FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『琉球独立への道』

比嘉さんに書評で合わせて推薦してもらいました本書が、アマゾンの地方分権部門で売上げ第一位となりました。お礼申し上げます。

https://www.amazon.co.jp/%E7%90%89%E7%90%83%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%93%E2%80%95%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%9C%B0%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E3%81%AB%E6%8A%97%E3%81%86%E7%90%89%E7%90%83%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0-%E6%9D%BE%E5%B3%B6-%E6%B3%B0%E5%8B%9D/dp/4589033941?ie=UTF8&qid=1468785167&ref_=la_B008A198SQ_1_6&s=books&sr=1-6
スポンサーサイト

『琉球独立への経済学』の書評

今日の『琉球新報』に私の『琉球独立への経済学』の書評が掲載されました。父親が電話で書評全文を読んでくれました。とても励まされ、力強い書評を書いて下さいました、比嘉良彦さんに心より御礼申し上げます。

『琉球独立への経済学』を政治アナリストの比嘉良彦さんが書いて下さいました。比嘉さんとは面識がありませんが、私が学生のころから比嘉さんの琉球自立に関する論考を読ませて頂きました。琉球の政治を現実的に論じる第一人者に書評してもらい光栄です。


http://ryukyushimpo.jp/news/entry-318218.html

「鄭さんは、自分たちの先祖でもある」

キャンプシュワッブのゲート前のテント小屋の前を車で通りました。台湾の方々も辺野古新基地建設反対の声を伝えたいと仰って下さいました。

鄭迵謝名親方利山顕彰碑に行き、説明文に説明するとともに、ここに台湾の皆さんが来て下さったことに御礼申し上げました。台湾の方々は「鄭さんは、自分たちの先祖でもある」と述べ、頭を下げ、手を合わせて下さいました。

「台湾遭害者の墓」です。宮古島の人々が台湾原住民に殺害された事件後、日本の台湾侵略が行われ、琉球併合に繋がりました。奈良原繁知事の名前で説明文が書かれていますが、日本帝国の権力者の視点で同事件を認識していると台湾の方々が指摘していました。

県庁広場周辺で伊波さんの応援演説がありました。ちょうど、糸数慶子さんが応援演説をされていましたが、台湾の方々も伊波さんを応援して下さいました。

私が高校生の頃から使ってきた、与儀十字路の陸橋ですが、身障者にとって大変過酷な陸橋であるという指摘に、なるほど、そうだと気付かされました。

琵琶湖の環境問題

昨日、琵琶湖沿いを散歩していたら、片方の足の付け根からなくなり、ピョンピョンと歩いている鳩を見ました。おそらく釣り人が棄てた漁具で足が失われたのではないかと思います。哀れな気持ちになりました。小さな生き物に配慮した行動が求められます。

台湾の人々とともに辺野古新基地建設に反対する

ウチナー先生とカン先生です。ウチナー先生のお父様が琉球が好きになり、ウチナーと名づけたそうです。お父様は現在、アメリカに住んでおられます。中華琉球研究学会の理事長のセキ理事長を始め幹部の皆様はアメリカに留学されていたので、英語でも意思の疎通をしました。

浜にあるフェンスに行きましたが、抗議の布等が撤去されていました。向こう側の監視カメラが私たちを見はっていましたが、私たちは動じることなく、琉球の現実を見ました。

今回のフィールドワークの参加者の前に、ウチナー先生が「琉球独立」と砂に書いて下さいました。独立への熱い思いが伝わってきました。車を運転をして下さった皆さんに感謝します。

辺野古のテント村に行きましたが、台風通過、参院選挙前ということもあり、人がいませんでした。中華琉球研究学会は学会として辺野古新基地建設、現在の米軍基地に対して強く反対しています。


台湾出身の陳さんが中琉文化協会と琉球との関係について新聞に投稿された文章です。いつか陳さんにじっくりお話を伺いたいです。

台湾之塔の問題性

各県の慰霊塔がある中に、「台湾之塔」があります。今年の8月15日に正式に建立されることになるそうです。蔡総統の名前が刻まれています。

彫刻家の金城さんから、黎明の塔は切腹の姿を形象したものだと聞きましたが、後ろから見ると、それがよくわかります。

黎明の塔です。第32軍の牛島中将と長参謀長を祀った慰霊塔です。現在でも自衛隊が参拝するそうです。台湾の方々に、なぜここにこの慰霊塔があるのか、沖縄戦の実態について説明しました。

台湾之塔の近くには特攻隊の慰霊碑もあります。各県の慰霊塔は、沖縄県立平和祈念資料館の展示内容とは大きく異なり、英霊史観が非常に濃厚です。

この碑文には疑問を感じました。本当に台湾から人々が「勇んで」戦争に参加したといえるのか。植民地時代におかれた台湾の人々がアジア太平洋戦争に巻き込まれたという歴史認識が欠如しています。

石垣市議会意見書の問題性

CnTawwYVIAA69VH.jpg

石垣市議会意見書の問題性について八重山毎日新聞に投稿しました。

民際学ネットワーク

今日は、大阪市立大学の堀口さんが研究室に来て下さいました。龍谷大学の中村先生の下で民際学を学んだ方です。の博士課程の学生さんにも励ましの言葉を頂戴しました。一緒に食事をしながら、中国と琉球、日本のことなどについて興味深いお話を伺いました。下記の御本を書かれています。

https://www.amazon.co.jp/%E5%91%A8%E7%B8%81%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E5%B8%82%E5%A0%B4%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%8C%96%E2%80%95%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E8%BE%B2%E6%9D%91%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E5%8B%83%E8%88%88%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%B1%95%E9%96%8B%E9%81%8E%E7%A8%8B-%E5%A0%80%E5%8F%A3-%E6%AD%A3/dp/4771026211/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1468471743&sr=1-2&keywords=%E5%A0%80%E5%8F%A3%E6%AD%A3

摩文仁が丘でアジアの平和を考える

京都は大雨です。傘をさしても全身ずぶぬれとなりました。9時からの授業に参加する学生さんも通学が大変だと思いますが、頑張って下さい。関西は琉球とは質の異なる暑さのように感じます。

琉球は東アジアの各地域と航空網で結ばれ、年ごとに深くなり、増大しています。

韓国人慰霊碑にご案内しました。台湾の参加者の中には涙を流しておられる方もおりました。積み上げられた石は韓国の各地からのものです。戦争犠牲者に対する厚い弔いの気持ちが伝わってきます。

平和の礎の、台湾の方々の名前が刻印された場所にご案内しました。私たち琉球人も礎の中を歩きながら、改めて戦争の悲惨さを憶い、平和を祈念しました。

翌日は、平和祈念資料館に行きました。台湾の方々はじっくりと琉球の歴史、戦争、植民地支配を学んでいました。皆さんの新たな視点から私も学びました。

台湾を台風が直撃し、中華琉球研究学会の皆さんの来琉を心配していましたが、無事到着することができて安心しました。

家庭の琉球料理

昨日、中華琉球研究学会の皆さんは無事、台湾に戻られました。私はこれから日本に戻ります。この数日、短い間でしたが、同学会の方々を通じて、多くのことを学びました。また昨日の琉球館での読書会でも真摯な意見交換から刺激を受けました。同学会により『琉球独立宣言』の中国語(繁体字)への翻訳作業も進められています。世界中の多くの方が琉球独立について考え、支援してもらえましたら幸いです。

琉球に帰国して母親がいつも美味しい料理を食べさせてくれます。大きなグルクン、ゴーヤーチャンプルー、モズクの酢の物、ドラゴンフルーツ、八分付きの玄米等です。豆乳で互いの健康を乾杯しました。

夕食後、モノレールに乗って、台湾からのお客さんを出迎えるために、初めて那覇空港国際線ターミナルに行きました。台湾、中国大陸からの観光客で一杯していました。


家では必ず、ジーマーミー豆腐が出ます。石垣島の料理でしたが、今では琉球全体でも食べられるようになりました。昔は家でも作って、食べていました。

夕方のテレビを見ていたら、私の母校の那覇高校の後輩が参議院選挙についてインタビューに答えていました。

家のガラス戸にはヤモリがおり、琉球を感じさせました。


中華琉球研究学会、琉球民族独立総合研究学会とのフィールドワーク、シンポ、交流会

昨日は、中華琉球研究学会、琉球民族独立総合研究学会の皆さんと、摩文仁の平和祈念公園、辺野古新基地反対運動の現場、謝名親方顕彰碑等に行き、琉球と台湾の再皇民化問題について考え、貴重なご意見を聞きました。今日は、独立学会会員向けの勉強会において真摯に議論をし、交流を深めたいと思います。


昨日は、中華琉球研究学会と琉球民族独立総合研究学会とのシンポが開催されました。台湾と琉球における再皇民化、再植民地化、台湾独立運動と琉球独立運動との大きな違い、現在の台湾における「連日化」が琉球の米軍基地に及ぼす影響等について具体的に学ぶことができました。シンポの後の、茶話会、懇親会でも心温まる交流と、意見交換をすることができました。台湾から琉球にこられた私たちの同胞に対して心より感謝申し上げます。


昨晩の懇親会では、伊波さんの当選を8時5分頃に参加メンバーが報告して下さり、台湾からの方々を含めて皆で拍手して喜び、カチャーシーを「唐船ドーイ」の三線で踊りました。本当に良かったです。

国連勧告撤回を求める石垣市議会意見書の問題性

7月10日の八重山毎日新聞に私の、国連勧告撤回を求める石垣市議会意見書の問題性に関する論考が掲載されましたので、どうぞ御読み下さい。


http://www.y-mainichi.co.jp/

英EU離脱で再燃する「沖縄独立」 現実的なのか識者に聞く

日刊ゲンダイに私のコメントが掲載されておりますので、どうぞ御読み下さい。


https://news.nifty.com/article/domestic/society/gendai-332458/

中華琉球研究学会の来琉

今日、琉球に帰国します。台湾の中華琉球研究学会の方々とのフィールドワーク、勉強会に参加して、琉球と台湾における再皇民化、植民地化について考え、議論したいです。また琉球の皆様とも意見交換したいです。

今、那覇国際空港に来ています。台湾からのお客様が今、到着しました。台風の中、心配しましたが、安心しました。琉球の現実を見てもらい、考えてもらう貴重な日々になればと思います。昨年8月、台湾に招かれた時も、大きな台風が来ていました。


ゼミ生の成長

昨日は、4年のゼミ生が内定の報告に来てくれました。話し方、眼差しが一回り大人になったように感じました。希望の会社の内定をもらい充実した顔をしていました。卒業論文の内容についても話し合いましたが、「大学時代における結晶」が卒論であるから、自分の常日頃感じている問題意識を徹底的に分析し、自分の意見を示し、悔いのない研究成果を書くようにアドバイスしました。

昨日は、琉球独立について『日刊ゲンダイ』の電話取材を受けました。インタビュー記事は、今週土曜日発売の新聞に掲載される予定ですので、機会がありましたら、どうぞお読み下さい。

琉球独立宣言

本書が7月1日付けで3刷となり、ただ今、講談社の小俣さんから見本が届きました。読んで下さった皆様に心より御礼申し上げます。まだお読みでない方は是非御読み下さい。

https://www.amazon.co.jp/dp/4062931966/ref=tmm_pap_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1467694614&sr=1-1

星稜高校の先生方との意見交換

大きな部屋に、大きな布が架けられていました。その色使い、大きさに圧倒されるとともに、布に包まれたような暖かさを感じました。

星稜高校での講演が終わり、サンダーバードで自宅に戻りました。講演後には、先生方のご質問やご意見に答えさせて頂きました。持参した『琉球独立宣言』を購入して下さり、『琉球独立への経済学』のチラシをお渡ししました。

しまんちゅスクールでの読書会『琉球独立への経済学』

13558737_1078338695574612_2549437963607369022_o.jpg

来週、琉球のしまんちゅスクールで『琉球独立への経済学』について皆様と意見交換させていただきます。時間がありましたら、どうぞお越し下さい。

松島ゼミ活動の紹介

http://www.econ.ryukoku.ac.jp/news/detail.php?id=8240

龍谷大学経済学部のサイトで松島ゼミの活動が紹介されました。

西京国から独立を考える

下から押し上げる式のエレベーターに乗りました。機会も美術品として存在させています。芸術と自分が一体化した感覚がさらに強まりました。

このような所に住んでみたいですね。「海上都市」の建設が世界中で進んでいますが、人類は海の中という、もう一つの世界でも生きることがこれから可能になります。その意味で琉球のアクアポリスは新しい時代を象徴していました。

波の模様がきれいです。琉球やパラオの海でシュノーケルをして海の中で泳いだ時を思い出しました。地上からは別の人が私たちを見つめ写真を撮っていました。私たちも下から上の人を撮りました。人間の関係が再定義されたようで、面白かったです。

プールの下に行き、自分も作品の一要素になりました。外国人観光客も興味津々でした。現代美術館を金沢に作る前に、その当否とめぐり議論があったそうですが、結果的には国際的にも注目される美術館となり、有力な観光スポットの一つになりました。

食堂で野菜カレーを食べました。食卓の上も海をイメージした作品があり、食も美意識で彩られました。美術館には多くの子供達がおり、美術を楽しんでいました。

先日、同美術館に行った時、この特別展を見ました。「西京国」という架空の国をめぐって、日本、中国、韓国のアーティストが作製した作品展です。琉球独立を研究する者として、刺激を受け、考えるヒントを貰いました。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE