FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

那覇市議の屋良さんとNHK大阪の大石さんが龍谷大学の松島泰勝研究室に来て下さいました

先日、那覇市議の屋良さんとNHK大阪の大石さんが龍谷大学の松島泰勝研究室に来て下さいました。屋良さんとは大学時代から仲良くしてもらっています。大石さんはNHK沖縄でも勤務した経験もあります。琉球独立等について意見交換しました。

柳原銀行記念資料館において、事務局長の山内さんから被差別部落の歴史と生活、現在のまちおこし活動について詳しく伺いました。その後、琉球とも関係の深い野中広務さんの事務所に行き、事務局長の方と琉球や被差別部落問題について意見交換しました。そして京都駅近くの居酒屋で3人で交流を深めました。

大学で話し合った後、在日コリアンの方が生活されている東九条地域を歩き、ヘイトスピーチ被害の現場を見ました。現在、琉球、琉球人もヘイトスピーチの被害者になっており、他人事ではない問題です。お好み焼きも手頃な値段で美味しかったです。
スポンサーサイト

松島泰勝研究室に山口県の萩市からおいで下さった山中様

先日、松島泰勝研究室に山口県の萩市からおいで下さった山中様です。私は琉球独立論について話しをさせて頂きました。山中様からは、地域における循環的発展に関するご自身の実践活動について学びました。どぶろくのお土産も頂戴しました。地域自立への熱い思いを共有させて頂きました。心より御礼申し上げます。


松島泰勝ゼミナール(テーマ:島嶼経済)では、9月6日から8日まで、沖縄でのゼミ研修旅行を行いました

http://www.econ.ryukoku.ac.jp/news/detail.php?id=8473
多くのゼミ(演習I/II)は学内外で様々な活動を行っています。 松島泰勝ゼミナール(テーマ:島嶼経済)では、9月6日から8日まで、沖縄でのゼミ研修旅行を行いました。

9月6日は、午後から沖縄大学の島田勝也ゼミとの合同研究会を開催しました。松島ゼミでは、京都観光の現状と課題について報告し、その後、グループごとに沖縄大学の学生と意見交換を行いました。その後は那覇の公設市場にある居酒屋で交流会を行いました。

翌日7日は、沖縄の観光スポットで一番の来場者数がある、美ら島水族館に行きました。水槽の中にはダイバーがおり、ショーをし、それもモニターで映し出されていました。様々なエンターテイメントの要素が工夫されており、人気の理由を皆で分析しました。次に観光地として人気のある古宇利大橋や古宇利島に行きました。そこから見える海や空、島々の形が魅力的であると感じられています。沖縄の開発・加工されたものではなく、自然そのものが大きな観光資源になっていることが分かりました。

8日は、沖縄県庁の観光政策課に行き、まず2人のゼミ生が沖縄観光についてレジュメを使って、質問や意見を交えて報告しました。それを受けて、観光政策課の比嘉様が資料を用いて詳しく、分かりやすく話してくださいました。他の学生とも意見交換し、観光経済について深く学ぶことができました。

とても多くの成果が得られたようです。今後の松島ゼミの活躍が期待されます。

小学6年の時の松島泰勝

小学6年の時の松島泰勝です。小学3年の時に、与那国島から那覇市の真和志小学校に転校し、その時に「方言札」を体験しました。また同じ琉球でも島が違うと社会や生活が大きく違うことも体験しました。

崇仁の人々が力を合わせて、地域社会を自らの手で作っている写真です。このような恊働の歩みが、現在のまちづくり活動に繋がっていると思います。

現在、京都駅の近くにある柳原銀行記念資料館において、「崇仁の独立」というタイトルの展示会が開かれています。原資料に基づいた実証的な独立の歩みを、事務局長の山内さんが説明して下さいました。「独立」という言葉に強い意志が感じました。心より御礼申し上げます。

平先生からのメール

新報の米倉さんから下記の本を頂戴しました。心より御礼申し上げます。琉球における米軍基地、自衛隊基地問題、日本国との裁判、県外移設論が問いかけるもの、観光と基地との関係等が、当事者の生の声で明らかにされており、勉強になりました。

今日から大学後期の授業が始まります。新たなゼミ生や受講学生との出会い、学生さんや招聘講師との議論、授業を通じた学生さんの成長と、新たな学問的な発見等を楽しみにしております。

宮古島出身で、イリノイ大学名誉教授の平恒次先生から米国よりメールを頂戴しました。丁度1年前に先生とともにNYで琉球独立に関するフォーラムで報告させていただきました。琉球独立に関して先生から多くのことを学んできました。平先生は現在も米国を含む世界の状況を分析しながら、琉球独立の可能性を研究しており、メールでも示唆的な指摘を伺い、大変励まされました。

現在台風16号関西地方にも近づいており、龍谷大学も午前中の授業の決まりました。午後の授業の取扱いについてはまだ決まっていませんが、学生さん達は大学のHPを確認してください。台風には
十分気を付けて下さい。

「石垣島出身の松島泰勝教授(龍谷大学)は、その(琉球独立)手続きを研究し、可能だと述べている」

半田さんが次のようなツイートをして下さいました。「安倍政権が強権で辺野古に基地を造るなら沖縄が独立することを支持する。石垣島出身の松島泰勝教授(龍谷大学)は、その手続きを研究し、可能だと述べている。住民自治で基地反対の議員が多数を占めているのに国が裁判にするなど常軌を逸している。」

瀬長島の変貌

新たな観光開発が進んでいる瀬長島に行きました。私が高校生の頃、歩いてこの島に来ましたが、その頃は無人島でした。その頃以来の訪問です。雨の中を週直を兼ねながら観光業の実態を調査しました。これも学生さんが自主的に考えたアイデアです。

松島泰勝ゼミの旅行中は、台風の影響で激しい雨が降る時が多く、学生さんが事前に作成した調査、活動計画の変更が余儀なくされました。ゼミ長、副ゼミ長を中心に、皆の意見を聞きながら、柔軟に計画を変更し、遂行しました。これも学びだと思います。

古宇利大橋も若い観光客にとって人気の場所になっていました。そこから見える海や空、島々の形が魅力的であると感じられています。琉球の加工されたものではなく、自然そのものが大きな観光資源になっています。

私、松島泰勝は今回生まれて初めて美ら海水族館に行きました。私は1975年の海洋博覧会の時にもここに来ましたが、それから約40年。琉球観光が大きく変貌したことを学びました。学生さんの御陰です。

こんな間近にマンタ、ハンマーヘッドシャーク、ジンベイザメを見ることは通常はあり得ないのですが、それがこの水族館ではできるのです。

なぜ美ら海水族館が、琉球の観光スポットで最も多くの観光客が来場するのかが分かりました。水槽の中にはダイバーがおり、ショーをし、それもモニターで映し出されていました。様々なエンターテイメントの要素が工夫されています。

「生きた経済学」

沖縄国際平和研究所に向かって歩いていたら、東恩納寛惇の生家跡の説明板を見つけました。大学院生時代、その全集を大学の図書館で読みました。中でも『黎明期の海外交通史』は感動しました。私が生まれた年に東恩納先生はニライカナイに行かれました。

琉球では、ウチナーグチを話す自動販売機が増えています。それだけ言語復興運動が様々な分野で進められていることが分かります。

現実社会の中で、「生きた経済学」を学ぶことができました。学生さんから沖縄観光についての感想や意見も聞いて下さいました。台風、雨、冬期における沖縄観光の充実化が課題であり、対応策も検討されているようです。比嘉さんに心より感謝申し上げます。

沖縄県庁において、まず松島泰勝ゼミの2人の学生さんが沖縄観光についてレジュメを使って、質問や意見を交えて報告しました。それを受けて、観光政策課の比嘉さんが資料を用いて詳しく、分かりやすく話して下さいました。他の学生さんとも意見交換し、観光経済について深く学ぶことができました。

男性の場合はハイサイですが、女性の場合がハイタイがウチナーグチの挨拶になります。この絵のシーサーは雄なのかな。

。「松島泰勝さん 琉球人 島の未来思う、唱える独立論 軍事力持たず平和拠点に」

先日、読売新聞掲載された私の記事です。「松島泰勝さん 琉球人 島の未来思う、唱える独立論 軍事力持たず平和拠点に」独立論について様々な方と議論したいです。

沖大の学生さんの報告です。どのようにバス乗車を増やすかというテーマで、広告を作成して、電話帳に掲載されるまでの流れをゼミ活動でしており、大変刺激を受けました。


高校時代のアルバムを見ていたら、高校3年の自分に出会いました。今と同じメガネをしています。那覇の公園で、高校3年の同級生にたまたま会ったら、今、会社社長をしており、大変嬉しくなりました。


農連市場周辺の開発が段々進んできました。私が小さい頃、農蓮のオバーたちとやり取りをしながら楽しく野菜、果物を買っていたことを思い出します。

神原の新しい消防署です。与儀公園から出たら、すぐ目に留まりました。クールなデザインで、心に潤いを与えてくれます。

日本平和学会合同開催「平和運動」分科会、「琉球・沖縄・島嶼国及び地域の平和」分科会

来月23日、明星大学で開始される日本平和学会の次のような分科会で報告します。どうぞご参加下さい。
合同開催「平和運動」分科会、「琉球・沖縄・島嶼国及び地域の平和」分科会

テーマ:東アジア共同体と沖縄の未来
報告1:「琉球独立論と中国・台湾」松島泰勝(龍谷大学)
報告2:「『中国脅威論』の虚と実―南シナ海情勢を中心として―」高野孟(東アジア共同体研究所理事)

討論:金平茂紀(TBS記者)
司会:木村 朗(鹿児島大学)

琉球国王の印

公文書館の壁に展示されている、琉球国王の印です。日本政府は否定していますが、琉球國が存在したことを示す証拠の一つです。

漫湖公園の一本の道を汗を流しながら、一歩、一歩、歩きました。

漫湖公園には、多くの花がさき、マングローブを身近に見ることができますが、アヒル、渡り鳥等の生物も目にすることができ、嬉しいです。

「洞人」という名称から、ヒゲのはえた男性かなと勝手に想像していましたが、実際は8才の女の子でした。幼くして命を落としたことは残念ですが、8歳の女の子が最古の琉球人として我々にその姿をとどめてくれ、感謝の思いが湧きました。

私の家の近くには、「山下洞人」と呼ばれる、3万2千人前の、最も古い琉球人の骨が見つかった場所があります。最古の琉球人が住んでいた場所で琉球の歴史を考えました。

「日本・沖縄を照らす「人工国家」高良倉吉・仲里功・松島泰勝の「南大東島」」

真喜志さんの、ファシリテーターとしての役割、とても素晴らしかったです。御陰さまで、龍谷大学の学生さんも緊張せずに皆様と交流、意見交換することができました。きっと一生の思い出になると思います。今後ともどうぞよろしくお願いします。


『N27「時の眼ー沖縄」批評誌』の最新号で、仲村渠さんが「日本・沖縄を照らす「人工国家」高良倉吉・仲里功・松島泰勝の「南大東島」」という論考を書かれています。南大東島の歴史社会を軸にして、3人の政治思想の比較という非常に画期的な視点から書かれた論考です。私が生活したことがある南大東島を別の角度から映し出しており、この島の重要性を改めて考えました。皆様もどうぞお読み下さい。


沖縄観光を県庁で学ぶ

今日はまず瀬長島に行き、学生とトルコ料理、旭川ラーメン、石垣島のアグーをゲームをしながら、少しずつ食べ歩きました。雨でしたが大変楽しかったです。その後、皆で沖縄県庁に行き、最初に学生が沖縄観光について報告したあと、観光政策課の比嘉さんから学生からの質問を受ける形で最新の、重要なお話を聞かせて頂きました。学生からも沖縄観光に関する感想、意見等も出され、充実した意見交換の場となりました。


県庁の比嘉さんは私達からの質問に対して懇切丁寧に、具体的に、最新の沖縄観光に関する話しを聞かせて下さいました。「沖縄で生まれ育ち、沖縄が大好きです」と話された比嘉さんの言葉は学生たちの心に強く残ったと思います。


昨日は沖縄県庁の行政情報センターに行き、琉球経済の関する最新のデータ、統計表、概説書等を頂戴しました。家に戻り、それらをもとにして後期の授業レジュメを作成しました。また、昨年度、龍谷大学経済学部の非常勤講師をして下さった与那嶺さんともお会いして琉球経済について貴重なご意見を伺いしました。県庁の皆様と与那嶺さんに御礼も仕上げます。


昨日は、大田元沖縄県知事、鳩山元首相、木村鹿児島大教授とともに琉球における基地問題、日本の政治社会問題、琉球独立、東アジア共同体等について3時間意見交換しました。元首相、元知事しか知り得ない非常に貴重なお話も聞くことができました。鳩山さんは前日に高江に行ってきた時の話しもされました。座談会の後、空港に直行し、日本に戻りました。

沖大島田ゼミと龍谷大松島ゼミとの合同研究会

昨日は、沖大の島田さん、ゼミ生とともに牧志の居酒屋、魚魚で私のゼミと交流会をしました。一階が鮮魚店で新鮮な魚料理を中心に楽しく交流ができました。龍谷大OBでNTT西日本沖縄支店で働いておられる、塩見さんとも来て下さり、学生に色々とアドバイスをして下さいました。二次会は島田さん、塩見さんとともに「エロス」という桜坂の飲み屋に行きました。とてもシックでクールなお店でした。


今日は、ゼミ生と美ら海水族館に行きました。生まれて初めてこの水族館に行きましたが、魚が美しく、ジンベイザメ、マンタ等が大迫力でした。若い人や家族連れが多かったです。その次に古宇利島大橋を渡り、島に行き、何人かの学生は泳ぎました。これからゼミの交流会を行います。


昨日の沖大島田ゼミと龍谷大松島ゼミとの合同研究会終了後の写真です。ゼミには沖国大の前泊ゼミ生、社会人の方も参加して下さり、大変勉強になりました。

美ら海水族館前での記念写真です。サンゴ礁の海の美しさ、生物と人間との近さ、ジンベイザメをはじめとする生物の美しさを体全体で感じました。ゼミ長のおすすめであり、皆も喜んでいました。

昨日の交流会は、亀仙人久茂地店で行いました。ゼミ同士和気あいあいと交流できました。ゼミ生がトイレで出会った沖国大と沖大の学生も交流会に交流して、「ほうれん草」というゲームをしたり、語り合っていました。学生さんから、いちゃりばーちょーでーの精神を学びました。

龍谷大学経済学部松島ゼミの研修旅行

今日、琉球に帰国します。龍谷大学経済学部松島ゼミの研修旅行として参ります。沖縄大学の島田ゼミとの合同研究会や交流会、エコツアーの体験や沖縄県庁での観光政策に関するインタビュー、アンケート調査等、学生とともに琉球の今の経済を心身を通じて学びたいです。島田ゼミとの合同研究会では、琉球と京都の観光を比較しながら意見交換する予定です。ゆたさるぐとぅうにげーさびら。


飛行機の上で初めてネットを利用します。今、台風の影響で少し揺れています。多くの若い人が飛行機に乗っております。私は本を読んだり、PCで文章を書いています。

今日は、漫湖公園を歩いていたら、韓国からの観光客がマングローブを身近で見たいと英語で問いかけて下さいましたので、対岸にある「マングローブセンター」を紹介しました。確かに韓国にはマングローブがない(済州島にはあるのかな)ので、琉球でそれを見たかったのかと思いました。


昨日は台風の中、沖縄大学島田ゼミの方々と合同研究会、交流会を行いました。交流会の前に、仲地学長にご挨拶し、意見交換をさせていただきました。実践的な社会活動をしている島田ゼミの学生さんと龍谷大学の学生さんは同世代ということもあり、楽しく交流、意見交換することができました。

安国山樹花木記

ゴーヤー弁当とヨーゴで昼食をすましました。公文書館の玄関で食べましたが、歴史の重みを感じながら美味しく食べました。


安国山樹花木記は、1427年に建立された琉球最古の石碑と言われています。公文書館の玄関にあります。内容は、首里城の風格を重んじ、城外に龍潭池や物見台を築き、花や木を植えたという内容です。


公文書館の玄関に伊波の琉歌を見つけました。琉球人研究者にとって、琉球は自分の外にある研究対象だけではなく、自らの存在、アイデンティティを明らかにする行為でもあるのです。学生時代に伊波のこの言葉に触れて大変励まされました。


公文書館の壁に大きな「わらざん」のレリーフがあります。琉球国時代の琉球人が使った、数を数え、記録する道具です。竹富島の喜宝院蒐集館では本物を見たことがあります。

うちなー口の大切さ

私も国連先住民作業部会での活動や、自分の結婚式の時に琉装をしましたが、心身ともに気持ちが引き締まりました。王や王妃だけでなく、庶民の琉装もいいです。


FBのお友達RKKYshさんも参加された、しまくとぅばの連続講座が沖国大で開催されています。琉球諸語だけでなく、石垣さんによる台湾原住民の言葉の講座もあり、いいですね。


家の近くにある漫湖公園沿いにある歩道です。浪人時代から現在に至るまでよく歩いています。マングローブや渡り鳥も見ることができます。時代は変わってもこの道は変わりません。


歩道の真ん中にある、しかも黒いシーサーは珍しいので、目に留まりました。シーサーはいろんな場所で琉球人を守ってくれています。


さんしんは、弾くだけでなく、その音を聞くだけでも、自らのアイデンティティが強くなってくるのを感じます。私も若い時に東京の琉球居酒屋で練習しました。

うちなー口は、那覇市役所だけではなく、民間の建設会社も公的空間において使っています。いろんなところで目にするようになりました。

琉球文化の根基である、しまくとぅば復興活動

那覇の道を歩いていたら、楚辺小学校名が永遠に消滅の文字に目が止まりました。戦前、戦後の歴史をみても戦争に翻弄された小学校でした。


城岳小学校の前には琉球松の並木道があり、気温が高くても木陰ができ、涼しい風が吹いて、気持ちがよかったです。


沖縄県立図書館と那覇市立図書館です。後者は米軍統治時代にできた建物です。高校時代に読書に目覚めて毎日のように図書館に通いました。今も私にとって欠かせない生活の拠点になっています。


琉球人の言葉、しまくとぅばのボランティア養成講座のポスターです。言語復興運動が大変盛んになっています。


琉球文化の根基である、しまくとぅば復興活動は、独自な言語の復興運動として進められています。今月18日は「しまくとぅばの日」です。

東アジア共同体と沖縄の未来

10月は東京で以下のようなシンポが開催されます。私も報告させて頂きます。充実した議論ができましたら幸いです。


「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」主催の公開シンポジウムの開催

 「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」の発足を兼ねて下記のような形で公開シンポジウムを開催します。共通テーマは、「東アジア共同体と沖縄の未来」です。多くの皆様方のご参加をお待ちしています。

                  記
期 日:2016年10月22日(土)(開場13:30)14:00~17:00
会 場:神奈川大学(〒221-8686 横浜市神奈川区六角橋3-27-1)
参加費:資料代として300円

(共同代表からの開会の挨拶)14:00~14:10   司会進行:木村 朗(鹿児島大学)

Ⅰ 顧問からのご挨拶(14:10~14:25)※15分
鳩山友紀夫(元内閣総理大臣・東アジア共同体研究所理事長)
沖縄を軍事の要石から平和の要石へ

Ⅱ 研究者からの提言(14:30~16:00)
【基調報告】松島泰勝(龍谷大学教授)30分
「東アジアにおける琉球独立の可能性」

【個別報告】※各20分
(1)阿部浩己(神奈川大学教授)
「琉球/沖縄の過去・現在・未来〜国際法の視座」
(2)元山仁士郎(SEALDs琉球共同代表)
「東アジア共同体」とSEALDs/SEALDs RYUKYU
(3)前田  朗(東京造形大学)
植民地支配犯罪論から見た東アジアと琉球
~ 休 憩 ~
Ⅲ 質疑討論(16:10~17:00)※15分
討論者 石山永一郎(共同通信編集員)
フロアから      ※35分

※(記者会見)(17:000~18:00)事務局で対応します。

※(連絡先):
前田朗(東京造形大学)TEL042-637-8872、maeda@zokei.ac.jp または
木村 朗(鹿児島大学)TEL090-2856-0955、kimura@leh.kagoshima-u.ac.jp

「東アジア共同体と沖縄の未来」

以下のようなシンポが11日、琉球大学で開催されます。私は参加できませんが、ご関心がありましたら、どうぞご参加下さい。

 「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」の発足を兼ねて下記のような形で公開シンポジウムを開催します。共通テーマは、「東アジア共同体と沖縄の未来」です。多くの皆様方のご参加をお待ちしています。

「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」主催
公開シンポジウム
「東アジア共同体と沖縄の未来」

期 日:2016年9月11日(日)13:30~17:00(開場13:00)
会 場:琉球大学法文学部新棟215教室
参加費:300円(資料代として) ※事前申し込みは不要です。

●プログラム●
(共同代表からの開会の挨拶)13:30~13:35    司会者:高良鉄美(琉球大学)

Ⅰ 顧問からのご挨拶(13:35~14:05)
鳩山友紀夫(元内閣総理大臣・東アジア共同体研究所理事長)
沖縄を軍事の要石から平和の要石へ

大田昌秀(元沖縄県知事)
「東アジア共同体」形成の前提

Ⅱ 研究者からの提言(14:10~15:40)
【基調報告】島袋  純(琉球大学)
沖縄と「地域から成る東アジア」──スコットランドと欧州統合からの示唆

【個別報告】
(1)仲地  博(沖縄大学学長)
沖縄構想の来し方と現在
(2)石原昌家(沖縄国際大学名誉教授)
「うやふぁーふじ」の国・中国とウチナーンチュ
(3)玉城 愛(名桜大学、SEALDs琉球)
沖縄基地問題の解決法としての東アジア共同体
(4)木村  朗(鹿児島大学)
鳩山政権崩壊と東アジア共同体構想─新しいアジア外交と安保・基地政策を中心に

Ⅲ 討論(15:55~16:55)
山口 泉(作家)から
フロアから 

※記者会見(17:00~18:00) 事務局で対応します。

【事務局】ご不明な点等がございましたら以下までお願いいたします。
池上大祐(琉球大学) 098-895-8296(研究室直通)、dikegami@ll.u-ryukyu.ac.jp
または木村朗(鹿児島大学)090-2856-0955、kimura@leh.kagoshima-u.ac.jp

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE