FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

佐藤さんのバルト3国の独立の話が心に残っています

2008年に佐藤優さん、孫歌さんなどとともに「来るべき自己決定権のために」というシンポでパネラーとして松島泰勝が参加しました。佐藤さんのバルト3国の独立の話が心に残っています。

松島泰勝は2010年から本格的に琉球独立の学術的な研究を始め、新聞等でも自らの考えを主張するようになりました。鳩山さんの「県外移設」政策が日本で否定され、「沖縄差別」と琉球人が叫んだという時代状況がその背景にありました。

松島泰勝は龍谷大学ボランティアNPO活動センターの海外研修事業として学生さん達と毎年のようにグアム、パラオでフィールドワークを行い、両島から学場させて頂いています。

スポンサーサイト

「沖縄県民の多くは独立しようと思っていないにもかかわらず、独立する可能性がある」

「「沖縄県民の多くは独立しようと思っていないので、独立する可能性はない」という議論は間違いです。「沖縄県民の多くは独立しようと思っていないにもかかわらず、独立する可能性がある」と考えるべきです。」というご指摘は重要です。

昨日は、『フォーNET』の松本編集長から琉球独立に関するインタビューを受けました。また下記の本や同雑誌を頂戴しました。心よりお礼申し上げます。

昨日は、松島泰勝研究室に福岡から、雑誌『フォーNET』の松本編集長が来られ、琉球独立に関するインタビューを受けました。松本さんは玄洋社の流れを汲む日本保守の思想を柱にして、琉球への米軍基地押し付けに反対する意思を示しました。

昨日は龍谷大学大学院の合同発表会があり、松島泰勝研究室の学生も報告し、多くの教員から貴重なコメントを頂戴しました。その後、近くの居酒屋で学生、教員30人で交流会をしました。お互いに楽しく交流を深めるとともに、暖かい目で学生をアドバイス、励ます姿が印象的でした。学生さんが「研究は楽しい」と思い、次の研究上のステップになったのではないでしょうか。

琉球独立論の先駆者である平先生との意見交換

2008年に『沖縄タイムス』紙上で、琉球独立論の先駆者である平先生と意見交換をさせてもらいました。昨年はニューヨークで先生とお会いして、お話を御聞きする機会を頂戴しました。先日、お会いした大田元知事も話されていたように平先生の独立論は現在の琉球独立論の土台になっています。

2007年のシンポで基調講演をした内閣府沖縄担当部審議官による植民地主義が濃厚な振興開発賛美論を『琉球新報』のコラムで批判させて頂きました。これに関する論考は松島泰勝『琉球独立への道』にも記載されていますので、御読み下さい。

2007年、沖縄大学、国際開発学会主催のシンポで「沖縄振興開発」について議論させて頂きました。御写真の先生方ともに振興開発が抱える多くの問題点を指摘し、内発的発展の可能性について論じました。

『月刊日本』で松島泰勝の『琉球独立論』が紹介されています

『月刊日本』で松島泰勝の『琉球独立論』が紹介されています。どうぞ御読み下さい。

2006年に松島泰勝『琉球の「自治」』藤原書店を紹介する連載を『琉球新報』上においてさせて頂きました。心より御礼申し上げます。

2007年に石垣島で開催された、大規模リゾート開発に反対し、島を守るシンポにおいて基調講演、パネラーとして参加させて頂きました。島そば一番の新垣さんをはじめ多くの方々から島を「守り・育て・伝える」ことの大切さを学びました。

2006年に一橋大学の多田さんから内発的発展論に関する反論が『琉球新報』紙上に掲載されましたので、同じ研究者として同紙上において反論させて頂きました。同氏とはそれ以降、交流はありませんが、機会がありましたら真摯に議論したいです。

グアムからアルバレスさんとベバクアさんが京都の龍谷大学に来る

松島泰勝は2006年に東海大学の望星丸で45日間、太平洋の大航海という経験をさせて頂きました。その時、教職員、学生、船の乗組員の方々に大変お世話になりました。望星丸では奄美大島、和歌山等にも学生と行き、島と海との関係を考えました。

2006年に松島泰勝の『琉球の「自治」』が出版された時、『八重山毎日新聞』が大きく紹介して下さいました。同書は、望星丸での45日間太平洋航海の時、狭い自分の船室で草稿を書きました。八重山の島々と太平洋の島々と比較しながら書きました。

沖縄タイムスの与那嶺記者のご紹介で早い時期からグアムへの在沖海兵隊移設の問題性について何度か寄稿させて頂く機会を頂戴しました。今月末、グアムからアルバレスさんとベバクアさんが京都の龍谷大学に来る予定です。

「独立の同志にさせて」

研究調査のための資料収集、インタビュー調査等をして、この日は22835歩、琉球の上を歩きました。道を見ると自分の影がながーく伸びていました。

『沖縄タイムス』でコラムを連載していた時に、パラオと台湾について書かせてもらいました。琉球の将来において、この二つの島は大変重要な役割を果すと思います。

2003年に琉球で岡部伊都子さんにお会いしましたが、その時、「独立の同志にさせて」と琉球独立論を主張されました。岡部さんは亡くなりましたが、その声は今でも私の耳に残っています。

「漂流の島 ~西表リゾート開発を巡る人々の思い~」

近くの公園で両親と朝食を食べたときの写真です。1年振りに公園にきた父は大変喜んでいました。朝食のメニューは大変健康にいいもので、母の愛情が詰まっています。

2003 年3月28日の『琉球新報』文化欄に掲載された松島泰勝の論考です。西表島の石垣金星さんから大規模リゾート開発の問題性について聞き、寄稿しました。私の授業「地域経済論」ではQABが作成した「漂流の島 ~西表リゾート開発を巡る人々の思い~」を毎年見せて、この問題について学生に考えてもらっています。

松島泰勝が結婚式を挙げた時、琉装をした時の写真

前の職場で学生、教職員達と太平洋の海を大学所有の船で航海し、ポンペーイ、マジュロ、ツバル、タヒチ、ボラボラ等に上陸し、島のことを学びました。大変貴重な体験をしました。

1997年に松島泰勝が結婚式を挙げた時、琉装をした時の写真です。琉装をしたのは前年に国連先住民作業部会に参加した時以来でした。妻は日本人ですので和装もし、また洋装もしました。3時間半にわたる琉球式の結婚式で楽しかったです。

『沖縄タイムス』の「魚眼レンズ」で松島泰勝がグアムで働き始めた時に紹介されたコラムです。これからグアム、パラオで生活する中で同コラムでの私の認識は大きく変わりました。

神戸大学の梶谷さんと大阪市立大学の堀口さんが松島泰勝研究室に来て下さいました

漫湖公園を歩きながら発見した看板ですが、国場川も以前に比べて水質が改善され、多くの魚が泳ぎ、渡り鳥も来るようになりました。

しかし鮎はまだすめないようです。琵琶湖でも都市部と農村部では水質が大きく異なり、都市部の水質改善や水草繁茂、外来魚の増加等が問題になっています。

那覇市立歴史博物館で本物の王冠を見ることができました。「オランダー」と琉球との関係史についての展示もあり、大変、勉強になりました。

昨日は、神戸大学の梶谷さんと大阪市立大学の堀口さんが松島泰勝研究室に来て下さいました。日中の関係、香港・台湾・琉球におけるアイデンティティ政治と安全保障との関係、東アジアにおける「シナ人」「土人」発言の意味等について話し合い、大変勉強になりました。

先日、松島泰勝2年ゼミでバレーボールをしました。皆さん和気あいあいと楽しく、バレーをしました。後期は、外部講師の方々との意見交換や、外国人観光客への聞き取り調査をする予定です。

グアムやパラオの日本国総領事館、日本国大使館で専門調査員として働いていた時の松島泰勝のパスポートです。大変厳しい顔をしています。この2つの島では大変多くのことを学ぶことができました。

松島泰勝の研究者への道


松島泰勝が大学院時代に書いた読書ノートです。本が買えなかったので、図書館に毎日通って本を読み、136冊の読書ノートに基づいて修士論文、博士論文を完成させることができました。風呂も週2回程、食事も質素な生活でしたが、希望に燃えていました。

松島泰勝の博士号申請論文の草稿です。何度か書き直し、グアムやパラオからも再提出しました。指導教授の西川潤先生は非常に暖かく、時には厳しく研究指導して下さり、今でも心より感謝しております。「諦めない粘り強さ」もこの時期に学びました。

東アジア共同体と琉球独立

移動中、琉球漆器でつくられたシーサーのボータイと龍の形をしたホッチキスを買いました。地産地消を実践したいです。既に万歩計は18684歩ですので、今日も2万歩を越えそうです。琉球では目、耳、鼻から入ってくる日常的な様々なモノが刺激的であり、歩いていても疲れません。

今、父親の車椅子を押して公園を散歩しています。天気が良く、朝の新鮮な空気を満喫しているようです。今日の午後は、大田元知事、鳩山元首相、木村鹿大教授と2回目の鼎談をします。鼎談の内容はまとめられ、かもがわ出版から上梓される予定ですので、是非御読み下さい。

昨日は、大田さん、鳩山さん、木村さんとの鼎談の後、東アジア共同体研究所の交流会に参加しました。キリ学の友利学長、瑞慶覧元衆議院議員、平良元県議、緒方元沖大教授等と久しぶりにお話をさせて頂きました。また平和運動家の乗松さん、ドイツ文学者の池田さん、琉大准教授の池上さん等とお話をするとともに、おもろ継承者の安仁屋さんのおもろを聞きました。さらに農業研究者の大城喜信先生と琉球農業の可能性や独立にについて話し合うことができ充実した一時を過ごしました。


昨日の朝も、車椅子に父を乗せて近くの公園に行きました。公園内にあるアスレチック施設を利用して、手すりにつかまりながら歩行のリハビリもしました。病院の看護師の方に教えてもらったことを思い出しながら一歩一歩歩いていました。家に帰るとき子供に声をかける等、気分壮快になっていたようです。また琉球に帰国した際に公園に連れて行きたいです。

琉球の財政問題と世界の憲法

昨晩は、自宅に戻り、近くの金城地区にある古書店、書店に行き、今関心がある本を買いました。基地跡地の道を歩きながら、琉球料理やアイスクリームと同じように、本は私が生きる上で書かせない「食べ物」であり、それによって日々成長できると思いました。いつものように朝3時に起きて買ったばかりの本を読み、色々な考えるヒントをもらいました。

先ほど、両親と近くの公園を散歩し、弁当を持っていき皆で食べました。父や車椅子ですが、日光にあたって気持ちよさそうです。昨年の今頃までは自分で歩いていましたが、手術後、足が不自由になりました。リハビリをかねて公園で散歩させ、嘗てのウォーキング仲間とも再会ができたらと思います。多くの市民も歩いたり、走ったり健康増進に頑張っています。昨日は私は2万歩歩きましたが、今日も研究テーマの資料収集のために一歩一歩、琉球の土地を踏みしめたいです。

今日は、沖縄県立図書館に行き、憲法に関する文献を調べ、ジュンク堂に行き、辻村さん編集の世界の憲法についての本を購入しました。昨日は財政の本を中心に買いました。同書店周辺では市民が一箱スペースで古書を販売しており、また近くの公園ではナハマラソンが行われ、老若男女が走っています。昨晩は、親父バンドの演奏がセルラー球場から自宅まで聞こえてきました。私のような中高年の方々も頑張っており、励まされます!

嘉手納さん、當銘さん、福島出身の森さんとの意見交換

先ほど、那覇市立歴史博物館に行き、本物の王冠を見ました。また特別展で紹介されていた「オランダー」と琉球との交流史についても学びました。今日は文化の日ということもあり、入館料が無料でした。その後、沖縄タイムス一階で開催されている泡盛のカクテルを試飲しました。ゴーヤーと泡盛のカクテルで美味しかったです。近年、泡盛の売り上げが減少していますが、盛り返して欲しいです。

昨晩は、嘉手納さん、當銘さん、福島出身の森さんと意見交換をしました。嘉手納基地の名称由来、「土人」発言の琉球人にとっての意味、福島における「復興支援」状況、福島と琉球との類似性と相違性、会津若松と長州との関係、琉球のグーテンベルク等について話し合い、大変勉強になりました。森さんとは20年ぶりの再会で、税理士として会津若松で頑張っています。

今日は午前中、貯まった地元紙を読み、石垣島に住む94歳の叔母に電話しましたが、元気そうで嬉しかったです。その後、県立図書館に行き、関心のある資料を読んだ後、古書店、書店に行き、琉球経済関係の書籍を購入しました。今日もいい天気で1万5千歩以上、歩きました。

仲村渠さんとの意見交換

今日、琉球に帰国します。2ヶ月分の新報とタイムスを丹念に読み、図書館、資料室、公文書館等で資料を収集し、大田さん・鳩山さん・木村さんと琉球の脱植民地化や平和について議論する予定です。

昨日は琉球に到着し、滋賀の自宅で取れた柿と乾燥芋をお土産で差し上げました。その後、近くの公園を歩きました。夕方でしたが、サッカー、テニス、ラニング、ウォーキング、ウェイトリフティング等、様々なスポーツで老若男女の方々が汗を流していました。今日は、自宅でまった新聞を読んだ後、父親を車椅子にのせて公園を散歩しました。1年ぶりの公園での散歩で大変喜んでいました。

自宅から公園までタクシーに家族3人で乗りました。非常に短い距離でしたが、ウチナー運転手さんはとても親切で、車椅子の後部トランクから直接出し入れし、優しい言葉をかけて下さいました。

先ほど、仲村渠さんと米軍基地問題、南大東島の地域経済やアジア太平洋における位置付け等について意見交換しました。これから食事をとりながら嘉手納さん、當銘さん達と意見交換する予定です。琉球の今について真摯に学びたいと思います。

松島泰勝著『琉球独立への経済学――内発的発展と自己決定権による独立』の書評

日本平和学会の『平和研究』の最新号で、私の指導教授の西川先生の脱植民地に関する論考、前田さんの松島泰勝著『琉球独立への経済学』書評等が掲載されています。是非お読み下さい。
改めて、植民地主義と闘う。
絶えず忘却や歪曲の波にさらされてきた植民地支配と植民地主義。
それらは、いま、私たちにどのような影響を与え続けているのか。
植民地主義を精確に捉え、脱植民地主義のための平和学の模索を。
目次など
巻頭言
日本における脱植民地化の論理と平和学
  その関係性の整理と問題提起   上村英明/藤岡美恵子
●依頼論文
1 植民政策から平和学へ
  日本平和研究の当面する脱植民地課題   西川潤
2 人権/国際法の系譜学
  脱植民地化の視座   阿部浩己
3 戦後和解と植民地後和解のギャップ
  ドイツ-ナミビア間の遺骨返還を事例に   小田博志
4 日本の外交において継続する「植民地主義」
  対アフリカ外交を中心に   高林敏之
●投稿論文
5 被害女性たちの生からみた「慰安婦」問題
  「女性のためのアジア平和国民基金」を軸に   土野瑞穂
6 「保護する責任」を果たす意思と能力
  シリア人道危機に直面する国際社会   志村真弓
7 辺野古基金とふるさと納税における寄付の意義と問題点   林公則
●書評
敢然たる理論闘争の書   前田朗
(松島泰勝著『琉球独立への経済学――内発的発展と自己決定権による独立』法律文化社、2016年4月)

公共事業が地域自立をもたらさない理由

昨日は、龍谷大学経済学部同窓会創設50周年講演会、シンポ、懇談会に参加しました。日本政府による地方創生政策がいかにピントがずれているかという片山さんの講演は大変、刺激的でよかったです。また龍谷大学OBによるシンポも、各界で活躍されてきた方々だけあり、大変奥深い話を聞かせて貰い、私自身も励まされました。

懇談会では、『文芸春秋』に掲載された私のインタビュー記事を評価してくださった同窓会OBと話をしました。その方は大学を卒業して50年になられる方で、大変励まされました。


片山さんの講演では、ふるさと納税制度の問題性、公共事業が地域自立をもたらさない理由、国の政策依存からの脱却の必要性等を学びました。5年前に沖縄大学でもお話を伺いました。

一線で活躍される方々からは、「しつこくやって革命を起こして欲しい」「空気を読まない、自分をどう考えるかを大切にする」「なぜ自分は48歳で弁護士を目指し、それを実現したのか」「ワクワク感じたことを行う」等、多くの刺激的な言葉を聞き、私も学生同様、発奮しました。


ブログでの松島泰勝・琉球独立論の紹介

私が愛用している椅子の上で重子さんが休んでいます。この椅子は19年程前にグアムで買いました。その後、パラオ、東京、琉球、静岡そして滋賀に引っ越しましたが、大変丈夫です。

下記のブログで、松島泰勝の琉球独立論が紹介されています。kangaelさんに御礼申し上げます。


http://d.hatena.ne.jp/cangael/20160828/1472339267

国連勧告撤廃問題、「土人」発言問題等についてのインタビュー

昨日は、『週刊朝日』の三山記者から国連勧告撤廃問題、「土人」発言問題等についてのインタビュー、そして金城実さんとの対談本『琉球独立は可能か』のために川瀬さんから追加のインタビューを受けさせて頂きました。さらに大学院の授業、教授会、大学院運営委員会、研究科委員会等もあり、大学内を走り回り大変忙しい一日でした。

私、松島泰勝の両親が20年前の新聞記事を大切に保存してくれましたので、今でも見ることができます。両親には本当に感謝しています。取材をして下さった真鏡名さんにも御礼を申し上げます。

松島泰勝が与那国小学校2年生の時、「ジャックと豆の木」「アリババと40人の盗賊」を皆の前で話しました。本成校長も大変優しく良い先生でした。与那国島での生活は今の自分の土台になっています。

国連人権委員会先住民作業部会に先住民族・琉球人として参加した直後の松島泰勝

大学院修士課程1年時の松島泰勝の写真です。就職内定を取り消し、大学院に進学し、琉球、太平洋諸島の島嶼経済をこれから学ぼうとしていた時の顔です。週末は郵便局集配所でアジアからの留学生と深夜勤のアルバイトをしました。

家の近くにある、小野妹子の墓とされる唐臼山古墳です。外交官がよく参拝に来るそうです。湖西地域には古代時代に渡来人系の人々が多く住んでおり、横穴式石棺墓もいくつか見たことがあります。

パラオ共和国の国旗の下で重子さんが昼寝をしています。暖かい日射しで気持ちが良さそうです。

1996年に国連人権委員会先住民作業部会に先住民族・琉球人として参加した直後の松島泰勝です。高校の同級生で、沖縄タイムスの記者をされていた真鏡名さんがインタビューをして下さいました。丁度20年前になります。これからも初心を忘れず精進したいです。


「中国脅威論」の噓

昨日は明星大学で行われた日本平和学会で報告し、議論をしましたが、途中で、多摩センターのモノレール駅の近くでスーパーカーが展示されていました。また学生時代に毎日利用していた小田急線にも久しぶりに乗りました。

清水さんが、高野さんと私の報告についてコメントをして下さいました。日本人にとって琉球独立がどのような意味を持っているのか、琉球を植民地支配している日本、日本人自身が問われていると指摘し、高江での「土人」発言問題を受けて、職務に忠実な公務員によってナチスのホロコースト、南京大虐殺が行われたと話されました。

今回の分科会は平和運動分科会と、琉球・沖縄・島嶼国及び地域の平和分科会の合同で行いました。木村さんは前者の共同代表です。昨日は司会をされ、議論をまとめて下さいました。

高野さんが、「中国脅威論」の噓が毎日, 新聞紙上で提供されている日本のマスコミの問題性を具体的に指摘されました。南シナ海の「危機」を冷静に、多層的に分析し、マスコミに踊らされないようにすべきであると話されました。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE