FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グアム戦時賠償請求、パラオのウイグル人、パプニューギニアと中国

2009年、6,7月の太平洋諸島ニュースを紹介します。

現在でも、グアムのチャモロ人は日本軍統治時代の戦時賠償を日本に求めています。

犠牲にったチャモロ人の正義はまだ回復されていません。



6/26 Pacific Daily News PIR
米国の防衛法案の中にグアム戦時賠償請求が盛り込まれた。

2010年の米国防衛認可法案の中にグアム戦時賠償請求が盛り込まれたが、同法案は米下院議会において389対22で可決された。第二次世界大戦中の日本軍のグアム占領による住民被害に対して1億260万米ドルの賠償を求める法案は、今年2月に米下院議会を通過し、現在、上院議会での審議を待っている。

1941年から44年の間、数千人のチャモロ人が日本軍による厳しい占領により犠牲になった。非武装の男女や子供が虐殺されたことは、住民の記憶に永遠に刻み込まれている。ボダリオ米下院グアム代表は「グアムの軍事占領により被害を受けた方々の正義を回復するために引き続き頑張りたい。」と述べた。




ウイグル人の受け入れは人道的な措置であるとともに、巧みな外交戦略でもあると思います。



6/25 Radio Australia PIR
パラオの大統領がウイグル人の安全を守ることを保証した。

パラオのトリビオン大統領は、ウイグル人がグアンタナモ湾からパラオに再定住した場合、彼らの安全に関して心配することはないと明言した。ウイグル人は、中国政府がパラオにいる彼らに接近するのではないかと恐れている。

ムスリムのウイグル人は中国西部の新疆ウイグル自治区の出身である。中国政府は彼らをテロリストとみなし、同地区においてイスラム分離独立運動を展開していると考えているが、米国政府はかれらをテロリストとは認識していない。


軍事的関係だけでなく、政治的、経済的関係が強化されています。



7/1 The National PIR
パプアニューギニアが中国との軍事関係を強化している。

パプアニューギニアのイラウ軍司令官が1週間、軍事交流訪問で中国に滞在している。安定的で、持続可能な形での軍事的関係の強化を目指して、パプアニューギニアと中国の両政府が協力し合っている。

軍事訓練協力、軍事幹部の公式訪問等を通じて、過去10年間、両国の軍事協力関係が形成されてきた。パプアニューギニアは中国と1976年に二国間関係を締結した。イラウ軍司令官は、パプアニューギニア政府と同軍隊は、現在も「一つの中国政策」に同意していることを強調した。
スポンサーサイト

グアムに対する米国上院議員の植民地主義的態度にグアム知事が自己決定権の行使を呼びかける

グアム在住の方からのメールを紹介します。米上院議員が、グアム政府に何の連絡もなく、突然、グアムを訪問したことに対して、グアム知事をはじめ多くのチャモロ人が「植民地としての扱い」として、おこっています。米政府がグアムを植民地としてみていることの証拠です。

全上院議員の15人が何の連絡もなしにグアムに来て、グアムの人間と会う予定はないそうです。大変、無礼な話です。

次の文章はグアムのカルボ知事の大変重い言葉です。グアムは自己決定権を行使して、アメリカの植民地から脱すると宣言しています。

そのようなグアムに琉球から米軍基地をもっていけと、日米の植民地である琉球の人々が言えるでしょうか。





Powerful U.S. Senators Arrive in Guam; Guam Governor Calls on U.S. Senate to End
Its Bipartisan Colonialism
>>
>> Immediate Release: April 18, 2011
>>
>> (Hagatna, Guam) Guam Governor Eddie Baza Calvo, one of the 55 United States
governors, found out this morning that fifteen percent of the U.S. Senate landed
on Guam in secrecy today.

The contingent includes the Senate Majority and
Minority leaders and other powerful U.S. Senators. These U.S. Senators, both
Democrat and Republican, have decided to thumb their noses at the island and its
government.

The Governor, who is a member of the National Governors Association
and the Republican Governors Association, releases the following statement about
how this snub can severely affect Guam colonial-federal relations as the U.S.
government pushes a $15 billion realignment of Asian-Pacific forces on Guam:

>>
>> �This morning, Guam Congresswoman Madeleine Bordallo asked whether I would be greeting the 15 U.S. Senators scheduled to arrive at Guam�s Andersen Air Force Base today. We were both surprised and extremely upset that no one in the federal establishment informed Guam of their visit.

We called the Navy to verify this stopover and we were told that the U.S. Senators will not entertain any meeting or discussions with Guam leaders or the Guamanian people.

Instead of landing at the A.B. Won Pat International Airport, Guam, they have decided to shield their visit in secrecy and land within the confines of Andersen Air Force Base.
>>
>> �In the 100 years we have been a colony of the United States, the U.S. government hardly did anything to resolve our colonial status.

What kind of democracy allows colonialism to flourish? I am livid the U.S. Senate, a body created by the will of the people of 13 colonies who wanted freedom and democracy, would turn its back on the Guamanian people.

It is obvious we are not part of their constituency, and they do not consider us a valuable part of the American family.

This only serves to inflame our long-held belief that we are an American colony of second-class citizens who matter only when our geopolitical position is needed by the U.S. government.
>>
>> �This is a sad state of affairs. This is the third time in the last year that Congress has made it clear that we are of no importance to the nation.

This snub follows Congress trying to sell our own resources to us at Fena and Congress taking away our Delegate�s voting power in House committees.

These U.S. Senators are only hurting American interests abroad. Look at the great relationship we�ve built with the U.S. military. Congress�s actions only undermine that work. Why? If Guam was so important to U.S. strategic interests, then why would the nation�s leaders continue snubbing Guamanians?
>>
>> �If the Senate wants to thumb its nose at Guamanians, then perhaps it is time for Guamanians to call in every injustice ever committed upon our people by the U.S. government.

And we can start with the Insular Cases of the same U.S. Supreme Court of the 1900s that said people of color were separate but equal. How many times have Guamanians answered the call to serve? How many have died for a democracy that doesn�t even fully apply to us?

How many more times must Guamanians accept colonial treatment before Congress ever recognizes that our voices count, too? How much more oppression can our people take before they get fed up and tell the Congress to take their buildup somewhere else?
>>
>> �We can have the greatest relationship with the U.S. military and the Department of the Interior, but if Congress continues ignoring Guam like the colony it is, we will never truly enjoy the America that the Marines of 1944 fought and died to bring to Guam.

What happened to the pledge of a �One Guam� policy? It�s clear these U.S. Senators have no intention of uniting our best interests. To them, there is an American inside a military fenceline, and an American colony outside of it.

They want nothing to do with that colony. Here is yet another compelling reason the Guam Legislature, Lt. Governor Tenorio and I are working together to call for a vote of self determination.

We cannot continue on as a colony of the United States. We should either be a part of the U.S., with voting membership in the House and Senate and the right to vote for President, or we should govern ourselves.

This is a message we will share with U.S. Senators Jim Webb and Carl Levin when they visit with us next week.

At least these gentlemen have the consideration and decency to meet with their fellow Americans in Guam.
>>
>> �I want Guamanians living in the U.S. States where these U.S. Senators are from to remember what these U.S. Senators did to Guam in the next national elections.�
>>
>> Guam is an organized unincorporated territory of the United States, a colonial
status that has not changed. Its residents are called Guamanians and were granted
U.S. citizenship by an act of Congress called the Organic Act of 1948.

Only
certain provisions of the Constitution's Bill of Rights apply to the residents of
Guam, called Guamanians. Guamanians have among the highest enlistment rates in
the U.S. military.

There are 183,000 Guamanians living in Guam. An unknown number
reside throughout the U.S. mainland, Hawaii and Alaska. A 2000 census of those
who call themselves Chamorro (the ethnicity indigenous to Guam and the
Commonwealth of the Northern Mariana Islands) or part-Chamorro says that 33,849
Chamorros alone live in California.

This does not include the broader number of
Guamanians of other ethnic backgrounds who live in California. According to the
2000 Census, nearly 100,000 Chamorros live in the 50 States and Puerto Rico.
>>
>>
>>
>>
>> Office of the Governor of Guam
>> Ricardo J. Bordallo Governor's Complex | Adelup, Guam 96910
>> Tel: (671) 472-8931/6 | Fax: (671) 477-4826 | http://governor.guam.gov
>>


グアムは植民地である5

グアム在住のチャモロ人の声です。
次のベナベンテさんは、私がグアムに住んでいた13年ほど前に話を直接聞いた方です。彼はチャモロネーションという、グアムの民族、チャモロ人の自己決定権を行使する団体の代表でした。

グアムの自治、自立、独立、反基地運動等について話を聞きました。

今でもこのように声をあげ続けておられ、感動しました。

自己決定権、植民地、脱植民地、自治を国際法、国際的な議論を踏まえてやり、グアムには独立、自由連合国の選択肢を選ぶ権利があると訴えています。





On Guam as a Colony
Letter to the Editor
by
Eddie L.G. Benavente
Mangilao, Guam
(Marianas Variety)

I found Dr. Ron McNinch?s recent column, ?Politics and Status? quite interesting. (Mar
ianas Variety Guam March 10, 2011.)

I just find it amusing that he would use one issue
, although significant, to be the wake- up call for our leaders to realize we?ve been
ignored for a long time.

The political reality is that Washington historically has always ignored grievances expressed by our political leaders, since the early 1900s.


Dr. McNinch argues that Guam is not really a colony. Like his predecessors of the same
affinity, he paints a rosy picture that Guam is pretty much self-governing.

I initial
ly thought perhaps the professor didn?t understand the concepts of colonization, non-s
elf-governing territories, full self-government, de-colonization and self-determinatio
n in the context of international definition and application.

However, his credentials
at the University speak for themselves.

His ?bottom line simple approach? in resolving our problems with the federal governmen
t gives the impression that achieving a new political status is pretty much petty and
for the moment.

I thought the professor had a profound approach for the administering
power to finally comply with treaties so our people can finally have the opportunity t
o exercise their right to self-determination.

But this was not the case.

Instead, like others before him, he tends to ridicule and put the blame on our
self-defeating government and cowardly local leaders.

Moreover, McNinch suggests perhaps we should move toward an organic-act constitution,
(the old ?cart before the horse? which literally means ?let?s forget about political s
tatus and settle for a constitution?).

He then concludes by asserting that independenc
e and free association are not very good status options.

Wow! That leaves statehood as the only option, as opposed to the three choices in the
Treaty.

He defends this assertion by saying that with the exception of Singapore all o
ther nations have become ?Third World.?

I couldn?t believe these suggestions were coming from a learned individual who teaches
in Guam?s highest institution of learning.

What does this all mean? Does it mean that
independence is only good for some nations and not for others?

Are nations who choose
independence not entitled to evolve?

How and who measures what constitutes ?Third Wor
ld??

Would Belau or the Republic of the Philippines, for example, fall under his
definition of Third World? Or are the people who hold this mindset just making these
absurd assertions to maintain the status- quo?

Could it be that the political science professor is not aware of the Treaty signed
and ratified by the United States back in December, 1946?

Is McNinch aware that the Treaty of 46? requires the United States Mission to the Unit
ed Nations to submit reports annually to the Secretary General and other entities with
in the United Nations regarding Chamoru political, social and economic development?

If we were truly self-governing why would the administering power continue to report t
o the UN on Guam?s political development?

He said it himself, that when he writes, it
is in his nature to agitate some people. I welcome any intellectual discourse on the s
ubject of self-determination, but reject any notion that ?all is good? in a colony.

A detractor to the process of de-colonization and someone who advocates perpetual
hegemony of a people is no different than a slave master who opposes the
emancipation of blacks.

I truly feel that these political experts should stop coming up with unrealistic
solutions.

There is a system already in place that was conceived by the United
States and 50 other nations back in 1946. Over a hundred nations within the United
Nations have gone through this process. There are only 16 Territories remaining that
have yet to de-colonized, Guam being one of them.

グアムは植民地である4

グアムや北マリアナ諸島で読まれている新聞、マリアナズ・バラエティのコラム記事です。
私もグアムや北マリアナ諸島に住んでいるときには毎日読んでいました。ロンさんは、グアムを植民地とは考えていない立場です。もうひとつの島で大きな新聞社のPacific Daily News紙のコラムニスト、マーフィーさんも保守的な論調でした。

次に「グアムは植民地でない」という見方を紹介します。



Politics and Status

Ron McNinch
(Marianas Variety)

Following WWII, America experienced a ?baby boom? between 1946 and 1964. Guam was no d
ifferent, we had a lot of children born following the occupation. This crop of new you
ng people actually led to the establishment of the College of Guam in 1952. By 1950, p
lanners realized that this post-war population was creating a need for trained teacher
s. So a teachers college was established. By 1968, this baby boom population group was
turning 18 and this pushed policy makers to upgrade the College of Guam to the Univer
sity level. This week we celebrated our Charter Day at UOG and this point can be overl
ooked. Biba UOG!

Our society is based on competition. We have two or more political parties. We have
all sorts of ideas that compete. Even this very newspaper broke the ice in recent
years for print media. The contrast is very nice. We love variety, no pun intended.
We avoid mediocrity. It is in the nature of America to always be dissatisfied with
something. Education is a constant point of dissatisfaction.

One of the great things about the military buildup is that like it or not, our
leaders have finally realized that for many years we have been pretty much ignored
by Washington DC. The bottom line is simple. To improve our relationship and
communications with the federal government, we have to improve our political status.
So this buildup has created a marketplace of competitive ideas just as the post war
population pushed education policy.

If you have been reading my column for a while, people get upset with me all the time.
It is a part of my nature I guess. For many years, Guam has claimed to have a ?decolo
nization? effort. To be frank, I don?t really think Guam is a colony. We pretty much h
ave a self-government with little negative interference by the federal government. Whi
le the Government of Guam is often effete and self-defeating, it is our government. An
d Guam?s leaders are our leaders. But they have chosen not to compete. Instead of bein
g gladiators in the arena, we often elect a cowardly crowd to serve us.

The military buildup is just a temporary distraction to blame any problem on, now
and in the future.

But if we wanted to, we could change our political relationship with the United
States. We could adopt an off the shelf Organic Act based constitution. We could
upgrade our relationship to a higher more effective level. Of course, to do these
things we have to try. And perhaps fail a few times. If we stumble in this process,
we need to get back up. And try again.

Independence and free association are not very good options for Guam. Nearly every
new nation since WWII, with the exception of Singapore has ended up in the Third
World. We could likely make a good argument for a Federal District. Perhaps the
Federal District of Guam. Part of the district status would be a voice in the US
Senate.

グアムは植民地である3

引き続き、グアム在住の方の手紙をご紹介します。




It is interesting how the arguments against a place such as Guam being decolonized
are built upon a quiet and unspeakable assumption that huge swaths of the world
would be better off colonized and that it was a mistake for them to be decolonized.

When I say unspeakable it is something which so many people feel (in both the former
colonized and colonizing world), but thankfully has come to the point where it
cannot really be spoken of since the arc of the moral universe has been bent to the
point where it can be universally accepted as being wrong.

The world is still gray
on whether or not colonialism was right, since even those who have suffered feel
like their identities or their existence is impossible without the violent
disruptions of colonialism, but all can agree that it should not exist anymore.

A contemporary colony such as Guam, while being in the periphery of the current world
order, nevertheless feels the full weight of the center of this imperialist
nostalgia.

I find it interesting that when the topic of decolonization is proposed
or discussed in Guam, even amongst so-called learned and intelligent people, it is
still nearly difficult for a learned or intelligent conversation to take place.

The
weight of that unspoken belief that the world was better when it was colonized and
that when people were under the heavy or imperceptible thumb of another things were
more prosperous and more stable it inundates life in Guam even if people don't know
it or feel it.

The spectre of third world chaos and of not having access to the
dreams the colonizer has long dangled before the widening eyes of those it has
colonized feel more strongly than ever.

When people refuse to talk about decolonization or demonize it, they feel this
pressure and therefore make their arguments (or lack thereof) as if they are doing
the public good.

Decolonization is a dangerous proposition which can only lead to
Guam no longer being a Third World colony of a First World country, but simply a
Third World country.

The subordination and the rank dependency is a necessarily evil
in order to keep Guam from joining the league of disastrous economies and tragic
societies that is the formerly colonized and eternally developing world.

But as I
said earlier, even if many people believe this, you cannot really say it out loud.
It is a thinking based on racism, not reality. It doesn't matter what pathetic
little tokens you can point to which colonization brought to this society or that.

Colonies were hardly as rich, as secure or as nice as people remember them to be, on
both ends of the spectrum. They were and are always in some way sites of racism,
imperialism and exploitation.

In the case of Guam's colonization, if the United States came to Guam in 1898 and
set forth a proposal to the Chamorro people that they were going to colonize their
island, deprive them of any rights for 50 years, attempt to dismantle their language
and culture and then later transform their island into what they hope to eternally
be their tip of the spear in the Pacific, it is safe to say that very few Chamorros,
if they were given the choice, would have taken the offer.

This is why you can
rarely, openly argue in favor of colonialism, even if so much of the rhetoric about
it as a system is that it is ultimately good for the people who are oppressed by it.
It is, on its surface so commonsensically wrong, and so that is why it becomes so
difficult to even find a way to nicely articulate it, which doesn't sound like you
are saying that non-white people should forever be shackled to white countries in
order to civilize and take care of them.

Guam suffers from the fact that you can
make that argument proactive, presumptively, and can argue in favor of colonization,
without mentioning it, but by only invoking the specter of savage and hopeless
decolonization in order to prop it up.

Even if you love the United States and want Guam's relationship with it to be
permanent you still cannot deny that Guam is a colony, and in the long run it does
Guam no good to think otherwise.

Those who deny the clearly obvious nature of Guam's
colonial status are doing the dirty work of those who would want to argue that the
world was better off when the majority of it was colonies run by colonizers. They
may not make this argument clearly, but they draw from the same well of racial
logic.


グアムは植民地である2

グアムのチャモロ人からの手紙をお伝えします。

植民地であるかどうかは生活水準にあるのではないのです。どれだけその地域に自治があるのか、自己決定権を住民が行使できているかどうかによるのである。

米連邦政府に人や土地が支配され、一方的に島の未来が決定される状態は植民地なのであり、植民地はそこから脱することができる権利を国際法上認められているのです。

グアムはそのために長年、国連で世界で活動してきました。






Defining colonialism is not about whether or not people like their situation or
whether or not it is the worst or the best situation, it is instead a simple matter
of stating what level of self-determination or sovereignty self-government a
community has.

It is a category which indicates that a community, a polity exists in
a fundamentally unequal relationship with another. Where one community holds a gross
amount of power over another and there is an absence of any formal and uncoerced
acceptance of that situation that is colonialism.

It doesn't have to be brutal or
nasty, it can be banal and naturalized, and in fact that it is precisely what every
colonizer wants, to hold excessive power over a place from which their restrictions
or limitations pale in comparison.

To have a place where your control which does not
make any rational or moral sense over the land or the people there is justified.

One of the main ways in which you can perceive Guam's colonial status today is
through the Insular Cases and much Federal-Territorial case law which has developed
over the years.

The initial decisions of the Insular Cases which argued that the
territories of the United States have no inherent rights other than that which the
US Congress gives them continue to be the law of the land for the US as of today.

The Insular Cases has an interesting way of expressing the most basic way of
perceiving colonialism. The Insular Cases do not argue that the people of the
territories should be treated well, and neither do they argue that the people in the
territories should be treated like crap.

What they fundamentally argue is that it is
not up to the people of the territories what happens to them, but the Federal
Government of the United States.

It is the choice of the Federales what they want to
do. If they want to treat the people of the territories like they are regular
garden-variety Americans, they can do that.

If they want to segregate them or treat
them differently they can.

One of the things which makes this muddier now is the
fact that people who are from the territories with the exception of American Samoa
are US citizens, and so there remains an unresolved issue of whether or not this
absolute authority extends to both the land and the people or only the land.

What we do know is that in terms of fixing Guam's colonial status, meaning the
island finally undergoing a process of decolonization, Presidents and Cabinets and
Congresses for decades have been very clear in how they would "allow" this to
happen.

That although territories are not fully within the circle of American
political belonging, this exceptionalism is not supposed to afford them any extra
rights, not even in terms of their decolonizing.

This is where we can see
colonialism in the way it usually appears in Guam's case, as a stupid joke. Guam is
allowed to decolonize so long as it always remains within the authority over the
colonizer, it is not allowed to decolonize in anyway which extends beyond what the
colonizer wants or is willing to allow.

This is of course hypocritical, immoral,
wrong and all of those things and in the case of Guam all of the nice things or
great feelings of Americaness that people feel do nothing to affect this simple
fact.

Guam is a colony and it will remain so until this is changed, and making
excuses that colonialism doesn't exist or is somehow the best thing for Guam doesn't
do much except implicitly articulate that Guam is one of those unique places in the
world which should not have any control over its future.

グアムは植民地である1

グアム在住のチャモロ人から「グアムは植民地でえある」という文章と、それに対する反応の情報をいただきましたので、ご紹介します。

グアムは植民地ではないという人の意見の紹介と、本当にそうなのかという議論が展開されています。

「琉球は日本の植民地である」という議論と重なる部分が多くあります。



06 April 2011
Colonialism and Decolonization in Guam; Governor Initiates Community forums on
Self-Determination
*****
Guam is a Colony
Michael Lujan Bevacqua

"Guam is a colony. Anyone who says otherwise simply doesn't want to confront the
truth."

(The impetus for this post came from the letter to the editor of the Marianas
Variety below written by Ed Benavente, former Maga'lahi of the group Nasion Chamoru
and also former director of the Decolonization Commission for the Government of
Guam.

The letter was written in response to several columns by UOG professor Ron
McNinch who has a piece every Thursday in the paper). One of the mistakes that
people often conveniently make when discussing the veracity of Guam's contemporary
colonial status is making the assumption that in order to call something colonial,
it must be the worst and most horrible thing in the world.

Make no mistake, Guam is
a colony and it is an unjust and immoral fact, but it is not the worst place in the
world because of it. But interestingly enough so many people attempt to argue that
Guam isn't a colony, just because it it's political status today isn't that bad.


They argue that because it's better than before or because it's not as bad as forms
of colonialism from time's past, you can't call it a colony.

Part of the problem with this is the simplicity through which people are arguing for
something. Simplicity and plain-spokenness is one of the easiest ways to appear to
be speaking the truth or speaking of something in both a profoundly important and
real sense, while also making your argument appear to be obviously, commonsensically
true.

So many who argue Guam isn't a colony will say to look at other places which
have decolonized and how horrible and disgusting they are, and you shouldn't call
Guam a colony because it's better to be a pathetic footnote to the United States,
then your own sad sovereign basket case of a story.

Others will argue that because
Guam has so many privileges and is such a great place that it can't be called a
colony.

While these sorts of things could be evidence for making an argument about
what sort of colony Guam is, or what its experience of colonialism is, they have no
effect on saying that Guam is not a colony.

For many years, editor and columnist for the Pacific Daily News Joe Murphypioneered
this way of speaking about Guam's political status.

It was a way of not really
addressing the issue, while asserting that you were summing up the entire issue in
such a commonsensical and clearly obvious way because of how plainly you were
speaking about it.

Alot of times this happens through references to what "the
people" or "most people" think or want. Whenever you use this sort of phrase, it is
a way of trying to root what you are saying in something real or true.

The folks,
the populace, the real people, or the majority of the people, or the people that
actually matter and not some troublesome minority feel this and therefore it must be
true.

I find this rhetorical tactic interesting. You are shrouding your lack of analysis
through the aura of people believing or feeling something.

It is similar to the way
in which people argue very wrongly that the buildup will be good for Guam because
for a long time so many people seemed to support it. The idea that alot of people
think something is good is still very far away from something actually being good.


It could be an indicator that something is good or it could just be an indicator of
what people think or feel and nothing more. It could be more an indication of how
stupid and detached from reality people are just as much as how in tune with it they
are.

マーシャル諸島における振興開発による基地押し付け、グアムと台湾との経済関係、パラオのウィグル人

沖縄と同じように、マーシャル諸島でも振興開発によって基地が押し付けられるという構図があります。




4/24  Radio Australia PIR
米国大使がクワジェリン環礁についてマーシャル諸島政府に警告を行った。

マーシャル諸島政府が、米国によるミサイル迎撃実験基地の長期使用を認めないなら、同国の財政収入の3分の2に及んでいる援助金を提供する根拠となっている両国間の協定の行方にも影響をあたえるだろうと、米国大使が警告を発した。

米国とマーシャル諸島政府とが締結したコンパクト協定によって、2023年まで7000万米ドルが米国によってマーシャル諸島政府に提供されることになっている。2066年まで継続する軍用地の新しい賃貸協定をめぐり、クワジェリン環礁の地主は地代の値上げを求めて長期間、米国政府との間で論争が続いている。



国を超えた民際的な経済交流がグアムと台湾という島同士で進んでいます。



5/12 Pacific Daily News PIR
グアムから台湾に公式の代表団が派遣される。

グアム政府のカマチョ知事を含む代表団15人が明日、「国賓」として台湾に向けて、グアムにおける投資機会について話し合うために出発する。

同代表団はグアムにおける基地機能の強化、港湾や他の施設の近代化のための投資について台湾の政府、企業と話し合う予定である。

代表団メンバー、知事の妻や母親等の旅費は台湾政府が支払う。グアムへの投資に関する同様な代表団は、今年終わりごろ、フィリピン、ニュージーランドに対しても派遣される予定である。米国政府は台湾もグアムも正式に国として認めていないため、今回の訪問を「国賓」と呼ぶことに対して、米国・台湾関係の微妙な問題に火をつけるかもしれない。



グアンタナモからもウィグル人の受け入れというパラオの外交戦略から沖縄もまなぶ必要があります。
ウィグル人は実際にパラオで現在、生活しています。昨年パラオに行ったとき見ました。



6/10 Palau Horizon PIR
パラオ政府がグアンタナモ湾に勾留されている人々を引き受けることを申し出た。

グアンタナモ湾に勾留されている17人の中国人ムスリムがパラオに一時的に移される可能性がある。トリビオン大統領は、「勾留者を一時的に引き受ける決断をしたのは、人道的な理由からである。勾留者が不必要な拘束状態から解放され、正常な社会環境の中で新しく人生をやり直すためである。しかし、まだパラオに彼らが移送されるかどうかは分からない。」と述べた。

AP電によると、パラオが受け入れればその見返りに2億米ドルを米政府が提供するといわれている。クリントン国務長官からトリビオン大統領宛て書簡には次のような記述があった。

「グアンタナモ湾に現在勾留されている人々の再定住という困難な役割を果たすよう我々からの求めに対して、パラオ政府が前向きに考えていると信じています。」トリビオン大統領は、先週、米国の特使のダン・フリード氏とこの問題について話し合った。

移送予定の勾留者は、中国西部地域のウイグル自治区に住でいた人々であり、2001年から拘束されている。同年、米軍がアフガニスタンを攻撃した際、彼らが同地から逃れ、パキスタン政府が拘束し、米軍に引き渡した。彼らはアフガニスタンでタリバンの下で兵器訓練に関わっていたとされる。

2004年、米政府はこれら17人を敵の戦闘員ではないと判断したが、彼らを受け入れる国が見つかるまでグアンタナモ湾で勾留することになった。トリビオン大統領は、国務大臣、厚生大臣、パラオコミュニティ大学学長をグアンタナモ湾に派遣して、勾留されている人々の現在の状況を確かめるよう命じている。

太平洋上における放射性物質の輸送、グアムと北朝鮮、太平洋の海底資源

2009年3月の太平洋ニュースをお伝えします。

日本政府は太平洋上で放射性物質を輸送し続けています。非常に危険な物資を自らの聖なる海を利用して運搬している日本政府に対して太平洋島嶼の人々は懸念の目を持ってみています。




3/2 Radio New Zealand International PIR
環境保護運動団体が、太平洋上における放射性物質の海上輸送に対して警告を発している。

フィジーに拠点を置いているNGO、太平洋問題資料センター(PCRC)は、再処理された放射性物質をフランスから日本に海上輸送する計画に対して強く反対するとの声明を出した。

プルトニウム、再処理されたウラニウム、融合酸化物を3つのルート(希望岬回りルート、ホーン岬回りルート、パナマ海峡回りルート)のどちらかで、フランスから日本に海上輸送する予定である。PCRCの関係者は、太平洋諸島民の生活にとって重要な海洋環境に対して放射性物質の海上輸送が大きなリスクを与えるおそれがあると述べた。



米国はグアムを戦争の島にするための計画を着実に進めています。この現実を来月グアムに行って見てきたいと思います。




3/3 Radio New Zealand International PIR
米軍がグアムにおける対空戦闘準備態勢を強化している。

米国政府は、レイダーによって捕捉できない爆撃機と戦闘機の発進準備をグアムにおいて始めた。これは、北朝鮮が長距離ミサイルを発射実験する計画に対応したものである。

北朝鮮は今週、平和的な宇宙利用計画の一環としてロケットに衛星を積み込んで打ち上げる計画があるとの声明を出した。この声明は、2014年までにグアムに沖縄から8000人の海兵隊を移駐する協定を日米が結んだ直後に出された。

グアムにあるアンダーセン空軍基地は太平洋における米軍の主要な作戦拠点である。米空軍大将は、今回の戦闘準備態勢は政治的なメッセージを出すことに目的があるのではなく、北朝鮮をめぐる緊張が高まった際に太平洋において米軍の強力な軍事力を示すためのものであると述べた。


トンガ沖の海底資源は経済的な採算性が確認されれば、豊かな富を島にもたらすでしょう。島嶼国は海洋も有しており、軽視できない存在です。



3/10 Matangi Tonga PIR
トンガ沖の海底資源開発が注目を集めている。

今年後半期において、豪州の開発会社であるブルーウォーター・メタルズ・サウスパシフィック社は、トンガの排他的経済水域において高質の銅・金・亜鉛・銀等の海底資源の開発調査に乗り出す予定である。65000㎡の広さの海底にこれらの資源が大量に存在しているとされている。

これらの資源を引き上げて販売することが、経済的に採算が合うかどうかはいまだ明確ではないが、同社は海底調査により開発の可能性を決断する予定である。昨年、同社はトンガ政府から海底資源開発の許可を与えられたが、同社のほかに、ノーティラスミネラルズトンガ社、韓国海洋調査開発機構も開発の許可が与えられた。

ブルーウォーター・メタルズ・サウスパシフィック社は、パプアニューギニア、ソロモン諸島、バヌアツ、フィジー等の島嶼国沖においても海底資源の採掘調査を実施している。

母国への送金経済、グアムでの基地反対運動、中国とパプアニューギニアとの経済的関係強化

2009年2月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。

太平洋諸島民は母国を出て他国に住んでも、母国との関係はつよく、送金が大きな規模にのぼっています。「島国」は島という場所だけに限定されるのではなく、海を越えて、国を越えて存在していることがわかります。



2/13 Radio New Zealand International PIR
サモア中央銀行が同国の送金依存経済に対して警鐘を鳴らしている。

サモア中央銀行は、今後、海外からのサモア人移民による送金の減少が予想され、送金に代わる収入源を探すべきであるとサモア人に対して警鐘を鳴らしている。

昨年、サモアのGDPの24%を送金が占めたが、世界的な経済恐慌の影響をうけて海外に住むサモア人家族は同等の送金を送ることは不可能になるであろう。

サモア人は輸出産品を開発するために自らの土地をさらに生産的に利用する必要があると、同銀行のボルネ氏は指摘した。サモア中央銀行も金利を下げて、民間部門による資金調達コストを削減し、投資を促し、雇用を守るための金融政策を行う予定である。



グアムでの基地建設に対して観光保護、人権保護の各団体だけでなく、土地所有者たちも反対しているのです。




2/18 Radio New Zealand International PIR
グアムの土地所有者達が米軍による基地機能強化計画に反対している。

グアム土地所有者協会は、同地において米軍が計画している基地機能の強化に反対するとの立場を明らかにした。クリントン国務長官と中曽根外務大臣が東京において、8千人の海兵隊の沖縄からグアムへの移駐を2014年までに行うとした協定に署名を行った。

同協会のアントニー・サブラン氏は、グアムの人口が10%増加する海兵隊の移駐計画を支持するかどうかに関してグアムの住民はこれまで意見を求められてこなかったと指摘した。サブラン氏は、グアムの人々は土地を失うだけでなく、アイデンティティをも失うだろうと述べた。



中国と太平洋諸島との関係は非常に強化しています。特にパプアニューギニアには豊富な資源があり、経済的に龍谷は太い関係で結ばれるようになりました。




2/23 PNG Post-Courier PIR
中国のパプアニューギニアにおけるニッケル事業が順調に進んでいる。

中国の金属関連の巨大企業、MCC社は、世界的な金属に対する需要減退、価格下落という現在の状況にもかかわらず、パプアニューギニアのラム・ニッケル開発事業を完全な生産体制で進めていくことを明らかにした。

MCC社が世界規模で展開している6つの金属開発投資事業のうち、パプアニューギニアの事業は最も優先度が高い事業であり、来年には予定通り初めての輸出を行うことができるだろう。完全な生産体制が始まれば、2000人以上の男女が同事業において採用されるが、2000人のうち4分の3の人々はパプアニューギニア人となるだろう。

ニッケルの輸出により、同国のGDPは8~10%増大することが予想されている。

太平洋諸島と自由貿易主義、フィジー女性の人権侵害、サイパン衣料製造業の壊滅

2001年6月、2009年2月の太平洋ニュースをお伝えします。

2000年から11年かけて、太平洋島嶼国間の貿易自由化がすすめられています。これにより本当に島の経済が発展するのかは大変、疑問です。豪州、ニュージーランド主導によるものであり、新植民地主義の動きであるといえます。



6/29  PINA Nius Online
貿易担当大臣が地域内貿易、経済協力に合意した。

 パシフィック・アイランズ・フォーラム(PIF)の貿易担当大臣会議がサモアのアピアで開催され、緊密な経済関係に関する太平洋合意(PACER)が承認された。PACERは島嶼国の発展段階の違いを考慮した適当なペースに基づいて、全ての島嶼国間の貿易、経済協力を強化する枠組みとなる。

 PACERの最初の段階として、14の島嶼国間で自由貿易地域を設置するための太平洋島嶼国貿易合意(PICTA)が承認された。PICTAは今後10年を目途として、広域の共通 市場において貿易、投資を促進することで雇用の増加、他の経済的利益の増大を目的としている。

太平洋地域内における貿易統合について議論が行われたのは、1971年にPICの前身であるサウス・パシフィック・フォーラム(SPF)が設置されて初めてのことである。

 1999年に太平洋島嶼国の首脳は、同地域内における自由貿易地域を原則的に承認した。自由貿易地域の実施において段階がもうけられており、発展途上の島嶼国は2009年までに自由貿易地域に参加し、極小で後発発展の島嶼国は2011年までに参加する予定である。


フィジーではいまでも軍事クデターを主導した軍人が首相として国をおさめています。その結果、女性たちの人権が大きく侵害されるようになったという記事です。


2/6 Fiji Times PIR
フィジーにおいてクデター後、レイプ事件が増加したと女性リーダーたちが主張している。

フィジーにおいて政治的不安定、軍事化が進むとともに、ギャングによるレイプ事件や性的暴力事件が増加していると、フィジー女性危機センターのシャミマ・アリ氏は指摘している。2007年においてレイプ事件は12件であったが、昨年は17件に増えた。1987年、2000年、2006年とクデターが発生した後、ギャングによるレイプ事件も増加していると、アリ氏は述べている。

アリ氏は「フィジー内において軍事化、対立化、失業が進むにつれて、男性はフラストレーションを増し、女性や子供のような弱い人々に対して不満のはけ口を求めている。多くのケースでレイプ犯は家族の一員、近隣の住民、地主、警察官、医者、教師である。」と述べた。



貿易の自由化によりサイパンの衣料製造業は壊滅的な状態になりました。10年以上前にサイパンに行ったときに見た、衣料工場と女性労働者たちのことが思いだされます。



2/6 Mariana Variety PIR
日本人のドキュメンタリーTV特派員が経済崩壊に直面するサイパンの状況を報じている。

アル・ゴア米国元副大統領によって設立されたケーブルテレビ「カレントTV」のプロデデューサー兼特派員のアダム山口氏が、かつて繁栄し、現在は見捨てられたサイパンの状況について「サイパンの闘い」と題した番組において次のように報じている。

かつて衣料製造工場に働きに来ていた外国人労働者は失業したまま、出身国に帰る資金もなく島中をうろついており、中には生活のために売春を行う人々もいる。2、3年前まで、約一万七千人の中国人労働者が30以上の衣料製造工場において働いていた。

彼らの時給は3ドルであり、それは米本土の最低賃金の60%でしかなかった。しかしWTOが貿易自由化政策を推進したため、途上国から米国への衣料品の輸出が増大してサイパンの競争力は著しく低下した。かつてグローバリゼーションの成功物語としてサイパンは持ち上げられていたが、いまは急速に経済崩壊してしまった島となった。

フィジーと中国、米軍のミサイル実験、太平洋の海底資源

2001年7月の太平洋情報をお伝えします。

フィジーと中国との外交、経済関係は強化されており、フィジー内にも多くの中国人が生活しています。以前、フィジーを調査したとき中華料理屋にいき、中国人の多さを実感しました。フィジー政府は、「ルックノース」政策を掲げ、日本ではなく中国との関係強化に力をいれています。



7/12 PINA Nius Online
7月12日フィジーによる中国外交の成功

 中国はフィジー議会施設の修理のために20万ドルを援助する予定である。同議会は昨年のクデターにより破壊された。同援助は、タボラ外務対外貿易砂糖担当大臣が日本の次に訪問した中国において明らかにされた。

 タボラ大臣は、クデター以来、フィジーは政治的混乱状態にあるが、その間、援助を提供し続けている中国に感謝の意を示した。同大臣は、貿易、経済協力、農業・製糖業の中国側代表者と話し合うために引き続き訪中する予定である。


太平洋は今でも米軍によるミサイル実験場として使われています。かつては原水爆の実験場として利用していました。米国にとって太平洋諸島は実質的な植民地でしかありません。



7/10 PIR
米国は7月14日に弾道弾ミサイル迎撃実験を行う予定である。

 7月14日にカルフォルニアのバンデンバーグ米空軍基地から模擬弾頭を搭載した大陸間弾道ミサイルが発射され、20分後にマーシャル諸島にあるロナルド・レーガン・ミサイル実験施設から迎撃ミサイルが発射される予定である。

 それから10分後に弾道ミサイルは迎撃ミサイルによって、太平洋上225キロ上で打ち落とされるだろう。ブッシュ大統領は、600万ドルを使いミサイル防衛システムを推進しており、ミサイル貿易システムにより「ならず者国家」とされる北朝鮮、イラン、リビア等からの攻撃に対抗する必要があると主張している。



沖縄の伊平屋島沖でも豊かな海底資源が存在することが明らかになっていますが、これから太平洋の海底資源がさらに大きく注目されるでしょう。琉球も太平洋島嶼国との外交関係を今から行うべきです。



7月4日 PIR
豪州の企業がPNGの有望な海底資源を調査している

 シドニーに拠点をおくノーチラス・ミネラル社は、豪州、日本、韓国の海底探査船を使って、PNGのマヌス海盆において海底資源の調査を行い、大量 の硫化物を発見した。同社はマヌス海盆に2500キロ平方メートルの海底をリースしている。

 海底における硫化物は、マヌス海盆の他にPNGのウッドラーク海盆、フィジーの海域、マリアナ海溝、沖縄海盆にも存在しているが、最大の海底硫化物資源は東京の南400キロの地点にある「サンライズ」海底にあるとみられている。

温暖化とブーゲンビル島、島の自殺問題、マオリ民族と捕鯨

2001年7月、8月の太平洋諸島のニュースをお伝えします。

温暖化による海面上昇によって飢餓問題も発生しています。島にとっては遠い先の問題ではなく、今の問題です。
来月、学生とグアム、パラオに行きますが、その現実を見てきたいと思います。



8/6 PIR
 海面上昇が原因で、ブーゲンビル環礁に住む子供が飢餓に直面 している。

 パプア・ニューギニアのブーゲンビル環礁の中にあるカテレテス諸島では、10才以下の子供が飢餓に苦しんでいる。

飢餓の原因は、海面 上昇により海水が島の食糧用の植物を死滅させていることである。人々はココナツや、魚で飢えを凌いできたが、3週間前の強風と荒波で島民は漁業が出来なくなった。

飢えのために既に2人の大人が死亡したとの報道もある。他の島々の人々は、サツマイモ、バナナ、キャッサバ等の救援食料を積極的に送ろうとしているが、輸送手段の確保の困難に直面 している。



急激な近代化により、島人の心と体に大きな変調が生じてきています。琉球も自殺率が高いです。南の理想郷というのは、幻想でしかありません。島の現実問題を直視して、解決の取り組みを進めるべきです。



8/6 PINA Nius Online
 サイパンとマジュロで自殺率が激増している。

 1992年から99年の間、マリアナ諸島における若者の自殺率は10万人中300人以上であるが、最も自殺率が高いのはチャモロ人男性である。

 マーシャル諸島において2001年の上半期における自殺率は前年同期間と比べて50%増加した。1998年から2000年までの自殺率は、80年代における若者の自殺率が2桁台であったのと比べて著しく減少した。過去11年間における最高の自殺数が確認されたのが1990年の18人であったが、今年の自殺率は例年になく高くなっている。


ニュージーランドのマオリ民族が豪州とニュージーランド両政府が提案する捕鯨禁止政策に反対しています。先住民族と捕鯨との関係性は深く、生活、文化、精神に深くつながっています。



7/30 PIR
 マオリ民族が南太平洋鯨サンクチュウアリー案に反対

 ニュージーランドのマオリ民族は、捕鯨は自らの伝統文化の一部であるとして、同政府と豪州政府が提案している南太平洋鯨サンクチュウアリー案に反対している。また、ニュージーランド政府がマオリ民族に対し同提案について相談しなかったことが批判されている。

マオリ漁業委員会は、ニュージーランド政府に対し同提案を撤回すべきであると主張している。マオリ民族は、鯨の肉、脂、骨等を利用してきており、マオリ民族は、捕鯨が禁止されることで、資源としての鯨が利用できなくなるほか、マオリ民族と海洋生物との文化的、精神的関係が失われることを懼れている。

米豪と地球温暖化問題、海面上昇による飢餓、米のミサイル実験場と化した太平洋

2001年7,8月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。

太平洋に対して大きな影響力を及ぼしている米、豪が地球温暖化問題に後ろ向きであるために、太平洋諸島の海面上昇問題が深刻化を増しています。琉球が同じ島嶼としてどのような支援、協力策を実施できるかが問われています。何をしてもらうのかではなく、何をするのかが自治の基本です。



8/16 PINA Nius Online
 京都議定書を巡りPIF諸国の事務官が激論を行った。

 ナウルで開催されるPIF総会のために各国の事務官が協議を行っている。パラオの事務官は、海面 上昇を引き起こすグリーンハウス・ガスの排出を抑えるための国際的な努力に対して豪州が孤立主義的立場をとっているとして批判した。気候温暖化に関する京都議定書批准を米国が拒否のを批判するのを豪州政府代表がやめさせようとしている中で、パラオ政府代表団からの批判がでた。

 パラオ政府代表のペリン氏は、総会の共同宣言の中に、京都議定書に対する米国の決定を批判する強いステートメントを挿入すべきであると主張している。

他方、豪州政府は、米国政府が批准しない京都議定書の採択はほとんど価値のないものであり、PIFメンバー諸国は第3の道がないかどうかを見守るべきであるとの立場をとっている。



海面上昇によって海水が作物につかり、飢餓状態におちいる島もできてきているのです。飢餓に陥らないでも、輸入食料品に依存して健康障害問題が深刻になっている、ツバル、マーシャル諸島のような島国もあります。

8/6 PIR
 海面上昇が原因で、ブーゲンビル環礁に住む子供が飢餓に直面 している。

 パプア・ニューギニアのブーゲンビル環礁の中にあるカテレテス諸島では、10才以下の子供が飢餓に苦しんでいる。飢餓の原因は、海面 上昇により海水が島の食糧用の植物を死滅させていることである。人々はココナツや、魚で飢えを凌いできたが、3週間前の強風と荒波で島民は漁業が出来なくなった。

飢えのために既に2人の大人が死亡したとの報道もある。他の島々の人々は、サツマイモ、バナナ、キャッサバ等の救援食料を積極的に送ろうとしているが、輸送手段の確保の困難に直面 している。


米は太平洋をミサイル訓練の場所として利用しています。琉球の米軍基地だけでなく、太平洋全体が米軍の演習場となっているのです。

7/10 PIR
米国は7月14日に弾道弾ミサイル迎撃実験を行う予定である。

 7月14日にカルフォルニアのバンデンバーグ米空軍基地から模擬弾頭を搭載した大陸間弾道ミサイルが発射され、20分後にマーシャル諸島にあるロナルド・レーガン・ミサイル実験施設から迎撃ミサイルが発射される予定である。

 それから10分後に弾道ミサイルは迎撃ミサイルによって、太平洋上225キロ上で打ち落とされるだろう。ブッシュ大統領は、600万ドルを使いミサイル防衛システムを推進しており、ミサイル貿易システムにより「ならず者国家」とされる北朝鮮、イラン、リビア等からの攻撃に対抗する必要があると主張している。

中国援助を評価するバヌアツ、北マリアナ諸島での実弾訓練、独立国としての台湾

2001年8,9月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。
他国の内政に干渉しない中国のひもなし援助が島嶼国から評価されています。日本、豪州などのひも付き援助は批判されています。




9/19 PINA Nius Online
 バヌアツが中国の援助方式を評価している。

 ボホール・バヌアツ副首相は、中国の援助方式を評価し、中国政府はバヌアツ国民の真の友人であると讃えた。

同副首相は、中国からの援助と他の諸国からの援助の違いは、中国援助はひも付きでないことであると指摘した。また、同副首相は、バヌアツ政府は中国から313,589米ドルの援助金を得たが、他国から同額の援助を受け取る場合には専門家の派遣費が含まれ、結局は援助金の全てが援助提供国の人々の給料として戻っていくと語った。さらに、同副首相は、中国だけが現金を提供し、その使い方をバヌアツ政府にまかせるとも述べた。

 バヌアツ政府に対する中国の寛大な対応の結果 、バヌアツ政府は、中国政府の「一つの中国」政策を守り続け、中国を承認し、台湾政府を認めていない。中国政府がバヌアツ政府に対して寛容な姿勢を見せたのはこれが初めてではない。

バヌアツ政府の前政権の時には、バヌアツ政府への巨額の借款返済を中国政府は免除したことがあった。この借款によりバヌアツの国会議事堂、南太平洋大学法学部キャンパス等の大規模建設が行われた。




北マリアナ諸島も米国領土であり、実弾による爆撃訓練が今も行われています。
プエルトリコも北マリアナ諸島と同じく、米国のコモンウェルスでありますが、プエルトリコは脱植民地化、独立を目指して国連で活動しています。同じ米領でもこのような違いがあります。


8/31 PIR
 米軍関係者は、北マリアナ諸島下院議会が同諸島における爆撃実験を支持したことを評価した。

 米国防衛評議会のペリン事務局長は、北マリアナ諸島下院議会が、爆撃訓練用にファラロン・デ・メディニラ島の継続的使用を支持したことを評価した。先週、北マリアナ諸島下院議会は、サイパンの北方にある島々における爆撃訓練、その他の米海軍による軍事訓練の実施を支持する決議案を採択した。

 ペリン事務局長は、「プエルトリコの人々がビエケス島における爆撃訓練を拒否した時期に、北マリアナ諸島の人々が米軍による同諸島内における爆撃訓練を支持したことは非常にタイムリーであった。」と述べた。



沖縄の研究者の中には台湾は非国家とみなしている人がいますが、実際は独立国として外交活動、ODAの提供を世界中に行っています。琉球も台湾を見習うべきです。

8/14 
ナウルで開催されるPIF総会準備のために台湾が500万ドル援助した。

 台湾からの援助金はホテル、シビックセンターの改修等に使われている。ナウル政府は、総会のためにの台湾援助に対して大きな評価を与えた。

ナウルは台湾と外交関係をもっている太平洋島嶼国の1つである。中国は昨年、キリバスで開催されたPIF総会の域外国対話において台湾とフォーラムとの関係について問題にしたが、もし今年、台湾が総会に招かれた場合、中国は総会に参加しないだろうと脅かしている。

ナウルは200人以上の各国代表団の来島を期待しているが、豪州首相、PNG首相、フィジー首相は参加しない見込みである。

太平洋における米中接近、9.11とマーシャル諸島、9.11とグアム

2001年9月の太平洋諸島ニュースです。

日本政府は米政府のためにグアムに公金を支出して基地を建設しようとしています。
中国はこれから政治経済的に大きな力を得てくるん中で、米国は中国との関係を深め、グアムを米中軍事協力の拠点にするかもしれません。日本政府は、グアムを日米軍事協力の拠点として考えているかもしれマンが、実態はその逆に進んでいます。



9/6 PIR
 米中両国の軍事関係者による会談がグアムで開催される。

 来週、グアムにおいてハイレベルの米中軍事関係者による会談が開催される予定である。双方の代表者は、今年、米軍の偵察機と中国戦闘機との接触のような事故を避けるための方法について議論を行うだろう。米側の代表者は米太平洋艦隊のスミス戦略計画政策局長である。

 アンダーウッド連邦下院グアム代表は、ブレアー米太平洋軍総司令官がグアムでの会談を提案したと述べた。アンダーウッド代表は、「この会談は、経済活動、安全保障、その他においてグアムが太平洋の重要な拠点として存在しており、太平洋地域の安定化にもグアムが大きな役割を果 たしている事実を世界中に知らせる良い機会である。」と述べた。

また、リアン・グアム知事広報官は、「この会談の決定は、米国とアジアを結ぶ架け橋というグアムが有している戦略的位 置の重要性を明らかにしている。」と述べた。



米国での同時多テロの時の太平洋諸島ニュースです。その時、私は沖縄に住んでおり、非常な驚きと、沖縄、太平洋への影響を予測しながらテレビを見たことを思い出します。

同時多発テロは太平洋諸島とも無縁ではありません。



9/11 PIR
米国同時テロに関するケサイ・ノート・マーシャル諸島大統領による声明

 マーシャル諸島と米国とは緊密な関係にあり、クワジェリン環礁 にある米国基地には米国市民が働いており、また、我が国民も米軍に軍人としての任務に就いている。我が国は米国と戦略的な関係で結ばれており、今後、安全保障の面 において米国を支援したいと考えている。

 デブルーム駐米マーシャル諸島大使は、テロが発生した同じ日の朝、ペンタゴンにおいて国防総省の大陸弾道弾ミサイル防衛局長と会談する予定であったが、幸いにもテロ事件に巻き込まれないですんだ。

我が国の戦略的パートナーである米国の人々が今回の攻撃によってもたらされた悲劇に対し、心より哀悼の気持ちを示すとともに、今後、米国が何らかの対抗措置を実施する場合、米国を支援することを明らかにしたい。


グアムには市民兵がおり、いつでも戦えるような体制におかれています。島嶼防衛を強化している日本政府もこのような島民全兵隊化という、沖縄戦の体制を今の沖縄にいて再現しようとしているのではないでしょうか。

9/15 PIR
 国防総省はテロリストの攻撃に備えてグアムにおける戦闘力を強化している。

 昨日、海兵隊のFA―18フォーネット戦闘機がグアムのアンダーソン空軍基地に着陸した。3日~5日後にはイージス艦がグアムに寄港する予定である。

ボダリオ知事代理は、グアムにおける軍事力の強化は、米本土で発生したテロの更なる攻撃に備え、そして、グアム住民に安心感を与えるために実施されていると述べた。  グアム市民兵は、24時間配備体制から解除され、職場待機の状態になった。市民兵は有事に関連した諸機関と連絡を密にしながら警戒にあたっている。

フィジーとバヌアツとの貿易、太平洋諸島の遠隔教育、太平洋諸島の遠隔医療

2001年10月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。

広大な太平洋に点在する島々で貿易するのは容易ではありません。距離的に近く、資源があるメラネシア文化圏にある島々同士では貿易活動が進んでいます。



10/4 PINA Nius Online
 フィジーとバヌアツとの貿易関係の強化。

 フィジー諸島貿易投資局がオーガナイズした貿易使節団が、バヌアツにおいて91,377米ドルの注文を得た。貿易使節団による交渉や注文は現在も続いている。

今回の貿易使節団により、バヌアツの企業はフィジーから多くの商品を購入することが可能であるという認識を得ることができた。バヌアツがフィジーにとって貿易市場として可能性をもつ理由は、183,000人という人口の多さだけでなく、メラネシア・スペアヘッド・グループ協定、太平洋島嶼国貿易協定という相互貿易を促進させる制度的枠組みがあるからである。

 ビツサガブルフィジー諸島貿易投資局事務局長は、「太平洋島嶼国との貿易を促進しようとしてきた我々の努力が実ったことに自信を深めた。」と述べた。また、同使節団のシン調整官は、「バヌアツが豪州から輸入する商品に比べて、フィジー産の商品は品質、価格、輸送料等において競争力を持っている。」と述べた。フィジー諸島貿易投資局は、来月、パプア・ニューギニアにも同様な使節団を派遣する予定である。



ITを使った遠隔教育、遠隔医療をすることで島から人が出ていかないですみます。琉球の島々の中には中学校までしかない島があるのですが、遠隔教育によって生徒、その家族の流出を食い止めることができるのではないでしょうか。また高齢者が多い島では医療面での不安もありますが、遠隔医療によって不安を多少カバーすることができます。島々は互いに学びあえる関係にあります。




10/7 PINA Nius Online
遠隔教育がパプア・ニューギニアの教育発展に道をひらく。

 パプア・ニューギニア大学のイースコット副総長は、今年の教育週間において開催された遠 隔教育展示会の開会式の場で、「遠隔教育により同国市民は大学教育を享受することが可能に なろう。」と述べた。 また、同副総長は「広大で、地理的障害が多く、また、人口が急激に増 大している国において、全国的に教育を提供する際に、遠隔教育は費用対効果 のパフォーマン スにおいて大きな結果をもたらす。

遠隔教育により、限られた教育資源への人々のアクセスを 極大化し、さらに、遠隔教育は、これまでの教育方法よりも少ないインフラしか必要しない。 遠隔教育が効果的に運営されれば、1人の教育専門家でも国民の大多数に対し貢献することが 可能である。

遠隔教育は、学生に教育の機会を提供するだけでなく、成人者にも教育の機会を 与える。」と語った。


10/8 PINA Nius Online
サモアは他の5つの太平洋島嶼地域との間に遠隔医療ネットワークを結んだ。

 サモアは、北マリアナ諸島、グアム、パラオ、ハワイ、米領サモアとの間の遠隔医療ネット ワークに参加した。サモアの首都アピアにあるツプア・タマセセ・メアオレ二世病院において 遠隔医療が実施された。通信会議により、画像、音声が瞬時に伝えられ、国際的な医療情報の 交流が可能になった。遠隔医療技術により2人のサモア人の命が救われた。

ロロフィエ院長は 「サモアにおける医療の発展で新たなページが開かれた。遠隔医療により、サモアにおける医 療サービスの質を向上させることが可能になろう。」と述べた。

チューク島とカヌー、バヌアツの海面上昇問題、ソロモン諸島と台湾

2002年4月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。

カヌーは今でも太平洋諸島の中では島によって欠かせない乗り物です。乗り物という意味だけでなく、島の人の価値観の土台になるものでもあります。



4/2 PIR
  どのようにチューク島ではカヌーを造るのか

 ミクロネシア連邦のチューク島では漁業、輸送、そして競争のためにカヌーが造られる。典型的なカヌーはパンノキの幹を材料とする。

通 常、一つのアウトリガーがカヌーに取り付けられ、2つのパドルが用いられるが、それによりカヌーは、バランスがとれるようになり、より早く進むことが可能になる。

穴の開いていないパンノキの幹の部分を材料としてカヌーを造るが、仕上げとして、サンドペーパーでカヌーに磨きをかけ、ペンキを塗る。完成したら、製造にかかわった人々とともに、完成を祝う食事会を開く。

カヌーを造ることは、人間としての強さ、創造性、注意深さを示すよい機会であるとされている。どのようにカヌーをつくったのか、どれだけ多くの人を手伝わせたのかなど、カヌーの製造を通 して島の住民は、カヌー製造者の人間性を判断する。




先日のパラオのウエキ大使の講演でも指摘がありましたが、海面したに沈む島嶼国の中には、今のうちにおカネをためて、大陸国の土地を購入し、住民を移住させることを考えている島国もあるそうです。



4/10 PINA Nius Online
 バヌアツの村が海水上昇により移住を余儀なくされている

 バヌアツの北部にある、テグア島レタウ村の住民、40人以上が海水上昇により移住を 迫られている。高潮の間、海水がサンゴの島に浸透し、村を水浸しにしている。

海水を避 けるため、石の土台の上に住居をつくり、火を使う所を高い位置においている。 雨が続くと、村は洪水になり、マラリアが頻繁に発生している。島に流れ込んだ海水は 飲み水にも混入している。また、 同村では過去十年間において海水上昇により海岸線が 6メーターも失われたといわれている。



台湾も一つの国家として太平洋島嶼国と経済のみならず、軍事的な関係強化を行っていることが分かります。


4/18 PIR
 ソロモン諸島と台湾との関係がさらに強化された

 台湾の海軍練習艦隊がソロモン諸島に寄航したことをうけて、ソロモン諸島のバートレ ット外務大臣は、同国と台湾との緊密な関係を強調した。

同大臣は、今週はじめ議会において、計画されている訪中が中国大陸との外交関係の締結につながるのかどうかを質疑さ れた。大臣は、訪中の目的は経済的なものであり、政治的な意味はないと明言した。 駐ソロモン諸島の台湾大使は、3隻の台湾軍艦の寄航はソロモン諸島との関係を台湾が 重視していることを示していると述べた。

台湾海軍軍艦のソロモン諸島への寄航は1998年以来続いている。

フィジーと中国人、アントニオ猪木氏とパラオ、反ギャンブルのパラオ世論

2002年5月の太平洋諸島ニュースを紹介します。

ここ10年で太平洋諸島において中国人の数が顕著に増えております。パラオでも800人くらいいると言われています。太平洋諸島と中国との関係が深まっているあらわれです。かつて琉球人もミクロネシアの島々に移住する人が多かったのですが。



5/15 PINA Nius Online
 フィジー国籍を取得した人々の中で中国人が最も多い

 1999年から2002年までの間に563人の人が新しくフィジー国籍を所得したが、そのうち中国人とインド人が全体の半分以上を占めた。中国人は同期間中に229人が、インド人 は116人がフィジー国籍を取得した。
 
他の人々をみると豪州人が70人、キリバス人が51人、韓国人が11人、台湾人が10人、 英国人が7人、トンガ人が7人、ツバル人が5人、スリランカ人が5人、サモア人が4人、 日本人が4人となっている。



アントニオ猪木さんは現役時代の頃、プロレスラーを連れてパラオで練習をしていました。風光明美なロックアイランドのなかには、「猪木島」があります。今も時々、パラオにきて子供たちに文房具等をあげています。


5/15 PINA Nius Online
 著名な日本人がパラオ観光の振興に乗り出した

 レメンゲソウ・パラオ大統領は、著名な日本人がパラオ観光の振興に協力することに同 意したことを明らかにした。著名な日本人の中にはアントニオ猪木氏が含まれている。

最近、大統領は日本を訪問し、政府、メディアにおいて影響力のある日本人からのパラ オ観光に対する支援を確実にしたと語った。今後数ヶ月のうちに、著名な日本人は記事、 ツアーなどを通じて観光地としてのパラオを宣伝することになっている。

  大統領は訪日の際、最近新しく組織された日本パラオ友好協会のメンバーと会い、彼ら を今年10月の独立記念式に招待した。同友好協会は独立記念式の際、花火を打ち上げる 予定である。



パラオでは女性の力が強く、女性たちは夫がギャンブルにふけり、家庭を顧みなくなること、子供の教育などを考えて、かつてからギャンブルに強く反対してきました。一度、スロットマシン屋が設置されそうになったとき、女性たちがデモをおこない、投石などによって開店を防いだこともあります。




5/21 PINA
 パラオでギャンブル法案への反対が高まっている

 アンガウル州においてスロットマシン、パチンコ、カジノを設置するための法案に対す る反対の声が高まっている。

レメンゲソウ大統領は、同法案への反対の声が大統領府に届 いており、10人中9人が反対していると述べた。かつて、大統領は、カジノやギャンブル は犯罪と密接に関連しているとして、拒否権を発動すると語っていた。

  また、大統領は、「パラオの文化や環境の質を高める必要がある。パラオは静かで、平 和的で、犯罪の少ない社会である。ギャンブルを導入するとパラオの評価を貶めるような 犯罪行為が蔓延する恐れがある」と述べた。

トンガのごみ問題、キリバスと中国・台湾、島嶼間のゆいまーる

2004年4月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。

島のごみ問題は琉球でも太平洋諸島でも深刻化しており、急速な近代化、開発の矛盾が島では顕著になりがちです。


4/7 PIR
  トンガの首都トンガタプにおけるゴミ問題が深刻化している。

道路、海岸など、トンガタプのいたるところにゴミの山がみられる。廃車が住宅地、道路の脇に放置されている。

いくつかのビーチには、プラステックバッグ、冷蔵庫、バッテリー、車、オムツ等が投棄され、ゴミ捨て場になっている。

珊瑚礁には、座礁した多くの船舶が放置されている。島の上のゴミもトンガ人にとって見慣れた光景の1つになっている。

ゴミ問題を解決するために、豪州政府の資金援助による廃棄物処理事業が始まっている。それは、ゴミの分別処理ができる新たなゴミ捨て場を建設して、ビーチ等にゴミを捨てないようにするプロジェクトである。


太平洋島嶼国との外交関係の締結を巡り中国と台湾がしのぎを削っています。島嶼国が主体的に中国、台湾と外交関係を維持、発展できるかが試されています。



4/15 PIR
  中国がキリバスから撤退し、台湾が入ってきた。

昨年、キリバス政府が台湾と外交関係を締結したことをうけて、中国政府は6人の医者をキリバスから引き上げさせた。

それに対し、台湾政府は、2人の医者を派遣し、引き続き4人の医者を送ることを約束した。キリバス政府は、台湾政府から、その他の支援も期待しているとされている。タラワ島にあった中国の衛星監視施設は解体され、部品などは中国に輸送された。

新しい国立スポーツ施設は、未完成のままであったが、台湾政府はその完成を約束した。



パラオとヤップはかつて、石貨幣でももちつもたれつの関係にありました。ヤップ人がパラオにやってきて石を切り出し、石貨をつくっていました。またヤップ人の若者はパラオにあるコミュニティカレッジで学ぶこともあり、昨年、私が学生とパラオに行ったときにも、そのようなヤップ人と会うことができました。



4/22 PIR
  パラオの人々がヤップ島支援の活動をしている。

パラオ政府は、台風スダルにより大きな被害を受けたヤップ島の人々を救援する活動をしている。ピエラントッチ副大統領兼厚生大臣は、破壊された家屋を再建するために大工を派遣するほか、2人の衛生関係職員をヤップ島に送ると述べた。

パラオ赤十字協会、パラオ政府の教育省、文部省もヤップ島救援のための活動を行っている。また、現金、衣類、食糧、水等の物資の寄付も集まってきている。

台風スダルは4月9日にヤップ島を襲い、飛行場、病院、政府の施設、上水道・発電・通信等のインフラを破壊した。

マーシャル諸島の自殺問題、パラオと台湾の医療協力、タロイモの市場化

昨日は、日本平和学会の「琉球・沖縄・島嶼国及び地域の平和」分科会におきまして、勝俣先生、竹尾先生、尾立先生、竹峰さんには大変お世話になりました。私も琉球における振興開発の軍事化を、グアム、ミクロネシア諸島と比較する発表を行うとともに、「琉球独立」に関する研究と運動の必要性を説明させていただきました。

今日は、社会経済史学会の南アフリカに関するパネルディスカッションで司会をさせていただきます。南アフリカの経験から多くのことを学びたいと思います。



急激な近代化により、島嶼の都市部において自殺者の増加という問題がみられます。
グローバリゼーションが社会を崩壊し、青年の心を混乱させているといえます。



5/24 PIR
 マーシャル諸島の自殺率上昇問題に対する対策が実施されていない

2003年において26人のマーシャル諸島人が自殺した。これは2000年の自殺率に比べて300%も増大したことになる。そのほか、同年の自殺未遂者は42人にのぼった。

同国の人口は5万5千人であるが、その1人当たり自殺率は世界で最も高い水準に達している。しかし、政府全体の予算は不足がちであり、担当部局の保健省の人的サービス事務所の人員も足りない状況にある。

1990年代を通じて、年平均10.5人の自殺者が記録された。1970年代から、マーシャル諸島や他のミクロネシア諸島において、特に15歳から30歳の男性の自殺率が高かった。その原因として、伝統的な社会生活・慣習と、近代的なアメリカ文化との間で、若い島の男性が自らの社会的役割を見失ったことにあるとされてきた。


台湾は島嶼民が本当に必要としていることにたいして、きめ細やかな支援活動をしています。建物やインフラを建設したら終わりでなく、人と人とを結ぶ支援を地道に行っている姿を島々に行ったとき、拝見することが多いです。



5/26 PIR
 パラオと台湾との間で医療面での協力関係が進んでいる

レメンゲソウ大統領は、パラオと台湾との医療分野における協力関係の1つとして、台湾にパラオから医療患者を送ることを考えていると述べた。

最近、大統領が台湾を訪問した際に国立台湾大学病院を視察した。大統領は、同病院は台湾内で有名であるだけでなく、世界的水準からしても評判のよい病院であると述べた。

現在、パラオ政府はフィリピンとハワイにパラオからの患者を受け入れる事務所を持っている。また、大統領は、台湾との協力の1つとして、今後、台湾にパラオ人医者を派遣して、技能を向上させ、遠隔医療を実施できるようにしたいと語った。


タロイモは島嶼民の自給自足にとって重要な作物であるだけでなく、市場作物としても価値を有していることがわかります。タロイモはほくほくして、腹もちのいい芋です。
タロイモの枯れ葉病を解決するための研究が琉球でできないでしょうか。




4/24 PIR
 サモアにおいてタロイモの不作が続いている。

サモアのフガレイ市場において販売されているタロイモの量が少なく、また味も劣ってきている。その原因は、台風被害の影響と、タロイモが高値で売買される米領サモアにサモアから高品質のタロイモが輸出されているからである。

今年3月、サモアの市場で取引されるタロイモの大きさは通常のタロイモの大きさの半分しかない。このようにタロイモの質が低下したのは、1994年にタロイモ枯れ葉病が流行したとき以来である。

今年3月におけるタロイモの価格はジャガイモ価格よりも36%高かった。4月におけるタロイモ価格はコメ価格の2倍に達している。3月に比べ4月のフガレイ市場に出荷されたタロイモの量は17%減少した。

パラオと海面上昇問題、ニウエの過疎問題、バヌアツの伝統的生活

2004年6月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。
昨年、学生とパラオに行ったときヤシの木の倒木の現場をみました。海面上昇が原因と島の住民は言っていました。
豪州は自己の経済成長を追い求めるだけでは島嶼国から信頼されないでしょう。



6/3 PIR
  パラオ政府は豪州政府に対し二酸化炭素の排出を規制するよう求めた。

気候温暖化による海面上昇で太平洋の海抜の低い島々が大きな被害を受けるおそれがある。パラオも海面上昇によって被害を受ける島国の中の1つである。

ピエラントッチ・パラオ副大統領は、パラオはすでに通常ではない高潮によって被害を受けており、多くの作物が破壊されていると述べた。

パラオは、国連総会において気候温暖化問題を取り上げ、豪州や米国は太平洋島嶼国が気候温暖化によりどれだけ深刻な影響をうけるのかを理解し、京都議定書に署名するよう求めている。


ニウエはニュージーランドと強い関係のある国であり、ニュージーランドに自由に移住できます。その結果、過疎化が進み、島の生活に支障が生じています。島人の自治が問われています。



6/4 PIR
  ニウエの指導者達は、同国の海外移住者の帰国を呼びかけている。

ニウエの首相、駐ニュージーランド・ニウエ高等弁務官らは、同国出身者の帰国を促している。2万人のニウエ人はニュージーランドに定住しているが、ニウエには1300人しか住んでいない。

台風ヘタによりニウエのインフラが破壊され、現在、復興作業が行われているが、「誰のための復興なのか?」という疑問が生じている。

タケレシ高等弁務官は、ニウエの復興を他者に期待するのではなく、ニウエ人自身が行わなくてはならないと述べた。



島の近代化が進む中で、伝統的首長が危機の声を発しています。島にまだ存在するサブシステンスを基盤とした内発的発展を進めようとしています。




6/8 PIR
  バヌアツの首長が伝統的生活への回帰を求めている。

ニコレタン首長評議会のヌマニ首長は次のように述べている。23年間、バヌアツはウェストミンスター式の統治方式を導入しようとしてきたが、その結果、独立時に達成された社会的結合が破壊されてしまった。

また、バヌアツ政府は、政府組織の非効率性を正し民主主義を確立するために多くの資金を投じてきた。しかし、政府が本来、関心を向けるべき国民を無視してきた。

バヌアツの地方には政府の行政サービスがほとんど存在してない。バヌアツのすべての首長達は、数千年にわたりこの国で維持されてきた我々独自の統治システムを発展させるべきである、と。

ミクロネシア諸島間の協力、グアムの軍事的重要性、捕鯨をめぐる豪州と日本との対立

今、東京に来ています。昨晩は大変おいしい韓国料理を食べました。
6月23日の慰霊の日までに大変、重要な宣言を行います。



2004年7月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。

ミクロネシア諸島のリーダーたちが、島嶼性によるさまざまな問題を解決するために協力しあっています。
遠隔教育、遠隔医療などを島嶼国、島嶼地域がともに協力しあうことは、琉球の島々にとっても大変、参考になります。



7/14 PIR
  ミクロネシア諸島の指導者たちが同地域における協力について議論した。

サイパンにおいて、ミクロネシア諸島の指導者(北マリアナ諸島のババウタ知事、グアムのカマチョ知事、ヤップのルエチョ知事、パラオのレメンゲサウ大統領)が集まり、ミクロネシア地域における医療センターの開設、「衛星学校」建設案の見通し、観光業の振興について話し合った。

医療作業グループからは、ミクロネシアの離島から患者をハワイ、フィリピン等に輸送する費用を削減するために、グアムにミクロネシア地域医療センターを設置する案が出された。

また、教育作業グループは、教員が離島に直接行かず、学校を建設せず、島にいながら子供たちが教育を受けることができる「衛星学校」案の実現可能性について検討している。

そのほか、アジア諸国における旅行見本市におけるミクロネシア観光の宣伝の必要性、地域内における金属のリサイクル、漁業管理についても話し合いが行われた。


グアムでは商工会議所が米軍基地の拡張を経済的観点から求めています。しかし、基地に反対しているチャモロ人も少なからず存在していることを認識しなければなりません。軍人は基地を正当化するためにその経済効果を強調することがわかります。


7/21 PIR
  米太平洋艦隊司令官が、アジア太平洋地域における状況変化について語った。

グァム商工会議所において、「グァムの将来は大変明るい」と、ファーゴ米太平洋艦隊司令官が述べた。また、司令官は次のように述べた。

中国の経済成長が著しく、東南アジア諸国の経済活動も活発なアジア太平洋に対して世界の注目が集まっている。これまでの同盟関係は維持されるが、軍隊の迅速な展開が大切であり、軍隊の数よりもその能力の方が重要である。

また、軍はサイバー攻撃、生物兵器攻撃を含む新しい脅威にも対処しなければならない。グァムは戦略的な場所にあり、米国の領土であり、住民は軍隊を支持しているため、グァムと米軍との関係は今後さらに強化されるだろう。

グァムの米空軍作戦機能が日本に統合されても、グァムのアンダーセン空軍基地が縮小されることはなく、かえって拡大されるだろう、と。



豪州は捕鯨に関して日本を国際司法裁判所に提訴しています。日本の捕鯨政策の行方がとわれています。また太平洋島しょ国が日本の捕鯨に対してどのような立場をとるのかも注目されます。


7/21 PIR
  豪州政府はこれまで日本が多くの鯨を殺してきたと非難した。

豪州のキャンベル環境大臣は、日本やアイスランドが科学の名の下に多くの鯨を殺害してきたと非難した。また、大臣は次のように述べた。

来年は850頭の鯨が殺される予定であり、両国はすぐに捕鯨をやめるべきである。豪州も25年前にザトウクジラの捕獲をやめたところ、沿岸部に生息するザトウクジラの数が急速に増大した、と。

中国語を話す太平洋島嶼民、豪州の影響力の増大、人口増加と島嶼資源

2004年7月、8月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。
戦前は、日本語を話す太平洋島嶼民が日本統治したの島々で増えましたが、現在は、中国語を話す太平洋島嶼民が増えています。トンガでも中国語教育熱が高まっています。中国が世界第二位の経済大国になり、今後ますます中国語文化圏が太平洋に広がっていくことが予想されます。



8/27 PIR
  マーシャル諸島、キリバスの学生が台湾の奨学金をめぐり競争している。

今週、4人のマーシャル諸島の学生が、費用の全額が支給される奨学金を得て、台湾の大学で学ぶために島を離れた。マーシャル諸島では7人の学生が応募したが、キリバスでは300人の学生が台湾の奨学金に応募しており、台湾政府は、奨学生の数を倍増し、10人とした。

英語教育の島嶼国出身の学生はまず1年間、中国語の勉強し、その後、4年間通常の大学教育を受ける。



中国、台湾の太平洋進出に脅威を感じているのが豪州であり、自らの影響力を及ぼすための海洋戦略を展開しています。「良い統治」という開発経済、テロへの戦いを建前にして、島嶼国への介入を進めています。



7/6 PIR
  太平洋地域において豪州の役割が増大している。

ダウナー豪州外相は、太平洋諸島がテロリズムの温床にならないように、豪州は太平洋地域が抱える問題に対しさらに深く関与する意向であると述べた。同外相はまた次のように語った。豪州によるソロモン諸島、パプアニューギニアにおける取り組みや、ナウルへの支援は、豪州が南太平洋を重視していることを示すものである。

アフガニスタンがアルカイダを支援したことが原因となり米国同時多発テロが発生し、スーダンやソマリアへのテロリストの侵入をみても、失敗国家の存在が世界の平和に対して大きな脅威の一つになっている。弱い国家が国際的な犯罪に対応できるように、良い統治を推し進め、経済発展を促すのが、先進国の責務である、と。


狭い島嶼内においても人口増大が問題となっていますが、太平洋島嶼国の中では最大の大きさを持つパプアニューギニアでも人口増大が大きな課題となっています。増大する人口を養うために、資源が乱開発されるという問題も発生しています。



7/8 PIR
  パプアニューギニアにおける人口増加が資源逼迫をもたらしている。

パプアニューギニアにおける人口増加率は2.5%に達しており、それが天然資源の逼迫をもたらし、生活水準の低下を引き起こしている。同国の人口は現在、425万人であり、住民は生活のために天然資源に依存している。しかし、人口は毎年10万6千人ずつ増加している。

天然資源の管理が不十分であるため、これらの資源は急速に失われており、今後、人々が深刻な危機に直面するおそれがある。このような危機を回避するには、資源の適正な管理について人びとを教育する必要があるとの指摘がある。パプアニューギニアはブラジルのアマゾン、アフリカのコンゴに次いで世界で三番目に大きい熱帯雨林を有している。

マーシャル諸島への米国援助、ミクロネシア連邦とイラク、フィジー経済と豪州

2004年の8月、9月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。

島の自治に基づいた内発的発展こそが、マーシャル諸島が抱えている問題を解決すると思います。


9/24 PIR
  米国への依存がマーシャル諸島を駄目にしている。

アジア開発銀行による新しい報告書は、膨大な援助金の提供にもかかわらず、米国への精神的な依存がマーシャル諸島の発展を妨げていると指摘した。

アジア開発銀行のメンバー国である太平洋の発展途上国の中でも、マーシャル諸島は一人当たりの国内生産高が高い国の一つである。しかし、幼児死亡率や十代の妊娠率が高く、飲酒・喫煙者も多く、自殺率が危険レベルに達している。

さらに、高い失業率が住民の自尊心を失わせている。アジア開発銀行は、地域社会が社会経済的発展の過程に参加できるような政策に重点をおくべきであると提言している。マーシャル諸島の国家予算は年間1億1400万米ドルであるが、その60%以上は米政府から提供されている。


ミクロネシア連邦と米国はコンパクトという協定を結んでおり、同国の生年達は米国軍に入隊することが出来、イラク、アフガンに派遣されてきました。その背景には米国が同国の軍事権を握っているという現実があります。



9/28 PIR
  ミクロネシア連邦のポンペーイ出身の米兵士がイラクで死亡した。

23歳のポンペーイ人が、イラクにおいて命を落としたミクロネシア出身者の4人目となった。米国防総省の発表によれば、9月22日、バグダッドで警備中のソラム軍曹が爆破装置の爆発により死亡した。ソラム死亡の知らせは、同じくイラクで死亡したパラオ人メルアット氏の葬儀の準備中にもたらされた。

2003年3月に開戦してから、9月24日現在までに、イラクで亡くなった米兵士は1042人にのぼっている。


フィジーで製造される衣料品の主要市場が豪州であり、豪州のフィジーに対する経済的、政治的影響力を増大させる要因になっています。しかし、APECをはじめとする近年の自由主義的経済政策の圧力により、近年、フィジーの医療製造業は苦境にあります。



8/7 PIR
  フィジー産の衣料輸入に対するオーストラリアの優遇措置が延長される。

フィジーで生産される衣料品の豪州への輸出に対する優遇措置が7年間、延長されることになった。サモアで開催されている太平洋諸島フォーラム総会において、豪州のハワード首相が島嶼国首脳に対し、島嶼国から豪州に輸出される製造品に対する優遇措置の延長を表明した。

NGOのオックスファムの調査によれば、もしも豪州の太平洋島嶼国の輸出品に対する優遇措置が撤廃された場合、フィジーの衣料製造工場で働く1万5千人の労働者が路頭に迷うことになるだろう。

パプアニューギニアと豪州、トンガの海草の日本輸出、マーシャル諸島の信託基金

2004年9月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。
豪州は自国の安全保障上、重要と考えているパプアニューギニアに対して、警察官、その他政府職員を派遣して影響力を行使しています。



9/6 PIR
  パプアニューギニアのブーゲンビル島に豪州の警察官が派遣される。

9人の豪州警察官がブーゲンビル島に派遣され、6年前に国際平和監視団により始まった同島における法や秩序回復活動を行う予定である。

パプアニューギニアの無法状態を克服し、警察や他の公共機関の機能を回復するのを支援するために数百万ドルが投下される、「豪州協力強化事業」の下で行われる最初の警察官配備である。

ブーゲンビル問題省のバーター大臣は、全体で19人の警察官が派遣され、すでに同島で活動している50人の警察官とともに平和監視団の活動を行う予定である。



トンガから日本にはカボチャが輸出されていますが、海草も輸出されています。太平洋諸島と日本との経済関係がさらに強化されれと願っています。



9/23 PIR
 トンガ産海草の日本への輸出量が増大している。

トンガの天使の髪と呼ばれる海草の人気が日本で高まっている。今期、同製品を扱っているタングル・ナノ・リムタンガウ社の輸出量は1430トン、輸出額は998,600米ドルにのぼるだろう。

同社のトウジョウ社長は、日本市場のトンガ産海草に対する需要は大きく伸びているが、その理由は、海草の品質が良く、大きな信頼をえていることと、日本における気候不順にあると述べた。

日本において海草は食料としてだけでなく、化粧品、ダイエットのサプリメントの原料として人気がある。



マーシャル諸島に対する米国援助終了後にそなえて信託基金がもうけられえおり、台湾がそれに対しても援助を行っています。


9/24 PIR
  台湾政府がマーシャル諸島の信託基金に4000万ドル提供する。

台湾政府は、マーシャル諸島政府が米国の支援により設けた信託基金に対する主要な資金提供国になるだろう。台湾政府は、今後20年間に4000万ドルの資金を信託基金に投じる予定である。

信託基金は米国との自由連合盟約の一環として設けられた。マーシャル諸島政府が最初に2500万ドル投じ、米国は700万ドル提供した後、2023年までに毎年50万ドル提供する予定である。

台湾は2009年まで毎年100万ドル投じ、その後、2023年までに毎年240万ドル提供する。この信託基金は、米国との自由連合盟約の期間が終了し、米国からの援助金が無くなった後にマーシャル諸島が使用するための基金である。

太平洋のラピタ人、パラオの航空会社、パラオでの日本語教育

2004年、8,10月の太平洋ニュースをお伝えします。
今から3500年前以降、ラピタ人という、独自の生活様式をもった人々が太平洋の島々を船で移動していました。
以前、私もラピタ式土器を見たことがありますが、太古の海の人の生活を思いました。


10/22 PIR
  フィジーでラピタ式土器が発見された。

浮き彫りのような顔のデザインのある土器の破片がフィジーで発見され、考古学界においてセンセーションを巻き起こしている。土器が発見されたのはビチレブ島の南西部にあるナタドラ・ビーチ地域であり、そこは3200年以上前の遺跡であるとみられている。

パプアニューギニアのビスマルク諸島からラピタ人が東方の島々に移住したが、顔のデザインを有するラピタ式土器が発見されたのはフィジーだけである。南太平洋大学のパトリック・ナン氏は、「立体的な装飾がほどこされた土器がフィジーで発見されたことは非常に重要である。

フィジーのナタドラに移住した人々は3000キロ離れたビスマルク諸島から直接来たのかもしれない。」と述べた。


パラオとグアム、フィリピン等の航空路線はコンチネンタルという米国の会社に独占され、非常に高い航空運賃をパラオ国民、観光客は払わなくてはなりません。それに風穴を開けようとしてパラオの財界人がナショナルキャリア―会社を設立したのですが、現在、倒産したようです。

琉球でも琉球の企業家による航空会社設立の動きがかつてありましたが、実現しませんでした。



10/28 PIR
  新しいパラオの航空会社が生き残りを目指している。

石油価格の高騰による経営危機に直面しているパラオミクロネシア航空会社は生き残りの決意を固めている。同社のアラン・シード最高経営責任者は、数ヶ月間、困難な状況にあるが、夢を実現するための努力はこれからも続けると述べた。

同社は126人乗りのボーイング737-300機を保有しており、ミクロネシア諸島だけでなく、フィリピンの間にも就航している。

ニュージーランドに拠点をおくエアーワーク航空運営会社がパラオミクロネシア航空会社の航空機の運行、メンテナンスを行っている。今月初め、同社は8月に運行を始めたパラオ・豪州ダーウィン間の路線を中止することを決めた。その理由は石油価格の高騰による経営危機から生き残るためであった。


戦前の日本統治時代の影響で、高齢者は日本語が流ちょうに話せるパラオ人が少なくありません。しかし、今のパラオの子供たちは英語での生活が一般化し、日本語を話せないのが普通です。昨年、龍谷大学の学生とパラオに行き、パラオの大学の学生と交流しました。日本の文化に非常に関心をもち、日本語を学びたいというパラオ人、ヤップ人に出会いました。

パラオの高校、小学校でも日本語の授業を行っているところもあります。



8/31 PIR
 パラオの学校が国際交流基金から日本語教材を提供された。

国際交流基金からの日本語教材が、日本大使館を通じて、パラオ・コミュニティー大学、パラオ高校、ミゼンティ高校、マリス・ステラ学校に贈呈された。

日本大使館の諏訪臨時代理大使は、パラオで日本語教材に対する関心が増していることを喜び、新しい日本語教材により若い人びと、特に学生が日本の言葉や文化をより多く学ぶことができると述べた。

パラオ・コミュニティー大学では、新しい教員により日本語コースの内容が再検討され、パラオ高校では約100人が日本語を学習し、ミゼンティ高校では学生が日本語を話し、書くことができることを日本語学習の目標にすえている。

グアムの潜水艦基地、フィジー人送金と外貨収入、トンガと中国

2004年10月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。
現在、米軍はグアムを原子力潜水艦の母港として強化しています。今後さらに、海軍だけでなく、海兵隊、空軍、陸軍の軍事拠点としてグアムが利用されようとしています。



10/4 PIR
 米海軍がグアムを母港とする潜水艦の数を増やそうとしている。

最近、米海軍はグアムを母港とする潜水艦の数を増やすべきかどうかに関する調査を終了した。調査内容には乗務員の住居、生活の質等も含まれている。海軍関係者は「グアムは戦略的拠点に位置しており、潜水艦がグアムを母港とすることで太平洋の紛争地域に潜水艦を迅速に派遣することができる。」と述べた。

今年の12月、グアムを母港とする三隻目の潜水艦がやってくる。米軍は、太平洋地域における部隊の移動をより迅速にするために、グアムとハワイに駐留する船舶、航空機の数を増加させたいと考えている。


太平洋諸国にはフィジーにのように、自国民の移民による送金が外貨収入の大部分を占めている島国が少なくありません。戦前の琉球も同じでした。日本もまた太平洋諸国からの移民を多く受け入れ、太平洋諸国との関係を強化すべきではないでしょうか。



10/12 PIR
  フィジー人移民からの送金額が国家の収入源として増大している。

海外で働くフィジー人移民からの送金額は年間1億4000万米ドル以上にも達しており、毎年増えている。ガラセ首相は、フィジー人移民からの送金は、観光、衣料製造、砂糖に次いで、フィジーにおける外貨収入の第4位にあると述べた。

2000人上のフィジー人がイギリス軍の中で勤務しており、それ以上の数のフィジー人が登録している。多くの国々でフィジー人看護婦として働いている。ガラセ首相は、豪州、ニュージーランド、米国に住むフィジー人コミュニティーは家族を支援したり、出身村や地域の発展に役立てるために自らの貯金を送っていると述べた。

また、首相は、フィジー政府は、海外に住むフィジー人を護り、多くのフィジー人が住む国では大使館や領事館の領事サービスを充実させる必要があると述べた。


近年、トンガと中国との経済関係が強化されています。これまでのように欧米、豪州、ニュージーランドとの関係よりも、アジアと太平洋との関係が深まっています。



10/19 PIR
  中国が820万ドルの援助金で学校をトンガに建設している。

2000年に学校が火事になり、焼け跡の教室とテントで1060人の生徒と教員が授業を行っていたが、その後、ニュージーランド、豪州、フランスによる援助で建設された仮校舎に生徒達は移った。

昨年、中国から820万ドルの援助金が提供され、52の教室が建設され始めた。校舎の建設は中国企業によって行われている。34の部屋は標準的な教室であり、18の部屋は化学実験室、技術訓練室として利用される。駐トンガ中国大使は「中国は巨大な人口を抱えた発展途上国である。

4千万人の国民は貧困水準にある。多くの子供は家族の経済的苦境のために教育を受ける権利が奪われている。よって、中国政府は、経済と教育を発展させたいという、発展途上国の願いを十分理解しており、出来るだけの支援を、トンガを含む発展途上国に対して行う。」と述べた。

フィジーとイラク、マーシャル諸島と米軍、パプアニューギニアと中国

2004年11月の太平洋諸島ニュースをご紹介します。
フィジーには民間軍事会社があり、イギリス軍のもとで傭兵、軍事関連の仕事をしているフィジー人がいます。フィジーとイラクがつながっています。



11/10 PIR
  フィジー兵士がイラクで殺害された。

フィジー人のトゥクトゥクワカ(26歳)はイギリス軍の広報監視部隊に配属されていたが、イラクのバグダッドで道路の傍にあった爆弾が爆発して死亡した。イギリス軍の部隊長は「我々は彼の死を悼んでいるが、全軍人は我々の重要な使命を完遂するという決意を今回の事件であらためて強くした。我々の考えは彼の家族と同じである。」と述べた。



マーシャル諸島民もフィジー人と同じく、イラクで軍人として駐留しています。その背景には、島国における厳しい失業問題もあります。



11/15 PIR
  マーシャル諸島民が米陸軍の入隊試験に合格しなかった。

先月実施された米陸軍入隊試験に90人のマーシャル諸島民が受験したが、誰も合格しなかった。米大使館の関係者は、マーシャル諸島民受験者は、100満点中、米陸軍の最低の水準である31点に誰も達しなかったと述べた。不合格の最大の理由は、受験者の英語理解力が低いことにある。

マーシャル諸島と米国は自由連合盟約を締結し、島の人々は米軍に入隊することが出来る。現在、100人以上のマーシャル諸島民が米軍に入隊しており、少なくとも14人が現在、イラクにいる。


現在、パプアニューギニアに最も積極的に投資をしているのは中国だといえます。日本企業も近年、液化天然ガス開発事業に進出しています。開発によって島国において経済植民地化が進んでいます。



11/24 PIR
  パプアニューギニアと中国の首脳がAPEC首脳会議において会談を行った。

パプアニューギニアのソマレ首相と中国の胡錦涛国家主席が、第12回APEC首脳会議において会談を行った。その際、胡主席はパプアニューギニア政府に対し60万4000米ドルの援助金を提供すると述べた。ソマレ首相は、両国が1976年に外交関係を締結してから、両国の関係は満足のいく状態で進展していると語った。

ソマレ首相は、今年、中国を訪問した際、ニッケル鉱山、ガスや石油部門、農業、林業、漁業、その他のパプアニューギニアにおける資源部門に中国企業が投資するとの約束をもらってきえたと述べた。

マーシャル諸島の海洋汚染、バヌアツと台湾、バヌアツと中国

2004年11月の太平洋諸島のニュースをお伝えします。

島嶼国の首都における人口増加、海洋環境の破壊等、缶詰など、近代的輸入食料品に依存で、病気をする人が増えています。以前、私がマジュロに行ったとき、OFCFの越後氏から島の漁業支援についての話を聞きました。


11/1 PIR
 マジュロの海洋生物が危機に晒されている。

マーシャル諸島海洋資源局と日本の海外漁業協力財団(OFCF)による報告書において、マーシャル諸島の首都マジュロ海域に生息する海洋生物が、都市人口の増大によって魚を過剰に捕獲し、環境問題が深刻化したために、危機に晒されている実態が明らかにされた。

海産物が減少したために、住民は輸入食料品に依存するようになり、健康状態が悪化している。OFCFの越後学氏は「我々がしなければならないことは漁業資源を管理する計画を実施することである。計画の実施において地域住民と政府職員との連携が求められる。」と述べた。

魚の乱獲が行われている原因として人口の増加のほかに、首都における漁業を規制する制度が存在しないためでもある。



ニュースの後、ボホール首相に対し内閣不信任動議が提出され可決され、同年12月、新首相に副首相であったハム・リニが選出され、台湾との外交関係締結も撤回されました。



11/4 PIR
  バヌアツが台湾と外交関係を締結した。

バヌアツのボホール首相が中国を訪問して、中国との外交関係維持を強調してから1ヵ月後に、ボホール首相は台湾との外交関係締結を発表した。台湾とバヌアツは両国関係を強化し、相互の貿易を促進する。

バヌアツは台湾の国連、世界保健機構、その他の国際・地域機関への加盟を支持する姿勢を示した。中国を認めていたこれまでの「1つの中国政策」からバヌアツは大きく転換した。バヌアツの外務省は、ボホール首相が台湾を訪問していたことや、首相と台湾政府との話し合いの内容も知らされていなかった。バヌアツは台湾との外交関係を締結した、27番目の国となった。


このような動きの背景には中国による次のような動きもあり、中国、台湾による援助に左右される島嶼国政府の弱さを示しています。

バヌアツの大半の人々はサブシステンス(自給自足)の生活をしており、対外援助によって利益を得るのは、同国の一部のエリート、特権層にすぎません。独立国家ですから、堂々と自主外交を展開すべきです。


11/7 PIR
  中国政府はバヌアツに対し援助中止の脅しをかけている。

駐バヌアツの中国大使は、もしバヌアツが台湾と外交関係を締結するならば、1000万米ドルの中国からの援助金を失うことになるだろうと警告した。

中国政府はすでに自らの援助金により、バヌアツの国会議事堂、南太平洋大学校舎、農業大学、外務省の建物を建設した。

また中国政府はすでに医療団、教員、卓球のコーチをバヌアツに派遣した。中国大使は、もしバヌアツが中国との外交関係の終了を本当に望んでいるのなら、援助金の提供を直ちに中止し、中国大使館もバヌアツから引き上げると述べた。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE