FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

関西沖縄文庫による5.15集会のお知らせ

本NPOの理事をされている、金城薫さんがかかわっている、沖縄に基地を押しつけない市民の会
が主催する、コンサート、講演が5月15日に行われます。

詳しくはリンクにある関西沖縄文庫のホームページをご覧ください。

私も行きたいと思います。


5.15集会 2008年 「沖縄9条物語」

 【出演】 佐渡山 豊
       玉城まさゆきバンド
 【講演】 野村浩也「植民者へ いまだ決着はついていない」

日時:2008年5月15日(木曜日) 大正区アゼリアにて6時半から

当日3000円、前売り2500円、学生1500円


主催;沖縄に基地を押しつけない市民の会

【問合せ】 関西沖縄文庫 06-6552-6709

スポンサーサイト

4.28ビデオ上映と講演「米軍再編と沖縄の自立」(お礼)

昨日は、横浜の「かながわ県民センター」において、ビデオ「やんばるからのメッセージ~沖縄県・東村高江の記録」を見て、そのあと、私の講演が行われました。

1996年に私がまだ大学院生であったころ、沖縄講座の方に呼ばれてお話をさせていただいて以来、12年ぶりに皆様にお会い致しました。

沖縄講座の皆様には大変お世話になりました。心よりお礼申し上げます。また会場に来て下さいました方々にもお礼申し上げます。おかげで多くを学ぶことが出来た一日となりました。

高江のビデオでは、ヘリパット建設に反対する住民の姿が映し出されていました。土地を奪われることを、自らの体をもぎとられるように感じているのではないかと思いました。終戦後、琉球の土地が奪われたように、今も同じことが行われている。

琉球人同士がいがみ合うような状況を日本政府が作り出している。

現在の高江の戦いを踏まえながら、米軍再編の意味、グアムの歴史、沖縄の自立について話し、
会場の皆様とも議論をいたしました。

5月18日に行われる「5.18シンポジウム「来るべき自己決定権のために―沖縄・憲法・アジア」」にも、沖縄講座の方々が支援をしています。

シンポは次のように午後1時から9時までという2部構成の長時間のものになります。

 シンポ第1部 (コーディネイター 豊見山和美)
 基調講演 屋嘉比収
 パネル 新川明・川満信一・比屋根薫・屋嘉比収

 シンポ第2部(コーディネイター 長元朝浩)
 基調講演 佐藤優
 パネル 孫歌・崔真碩・仲里効・松島泰勝・佐藤優


アジアの中から琉球の自治について考えてみたいと思います。新川さん、川満さんがお二人がそろって登場することもあまりなく、「復帰」を総括し、これからの琉球の道を考えるうえでも、重要な時間になるのではないでしょうか。   

米軍再編と沖縄の自立(ビデオ上映と講演)

明日、午後6時半より、かながわ県民センター305号にて、

「米軍再編と沖縄の自立」と題するビデオ上映と講演が行われます。

講演では私が話をさせていただきます。

お近くにお住まいで、お時間がおありの方はお越し下さい。

米軍再編が意味するものを見据え、米軍再編が琉球の自立とどのように関係しているのかを考えて

みたいと思います。私が住んでいたグアムにとって米軍再編が歴史的にもつ意味についても論じて

みたいと思います。


ご来場の方々と充実した議論ができれば幸いです。

                         

南洋松島

「南洋松島」と題するコラムが沖縄タイムスの1999年7月29日の朝刊に掲載されましたので、ご紹介します。


 戦前、コロール島からペリリュー島の間に点在する島々は「南洋松島」と呼ばれていた。現在はロックアイランドとして親しまれている島々は石灰岩でできている。

ある島はマッシュルーム、ある島は鯨のように見える。天然の洞窟や橋が波の浸食により形成されている島々もある。景観がユニークで何度見ても飽きない。

 海底には世界有数の珊瑚礁が広がり、ナポレオンフィッシュ、マンタ、様々な熱帯魚が泳ぎ戯れている様が水上からも見て取れる。

また、ある内海の海底には美肌効果があるという泥があり、同乗の女性達が嬉しそうに顔に塗っていた。

 島々の美しさに心が躍るが、それとともに、島々が持つ歴史にも興味深いものがある。
 1783年に英国の東インド会社の船がパラオ近海で座礁し、ウーロン島で船員が船を再建した。

その際、パラオ人から食料、水の供給を受け、その代わりに鉄砲の使い方を教えたことにより、内戦で勝ったコロール首長の勢力が強まった。その後、パラオは西欧諸国との関係が深くなっていった。

 パラオとヤップ島は地図で見ると遠くない距離にあるが、ヤップ人が石の貨幣の材料として目を付けたのも南洋松島の島々である。

石灰岩の岩を円形に削り、中央に穴をあけ、筏に乗せてヤップ島まで運んだ。多くの時間と労力を要したことで貨幣としての価値も高まり交換手段としての役割を果たした。因みに、パラオでは種類や形の異なる石貨が今でも使われている。

 観光コースになっているのは、先の大戦の遺物である。プロペラや操縦席が朽ちずに残った零戦がリーフ内に沈み、熱帯魚の住処となっていた。

ある島の洞穴には機関銃が置かれており、銃口が敵なき空に向けられている。パラオではペリリュー島やアンガウル島が激戦地となったが、南洋松島にも戦争の跡が残っており心が痛んだ。

宮城県にも松島はあるが、パラオの松島には、熱帯の美しさがあり、歴史的にも興味深い時が刻まれているのであった。

港大尋さんのCDリリースとライブツアーのお知らせ

第二回のゆいまーるの集いの参加された、港大尋さんのCD[声とギター」がリリースされました。
CDリリースにともない、東京、大阪、静岡、名古屋でライブツアーが行われます。

5月2日 東京神楽坂
5月6日 大阪上本町
5月7日 大阪新今宮
5月8日 大阪北堀江
5月9日 名古屋新栄
5月10日 静岡市
5月17日 東京下高井戸

ライブ、CDについての詳しいお問い合わせは次のアドレスまでお願いします。
5月7日のライブでは、詩人の上田さんもご参加するそうです。上田さんも奄美大島での
ゆいまーるの集いに参加されました。

siamoikos@jcom.home.ne.jp

私もぜひともライブ行きたいと思います。奄美大島宇検村での歌声、ギターの音色が思い出されます。


パラオの中の沖縄

「パラオの中の沖縄」と題する私のコラムが沖縄タイムスの1999年7月1日の朝刊に掲載されましたので、ご紹介します。

 
「果物」「急病」「乳バンド」「衣紋かけ」「暴れる」「勿体無い」。さてこれはどこの言葉でしょう。なんとこれらはすべて外国語なのです。

沖縄の南約2800キロの太平洋上に浮かぶ人口約1万7千人の小さな独立国パラオ。ここは、これら日本語がパラオ語として日常話されているのです。

沖縄のサーターアンダギーもパラオでは「タマ」として親しまれています。このタマはパラオでは大変愛されている食べ物の一つで、店毎に少しずつ味が違います。

値段は安い物で一袋10個入りのものが1ドルから、高いものは1つ20セントまでいろいろ。島で人気の店をのぞいたところ、ここでは一日中タマを揚げる香ばしいにおいが漂っていました。

また、パラオのおいしい物の一つに「ベントウ」があります。日本風にご飯とおかずに分かれ、弁当の容器に入っています。そしてウチナーンチュが好きなポークを使ったポークおにぎりは絶品です。

それはご飯の上にポークと玉子焼きを載せて海苔で巻いた大きな握りずし風のものです。

これら弁当類はどこの店でも売られていて、パラオの人たちの生活になくてはならない物になっています。

先日、沖縄風のポーポーを発見しました。中身はピーナツバターでしたが、これはまさしく沖縄の味。約5本入って1ドル25セント。安くておいしくて懐かしくて、パラオの味覚には大満足です。

私に初めてタマを教えてくれたのはパラオのヒガさんです。ヒガさんのおじいさん、おばあさんは戦前に沖縄からパラオにやって来たとのこと。

今では比嘉という名字もパラオ風にヒガと変わりすっかりパラオに定着しています。タマといい、ポーポーといい、ヒガさんといい、パラオと沖縄との近い関係は大変に興味深いです。

島育ち

1999年に沖縄タイムスに「島育ち」と題するコラムが掲載されましたので、ご紹介します。

 
私は石垣島で生まれ、南大東島、与那国島、沖縄本島那覇市で育った。父親が沖縄気象台の職員であった関係から母、弟とともに島々に移り住み、島の伝統に接し、今では人々との温かいつながりが貴重な思い出となっている。

 初めての海外勤務地であったグアムは、基地と観光で経済が成り立っているという沖縄とほぼ同様な条件下におかれた島であり、そこでもまた沖縄県人会初め、沖縄と関わりを持つ方々にお世話になった。

 次の勤務地であるパラオには日本本土や沖縄の文化的基層と共通する部分がみられ、沖縄県と歴史的に深い関わりがあることを発見した。

 また色々な島に住んでみて思うことは、島は孤立しており、近代的な側面では不便な点もないではないが、人々の関係が非常に緊密であることだ。

都会の感覚ではお節介と思えるくらい人々がお互いの存在を気にしている社会である。祭、食事会、酒飲み会等、色々な名目で人々が集まり、協力しあい、団結をはかろうとしている。

 パラオではシュウカンと呼ばれる行事があり、親戚が食事を持ち寄って集い、または金銭的に支援しあう。車で走っている時に対向車に知人が載っていると、手で必ず合図する。日常的にお互いを必要としているのだなと感じさせる光景によく出会う。

 先日、街のショッピングセンターで偶然沖縄県出身者と出会った。すると彼は突然、私達にその場で待つように言い、若い者に小型マグロ2匹を持ってこさせた。

それは2時間前に獲れたばかりの生きの良いマグロであった。私達は観光客の好奇と羨望の眼差しに見送られながら、マグロ2匹を抱え取り敢えず自宅へと戻ったのであった。

その夜は美味しい刺身と、人の心の温かさを有り難く頂いたのであった。

 物が溢れている社会に住むことが人間の幸せではなく、家族、地域住民がお互いに助け合い、信頼し合うという幸せの原点を島の生活は教えてくれる。

パラオの独立

1999年の沖縄タイムスに「パラオの独立」と題するコラムが掲載されましたので、ご紹介します。



 パラオは1994年10月1日に独立した。今年は独立5周年であり、盛大に花火を上げて国民が独立を祝った。

独立前は、米国の戦略的信託統治領であり、戦前は日本の委任統治領であった。委任統治領の前はドイツ、スペインの統治下におかれていたが、米国と日本の影響を強く受けた社会となっている。

 5年前に晴れて独立国となったが、その際、米国との間で自由連合盟約を結んだ。それは、2009年まで米国が援助金を提供する代わりに、米国が安全保障上の権限を有するというものである。

 パラオの北に位置するグアムは米国の属領であり、島民は米国籍を有しているが、政治的権限の面で様々な制限がかせられている。

北マリアナ諸島は米国のコモンウェルスであり、島民は米国籍を有し、また、独自の労働法、移民法を持っている。

北の諸島が米国の一部にとどまっているのであるが、パラオは人口規模が小さいにもかかわらず独立の道を選んだ。

また、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島の他のミクロネシア諸島とともに独立する予定であったが、アジアとの近さ、軍事的価値の高さが評価され独立を決意したといわれている。

 独立しても米国を初めとする諸国からの援助金に依存しており、独立後も経済自立の課題を抱えている。外資を導入し、島内の開発を促進することで民間部門を育成しようとしている。

パラオに特徴的なことは外資だけが利益を得るのではなく、パラオ人も経済的利益の恩恵によくすることが出来るように法制度を整備していることである。

めんそーれパラオ

1999年の沖縄タイムスに「めんそーれパラオ」と題するコラムが掲載されましたので、ご紹介します。


 今までパラオを訪問した家族や友人は、皆一様に「パラオはいいね」と感想を漏す。パラオの観光名所に代表されるのは、その美しさを誇る南洋松島(ロックアイランド)であろう。

この風景は沖縄ではちょっと見られない。まだ発見されていない新種の海洋生物のいる可能性があるとされている神秘的な島々である。

 南洋松島をさらに南に行くとペリリュー島がある。先の大戦での激戦地であるが、零戦、戦車、砲台跡、司令部等が未だに生々しい姿で残っている。

墓地には沖縄の慰霊塔もあり西太平洋戦没者の碑からは、もう1つの激戦地であるアンガウル島が見える。ここは沖縄と同じく慰霊の島でもある。

 パラオで最大の島は、未だ開発されていないバベルダオブ島である。未開発であるが故に自然そのままを楽しむ事が出来る。

ここには大小二つの有名な滝があり、小さい方の滝は割と楽に行くことが出来る。友人とここを訪れた際には、みんなで思わず童心に帰ってしまいパンツ一丁の姿で滝にうたれたり、滝壺を泳ぎ回ったりしてはしゃいだ。

またこの島にはピラミッド状の遺跡があると一部の学者が推察している。果たして本当だろうか。もしこれが本当であれば、歴史上の大発見になるのである。

 首都コロール島には、戦前に造られた建物、海上道路も現役である。防空壕、石灯籠等、街の至る所に日本時代の遺物を発見することができる。

 食べ物も沖縄と非常に近い。タンム・エンサイ・島バナナ・パパイヤー等の農産物もあるし、魚やしゃこ貝なども沖縄と比べてかなり安く手に入る。

9月にここを訪れた私の両親は、今でも時々「パラオで食べた刺身が美味しかったね」と懐かしく思い出す。

 そしてパラオには一軒の沖縄料理店がある。泡盛を飲み、沖縄料理を食べていると何処からともなく沖縄民謡が聞こえてくる。

酔いが回るほどに、パラオの中の沖縄にいるのを実感する。めんそーれパラオ。沖縄とはまた違う常夏の島へ。

パラオの歌謡曲

1999年の沖縄タイムスの唐獅子の欄に「パラオの歌謡曲」が掲載されましたので、ご紹介します。


 車を走らせラジオの歌謡曲を聞いていると時々、不思議なそして懐かしい気持ちになることがある。

あるパラオ語の歌謡曲を聞いていたが、そのさびの部分にはいると「決めた、決めた」等と日本語が入ったのである。

 また、歌詞はパラオ語だけど何処かで聞き覚えのある曲が流れ、耳を澄ますとそれは「安里屋ユンタ」であったり、「二見情話」であったりする。パラオ語の沖縄民謡もなかなかのものである。

 パラオのラジオには1つのAM局と5つのFM局があるが、殆どの局には「ジャパンアワー」があり、早朝、午後、夜に日本の歌、特に演歌をそのまま流している。

1970年代、80年代に流行した日本のポップス特集を聞いたときには、ここはパラオかと一瞬疑った。

 パラオの若い人は小学生からの英語教育により、お年寄りと比べればそれ程日本語は達者ではないようだ。しかし、幼い頃から日本語の歌を聞いて親しみが湧き、演歌好きになった人も多いと聞く。

NHKの歌謡番組、のど自慢等も人気の番組だそうだ。あの美空ひばりもパラオでは有名な歌手の1人である。

 パラオの音楽事情をもう一つ。公共工事のくわ入れ式、屋外レセプション、結婚式その他各種式典等の会場で必ず耳にするのが歌姫の朗々たる歌声である。

 歌が始まると思い思いの衣装の婦人達が10人ほどで1ドル紙幣を両手に握り、それを頭上で揺らし腰を振りながら歌姫に近づいて周りで踊り始める。

そして次々に歌姫の手にドル紙幣を握らせては去っていく。こうして何曲もの歌が歌い終わるまで歌姫と婦人達の競演は続く。式典での一番の見せ場と言って良いだろう。

 人々が集まると歌い踊る。歌もパラオ語だけでなく、日本の演歌、沖縄民謡から影響を受けて自分のものにしている。沖縄と同じく、南国の大らかさと包容力を感じる。

パラオでの楽しみ

1999年10月21日の沖縄タイムス「唐獅子」に掲載された私のコラム、「パラオでの楽しみ」を掲載します。


 パラオ人は週末になると、自家用ボートに乗って釣りに行く人が多い。朝から夕方近くまで魚を釣り、釣れた魚はボートの上で刺身にして醤油を付けて昼飯にする。

大漁の日には家庭用の食料にしたり、親戚や友達に配る。釣りはパラオ人の生活にとって欠かせない。

 我々が誰か好きな人ができた時には映画や食事に誘うが、パラオ人は好きな人を釣りに誘うのがデートの申し込みの方法である。

相手が一緒に行くと返事したら、自分に気があると考えていいし、沢山の魚が釣れたら、さらに好意をもってもらえるだろう。

 また、パラオ人にとって欠かせないのはビテルナッツ・チューイングである。それは、ビテルナッツという植物の実を半分に切り、その間に石灰、タバコの葉を入れて口の中で噛む習慣である。

鎮静作用があるらしい。パラオ人は実、石灰、タバコを入れる小さなバックを持ち歩き、いつでも噛めるようにしている。台湾やヤップ島でも同じような習慣がみられる。

 パラオにはパラオ人以外にも幾つかの民族が住んでいる。フィリピン人の楽しみは街の中心にある体育館でバスケットの試合をすることである。同胞が大勢で声を張り上げて応援している光景を車からしばしば目にする。

 私はよく夕方、陸上競技場で歩いているが、熱帯地方の独特の雲を見たり昆虫の鳴き声を聞くのが楽しみであり、時々、パラオの子供が「こんにちわ」と声を掛けてくることもある。

顔なじみもでき、足の筋肉が発達したおじさん四人組には毎回会うが、非常に早いスピードで歩いている。聞くところによると、グアムで行われたウォーキング大会のシニア部門で優勝したそうだ。

母親が幼い子供を励ましながら歩いたり、若い女性がダイエットを目標に必死に走ったり、空手着を着た先生と生徒がかけ声を出しながら走っている。

競技場の真ん中のサッカー場ではバングラデッシュ人が30人くらいでサッカーをし、点が入ると歓声が沸き上がる。それぞれの人々が自分達なりにパラオの生活を楽しんでいる。

伊江島ゆいまーる会議14

IMG_3481.jpg
アバサー(ハリセンボン)です。翌朝、海勢頭さん、藤原社長、大亮さんと近くの浜を散歩した際に、みつけました。

IMG_3482.jpg
本部半島がみえる、静かな、きれいな浜でした。海勢頭さんと社長もすがすがしい顔をされています。

IMG_3483.jpg
既に帰られた方もいましたが、解散の前に「ウチドタカラの家」で記念撮影をしました。二泊三日の伊江島での議論、思索、体験は、これからの各人の自治のあゆみにおいて大きな力になると思います。

IMG_3484.jpg
謝花さん、1月の準備の際から大変お世話になりました。1月にたずねた際には、高岩監督(「教えられなかった戦争:沖縄編」の監督)が亡くなれて、心を痛めているときで、申し訳なかったですが、三月の集いのために、多くの気遣いをしてくださり、心より感謝申し上げます。

琉球の自治にとって、伊江島、阿波根さん、わびあいの里の歩み、存在が非常に重要であることを改めてしることができました。多くの方との出会いがあり、学ぶこともたくさんあった集いでした。

伊江島ゆいまーる会議13

IMG_3476.jpg
懇親会でも、楽しい、真剣な議論が続きました。

IMG_3477.jpg
海勢頭さんのギターで皆で歌っています。

IMG_3478.jpg
石坂さんご夫妻も楽しそうでした。

IMG_3479.jpg
唄いかつ議論をして、夜は更けていきます。

IMG_3480.jpg
内間さんと安里さんが楽しく踊っています。このあと、わびあいの里の宿舎にいき、皆さん床につきました。

伊江島ゆいまーる会議12

昨日は、新しい職場である龍谷大学での辞令交付式、新人研修がありアップできませんでした。
経済学部において、学部では、地域経済論、社会経済学、各種の演習、そして大学院では地域経済論、民際学を講義する予定です。琉球の島々についても、学生と議論をし、実際に島々においてフィールドワークを行いたいと考えています。これからもお世話になると思いますが、どうぞ宜しくお願いします。



IMG_3470.jpg
海勢頭さんとともに、藤原社長も唄われています。みんなで合唱することもあり、参加者のだれかが、「歌声喫茶」のようだといいました。歌は人の心をつなぐものだと、しみじみ思いました。

IMG_3473.jpg
うたたとともに、内間さん、新元さんの島の神々、ことば、生活についてもお話も、味わいのあるものでした。

IMG_3472.jpg
海勢頭さんのギターにあわせて、安里さんが独唱されています。女性のやさしさに満ちた歌声でした。後ろで写真をとっているのは、喜納さんで、里で働かれている方です。石垣島出身で、私たち家族と知り合いの方をご存知で、意気投合しました。非常にお世話になりました。お礼申し上げます。

IMG_3474.jpg
西浜さん、私の両親、そして謝花さんも写っています。夜12時ごろまで大変盛り上がりました。

IMG_3475.jpg
会のしめは、カチャーシーです。

| ホーム |


 BLOG TOP