FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

豊見城市立中央図書館の屋根にある、愛らしく、力強いシーサー

豊見城市立中央図書館の屋根にある、愛らしく、力強いシーサーです。外からの圧力、支配に対して琉球を護って欲しいです。


重子を鈴子がなめています。二匹は10年前から一緒ですので、仲良しです。
スポンサーサイト

私達のための生活の場が増え、気持ちよく歩けることは、大変素晴らしいこと

先日、豊見城市立中央図書館に行き、戦後琉球の資料を閲覧しました。司書の方も親切であり、静かで、落ち着いた中で資料を読むことができた、素晴らしい図書館です。

閉鎖された久茂地小学校です。閉鎖反対の運動も活発に行われていましたが、閉鎖されてしまいました。街から市民の生活のための場所が消されていっているような気がします。

自宅の近所にある金城地区を歩きました。元々は米軍基地でしたが、琉球人に返還されました。その経済効果が大きいだけでなく、私達のための生活の場が増え、気持ちよく歩けることは、大変素晴らしいことだと思います。

これからの琉球はどうあるべきか

下記のご本を、著者の1人である安里進さんから頂戴しました。心よりお礼申し上げます。安里さんからは琉球史について多くの示唆を受けております。

http://www.amazon.co.jp/これからの琉球はどうあるべきか-大田昌秀/dp/4865780602


農連市場の役割

子供の頃よく家族で買い物に来た市場です。ここは再開発される予定であり、この光景、市場の佇まい、商店主と客の掛け合い等をみることができなくなります。




この商店街は、30年、40年前の雰囲気が今でも残っており、この通りを歩くと、子供の頃に戻ったような気持ちになります。おばーたちの話し方も昔のままのような気がします。




平和通りを歩く人を見ながらソフトクリームを食べました。色々な人の表情、会話、声を聞くことが出来て、嬉しかったです。

那覇市内の書店にある私の書籍関連のコーナー

ヒカンザクラとヤシの木がある与儀公園です。琉球らしい風景の一つです。戦後、与儀公園は様々な政治集会が開かれ、琉球の怒りに包まれた場所でもあります。


ヒカンザクラが一輪、咲いていました。


琉球諸語がお肉屋さんの車に表示されています。しまくとぅばが日常生活の一部になってきました。

自宅の私の部屋にありました。大学院生修士課程の頃、川勝先生の授業で輪読したシュンペーター経済学の本です。生協で1万円しましたが、現在、再び読むことになり、先生の学恩を感じています。

那覇市内の書店に私の書籍関連のコーナーがあり、嬉しく思いました。多くの方々がこれらの本を読んで下さいますことをお願い申し上げたいです。


世界と自分がつながる場所です。今でも琉球と自分がつながる貴重な場所です。

与儀公園にある蒸気機関車です。私が小学生の頃、この場所におかれました。鉄軌道のの汽車や電車が現在走っていない琉球において、子供が初めてそれをみる教材としても使われました。

県立図書館です。私が高校生のころから良く通った場所です。世界と自分がつながる場所です。今でも琉球と自分がつながる貴重な場所です。そこでは知り合いにも会うこと多く、人と人とをつなぐ空間でもあります。


那覇市立図書館です。米軍統治時代からの建物が今も使われています。二階は公民館です。ここも高校時代から私の生活の一部になった場所です。


那覇市民会館です。私が小学生のころ、芝居、映画等のイベントで中に入りました。しかしこの会館も閉鎖される予定であり、味わいのある建物が少なくなります。さびしいですね。


AFNから基地を知る

今日は、沖縄県庁、県立図書館、書店等に行き、資料調査を行いました。県庁前で、龍谷大学4年ゼミの矢野君のグループとばったり会いました。卒業旅行とのことで、元気そうで、嬉しかったです。

幾つかの資料を見ましたが、その中の一つである『復帰と反復帰』という本では、琉球民族独立総合研究学会の設立趣旨と、私の論考の一部が、根拠もなく誹謗中傷され、大変問題であると思いました。著者を知っているだけに、研究者らしからぬ方法で主観的に断定しており、大変残念です。機会がありましたら、ご本人と討論したいです。


琉球でも夜9時に寝て朝3時に起きて研究活動をしていますが、BGMはAFNという米軍基地のラジオです。最新のアメリカン・ポップミュージックを聞くことが出来る他に、時々、基地内の情報も流れており、基地内の状況を知ることができます。


論文 「琉球独立」へのシミュレーション


『都市問題』の最新号に、「「琉球独立」へのシミュレーション」と題した私の論文も掲載されておりますので、ご関心がありましたら、お読み下さい。


月刊誌『都市問題』
第 107 巻 第 2 号 / 2016年02月号



最新号
特集1 : 沖縄から自治を問う
特集2 : 自治体職員の成長
特集のことば


内 容
2016.02  第 107 巻  第 2 号

巻頭言 「たき火」ができるまち、できないまち
執筆者 西川 正
ニシカワ タダシ
役職 認定NPO法人ハンズオン埼玉常務理事
2016.02  第 107 巻  第 2 号

論文 沖縄基地問題の政治学
著者 杉田 敦
スギタ アツシ
役職 法政大学法学部教授
特集名 沖縄から自治を問う
2016.02  第 107 巻  第 2 号

論文 地方自治法から見た辺野古新基地建設問題
著者 武田 真一郎
タケダ シンイチロウ
役職 成蹊大学法科大学院教授
特集名 沖縄から自治を問う
2016.02  第 107 巻  第 2 号

論文 再編関連特別地域支援事業補助金にみる基地維持財政政策の堕落
著者 川瀬 光義
カワセ ミツヨシ
役職 京都府立大学公共政策学部教授
特集名 沖縄から自治を問う
2016.02  第 107 巻  第 2 号

論文 沖縄の自立をめぐる構想の系譜
著者 仲地 博
ナカチ ヒロシ
役職 沖縄大学学長
特集名 沖縄から自治を問う
2016.02  第 107 巻  第 2 号

論文 「琉球独立」へのシミュレーション
著者 松島 泰勝
マツシマ ヤスカツ
役職 龍谷大学経済学部教授
特集名 沖縄から自治を問う
2016.02  第 107 巻  第 2 号

インタビュー 日本で暮らす難民と地域
話・聞き手 石川 えり
イシカワ エリ
役職 認定NPO法人難民支援協会代表理事
2016.02  第 107 巻  第 2 号

論文 自治体職員の成長とその支援体系
著者 稲継 裕昭
イナツグ ヒロアキ
役職 早稲田大学政治経済学術院教授
特集名 自治体職員の成長
2016.02  第 107 巻  第 2 号

論文 自治体職員が働く動機づけとその成長
著者 田尾 雅夫
タオ マサオ
役職 愛知学院大学経営学部教授、京都大学名誉教授
特集名 自治体職員の成長
2016.02  第 107 巻  第 2 号

論文 自治体職員の自主研究とネットワーク――政策法務分野を例に
著者 田中 孝男
タナカ タカオ
役職 九州大学准教授
特集名 自治体職員の成長
2016.02  第 107 巻  第 2 号

論文 人事評価制度とその課題――職員の成長に向けた制度設計・導入・運用へ
著者 大杉 覚
オオスギ サトル
役職 首都大学東京大学院教授
特集名 自治体職員の成長
2016.02  第 107 巻  第 2 号

論文 消費生活相談員の専門性と成長
著者 圓山 茂夫
マルヤマ シゲオ
役職 明治学院大学法学部准教授
特集名 自治体職員の成長
2016.02  第 107 巻  第 2 号

書評 野林 健・納家政嗣編『聞き書 緒方貞子回顧録』
書評者 木村 佳弘
キムラ ヨシヒロ
役職 後藤・安田記念東京都市研究所研究室長
その他
新刊紹介 『経済的徴兵制』/『グローバル化時代の日本都市理論』/『働く女子の運命』

特集1 : 沖縄から自治を問う
米軍普天間基地の移設に伴う辺野古埋立をめぐっては、2014年以降に沖縄で行われた選挙を通じて「反対」の民意が示されてきた。それに対して国は強硬な姿勢を崩さない。国と自治体の関係を考えるとき、この分断をどのように乗り越えていけばよいのだろうか。沖縄の自治をめぐる状況から考える。

特集2 : 自治体職員の成長
地方分権改革による自治体の自主性の拡充などを背景に、自治体職員には成長に向けた不断の能力向上が、ますます求められるようになっている。職員数の減少、自治体の非直営化などの環境変化もある中で、自治体職員は自身の能力をどのように成長させられるのか。自治体はそれをどのように支援すべきなのか。自治体職員の主体的な成長のあり方について、各視点から検討する。

経済学と琉球

今日、琉球に帰国します。今、スミス、JSミル、シュンペーター、ハイエク、フリードマン、そして行動経済学等の経済学関連の本を集中的に読んでいますが、琉球の経済の実態をさらに深く知るための調査研究を行います。

『アメリカとグアム: 植民地主義、レイシズム、先住民』

今、下記の本を読んでいます。グアム大学のベバクアさんから長島さんの話は聞いていましたが、丹念なフィールドワークと詳細な分析に基づく博士号論文を出版されたものです。法政大学大原社会問題研究所雑誌に書評を書かせてもらう予定です。多くのことを学びながら読ませてもらっています。

『アメリカとグアム: 植民地主義、レイシズム、先住民』

単行本: 335ページ
出版社: 有信堂高文社 (2015/3/27)長島/怜央

1980年山口県生まれ。法政大学大学院社会学研究科博士後期課程修了、博士(社会学)。グアム大学客員研究員、東西センター(ハワイ)客員研究員などを経て、現在、法政大学グローバル化と移民問題研究所特任研究員、法政大学や嘉悦大学などで非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

スイジガイ

魔除けのスイジガイです。私の研究室にもあります。

タンカーユーエーの関連物です。現在でも行われていますが、私は何を選んだのでしょうか。

豊見城でもアブシバレーが行われていたのですね。国場川はいつも渡っている川です。

琉球独自のタバコ製造会社も豊見城にあったのですね。「うるま」「バイオレット」など、私の父親も吸っていました。

指の痛さから寒さを感じる

私の家の周りは雪が積もっています。氷点下3度です。手や足の指が痛く、一層の冷え込みを感じています。スミス、ハイエク、フリードマン等の本を読みました。これから足下を気をつけながら職場に行きます。定期試験の監督の仕事がありますが、私の授業を受講している学生さんは自分の頭で考えたことを、自分の言葉で書いて欲しいです。

水道管が凍って水が出ません。比良山系方面から雪が降っています。学生の皆さんも気を付けて大学に来て下さい。

豊見城の歴史や民俗を学ぶ

先頃、琉球に帰国した際、豊見城の歴史民俗資料館に行き、地域の歴史や社会を学びました。初めて行きましたが、豊見城の歴史の奥深さをしりました。

豊見城は、清浄野菜の産地として米軍政府によって位置づけられていたことも分かりました。

三山時代の王であるわん王は、名前は知っていましたが、詳しくその歴史的役割を知ることが出来ました。地域の子供達が地域の歴史を学びやすくするようにイラストや説明文も良かったです。

私も「アメリカ世」で生きたことがありますが、その当時のモノを通じて、時代を振り返り、今を考えました。

琉球のむかしの竃です。与那国島や石垣島に住んでいた頃、シーミー鍋で食べるヒージャー汁が大変美味しかったことを思い出しました。

沖縄タイムスの与那嶺記者のご講演:琉球経済と琉球人アイデンティティ

昨日は沖縄タイムス者の与那嶺記者が、琉球の経済に関する誤解について、具体的に分かりやすく学生に話して下さいました。また琉球の企業と地域社会との関係についても資料を配布して話しました。

昨日は沖縄タイムス者の与那嶺記者が、琉球の経済に関する誤解について、具体的に分かりやすく学生に話して下さいました。また琉球の企業と地域社会との関係についても資料を配布して話しました。

経営学者のドラッカーが琉球に来たら、どのように考えたのかを想定して、客観的に琉球経済を現場を踏まえて話してくれました。多くの学生が真剣に話しを聞き、質問や感想を述べてくれました。

次の私の2年生のゼミでも、学生からの質問に答える形で意見交換をしました。特に米軍基地問題について学生は関心をもっており、与那嶺記者も真摯に答えていました。

私の研究室で休んでもらい、夜はゼミの交流会にも参加してもらい、焼き肉を食べました。与那嶺記者とは、東京にある琉球人学生寮の南灯寮時代からの付き合いです。鋭い視線で琉球を分析し、表現しており、いつも励まされ、学んでいます。

沖縄経済とアイデンティティー―もしドラッカーが沖縄に来たら

今日は、沖縄タイムス社記者の与那嶺さんが「沖縄経済とアイデンティティー―もしドラッカーが沖縄に来たら」と題した講演を、私の授業、龍谷大学経済学部「地域経済論」でして下さいます。多くの資料も準備され、大変、刺激的な授業になるのではと思います。

民際学特別演習2

次に歩いて、柳原銀行記念資料館に行き、被差別部落の方々が経済的な差別をどのよに跳ね返してきたのか、また現在、エリアマネージメントとして地域づくりを進めているのかを学びました。

次に京都朝鮮第一初級学校の跡地に行き、ヘイトスピーチ問題についてyou tubeの映像を見ながら、考えました。フィールドワークを終えて、大学で班にわかれ、今日一日学んだことについてパワーポイントを作成し、発表し合いました。後日レポートも提出してもらう予定です。

今日は、朝から伏見稲荷大社に行き、班にわかれて、外国人観光客に対してインタビュー調査を行いました。事前に質問表を作成し、京都を訪問する外国人観光客の意識、傾向、動向等を数値化するためのフィールドワークです。

多くの外国人観光客の方も私たちの調査に協力して下さいました。心おりお礼申し上げます。学生たちも、この調査の技法から自らの研究に役立てて欲しいです。これから調査結果を分析して、ポワーポイントにして発表する予定です。

民際学特別演習1

昨日は龍谷大学大学院の私の授業「民際学特別演習」の集中授業を行いました。最初に真宗大谷派で開催れている「沖縄の声に聞く」という展示会に行きました。真宗大谷派解放運動推進本部の職員であり、僧侶の山内さんから、今回の展示会の内容についてお話を伺いました。お忙しい中、心よりお礼申し上げます。

大谷大学の福島さん、真宗大谷派沖縄開教本部の長谷さんとともに、私も展示会の監修のお仕事をさせて頂きました。皆様との話し合いから多くのことを私も学ぶことができました。特に真宗と琉球との関係については興味深い事実を知りました。


山内さんが丁寧に、心を込めて学生たちに話して下さいました。同展示会は今月27日の午後4時まで開催されていますので、皆様もどうぞお越し下さい

「沖縄の声を聞く」東本願寺での琉球に関する展示会開催中

昨日は、加古川で日教組の先生方と琉球の平和、戦争、差別、独立等について意見交換をしました。私の『琉球独立宣言』を2回読んで下さった先生とも交流会で話しをすることができました。今日は、龍谷大学大学院の私の授業「民際学特別演習」の授業を京都市内において行います。東本願寺で開催されている「沖縄の声を聞く」という展示会を見学するほか、歩きながら、京都における差別問題、地域活性化、ヘイトスピーチとの闘い等を学生とともに学びたいと思います。

龍谷大学でパラオ共和国を学ぶ

昨日のマツタロウ大使の学内でのポスターを中心にしての写真です。伊達・龍谷大学ボランティアNPOセンター長はじめ、多くの学内の方々に、今回の講演会を実現する上でお世話になりました。この後、赤松学長とも意見交換し、龍大とパラオとの関係強化の可能性について話し合いました。

多くの学生がマツタロウ大使の講演を聴講しました。会場からは英語、日本語での質問や意見がでました。リアクションペーパーにも多くの感想を書いてくれました。

大使はパラオの自然環境がいかに国の経済自立にとって重要なのか、観光保護のための各種の施策、日本との関係等について、写真を見せながら、具体的に話されました。学生さんが大使の英語を日本語に通訳しました。

次の授業では、パラオに関するワールショックが開かれました。学生さんがまず、昨年のパラオでのフィールドワークを踏まえて発表しました。会場にはパネルも展示され、参加者がパラオについて深く学ぶことができました。

龍大は3つのキャンパスに分かれていますが、それぞれで学ぶ学生が互いに連絡を取り合い、今回のパラオに関する企画展を準備してきました。それぞれが忙しい中での活動でしたが、大変、内容も素晴らしく、マツタロウ大使も喜んでおり、室内の展示物の写真をとっていました。

次に学生が大使に直接、質問をして、答えてもらうという質疑応答の場が設けられました。大使も真摯に答えて下さり、お心の温かさが伝わりました。大使を通じてパラオと自分との距離が非常に縮まったのではないでしょうか。

会場でも学生が熱心に聞いていました。主催者の学生は学内でチラシを配布するなど、今回の展示会開催にために熱心に活動をしました。充実した意見の交換ができました。龍大ボランティアNPO活動センターのご支援を頂きました。感謝申し上げます。

展示会の最後に記念撮影をしました。大使から、展示会主催の学生に対して、パラオの国旗のバッジと名刺を一人一人に渡されました。国旗の満月や海がパラオ人にとってどれほど重要なのかを話されていたのと大変印象的でした。

珊瑚礁の思考ー琉球弧から太平洋へ

喜山さんからご著書を頂戴しました。心より感謝申し上げます。喜山さんには、ゆいまーるの琉球の自治で奄美諸島において住民の集いをしていた時に大変お世話になりました。喜山さんの生まれ島である与論島において、アマン(やどかり)が歩いているのを大切そうに手に取り、話しかけていたのを思い出しました。琉球の島々と太平洋諸島との文化の基層を比較されており、大変、示唆的なご著書ですので、皆さんも是非、お読み下さい。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE