FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年、
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年、
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年、
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年

Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今日、琉球に帰国します

今日、琉球に帰国します。学会関連の行事に参加して、参加者の方々と意見交換しながら、新しい学問、琉球独立学を深めていきたいです。また琉球のフィールドワークを行い、琉球の振興開発と内発的発展についての調査をさらに進めていきたいです。

ツイッターで拙書が紹介

Twitter
tomaruseiya (masaya[09マニフェスト再び]) さんのツイートで拙書を引用してくれました。みーふぁいゆー。

たまたま松島泰勝著『琉球独立論』を読んでいるが、本土の人も必読。「琉球人」としての自立心の強さがよくわかる。今度の選挙での野党勝利が当然という気がしてくる。それにひきかえ、本土の国民の自立心はどこにいってしまったのか。

学生たちとパラオから多くのことを学びたい

来年2月、龍谷大学ボランティアNPOセンター主催の海外体験学習でパラオに行く学生さんと、同センターの東郷さんです。応募学生の中から2倍の倍率で、書類審査、面接審査をパスした学生たちです。

この日は最初の事前学習の時間でしたが、学生たちのパラオに対する熱い思いと期待を聞いて、うれしくなりました。学生とともに、パラオから多くのことを学びたいと思います。

学生の成長に励まされる

先日、前の職場である東海大学で教えていた水谷君が研究室に遊びに来てくれました。東京から大阪に転勤になったそうですが、社会人として元気に仕事をしている様子であり、うれしかったです。弟さんは龍谷大学経済学部に在学しており、勉学にがんばっています。

18年前の自分に恥じない

今から18年前の私です。大学院生で、国連人権委員会先住民作業部会に参加した後、北九州でインタビューを受けた時のものです。この翌年にグアムに行き、2年間生活しました。その後、パラオで1年間生活しました。琉球人の自己決定権に目覚め、それを他の島々で学んだ日々を思い出します。18年前の自分に恥じることのないように、研究や社会活動に精進したいと思います。

今日の沖縄タイムスに『琉球独立』の書評が掲載されました

今日の沖縄タイムスに私の『琉球独立』の書評が掲載されました。宜保さん、書評を書いて下さり、みーふぁいゆー。励まされました。今月の琉球独立学会の大会、シンポでお会いしましょう。

心に残る喜山さんのご講演

喜山さんは、レジュメ、パワーポイントを見せるだけでなく、ネットにも接続して興味深い動画もご紹介してくださいました。黒潮がリアルタイムで流れる地球儀には学生とともに私も目を見張りました。「めがね」という与論島が舞台になった映画にも関心を持ちました。与論島を多角的な観点から分析され、やさしく語りかけてくれましたので、学生たちも大変関心を持って講演を聴いていました。島の人間が主体的に島で生き、島を考えていることが心に残りました。

与論島を学ぶ

先日、喜山さんが、龍谷大学の地域経済論の授業で講演して下さいました。与論島の観光業のマネージメントが主なテーマでしたが、それにとどまらず、与論島の歴史、文化、精神、表象文化、地理等、島を大変深く、学生たちに話して下さいました。

喜山さんの与論島に対する深い愛情と、誠実なお人柄が伝わってきたご講演でした。学生たちも与論島に関心をもって、直接、島に行ってもらいたいと思います。私も与論島に対する見方が変わりました。

琉球-自治と基地をめぐる課題-


大阪市政調査会の『市政研究』第185号(2014年秋季)に拙論が掲載されましたので、御関心がありましたら、お読みください。

特集●平和の構築と地方自治

自治体平和政策をめぐる課題と展望


・・・・・・池尾靖志

国の安全保障と自治体外交

・・・・・・富野暉一郎

日韓関係の現状と課題-従軍慰安婦問題に日韓はどう向き合うべきか-

・・・・・・朴 一

琉球-自治と基地をめぐる課題-

・・・・・・松島泰勝

環境問題における日中民間協力の現状と課題・・・・・・相川 泰

図書紹介

案内人・片寄俊秀『おもろい商店街のなかの・メチャオモロイ・みつや交流亭物語』(NPO法人みつや交流亭)・・・・・・中川幾郎

伍賀偕子著『敗戦直後を切り拓いた働く女性たち-「勤労婦人聯盟」と「きらく会」の絆-』(ドメス出版)・・・・・・谷合佳代子

李靜淑著『日本の国民年金制度-改革の歴史と展望-』(大学教育出版)

・・・・・・宮地克典

連 載

連載 なにわ路上観察紀行 第39回

京都府京丹後市峰山町界隈

大地震の記憶が生んだ戦後の名歌謡

・・・・・・前田和男

おおさかミュージアム雑観 ⑰

ポスターの現場・・・・・・加藤英一

連載●朝日新聞資料探訪 第30回

昭和御大典①-「光の号外」、電光ニュース

・・・・・・石原佳子

続・韓国通信 漢江の辺にて (21)

セウォル号・・・・・・金徳煥
http://www.osaka-shisei.jp/shisei/

琉球独立のために国際的ネットワークを構築する

今月、20日、21日に開催される琉球民族独立総合研究学会のシンポに関して私が書いた記事です。

10429441_478433732294706_1110164408986639302_n[1]

两位琉球独立运动活动家·松岛泰胜和佐藤优

中国のネットニュースに次のような記事が掲載されていましたので、ご紹介します。「两位琉球独立运动活动家·松岛泰胜和佐藤优」
続きは実際のHPから読んで下さい。

冲绳县的‘琉球独立运动在冲绳已经不是什么秘密,有众多团体和个人公开地呼吁和推进琉球独立,甚至可以用大张旗鼓来形容。在这里向读者着重介绍两位热衷于从事琉球独立运动的精英松岛泰胜和佐藤优,通过对这两位的了解,也可让我们对琉球独立运动有一个初步把握。

   说松岛和佐藤是精英是因为俩人都曾做过日本的外交官,佐藤毕业于京都同志社大学神学院研究生院,而松岛毕业于早稻田大学,获经济学博士学位。

   松岛1963年出生于冲绳的离岛石垣岛,在东南大岛·与那国岛和冲绳岛上成长。38岁之前,松岛主要精力放在求学上,直到2001年才在早稻田研究生院取得经济学博士学位。不过从1997年5月开始,他就职于日本驻关岛领事馆,任专门调查员两年,其后有转任驻帕劳日本总领事馆的同样职位。之后,松岛离开日本外务省,去了大学教书,现在是龙谷大学经济学系教授,同时,从3013年5月起还兼任‘琉球民族独立综合研究学会共同代表。

   琉球民族独立综合研究学会的宗旨就是---为-最终获得琉球独立而进行理论·方法和路线图的研究。
   松岛今年7月14号出版了《琉球独立论》一书,为琉球的独立推波助澜。该书从历史与现状探讨了琉球独立的合理性,及可能的路径。他在书中指出,琉球已经不是中央政府对地方自治的问题,而是已经到了建构琉球独立的框架,探讨与日本关系的时候了。

  以下是该书的一些要点:(完全不把自己当日本人)
  。日本人的琉球知识少得可怜,他们完全不了解琉球与日本的不同。
  。琉球人具有独立的历史·文化·和国家意识,是一个被日美殖民榨取血汗的苦难民 族。日本对琉球人正在实施国际犯罪。琉球是一个被日本的暴力和贪婪所控制的 地方。

  。日本扑灭了琉球的语言,使冲绳经济崩溃,岛民穷困。
  。同化加歧视,日本的琉球意识形态。
  。在二战末期,日美两军都残杀琉球人民。日本为了延缓决战,把冲绳抛弃了。

  。美国把琉球归还给日本无视国际法,想当然地把琉球交给日本。
  。日本以回归之名再次合并了琉球。
  。琉球国家意识是不要美军基地,也不要日本的辅助金,只要琉球的独立 !

  。总之,军队离开就不会有战争,琉球和日本都会得到和平。
(続く)

http://grass.chinaiiss.com/html/201412/1/wa1701d.html

ことばの政治社会学

ましこさんからご著書を頂戴しました。コトバにこだわるましこさんのご姿勢は、一貫したものがあります。大学院生時代に交流した沖縄関係学研究会での議論を思い出します。

http://www.sangensha.co.jp/allbooks/index/367.htm

琉球ー自治と基地をめぐる課題

先日、大阪市政調査会から発行されている『市政研究』185号が届きました。その中に、私の「琉球ー自治と基地をめぐる課題」が掲載されていますので、ご関心があり、また機会がありましたら、ご笑覧下さい。

与論島観光マーケティング

明日の私の授業、地域経済論におきまして、喜山荘一さんが「与論島観光マーケティング」というテーマで話をして下さいます。喜山さんは与論島ご出身であり、現在、東京に拠点をおくマーケティング・クオリアの代表
をされています。

昨年、与論島に行き、喜山さんから島のお話を伺ったことを思い出します。島の観光業を島の人の視点から発展させる上で多くのことを学生は学べると思います。

互いに励まし合いながら人生の困難の克服する

3年のゼミ生です。私の研究室で交流会、意見交換会をしました。これから皆、就職活動、就職試験の勉強で忙しくなり、人生の困難に直面すると思いますが、ゼミの仲間と励まし合い、アドバイスを受けながら、乗り切って、希望の道を見つけて欲しいと思います。

生きた経済学を学ぶ

多くの学生が、お二人の話しに聞き入り、また数人の学生からも、貴重な質問や顧問とができました。リアクション・ペーパーにも地域づくりをしている、現場の方々の話しから多くのことを学んだという意見や感想が沢山ありました。大学の近くにある地域において、差別とと闘いながら、住民主体で地域経済を自らでつくってきた方々のお話を通じて、学生は、生きた学問としての経済学を学ぶことができたと思います。

エリアマネージメントとは何か

世界人権問題研究センターの山本さんが、私の授業、地域経済論で講演して下さいました。エリアマネージメントという、地域おこしの手法を崇仁地域において実施している様子を具体的に話して下さいました。

京都市立芸術大学が崇仁地区に移転する予定ですが、大学と地域がどのように関連しあいながら、まちをつくっていくのかという、住民主体の新たな歩みを聞かせて下さいました。また東九条地域に住む在日コリアンの差別との闘いや、地域づくりについても基調はお話を伺いました。

崇仁地区のまちづくりから学ぶ

先日、私の授業、地域経済論で、柳原銀行記念資料館の山内さんが講演をして下さいました。被差別部落の歴史、差別を克服し、地域の人々を主体にした、まちづくり活動の現場の話しを具体的に話して下さいました。水平社宣言をユネスコの世界記憶遺産に登録する運動の意義についても話して下さり、世界とつながりながら、地域の人々が自信を持ち、自らの力で崇仁地区を元気にしていくという歩みを学ぶことができました。

東京琉球館で行われた「松島泰勝「琉球独立」を語る」

先週土曜日に、駒込の東京琉球館で行われた「松島泰勝「琉球独立」を語る」の一場面です。参加された方々が琉球に対する熱い思いを互いに共有しながら、話し合うことができた一夜でした。琉球館を14年間主催されてきた島袋さんの琉球独立に対する熱い思いを感じることもできました。久しぶりにお会いした方々もおり、懐かしく、また新たな刺激を受けました。また島袋さんが作って下さったお弁当も大変美味しく、嬉しかったです。皆様も、琉球のマブイに触れたい方は、東京琉球館にお越し下さい。心身ともに暖かくなります。



トーク東京琉球館

Okinawa is a Japanese Colony

私の「沖縄は日本の植民地である」という少し長い論考を英訳して下さった、金子エリカ様がお亡くなりになったと、先日、息子さんのマーティンさんから伺いました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。エリカさんとは、直接、面識はなかったのですが、米国からのメールを通じて、琉球に対する熱い思いを伺いました。台湾や琉球の島々で研究をされていました。英文のこの論文を読むたびに、エリカさんのことを思い出すと思います。心よりお礼申し上げます。本論文の続きは、イマダールのHPにリンクしてください。

Okinawa is a Japanese Colony
When CERD considered the Japanese government report during its 17th session in 2010, Okinawa was one of the issues most frequently focused on during the discussions. In its concluding observations, the Committee indicated its concern over the situation of Okinawa and included several recommendations to the government to address problems faced by Okinawan people. In this issue, we bring you an interesting essay about Okinawa by Dr. Yasukatsu Matsushima, Professor of Ryukoku University and the representative of civil group “Yuimarle Ryukyu no Jichi (autonomy of Ryukyu).”・・・・・・・・・・・・
“KAN” Quarterly for History, Environment, Civilization Vol. 43, Autumn 2010, pp.186-195. Yasukatsu Matsushima (translated by Erika Kaneko)

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE