FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

パラオコミュニティカレッジの学生と交流

2年前にも、龍谷大学の学生たちとパラオを訪問し、パラオコミュニティカレッジの学生と交流しましたが、その時のニュースが同大学のHPで紹介されています。同ページの横には、大学新聞のPDFがあり、私達の写真もあります。先月の同大学での交流の模様も取材されていましたので、近々掲載されると思います。

http://pcc.palau.edu/2013/08/13/ryukoku-university-students-visit-palau-community-college/
スポンサーサイト

沖縄ワジワジー通信

TBSの金平茂紀さんから『沖縄ワジワジー通信』というご本を頂戴しました。にーふぁいゆー。金平さんが琉球の新聞に寄稿したコラムと、大熊ワタルさん、知念ウシさん、大田昌秀さんとのインタビューが掲載されています。

その中で、大田さんは琉球独立論の意義や歴史を明確に述べ、小生や『琉球独立への道』もご紹介下さっています。以前、私が大田さんにインタビューした際にも、琉球独立に関する資料を集めており、本にしたいと仰っていました。

モンゴル800のGood Morning Okinawa

今日、京都の町に行き、モンゴル800のGood Morning Okinawaを買い、家で聞きました。琉球の今の状況を踏まえた、琉球のマブイの歌であり、曲も良く、心と体に響きました。ニュースステーションで反原発、反オスプレイの意思表示を勇気をもってしており、強い、行動する琉球人の存在に励まされます。これからも、もっともっと聞いてみよう。

私も琉球独立の発言や行動をめぐり、ネット右翼により、攻撃されていますが、モンゴル800も下のページの様にいわれのない言葉の暴力にさらされています。勇気をもって歌い、行動しているモンゴル800を応援したいです。琉球人にはしっかりと歌の心が伝わっていると思います。

http://enzyouch.blog.fc2.com/blog-entry-839.html



曲目リスト




1. intro ~KAGIYADE-FUU~
2. Love song
3. GOOD MORNING OKINAWA
4. Pork Tamago
5. Rise & Shine
6. Fatty Silver
7. Bugainbilly
8. カマドー小(ぐゎ)
9. 明日から印象派
10. タユタウタ
11. forget me not ~勿忘草~
12. tomorrow
13. ture hearts

サンの島:海勢頭豊さんの新しいCD

海勢頭豊さんの新しいCDを聞かせていただきました。

琉球の魂の歌い手、海勢頭さんの唄が体に沁みこみます。

ジュゴンに対する海勢頭さんの愛情も感じます。

琉球の魂の歌い手、海勢頭豊さんの歌を聞きましょう。


1、サン
  2、トゥーヌー・マーヌー
  3、ザンの海

  4、帰れ太陽
  5、月桃

  6、喜瀬武原
  7、七つ星のうた

  8、トラジの花
  9、ハルラ山
  10、うりずん   の全10曲


購入は次のところまでご連絡ください。


Office:GGS (有)ジー・ジー・エス〒903-0117 沖縄県中頭郡西原町字翁長457電話098-946-6663 ファックス:098-946-1933メール:gama@gettounohana.com

港大尋さんの弾き語りライブ

港大尋さんから残暑お見舞いのお葉書とライブのお知らせが私の所に届きましたので、ご紹介します。

以前、私も大阪釜ヶ埼で港さんの歌を聞きましたが、言葉力を歌から感じました。時々、CDを聞いています。






弾き語りライブ『声とギターとオーガニックフード』

おいしい食事やおいしい飲み物、身体に優しい食材が求められる今日この頃。
音楽もまたアコースティックにこだわり、声/ことばを大切にするオーガニック・サウンド。

ギターだけでなく、沖縄の三線、アフリカのジャンベも飛び出しながら、5月に発売されたアルバム『声とギター』の他、できたてほやほやの新曲も。

8月29日(金) カフェ・パルル(名古屋・新栄)
OPEN 18:30 START 19:30 Adv.2800円 Door 3000円 学生2000円   
(1ドリンク付き、別途お食事メニューあり)
ゲスト:ジェット達(パフォーマンス)、佐藤菜穂子(vocal)
メール予約:eat.a.lot@canolfan.com


8月30日(土) スペースALS-D(京都・西陣)
OPEN 14:30 START 15:00
Adv.2800円 Door 3000円 学生2000円 (1ドリンク付き)
ゲスト:坂本沙織(ダンス)、山口恵子(ダンス)
torindo TEL&FAX:075-313-2218
公演当日連絡先:080-6113-3782
京都市バス(6,46,59,206系統)「千本鞍馬口」下車、東へ徒歩5分
駐車場・駐輪場はございません。


9月5日(金) 馬喰町ART+EAT
OPEN 18:30 START 19:30
Adv. 3800円 Door 4000円 (学生500円割引)
(1品お食事+1ドリンク付き)
ゲスト:武徹太郎(ギター、fromうらまぶた)
電話予約:03-6413-8049 
9月12日(金) 池袋・鈴ん小屋
OPEN 18:30 START 19:30
Adv. 3800円 Door 4000円 (学生500円割引)
(1品お食事+1ドリンク付き)
ゲスト:開発彩子(ヴォーカル&パーカッション)、清水達生(パーカッション)ほか  
電話予約:03-6382-7273


ボサノヴァを基調としたアコースティックサウンド、そして豊穣なリズム。タンガタ・マヌ(鳥人)の歌声、新しい弾き語りのかたち。 全国各地のCD店で好評発売中!

サイアムオイコス・オンラインストアでは、ただいま直筆サイン+送料無料サービスを実施中です。是非ご利用ください。

『声とギター』 港 大尋

1. still life
2. 春の匂い
3. もしも

4. ためいきいくつ
5. 遠くへ行きたい 詞/永六輔 曲/中村八大
6. 動物園 詞/佐藤信  曲/林 光

7. 声の重力を測るとすれば
8. 友よ、どこにいるか
9. ギター

10. 恐るべき子供たち
11. なぞなぞサルサ
12. 日付と記憶

プロデュース/港大尋+三橋圭介 発売元/水牛 製作/サイアムオイコス
OOZE-0088 定価2625円
パーソネル:港大尋(ギター&ヴォーカル、ジャンベ、ソプラノサックス)、澤和幸(ギター)
ゲストミュージシャン:SHANTI(ヴォーカル)、TEER(ワイゼンボーン)

ライナーノートより(抜粋)
…耳を傾ければ、そこでくりひろげられる意味世界の獣道、三次元的な鳥の飛跡の錯綜が、ころげまわるほどおかしくおもしろく、跳ねまわらずにいられないほど挑発的だ。遊びとは変換可能性、可動域の拡大、法規の棚上げ、別の規則の発明。

港の歌は声とリズムにおいてジャンルを遊ばせ、歌詞の表面で意味を転ばせる。でもそれはノンセンスの対極だ。冷静に意味が追求されている。

「飛ぼう」と意志しなければ鳥が飛び立つことはなかっただろうという進化史の大きな謎に似て、意味を最初から安易に放棄するならこれらの歌詞の清浄な一貫性は生まれなかっただろう…

 アルバム・タイトルの『声とギター』は、偉大なジョアンゥ・ジルベルトの傑作『ヴォズ・エ・ヴィオランゥ』に対する敬意からつけられたものだろう。もちろんその精神はボッサ・ノーヴァ、新しいボッサだ。

「ボッサ」とはブラジルのポルトガル語で「こぶ」「才能」「感覚」を意味する。港の驚くべきこぶがなしとげたリズム批判の新しいかたちが、いまきみの手元に届いた。

管啓次郎

港大尋からギター弾き語りのCD-Rをもらったのは2年くらい前だろうか。何度もききながらCDにできたらいいと思った。水牛レーベルでださないかと話をもちかけたら、即座にOKしてくれた……「声とギター」は飾り気をそぎ落とした音楽の基本形であり、音楽の初心に帰ることでもある。

港はバンド「ソシエテ・コントル・レタ」のピアニスト、サックス奏者、詩人、歌手、そして作曲家である前にギター少年だった。そのころ港がどんな音楽をやっていたかは知らない。しかし数年前、再びエレガットを手にしたとき、港から歌があふれだした。はじめてギターを手にした少年のようにコードをまさぐる。その手触りの感覚がそのまま歌になっている。
三橋圭介

港大尋さんのCDリリースとライブツアーのお知らせ

第二回のゆいまーるの集いの参加された、港大尋さんのCD[声とギター」がリリースされました。
CDリリースにともない、東京、大阪、静岡、名古屋でライブツアーが行われます。

5月2日 東京神楽坂
5月6日 大阪上本町
5月7日 大阪新今宮
5月8日 大阪北堀江
5月9日 名古屋新栄
5月10日 静岡市
5月17日 東京下高井戸

ライブ、CDについての詳しいお問い合わせは次のアドレスまでお願いします。
5月7日のライブでは、詩人の上田さんもご参加するそうです。上田さんも奄美大島での
ゆいまーるの集いに参加されました。

siamoikos@jcom.home.ne.jp

私もぜひともライブ行きたいと思います。奄美大島宇検村での歌声、ギターの音色が思い出されます。


海勢頭豊さんのCDの紹介

海勢頭さんのCD「海勢頭 豊 平和コンサート (ライブ録音)世直しの歌」をご紹介します。

海勢頭さんがギターを弾きながら切々と歌う姿をエル・パピリオンをはじめ、いろんな場所で何度か拝見したことがあります。琉球人の魂に響く歌だと思いました。

海勢頭さんご自身がしっかりとした世界観、平和観をもっており、それが歌にもあらわれていると感じました。


2006年6月24日にパレット市民劇場で行なわれたコンサートをライブ録音。

【収録曲】
1.月桃 
2.はるかな南の海 

3.赤椀の世直し
4.さとうきびの花 

5.山鳩 
6.喜瀬武原

7.トラジの花 
8.ザンの海 

9.ジュゴンの歌
10.琉球夜曲

(有)ジー・ジー・エス 電話:098-946-6663 FAX:098-946-1933 〒903-0117 沖縄県中頭郡西原町翁長457
税込¥2,500   ジー・ジー・エスより直接発送致されるそうです。

港大尋さんのCDのご紹介

宇検村のゆいまーるの集いに参加された、港大尋さんがつくられたCDをご紹介します。

IMG_1881.jpg
宇検村平田の公民館でギターを弾かれている港さん。楽しいひと時を過ごさせていただきました。

以下の文は港さんから送られたものです。

みなさま
お元気のことと存じます。
しばらく前になりますが、新作CD『がやがやのうた』(がやがや/港大尋)が完成・発売になりました。

「がやがや」とは、東京・練馬区を中心に、知的障がいなどのハンディをもつ人&もたぬ人たちが集まって表現活動をするグループ。

この「がやがや」の皆さ んと共に、うたものを中心にオリジナル曲を10曲あまりを収めました。およそ半分の曲に、ソシエテ・コントル・レタがゲスト参加。

港大尋はサックスやピ アノ、ギターや打楽器などを演奏しています。

曲もアフリカ風、ゴスペル風、ボサノバ風などなど楽しめる内容となっています! 是非、この機会にお買い求め下さいませ。

なお試聴用に4曲目の「あいだだ2」を添付します。お楽しみいただければ幸いです。

| ホーム |


 BLOG TOP