FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

わったーるーちゅーの国連ステートメントペーパー 3

In 2006,US and Japanese Governments agreed on Roadmap for Realignment Implementation of US bases.This Roadmap includes the reversion of Futenma Air Base and 5 other facilities,after the completion of Futenma Relocation Facility in Henoko,Nago City,and moving of 8,522 Marines,9,000 their dependents from Okinawa to Guam.Futenma issue and Guam realignment are “package”.Japanese Government has been complicit in the construction of new bases in Guam by supplying large public fund($6.09billion) even though the big earthquake,tsunami and nuclear accidents have occurred in Japan after march11 this year.Excuse to pay money,Japanese Government will send more their Self-Defense Forces to Guam for military training.

So much of Okinawans reject the plan of construction of new military base on coral reef of Henoko.Okinawa Pref.Governor Hirokazu Nakaima and Nago City Mayor Susumu Inafuku also refuse to accept a new base anywhere in Okinawa.

Okinawans are against moving of US Marines to Guam and the construction of new bases there because the colonial situation of Guam will be fixed so deeply and the militarization on Guam is against the process of decolonization on UNC-24.

The reduction of bases on Okinawa will promote that of Guam.I think the relationship of Guam and Okinawa is like sisters and frothers.We insist that Guam should be demilitarized on this decolonization process in UN C-24.

I appreciate Former Senator Hope Cristobal and Dr.Lisa Natividad so much for accepting me for a member of Guam delegation and giving a chance to speak in UN C-24.



Niifaiyou(thank you)


Joseph Ada(1993)The State of the Colony,Guam Government,

Wakako Higuchi (2001) “The Japanisation Policy for the Chamorros of Guam, 1941-1944”in The Journal of Pacific History,Vol.36,No.1

Okinawa Prefectural government(2011)US Military Base Issues in Okinawa,Okinawa Prefectural Government

Political Status Education Coordinating Commission (ed.) (1996)Issues in Guam's Political Development:The Chamorro Perspective,The Political Status Education Coordinating Commission

R.Rogers(1995)Destiny’s Landfall-A History of Guam,University of Hawaii Press

Pedro Sanchez(1988)Guahan Guam-The History of Our Island- ,Sanchez Publishing
House 

Ronald Stade(1998)Pacific Passages-World Culture and Local Politics in Guam-,Stockholm Studies in Social Anthropology

Robert Underwood(1998)The State of Guam’s Agenda in Washington 1997,The Office of Underwood

YasukatsuMatsushima(2007)Micronesia-the challenge of Islands’ Peoples for Selfgovernance, Waseda University Press(Japanese version)
スポンサーサイト

わったーるーちゅーの国連ステートメントペーパー 2

In 1972,the colonial administration of Okinawa was retransferred from US to Japan.The strong wishs of Okinawans to remove all US bases were ignored.Military bases and economic activities become connected each other in Guam and Okinawa,but almost benefits of base-related economies have gone out of these islands to other places.The military policies on Guam and Okinawa have been decided by US and Japanese Governments unilaterally to ignore these peoples’s claims.So the colonization of Guam and Okinawa has been very clear militarily,politically,economically.

But Chamorros has used international networks for the decolonization by their groups such as OPI-R(Organization of People for Indigenous Rights),Guhan Coalition for Peace and Justice,We are Guahan and Chamorro Nations and so on.Also Okinawans has participated to UN organizations to resolve colonization problems.In 1996 I had participated to UN Working Group on Indigenous Peoples.Until now,Okinawans have taken part in several UN organizations to decolonize,and demilitarize Okinawa.

In 2006, Dr. Deu Deu Dien,a special reporter of UN Commission on Human Rights, came to survey military bases on Okinawa.He reported that Okinawan situation was abnormal and Japanese Government discriminated against Okinawans.In 2010, UN Committee on the Elimination of Racial Discrimination said that US military base problems on Okinawa are racial discrimination to Okinawans.


3.Towards the Demilitarization of Guam

If US Marines will move from Okinawa to Guam,Chamorro people will face many problems such like Okinawan cases.We must understand military base problems on Okinawa because ‘Build Up’ in Guam is conditioned to that of Okinawa by US and Japanese Governments.

74% of US military bases in Japan have been concentrated in Okinawa which covers only 0.6% of all Japanese territory.Many military bases reside in small and highly populated island.That is why there are so many accidents and crimes committed by US personnels.

We have faced such serious damages as fieldfires and bomb accidents caused by live ammunition practices,planes and helicopters crashes,deafing roar,traffic accidents,destruction of environment and historical sites, indigenous cultural heritages, infringements upon the daily life of the Okinawans and so on.From 1972 to 2010,military related criminal cases have occurred 5,705.From 1972 to 2010,accidents and incidents related to Military training have occurred 1,545.

Two of the most shocking cases are the rape case by 3 US soldiers against a schoolgirl(12years old) in 1995 and the US helicopter crash in 2004 at Okinawa International University.This helicopter belonged to Futenma Air base.

The Japanese Government hasn’t changed the Agreement on the Status of US Armed Forces in Japan in spite of the strong outrage of almost all Okinawans.This Agreement gives the US military personnels the special privileges to refuse handing over suspects to Japanese authority and on-the-spot inspections.

わったーるーちゅーの国連ステートメントペーパー 1

わったーるーちゅー(We are Loochoo)による国連でのステートメントペーパーを3回にわたりご紹介します。


The QUESTION OF GUAM
STATEMENT OF WE ARE LOOCHOO
By Dr.YASUKATSU MATSUSHIMA
Before the
UNITED NATIONS SPECIAL COMMITTEE of 24 on DECOLONIZATION 66th Session

Towards the Demilitarizaiton of Guam


21 June 2011









We Are LOOCHOO
Dr.Yasukatsu Matsushima
345,Oroku,Naha-city,Okinawa-prefecture,901-0152,Japan
Mail:matusima345@gmail.com

Kuyoonaara(Hello)

I appreciate for Your Excellency Francisco Carrion-Mena,Chairperson of the Special Committee of 24,members of the Special Committee on Decolonization to give me the opportunity to speak before your Cimmittee.


1.Introduction

I am Dr.Yasukatsu Matsushima.an Okinawan.I was born and raised on Okinawa.Okinawa consists of 160 islands in the EastAsia Sea surrounded by Japan, Taiwan, China, Philippines and its population is about 1.4million.
I will appeal that the necessity of demilitarization of Guam from the perspective of Okinawa because the militarization of Guam and Okinawa has been linked strongly by US and Japanese Governments.


2.The Brief History of How Guam and Okinawa Share the Colonization

The militarization of Guam is linked with the building of new bases onOkinawa and the
moving of 8,522 US Marines,9,000 their dependents from Okinawa to Guam.Japanese Government has paid public funds to make new bases on Guam and its Self-Defense Forces has been training with US Forces on Guam.Why Guam and Okinawa is related militarily by US and Japanese Governments?We should understand the historical background of the colonization of Guam and Okinawa.

As Guam has been controlled by Spain,US,Japan and now US,Okinawa has been under the control of Japan,US and now Japan and US.

In1879,Japanese Government annexed Ryukyu Kingdom with its military invasion and started to rule Okinawa as its colony.The Japanese Government has imposed colonialist policies, prohibiting the Okinawan language in school.Also in Guam, Chamorros had been forced to speak English in school until 1950s. It can be called a cultural genocide.

In 1945,Japanese Government had used Okinawa as a battle ground.The number of the Okinawan fatalities reached around 150 thousand.In1941,immediately after Pearl Harbor, Japanese Forces occupied and controlled Guam until 1944.Many Chamorros had been massacred,killed by the Japanese soldiers and destroyed land of Guam thoroughly.Japanese Government has not done the war reparations for Chamorros until now.

During Pacific War, in Guam a lot of lands of Chamorros had been deprived by US Government to make military bases.Okinawa had been directly under the control of US Military Government. Many lands of Okinawans were taken by US Government with weapons.
In 1950s,US Marine Bases had been moved from Japanese Main Islands to Okinawa.Now US Marines will move to Guam.

In 1962,following the United Nations Declaration on the Granting of Independence to Colonial Countries and Peoples,the Ryukyu Legislature passed a resolution,stating that the US rule over Okinawa violated the principles of self-determination and non-expansion of territories prescribed in the UN Charter.This resolution was sent to all 104member States of the UN at that time.

国連文書への記載2

グアム政府代表団によるプレゼンテーションペーパーの概要紹介の2回目です。



LISALINDA NATIVIDAD, Chamorro professor at the University of Guam and a member of the Guam Commission on Decolonization, said that, in 2006, the United States had entered into a bilateral agreement with the Government of Japan, which included plans to transfer 8,000 United States Marines from Japan to Guam. That process had occurred without any consultation with Guam leaders or the Chamorro people — a situation that had been made possible by the island’s unresolved political status. Guam’s current colonial condition “set the stage for exploitation” of its lands and the rights of the Chamorro people.



She said that the announced planned military build-up had prompted a return by Guam to the annual sessions of the Special Committee after a nearly 10‑year absence. But despite consecutive years of attendance since 2006, the situation remained unresolved and conditions in Guam were poor. “As you hear the dismal realities of our island home, we ask that you do something different,” she urged the Special Committee, calling on delegates to focus on specific actions that could be taken by the United Nations, and the Special Committee in particular, to bring about changes.



“Militarism has historically been used as the imperial hammer that ensures the suppression of Guam’s colonized peoples,” she said, noting that the application of American militarism in Guam had continued as recently as 2010, when the United States Navy had begun awarding Department of Defence contracts for construction and other projects on the island. Over the years, the United States military presence in Guam and the Federated States of Micronesia had resulted in radiation exposure, environmental devastation and toxic contamination of the islands and their peoples. Nonetheless, Guam residents were still not eligible for compensation through the Radiation Exposure Compensation Act of the United States Congress, a fact that continued despite evidence of excessively high rates of rare types of cancer among the Chamorro people.



In light of the current situation, she offered a series of recommendations, including keeping Guam on the list of Non-Self-Governing Territories until the Chamorro people were able to exercise their right to political self-determination. She further recommended that the Special Committee reaffirm and declare that Guam’s militarization plans by the administering Power, the United States, posed an impediment to the exercise of the Chamorros’ rights to self-determination and decolonization. Among other recommendations, she also said that the United Nations should provide financial and technical assistance for an educational campaign in Guam, in the near future, relative to the political status plebiscite.



YASUKATSU MATSUSHIMA, Professor at Ryukoku University in Japan, said that the colonial histories of Guam and his native Okinawa were closely linked. Just as Guam had been historically controlled by Spain, Japan and the United States, Okinawa had been under Japanese and United States control. And just as the Japanese Government had imposed colonialist policies in Okinawa, prohibiting the use of the Okinawan language in schools, Chamorros in Guam had been forced to speak English. Those policies and others like them amounted to a “cultural genocide”. The military policies in Guam and Okinawa had been unilaterally decided by the colonial Powers, ignoring the claims of their residents.



Today, the militarization of Guam was tied to the building of new military bases and the transfer of more than 8,000 United States Marines from Okinawa to Guam. With that movement, the Chamorro people would face many of the same problems that the Okinawan people had faced, including field fires and bomb accidents caused by live ammunition, plane and helicopter crashes, as well as noise pollution, traffic accidents, the destruction of environmental and historical sites and the loss of indigenous cultural heritage. The Okinawan people were against the movement of United States Marines to Guam, as well as the construction of new military bases, as they feared that the island’s colonial situation would become “deeply fixed”. They insisted that Guam be demilitarized in accordance with United Nations decolonization principles and the Special Committee’s processes.



LISA BAZA, Conscious Living, a non-profit organization, recommended that Guam remain on the list of Non-Self-Governing Territories until the Chamorros had an opportunity to exercise their inalienable right to political self-determination. The United Nations should provide financial and technical assistance for an educational campaign that informed all people of Guam about the political status plebiscite, and it should send a visiting mission to observe that event.



More broadly, she recommended that the United Nations adopt a resolution that reflected a case-by-case decolonization plan for each of the Non-Self-Governing Territories to be achieved in the Third Decade for the Eradication of Colonialism. The United Nations Development Programme (UNDP), in particular, should financially assist Non-Self-Governing Territories in dealing with poverty-related issues caused by their economic dependence on administering Powers. The Organization should also consider revisiting the development of a declaration of rights for indigenous peoples, which would allow colonized voices to be heard.



Guam’s process of self-determination would be revisited with a plebiscite within the next five years, she said. The administering Power, through the Department of the Interior, had pledged funding for education, as the island worked towards that plebiscite, and she asked the Special Committee to implore the administering Power to follow that mandate.


国連文書への記載1

21日に行った国連脱植民地化特別委員会での報告が国連文書として記載されましたので、2回に分けてご紹介します。


http://www.un.org/News/Press/docs/2011/gacol3225.doc.htm






General Assembly
GA/COL/3225

Petitioners on Guam



CLARE CALVO, speaking on behalf of Eddie Baza Calvo, Governor of Guam, said: “The people of Guam need your help.” Colonialism had weighed on them for nearly 500 years. The island had suffered over 230 years of Spanish colonial rule, during which the Chamorros had been devastated by disease, war and oppression. After the Spanish-American War, the United States had claimed Guam, and rule had begun under the “Naval Government”. Japan’s foray into imperialism during the Second World War had been especially brutal, when Chamorro women had been raped and men beheaded by the Japanese Imperial Army.



In July 1944, the United States had taken back the island, she continued, and while the Chamorros had been liberated from slavery and war, they were still suppressed under colonialism, and worse, had yet to receive reparations for the atrocities they had suffered. The Chamorros of the Second World War had endured slavery, murder and genocide, yet the United States had been silent on its obligations for war reparations. That silence reinforced the point that Guam could no longer be a colony in perpetuity.



She said the Chamorros had been unable to reach their full socio-economic potential because of their political status. “Now, more than ever, it is important to move forward”, while there were still Chamorros left to express their right to self-determination. She was thankful that the United States, the administering Power, recognized that right. The Obama Administration had agreed to match local funding allocated for decolonization efforts. The Government of Guam was committed to a plebiscite, and she wished to see a vote taken in the next general election or the one thereafter.



Most important was to ensure that Chamorros made an educated decision on their political status, she said, underscoring that “exercising this human right is long overdue”. For far too long, the Chamorro people had been told to be satisfied with a political status that did not respect their wishes first. For far too long, they had dealt with taxation without full representation, quasi-citizenship and partial belonging. She urged the Special Committee to support their human rights and help them become citizens of their own place in this world.



EDWARD ALVAREZ, Executive Director of the Commission on Decolonization of Guam, said his Government would embark on an aggressive campaign to parlay its situation to a national and international audience. Legislation had been introduced to appropriate money for a Chamorro self-determination educational campaign, a programme which the United States Department of the Interior had expressed its intention to fund. Moreover, the Governor aimed to hold a plebiscite in the next five years for the Chamorro people to exercise their right to self-determination.



He said that Guam did not plan to draft a constitution at this time, but rather, it would pursue the resolution of its political status by helping Chamorros exercise their right to self-determination, particularly amid the military build-up. With that, he recommended that a representative from the United States President’s Office facilitate the issue in Congress, as Guam engaged the Departments of the Interior and Defence.



For its part, Guam would reach out to national and international media “to get our story told and message across”, he pledged. It also would seek advocacy from as many groups and celebrities as possible. He also recommended that the United Nations advocate for Guam by pressuring the United States. Along with a national and international media campaign, Guam might request an invitation to the International Court of Justice. “The time has come for all of us to come to grips with what is right and just for the Chamorro people of Guam,” he said.


グアムと沖縄 今も植民地

昨日、夜遅く、自宅に着きました。成田に飛行機が着陸するとき強風により、機体が上下に大きく揺れ、一度車輪が滑走路に接触しましたが、もう一度、上昇しました。二回目の着陸の際にも機体が大きく揺れましたが、着陸に成功したものの機体が揺れ続けていました。そのようなハプニングもありましたが、無事、家に帰りつきました。

これから体力を回復して、次の行動と研究と深めて、今回の意義を次につなげたいです。


朝日新聞の滋賀版に新聞記事の完全版が掲載されていましたので、お伝えします。




国連本部で21日に開かれた脱植民地化特別委員会で、沖縄県出身の松島泰勝・龍谷大教授(48)が、グアム政府代表団の一員として異例の演説をした。「グアムと沖縄は今も植民地。地域のあり方や行く末を決めるのは住民ではなく本土政府だ」と訴えた。


 沖縄県出身者がグアム政府代表に加わるのは、今回が初めて。松島さんが今年2月、学生を連れてグアムを訪れた際に、NGO代表でグアム大講師のリサ・ナティビダッドさん(40)と米軍基地問題について意見交換したのがきっかけで、グアム政府から代表団入りを求められた。


 グアム政府代表団5人のうち4番目に発言した松島さんは「沖縄の人々は米軍基地の撤去を求めているのに、日米両政府は一方的に押しつけている。グアムの人々も、これ以上の基地負担を望んでいない。沖縄とグアムは軍事的にも政治的にも経済的にも植民地で、兄弟姉妹の関係だ」と述べ、沖縄だけでなくグアムの米軍基地負担も軽減させるため、日米両政府へ圧力をかけるよう国際社会に求めた。

グアム政府の脱植民地化委員会事務局長のエドワード・アルバレスさん(50)は「グアムと沖縄の連帯を世界に示せた」と評価する。松島さんは「グアムと沖縄が分断されて傷つけ合うのではなく、互いに支え合う関係を築きたい」と話した。

グアムと非自治地域:マリアナ諸島最大の島(549平方キロ)で、人口18万人。先住民チャモロがいたが、16世紀にスペインが領有を宣言、19世紀末に米植民地に。第2次世界大戦中は日本軍が占領。戦後、植民地的な地位の「非自治地域」と国連が認定。72年から米下院に代表を送れるようになったが、本会議での投票権をもたない「準議員」。住民も米市民権はあるが、大統領選の投票権はない。

(ニューヨーク=春日芳晃)

国連脱植民地化特別委員会の記事

朝日新聞のインターネット版に以下のように、国連脱植民地か特別委員会の模様が報道されました。
取材をしてくださった春日さんに心よりお礼申し上げます。
下のasahi.comは無料で見れますが、記事の一部です。有料の朝日新聞デジタルに全文が掲載されていますので、ご覧ください。

http://www.asahi.com/international/update/0622/TKY201106220529.html





国連本部で21日に開かれた脱植民地化特別委員会で、沖縄県出身の松島泰勝・龍谷大教授(48)が、グアム政府代表団の一員として異例の演説をした。「グアムと沖縄は今も植民地。地域のあり方や行く末を決めるのは住民ではなく本土政府だ」と訴えた。


 沖縄県出身者がグアム政府代表に加わるのは、今回が初めて。松島さんが今年2月、学生を連れてグアムを訪れた際に、NGO代表でグアム大講師のリサ・ナティビダッドさん(40)と米軍基地問題について意見交換したのがきっかけで、グアム政府から代表団入りを求められた。


 グアム政府代表団5人のうち4番目に発言した松島さんは「沖縄の人々は米軍基地の撤去を求めているのに、日米両政府は一方的に押しつけている。グアムの人々も、これ以上の基地負担を望んでいない。沖縄とグアムは軍事的にも政治的にも経済的にも植民地で、兄弟姉妹の関係だ」と述べ、沖縄だけでなくグアムの米軍基地負担も軽減させるため、日米両政府へ圧力をかけるよう国際社会に求めた。

国連脱植民地化特別委員会への参加

昨日は、国連脱植民地特別委員会にグアム政府代表団の一人として参加しました。参加前から、ホープ・クリストバルさん、リサ・ナティビダッドさんには大変お世話になり、ニューヨークにきてからは他の参加者の皆さんに励まされ、いろいろと教えられています。

スペイン、アメリカによる約400年の植民地支配から脱したいという、グアムの先住民族チャモロ人の熱い心に接することができました。グアムからはカルボ知事の声明が、知事の娘さんによって読み上げられました。特に太平洋戦争中の日本軍によるチャモロ人に対する残虐行為、戦時賠償がいまだになされていないことは知っていましたが、改めて国連の場で主張されており、非常に心に残りました。

グアム政府脱植民地化委員会のアルバレス事務局長も、米国の植民地支配を国内外のメディアに訴え、米国を国際司法裁判所に提訴する可能性を示しました。

グアム大学講師であり、平和と正義を求めるグアム人連合会長であるリサ・ナティビダッドさんは、琉球からの海兵隊移転にともなう基地拡張がグアム人の健康に与える影響について述べ、近い将来行われる予定のグアムの政治的な地位を決める住民投票に対する支援を国連に要求しました。

次に私が、グアムと琉球・沖縄の植民地過程の共通性、琉球の軍事基地問題の深刻さ、グアムと琉球と基地建設や軍隊の移動がパッケージ化されており、双方が協力して抵抗することの重要性について指摘しました。

最後に心理療法士のリサ・バザさんが、植民地化によるチャモロ人に対する心の面での問題性についてのべ、最後に沖縄のことについても言及してくださいました。

これまでグアムからはNGO関係者がこの委員会に参加していましたが、グアム政府として参加するのは8年ぶりだとのことです。それだけグアム政府は現在の植民地状況に怒っており、国際社会に知事自ら声を上げています。

沖縄県知事も近い将来、この会議に参加し、脱基地化、脱植民地化をグアムとともに主張すべきではないかと思います。

私は10年前に、沖縄タイムスの与那嶺功記者の紹介で、同紙にグアムへの海兵隊移転に反対する連載論考を寄稿し、グアムと琉球との連携の必要性について書かせてもらいました。

今回、チャモロ人のご理解とご協力で、両者の協力関係ができました。今後とも、両者のゆいまーる関係(相互扶助関係)を強めるための社会活動、研究・教育活動を続けていきたいと思います。

国連、ニューヨークを歩く

私が泊まっているホテルの近くに国連本部があります。昨日は国連のツアーに参加しました。アメリカの子供たち、観光客がセキュリティーを通って中に入りました。職員の方から、国連総会会議室の後ろにある席で国連の活動をについて話を聞きました。大きい国であろうが小さな国であろうが、各国が持つ一票は同じであるという原則があります。

地雷撤去活動、人権擁護運動、反核平和運動、人間の安全保障など、いろいろな側面から国連の活動を学びました。

その後、国連の活動を示したパネル、資料を見ながら説明を受けました。最後に国連の書籍、お土産品点で本を買い、カフェテリアでランチを食べました。

建物の中は古く、屋根の一部ははがれているところもありました。現在、大規模な改修工事がおこなれています。ニューヨークの他の豪華な建物を見慣れていると、国連の建物は質素にみえます。

職員の方が、現在の国連事務総長のバンさんの再任が決まり、後5年間、職務につくと伝えてくれました。拒否権をもつ五大国に対してどのように総長として主導力を発揮するのかが、今後問われてくるでしょう。

ニューヨークを歩いていると、金持ちそうな人、トップモデルのような人、ビジネスマン・ウーマンが颯爽とあるいている姿を目にしますが、路上生活者の方もしばしば見ました。メッセージを書いたダンボールの前に空き缶をおき、お金を求めていました。公立図書館や公園にに大きな荷物をもった人たちが座っていました。空き缶やバケツを利用して音楽を披露することでお金を得ようとしている人も目にしました。

ニューヨークは以前に比べて犯罪は少なくなったそうですが、今でも違法薬物の売買がおこなれれている場所がところどころにあります。私も移動の途中、そのような場所を歩きましたが、ニューヨークの5番街ではまるで違う世界がそこにはありした。

アメリカンスタンダード、市場原理主義の本場中の本場であるニューヨークの現実をしっかりと目に焼き付けました。

夕方、市内でチャモロ人の方々とお会いし、今日の国連での活動について打ち合わせをしました。リサさん以外ははじめての方ですが、皆さん、グアムの脱植民地化、脱基地化を真剣に考えているかたがです。グアム政府の脱植民地化委員会のエドワード・アルバレス委員長は小さいころ、沖縄島の大謝名にすんでおり、近所の琉球人から魚をもらったしたなど、懐かしそうに琉球の思い出を話してくれました。

アメリカとは何か

成田から飛行機でカムチャッカ半島など、太平洋の北を飛んで、北アメリカ大陸を横断しました。機上から雲がないと地上を見ることができました。数時間も大地の上を飛行しましたが、果てしなく、どこまでも大地が広がっています。五大湖も琵琶湖とは比較にならないほど、先が見えないほどの広さです。

私が研究している島とはまったく違うということを、はっきりと実感しまいした。私はアメリカ合衆国の中ではグアム、ハワイなどの島しかこれまで行ったことがなく、大陸は初めてです。グアムと琉球に基地を置くことにより、たくさんの問題が発生します。島と大陸では、基地が与える社会的影響がまったく違います。


アメリカとは何かを学ぶために、セントラルパークを歩いて、メトロポリタンミュージアムに行きました。美術品だけでなく、歴史的遺物も展示してある、大きな美術博物館です。世界中からよくこれだけのものを集めてきたなと思いました。それだけ資本がアメリカにはあったという証拠であり、世界最大の経済、政治、軍事大国のアメリカをこのミュージアムが象徴していました。


展示品は欧米文化、その形成に影響を与えた地球上の地域の展示に重点がおかれていました。「偉大なアメリカ」の歴史的文化的背景を知り、「アメリカを好きになる」ような構造になっています。琉球、グアムのものはどこにも見つけることができないほど、アメリカ人にとっては「小さな存在」でしかないかもしれません。


このようなアメリカと琉球人、チャモロ人は相手にして、同じ人間としての権利を求めているということを、改めて実感しました。私は膨大なコレクション、広大なミュジアムを圧倒されることなく、淡々として作品や遺物を見たり、来場者の顔や話す内容を観察しました。

セントラルパークも広大で、動物園があり、市民が楽しく憩い、何もかもが琉球の小さな公園とは違います。


しかし、琉球やグアムの島には、大陸にはない、それぞれのよさがあります。辺境意識をもつことなく、対等な人類の一人として、琉球人として国連で発言し、活動をしたいと思います。

また、私が日ごろから「アメリカ」と言ったり、考えている、その実態、本質を短い滞在中に、五感を通してで把握したいです。

いまニューヨークにいます

‎12時間30分飛行機にのり、NYに到着しました。世界最強の都市だとNYはいわれていますが、いたるところで実感します。資本主義のすさまじさを肌身で感じています。特にタイムズスクウェアーでは資本主義の欲望が多くのビルのスクリーンがみえてきました。

私のホテルの部屋は30階ですが、それほど高くないと思うほど、高いビルの林立しており、部屋からはエンパイアーステートビルがみえます。

昨日行ったニューヨーク公立図書館には感動しました。高い天井、荘重な絵画や壁画、多くの書籍に囲まれて、静かにニューヨーク市民がラップトップコンピューターをたたきながら、本、資料を見ていました。

図書館の隣はグライアントパークという芝生がある、多くの人が憩える公園があります。
このようなすばらしい環境でなら、どんどん勉強ができ、ユニークな発想や研究成果も生まれるかもしれないと思います。

琉球も世界に誇れるような図書館を公的資金をつかって作るべきではないでしょうか。

国連本部もホテルから近くにあります。またニューヨーク各地に世界中の国の国連代表部事務所がおかれています。

いまニューヨークは夜中の1時半ですが、町からは時々パトカーのサイレンの音、誰かの奇声が聞こえ、タクシーもまだ道を何台も走っています。昼と同じようにうるさいです。周りにあるビルの多くの事務室も明かりがついており、まさに「眠らない都市」であると思います。

国連活動の準備をするとともに、世界最強の都市からできるだけ多くのことを学びたいです。

今日、国連本部に行ってきます

今日、ニューヨークにある国連本部に行ってきます。21日に国連脱植民地化特別委員会でグアムと琉球の脱植民地化と脱軍事基地化を求めたスピーチを行う予定です。

チャモロ人のホープ・クリストバルさん、リサ・ナティビダッドさんのおかげで、グアム代表団に加えていただき、発表する機会をえることができました。

同会議には世界中の国連に非自治地域としてリスト化された16の地域の代表団、同委員会の構成メンバー国政府、専門家、NGO,国連組織等が参加します。

スピーチのほかに、会場参加者と意見交換して、琉球とグアムの脱植民地化、脱軍事基地化のためのネットワークを作り上げたいです。

グアムと琉球は姉妹、兄弟の関係にあると思います。琉球にある基地をグアムにたらいまわしするのではなく、ともに協力して行動すべきであるというのが、私の考えです。

日米両国によってグアムと琉球は軍事戦略的にリンクされていますが、それは両地域を分断させることにつながります。そうではなく、島々がつながることで大国による島嶼支配から脱する道がみつかるのではないかと思います。

国連に行くのは、1996年の国連欧州本部以来ですが、この目でしっかりと現実の姿をみて、自分ができることを精一杯行いたいです。

ゆいまーる琉球の自治in与那国島32

P5151032.jpg
高良勉さんが天蛇鼻のうえから、海をみながら、「なんたはま」の唄を歌って下さいました。とても心に染みいる唄でした。ことば、唄がこれほど見ている風景ととけこむのかと思いながら、唄を聞いていました。


P5151036.jpg
私は子供の頃、この岩に友達とのぼって海をよく眺めました。


P5151041.jpg
次にアヤハビル博物館にいき、田原川で発見された大ナマズをみたり、世界最大の蛾をみました。


P5151048.jpg
よなぐにさんともいわれている蛾です。世界に一つしかないものがあるほどに、与那国島は世界の宝でもあります。このような島を基地の島にしてはいけません。


P5151053.jpg
よなぐにさんの繭糸から紡いだ布です。非常にきれいでした。


P5151058.jpg
もう一度、東崎にいきました。東日本大震災後、風力発電、太陽光発電が見直されていますが、与那国島ではいち早く風力発電を導入し、代替エネルギーを生活に利用しています。与那国島ならでわの取り組みだと思います。

ゆいまーる琉球の自治in与那国島31

P5151025.jpg
琉球でハイビスカスをみると、魂が燃えるように感じます。


P5151027.jpg
琉球王国の支配下にはいる前の与那国島にはサンアイイソバという女性が島を治めていたという伝説があります。私はこの伝説を信じたいです。池間苗さんをみていると、イソバは池間さんのような女性ではないかと思えてきます。


P5151028.jpg
天蛇鼻の猛々しい岩をみていると、力が湧いてきます。私の心象風景はいくつかありますが、その中でも天蛇鼻は大きな位置を占めています。

P5151030.jpg
幼いころも、学生の頃も、大学教員になってからも、島に来るたびに天蛇鼻から租納のまちをみました。

P5151031.jpg
まちは大きくかわりましたが、まちの落ち着きは変わらず、来るものを安心させます。この風景のなかに軍事基地ができたら、島の姿は一変するのではないでしょうか。

ゆいまーる琉球の自治in与那国島30

P5151020.jpg
久部良で食堂にはいり、与那国の資料、写真集をみまて、島の歴史や文化にふれました。


P5151021.jpg
藤原社長と石坂さんです。石坂さんはもう一泊、久部良で泊まるとおっしゃっていました。石坂さんは詩人でもあり、多くの詩をつくられたのではないでしょうか。高良さんも詩人であり、ときどき、メモをとっていましたので、与那国の詩をつくっていたのではないでしょうか。


P5151022.jpg
漁港である久部良はカジキが有名であり、映画「海と老人」の舞台にもなりました。カジキ料理もあります。


P5151023.jpg
私は長命草そばを食べました。大変おいしかったです。与那国は本当に豊かだと思いながら食べました。


P5151024.jpg
与那国を象徴する天蛇鼻に上りました。島の花である、綺麗なユリです。






ゆいまーる琉球の自治in与那国島29

P5151006.jpg
今回の集いでお世話になった崎元酒造所に行きました。天蛇鼻の上に酒造所があります。


P5151007.jpg
建物は2棟ありました。水や電気を引くのに大変、苦労したと崎元さんは集いでおっしゃっていました。


P5151008.jpg
与那国には他に2つの酒造所がありますが、窯をつかい、独自な製法で、地域へのこだわりが強い酒造所が崎元酒造所の酒だと思います。非常においしい酒であり、私も学生へのお土産にかいました。


P5151011.jpg
レベル貼りなど、手作業で丁寧に愛をこめて酒をつくられています。作り手のことを思いながら呑みたいと思います。

P5151012.jpg
与那国といえば、度数が高い酒が有名です。生で飲んだあと、水を飲むとおいしいそうです。島の伝統や文化が今に引き継がれています。


ゆいまーる琉球の自治in与那国島28

P5151000.jpg
開放的な琉球住宅から庭をみました。自然を体感できる家です。


P5151001.jpg
与那国関連の書籍もありました。ある島の食堂でみた、昔の与那国の写真集にのっていた、戦前の島の人たち顔が非常に威厳があり、しかっりとした顔の形、眼光であったことが印象にのこっています。人間本来の力強さを感じました。特に島の老女の顔は心に残りました。


P5151002.jpg
綺麗な庭にも島の文化の深さを感じました。


P5151003.jpg
ソテツの目が力強く天に向かって伸びているのに、心がうたれました。生命の力強さが島にあふれています。


P5151004.jpg
お店のお二人の女性が丁寧に私たちを見送って下さいました。真心をもって人と接するという、与那国の方の誠実さを思いました。

ゆいまーる琉球の自治in与那国島27

P5150992.jpg
次回のゆいまーるの集いは、座間味島で行うことになりました。その次は徳之島の予定です。


P5150993.jpg
NPOの総会がおわり、島をもう一度見て回りました。かつて私が島に住んでいたときにいた家の隣に、与那国織の工房兼、お土産店がありました。民家をそのまま工房にしていました。


P5150995.jpg
与那国織の美しさに心を奪われました。島の方々の生活、歴史がおりこまれていると思います。


P5150998.jpg
こちらの女性は、与那国織のポスターにも載っている方です。染色の話を伺いました。

P5150999.jpg
沖縄大学地域研究所の緒方所長です。島で行われた別の集いでこられ、午前中、私たちと合流されました。この後、チャーター便で台湾に行かれるそうです。大変、精力的に活動されています。3月の沖縄大学でのシンポジウムでは大変お世話になりました。

ゆいまーる琉球の自治in与那国島26

P5150987.jpg
構造センターでの交流会のあと、田里さんのご自宅で二次会をしました。会場にもきていた島の青年が2次会にも来てくれました。どうしたら島の人口がふえるのか、青年会活動をしながら考えている方でした。隣は齊藤さんと西さんです。


P5150988.jpg
田里さんには集いの準備の時から色々とお世話になりました。3月に事前調査で島に来た時に、この部屋で今島が抱えていることを12時間以上、話を聞きました。なんた浜の前にあるご自宅ですが、多くの人が集えて、田里さんと直に話ができる、熱気あふれる場でした。佐道さんにも興味深い話を伺いました。ゼミ生とも島を訪問して活動をされているそうです。


P5150989.jpg
もう一度、皆さんと話しながら、島の自治、内発的発展について考えを巡らせました。


P5150990.jpg
時計は午前1時になっていました。私は失礼して、歩いて民宿に帰りましたが、他の皆さんは朝方まで議論していたそうです。

P5150991.jpg
次の朝は、NPO法人ゆいまーる琉球の自治の総会をしました。NPOの活動報告をしたあと、今回の集い参加してどのように考えたのかを各自で述べあいました。

ゆいまーる琉球の自治in与那国島25

P5140972.jpg
テーブルのあちこちで、今日の議論を踏まえて、さらに深く互いに話し合いをしました。飲み会はこのように、昼間は出来ない話ができることが魅力的です。

P5140981.jpg
田里さんも与那国の唄を歌って下さいました。

P5140980.jpg
高良さんもうれしくなって踊りました。

P5140985.jpg
請舛さんのサンシンで佐藤さんと高良さんが踊りました。

P5140983.jpg
交流会が最初、安里理事長のお宅の庭で行う予定でしたが、雨が降ったため、急きょ、構造センターで開催することになりました。安里理事長のお庭はよく手入れされ、大きな円柱型に刈り込んだ木があります。ご準備ありがとうございました。おかげで楽しく、心温まる交流会になりました。

ゆいまーる琉球の自治in与那国島24

P5140963.jpg
請舛さんがサンシンを引いてくれました。高良さんが高校の先生であったとき、請舛さんのお嬢さんさんが生徒で、家庭訪問として与那国の請舛さんのお宅を尋ねたそうです。その時、サンシンや歌でもてなして下さったそうです。


P5140964.jpg
高良さんが請舛さんに会いたいとおっしゃり、崎原さんたちが呼んできてくれました。何十年かぶりの再開となったのです。


P5140965.jpg
しかし残念なことに、お嬢さんは病気で他界されてしまいました。高良さんは教員として、教え子に先立たれたことに深く悲しみました。高良さんの涙は初めてみましたが、本当に深い悲しみだったと思います。


P5140969.jpg
崎原さんは間に入って、お話をしてくれました。非常に感動的な場面でした。

P5140973.jpg
請舛さんも高良さんとの再開を喜んでしました。また娘さんを思い出していたかもしれません。娘さんも、われわれと一緒に歌を聴いていたのではないでしょうか。暖かい気持ちになった、ひと時でした。

ゆいまーる琉球の自治in与那国島23

P5140952.jpg
崎元さんもカセットの調整をして下さいました。非常に幽玄な琉球舞踊でした。


P5140953.jpg
崎原さんが交流会の司会をして下さり、大変盛り上がりました。感謝します。


P5140944.jpg
藤原社長が、交流会において、藤原書店から出版されている琉球関係の書物を与那国島の方々に寄贈するとおっしゃってくださいました。ありがとうございました。


P5140956.jpg
生活の中に文化がいきづいていると、改めて実感しました。


P5140962.jpg
笠を使った踊りも、大変すばらしかったです。

ゆいまーる琉球の自治in与那国島22

P5140942.jpg
崎原さんと浅海さんです。後ろのボードには、与那国の言葉が書かれています。

P5140943.jpg
宮良さんは昨年9月、台湾から肥料を輸入しました。那覇経由ですが、これまでの肥料よりも格安で入手できました。このような実績を積み重ねて与那国と台湾との直接交易を実現するとの強い意気込みをもっています。

花蓮県の花蓮縣与那国交流発展協会の協力を得て肥料を輸入しました。台湾航路を持つ大東海運産業(株)の貨物船を利用し、台湾の高雄港を出港したそうです。肥料500袋(1袋40キロ)20トンが島に届きました。


P5140946.jpg
比川の田島さんです。父が島にいたとき、お世話になり、父のことを覚えて懐かしそうに話してくれました。


P5140949.jpg
崎原さんの奥さまが踊ってくださいました。前日にお願いしたにもかかわらず、踊って下さいまして、心より感謝申し上げます。島の文化の深さを感じました。

P5140951.jpg
会場の皆さんも踊りをカメラにおさめるとともに、心にとどめました。

ゆいまーる琉球の自治in与那国島21

P5140934.jpg
田島さん(私が与那国に住んでいたころ、家の近くにあった田島商店のおじさん、おばさんに大変お世話になりました)
:島の素材をつかったお菓子作りをしている。島のそとにも出したい。ネットで外の人と島の人をつなぎたい。島の食べ物を掘り起こす、いつまでも豊かに、安心して住める島にしたい。
島の資源を利用できる。島の空気がちがう、島で物をつくりたい。


P5140936.jpg
加藤さん:この世界には辺境はない。与那国島は世界の中心である。世界がここで動いている。

石坂さん:自分の出身地である稚内にも自衛隊基地があるが、人口減少はいまでも問題である。与那国に自衛隊が来ても人口は増えないだろう。


P5140939.jpg
田里さんは今日の議論を総括して、自衛隊に依存しない島を自分たちの力でつくりあげたいと力強く述べて下さいました。


P5140940.jpg
夜の交流会が始まりました。島の方が、肉をバーベキューで焼いて下さり、刺身、天ぷら、そして崎元酒造の「与那国」を飲みました。

P5140941.jpg
石坂さん、西浜さんが楽しく今日の話し合いを振り返っています。

ゆいまーる琉球の自治in与那国島20

P5140930.jpg
集いの最後に、島の人は、これからの与那国島をどうしたいのか、島外の人はどうしてほしいのかについて話しました。

高良さん:徳之島に行ったとき、子宝、長寿の島に基地はいらないの看板を思い出す。子供生み育つにはこの島になってほしい。

P5140890_20110605070618.jpg
藤原社長:東京は息ができない、与那国は非常に豊かである。確かに不便だが、台湾との交流はできる。この自然を本当に大切にしてもらいたい。本土資本が来ても、カネはでていく。後藤新平は「都市は市民がつくるもの」といった。宮良さんが「島民が島をつくっていく」という言葉に感動した。島の頭が民と同じ目線で行政を司っていくべきである。「財を残すは下、仕事を残すは中、人を残すは上」。もともと島は豊か、それを活かしてほしい。

P5140931.jpg
宮良さん:皆さんから学びたい。4人の息子に帰ってこいといえるような島づくりをしたい。初心に帰って。


P5140932.jpg
崎元さん:与那国人という自信を持つような子供たちをふやしたい。島独自の経済づくりをする。


P5140933.jpg
浅海さん:話し合いをきっちりとする。きがにる話ができる島にしたい。


ゆいまーる琉球の自治in与那国島19

P5140922.jpg
大阪から島に移住した浅海さんが次のように話しました。
島のマラソン大会になぜ自衛隊が来るか。実行委員会が自衛隊を呼ぶ。自分たちでも準備ができるが。萩市三島、宮古島、伊江島、対馬の自衛隊基地を比較したことがある。対馬に700人の自衛隊が駐屯。三島には空自200人がおり、米軍の通信基地が自衛隊基地になる。宮古空自通信基地200人。

三島千人人口。学校だけ自衛隊によって助かっている。島の子供を育てる教育がされていないと島の両親が心配。自衛隊は地域の行事にほとんど参加しない。

島は民主主義が欠落。行政のトップ、職員に島のために何かをするという意識が欠落。上に行くほど、その意識がない。2011年、共同売店が比川にできる。2年前に役場から共同売店をつくりたいから、考えてくれという話がある。住民が理事をきめ、規約をつくるが、役場の総務課長は住民の意見を無視。町長もそうだという。

国際カジキ釣り大会は町役場が主催。漁協ではない。大事なことは役場が握って離さない。住民の意見は無視する。

与那国在住、10数年。骨を埋めるつもり。役場の体質を変える必要がある。
自分たちのことを考えている議員を選びたい。議会の傍聴もしている。


P5140925.jpg

崎元議員は次のように述べました。

現在、46歳。創業80年の崎元酒造所の3代目。厳しい経営、輸送コストとの戦い。新しい事業展開ができない。アイターン者の問い合わせ多い。雇用がない。農業、漁業の政策は不十分。商業に対する政策は何もない。

自分の酒造会社を郊外に移した。役場は農地を工業地に変えようとしなかった。手続きに5年以上かかった。水道、電気をひいた。与那国町役場にいっても「自分でやれ」という。「自己責任でやれ」こんなに冷たい行政はない。

町職員が島のために何かするという意識が欠如。だから雇用が生まれない。

商業を盛起こすことで人が増える。与那国島には2万人の郷友会がいる。そことの協力によって、自衛隊がこなくても雇用を生み出すことができる。一人の起業が成功すれば、さらなる雇用がうまれる。

 台湾との交流が一番可能性がある。輸送コストがかなり安くなる。大阪からビンを仕入ているが、1本100円になる。そのうち輸送費が30円。東南アジアからビンが来ているから、台湾経由でやれば事業の可能性が生まれてくる。

P5140926.jpg
島で農業をしている宮良さんは次のように述べました。

 農林水産業が島にとって大切である。島を支えてきたのはサトウキビである。復帰前、製糖工業ができた。労賃80セント、琉球肥料が製糖工場をつくった。

20、30年前から生活が変わった。24時間電化は最近。

行政に農業に対するビジョンがない。農産物の価格は下落して、肥料輸入価格が1.6倍に上昇した。1リッターあたり燃料価格も上昇。キビでは生活困難。

カボチャ栽培をしているが、市場が遠い。日本の中でもっとも遠いところに市場をもっている島である。

マスコミも聞いてくれない。政治を変えないといけない。

学歴も能力も町長を邪魔している。与那国は北朝鮮でない。組長、議会も変えたい。行政のための自治ではない、住民のための自治を確立する。

P5140937.jpg
交流発展協会の安里さんは次のように述べました。島の各部落に公民館があり、行事がたくさんある。人が足りない、祭りごとにも若い人がいない。自衛隊さえ誘致すれば何でもできると町長はいう。そうではない。町役場を変える必要がある。

P5140929.jpg
崎原さんも次のよう語りました。島で、このゆいまーるの集いのような自治の会合を開いていきたい。そして自分はいま農業をしているが、こからも島のために農業を進めて生きたい。自衛隊基地設置に対しては体をはって反対していきたい。自分は与那国をこよなく愛しているから。

ゆいまーる琉球の自治in与那国島18

P5140914.jpg
田里さんのご発言です。「うらぶの高きおもうなかれ、大空の限りなきを知れ、島の小ささを憂うることなかれ 太平洋の広きをみよ」という大舛松市大尉の言葉をご紹介されました。
台湾との交流ができなくなって島の衰退が始まった。

「与那国・自立へのビジョン・自立・自治・共生」が2005年に作成された。内容の一部は次の通りである。
簡易な修理は公民館がやる。役場が資材をだす。自治基本条例をつくり、自治公民館の強化を図る。公民館の拝所を財産としてみとめる。行政から公民館に人を派遣する。公民館長は報酬制にする。役場だけでなく、住民との協働のまちづくり。
 
生活圏の確立のために与那国の開港をもとめた。しかし、国の財政負担が大きいと拒否した。実績をつくれという回答。それで与那国町は事務所を花蓮市につくった。

 光ケーブルは西表までしかきていない。1600人の人口に30数億円の費用をかけられないという。費用対効果が悪いとして、経済性を国は求めている。場合によっては台湾に支援を求めてもいいと考えている。
花蓮県の人口は35万人である。台湾東部との連携を深めるために、八重山諸島観光宣言をさせた。また台湾と与那国とが災害防災医療協定を締結した。

与那国は台湾と沖縄の中継地になる。国際村を構想している。そこでは日本語、中国語を学ぶことができる。高校、専門学校設立の可能性がでてくるだろう。


P5140915.jpg
田里さんの話を皆、真剣に聞いていました。


P5140919.jpg
次に高良さんが次のように話されました。与那国島、比川の神女が、CTSをつくることを与那国の神は許さんといった。
一坪反戦地主会主催の集いを7月にしたい。島を分断する試みを許さん。

文化的財産をしまおこしの種にする。祭りの国指定。与那国の言葉が琉球の言葉の重要な一つ。毎日、水に感謝する文化が与那国の文化である。


P5140921.jpg
高良さんは台湾の原発問題についても次のように指摘しました。

3つの原発が台湾にある。第4原発の建設はは住民運動で反対されている。第4原発は与那国の近くにある。第4は福島型である。三菱重工が設置する予定である。台湾山脈は地震帯である。

陸自で与那国は守れない。原発をミサイル攻撃したら終わり。

与那国、石垣、台湾、福建の漁民が尖閣列島の生活者が漁民同士のサミットをひらく。将来どのように使うのかを議論させる。沖大の地域研究所主催で実施予定である。

昨年名古屋で開かれたCOP10会議において、 台湾原住民が尖閣を琉球人のものと主張し、周辺の人民が共同で利用しようと提言した。それにより平和的活用が可能になる。


P5140920.jpg
原発問題は琉球にとっても他人事ではないことがわかります。

ゆいまーる琉球の自治in与那国島17

P5140908.jpg
私が住んでいたころの租納です。なんた浜の前の家にすんでいたので、毎日泳ぎました。沖に見える島まで、干潮のときは歩いて、タコなどをとりながら行きました。


P5140909.jpg
天蛇鼻です。ここでも毎日のように遊びました。山の上の岩に登り、友達と海のはるかかなたを見た記憶があります。天蛇鼻の姿は今も変わりません。


P5140910.jpg
カジキマグロだけでなく、カツオなど、他の魚も島では豊富です。豊かな島なのです。


P5140911.jpg
なんた浜を見ながら歩くことができました。今は防潮林があり、海が歩道からみることができません。


P5140912.jpg
かつては茅葺の家もありました。琉球人の一般の家はかつて、茅葺の家であり、近代以降、赤瓦の家が増え、最近ではコンクリートの家が一般的になっています。茅葺の家も自然の抱かれているようで、趣がありました。

ゆいまーる琉球の自治in与那国島16

P5140902.jpg
中京大学の佐道さんが次のようにご発言下さいました。与那国にはすでに自立構想があり、自衛隊誘致による地域振興は必要ない。対馬にも自衛隊が駐屯しているが、人口が減少している。与那国島は本当に自衛隊に島の将来を託くせるのか。人口がさらに減少して「防人の島」になるおそれがある。

陸自は組織防衛のために南西諸島方面に進出しようとしているといえる。空白地帯に新たに軍備をおくことは脅威のメッセージとなる。与那国に陸自を設置することの軍事合理性のない。


P5140903.jpg
早稲田大学の佐藤さんも、ご自身の調査地である小笠原諸島の事例をだしながら、与那国島にも高校を設置できるという提案をされました。それに対し、会場の島の方々からも質問が多く出され、具体的な提案として注目されました。


P5140904.jpg
島に移住して30年の女性が次のように発言されました。与那国役場は定住支援や促進の活動を行っていない。自衛隊を誘致する前にすべきことがたくさんある。島は教育するにはとてもいい環境であるが、役場は人口を増やす努力をまったくしていない。また、自衛隊反対側も反対だけではなく前向きな提案すべき。


P5140905.jpg
比川地区に住む女性は次のようにご発言されました。老後がどうなるかと不安である。自衛隊が家の近くでエイサーの練習を朝からしたことがある。とてもうるさいし、税金のむだである。マラソン大会参加のためにも自衛隊が来る。

P5140907.jpg
私が住んでいたころの写真です。水牛が島にはたくさんいました。水牛は台湾から島にもたらされ、農耕用として利用されてきました。台湾の方も島に来て農耕作業をしたころもあります。

| ホーム |


 BLOG TOP