FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉 球 の 自 己 決 定 権 ‐ ミ ク ロ ネ シ ア 諸 島 と の 比 較 を 通 じ て

今月26日、京都のしんらん交流館において下記の講演を行います。お近くの方は是非お越し下さい。真摯に議論できましたら幸いです。

第 59 期 京都人権文化講座 18 時~20 時 ※受講料 1,000 円

◎講師/松島泰勝さん(龍谷大学経済学部教授)

◎講題/「 琉 球 の 自 己 決 定 権 ‐ ミ ク ロ ネ シ ア 諸 島 と の 比 較 を 通 じ て 」 ◎主催/部落解放・人権政策確立要求京都府実行委員会
スポンサーサイト

龍谷大学での琉球に関する連続講座

今月27日、龍谷大学にて「琉球独立論」について市民の方を対象にして講演をさせていただきます。参加者の方々と真摯な議論をしたいです。

普天間基地の辺野古移設をめぐって、沖縄県と名護市が拒否しているにもかかわらず、国は国家の安全保障政策の名の下に建設を強行している。この事態が象徴している戦後から現在までの沖縄と日本・米国の関係の状況と課題を、政治外交史、安保政策、沖縄論、沖縄経済・社会論、憲法の立場から明らかにし、沖縄が日本に突きつけている問題を考える。

講座日程 (1) 4月22日(金) 
沖縄と日本国憲法 担当:丹羽 徹

(2) 5月13日(金) 
沖縄返還と日本の安全保障政策 担当:中島琢磨

(3) 5月20日(金) 
戦後沖縄の経済成長と社会変動ーデータが覆す「沖縄イメージ」 担当:岸政彦

(4) 5月27日(金) 
琉球独立論 担当:松島泰勝

福井と琉球との関係

道元さんが浙江省の方に留学したこともあり、福井県は同省との交流事業を長きに渡って進めてきました。

福井の偉人、由利公正の生涯を大河ドラマ化する運動が同地のコンベンションビューローによって展開されています。かつて琉球でも「琉球の風」がありました。

琉球と中国が歴史的に特別な関係にあるように、福井県も中国と長い独自の関係があるのです。この関係をいかに平和的に、民際的に続けていくのかが重要です。

原発があっても人口減少が続く高浜町で町長選挙がありました。地域の経済をどのように発展させるのかという地道な取り組みが必要とされています。

地域のことを少しでも知りたいと思い、講演前に1ヶ月分の福井新聞を読みました。活断層が福井県に集中しており、多くの原発も集中していることを考えると大変不安になりました。


日本平和学会メールマガジンでの『琉球独立への経済学』の紹介

日本平和学会(会員数約800人)の会員向けメールマガジンにおいて私の新著『琉球独立への経済学』が紹介されました。2011年に開催された同学会での琉球と自己決定権行使に関する部会において私は琉球独立の必要性を報告し、会員の皆様と議論しました。また同学会の紀要でも琉球独立の論文が掲載されました。これからも同学会において琉球独立について議論していきたいです。

ソラノネでの誕生日

家で仕事をした後、車でソラノネ食堂に行き、定食を妻と犬と食べ、ブルーベリージュースで誕生日を祝いました。たまにこの食堂に来ますが、竃でご飯を炊く匂い、山や木々が風に吹かれて非常に気持ちよく食事をすることができます。今日はロバが歩いていたり、若い人達がクローバーを摘んでいました。

Iさんからの励ましの電話

龍谷大学大学院修士課程の時に私の研究室で学んだIさんから電話があり、『琉球独立への経済学』出版に対してお祝いのお言葉を頂戴しました。大学院で地域社会の開発についていろいろと議論したことを思い出し、有り難かったです。

国際開発学会での『琉球独立への経済学』の紹介

私が属する国際開発学会(会員数約1700人)の会員向けMLで『琉球独立への経済学』を紹介して頂きました。同学会において琉球の植民地経済について報告、議論したことがありますが、琉球の独立、植民地経済、開発経済を学問として議論したいです。

『琉球独立への経済学』の目次、内容、著者紹介

米軍統治時代から現在まで続く琉球の植民地経済の詳細な分析を踏まえ、内発的発展と自己決定権による琉球独立への方法とロードマップを明示する。独立後の「琉球連邦共和国」における国家像や経済自立策も提言する。

目 次

 はしがき

第Ⅰ部 果たされなかった経済的自立
 ―「本土復帰」の実態

序 章  米軍統治時代に形成された植民地・琉球

  1 軍事植民地体制の形成
  2 植民地経済としての基地経済
  3 基地経済の形成

第1章  「復帰」体制による植民地支配
 
1 米軍統治時代からの連続性
  2 「復帰」は日本による植民地支配の再編強化
  3 「復帰」後に向けた経済政策の失敗
  4 「復帰」過程の問題性

第2章  振興開発が抱える構造的問題性
 
1 振興開発計画の虚構性
  2 振興開発は成功したのか
  3 新しい振興開発体制
  4 日本政治と振興開発
  5 琉球の経済自立とは何か
  6 振興開発の功罪
  7 環境の破壊と島のブランド化
  8 なぜ振興開発が失敗したのか

第3章  植民地経済の形成
 
1 日本の植民地になった琉球
  2 琉球の植民地経済の現在
  3 労働者の身体に見える植民地主義
  4 琉球経済を巡る言説に見る植民地主義
  5 植民地主義の裏返しとしての同化主義

第4章  基地経済の実態分析
 
1 米軍統治時代の基地経済
  2 辺野古新基地建設と振興開発
  3 国際都市形成構想と米軍基地とのリンケージ
  4 ヒモ付きの振興開発で地域は発展したのか
  5 基地がもたらすコスト

第Ⅱ部 経済的自立への布石
       ―内発的発展と自己決定権を踏まえて

第5章  琉球の内発的発展
 
1 内発的発展と共同売店
  2 地域共同体に埋め込まれた内発的発展
  3 読谷村の内発的発展
  4 経済主権回復のための抵抗
  5 琉球人アイデンティティと経済
  6 アジア経済の中の琉球
  7 米軍基地跡地利用による発展

第6章  生活に根ざした琉球の自己決定権
 
1 久高島で考える琉球の自己決定権
  2 座間味島の自己決定権
  3 平安座島の自己決定権
  4 沖永良部島で考える奄美諸島の自己決定権
  5 奄美大島の自己決定権
  6 伊江島の自己決定権

終 章  琉球独立の方法と国家像
 
1 琉球独立の方法
  2 琉球連邦共和国の政治経済体制
  3 経済自立のための政策

あとがき


松島 泰勝(まつしま やすかつ)

 1963年琉球・石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。那覇高校、早稲田大学政治経済学部卒業後、早稲田大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。博士(経済学)。専門は島嶼経済論。在ハガッニャ(グアム)日本国総領事館、在パラオ日本国大使館において専門調査員として勤務。東海大学海洋学部准教授を経て、現在、龍谷大学経済学部教授。2007年「NPO法人ゆいまーる琉球の自治」を立ち上げ代表になり、2013年「琉球民族独立総合研究学会」の設立メンバーとして共同代表に就任。
 単著として、『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年、『琉球の「自治」』藤原書店、2006年、『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年、『琉球独立への道―植民地主義に抗う琉球ナショナリズム』法律文化社、2012年、『琉球独立論―琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年、『琉球独立―御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年、『琉球独立宣言―実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年がある。
 編著として西川潤・松島泰勝・本浜秀彦編『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』藤原書店、2010年、松島泰勝編『民際学の展開―方法論、人権、地域、環境からの視座』晃洋書房、2012年、桜井国俊・砂川かおり・仲西美佐子・松島泰勝・三輪大介編『琉球列島の環境問題―「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』高文研、2012年、松島泰勝編『島嶼経済とコモンズ』晃洋書房、2015年がある。

『琉球独立への経済学』の販売が始まりました

私の新著がアマゾンで発売可能となりましたので、ご関心がありましたら、どうぞ皆様お買い求め下さい。琉球独立の経済意的可能性について議論しましょう。

http://www.amazon.co.jp/琉球独立への経済学-内発的発展と自己決定権による独立-松島-泰勝/dp/4589037572/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1461095745&sr=1-1

米軍のAFNを含む琉球のFMラジオを聞きながら、琉球を歩き、車窓から街や人を見ました。

琉球独立学会誌の発送作業を終えてバスで自宅に戻る途中で、国際通りを通過しました。昼見る国際通りとは違い、ネオンや光が行き交う人を照らし、奇麗でした。



モノレールの奥武山公園前駅のホームの目の前にある自衛官募集の案内図です。戦闘行為が強調されており、青年はあまりいい印象をもたないのではないでしょうか。



退院を祝って両親と沖縄そばを食べました。病院の食堂で何回か食事をしましたが、どの料理も大変美味しく、良い思い出になりました。


自治会館前です。ここに新しいバスターミナルと、県立図書館ができます。多くの人が行き交い、学び合う場所になったらいいですね。


米軍のAFNを含む琉球のFMラジオを聞きながら、琉球を歩き、車窓から街や人を見ました。中でも豊見城市のコミュニティーFMである「FMとよみ」は大変味わいがありました。


この「抑止力」を求める日本国民がオスプレイを自らの日常の中に引き受けるべきです。

教室で会議の開始を待っていたら、重低音の轟音を鳴らすオスプレイが近くを飛んでいました。これら日本政府がいう「抑止力」の正体です。この「抑止力」を求める日本国民がオスプレイを自らの日常の中に引き受けるべきです。

沖国大のこの庭は木陰があり、自由に話し合え、食事をとることができます。でもしばしば、米軍機が上空を飛び、琉球の現実を体で感じることもできます。

もひとつの琉球の老舗パン屋のぐしけんパンのこのパンも、味が変わらず美味しいです。沖縄県立図書館のヤスンバでよく食べて、エネルギーを補給しました。


大学の中庭で、今晩の会議や学会誌発送作業にそなえて早い夕食を食べました。このオキコパンは私が青年のころからよく食べたパンであり、大変美味しいです。


沖縄国際大学に行く途中にある普天間基地のゲートです。いつもは閉鎖されている門ですが、ガードマンが門を開けて、米軍関係者の車両が基地外にでていきました。あちらの世界から外に出られるのに、私たちの世界から中に入れないゲートです。

大学の目と鼻の先に普天間基地があります。その移設先は、琉球人が大反対をしている辺野古ではなく、本来、米軍基地があった日本「本土」に戻るべきです。

沖縄「先住民」論の地平:自ら「所属性」決定



12977198_556838347831886_6230622441359945429_o-1.jpg

地域共同体への愛

佐真下の方を歩くと、このような面白い、琉球的なだじゃれの看板を良く見ます。大山のターンムは大変美味しいです。

地域共同体への愛を感じます。

大きなガジュマルです。枝の上を鳥が数羽飛び交っており、楽しそうでした。この枝振りは造形的にも美しいです。

非常に奇麗な菜園です。私は歩くのが趣味ですが、歩くと色々なモノに触れ、発見できて楽しいです。

二つのシャレが含まれています。「おもしろ看板推進会」が作っているのですね。地域に潤いが生まれます。


尚寧王の墓や伊波普猷の墓の上を米軍機は日常的に飛んでいる

自衛隊と米軍は音楽演奏会でも「同盟」関係を琉球人に見せつけようとしています。

琉球関係の古本が沢山ある、Booksじのんです。私もこれまでの研究や琉球を考える上で大変お世話になりました。

『琉球独立論』でも書きましたが、この尚寧王の墓や伊波普猷の墓の上を米軍機は日常的に飛んでおり、琉球の偉人のマブイは静かに落ち着くことができません。

軍用機着陸の誘導灯が町中にあるのも異常です。那覇空港も海の上にあります。普天間基地ではその分、軍用機の激しい爆音が琉球人を苦しめることになるのです。米軍基地を抑止力と考える人が住む場所に移すべきです。

バスと歩きで普天間基地に来ました。オスプレイが並んでいます。琉球人が生活する市街地のなかに米軍基地が存在することがいかに異常かが分かります。

島田元知事顕彰碑の背景

琉球も暖かい日が続き、奇麗な花が咲いていました。気持ちもうきうきします。


高校時代、浪人時代によく友愛スポーツセンターで友達と楽しく運動をしました。今関西に住んでいますが、改めて兵庫県と琉球との関係の強さを感じています。

島田元知事顕彰碑です。ある琉球人ジャーナリストも指摘していましたが、最近、島田元知事、荒井元警察部長の事績が再評価する動きがあります。米軍統治時代におけるアメリカ人関係者の再評価の動きもあります。なぜ今の時期なのか、その背景には何があるのかを考えました。

宇栄原団地自治会事務所です。高校の同級生もこの団地に住んでいました。琉球では自治会活動が盛んですが、団地内にも自治会があります。

立派な亀甲墓です。琉球人の宇宙観が体現されており、清明祭には、親族が集う、生活の場にもなります。


豊見城市議会意見書に関する研究調査

豊見城中央図書館に行き、同市議会意見書問題の背景について調査研究をしました。

豊見城市は日本でも有数の人口増加が著しい自治体です。新しいアパート、団地、豊崎タウン等、コミュニティのあり方や人の考え方にも大きな変貌が見られるようになりました。

海軍壕の展示室、石碑文等を見て、同市議会意見書問題の背景を考えました。同地は豊見城と小禄の境目の方にあります。これまで何度も行きましたが、新たな視点から沖縄戦を考えました。

豊見城市歴史民俗資料展示室に行くのはこれで2回目ですが、同市議会意見書問題の歴史的、民俗的な背景を知ることができました。

豊見城の民俗歴史資料館において、山南王のワンオウソが、豊見城にゆかりがあることも分かりました。


沖縄関係学研究会でお世話になった孫さんのご著書

日本沖縄華僑華人総会の東江会長のご推薦で、孫さんのご著書を読ませ頂きました。明国と琉球との関係について新説も交えて良く分かりました。私が大学院生の頃参加していた、沖縄関係学研究会に孫さんも参加されており、一緒に議論したことを思い出しました。また東江会長は、大学院生のインタビューを受けて下さり、感謝申し上げます。

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784897421988

4月中旬『琉球独立への経済学ー内発的発展と自己決定権による独立』の出版

昨日、法律文化社より『琉球独立への経済学ー内発的発展と自己決定権による独立』が2冊届きました。表紙も裏表紙もきれに仕上がっております。一つの達成感とともに、研究を更に深めるための議論をさせて頂くという責任感が湧いてきました。今月中旬頃に全国の書店に並ぶ予定ですので、是非、御読み下さい。下の出版社からも御買い求めできます。


https://www.hou-bun.com/cgi-bin/search/detail.cgi?c=ISBN978-4-589-03757-2

重版となった『琉球独立宣言』

先ほど、講談社文庫の小俣さんより、重版となった『琉球独立宣言』を送って頂きました。琉球独立学会の会員さんでもある比嘉さんはお友達や知り合いの方に本書をPRしたり、手渡しして下さっています。いっぺーーにふぇーでーびたん!多くの方が本書を読んで下さいますよう御願いいたします。

http://www.amazon.co.jp/実現可能な五つの方法-琉球独立宣言-講談社文庫-松島-泰勝/dp/4062931966/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1460114204&sr=1-2

首里城の上空を飛ぶ米軍機

首里城と国際通りで、外国人観光客にアンケート調査を学生がしました。台湾、香港、上海、杭州等から来た観光客から話しを聞きましたが、おおむね琉球観光に対して高い評価を下していました。

「あしびうなぁ」で昼食を食べました。17世紀当時の三司官(高級役職)の住居屋敷跡「美里御殿跡(みさとうどぅん)」にある食堂です。鳥も時々、店の庭に遊びにきて、食べ物をおねだりするそうです。


首里城の近くの食堂の門にあった植物です。なんともおもしろい形をしています。花、芽、実とも言えるものが沢山ありました。


県立芸大の壁のデザインは広東省の伝統的な家にも見られるそうです。暑い地域では風通しが良くなり、地域に適した工夫です。このシーサーもおもしろい。

首里城の上空を米軍機が飛んでおり、観光客も怪訝な目で見つめていました。本当に目障りです。


| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE