FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年、
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年、
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年、
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年

Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

チューク州から留学した学生さん

日本の有名人のイケメンクイズもしました。コミュニティカレッジの中には、ミクロネシア連邦のチューク州から来た学生さんも留学に着ていました。その中に琉球出身のおじいさんがいる学生がおり、一度、琉球を訪問したいと私に行って下さいました。
スポンサーサイト

友好的な関係性を大切にして欲しいです。

このような人と人との友好的な関係性を大切にして欲しいです。

別れを惜しみ、互いに共有した時間がとても大切であったことが分かります

互いの連絡先を交換して、これからも友達でいようねと話し合っているようでした。別れを惜しみ、互いに共有した時間がとても大切であったことが分かります。

PCCのアバイ

大学の中にあるアバイの前で記念撮影をしました。皆楽しそうです。

たいへんきれのある踊りで感動しました

たいへんきれのある踊りで感動しました。龍大生の情熱の現れだと思います。

パラオの学生達も感動

パラオの学生達も録画するなどして、大変、感動していたようです。

よさこいソーラン節

次に毎晩、夜遅くまで練習した「よさこいソーラン節」をパラオの学生に披露しました。皆が着ているハッピは踊った後、パラオの学生さんにプレゼントしました。

互いの「ふるさと」

互いの「ふるさと」の自然を情景を思いながら、またロックアイランドやペリリュー島での体験を思いながら唄いました。

一緒に「ふるさと」を唄う

パラオの学生達も一緒に「ふるさと」を唄いました。このクラスは日本語のクラスですが、まだ「ふるさと」を知らなかったのですが、歌の意味を聞いて大変関心を深めて、一緒に唄って下さいました。

ふるさと

次に「ふるさと」を唄う前に、歌の説明を英語で行い、大きな紙に歌詞をローマ字で書いて皆で唄いました。

互いの文化や生活を理解

パラオ人学生も興味津々で日本のおもちゃの説明を聞いていました。また音の出るアメをあげて、互いに吹いて談笑していました。互いの文化や生活を理解しあっていました。

タピオカ、サワサップ

タピオカ、サワサップなど、いろいろなものを食べました。折り紙、スーパーボール、日本のお菓子、スマートフォンの写真等について互いの生活を理解しあいました。

パラオの学生との交流

パラオ側の学生さんたちが、用意した質問をして、それをとっかかりにして意見交換をしました。笑いが起こり、皆楽しそうでした。

パラオの料理や飲み物

次にパラオコミュニティカレッジの学生さん達との交流です。龍大の学生も同じ世代の若者との交流を楽しみにしていました。パラオ側の学生がそれぞれ、パラオの料理や飲み物を劉大生に食べさせて下さいました。美味しそうに食べていました。

エコノミー、エコノミー、エコノミー

最後に皆で「ふるさと」を唄い、ナカムラさんに感謝の気持ちを伝えました。とてもうれしそうかお顔でした。ナカムラさんのお話の中で、「エコノミー、エコノミー、エコノミー」と独立後のパラオの発展において、特に経済を重視されていたのが印象的でした。

ナカムラ元大統領にインタビューをさせていただきました

ナカムラ元大統領にインタビューをさせていただきました。私がパラオで働いていた頃、ナカムラさんが大統領でして、何回か仕事でお会いしたことがあります。現在もお元気で、私達の質問に真摯に答えて下さいました。独立にあたって大統領として力を入れたこと、日系パラオ人として戦後をどのように生活したのか、パラオの平和をどのように実現するのか、4月の天皇皇后パラオ訪問に対する思い、草の根の人々の希望を実現することの重要性等、いろいろな心を揺さぶられるお話をして下さいました。現在でもビジネス活動を活発にされており、パラオの経済発展を自らの手で進めています。

パラオの食事

ナカムラ元大統領とお会いする前に、ナカムラさんが経営しているレストランで食事をしました。パラオの魚、タロイモ、カンクン等を自分でチョイスして食べました。島の味がしてとても美味しかったです。

アバイ

伝統的な集会所、アバイの前です。アバイにおいて島のことが話し合いによって決められてきたのです。今でもパラオ人同士の合意形成が非常に重視されています。壁に描かれた絵の意味から、パラオの歴史や文化の独自性を考えました。

職業としてのウェストピッカー

ゴミの山からリサイクルできる空き缶やペットボトルを集めておられる方です。毎日のように集めており、一定の収入にもなっているようです。社会的にも差別の対象になっているのではなく、一つの仕事として確立しているようです。少しインタビューさせていただきました。

パラオのケルビンさん

パラオ国立博物館前で出あったケルビンさんです。博多弁を流暢に話されました。日本の芸人の方ともつきあいがあり、日本のテレビにも出たことがあるようです。やさしく私達を出迎え、話してくれました。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE