FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

伊江島ゆいまーる会議11

IMG_3465.jpg
観光協会の山城さんです。全国的にも成功されているとされている、「民泊事業」についてお話を伺いました。修学旅行生が毎年約2万人、島の各家庭で宿泊し、島の生活を体験する観光事業です。

それが通常の観光とどう違うのか、島の経済、社会にどのような影響を与え、生徒、教員、生徒の両親をどのように変えたのかがわかりました。

IMG_3466.jpg
ゆいまーる会議では毎回、大変な盛り上がりを見せるのが、懇親会です。今回は、内間さんと新元さんの席が隣だったため、大変楽しい交流会となりました。

IMG_3467.jpg
懇親会の食事も、島の食材を使ったおいしい料理でした。毎回の食事も、わびあいの里の畑で栽培される野菜、果物、飼育されている鶏の卵を使った料理でした。

IMG_3468.jpg
安里さんと石蔵さんが話されています。

IMG_3469.jpg
海勢頭さんのライブが始まりました。心にしみる唄でした。知ってる唄とともに、今回は島唄を島口で海勢頭さんが歌うのを初めて聞きました。非常に贅沢なひとときでした。

スポンサーサイト

伊江島ゆいまーる会議10

IMG_3458.jpg
左から藤原社長、謝花さん、内間さんです。内間さんが伊江島の小学生を対象にした劇による、歴史の身体を通じての語り継ぎのの試みついて話されています。子供たちにとっても忘れがたい思い出となり、島と自らをいったいとなって感じ、中学を卒業しても島のことをわすれず、また帰ってくる動機にもなるでしょう。

謝花さんは、初日から最後まで私たちと一緒に議論に参加してくださいました。本当に忘れがたいひとときでした。お礼申し上げます。

このゆいまーる会議は、第一回から第三回まで、藤原社長の琉球の自治に対する熱い思い、藤原書店の社員さんのご助力で実現しております。心から感謝申し上げたいと思います。

IMG_3459.jpg
劇はビデオやDVDとしても残されています。久高島の留学センター設立や、小中学校の存続問題にもかかわっていた、久高島の内間さんにとっても心に残る話しではなかったでしょうか。

IMG_3460.jpg
謝花さんと内間さんが話しております。ゆいまーる会議は、通常のシンポジウムではなく、車座ですので、対等な立場で、自由に意見を交換できるところに、特徴があります。合宿ですので、互いに生活しながら長い時間をかけて学び、それぞれの地域や職場に戻って、学んだことを生かすことができます。

IMG_3461.jpg
左から、石坂さん、西浜さん、すこし金城さんもみえています。石坂さんが、参加者の意見を聞いての感想を中心に話されています。その中で後藤新平の自治論について心に残ったという発言をされ、その後、藤原社長が後藤の自治論についてさらに補足的説明をされました。

「自治は自衛」であるという、人間の存続にとっても自治がいかに重要であるかを後藤は強調し、実践していました。

IMG_3462.jpg
門野さんが発言しているところを、私の両親が聞いているところです。門野さんは、「伊江島の自治」と自らのとの関係について話していました。自治は客観的に、第三者的に語るものではなく、自らの営み、関与、生き方、他者との関係に関わるものであるとことを、あらためて教えていただきました。


伊江島ゆいまーる会議9

IMG_3453.jpg
左から金城さん、門野さん、西浜さん、石蔵さんです。金城さんは、大阪地裁で行われている、「集団自決訴訟」が大阪在住の沖縄人にとってもつ意味について語りました。昨日、「軍隊の強制があった」という判決がなされました。

門野さんは、西浜さんのご紹介で参加されました。地域社会学がご専門で、伊江島について調査されている研究者の方です。伊江島の自治と、ご自分の立場との関係についてお話されました。

西浜さんは大阪市立大学大学院で「沖縄の独立・自立」に関する博士論文をかかれている方で、そのテーマと伊江島との関係について話されました。石坂さんはご自分と沖縄との関係について語ってくださいました。

IMG_3454.jpg
左から門野さんと私の両親です。母は、生活の中での地産地消の取り組みについて、父は、NPO法人のあり方について述べました。

IMG_3455.jpg
東洋大学の学生も忙しい中、話しを聞いていました。彼らは毎年、わびあいの里にやってきて、畑作業を手伝いながら平和について身をもって考えているそうです。私が1月に里にきたときには、専修大学の学生が雨の中、きていました。学生たちの熱いまなざしが忘れられません。

IMG_3456.jpg
左から伊江島村役場の内間さん、久高島の内間さんです。役場の内間さんは、島の偉人に関する劇の脚本を書き、子供たちに卒業記念に劇をさせている方です。子供や親御さんも劇を通じて島の歴史と人間を学ぶことができるとして、毎年行っています。地道な取り組みに感動しました。

久高島の内間さん島独自の信仰、文化によって島を守るということについて、実例をもって教えてくださいました。

IMG_3457.jpg
海勢頭さんも島の信仰について語り、久高島の内間さんと熱を帯びた意見交換をしていました。その夜の交流会において、海勢頭さんは内間さんがこの集いに参加されて大変よかったと私に耳元でおっしゃりました。





伊江島ゆいまーる会議8

IMG_3442.jpg
わびあいの里に入る入り口にある看板です。

IMG_3445.jpg
わびあいの里の責任者である、謝花さんです。阿波根さんの実践、思想を継承され、私たちに阿波根さんの生き方、平和の意味についてお話くださいました。柔和な話し方でしたが、信念がこもった言葉が印象的でした。

今回のゆいまーるの集いでは、大変、お世話になり、心より感謝申し上げます。

IMG_3446.jpg
左から大城さん、新元さん、前利さん、阿曽さんです。先日、新元さんのご長女、そらさんが、NHKののど自慢九州大会に出場し、沖縄島でも放映されたそうです。昨年の、宇検村平田でのそらさんの歌声が思い起こされます。

大城さんは、女性史研究の立場から現在の琉球問題について問題提起をされました。新元さんは徳之島の開発問題について、前利さんは、道州制によって奄美諸島が沖縄県と鹿児島県に引き裂かれるという問題を指摘しました。


IMG_3451.jpg
左から目取真さん、海勢頭さん。目取真さんは、名護市の不正に関する自らの論考が地元新聞において掲載されず、地元マスコミの問題性について、そして、沖縄島北部における自立経済の事例等についてお話されていました。

海勢頭さんは、古代からの琉球における平和運動と現在の基地問題との関連について語っておられました。阿波根さんが道理、宗教、倫理に基づいて平和運動を語り、実践していたことと重なっていると思いました。

IMG_3452.jpg
左から新元さん、安里さん、阿曽さんです。安里さんは、琉球の自治の思想的流れについて語り、NPO法人ゆいまーる琉球の自治のあり方について提案をされました。

伊江島ゆいまーる会議7

IMG_3434.jpg
手前より、藤原社長、山城会長です。山城さんは、伊江島観光協会会長です。15日は、山城会長みずから、バスにのって島の話をしてくださいました。夜は、島の海産物の食堂で交流会をしました。

IMG_3435.jpg
右から、前利さん、私の母、父です。三人とも、こんかいが三度目の「ゆいまーる」への参加となります。

IMG_3436.jpg
西浜さな、石蔵さん、そして伊江島で、民泊事業をされている方です。子供たちをうけいれており、そのお話をうかがうことができました。

IMG_3437.jpg
左より、石蔵さんの奥さま、私の父母です。

IMG_3438.jpg
左から、琉球の女性史を研究されている大城さん、伊江島において島おこしの活動をされている、奄美大島出身の赤崎さん、大学院で御研究されている方です。大城さんの論文はこれまで読んだことがありますが、ご本人とおあいするのは初めてでした。



伊江島ゆいまーる会議6

IMG_3428.jpg
伊江島タッチューの頂上に座る、藤原社長です。非常に気持ちよさそうでした。

IMG_3429.jpg
鎖の手すりがついていますが、島全体が見下ろせ、足がすくみました。

IMG_3430.jpg
幻想的な光景でしたので、思わず写真をとりました。

IMG_3431.jpg
左から西浜さん、石坂さんの奥様、石坂さん、藤原大亮さん(立っている方)です。西浜さんは大阪からのご参加で、前回の宇検村に次いで二回目の参加となります。

石坂さんは、沖縄協会でお世話になった方で、琉球問題に非常に関心がある方です。奥様は泡瀬のご出身です。大亮さんは社長の息子さんであり、今回の集いでは準備等で大変ご活躍されていました。

IMG_3432.jpg
藤原社長と私。2日前にハワイから帰り、真っ黒になっています。

ハワイには12日間いましたが、ハワイの先住民族カナカマオリと琉球人との関係を、歴史、生活の変化、観光や基地への依存と支配等の観点から考え、体験してきました。

IMG_3433.jpg
携帯電話をする金城さん。タッチュー頂上でも携帯が通じるだな~と思いました。楽しそうにお話しされていました。




今日午後から、私は京都で生活します。これまで主に静岡からブログを発信していましたが、明日以降は、京都から発信いたします。今後とも、どうぞ宜しくお願いします。


伊江島ゆいまーる会議5

IMG_2546.jpg
フェリーからみた伊江島タッチューです。私は小さい頃からタッチューの話を聞いていましたが、登ったのは、今年1月が始めてでした。わびあいの里の吉田さんのご紹介で登りましたが、足ががくがくしました。

IMG_3395.jpg
ニャーティヤガマです。戦時中、千人もの住民が避難していたそうです。住民の中に海外に移住し、英語を話すことのできる方がおり、米軍が住民を殺さないことがわかり、「集団自決」を避けることができたそうです。非常に広々としており、琉球の他のガマとは異なり、海に面し、明るい感じがしました。

他方、島の別の場所にあるアハシャガマでは、約120人の住民が避難し、「集団自決」が行われました。1971年に12月、このガマから百数十体の遺骨が発掘されました。

伊江島では戦時中、日本軍による住民虐殺も発生しており、伊江島は基地建設による土地略奪という問題を含め、戦争・基地問題の縮図であるといえます。

IMG_3396.jpg
沖縄島の米軍基地周辺の市町村でもみることのできる、看板です。
毎年値上がりし、担保価値としても高いとされる軍用地を、国、民間業者が購入しようとしています。

日本政府は、軍用地に異常な経済価値を賦与して、琉球を基地依存の島にしようしています。しかし土地には経済価値以上のものがあることを、阿波根さんの実践が教えてくれます。

IMG_3397.jpg

日米両政府による住民分断政策にのらず、経済価値以上のものが琉球の土地、シマにあると考え、ふたたび住民同士が団結すべきではないかと、この道場が訴えているようです。

IMG_3399.jpg
団結道場の前です。葉タバコの畑があり、その奥に基地があります。米軍による落下傘降下訓練では、住宅地に米兵が着地することもあるそうです。伊江島は米軍の訓練を引き受け、基地関連の補助金も得てきましたが、島は本当に豊かになったのかを改めて考えさせられました。



伊江島ゆいまーる会議4

IMG_2515.jpg
団結道場には阿波根さんの魂の言葉が刻まれています。


IMG_2516.jpg
土地とは経済的価値を有するものだけではなく、島人にとって未来の可能性、信仰の空間、仲間同志で語り合う場所等、宝そのものです。

太平洋の島々でも土地を大切にしており、外国人への売却を禁止している島国も少なくありません。

IMG_2517.jpg
土地を奪われ哀れな状態になってしまった。多くの方々、助けて下さいという、意味ですが、伊江島の言葉で書かれ、その気持ちがより迫ってきます。

ただでさえ土地が少ない島において土地が米軍により奪われ、自由に土地を使えない状況に追い込まれているのです。

IMG_2518.jpg
土地や畑がなくなり、このような窮状に陥った。それは米軍がした仕業である。米軍基地は、米軍によって無理やり奪われたものであるという事実を、あらためて思い起こされるのが伊江島の歴史です。

IMG_2527.jpg
伊江島の地図です。島全体の三分の一が基地となっています。伊江島補助飛行場などは「黙認耕作地」として人々の出入りが自由になっています。私も補助飛行場の上を車で通りました。基地の島であることをあらためて感じさせられます。

その分、真新しい港が島懇事業で建設されたように、基地関連の補助金も投下されてます。基地関連補助金によるインフラ整備で村の財政、経済が良くなるとは言えません。かえって負担が増していくと考えられます。

伊江島ゆいまーる会議3

IMG_2485.jpg
島では地下ダム工事が進められていました。川のない島ではため池の水をつかって農業等を行ってきました。飲み水は沖縄島からの海底送水で運んでいます。かつて島の人々はワジーという真水が湧き出すところにいき、水をいただいていたそうです。

琉球の島々、とくに平らな島においては水は重要であり、カーとして井戸が信仰の対象になった場所がすくなくありません。

IMG_2494.jpg
伊江島の米軍基地です。爆音をだすハリアー訓練、落下傘訓練などが行われています。

住民の土地をブルドザーで奪い、家屋を焼き払い、住民を「乞食」においやってつくられた基地です。
1月に島に来て、基地の写真をとったとき、ガードマンが大急ぎできて写真をとらないように注意をしました。

3年前にマーシャル諸島のマジュロ島にある米国大使館の写真をとっていたときにも、ガードマンが大きな声で注意しましたが、その時を思い出しました。米国は何者かに過剰に脅え、武装しているのです。

IMG_2507.jpg
基地の前にある団結道場です。道理をもって基地の返還を求めてきました。壁の文字の一つ一つに住民の怒りがあらわれています。

IMG_2508.jpg
団結道場で、住民は互いに励ましあい、外からの支援者を受け入れ、基地について考え、米軍と非暴力で話しあい、土地の一部を取り戻することができました。住民の生きた証であるともいえます。

また、現在の琉球にはまだ基地があり、新しい基地も建設されつつあり、戦争の犠牲者であるという現状には変わりがありません。琉球人が団結して、人間が生きるための土地を奪回しなければならないと思います。

IMG_2511.jpg
団結道場から基地がみえます。土地を奪われた住民は、自らの土地を外からしか見ることを許されなかった。

それが半世紀以上も琉球において続いているのである。日本人はこのような植民地状況が国内にあることに対して何の心も動かされないのであろうか。

国を守るとは何か。地域を守るとは何か。土地を守るとは何か。米軍基地によって日本を守ることを主張する人は、現実問題として、土地を米軍によって奪われた人が日本の中に今もいることに対して、どのように考えるのだろうか。




伊江島ゆいまーる会議 2

IMG_2442.jpg
阿波根さんの平和運動で注目すべきことは、農業を軸においた生活と平和との関係を常に実践しておられたことです。

現在でも有機農業がおこなわれ、わびあいの里での食堂で出される食べ物もこの畑でつくられたものです。


IMG_2443.jpg
多くの種類の作物が栽培されていました。里の関係者だけでなく、合宿でこられる学生等によっても耕作されているようです。

戦前から農業塾設立の考えをもち、米軍によって強制的に農業用の土地が奪われても、あきらめずに自らの生き方を実行していた阿波根さんの意志の強さを伺うことができます。

IMG_2447.jpg
鶏も飼っています。里で栽培され、里の方々の手作りの朝昼晩の食事を美味しく頂戴しました。

人間が生きるための農業であり、販売を目的化して大量生産、農薬漬けの農業とは対極にある農であると思います。里の近くには福祉施設もあり、阿波根さんは農業、福祉、平和を一体のものとして考えていたことがわかります。

IMG_2481.jpg
伊江島タッチューから見た農地。島は葉タバコ、電照キク、キビ等の栽培がおこなわれています。

村固有の財源だけでなく、基地関連予算からもため池等が建設されてきました。他の離島でも、土地基盤整備が進んでおり、上から見ると同じような光景をみることができます。

IMG_2484.jpg


タッチュウからみる、伊江島と、本部半島。本部港から船で30分です。1月に来た時もほぼ満席でした。修学旅行生による民泊事業もあり、航路は黒字だそうです。

タッチュウにのぼると、島のほぼすべてを見渡すことができます。伊江島の人々は沖縄島をどのような思いでみてきたのだろうかと考えました。



伊江島のゆいまーるの集い 1

15日から17日まで伊江島において「ゆいまーるの集い」が開催されました。
多くの人との出会いがあり、多くのことを学ぶことができました。

わびあいの里の謝花悦子さんをはじめとする、里の方々には大変おせわになりました。
心より感謝のことばを申し上げます。

今日より、第三回ゆいまーるの集いのご紹介をしたいと思います。



IMG_2411.jpg
ヌチドゥタカラの家(反戦平和資料館)です。阿波根昌鴻さんが集められた伊江島において反戦を訴える資料が展示されています。一つ一つのモノが激しく訴えてきます。阿波根さんのことばは、すべての人が理解しやすく、心に響くものです。それは生活、体験に踏まえた言葉だからではないでしょうか。

IMG_2412.jpg
米軍と交渉する際に住民がとるべき態度について書かれた言葉です。非暴力に徹しています。

IMG_2413.jpg
沖縄人同士はいかなることがあってもケンカしてはならない。相手の挑発にのらない。それは、日米政府が挑発して、沖縄人を分断して支配している現状をみると、この言葉は今の沖縄人にとっても有効であるといえます。

IMG_2421.jpg
戦後、101歳で亡くなるまで、阿波根さんは武器を必要とし、戦争を作り出す人々と対してきたのです。


IMG_2433.jpg
伊江島土地を守る会の旗は、50年以上の歳月がたち色が変わってしまいましたが、住民の土地を守る強い意志が感じられます。住民にとって土地は生活の場所だけではなく、自ら、先祖、子孫の生存、精神、魂、生き方を保障してくれる空間であると思います。それが米軍によって強制的に奪われたのです。「太平洋戦争」が終わっても、伊江島は現在でも戦時体制が続いているといえます。

今日からハワイ、伊江島へ行ってきます

今日から14日までハワイ島、オアフ島に学生とともに行ってきます。その後15日から17日まで伊江島で開催される「ゆいまーる会議」に参加します。

ハワイでは島の歴史、文化、自然等について学生たちとともに学びます。

14日、東京に一泊したのち、翌日の朝6時20分の飛行機で沖縄島に行きます。そのご、両親とともに空港発の高速バスで名護までいき、名護のバスターミナルで本部港行きのバスに乗り換え、港からフェリーで伊江島に行きます。

伊江島でのゆいまーる会議参加の回答は今日までですので、藤原書店にメール、ファックスで
宜しくお願いします。

伊江島でお会いし、お話が出来ることを楽しみにしております。

ビデオ上演と講演会「米軍再編と沖縄の自立」のご紹介

本年4月28日に横浜で行われる、ビデオ上演と講演会「米軍再編と沖縄の自立」をご紹介します。
講演会では私が話させていただきます。

沖縄講座では1996年にお話をさせていただいたことがあります。その際は、大学院生で、ジュネーブにある国連欧州本部で開催された先住民作業部会に参加した際の琉球人の自決権行使についてお話をいたしました。

その際、沖縄講座の方々には大変お世話になりました。2003年にコンベンションセンターでシンポジウムを開いた際にも、沖縄講座の方々が会場に来て下さいました。心よりお礼申し上げます。

以下に、ビデオ上映のチラシ内容を転載します。お時間がおありの方はぜひお越しください。




沖縄講座では、4月28日(月)にビデオ上映と講演「米軍再編と沖縄の自立」の集いを企画しています。

2月10日、沖縄・北谷町で米海兵隊員による14歳の少女暴行事件が発生。95年の事件を想起させます。

戦後63年、復帰=再併合36年、11万人を結集した空前の教科書検定意見撤回県民大会からわずか5ヶ月。沖縄の軍事植民地状況は何も変わっていません。

一方で、利権まみれの「振興予算」のばら撒きで、辺野古・高江に新たな基地建設が押し付けられようとしています。米軍再編で沖縄はどうなるのか?自立への道は?沖縄にとって日本とは?共に考えてみたいと思います。

やんばるの静かな森に囲まれた東村高江の集落に突然浮上した米軍ヘリパッド建設計画。住民は家族ぐるみで反対運動に立ち上がった・・


日時 2008年4月28日(月) 18時半から
会場 かながわ県民サポートセンター305号室(横浜駅西口ヨドバシ裏)

資料代(カンパ)500円


内容 ビデオ「やんばるからのメッセージ~沖縄県・東村高江の記録」

沖縄本島北部、やんばるの静かな森に囲まれた東村高江の集落に突然浮上した米軍ヘリパッド建設計画。

今でも米軍北部訓練場のヘリ訓練で日夜騒音に悩まされているのに、米軍再編計画の中で、最新鋭の欠陥大型ヘリ・オスプレイの離発着するヘリパッドが集落周辺に6箇所も新設される。住民は家族ぐるみで反対運動に立ち上がった。きょうもゲート前で、座り込み阻止行動が続く。

2007年10月完成、22分。
制作 ORACION、監督 比嘉 "マーティ" 真人、音楽 Dinka Dunk。

講演 「米軍再編と沖縄の自立」

講師:松島泰勝さん・・東海大学海洋学部准教授を経て08年4月から龍谷大学経済学部准教授。1963年石垣島生まれ。

グアムにある日本国総領事館、パラオの日本国大使館で専門調査員として働く。著書に「沖縄島嶼経済史」「琉球の自治」(藤原書店)「ミクロネシア」(早大出版部)。

在沖米軍再編問題でも活発に発言。昨年NPO法人「ゆいまーる琉球の自治」を立ち上げ、沖縄自立の道を探る。

96年の沖縄講座第1回公開講座の講師として「沖縄人の自決権獲得運動の意義」のテーマで講演しています。

       
                       
主催:沖縄の自立解放闘争に連帯し、反安保を闘う連続講座
後援:自治労横浜市従業員労働組合

連絡:Tel&Fax 045-434-3896(深沢)


ビデオ上映と講演「米軍再編と沖縄の自立」・ご協力のお願い


◆  ◆  ◆
沖縄で、神奈川で、全国で、「米軍再編」という名の日米軍事再編・基地強化が進んでいます。日本政府は、米軍再編推進法を制定し、利権まみれの巨額の「振興予算」のばら撒きで、地元自治体の首長を懐柔し、住民の「基地強化反対」の声を押しつぶそうとしてきました。
◆  ◆  ◆
2月10日、沖縄・北谷町で14歳の女子中学生に対する米海兵隊員による暴行事件が発生しました。95年の少女暴行事件を想起させる凶悪事件であり、沖縄の人々の怒りは高まっています。

神奈川でも2年前の強盗殺人事件、昨年夏の刺傷事件(いずれも被害者は女性)など米兵による事件が起こっており、沖縄の事件は他人事ではありません。

基地と軍隊がある限り、このような事件は繰り返されます。
◆  ◆  ◆
米軍再編で沖縄はどうなるのか?基地強化と引き換えに湯水のごとく注がれる「振興予算」は、本当に沖縄の自立を促すのか?沖縄にとって日本とは?一貫して沖縄の自治・自立の道を探り続ける松島さんの問題提起を受けながら、共に考えたいと思います。参加とご協力を!

賛同を!個人1000円/  口 団体2000円/  口 FAX045-434-3896

賛同者・団体名 住所・連絡先 メールアドレス 公表の可否

可・否

郵便振替口座 「00210-0-2021沖縄連続講座」


| ホーム |


 BLOG TOP