FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第2、第3の亀次郎さん

不屈館にある写真です。1952年の立法院議員就任式で、米軍への忠誠を拒否している亀次郎さんです。米軍幹部が監視し、その他の議員が起立するなかで、一人自らの意志を主張しました。歴史的な写真だと思います。第2、第3の亀次郎さんが生まれています。
スポンサーサイト

辺野古反対を貫く稲嶺名護市長


日本政府幹部は頻繁に琉球を訪問し、基地受け入れを説得しようとしています。しかし、本来日本政府がやるべきは、現在日本国民である琉球人の声を真剣に聞いて、それを米国に伝え、米国を説得することではないでしょうか。

基地に依存しない市政を貫こうとしている稲嶺市長は、米軍に屈しなかったかつての瀬長亀次郎那覇市長のように信念を通せば、多くの琉球人も支えてくれると思います。

日本政府は再編交付金を名護市に対して停止しましたが、基地関係補助金は「アメ」ではなく、かえって地域経済を衰退させるものであることを名護市は自治の力を発揮して示そうとしています。

これは琉球全体における基地関連の補助金の問題性を明らかにし、本当の経済自立を自らの力でつくりあげる契機になると考えます。

次に1月20日の琉球新報の記事をお伝えします。



米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対し、基地に頼らないまちづくりを掲げる稲嶺進名護市長は、24日で当選から1年を迎える。1年目の総括と、2年目に向けた取り組みについて聞いた。
    ◇    ◇
 ―1年を振り返って。
 「私は辺野古の海にも陸にも新しい基地は造らせないと約束して当選した。当選後、政府に対し『市長選の結果を受け止めてほしい』と要請行動した。首相、大臣も話を受けてくれたが、方針は変わらず、5月28日の共同声明発表にはっきり表れた。

普天間問題は大きな政治課題だが、自公政権の時以上に悪くなった。県知事選では容認派と公言してきた(仲井真弘多)知事も『日米合意見直し、県外移設を求める』と掲げた。これが沖縄の本当の姿だ」

 ―政府の対応をどう思うか。
 「政府はアメリカのご機嫌伺いと思わざるを得ない行動と発言を繰り返している。沖縄を説得するのではなく、アメリカに向かって沖縄の負担軽減を言うべき。私は普天間問題は決着をつけると言ってきたが、状況は変わらず非常に残念。今後きっちりと主張し、市民との約束を県民の力を結集して立ち向かっていく」

 ―再編交付金が凍結された。
 「アメとムチというものが現実に表れてきた。職員にも知恵を出してもらい、新しいメニューを探す。新年度の大きな課題だ」

 ―振興策で名護市民の理解は得られるか。
 「これまで10年以上の経過を、市民が自ら評価し市長選の結果になった。また同じ轍(てつ)を踏むことはないと思う。アメは一般市民の生活にほとんど還元されなかった。(振興策を)あげれば移設を認めるということはもうないだろう」

 ―知事との協力について。
 「県知事も県民に対し(県外移設を)公約し、一緒にできることは一緒に行動したい。(訪米について)知事がほかの皆さんも一緒に(と話があれば)、県内の首長何人か一緒に行った方が心強いのではないか。具体的なことを考えていかないといけない」

 ―政府に言いたいことは。
 「県民の意思ははっきりしている。市長選以降主な選挙で県外を打ち出した候補が当選した。オール沖縄で駄目ということ。しっかり受け止めてほしい」



自治の人・屋嘉比収さんを悼む

9月30日、屋嘉比収さんが亡くなれました。
昨日は、屋嘉比さんのことを思いながら一日を過ごしました。

屋嘉比さんとは、私が学生の頃から、『けーし風』の読者の集いでお会いしたのが初めてではないでしょうか。
久高島にも一緒に行った思いでもあります。
物腰や、話し方が丁寧で、冷静であり、一言一言が心に響く方でした。

屋嘉比さんのご著書も何冊か頂戴しまたしたが、屋嘉比さんが書かれる論文や書物は。物事の本質をえぐる洞察力に満ちており、私も多くのヒントや励ましをいただきました。

玉野井芳郎さんのお弟子さんであることを常に意識しながら、屋嘉比さんを考えてきました。専門は沖縄近代政治思想、沖縄戦ですが、経済の根本の在り方、人間の生き方を常に問うていたように思います。

2年前に沖縄県立博物館で行われた「マーカラワジーシガ」でお会いしたのが、最後になったかもしれません。
その時の基調報告は私自身にとっても、大きな刺激になり、勇気を与えてくれました。

大きな体で物静かに、しかし、揺るがぬ信念で沖縄にこだわりつづけた人生であったと思います。

晩年は沖縄戦の集団死に強くこだわり、沖縄社会に対して声を大にして主張されていました。今の基地問題、振興開発問題、尖閣問題等を考えるにあたって、もう一度、屋嘉比さんの本を読み返し、本質的に、足元から物事を考えてみる必要があるのではないでしょうか。


屋嘉比さんは自分の頭で考え、そして行動した自治の人であったといえます。

新宿にある沖永良部のシマ

本NPOの理事である前利さんから写真を頂戴しました。
9月22日に島の人と、琉琴での飲み会の写真です。島の人は新宿二丁目、琉琴は歌舞伎町にあり、歩いていける距離です。双方とも沖永良部との関係が深いお店です。

IMG_0167.jpg

奥に前利さんがおり、写真左手が宗さん、右でが、与論島出身の喜山さんです。宗さんは大変、唄と三線がうまい方です。島の人の店内は20年前とほとんど変わらず、非常に落ち着ける空間です。

IMG_0200.jpg
店主の瀬川さんと、宗さんが三線を弾き、西さんが拍手をしています。大変盛り上がっていますね。
興奮がここまで伝わるようです。楽しそうです。

IMG_0209[1]
先ほどの写真の続きです。カチャーシーでしょうか。店いっぱいに唄と三線と笑いが響いているようです。

IMG_0238[1]
左から琉琴の熊ちゃんと、知念ちゃんです。お二人とも、人間味にあふれた、気楽に話し合えるかたがたです。以前のお店、カンジャヤーが琉琴にかわって初めて行ったのですが、天井が少し高くなり、青色で塗装され、青空の下で飲んでいるような気分になりました。

前利さんに紹介されてはじめてカンジャヤーに行きましたが、新宿に沖永良部パワーの拠点があり、大変うらやましいです。

黒川洋一さんについて

今年4月に石垣島の黒川洋一さんが亡くなれました。黒川さんは石垣島のご出身で、東北大学の教官をされ退職後、島に戻ってきました。

数年前に、黒川さんから私のところに手紙が届き、石垣島の開発問題について地元の八重山毎日新聞に寄稿するように勧められたのが、最初の出会いでした。

石垣市内の食堂で初めてお会いしたとき、ビールを飲みながら快活に話されるお姿がわすられません。

昨年、私は石垣島に行って島の未来を考える島民会議のシンポジウムで話をさせていただきましたが、黒川さんも熱心に席の前の方で心をこめて聞いておられるようでした。黒川さんは島民会議の共同代表をされており、積極的に島を守り、育てる運動に参加されていました。

黒川さんが住んでいるいる島の海岸において、赤土汚染、ゴミの散乱などの問題があり、地域の人々と協力してゴミ拾い活動等をされていると話されていました。

また全国やいやまぴとぅ大会開催の委員長もされていました。これは全国に住む八重山諸島出身者が石垣島に集い、交流を深めるというものです。

偉ぶるところがなく、非常に親しみがもてる方でした。


黒川さんの島を守りたいという強い意志を継承していきたいと思います。

岡部伊都子さんの生き方

先週、日曜日、新宿中村屋本店におきまして、岡部伊都子さんを偲ぶ会に参加してきました。幼いころから病弱であった岡部さんは、低い目線から今の世界をしっかりと見つめながら発言する人生だったように思います。

沖縄島で亡くなった木村邦夫さんのことを一生かけて思い続け、「加害の女」と言い続け、発言してきました。そのような生き方から学びたいと思います。

2003年に沖縄島で行った「21世紀沖縄のグランドデザイン」というシンポジウムに基調講演を岡部さんにお願いしましたが、体調がすぐれず、お手紙を会場で読ませていただきました。翌年、『琉球文化圏とは何か』の合評会には、参加され、初めてお会いすることができました。

柔和なやさしい目をされ、しっかりしたお手だったと記憶しております。そのあと、海勢頭さんの出版パーティで、岡部さんが「売ってはあかん」を朗読され、心を揺さぶられました。

岡部さんからおくっていただいた『沖縄の骨』や、『沖縄に照らされて』を読むと、琉球の土地と自らが一体であるとと考えて生きていらっしゃると思いました。同時に、琉球人がどんどん、島の良いものを売っていくことに警鐘を鳴らしておられました。

偲ぶ会では、岡部さんゆかりの方がお話をされました。また、海勢頭さんや、李さんの歌も素晴らしいものでした。

8月16日には、沖縄島の摩文仁で、海勢頭さん、新川さん、三木さん、川満さんなどを発起人として、岡部さんを偲ぶ集いが開かれるそうです。

私は現在、岡部さんが生きてきた京都で働いており、何か因縁を感じます。今、『遺言のつもりで』を
読んでいます。「岡部さんとは琉球、琉球人にとって何であったのか」を考えています。

岡部伊都子さんの生き方に学ぶ

岡部伊都子さんが4月29日、亡くなられました。謹んで哀悼の意を表します。

岡部さんにお会いしたのは、2003年に『琉球文化圏とは何か』の合評会、海勢頭さんの『まぶい』出版祝賀会においてです。

合評会では、手を握ってくださり、やさしいお声をかけてくださいました。「琉球は独立して」という岡部さんの声がまだこころに印象深く残っています。

竹富島をこよなく愛し、こぼし文庫をつくられました。島に行ったとき、赤瓦屋根のこぼし文庫にある、
子供向け本が輝いてみえました。

本NPOの各理事の皆さんも岡部さんとかかわりが深い方が多く、竹富島、沖縄島、東京等で、追悼のつどいがもたれるようです。

海勢頭さんの出版パーティでは、岡部さんが朗読した自らの詩「売ったらあかん」に強い衝撃を受けました。

売ったらあかん
     
 友達を 売ったらあかん
 子どもらを 売ったらあかん

 まごころを 売ったらあかん
 本心を 売ったらあかん

 情愛を 売ったらあかん
 信仰を 売ったらあかん

 教育を 売ったらあかん
 学問を 売ったらあかん

 秘密を 売ったらあかん
 こころざしを 売ったらあかん

 大自然を 売ったらあかん
 いのちを 売ったらあかん

 自分を 売ったらあかん
 自分を 売ったらあかん



人間には売ってはいけないものがある。それを今の琉球は売り払おうとしているのはないか。
「琉球のこころ、自然、自分自身」を売ってはいけないと岡部さんが呼びかけているような気がします。

ゆいまーる沖縄の玉城幹男さん

ゆいまーる沖縄の玉城幹男様がお亡くなりになりました。

玉城さんは琉球の特産物の卸し、販売を琉球、琉球人の立場に立って実践されてこられた方です。琉球の特産物を広く販売することで、経済自立を実現することに全力を注がれてきました。

2003年、宜野湾にあるコンペンションホールで「21世紀沖縄のグランドデザイン」と題するシンポジウムを開催した際、快く寄付をしてくれました。

寄付のお願いに浦添にある会社を訪問し、玉城さんと琉球の経済自立についてお話を伺った事を思い出します。

玉城さんは琉球の経済自立が平和とも深く関連しているとして、米軍基地の存在にも強く反対してきました。

玉城さんのもとで働いている、照屋みどりさんからも琉球の産業振興、経済自立について具体的に教えていただいています。

沖縄島における自治の実践者の一人が玉城さんであり、多くの若い後継者を育てられてきたと思います。

謹んで心より哀悼の意を表します。

| ホーム |


 BLOG TOP