総合研究学会の大会と公開シンポが開催されること等をアピールさせていただきました。参加者の中から、会員になりたいという方もおり、嬉しかったです。

辺野古ゲート前抗議 4

私達が抗議活動をしているとき、観光客のレンタカーが警察が設置した柵に衝突する交通事故が発生したました。その原因は、歩道に蛇腹状の障害物を起き、また歩道と車道との間にも柵を設置した沖縄県警側にあることは確かです。どのようなこの交通事故を処理するのか、みてみたいです。

辺野古ゲート前抗議 3

私達が抗議活動をしているとき、観光客のレンタカーが警察が設置した柵に衝突する交通事故が発生したました。その原因は、歩道に蛇腹状の障害物を起き、また歩道と車道との間にも柵を設置した沖縄県警側にあることは確かです。どのようなこの交通事故を処理するのか、みてみたいです。

辺野古ゲート前抗議 2

次に大浦湾側に行き、安次冨さんと少し話をさせていただきました。今日は一隻しか海上保安庁の船が見られませんでしたが、ボーリング調査周辺に張り巡らされたブイを確認することができました。この湾の世界的にもすばらしいサンゴが破壊され、平和な生活が失われることは、琉球民族として大変、残念です。

辺野古ゲート前抗議1

ゲートの前では警察が違法に私達をビデオで撮影していました。ゲートの前には民間の警備会社の職員が達、その後ろに沖縄県警がおり、そして大型車両の中には機動隊が待機していました。そして辺野古工事の当事者であり、沖縄防衛局は私達の前に姿を見せずにいました。安倍首相は琉球人に対して真摯に向き合いながら、工事を行うのではなく、暴力的に工事をアメリカの起源を伺うための進めていると実感しました。

今日、琉球に帰国します。

今日、琉球に帰国します。島嶼経済のフィールドワークを行なうとともに、辺野古に行き、日米による植民地支配の現実をしかっりと見たいです。また次のように、琉球館で土曜日に拙書の読書会が開かれます。読者の方々と琉球独立について真摯に議論したいと思います。

第 1 回『琉球独立論』読者会 ゲスト:著者・松島泰勝さん
しまんちゅスクール

日 時 8月23日(土) 午前10時~11時半 参加費:1,000円(ドリンク付) 場 所:cafeくろとん(琉球館1F) *要事前お申込み(098-943-6945)

去る 7 月に発行された『琉球独立論-琉 球民族のマニフェスト』(バジリコ株式会 社)の著者・松島泰勝さん(龍谷大学経済 学部教授、琉球民族独立総合研究学会共同 代表)をゲストにお招きする読者会。

第 1 回目のテーマは、第 1 部「琉球小史」 です。 (第 1 部は第 1~4 章) 第 1 章:琉球王国の成り立ち 第 2 章:植民地となった近代琉球 第 3 章:戦時下の琉球と米軍統治時代 第 4 章: 「復帰」という名の琉球再併合 当日は、同書をご持参ください。当スク ールでも好評販売中です(1800 円+税)。

平恒次先生からの励ましの言葉

アメリカのイリノイ州にお住まいの、宮古島ご出身の平恒次先生から『琉球独立論』に関して、勇気づけられるメールを頂戴しました。平先生は、イリノイ大学で労働経済学を研究、教育されてきた世界的な経済学者です。小生の琉球独立論jは、先生が「復帰」前から独立を一貫して主張し、学問的に論じてこられたことに大変、刺激と勇気を頂いてきました。先生からの励ましのお言葉を心の支えとして 、これからも琉球独立論を研究し、実践していきたいと存じます。


御高著ありがたく頂戴いたしました。智仁勇兼備の見事な出来映えです。
おめでとうございます。

「琉球民族のマニフェスト」であるとともに、失礼を顧みず申しあげれば、
貴殿の「五十知命宣言」ともいえるのではないかと思います。重ねて
おめでとうございます。

同時に私自身の臆病な渡世が恥ずかしくなります。1950年代、ものを書き
始めたころ、沖縄がアメリカの「植民地」になったと、言おうとして言えな
かったことを鮮明に思い出します。「一番怖いことは、怖がることである」
とはよくいったものです。

御高著はセミナーや類似の勉強会などの原論テキストとしても最適であろう
と思います。これにアメリカ式”Readings"(いわば各論集)をつける、と
すれば何単位かに相当する教材ができることは間違いないでしょう。そのよ
うなコースを教えてみたいものです。(勿論、私にはもう出来ないことは解
っています。)
貴殿の一層の御活躍を期待するとともに、無敵の御健康を祈ります。

『琉球独立論』の書評

龍谷大学法学部教授の西倉先生が拙書の書評をして下さいました。心より感謝申し上げます。




「琉球独立論 琉球民族のマニフェスト」
松島泰勝
バジリコ
琉球出身の大学の同僚教授の新刊著書。日本および日本人に対する絶望のあまりにたどり着いた決別の書だ。前作の学術論に加え、新たに運動論も強く打ち出しており、大国の思惑が渦巻く東アジアの厳しい現実政治の中で前途多難な一歩を踏み出したようだ。

11月の那覇でのシンポジウムに参加する予定なので、現地の政財界人の意見も聴いてみたい。内容的には、独立を目指す(あるいは事実上独立している)台湾へのシンパシーを旗幟鮮明にしている点に注目した。今後、中国との関係も微妙になるだろう。

道標求めて 琉米条約160年 主権を問う

Twitterでジョージさんがアップして下さいました。にふぇーでーびる。
道標求めて 琉米条約160年 主権を問う 松島 泰勝 龍谷大学教授 発展へ独立が近道 自主憲法で生命守る 琉球新報 2014.8.14Bu9Tp2BCMAENsIY.jpg

『琉球独立論』への期待

8月2日と8日に、琉球民族独立総合研究学会の事務局宛に3回にわたりお電話をされたがおられましたら、ご連絡下さい。拙書『琉球独立論』に対する高い期待を力強い声で話して下さいました。まだ注文してまだ手元に届いていないとのことでしたが、平和的な琉球独立を強く訴えていました。

また学会に対してもご提言下さいました。私自身、大変、励まされました。10月の名護での学会大会、またその他の機会で、直接、お礼を言い、拙書について話を伺いたく存じます。

『琉球独立論」の書評


【読書ノート】
『琉球独立論』松島泰勝著、バジリコ㈱2014年7月20日初版

辺野古をめぐる逼迫した情勢の中、今一度、琉球の歴史を振り返り、沖縄の運動の底流にある沖縄人の本音を知るために、必読ねがいたい。というよりも、この書は日本人が本来知るべき歴史的経緯をすべて網羅しているといっていい。さらに、現実の沖縄人の建前的な優しさの裏にある本質的な内面を率直に語ってくれている。
だからといって、いまさら日本人に向けて何かを問いかけているわけでもない。

独立論の系譜は長い歴史を持っているが、世代を超えて琉球に受け継がれる思想史も知ることが出来る。著者の松島泰勝さんは、八重山出身の経済学者であり、島嶼経済が専門である。南太平洋の島嶼地域をベースに研究し、沖縄の自立経済、外交などにも及ぶ具体的な分析に説得力がある。(これまでの独立論に経済学が導入されることはないように思う)

個人的な感想を述べれば、琉球の独立論には、さまざまな議論があり、その内容は一枚岩ではない。居酒屋独立論などは論外としても、琉球独立学会の設立をめぐる議論などは埒外の私には手の届かぬ話である。

(別に日本人のために書いているわけではないので当然だが)私の原点でいえば、新川さん、川満さん、岡本さん、仲里さんらがその系譜との出会いであったが、次世代の議論、例えば新城郁夫さんの批判に(この本で)数ページも挿入することの意味がわからない。

余計な話は以上。常々敬愛する松島さんが書き記してくれた独立論に心から感謝します。

『ミクロネシアー小さな島々の自立への挑戦』の書評

しっかりと、淡々と、過度にならずも的確に絵を描く、腰に粘りがある力作。

 沖縄とのからみ、位置、流れ。記述が丁寧でわかりやすく嬉しい上、歴史的にうへぇぇぇな話がいっぱいなのですよ。
 「かつての日本が行ったこと/もくろんだこと」がたくさん書かれているこの本で、沖縄の状況含め、植民地とは何か、日本が国民に記憶させたくないことは何なのか、多角的に考えてみたく。


http://sciencebook.blog110.fc2.com/blog-entry-1040.html

国家の論理振りかざすと戦争につながる 尖閣諸島は「東アジアの共有地」にしたい 8

尖閣は「みんなのもの」にするように中国を説得する

―― 非武装を標榜する琉球が、独立後に中国や台湾と向き合った際、関係はどう変化するのでしょうか。

松島: 沖縄県は日本の西端で、その先には国境線がそそり立っています。想定される変化を、まず経済の面から説明します。与那国島は日本の最西端で非常に物価が高い。台湾よりはるかに遠い那覇から石垣島を経由して物資を持ってきているからです。独立すると、与那国は台湾と行き来ができて物価が下がる。

中国との関係を見ると、今でもマルチビザ制度を通じて、富裕層が琉球を経由して日本に来ています。すでに全日空(ANA)が那覇空港をハブ(拠点)に、日本本土とアジア各地を結ぶ貨物路線を運航していますが、独立にともなって、こういった経済的なつながりがさらに強まることを期待しています。

島同士は互いに行き来できたほうが活きてきます。島が衰退するのは、人工的に引かれた境界線が原因です。太平洋の島々では、欧州諸国が引いた人為的な線によって島民が島に閉じ込められ、孤立化するわけです。琉球は独立したとしても、新たに国境線を引くのではなく、むしろ国境という意味での「ハードル」を下げたい。

これまでの近代国民国家とは違う国のあり方、大陸国家ではない島嶼国家だからこそできることを追求したいです。今の日本政府のもとでは、それは不可能です。

―― 尖閣周辺はどう変化しますか。安全保障面の課題は山積しています。

松島: コモンズにするように琉球側から提案して説得します。それが実現したら、密漁船が来ないような国際的な条約も取り決めます。「東アジアみんなのもの」にするというのは、琉球国だからこそ可能なことです。

―― ルール作りをするとなると、それが実効性のあるものにするのは大変な作業ですね。最近の事例を見ても、1996年に交渉が始まった日台漁業協定は、合意に至ったのは2014年1月のことでした。

松島: 1996年から琉球人は国連の各種委員会に対して毎年のように働きかけています。国連をいかに活用するか、琉球人は経験を蓄積しています。ネットワーク作りも実績がありますし、独立後もそのような経験が活かせると思います。元来、国際的なルール協定作りは琉球人が長けているところです。

なぜならば、琉球人はかつて、600年にわたって琉球国という国を運営してきたからです。当時も、周辺国との協定をまとめあげた優秀な外交官がいました。

松島泰勝さん プロフィール
まつしま・やすかつ 龍谷大学経済学部教授、琉球民族独立総合研究学会共同代表。1963年沖縄県石垣市生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒。専門は島嶼経済。在ハガッニャ(グァム)日本国総領事館専門調査員、在パラオ日本国大使館専門調査員、東海大学海洋学部助教授等を経て現職。

2007年「NPO法人ゆいまーる琉球の自治」を立ち上げ代表を務める。2013年5月15日「琉球民族独立総合研究学会」の設立メンバーとして同学会共同代表就任。著書として『琉球独立論』、『琉球独立への道』『琉球の「自治」』『ミクロネシア』等、多数。

国家の論理振りかざすと戦争につながる 尖閣諸島は「東アジアの共有地」にしたい 7

武力の強化という方向はゆるめるべき

―― 松島さんの琉球独立論では、「米軍基地が残った形での独立はありえない」と位置づけています。そうなると在沖米軍は岩国や硫黄島が引き受けることになり、対中戦略の大幅な見直しが迫られそうです。

松島: 日本政府は日中関係を力の均衡による「積極的平和主義」で乗り切ろうとしているように見えます。これが続けば、「日本が核兵器を持つ」という議論にもつながりかねません。日本が本当に日中関係の改善や東アジアの平和を願うのであれば、武力の強化という方向はゆるめるべきです。

今の状態は集団的自衛権の実現、憲法解釈の変更など、武力、戦争を前提に、抑止力に基づいた「平和」に大きくかじを切りすぎています。中国も海洋大国を目指しており、同様の傾向です。お互いがしのぎを削っていては、両国の緊張は解けません。

しかも、琉球は日中がしのぎをけずった結果、最も犠牲になりやすい場所です。そうならないための独立が必要です。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE