FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

加計呂麻島の番組を今観ています

今、BSJAPANで、加計呂麻島の番組を観ています。母親が加計呂麻出身の又吉直樹さんを通して島の生活、歴史、文化がえがかれています。昔、行った島のことが思い出されます。今は島唄と島の歴史についての部分です。又吉さんの、ゆっくりした話し方や、その内容もいいですね。
スポンサーサイト

大島高校センバツ出場記念誌『島から甲子園』

大島高校センバツ出場記念誌『島から甲子園』が昨日、届きました。南海日日新聞から発刊されています。久岡さんが送って下さりました。心より感謝申し上げます。本全体に奄美諸島への強い愛と、島人同士の固い絆を感じることができ、大変、うれしくなりました!

奄美諸島のおいしいタンカン

1月19日の南海日日新聞で奄美諸島のタンカンが紹介されていました。

昨年の大雨でタンカンの収穫量が減少するみこみです。宇検村平田でいただいたタンカン、奄美市名瀬のやっちゃばでいただいたタンカン、奄美の暖かい人によってつくられたタンカンの味が思い出されます。奄美諸島のタンカンは甘くてとてもおいしいです。

「奄美の果物専門店@やっちやば」のホームページをご覧くださいね。奄美たんかん・奄美すもも・奄美パッションフルーツ・奄美マンゴー・島バナナなどの果物や黒砂糖などを産地直送でお届けしています。奄美の土地で奄美の方がどのよう作物を作っていのかも写真で知ることができます。



タンカンの収穫期入りを前に、JAあまみ大島事業本部果樹部会(元井孝信部会長代理)主催の支所別出荷販売対策会議が17日から開かれている。18日は奄美市であり、生産農家が今期の出荷スケジュールなどを確認した。共販取り扱い目標は、昨年10月の奄美豪雨の影響で前期を50トン下回る80トンを見込んでいる。
 
奄美市での会議は市農業研究センターであり、農家ら25人が出席。元井部会長代理は「共販アップを目指して新たな気持ちで頑張ろう」とあいさつした。

 今期の1キロ当たりの価格は350円(前期実績298円)、金額は2800万円(同3867万8千円)。

 JAによると、今期のタンカンは梅雨明け以降の天候に恵まれて9月まで順調に生育していたが、奄美豪雨による畑の流出や水没による果実の落果など大きな被害が出た。特にもともと裏年傾向の名瀬地区や、被害の大きかった住用地区で落ち込んだ。関係者によると奄美大島全体で平年千トン程度の収穫があるが、今期は6~700トン程度にとどまる見込みだという。

 JA側は販路について「昨年以上に販売先を絞り込み、宅配を主体とした販売に切り替え、農家手取りのアップに取り組む」として、農家へ目標達成への協力を求めたほか、樹上完熟を基本とした収穫の実施や家庭選別の徹底を呼び掛けた。

 取り扱い量の減少で、今期の集選果態勢は、昨年までの島内4選果場態勢を朝戸選果場(奄美市農業研究センター内)の1カ所に集約。支所別に曜日を設定して受け付ける。

 はさみ入れ式は2月1日、瀬戸内町の果樹園である。選果場の受け入れ開始は同4日。

奄美大島宇検村平田の豊かさ⑤

IMG_1457.jpg
今日は京都に出張できております。上の写真は、にがら、または長命草ではないかと思います。島の野菜で、苦いですが、大変、健康にいいと母から言われ、よく食べています。

IMG_1459.jpg
春さんは生ごみを発酵させ、有機肥料をつくり、作物を栽培しています。体にやさしい農業をされているといえます。

IMG_1460.jpg
ばんしるーをとってくださる春さんです。小さい頃、石垣島の祖母の家で食べたばんしるーの味を思い出しました。

IMG_1461.jpg
新元さんから頂いた四角い形の珍しいバナナです。新元さんによると、戦後、南洋から戻ってきた島の方が、持ってきた、南洋原産のバナナの種を植えて、育ったものだそうです。通常の島バナナよりもおおぶりですが、大変甘かったです。


このブログを見て、平田の恵みに関心をお持ち、作物を購入し、または民宿に泊まりたい方は春さんに直接、お問い合わせください。 0997-67-6076 

春さんに問い合わせたところ、黒砂糖漬けのにんにくが1キロ当たり1500円(送料別)だそうです。そのほか、島バナナ、アオサ、パパイヤ等も時期によってはあるそうです。

奄美大島宇検村平田の豊かさ④

IMG_1449.jpg
島でとれた、おいしそうな島にんにくです。

IMG_1450.jpg
平田には山と畑が豊にあり、さまざまな作物を栽培しています。

IMG_1451.jpg
たんかんお木です。奄美のたんかんは甘くでとても美味しいです。気候、土壌等が適しているかもしれません。

IMG_1452.jpg
防風林です。これで台風や嵐からの被害を防ぎます。

IMG_1455.jpg
畑に水を撒くための水道です。山の多い平田では水が豊富です。

IMG_1456.jpg
ちょっとした空き地でも作物を栽培しています。朝、春さんに村の畑をみせて頂きましたが、空気がおいしく、何人かの方は農作業をしていました。そして和やかな会話がはじまりました。


奄美大島宇検村平田の豊かさ③

IMG_1442.jpg

春さんの畑と作物をご紹介します。

奄美大島は台風が多く、作物の被害も大きく、農業をされている方も大変御苦労されていると思います。台風で傾いたバナナの木をパイプ等で支えています。

IMG_1444.jpg
丁寧に肥料が野菜に施されています。

IMG_1445.jpg
害虫がつかないようにネットで防御しています。南琉球と同じく、亜熱帯性気候では害虫も多く、その対策も大変だと思います。殺虫剤で処理するのではなく、人間の体にやさしい農法だと思います。

IMG_1446.jpg
種類の異なるにんにくです。塩漬けにしたり、黒糖漬けにします。平田の土壌はにんにくに非常に適しているそうです。

IMG_1447.jpg
畑の中にある小屋の中でには、農具や、塩漬けのにんにく壺等があります。壺のなかで塩漬けにんにくが熟成され、非常においしくなります。

IMG_1448.jpg
島ばななです。黄色く熟成すると大変おいしいです。私の小さい頃はモンキーバナナとも呼んでいました。

奄美大島宇検村平田の豊かさ②

IMG_1433.jpg
春さんの畑でドラゴンフルートが実っています。味は甘すぎもせず、程よい爽快感が残ります。

IMG_1434.jpg
バナナの木です。島のバナナは甘く、栄養価も高いです。

IMG_1435.jpg
パパイヤです。青いパパイヤは野菜としても食べます。もちろんフルーツパパイヤもおいしいです。野菜です。虫が付かないように、網をして大切に育てられています。

IMG_1440.jpg
ねぎ、葉野菜です。豊かな日光を受けた奄美諸島の野菜は、より多くの栄養分が含まれているのではと思われるほど、おいしかったです。

IMG_1442.jpg
バナナの木です。春さんは自分の畑以外にも、無償で村の方から畑を借りて作物を作っておられるようです。これも村の「ゆいわく」であり、生活を豊かにする土台ではないでしょうか。

IMG_1441.jpg
野菜の一つ一つを丁寧に植えていきます。島の赤土が人間が生きる糧を育ててくれるのです。珊瑚礁に赤土が流出して珊瑚礁を破壊する「赤土汚染」が琉球各地でみられますが、問題は人間による開発であり、赤土自体が悪いわけではありません。






奄美大島宇検村平田の豊かさ①

今日は、出張で静岡県沼津にきています。昨日までのコラムの続きは月曜に行います。

昨年「ゆいまーるの集い」で世話になった春さんがつくられている野菜や果物を紹介したいと思います。春さんの民宿には昨年9月と11月に泊まらせていただき、春さんの畑を案内していただきました。

お一人で工夫しながら作物をつくり、隣近所の方に分けたり、無人販売店やフリーマーケット等で販売しているそうです。

IMG_1425.jpg
春さんです。塩漬けのにんにくです。平田はにんにくが良く獲れ、黒糖漬けのにんにくもおいしかったです。

>IMG_1426.jpg
これから春さんの畑で栽培されている作物を紹介します。ばんしるーの実です。私の小さい頃、よく食べた果物です。グアバともいわれています。

IMG_1428.jpg
葉野菜です。栄養がありそうです。

IMG_1429.jpg
平田集落の歩いて近くに住民の豊かな畑や山があり、色々な作物を自給用、販売用、贈答用等につくっています。

IMG_1430.jpg
ドラゴンフルーツです。春さんの民宿でも食べました。大変おいしかったです。

IMG_1432.jpg
手作りのドラゴンフルーツは平田の方々の生活の香りがしました。



ゆいまーる会議③島の豊かさを体感

IMG_1837.jpg
春さんの民宿で食事をいただきました。右から金城さん、春さん、私の母。
春さんが栽培された野菜、果物、平田の海でとれた魚の刺身をいただきました。

IMG_1841.jpg
春さんの畑に立つ私の父。春さんは堆肥を使うなど有機栽培を実践しています。

IMG_1842.jpg
春さんの畑。野菜、パパイヤ、島ばなな、シイタケ、にんにく、パンションフルーツ、アテモヤ、バンシルーなど、いろいろなものが栽培されています。

他の村の人も自分の畑、または土地を借りて栽培し、自給用、おすそわけ、無人売店での販売をしています。

IMG_1887.jpg
パパイヤの漬物。春さんの手作りです。

IMG_1884.jpg
黒糖でつけたにんにくです。ほんのりと甘く、おいしかったです。

IMG_1886.jpg
手作りのインゲン豆です。



春さんの民宿では、春さんが自分自身で栽培した「島の幸」を食べ、近くにある春さんの畑を見学して、自分が食した自然の実りを見ることもできます。

現金がたとえ多くなくても、十分生活できる島の豊かさを実感しました。また春さんの暖かくやさしい人柄でした。

民宿に泊まりたい方、「島の幸」を購入したい方は、春さんの連絡先、0997-67-6076までお問い合わせください。

| ホーム |


 BLOG TOP