FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年、
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年、
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年、
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年

Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

首里王朝祭りの重要性

琉球国が、アジア諸国と交易、文化交流をしながら、独立国家として存在していたことを、私たち子孫が記憶し続ける、素晴らしい、また大変重要な祭りだと思います。

龍潭池でくつろぐ

次に琉球国であった物証をもとめて首里城周辺を歩きました。この龍潭池は、高校時代や浪人時代に、心を休め、ものを考えるときによく来ました。

くにんだなかみちを歩く

次に、くにんだなかみちを歩きました。琉球国時代に久米村が会った場所です。歴史的事実を、道に埋め込めれた石盤から学ぶこともできました。近くには福州園、孔子廟もあります。龍の石像から、龍谷大学の龍のマスコット、ロンちゃんを思い出しました。

千日のぜんざい

その日は暑く、「千日」に入り、ぜんざいと大判焼きを食べました。那覇中学校の柔道部部員であったとき、波の上の公園や道場で練習した後、仲間とこのぜんざいと大判焼きをよく食べました。

この35、6年で那覇の街は大きく変わりましたが、この「千日」、ぜんざい、大判焼きは昔のままでした。タイムマシーンでかつての柔道部員に戻った感じで不思議な気持ちになりました。

謝名親方利山顕彰碑

次に歩いて、謝名親方利山顕彰碑の前に行きました。琉球に帰国するとき、しばしば訪問して、碑文を読み、琉球の過去、現在、未来を考えています。毎回、読むたびに、その時の社会状況の変化にしたがって、さまざまな思いが湧いてきます。

不屈館で琉球の抵抗を考える

不屈館は、私が中学生のころよく遊んだ場所にあります。数時間、不屈館で、亀次郎さんと、当時の琉球人のたたかいについて学びました。まさに民衆とともに歩んだ琉球人の偉人だと思います。不屈館で買った亀次郎さんの人形をみて、石垣島生まれの私の母は、自分の父親が亀次郎さんの顔ににており、親しみを感じるといってました。

民衆が琉球のリーダーを支える

米軍政府による弾圧を受けた亀次郎さんを強く支援したのは、ひとりひとりの琉球人でした。約5000通の手紙が届いたそうでうす。日本政府に強く立ち向かっている、翁長知事を支えているのも琉球の民衆です。

草の根の民衆とともにたたかう

亀次郎さんはジャーナリストでもありました。またさまざまな仕事を体験し、現場で労働運動に身を投じた人でもあります。草の根の民衆とともに、アメリカと平和的にたたかってきた方です。

民衆の一人として生きてこられた

刑務所近くに小さな商店(マチヤグヮー)を営み、米軍政府によって被選挙権を奪われたのちの生活費をかせいだそうです。お金のない人には、商品をバラ売りにして打ったそうです。亀次郎さんの本を読んでいますが、強い意志とともに、ユーモアのセンスを文中から感じます。民衆の一人として生きてこられたことがわかります。

那覇高校の大先輩、亀次郎

那覇高校の大先輩、亀次郎さんです。琉球人として亀次郎さんのような琉球人がいたことに誇りを持ちます。党派に関係なく、一人の琉球人として亀次郎さんがやってきたことを真摯に学びたいです。

大衆が翁長知事を支えている

米軍の弾圧に対して、那覇市民が亀次郎市長を支援したように、辺野古の基地建設に徹底的に抵抗する翁長知事を琉球の民衆や、世界中の琉球の正義を応援する人々によって支えられています。

人民こそ歴史の主人公である

人民こそ歴史の主人公であるのです。翁長知事もこの言葉を胸にして、日本政府と戦っているのだと思います。琉球は戦後、あのアメリカと戦ってきたことを日本政府は知らないのでしょうか。島ぐるみ闘争は今もまた活発になってきています。

第2、第3の亀次郎さん

不屈館にある写真です。1952年の立法院議員就任式で、米軍への忠誠を拒否している亀次郎さんです。米軍幹部が監視し、その他の議員が起立するなかで、一人自らの意志を主張しました。歴史的な写真だと思います。第2、第3の亀次郎さんが生まれています。

歌舞伎を見る

昨日は、龍谷大学教職員労働組合から購入したチケットで、京都南座の歌舞伎を生まれて初めて、生でみました。華やかで、優美で、しかも力強い芝居、唄や踊りを堪能しました。役者の台詞も、能とは違って理解しやすく、ときどき現代語も話していました。

役者の空中へのつり上げ、骸骨の現代的なおどりなど、伝統と現代が融合しており、若い人、素人、外国人観光客にもうけるような内容でした。琉球の組踊には、日本の能や歌舞伎が影響を与えたといわれますが、王国時代の琉球人もこのように歌舞伎をみたのだなと思いながら、異文化体験をしました。能の道を歩んでいる妻もいろいろと歌舞伎から学んでいるようでした。

だれがテロリストか

テロとの戦争を声高に叫ぶ国や人が、かえってテロリストである場合が多いのが現実の世界です。琉球からそれがよくみえます。戦争中毒病者の被害を受けているのが琉球なのです。

本当の民主主義とは

琉球の人々の切実な声を無視するような国は、自由主義、民主主義をいう資格がありません。民が政治を主導的に動かすのが民主主義なのです。

島ぐるみ会議のバス

島ぐるみ会議のバスです。毎日のように那覇をはじめとする琉球の各地からバスで辺野古の抗議活動に多くの方が、継続して参加しています。まさみ新基地反対運動は、島ぐるみ闘争であるといえます。翁長さんには琉球の人々の揺るがない支えがあります。亀次郎さんと似ています。

異国としての日本

今、私の家の周りで雪が降っています。最近、パラオや琉球にいたものとしては、日本は異国であるとしみじみと思います。

『島嶼経済とコモンズ』が刊行されました

このたび、小生が編著した論文集『島嶼経済とコモンズ』が刊行されましたので、ご紹介いたします。会員皆様のご研究に役立つことができましたら、幸いです。
目次
はじめに                              松島泰勝
第1章 島嶼経済とコモンズを結ぶ                  松島泰勝
――島嶼の平和と発展を目指して――
第2章 沖縄の米軍基地と沖縄経済                  普久原均
第3章 沖縄(琉球)における「基地外基地」問題について       友知政樹
――在沖米軍人等の施設・区域外居住の問題――
第4章 近代化における沖縄の自治運動                林 泉忠
第5章 対テロ戦争が米国の天然資源管理策に及ぼす影響に関する考察  西 佳代
――ナショナル・ガードのウェル・ビーイングをめぐる議論を中心に――
第6章 グアムの基地経済問題に関する考察              松島泰勝
第7章 太平洋島嶼国における頭脳流出及び頭脳還流に関する研究    野原稔和
――パラオ共和国及びフィジー共和国での比較分析――
第8章 沖縄の華僑・華人                      三田剛史
第9章 コモンズとしての土地と暮らし               竹峰誠一郎
――マーシャル諸島にみる「サブシステンス」――
第10章 定期市とコモンズ                     李 文闊
第11章 釣魚島(尖閣諸島)「棚上げ合意」に関する史的考察      倪 志敏
出版社:晃洋書房
発行年月日:2015年3月20日
定価:本体3500円(税別)
ページ数:272頁
紹介文
島嶼における経済とコモンズの現状と将来
琉球列島、太平洋諸島、大陸農村地域をフィールドとし、島嶼経済論とコモンズ論の比較研究を通じて、基地経済の実態、島嶼や農村における内発的発展やコモンズの可能性、平和創出のための理論や政策を展望した。
編著者紹介
松島 泰勝
1963年琉球・石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島那覇で育つ。那覇高校、早稲田大学政経学部卒業後、早稲田大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。博士(経済学)。在ハガッニャ(グアム)日本国総領事館、在パラオ日本国大使館において専門調査員として勤務。東海大学海洋学部准教授を経て、龍谷大学経済学部教授。2007年にNPO法人ゆいまーる琉球の自治代表、2013年に琉球民族独立総合研究学会の共同代表に就任

(カバー)『島嶼経済とコモンズ』

奄美・沖縄・琉球研究センター

同志社大学の冨山さん、大学院ゼミ生、韓国から来られた先生、学部学生が新基地反対の意志を示しました。安里さん、古波蔵さんとも琉球人であり、移民ネットワークによる脱国家のあり方、高良倉吉の思想を研究されています。

冨山さんは、同大で奄美・沖縄・琉球研究センターを主宰されており、昨年は拙書『琉球独立論』の読書会も開いて下さいました。在米琉球人の上運天さんも昨年、研究員として同大で研究されており、龍谷大学の私の授業でも1度講義をしてもらいました。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE