FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

南灯寮はまさに琉球の島そのもので、玄関から外にでると体中に緊張が走り、寮に戻ると島に帰ったようにホットしました。

家の周りは雪で真っ白になりました。先ほど、散歩をしましたが、顔にも雪の粉が激しく当たりました。松島泰勝が学生の頃、東京にある南灯寮で琉球人の仲間と雪を見て嬉しくて飛び跳ね、踊ったことを思い出します。


南灯寮はまさに琉球の島そのもので、玄関から外にでると体中に緊張が走り、寮に戻ると島に帰ったようにホットしました。お兄さんの川平さんにも大変お世話になった。宇佐美さんの弟さんも南灯寮におられたのですね。ご縁を感じます。

雪の中をウォーキングしました。ここ数カ月、毎日1万歩以上歩いていますが、滑らないように足元を気を付けながら歩きました。雪が体に激しくぶつかってきます。

琉球生まれのシーサーも寒そうです。しかし15年以上もヤマトの寒い気候にも耐えて私たちを守ってくれています。
スポンサーサイト

戦前、琵琶湖にも日本軍の基地、大津海軍水上機基地があり、飛行艇が離発着していました。現在は陸上自衛隊大津駐屯地になっています。高島市にある自衛隊基地では米軍との共同訓練も実施さ れ、オスプレイも飛びました。実弾演習の時、近くを歩きましたが、大きな地響きを感じました。

ラジオ沖縄の「沖縄羅針盤」で松島泰勝が話をさせていただきます。どうぞお聞きください

渡り鳥なのか、鳥が琵琶湖で羽を休める姿を多く見るようになりました。渡り鳥なのか、鳥が琵琶湖で羽を休める姿を多く見るようになりました。


松島泰勝の家の近くにある浮御堂です。恵心僧都によって作られ、多くの阿弥陀仏が安置されています。よく散歩にきます。


戦前、琵琶湖にも日本軍の基地、大津海軍水上機基地があり、飛行艇が離発着していました。現在は陸上自衛隊大津駐屯地になっています。高島市にある自衛隊基地では米軍との共同訓練も実施さ れ、オスプレイも飛びました。実弾演習の時、近くを歩きましたが、大きな地響きを感じました。


昨晩は歯痛で目が覚め、夜11時ごろに薬局に行き鎮痛薬を妻と重子とともに買いに行くというハプニングがありました。先日食べた大好きなチョコパフェですが、甘いものは控えようと改めて自戒しながら再び床に就きました。

寒くなり鈴子と重子が寄り添う姿が多くなりました。

渡り鳥なのか、鳥が琵琶湖で羽を休める姿を多く見るようになりました。

正月3日間は天気にも恵まれ、近所を散歩しました。琵琶湖は大きな海のようで、島育ちの松島泰勝にとって気持ちが落ち着ける生活環境です。

妻は首里織を同業者組合の学校で学び、その後、京都造形芸術大学の通信制の大学、大学院で染織の術を深めてきました。草木染をしたり、友禅をしたりと、様々な技法をつかって自分を表現しようとしています。また夜は謡曲の練習もしています。

正月3日間は天気にも恵まれ、近所を散歩しました。琵琶湖は大きな海のようで、島育ちの松島泰勝にとって気持ちが落ち着ける生活環境です。

比良山系の頂上には琵琶湖バレーというスキー場があり、雪が積もっています。冬は比良おろしという強く、寒い風が吹くことが多く、電車も止まったり、徐行運転をすることがあります。

滋賀県でよくみられる「飛び出し坊や」です。運転手への注意を促すもので、子供への愛が感じられます。坊やのほかに、女の子、小野妹子等のバージョンもあります。

昨年はサンダーバードで福井、金沢で講演に行きました。以前は、富山大学で何回か講義をした時もこの電車に乗りました。日常的によく見る、とても速い電車です。

妻が織った壁掛けの下に、15年物の古酒の甕があります。時々飲みますが、大変熟成され、五臓六腑にしみわたります。

重子と鈴子は静岡時代から11年一緒ですが、とても仲良しです。

2017年の元旦に家の近くにある、近江舞子に散歩に行きました。日が雲間から輝き、てぃだ神様から力を頂きました。

染織家の妻が新たな作品をつくっています。機織りの音が心地よく部屋で響いています。

玄関ホールの棚に妻がアレンジした生け花が置かれています。近くに住む生け花の先生とは家族で忘年会と新年会をさせていただき、互いに励まし合っています。

妻が織った壁掛けの下に、15年物の古酒の甕があります。時々飲みますが、大変熟成され、五臓六腑にしみわたります。

柳原銀行記念資料館、京都朝鮮第一初等学校跡地、そして耳塚に行き、アジアの歴史、戦争、独立、日本の中の差別問題等について意見交換しました

昨日はNYで医者、人権活動をされているケビンさんが訪ねてこられたので、京都をご案内しました。柳原銀行記念資料館、京都朝鮮第一初等学校跡地、そして耳塚に行き、アジアの歴史、戦争、独立、日本の中の差別問題等について意見交換しました。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

手前の芳子は滋賀で、奥の鈴子は静岡で拾ってきたネコで、最初は仲悪かったのですが、冬になると互いに寄り添い仲良くしています。

重子さんの犬種名はキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルです。キャバリアは騎士を意味し、イングランド国王チャールズ1世、2世がこの犬を好んだことからチャールズと名付けられたそうです。

今朝はやたらに寒いと思っていたら、大雪です。周りはまだ暗いですが、部屋明かりで見える屋根に雪が積もっています。

東京狛江市にある、琉球人男子の寮、南灯寮の仲間で忘年会をしました

昨日は家に戻り、父を車椅子に載せて近くの食堂で両親の誕生会をし、靴、帽子、手帳をプレゼントし、色紙に感謝の言葉を書いて謹呈しました。いつものように午前3時に起きて、来週、埼玉、大阪で予定されている講演会のレジュメを作成しました。今朝は父を車椅子に載せて近くの公園に行き、歩行リハビリをしました。また昨年のように歩けるようになればと思います。

松島泰勝は琉球で調査研究をする前に時間がありましたら、近くの公園で両親とともにリハビリ、運動をしました。ここに来ると非常に心が落ち着きます。


東京狛江市にある、琉球人男子の寮、南灯寮の仲間で忘年会をしました。嘉手納さん、當銘さん、植村さん、喜屋武さんとは30年以上の付き合いになります。米軍基地問題、琉球独立、島の経済状況、互いの健康、琉球人意識等、様々な話題を真剣に楽しく話し合い、友好を深めることができました。

琉球銀行本店前のガジュマルにもイルミネーションで奇麗です。マッシュルームのようで親しみがあります。私の家も車庫をイルミネーションでキラキラしています。

沖縄国際大学について、2004年の普天間基地所属ヘリ墜落の現場に行きました。12年前のその時、私は現場に居合わせましたが、日本の国家主権が侵害されていました。

松島泰勝は、バスが来る間、近くにある「山下洞人」という3万2千年前の8歳の少女の、琉球人のご先祖に手を合わせに行き、琉球独立学会の充実した議論を御願いしました。

琉球気象台で働いていた父親

 今日の『沖縄タイムス』論壇に私の父親が「台風時における特別警報」について論考を寄稿しております。琉球気象台で働いていた父親のお陰で幼少期に石垣島、南大東島、与那国島で生活することができました。体が不自由になった今でも、気象予報士の試験の勉強を一生懸命行っています。大変励まされ、頭が下がります。

今年前期の1年生向けの授業で、龍谷大学ボランティアNPO活動センターでお話を伺いました。ボランティアやNPO,NGO活動を通じて実社会の課題や可能性を学んで欲しいと思います。

9条改憲阻止共同行動の黒石さんと茂木さんが松島泰勝研究室に来られました。12月に予定されている私の講演会「琉球の自己決定権と平和」の打ち合わせをしました。来場者の方と真摯に議論をしたいと思います。

今日は大学の仕事で、多くの企業の就職ご担当の方々と名刺交換、懇談をさせて頂きました。その中に、東日本大震災支援活動をした時の元ゼミ生が元気な、立派な姿を見せてくれ、大変嬉しかったです。学生に内定を出して下さった多くの企業の方にも御礼申し上げました。

また就職支援だけでなく、ゼミや他の授業への支援や交流の提案等の暖かいお言葉も頂戴しました。約400社の企業が今日の企業懇談会に参加しましたが、大勢の方々の前で各学部代表の学生が堂々とゼミ活動についてプレゼンをしました。学生の能力の高さを実感しましたが、企業の方々もその感動を私に伝えて下さいました。

私、松島泰勝は最近、あまりお酒をのまず、代わりに美味しいお菓子を楽しむようになりました

今日の『琉球新報』朝刊に、松島泰勝著「台湾「再皇民化」の現場を歩く(下)親日米、反中の「台独」、多様な声を聞き平和発展を」が掲載されていますので、是非お読みください。


FBのお友達の垣内さんが、松島泰勝著「台湾「再皇民化」の現場を歩く(下)」をアップして下さいました。心よりお礼申し上げます。どうぞお読み下さい。


田んぼの中に、松島がありました。これは自然のものなのか、アートとして作ったのか。新しいクラブハリエでは美的感性が揺さぶられた一時を過ごしました。

私、松島泰勝は最近、あまりお酒をのまず、代わりに美味しいお菓子を楽しむようになりました。今度、ゆっくりと店の風景を見ながらお菓子を食べ、食事をしたいですね。

他のお客さんも、声を上げて、笑みをこぼしながら、この店の佇まいに感動しているようでした。クラブハリエのバームクーヘンはとくに美味しいです。

山と建築物が違和感がなく、大きな中には田んぼがあります。この風景は、食堂や店舗内からも見ることができます。

中庭には田んぼがあり、稲刈りが終わり、稲束が架けられていました。稲作を通じて自然を感じることができます。職員の方が丹念に植物の手入れをしていました。

クラブハリエの中に入ると、中庭があり、それを囲むように曲線の長い小屋がありました。自由に椅子に座れて気持ち良さそうでした。

近江八幡に新しくできたクラブハリエの新しいお店

家の近くにある田んぼでは稲が実り、稲刈りが始まっています。朝晩も寒くなり秋を感じさせます。

重子さんと一緒にテレビを見ています。寝る時も私の腕に頭を置いて寝ます。イビキが大きいのですが、おそらく私のイビキも大きいので、とてもうるさいと思います。

近くで屋根をみると、しっかりと草が生えています。風が吹いても飛ばず、暑い時でも涼しそうです。

近江八幡に新しくできたクラブハリエの新しいお店です。後ろの山と調和しており、なじんでいます。

犬の重子が煎餅を食べています。11歳になり、寝ている時が多くなりましたが、元気です。

我が家の夏

近所を子供達が列をなして登校しています。夏休み前の写真です。私も与那国や那覇の小学校時代を思い出しました。

庭の百合が咲き始め、蝶々もきて、楽しく蜜を吸っています。夏が来たと実感します。

庭には多くのバラも妻が植えましたが、この時期に花を咲かせ、庭に活気を与えています。

今の蝉がけたたましく鳴いています。蝉の抜け殻を庭で見つけました。近くには小さなカエルも飛び跳ねています。

猫の鈴子も、暑くて腹を見せて寝るようになりました。この椅子はお気に入りの寝床になっています。

ソラノネでの誕生日

家で仕事をした後、車でソラノネ食堂に行き、定食を妻と犬と食べ、ブルーベリージュースで誕生日を祝いました。たまにこの食堂に来ますが、竃でご飯を炊く匂い、山や木々が風に吹かれて非常に気持ちよく食事をすることができます。今日はロバが歩いていたり、若い人達がクローバーを摘んでいました。

「沖縄が、私に問いかける」

立ち振る舞い、紅型の美しさ、優雅さなど、心を奪われた琉球の踊りでした。

京の内という霊力の強い場所を歩き、マブイを強くしてもらいました。


龍潭池は高校時代からしばしば訪問した場所です。静かにものを考えることができる所です。

那覇新都心を歩いていたら、オスプレイが上空を飛んでいました。様々な軍用機が頭上を我が者顔で飛んでいます。

琉球新報社のポスターに書かれていたコピーです。琉球は、私が高校生になったころから現在まで常に私に何か人生において重要なことを問いかけています。これからも、その問いかけに静かに耳を澄ませ、答えていきたいと思います。

16日祭

昨晩は、琉球民族独立総合研究学会の拡大事務局会議を開催しました。今後の学会の活動について有意義な話し合いが出来て、嬉しかったです。今日は、16日祭りであり、我が家の墓に行きました。

あの世のお正月であり、毎年、家族で墓に行き、ご先祖と語らい、共に食事をしております。今年は雨模様でしたが、幸い晴れ間の時にご先祖と一緒に時間を過ごすことが出来ました。その後、漫湖のマングローブを観察してきました。湖沼と生命との共生を地域の視点で学びました。

檳榔をかむ

石理事長が檳榔を買って下さいました。パラオ人やチャモロ人も檳榔をかみます。パラオで味わったものと比べて台湾の檳榔は、石灰やタバコの葉もなく、かみやすかったです。空港で14時間くらい待っていましたが、その間、時々、檳榔をかんで気持ちを和らげることができました。

大日本帝国憲法と台湾

日本の大日本帝国憲法が台湾に今も有効であると主張する団体の建物に行きました。建物の屋上には日の丸が掲揚されていました。夜だったので中にはいって話を聞くことができませんでしたが、大変刺激的な看板でした。

水牛が結ぶ台湾と琉球

三狭地域に行き、石理事長が私たち3人にお土産を買って下さいました。水牛の角の形をした美味しいパンです。この水牛の像の体の部分を触るといろいろな幸が実現すると信じられており、角の部分には多くの人がさすった跡があります。琉球でも台湾から水牛が導入されて農耕に活用されました。子供の頃よく八重山諸島で水牛を見ました。おっとりした性格が好きです。

台湾の台風

8日は台風が台湾を直撃し、市内では木々が根こそぎ倒され、オートバイも横倒しになっていました。多くの方が怪我をしたり、命を落とされました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。この中を林先生がホテルまで来て下さり、タクシーで見送って下さいました。林先生は台湾の経済を専門しており、琉球経済にも大変関心をもっていました。

台北の創造性

先ほど、石原先生、照屋さん、そして私、台北に着きました。早速ホテルの近くを歩きましたが、街全体に非常に活気がありました。また古い建物をリニューアルして、最新のグッズ店、絵画展、おしゃれなカフェ、映画館が集まった場所も歩きましたが、創造性を感じました。これから中華琉球研究学会の皆様との交流会が始まります。

琉球の戦争と平和をどのように教えるのか

今日は教員免許更新の講義を朝9時から夕方5時まで行います。小学校から高校までの先生方40人に「琉球の戦争と平和をどのように教えるのか」をテーマにして講義をして、最後にはグループ毎の議論と発表もします。今回は3回目ですが、毎回、先生方と深く、熱い議論ができて私も学ぶところが沢山あります。

琉球の政治家

那覇市内でフィールドワークをした後、那覇市議の屋良さん、そして上地さんと交流会を開きました。屋良さんの目を見ても分かりますように、信念をもって政治を行っている方です。大学時代からの知り合いで、その時から政治家を目指していました。高円寺の抱瓶という琉球居酒屋で激しく議論したことが思い出されます。お二人から刺激的なお話を伺い大変勉強になりました。

真嘉比小学校の山羊

真嘉比小学校の門の前で山羊がかわれていました。平和な光景でした。大都会の真ん中で山羊とともに生活できてうらやましいです。私も与那国小学校で学んでいた頃、山羊が校庭で飼われていました。

与那国にいたとき、山羊が私の家に入ろうとしたので、角をつかんで入らないようにし、山羊とにらめっこをしたことがあります。その目は十字の形をしており、ウルトラマンのようだと思いました。

ポップな琉球の建物

ポップな琉球の建物が好きです。桜坂あたりですが、町を歩いていると心ときめく建物と出会えて嬉しいです。

エーデルワイスのチョコパフェ

石垣島出身の比屋根さんが創業された洋菓子メーカー、エーデルワイスは神戸市を拠点にして全国に85店舗を展開しています。沖縄タイムスビルの1階にある同店に行き、新聞で宣伝していた「世界最高峰」のチョコパフェを食べました。非常に繊細な味で、美味しいパフェでした。不動産の仕事をしている當銘さんと食事やお茶をしながら島の経済の現状について学びました。

函谷鉾

函谷鉾の上に上ってみました。エジプト、中国、朝鮮、フランス等の諸外国の絵図が描かれた大きな布が鉾に張り巡らされていました。祇園祭は疫病退散の願いが込められた祭りでしたので、異国の布物を用いて疫病退散を祈ったのかもしれません。

今日の京都新聞にインタビュー記事が掲載されました

今日の京都新聞に私のインタビュー記事が掲載されていますので、ご関心がありましたらお読み下さい。

京セラドームと花笠

京セラドーム大阪の色を赤く塗ったら、琉球の「花笠」によく似ています。

琉球につながる川

大正駅の近くに川が流れ、それは海の注いでいます。つまり、この川の水は琉球に通じていると、大阪に来た琉球人は思いながら生活をしていたのかもしれません。テレビで川岸で屋台が開かれていると見たので行ったのですが、人がおらず、週末だけかもしれません。

おきナニワん

大正駅の近くの食堂で見つけたポスターです。「おきなわ」と「なにわ」をコラボした食べ物です。いつか機会があったら食べてみたいです。大正区役所のHPをみましたら、「おきナニワん」プロジェクトが実施されているようです。

次のようなことがHPに書かれていました。「大正区をもっと知ってもらうための取組みを進めるうえで、まずは、特色の一つである「大阪で沖縄を感じられるまち」をテーマとして、大正区の魅力を広く発信していく。 」

「大正区は古くから沖縄出身の人々が多く移り住み、その実数は定かではないが、区民の4人に1人が沖縄出身者ともいわれており、平成24年4月現在、大正区の人口は約68,000人であり、約17,000人が沖縄出身者とその家族である。」

○ 区内には沖縄料理店や物産店、沖縄伝統芸能等の教室も多く、年に1回開催される「エイサー祭り(2012年で38回目)」には全国から多数の参加者が集まり、ふだんでも、府内外から大正区に「沖縄」を求めて訪れる人が後を絶たない。」

中味イリチー

先月と同じ「いちゃりば」に入り、「中味イリチー」定食を食べました。今年の正月は「中味汁」を飲まなかったので、中味を久しぶりに食べて美味しかったです。この日も多くのお客さんで賑わって、活気がありました。心身ともに元気になりました。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE