FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

喜友名嗣正(蔡璋)の独立運動

台湾の東華大学で歴史学を教えている、許育銘先生は、戦後台湾における琉球独立運動について報告されました。喜友名嗣正(蔡璋)を中心に、琉球青年同志会、琉球革命同志会の活動、その思想を丁寧に報告されました。台湾人学者から喜友名の独立運動について聞き、大変興味深かったです。喜友名のマブイがそこにいて一緒に聞いているように感じました。




许育铭:琉球问题以前没人理 现在成显学

http://www.chinareviewnews.com 2013-07-28 00:41:11

台湾东华大学历史学系副教授许育铭发表“战后在台琉球人的独立运动 ”文章。(中评社 李文辉摄)
  中评社台北7月28日电(记者 李文辉)针对战后在台琉球人的独立运动,台湾东华大学历史学系副教授许育铭表示,清末时期琉球王国被日本兼并后,在经过所谓的“琉球处分”,琉球群岛成为日本领土范围的一部分,但是琉球人仍持续一阵的复国运动,但琉球复国运动或独立运动与中国之关系,未有明确的定论。

由台大政治学系主办、两岸统合学会协办的“波茨坦公告纪念研讨会-琉球地位与东海和平圆桌论坛”,26日上午在台湾大学社会科学院举行。许育铭感慨,两年前研究琉球问题时没人理他,两年后成为显学,有沧海桑田之感。近年来,始有学者开始注意到在二次大战期间关于琉球民族解放运动与中国之关系。

  许育铭发表“战后在台琉球人的独立运动 ”文章,全文如下。

  清末时期琉球王国被日本兼并后,在经过所谓的“琉球处分”,琉球群岛成为日本领土范围的一部分,但是琉球人仍持续一阵的复国运动,但琉球复国运动或独立运动与中国之关系,未有明确的定论。近年来,始有学者开始注意到在二次大战期间关于琉球民族解放运动与中国之关系。

1941年5月,琉球青年同志会先后在台湾、琉球两地秘密成立。最初,同志仅三十名,其宗旨为:“在鼓吹革命解放琉球,归属中国,并启发琉球之民族思想,击破日本之侵略政策”。嗣后因刺探日本军情被遭发觉,以武力压迫解散该会,同志等迫于环境暂停活动,自1945年8月联合国胜利,台湾光复,该会同志始告释放,并迅速恢复组织,当时组织参加者有六百余人。

1945年11月,由于在台琉胞由于战后生活贫困,在台湾当局支援下,假台北市台湾戏院演剧三天,所得利润全部充作救济贫困琉胞之用,并假台北广播电台数度呼吁解放琉球,冀唤外界之友援与同情。1946年8月15日,由该会主持下,台湾警备司令部招集留台琉球代表并各军政机关主管等开改进生活恳谈会,经从中琉球代表一致要求中国立即收回琉球,当时因未得中国政府准许而搁浅。随后在1946年11月台湾奉令遣送琉胞,至此该会的革命工作遭受重大影响。

1947年1月,前警备司令部参谋长柯远芬,建议琉球青年同志改称琉球革命同志会并以该会名义电呈国民政府主席蒋介石,宣誓效忠祖国,1947年5月,以琉球革命同志会名义具呈国民政府,吁请中央对日和约应将琉球问题列入议程。又1947年8月向美国特使魏德迈将军吁请合理解决琉球问题并由外交部转交建议书一份,同月琉球与那国岛同志石原等13人来台联络报告,该岛琉胞一致要求归中国之意旨对此并曾迅速转报中央。

琉球革命同志会基本上是以在台琉人为主,主其事者为喜友名嗣正,其中国名为蔡璋,后来台湾方面多以中国名称之。根据1948年蔡璋在国民政府档案中留下的履历显示,当时为36岁,为琉球那霸人,祖籍福建,第一世祖为蔡坚。琉球水产学校制造科毕业,后来曾到美国夏成夷,在夏威夷火奴鲁鲁基督学校毕业。曾担任过琉球水产试验场技士、台湾总督府琉球疏散居民辅导员及美国夏威夷“实业之夏威夷”新闻社编辑。

  蔡璋的琉球革命同志会应该是与在台的国府机关、台湾省党部要员(例如丘念台)等有所连系,政治立场倾向中国非常明显。但是活动重点在台湾的琉球革命同志会,似乎力图与在大陆的国民党中央,急于谋求建立直接管道。此一管道,似乎是直到1948年才有具体进展。

  在1948年3月24日,军统在台工作员郭治平呈报“琉球革命同志会检呈琉球国王之印印模为属我国史证”。31日,军统负责人毛人凤将此案又呈送给蒋介石。其谓:“琉球革命同志会负责人喜友名嗣正等,以琉球为我国属土,史实俱在,胜利后日美两国军有夺取该地之意图,此国防要地绝不能容许落于他人之手,特检呈‘琉球国王之印’印模一纸,以为琉球属于我国之史证,现该印尚存琉球视为国宝,谨检同原印模一纸,报请鉴核。”

  1948年6月2日,合众社发布一条电讯,指耶鲁大学教授拉脱莱特,主张琉球群岛除冲绳之外,其余可归还日本,因为日本行政良好,且与岛民关系良好云云。而蔡璋以琉球革命同志会名义对此发表反对的谈话,并由中央日报登出。

  随后,国民政府文官长吴鼎昌于6月15日承蒋介石之命发给中央党部秘书长吴铁城,表示据密报称,琉球原属我国土,现虽美军管理,人民均其内向,请吴钱城秘密运用琉球革命同志会人员,秘密组织掌握琉球政权,冀于将来对日和会时,琉民能以投票的方式归中国统治,或由琉球地方政府自动内向,以保持中国在太平洋之锁钥。

吴铁城后来安排由台湾省党部干事李德松偕同蔡璋来到南京,组过连日商谈,8月3日外交部长王世杰会见了蔡璋,谈话
最后,蔡璋提出由于琉球知识分子曾协助盟军,如一旦琉球重归日本,则生命不保,知识分子无不绝对反对归日,王世杰答道一定不能归日。

  8月9日,蒋介石在中央党部接见了蔡璋,就琉球革命同志会的活动而言,具有高度的政治意涵。国民党党部等相关单位亦在研拟处理琉球革命同志会的具体要求,例如留用琉侨及居住问题。除此,国内各界也有公开的支持,例如10月21日福建省参议会便决议,声援琉球革命同志会,支持琉球归还中国。琉球革命同志会并形成口号“中琉一体”,并积极推动。

  到了1949年,国府退守台湾。对于琉球归附问题,显然无力和无意去思考,转而是以加强台湾的防卫目的上,考量琉球问题。国府不再积极支持琉球独立运动。转为思考,美国在琉球、日本的稳定统治下,加强联手封锁共产势力的扩张,将琉球与台湾同置于西太平洋的岛链之中。

  10月31日,蔡璋向刚退守台湾的国民党提出“琉球国民党组织计划”献议书,其中较重要者有六项政治主张:“一、实现中琉一体,排除强权之侵略;二、建立民主化之地方自治制度;三、建立琉球之国际缓冲化,促进中琉结合之具体发展;四、依民族平等之原则,促进琉胞地位之平等;五、与各反共国家订立反共联盟,彻底保卫台琉一线;六、组织防卫军,加紧军事教育以完成护乡任务。”

  琉球革命同志会之用意为“以琉球为主独立组党”,请求蒋介石批准。但国民党中央党部认为,俟其发展有绩效时再予具体之协助。并安排蒋介石于11月8日接见蔡璋,蒋仅表示赞助之意。到了1951年,台湾当局允许琉球人加入国民党,行政院长陈诚亦接受丘念台的“对琉球政策意见”,起用蔡璋成为台湾省政府参议,拉拢旅台琉人。

1958年在冲绳本地成立了琉球国民党,以大宜味朝德为党首,蔡璋为副总裁。1961年间,蔡璋还以琉球国民党涉外部部长名义,发表声明反对美国将琉球交还日本,强调琉球应恢复为自治独立之国土。到1967年左右为止,蔡璋主要是以由台湾当局扶持的“亚洲人反共联盟”(亚盟)琉球总会代表身分,从事公开活动。蔡璋并担任台湾省琉球人民协会理事长,及中琉经济文化协会常务理事一职。蔡璋于1989年6月去世,惟其始终对琉球政界并无重要影响力。
スポンサーサイト

台湾で沖縄の帰属問題を語るシンポジウム開催

台湾の新聞社による26日のシンポの報道です。




台湾で沖縄の帰属問題を語るシンポジウム開催

中央社フォーカス台湾2013年07月26日20時11分

コメント
2

写真拡大
(台北 26日 中央社)台北で26日、「琉球の地位および東シナ海平和円卓フォーラム」と題したシンポジウムが開かれ、台湾と日本の学者・専門家らが沖縄の帰属問題などについて意見交換をした。

台湾で沖縄の地位や帰属問題を扱う討論会が開催されたのは、この40年近くで初めてで、国立台湾大学社会科学部の会場には台湾メディアのほか、日本の報道関係者も多く駆けつけた。

今回のシンポジウムでは、基調講演で台日双方の大学教授や学術機構の研究員らが「中国大陸の“琉球再議”および釣魚台問題」や、「東アジア秩序および琉球の地位」、「戦後の在台湾琉球人による独立運動」などについてそれぞれ主張を発表、龍谷大学(京都府)経済学部教授の松島泰勝氏(=写真)が“琉球民族”の概念をめぐって同じく日本の参会者と議論を交わす一幕もあった。

一般討論では、輔仁大学(新北市)日本研究センターの何思慎センター長が「琉球は日本が戦争によって手に入れた領土であり、戦後はその主権を放棄すべきで、中華民国(台湾)は琉球の独立性を最も尊重する国家」との認識を示した。

釣魚台(日本名:尖閣諸島)への主権も主張している台湾は、琉球(沖縄)を日本の領土として認めておらず、歴代の駐日代表(大使に相当)で沖縄を訪問したのは、民進党政権期(2000~2008年)の許世楷氏のみという。

(蕭保祥/編集:羅友辰)

琉球学者:琉球不属于日本

深圳のメディアが26日の国際シンポについて報じています。台湾大学の張先生もお話されていたように、同シンポをマスコミに公開したことで、琉球の東アジアにおける政治的地位に関して関心が広がり、議論が活発になって大変よかったと思います。学問は問題意識を持つことから始まります。



琉球学者:琉球不属于日本
2013-07-28 10:10 来源: 晶报 作者: 马骥远/文、图 字体大小: 小 中 大
琉球群岛,中国诗人闻一多笔下“东海捧出的一串珍珠”,正再次吸引世界的目光。5月8日,《人民日报》发表题为“论《马关条约》与钓鱼岛问题”的雄文,指出按二战期间《开罗宣言》、《波茨坦公告》等文件中对战后处置日本的规定,不仅台湾及其附属诸岛(包括钓鱼岛列屿)、澎湖列岛要回归中国,历史上悬而未决的琉球问题也到了可以再议的时候。



松岛泰胜简介

松岛泰胜(上图),1963年出生于琉球石垣岛,在那霸念完高中后,前往东京求学,在早稻田大学获得经济学博士学位。他曾任职于日本驻关岛总领事馆、日本驻帕劳共和国大使馆,后来任日本东海大学副教授,现任日本龙谷大学经济学系教授。著述有《走向琉球独立之路》、《琉球的“自治”》、《冲绳岛屿经济史》、《密克罗尼西亚群岛》等。
改版后推出的首期《星期日晶报》,也曾刊发长文《琉球,何处才是你的归宿》,追溯探讨琉球的前世今生。本月初,美国第一大报《纽约时报》刊文《冲绳独立再次成为严肃政治话题》,关注当地的社情民意脉动。无独有偶,就在7月26日,众多学者也聚会台湾大学,首次在台召开聚焦琉球群岛归属的论坛。耐人寻味的是,正是在1945年7月26日,历史性文件《波茨坦公告》正式发布。琉球问题,正成为海峡两岸学界与舆论的共同关注,而为之注入不绝动力的,正是对历史真相的共同捍卫,也是对二战后国际秩序的共同维护。

7月26日,台湾历史上第一次关于琉球群岛归属的论坛在台湾大学举行。这是5月8日《人民日报》发表文章《论〈马关条约〉与钓鱼岛问题》,提出“历史上悬而未决的琉球问题也到了可以再议的时候”之后,台湾学界第一次就琉球归属问题展开正式讨论。

为什么要在这个日子讨论琉球问题?因为在68年前的这一天,发布了一个历史性文件——《波茨坦公告》。论坛组织者、台湾大学政治学系教授、两岸统和学会理事长张亚中说,根据《波茨坦公告》等文件的精神,日本不应享有琉球主权。

引人注目的是,“琉球民族独立综合研究学会”发起人松岛泰胜应邀参会,发出了要求独立的琉球人的心声。
“琉球是被日本霸占的独立国家”

松岛泰胜是土生土长的琉球人。据另一位参会者、台湾“中央研究院”近代史研究所副研究员林泉忠介绍,他早年在日本留学时就与松岛泰胜认识,后者名片上的自我介绍是“在日琉球人”,民族意识可见一斑。

“琉球,在1879年之前是一个独立国家”,松岛泰胜说,“当时琉球与周边国家都保持着和平的关系”。

“1879年,日本通过暴力手段,强占了琉球,开始对琉球实行殖民统治”,松岛泰胜说,“日本政府总是说,琉球是日本的固有领土,这是违反历史事实的”。

琉球人不被日本政府尊重

松岛泰胜说,日本对琉球这片用暴力夺取的“领土”,并没有与日本本土那样同等对待,而是采取残暴的统治。1945年,太平洋战争末期,美军进攻琉球。穷途末路的日本军国主义对琉球采取焦土政策,不但把琉球当成残酷战场,而且强迫琉球居民集体自杀,残杀大量当地居民。

那一场惨烈的战役,造成15万多琉球居民死亡,占当时琉球人口1/4左右。

当然,那是将近70年前,军国主义统治时期。现在的情况呢?“日本把美国的军事基地(普天间空军基地和嘉手纳空军基地,记者注)安排在琉球,还要把极具危险性的美国鱼鹰战机部署在琉球,引起了琉球人的强烈抗议”,松岛泰胜说,2009年鸠山由纪夫出任日本首相之后,曾考虑把设在琉球的美军基地搬迁到日本本土,但遭到本土居民的强烈抵制,这件事就搁置下来了。“这让琉球人受到了很大伤害”,松岛泰胜认为,琉球人民并没有得到日本政府的尊重。“琉球1972年被美国‘归还’给日本之后,所有经济问题都是由东京的官僚决定的,经济发展也十分滞
后”,松岛泰胜说。

“去年,日本政府实施钓鱼岛‘国有化’,使得日本和中国等周边国家的关系严重紧张,日本政府还多次声称要加强钓鱼岛的防卫,甚至派驻自卫队等等,他们想再次把琉球当成战场”,松岛泰胜说,这是琉球人不能接受的。

琉球人渴望掌握自己的命运

无论是1879年日本强行把琉球纳入自己版图,还是二战后美国托管琉球,直至1972年美国与日本签署“归还”琉球的协定,松岛泰胜认为,这些决定琉球命运的问题,都没有最重要的主体——琉球人民的参与。

他说,这一连串违背琉球人民意愿的事情,严重伤害了琉球人民的感情,同时,也激发了琉球人的民族意识。“实际上,早在1962年,琉球政府“立法院”就通过“2·1决议案”,依据联合国宪章,批判日本殖民统治,提出有关殖民地独立交付原住民自决。联合国已在2008年确认有琉球原住民族,松岛泰胜说,很多琉球人认为,琉球可以据此独立,设立自己的政府和议会。

“要想逃离美军基地,要想摆脱美日两国联手侵犯人权的状况,琉球只有走独立道路”,松岛泰胜说。“未来‘琉球民族独立总合研究学会’的任务,就是争取琉球人民的自决权,让琉球人能够决定自己命运,我们现有150名会员,今年10月将召开会议,”松岛泰胜说,琉球独立之后,将走和平中立的道路,愿意划为非武装区,变成东亚和平的中心地带,希望140万琉球人的独立愿望,得到联合国和世界各国的同情和支持。
专家点评

“琉球认同”超过“日本认同”

一个地区是否应该属于一个国家,当地居民的认同感非常重要。台湾“中央研究院”近代史所副研究员林泉忠,是迄今唯一对琉球人的国族认同做过社会调查的学者。

林泉忠与琉球大学国际关系系合作,于2005年至2007年所做的民调显示,虽然日本将琉球纳入版图已经134年,但只有25.5%的受访者认为自己是“日本人”,而认同自己是“冲绳(琉球)人”的,高达41.6%。

“琉球地位未定论”是其真实写照

“68年前的《波茨坦公告》规定:日本之主权必将限于本州、北海道、九州、四国及吾人所决定其他小岛内”,张亚中说。

那么,琉球的归属,就取决于发布《波茨坦公告》的中国、美国、英国(苏联后来加入)是否将其列入“吾人所决定其他小岛”。

1946年1月29日,驻日盟军最高司令部发布《关于若干外部地区在政治上行政上和日本分离的备忘录》,对日本领土范围的定义是:日本由四个本岛(北海道、本州、九州、四国)和约1000个较小的邻接岛屿所组成,北纬30度以南的琉球群岛则不再属于日本(或者说已经从日本分离)。

在1952年4月28日生效的《旧金山和约》中又认为日本的“剩余主权”可以包括在北纬29度以南,即南琉球群岛,美国在此区行使的是“行政管理权”;1972年5月15日美国又依据《返还琉球
协议》,将北纬29度以南的南琉球群岛,包括钓鱼岛列屿的行政权一并交给日本。

然而,这一切符合《波茨坦公告》的精神吗?“‘吾人所决定’的‘吾人’是指参与《波茨坦公告》的中、美、英三个参与国,这三个国家没有一个国家可以自行决定日本的领土可以包括哪些‘其他小岛’,而必须战胜国家共同同意才算数”,张亚中说,在琉球问题上,由于美日双方各有所图的结果,不仅公然违反《波茨坦公告》之规定,又由于美国未经同盟国共同决定,片面返还琉球的无权处分行为,剥夺了琉球人民的自决权;从国际法来说,由于战胜的四强并没有均同意“其他小岛”是否归属日本,因此, “琉球地位未定论”应是目前琉球地位的写照。

台湾の人間のエネルギーを肌で感じる

続きを読む »

蒋介石の琉球政策批判

台湾大学の前法學院、社科院院長、台灣日本綜合研究所所長である許先生が、蒋介石の琉球政策の誤りを厳しく批判していたのが大変印象に残りました。東アジアにおける琉球の政治地位について自由に議論し、研究したいこうという研究者の強かさを感じました。




中評社台北7月27日電(記者 李文輝)由台大政治學系主辦、兩岸統合學會協辦的“波茨坦公告紀念研討會-琉球地位與東海和平圓桌論壇”,昨天在台灣大學社會科學院第一會議室舉行。參與人自由發言時,前台大法學院、社科院院長、台灣日本綜合研究所所長許介鱗強調,琉球問題是基於蔣介石為求日本無條件投降、保住天皇制度以致出現兩大錯誤而產生。

  許介麟強調,蔣介石兩大錯誤,一是美國總統羅斯福在開羅會議詢問時,沒有表達接收琉球的意思;二是在波茨坦宣言,蔣介石只擔心天皇會不會存在,因為日本表示只要能保住天皇,就馬上投降。蔣介石的想法,是只要保住天皇制度,日本就不會赤化,建議讓日本人民投票,這樣最後日本無條件投降,最大功臣就是蔣介石。

  許介鱗指出,另一個是日本憲法問題,舊金山和會是美國一手主導,駐日盟軍除了美軍,雖有英國派出澳大利亞軍隊到九州長崎駐軍,但也是美國操作,把琉球交給日本。一說是非核化,二是尼克森撒謊,誰知道核武有沒有撤離日本,台灣、大陸都沒有參加舊金山和會,兩年後日本才派代表,後來台日簽訂“中日和約”,是不是能代表全中國?反正大陸不承認,中共內戰打勝,當然要廢,結果跟日本打最長戰爭的中國反而沒參加舊金山和約。這是美國策略,中英美蘇四強,“中華民國”變成美國棋子,三比一對蘇聯,所以蘇聯想派而沒派兵占領北海道,蔣介石那時在幹什麼?台灣“外交部”一邊抗議“釣魚台是我們的”,一邊簽《台日漁協》,結果漁民在沖之鳥礁被抓去罰錢,這些領導人要負最大責任。

  政治大學日文系教授傳琪貽表示,她研究台灣原住民,清朝大臣說台灣原住民是“化外之地”,這要解讀、探討。琉球對中國、日本的“兩屬”關係,這“兩屬”有探討空間。他建議主張琉球獨立的松島泰勝,一定要到屏東海生館附近,1871琉球人要到首府首里朝貢,結果漂到台灣東部被殺,就是後來的牡丹社事件所在地,那邊有遇難者墳墓,樣式前面是日式、後面饅頭式。有人說“去日本化”要移開,她反對,因為這就是日本侵略性作法的證明,日本企圖以此證明“琉球是我們的”概念。所以建議琉球人來台灣,有時間一定要去看。其次是琉球問題,為什麼之前一直沒有“琉球民族”概念,像北海道“愛努民族”就有很多支,直到松島泰勝組織研究會之後才出現,今天她非常高興看到。

  主持人何思慎表示,當時牡丹社事件日人抗議時,李鴻章應說:“干卿底事”,日本現在會緊張,一來自中國的崛起,二是日本的衰弱,對邊陲的治理會有恐慌感,有離異之心就容易脫離,他發現,日本防衛大綱已把冷戰對北防衛往南移到西南諸島,一是圍堵中國、二就是抓緊琉球繼續當“沖繩”。

台湾でのフィールドワーク

今日は、中央研究院の歴史、考古学、民族学、美術の各博物館、胡適記念館を見学した後、蒋介石記念館に行きました。

台湾、中国の歴史、文化を学ぶことができました。その後、大安に移動して、中央研究院の研究員である黄先生とお会いして、台湾原住民の現状、東台湾海文化圏、台湾における独立運動、琉球の先島諸島と台湾との関係等について詳しくお話を伺うことができました。

黄先生を紹介して下さった石垣金星さんに深くお礼申し上げます。また黄先生にお会いするために連絡を取り、調整をして下さった廖先生にもお礼申し上げます。みぃふぁいゆー!

蘭嶼の民族

私は中国語ができないのですが、昨日、朝から晩の交流会まで通訳をして下さった、中央研究院の廖さんには大変、お世話になりました。心よりお礼申し上げます。みぃふぁいゆー。専門は日本哲学であり、筑波大学で学び、京都学派、清沢満之、韓国の仏教哲学の植民地化等の研究をされてきました。

通訳をされながら、発話者の意見に対するご自分のご見解を述べられ、大変、刺激的で勉強になりました。午後からの研究会では、中国社会科学院の孫歌先生にも久しぶりにお会いしました。午後の研究会で心にのこったのが、蘭嶼のヤミ民族が、民族の植民地化の歴史を語ったものでした。

1980年代から核廃棄物処理場として島が利用されてきましたが、港に石を積めて廃棄物の搬入を実力で阻止し、核廃棄物処理の搬入を現在に至るまで止めたそうです。他者により民族の文化、歴史、名称が解釈され、名付けられてきたのか、自らの言語をどのように継承していくのか、島の生活についても交流会を含めてお話を伺うことができました。

林先生と私

昨日、一緒に報告し議論した林先生は10年間、琉球大学で教員をしておられ、昨年、台湾の中央研究院に移籍されました。林先生とは17、8年前に東京でお会いし、大学院生の研究会でともに琉球について研究したことがある研究仲間です。大学院生の頃、一緒に新川明さんにインタビューしたことがあります。琉球史をふまえながら、琉球人のアイデンティティの変遷と政治的地位との関係等について報告して下さいました。香港で育ち、東京大学で学び、学位をとり、ハーバード大学で研究し、現在は東アジアをまたいで琉球・中国・台湾・日本・東南アジア諸国との関係のあり方について研究し、発言し、台湾政府にも政策アドバイスを行っている気鋭の学者です。



中评社台北7月26日电(记者 李文辉)由台湾大学政治学系主办、两岸统合学会协办的“波茨坦公告纪念研讨会-琉球地位与东海和平圆桌论坛”,今天上午在台湾大学社会科学院第一会议室举行。这是1945年7月26日中、美、英同盟国共同发布《波茨坦公告》后台湾近40年来第一次就琉球地位进行公开探讨。

  会中特别邀来于今年5月15日美国将琉球行政权交给日本42周年成立“琉球民族独立综合研究学会”、争取琉球独立的琉球学者松岛泰胜专题演讲“‘琉球独立’的现在与未来”。

  今天到场的还有台大法学院、社会科学院前院长,现任台湾日本研究所长许介鳞、政大日文系教授传琪贻、台湾钓鱼台光复会理事长刘源俊、保钓人士殷必雄、“外交部”官员、和两岸、日本重要媒体到场采访。

  研讨会由台湾大学政治学系教授、两岸统合学会理事长张亚中开幕致词“战后政治安排与琉球问题”;“中央研究院”近代史研究所副研究员林泉忠专题演讲“中国大陆‘再议琉球’与钓鱼台问题”。

  张亚中指出,从“开罗宣言”到战后《波茨坦公告》第8条称:“开罗宣言之条件必将实施,而日本之主权必将限于本州、北海道、九州、四国及吾人所决定其他小岛之内。”等国际法文件确定琉球已不属于日本,盟军司令部不将琉球视为日本领土,美国对于日本领土范围应该南再哪里,一直在变,从北纬30度以北、到29度以北,最后连29度以南,都在基金会和会中以日本有“剩余主权”,包括钓鱼台列屿的行政权,一并交给日本,;美国私相授受将琉球归还给日本,“中华民国”政府有表达反对,因此琉球地位问题并未合法解决。

林泉忠表示,琉球曾是半独立王国,1372年开始朝贡,成为中国藩属国,也称为“外藩”。在长达500年封贡关系中,中琉关系友好、密切,中国文化也大量进入琉球,影响至今。1609年日本南部的萨摩藩入侵琉球后,琉球也向日本称臣,此后日本控制了琉球的经济命脉,战后史学家多称该时期为“两属时代”。日本明治维新后,于1879年单方面武力并吞琉球,改为“冲绳县”,许多琉球精英前往北京求援,清朝与日本多方交涉未果,成为“悬案”。战后美国接管琉球,将名称改回“琉球”。1952年《旧金山条约》承认日本对琉球的“潜在主权”。美国于1972年将琉球的“行政权”移交日本,引发“中华民国”的抗议并不予承认,中华人民共和国政府则至今对琉球地位未曾表示异议。

  大会并邀请贵宾日本龙谷大学经济学系教授、琉球民族独立综合研究学会创办人松岛泰胜,发表“‘琉球独立’的现在与未来”专题演讲,由“中研院”文哲所博士后研究员廖钦彬翻译。

  研讨会分两子题,第一子题“东亚秩序与琉球地位”,由“中央研究院”近代史研究所研究员张启雄引言;南荣技术学院应用日语系副教授许金彦谈 “二战前后琉球地位的国际交涉”。

  第二子题“琉球的国族认同与琉独问题”由“中央研究院”近代史研究所副研究员林泉忠引言,谈“琉球/冲绳民众国族认同的过去与现在”;东华大学历史学系副教授许育铭主讲“战后在台琉球人的独立运动”。

  综合讨论由辅仁大学日文系教授、日本研究中心主任何思慎主持暨与谈;另一与谈人是台湾大学政治学系助理教授蔡季廷。

国際法と琉球の地位

台湾大学政治学系の張先生が今回の国際シンポのコーディネーターであり、企業から開催のためのファンドを集める等、大変ご尽力下さりました。心より感謝申し上げます。みゅふぁいゆー。昨日はポツダム宣言という国際法が発効した日でもあり、ポツダム、カイロ、ヤルタ等に基づき、当時の国際情勢等をふまえながら琉球の地位について報告されました。



中评社台北7月26日电(记者 李文辉)针对战后政治安排与琉球问题,台湾大学政治学系教授、两岸统合学会理事长张亚中,今日在“波茨坦公告纪念研讨会-琉球地位与东海和平圆桌论坛”上,发表《战后政治安排与琉球问题》专题演讲,针对琉球地位未定论,提出两种解决方案,一是交由联合国重新处理;二是由两岸和美、英、俄、日、琉球等六方召开多边会议处理。

  张亚中认为,《开罗宣言》、《波茨坦公告》中,日本以武力所攫取的土地将被剥离,而其领土主权“必将限于本州、北海道、九州、四国及吾人所决定其他小岛之内”。“吾人”指的就是参与《波茨坦公告》的中、美、英三国。因此,日本的领土可以包括哪些“其他小岛”,必须战胜国家共同同意才算数。

  张亚中说,“中华民国”政府迄今从未同意日本的领土包括钓鱼岛列屿与琉球,日本据有钓鱼岛列屿及琉球迄今,已然违反《波茨坦公告》。更进一步来说,日本将钓鱼岛与琉球连结在一起,因为如果日本没有拥有琉球的法理主权,自然也就没有钓鱼岛列屿的主权。现行状况是美日双方各有所图的结果,公然剥夺琉球人民自决权。

  张亚中指出,从国际法来说,战胜的四强并没有均同意“其他小岛”是否归属日本,琉球的法理地位迄今仍然没有解决,“琉球地位未定论”应是目前琉球地位的写照。在琉球问题上,有两种解决之道,一是由联合国重新处理琉球地位一事,一是以多边会议处理。

  由台大政治学系主办、两岸统合学会协办的“波茨坦公告纪念研讨会-琉球地位与东海和平圆桌论坛”,今天上午在台湾大学社会科学院举行。台大政治系教授、两岸统合学会理事长张亚中发表“战后政治安排与琉球问题”论文,全文如下。

  一、战后国际法文件确定琉球已不属于日本

  1943年11月26日“中华民国”、美国、与英国共同发布的“开罗宣言”(Cairo Declaration)中,亦明定“在使日本所窃取于中国之领土,例如东北四省、台湾、澎湖群岛等,归还“中华民国”,其他日本以武力或贪欲所攫取之土地,亦务将日本驱逐出境”。对于中国来说,不仅是做为台湾附属岛屿的钓鱼岛列屿应该还给“中华民国”,琉球也是日本以武力所攫取的土地,自然应该将其从琉球的土地上将日本驱逐。

  1945年7月26日“中华民国”、美国、英国等同盟国共同发布的《波茨坦公告》(Potsdam Proclamation)第八条称:“开罗宣言之条件必将实施,而日本之主权必将限于本州、北海道、九州、四国及吾人所决定其他小岛之内”。这一公告文字有两个可以讨论的法律意涵,第一、琉球群岛是否算是其它小岛,于即琉球群岛是否自战后已经将其自日本剥离?如果视其为已经剥离,中、英、美三国也不应再将其视为日本的小岛。第二、如果没有剥离,中国作为当事国,当然对于“本州、北海道、九州、四国”四个本岛以外的其它“小岛”是否属于日本有发言权,换言之,只要做为当事国的“中华民国”,也就是当时的中国,不同意日本的主权可以包括钓鱼岛列屿及琉球,日本的领土主权即不能包括上述地区。

琉球地位と東アジアの平和

昨日、琉球地位と東アジアの平和というシンポジウムの内容が新聞に掲載されました。台湾大学、中央研究院、その他の台湾にある大学の政治学、国際法、国際関係、歴史学等、様々な分野の研究者から貴重な意見を伺いました。今後の研究の肥やしにしたいと思います。



中评社台北7月26日电(记者 李文辉)台大政治学系主办、两岸统合学会协办的“波茨坦公告纪念研讨会-琉球地位与东海和平圆桌论坛”,今天上午在台湾大学社会科学院第一会议室举行,这是台湾近40年来第一次就琉球地位进行公开探讨。两个月前成立“琉球民族独立总合研究学会”追求琉球独立的日本龙谷大学经济系教授松岛泰胜,发表专题演讲“琉球的现在和将来”。

  以“在日本的琉球人”自称的松岛泰胜, 1963年出生于琉球那霸市石垣与那国岛的南大东岛,父亲松岛宽是台湾基隆出生的琉球人;毕业于那霸市高中、早稻田大学政治经济学毕业、同校经济学研究所硕士、博士,曾任东海大学助教授、日本驻帛琉大使馆、驻关岛总领事馆专门调查员、琉球自治政府代表,现任龙谷大学经济学院国际经济学系教授,“非营利组织(NPO)琉球民族独立综合研究学会”创始人。著作有《琉球独立之道》、《琉球自治》、《冲绳岛经济史》、《密克罗尼西亚》、《冲绳岛内发的发展》、《民际学的展开》、《琉球群岛的环境问题》、《3.11之后改变了什么》。

  有“琉独领袖”之称的松岛泰胜表示,琉球人民和琉球政府在19、20世纪两度遭日本吞并,成立“冲绳县”,在返还协定密约中,都没有参与,而所谓“复归”应是返还给琉球国,而不是日本,日本不能自圆其说琉球是日本的“固有领土”;而在1880年谈判破裂的清日分岛改约案,和琉球在外交、经济、文化关系密切的清廷,在领土权的主张上,都愿意放弃宫古、八重山群岛,和提供日本在中国经商的最惠国待遇,来换取琉球王国的存续而不可得,日本美军基地七成在琉球,最近又在琉球部署鱼鹰战机,是一种“暴行”。

松岛泰胜指出,1879年之前,琉球是独立国家,和中国主权无关,至于1972年所谓“复归”体制的特征,一是日本深化对琉球的统合;二是琉球人的生命、生活受到日本人的歧视、强制在琉球设立军事基地;三是琉球的政治、军事、经济的利益,流入日本,形成琉球殖民地体制。而琉球民族(国家)主义的形成,在鸠山由纪夫执政后,美国驻军问题没有解决,琉球人开始批评日本有“冲绳差别待遇”,琉球人成为被歧视对象,所以要求和日本平起平坐声音已经出现,魁北克、苏格兰、加泰隆尾亚的独立运动,值得参考。

  松岛泰胜表示,美军托管的1962年,琉球政府“立法院”“2.1决议案”,依据联合国宪章,批判日本殖民统治,提出有关殖民地独立交付住民自决,而且从琉球人从1996年以降,在联合国各有关原住民族组织努力希望自治独立,依据《联合国公民权利和政治权利公约》委员会,已在2008年确认有琉球原住民族,他主张琉球可以据此独立,设立自己的政府和议会。联合国从1945发起国51国,可现在193国,成长近4倍,这条“独立之道”是通往琉球的。1970年代盛行以来的独立运动,从太平洋美国属地关岛,法属小岛、西班牙加泰隆尼亚,都不断在进行,到2014年9月18日即将进行的苏格兰脱离英国的独立公投,一如苏格兰第一首相所说“公正和繁荣可以实现独立”。

松岛泰胜指出,殖民地状态下的琉球经济,因设立美军基地而萧条,由东京官僚决定经济注定是失败,而日本企业制品席卷琉球,造成琉球企业倒闭,失业上升,经济主权掌握在日本政府振兴开发基金手中,以后独立后,琉球有自己的关税、通货、预算,可自由使用目前交给国库的5300亿日圆的国税和地方税;美国基地撤离后,土地可以开发利用。

  松岛说,为什么要谈琉球要独立,因为要解决美军基地、日本优遇美军,美日两国无视琉球人权的问题,少女遭美军奸杀等基地被害人的差别待遇已造成琉球人的“屈辱日”。美军基地已让琉球成为“恶魔岛”,未来琉球行使外交权后,可以和世界各国进行政治、经济、文化的交流,让琉球成为东亚共同体的和平中心。

  松岛泰胜强调,琉球有15万人死于二战,今后要朝“非武装国家迈进”,琉球要和钓鱼台周边国家共享共享处理钓鱼台问题,日本再次军备,是要把琉球再次视为战场,在于联合国加把劲,脱离日本统治,当前140万琉球人民和许多海外琉球人,都在寻求独立而努力,在国际法的基础上,实现自主和平。“琉球民族独立总合研究学会”的任务,争取琉球人民有自主独立权,决定自己命运,今年十月预定召开会议,现有150名会员,希望结合世界各朝向独立的地区合作。

琉球地位与东海和平论坛

今日、午前中開催される台湾大学社会科学院主催の国際シンポ「琉球地位と東アジア平和」に関して台湾の新聞が報じていますので、ご紹介します。私も「琉球独立の現在と未来」というテーマで報告を行います。台湾で琉球の政治的地位について議論が行われるのは40年ぶりだそうです。



40年首次 台湾讨论琉球归属

  (中央社记者康世人台北24日电)因钓鱼台主权争端引发「琉球地位未定」论,台大政治系和两岸统合学会26日将在台大社科院举办「琉球地位与东海和平论坛」,邀集学者和琉球独立派人士探讨琉球归属问题。

  两岸统合学会理事长张亚中指出,这是台湾近40年来,第一次就琉球地位与归属问题公开讨论。
  他說,日本将钓鱼台与琉球掛勾,声称钓鱼台是琉球群岛的一部份;但对中华民国和中国大陆来說,钓鱼台从来就不是琉球的一部份,因此要争取钓鱼台,必须质疑日本拥有琉球的合法性与正当性。

  虽然大陆因与日本在钓鱼台主权问题激化後,掀起「琉球(地位)再议」论,但张亚中表示,大陆当局在琉球问题上「没有立场說什么」。因为包括中共前领导人毛泽东、周恩来和邓小平都承认琉球是日本的领土。

  张亚中强调,中华民国从来就拒绝承认琉球或冲绳是日本领土,且不断声明钓鱼台列屿非琉球的一部份,是中华民国的固有领土,并对美国把钓鱼台的治权交给日本表达强烈不满。

  因此,张亚中认为,由台湾举办论坛讨论琉球归属问题最适当,台大政治系和两岸统合学会计畫26日在台湾大学社会科学院举办琉球地位与东海和平论坛,邀请台湾和日本的专家学者一起探讨这个问题。

  主办单位透露,与会台湾学者包括中央研究院近代史研究所研究员张启雄、副研究员林泉忠及南荣技术学院日语系副教授许金彥、东华大学历史系副教授许育铭、辅仁大学日本研究中心主任何思慎和台大政治系助理教授蔡季廷等人,将探讨大陆提出「琉球再议」、东亚秩序与琉球地位、琉球的国族认同与「琉独」等问题。
 
 此外,琉球民族独立综合研究学会创办人、日本龙谷大学经济系教授松岛泰胜,也应邀在论坛发表「『琉球独立』的现在与未来」专题演說。

アカデミア・シニカ

台湾の最高学術研究組織の中央研究院内にある、宿舎にいます。台湾の今日の気温は37度、湿度があり、琉球と同じようにたくさんの汗をかき、親しみのある環境にあり、うれしいです。

バスや地下鉄にのり、街を歩きました。中央研究院にくる前に国父記念館に行き、孫文について学ぶとともに、巨大な孫文の銅像の前で行われる閲兵の交換式を見ることもできました。

中央研究院は英語名はアカデミア・シニカであり、理系、文系の様々な研究所があり、世界中から研究者が集い、研究フォーラムが開催されています。

広大な施設内には様々な研究所のほか、幼稚園、美術館、博物館、体育館、プール、食堂、様々なレストラン、本屋、宿舎、寮等もあり、生活と研究が一体化した環境の中で研究活動が行われています。明日は、朝から夕方まで台湾の研究者と議論をしたいと思います。

今日、台湾に行きます。

今日から28日まで、琉球の隣国である台湾にいきます。台湾大学、中央研究院、東華大学等の先生方と東アジアにおける琉球の政治的地位について報告、議論をしてきます。

台湾訪問は7、8年ぶりであり、短い滞在ですが、多くのことを学びたいです。私の父も台湾の基隆生まれであり、縁があります。

また台湾にいながら琉球のことを思い、台湾と琉球をどのようにつなげることができるのか等を考えたいです。

新・現代アフリカ入門ー人々が変える大陸

明治学院大学の勝俣誠先生から『新・現代アフリカ入門』岩波書店を頂戴しました。みぃふぁいゆー。

勝俣先生とは、私が大学院生の頃から、恩師の西川潤先生のご紹介で親しくさせていただきました。一緒にニューカレドニアや琉球に調査旅行に行ったこともあります。

荻窪のご自宅で私の結婚をお祝いして下さったこともあります。様々な学会や研究会でも励まされ、貴重なご意見も頂いてきました。

40年間、アフリカにかよって南北問題を研究、発言されてきた集大成の一つとして、本書が今年出版されました。本の帯に「「独立」とは果たして何だったのか」という言葉が記されています。

勝俣先生のご依頼で「『新・現代アフリカ入門』琉球の植民地主義と独立を考える」という私の書評を明治学院大学国際平和研究所の紀要に寄稿させていただきました。アフリカからも琉球の独立について学びたいと思います。

沖縄ー自立と独立(リュウキュウネシア論第一部)

琉球民族独立総合研究学会が発足した5月15日、ヤンバルにお住まいの平良良昭さんから『沖縄ー自立と独立(リュウキュウネシア論第一部)』という平良さんのおかきになった小冊子を頂戴しました。みふぁいゆー。

私が大学生、大学院生の頃、那覇からバス、歩きで、まだ整備されていなかった金武湾の海中道路を歩き、CTSを体で感じるフィールドワークを何回か一人でしたことがあります。琉球における大規模開発の現場をみて、考えようと思ったからです。

数年前も、ゆいまーる琉球の自治というNPOの集いを平安座島で開催し、今と過去のCTSについて島の方々からお話を伺いました。

平良さんは体を鎖でしばってCTSに反対した人だと聞いています。金武湾を守る会の代表、安里清信さんは、パラオに行き、琉球独立を主張しました。平良さんも、この冊子で琉球独立を唱えました。

10月の琉球独立学会において、琉球の開発問題をふまえて、独立についてぜひ、報告して欲しいです。

終わらない〈占領〉ー対米自立と日米安保見直しを提言する!

鹿児島大学の木村朗さんから、木村さんと孫崎享編の『終わらない〈占領〉ー対米自立と日米安保見直しを提言する!』法律文化社を頂戴しました。みーふぁいゆー。

木村さんには、私が日本平和学会に「琉球・沖縄・島嶼国及び地域の平和」分科会を設立する際にお世話になりました。

日本平和学会における琉球独立に関する議論に関しても、色々とご支援をいただいています。本書には12名の方が寄稿されていますが、いくつかの論文から重要な考えるヒントをもらいました。

沖縄ワジワジー通信

TBSの金平茂紀さんから『沖縄ワジワジー通信』というご本を頂戴しました。にーふぁいゆー。金平さんが琉球の新聞に寄稿したコラムと、大熊ワタルさん、知念ウシさん、大田昌秀さんとのインタビューが掲載されています。

その中で、大田さんは琉球独立論の意義や歴史を明確に述べ、小生や『琉球独立への道』もご紹介下さっています。以前、私が大田さんにインタビューした際にも、琉球独立に関する資料を集めており、本にしたいと仰っていました。

Decolonization process requires multi-party effort

琉球に何度も来て、グアムとともに脱植民地化をと訴えてきたエドさんが、グアムの新聞で2015年に新たな政治的地位を問う住民投票を実施すると述べています。完全独立、自由連合国、州の選択肢からチャモロ人が決定します。琉球でも自らの意思で島の未来を決めたいです。




Marianas Variety 16th,July

Decolonization process requires multi-party effort

(Second of a two-part series)

IF A public education campaign begins soon and everything falls into place, a self-determination plebiscite is likely to happen in two years, according to Edward Alvarez, executive director of the Commission on Decolonization.

“Realistically, if we have the money and the money is given to us now, I can say comfortably that August 2015 will be the date,” Alvarez said.

Currently, the three task forces under the Decolonization Commission are drafting their individual position papers, each explaining and advocating the three political status options for Guam: statehood, independence, and free association.

“These choices were set by the United Nations and based on the UN format that we are following now,” Alvarez said.

Prior to adopting the UN-based arrangement, Guam was following the congressional format that required engagement with the U.S. Congress to get a political status established for the island, Alvarez said.

In 1997, then-Sen. Hope Cristobal introduced a bill, now Public Law 23-147, which eliminated the requirement to seek congressional action.

Choices can expand

But choices are not limited to the three political status options, Alvarez said.

“There is nothing in the law that precludes voters from choosing any other status on the ballot,” Alvarez said. “They can start a drive for other options, such as commonwealth or incorporated status. They can start a petition and they must get a certain number of people to sign to get it on the ballot.”

Inclusive process

Alvarez said the plebiscite is exclusive to “native inhabitants” as set by precedents that upheld indigenous peoples' inalienable right to choose a political status for themselves.

But once the political status is selected, Alvarez said, the subsequent process, such as the ratification of a Guam Constitution, will involve everyone on island.

“People who have migrated to Guam, those who have made Guam their home and raised their children here, those who pay their taxes and contribute to the economy will not be left out,” Alvarez said. “Everyone will have the right to participate in a vote on the Constitution.”

Where does it begin?

The path to decolonization is not a one-way street, Alvarez said.

Instead, the process requires multi-party efforts – the local community, the United States and the United Nations.

“We need to work together. The UN needs to work with us, the U.S. need to work with us,” Alvarez said. “The UN cannot demand the U.S. The UN does not have the enforcement powers. Everybody needs to come to the table.”

On the local front, Alvarez said he has been conducting information campaigns in schools and public forums to educate the community of all aspects of the self-determination process.

The education campaign, he added, also requires a marketing strategy to expand the advocacy for Guam.

On the national level, he said, the plan includes teaming up with fellow territories and networking with Chamorros living in the U.S. mainland, who will lobby their senators and congressmen on behalf of Guam.

“I think if you have hundreds and thousands of voters calling their senators and congressmen, we will get some attention,” Alvarez said.

The local and national efforts must also be complemented by international support, he said.

“We are at the day and age when we should be partners with the U.S. and not anything below, which is the kind of relationship that we have with the U.S. now. We do not control much.”

『沖縄自治州ー特例型沖縄単独州を求めて』

沖縄大学の仲地博先生から『沖縄自治州ー特例型沖縄単独州を求めて』琉球書房というご著書をいただきました。みーふぁいゆー。

仲地先生の「沖縄道州制懇話会」がめざすもの」というご論考を掲載されています。しっかり読み、勉強させていただきます。仲地先生には私が大学院生の頃から、個人的に励ましてもらい、学問的にも多くの教えを受けて参りました。

琉球の自治を常に真剣に考えてこられ、その実現のために実践されてきた尊敬すべき琉球の研究者であり、教育者であると思います。

またこの本は沖縄県議会議員経験者の会が編集されています。編者の中心的な方であるのが平良朝政さんです。平良さんの精力的な働きが本の出版につながったと聞きました。

平良さんからも私が大学院生の頃から励まされ、お世話になってきました。琉球の諸先輩方の琉球の自治、自立、独立に対する信念と行動力に勇気をもらっています。

米の属国 「主権」どこ

4月17日の沖縄タイムスの記事です。友知さんの言葉、思想、生き様から、琉球独立論が机上の空論ではなく、琉球の具体的現実から生まれ、構築されたものであることがわかります。



[「4・28」への視座](8)/友知政樹氏 沖縄国際大学准教授/米の属国 「主権」どこ


 「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」-。勇ましい安倍晋三首相の掛け声で開催が決まった政府式典に対して、友知政樹さん(39)は穏やかな表情を崩さぬまま、静かに批判ののろしを上げた。
 まず、“突っ込み”どころが目につく。4月28日に祝賀式典を開く「不見識」を一つずつぶった切った。

 「日米地位協定だけを取っても主権回復していない。よく言われるように、米国の属国でしかない」。

 もう一方の「国際社会復帰を記念する式典」についても怒気をはらむ。侵略戦争の加害者国として、過去の過ちを十分清算しているとは思わないからだ。

 「日米の関係だけで社会復帰というのはおかしい。被害者国やその他複数の国を含めて国際社会で、これらの国々が納得してはじめて真の復帰だ」

 本職は沖縄国際大経済学部准教授。今でこそ学者の型に収まらない言動に注目が集まるが一躍、名をはせてまだ半年でしかない。

 オスプレイの強行配備が迫った昨年9月末、緊迫化する米軍普天間飛行場のゲート前でデモに参加。飛来した10月1日には、フェンス際でたこを飛ばした。友人や職場の仲間と結成した「ウーマクカマデーの会」の鮮烈なデビューだった。

 友知さんを突き動かすのは、大学院を米国で過ごした体験だ。滞在4年半の間、帰省した際に違和感を垣間見たが、修了後に戻った沖縄で確信に変わった。

 米本国で行われていない米軍機の低空飛行が平然とあった。それまで見聞きして頭では分かっていたが、米体験を通じて「バカにされている」とがくぜんとした。半面、これが日常だと「どこかで慣らされていた」とも思った。

 2007年4月から沖国大で教壇に立つ。沖縄振興の枠組みの中で自立へのシナリオを打ち出すことが最重要課題とされる。自身も研究に没頭したが、途中である重大なことに気づく。

 それは「自立すると困る人が出てくること」。その正体は「国だ」と言い切る。

 「本当に自立したら米軍基地はいらないと沖縄が言い出す。沖縄に基地を押しつけて成り立つ安保が成り立たなくなるのは歴然だ」「自分のことは自分で決める。強制されたくない」

 積年の怒りを爆発させたのが先の市民団体の結成だった。さらに日本の枠組みの下で、沖縄の自立を模索する研究とも決別した。来月の復帰記念日に琉球人限定の「琉球民族独立総合研究学会」を設立する。

 「もはや4・28で屈辱を味わい、5・15に祖国へ戻る構図は、ない」(政経部・粟国祥輔)=随時掲載
……………………………………
 ともち・まさき 1973年4月、浦添市出身。2002年米カリフォルニア大学アーヴァイン校で博士号取得(数理行動科学)。
(写図説明)「沖縄が自立して困るのは国だ」と話す友知政樹さん=宜野湾市・沖国

琉球と上海

昨日、上海から戻りました。私にとって中国に行くのは生まれて初めてでした。

民間のシンクタンクである上海東アジア研究所において、東アジア地域協力と琉球独立について報告し、大学やシンクタンクの研究者と議論を行いました。

友知さんと一緒でしたが、上海の超近代的な上海のビル群、金融センターを見学するとともに、上海の庶民の市場や上海駅にも出かけ、様々な顔をした様々な中国人の生活に接することもできました。

上海、台湾、韓国、日本等、東アジアの中の経済的ダイナミズムにおいて、いかに琉球経済の役割を発揮させるのかについての、経済的研究への意欲をかき立てられました。

孫文とともに辛亥革命を押し進めた章炳麟さんのご子孫(孫)とも話をすることができました。東アジアの研究者と、対等な立場で議論をしていきたいと思います。

Okinawans explore secession option

今日のJapan Timesに友知さんと親川さんが琉球民族独立総合研究学会についてインタビューされた内容が大きく掲載されています。本学会の立場、方向性が明確に示されています。琉球独立の議論がこれからさらに国際的に展開されるようになるでしょう。



Okinawans explore secession option
Academics see need for people to regain pride, identity, culture
BY MIZUHO AOKI JUL 11, 2013
NAHA, OKINAWA PREF. – Okinawans are losing patience with Tokyo’s repeated vows to reduce the prefecture’s burden of hosting U.S. military installations and other hollow pledges, and some are seriously looking into the possibility of having the territory secede from Japan.

On May 15, the 41st anniversary of Okinawa’s belated 1972 reversion to Japan from U.S. control, five Uchinanchu, as Okinawans call themselves in the regional dialect, established an academic society to study potential paths to regaining Ryukyu independence.

Before Japan took control of the territory in 1879 and incorporated it as Okinawa, the islands were known as the Ryukyu Kingdom, which had a thriving sea trade with China and Southeast Asia.

The academic society — the Association of Comprehensive Studies for Independence of the Lew Chewans (local-dialect pronunciation of Ryukyuans) — made headlines and drew popular backing from many Okinawans, including Social Democratic Party lawmaker Kantoku Teruya, who praised the group in his blog, headlined “Okinawa, from Yamato to independence at last,” on April 1.

After a local newspaper reported the group’s plan, they said their membership grew to nearly 150 people in less than three months.

“Japan made Okinawa its colony, and discrimination and colonial rule continues to this day. If nothing is done, the future will be the same, and (secession may be) one of the answers to resolve that,” said Masaki Tomochi, 40, an associate professor of economics at Okinawa International University and a founding member of the academic group.

The group will study how other nations gained independence and explore ways for Okinawa to attain and justify it from different angles, including politics, culture, linguistics and economics. In the process, it also plans to collaborate with Guam and Taiwan, which have also sought independence, and hold two membership meetings a year. The first will be held in October.

“Our ultimate goal is to re-establish the right to self-determination, to gain independence and decide (policies) on our own,” Tomochi said. “We are not here to discuss whether we can or can’t realize independence. We will discuss how to achieve independence under the premise that we can.”

Independence isn’t a new concept in Okinawa. The topic has been batted about since the Meiji government seized the islands in 1879 and tried to eradicate the Ryukyu culture, language and identity.

Shinako Oyakawa, 32, a sociolinguistics graduate student at Ryukyu University and founding member of the academic group, said she used to hear adults talking about Ryukyu independence when she was a child. She always thought it was a pipe dream.

But after living under the heavy U.S. military presence and digging deep into Okinawa’s linguistic history, she concluded the islands must once again be independent.

“Being a colony is not a healthy status. It’s natural to return to the original state as an independent nation,” Oyakawa said.

When the Meiji government took over the kingdom, it attempted to eradicate its culture by, for instance, prohibiting children from speaking Okinawan at school. When they did, they were forced to wear “dialect cards” as punishment.

According to a November 2011 poll of 1,137 adult residents conducted by the daily Ryukyu Shimpo, about 45 percent can still speak Okinawan, down 11.1 points from 2001. The rate among those in their 20s and 30s, however, reveals that assimilation is gaining ground: About 90 percent can’t speak Okinawan dialects.

Recovering the language and regaining self-esteem are part of the process of regaining independence, members of the academic group said.

“Some think everything can be translated. But there are so many things that cannot be translated. (Okinawan dialects) embody a sense of value that Okinawans hold,” Oyakawa said. “It’s about retrieving the view of the world the language had.”

In the 1945 Battle of Okinawa, 1 out of every 4 Okinawans died. Following Japan’s defeat in World War II, the U.S. military took over the prefecture and didn’t cede control of it until 1972 — long after the rest of Japan had become independent again. That delayed return has cast a cloud over Japan’s independence celebrations.

Since 1972, Okinawa has essentially remained a U.S. military outpost, hosting some 74 percent of all American installations in Japan. Noise pollution and the specter of aircraft accidents remain part of everyday life on the islands, which also have Self-Defense Forces elements present.

“(Okinawa) was sacrificed in World War II to protect the mainland. When we look back in history, we realize this was due to discriminatory colonial rule,” Tomochi said.

Many Okinawans say they understand the sentiment behind the Ryukyu independence movement but have reservations when asked if they are really willing to part with Japan.

According to the Ryukyu Shimpo poll, 4.7 percent said they want Okinawa to become independent again and 61.8 percent said they want it to remain part of Japan.

Although the figures may be low, the founding members of the academic group believe that deep down, most Okinawans desire independence.

“We’ve been a colony for a long time. We need a process to regain” our identity, Tomochi said.

“This is a new movement to think about Ryukyu by Ryukyuans. Up until today, we have done things jointly with Japan, but it didn’t work,” he said. “We have a responsibility to the next generation (to stop being a colony).”

MAIL THE EDITORERROR REPORTREPUBLISHINGCOMMENTING POLICY
1

『琉球独立への道―植民地主義に抗う琉球ナショナリズム』法律文化社の重版が決まりました

昨年2月に出版した『琉球独立への道―植民地主義に抗う琉球ナショナリズム』法律文化社の重版が決まりました。定価3000円近くで、固い内容であるにもかかわらず、多くの方が読んで下さりました。心よりお礼申し上げます。にーふぁいゆー。

またこれからも、初心を忘れず、琉球独立について議論し、研究し、琉球独立学を皆で作りたいと思います。ゆたさるぐとぅうにげーさびら!

先住民族運動と琉球・沖縄~歴史的経緯と様々な取り組み~

沖縄国際大学の石垣さんから『世変わりの後で復帰40年を考える』という本を昨日、頂きました。みーふぁいゆー。

書きは目次と著者一覧です。石垣さんは、台湾原住民の脱植民地化運動研究に基づき、琉球における脱植民地化、自己決定権行使運動を先住民族という視点で分析されています。私の研究や活動についても考察して下さいました。非常に示唆的な論考ですので皆様もお読みください。

近年における琉球人類学の画期的な研究論文の一つだと思います。



『世変わりの後で復帰40年を考える』

復帰40年という沖縄の「世変わり」と「その後」に着目し、「琉球王国の誕生」「島津侵入」「琉球処分」「沖縄戦」「米軍政」などのキーワードから、沖縄がどのようにして変化していったのか。「世変わり」と「その後」を通して、沖縄の「今」を皆さんと考えます。

目次
タイトル
著者名

島津侵入 ~近世琉球への模索~
田名真之

琉球処分 ~琉球復国運動と脱清人~
赤嶺  守

沖縄戦-壊滅から復興へ
 ~宜野湾村行政文書にみる戦後初期の宜野湾~

吉浜  忍 

占領という「世変わり」と自治の模索
        ~桃原亀郎日記を手がかりに~
鳥山  淳

沖縄の開発と環境保護~生き物の視点から~
宮城邦治


文化財行政、世界遺産
上原  静

沖縄の生殖・家族とジェンダー
     ~「日本一の出生率」と女性の人権~
澤田佳世

民俗宗教と地域社会 信仰世界の変容
稲福みき子

記憶と継承 記憶・保存・活用
藤波 潔

先住民族運動と琉球・沖縄
   ~歴史的経緯と様々な取り組み~
石垣 直

発行:2013年3月29日
編集:沖縄国際大学公開講座委員会
発売元:編集工房東洋企画
定価:1,500円+消費税

「民族」の独立 自らの手で/27日に「琉球の主権回復」考えるシンポ

4月25日の沖縄タイムスの記事をご紹介します。友知さんは、これまで6回もの「琉球処分」をされてきた琉球人は自らの力で民族独立をすべきであると訴えています。




「民族」の独立 自らの手で/27日に「琉球の主権回復」考えるシンポ/友知政樹

 1952年4月28日、「サンフランシスコ講和条約」が発効し、米軍の琉球支配が「合法化」された。この時、琉球の人々に何の相談もなかったことは明らかで、私はこのヤマトによる琉球の強行的な切り捨てを「第3次琉球処分」と呼んでいる。

 さらに時を遡(さかのぼ)れば、1879年3月31日は尚泰王が「首里城の明け渡し」を余儀なくされた日で、同年4月4日は「沖縄県の強制設置」の日である。これを「第1次琉球処分」と呼ぶならば、その根底にあるものは暴力を伴う強行である。それ故に私は自身を沖縄県民と呼ぶことに大きな抵抗を感じる。私は沖縄県民ではなく琉球人である。

 「第2次琉球処分」は、1945年の沖縄戦における「琉球=捨て石作戦」である。ヤマトは自らを守る時間稼ぎの目的で琉球を米軍との地上戦の場に強行的に陥れた。その際、琉球の住民が「鉄の暴風」に巻き込まれるであろうことは火を見るよりも明らかであった。そして、「第3次琉球処分」が「サンフランシスコ講和条約」にみられる琉球の強行的な切り捨てである。

 さらに、「第4次琉球処分」は72年の琉球のいわゆる「本土復帰」である。そのまやかしの中身は、有事の際の琉球への核の再持ち込みと在琉米軍基地の無期限自由使用の容認という日米間の密約、つまり、騙(だま)しによる強行であった。「第5次琉球処分」は、97年の「米軍用地特別措置法改定」で、これは琉球を永久に軍事基地化せんとする強行的施策である。

 記憶に新しい2012年10月1日の「オスプレイ琉球強行配備」は「第6次琉球処分」で、さらなる琉球処分として、現在ヤマトは「辺野古の埋め立て」を強行しようともくろんでいる。

 「サンフランシスコ講和条約」に話を戻せば、その第1条に「連合国は、日本国及びその領水に対する日本国民の完全な主権を承認する」と記されている。この「日本」に琉球は含まれておらず、その背後には「天皇メッセージ」が見え隠れする。さらに、時を同じくして発効された日米安保条約と日米行政協定(後の日米地位協定)をみれば、日本はいまだ「偽りの主権」しか持ち得ていないことは明らかである。そのしわ寄せを大いに受けているのが他でもない琉球であり、琉球人はそのことを肌身で感じ、よく知っている。

 琉球民族は本来、独自の民族であり、国際法で保障された「人民の自己決定権」を行使できる法的主体である。琉球の地位や将来を決めることができるのは琉球民族のみである。琉球民族は独自の生存権、土地権、内政権、外交権、教育権等の集団的人権を有する。琉球は日本から独立し、全ての軍事基地を撤去し、新しい琉球が世界の国々や地域、民族と友好関係を築き、琉球民族が長年望んでいた平和と希望の島を自らの手でつくりあげる必要がある。(沖縄国際大学准教授)

◇   ◇

 国際シンポジウム「4・28を前に琉球の主権回復を考える」は27日午後1時から沖縄国際大学7号館で開催。問い合わせは「琉球民族独立総合研究学会」設立準備委員会、電話050(3383)2609。

<4・28「主権」を問う フォーラム 識者インタビュー>

4月18日の琉球新報の記事をご紹介します。友知さんは、日本の「主権回復」が偽りの主権回復であること、琉球の主権回復つまり独立が、脱植民地化のための解決策であると明確に指摘しています。



<4・28「主権」を問う フォーラム 識者インタビュー>2/友知政樹氏(沖縄国際大准教授)/愛国心高揚する戦略


 -4・28の政府式典開催をどう捉えるか。

 「正式名称は『日本の主権回復・国際社会復帰を記念する式典』だが、果たして日本は主権を回復したのか。日米地位協定や米軍犯罪など被害を受けている沖縄の現状を考えると理解不能だ。真の主権を勝ち取ったのではなく、日本にとって偽りの主権を与えられた日なのではないか。主権とは何か、国際社会に復帰したという意味は何か。政府や多くの日本人に問いたい」

 -「偽りの主権」とは。

 「米軍基地のない地域は直接、日常的に被害を受けておらず、それを沖縄に差別的に集中させることによって主権を回復したと勘違いしている。気付かない人もいるかもしれないが、多くの日本人は気付かないふりをしている。政府もそれに浮かれ、日本人もそれを支えている」

 -4・28は「第3の琉球処分」だと主張している。

 「日本と琉球・沖縄の歴史は、日本による強制、強行、だましの繰り返しだ。4・28は、本土に見捨てられ裏切られたというより、また琉球処分が起こったという意味での『屈辱の日』と捉えている。オスプレイ強行配備のように琉球処分は現在進行形でも起きており、今度は辺野古も埋め立てようとしている」

 -今回に限って式典をすることについては。

 「今回だけでなく、日本の独立記念日のように毎年開催し、愛国心を高揚させる戦略なのではないか」

 -県内で反対集会の動きもある。県民は4・28をどう捉え、何をすべきか。

 「問題意識を共有するだけでなく、どう解決するかを考えるべきだ。主権回復を祝わないでくれ、もっと沖縄に寄り添え、ということでなく、決別、琉球独立だ。琉球の主権を回復するべきだというのが私の中での解決策だ。今回設立する琉球民族独立総合研究学会では当事者たる琉球人が世界の事例や、国際法上の法的権利を研究し、理論武装する。世界や自分の歴史も学ぶ中で、自信を持ち、意見を述べることが重要になってくる」

 -フォーラムの議論に期待することは。

 「4・28は沖縄だけの問題ではない。式典への抗議だけでなく、今後の沖縄、日本はどうあるべきか。解決策まで議論してほしい」

(聞き手・慶田城七瀬)

   ×   ×

 フォーラムは25日午後6時半から那覇市の琉球新報ホールで開かれる。

独立へ プロセス議論/沖縄の主権考えるシンポ

4月28日の沖縄タイムスの記事です。10月にエドさん、マイクさんが琉球に来れれる予定です。チャモロ人とのゆいまーるが大変、心強いです。


独立へ プロセス議論/沖縄の主権考えるシンポ
 【宜野湾】琉球民族の独立を目指す「琉球民族独立総合研究学会」の設立準備委員会は27日、宜野湾市の沖縄国際大学で国際シンポジウム「4・28を前に琉球の主権を考える」を開いた。同準備委のメンバーやグアム大学の教員らがパネリストを務め、「自ら正義のある国をつくる時期に来た」などと訴え、独立へ向けたプロセスなどを議論した。

 龍谷大学の松島泰勝教授は「安倍首相のいう主権は米国の影響を受け、与えられた『主権』だ。一方で、琉球は生命、財産を守るために闘ってきた」と強調。「琉球が主権を回復すれば、自己決定で基地を撤去できる」と訴え、5月15日に同学会を設立し、独立に向けた住民投票の準備などに取り組む決意を示した。

 琉球の自己決定権などについて研究する「オキスタ107」の親川志奈子共同代表は「日本が主権を持つことは琉球にとっては植民地支配を意味する」と憂慮。沖国大の桃原一彦准教授は「沖縄戦や米軍統治などの屈辱の経験を記録、継承することで沖縄社会、政治のあり方を構築する必要がある」と述べ、新しい国の形、独立の形を模索する必要性を訴えた。

 グアム政府脱植民地化委員会のエドワード・アルバレス事務局長やグアム大のマイケル・ベバグア教員らは「独立は孤立ではない。自分たちで世界の国々とネットワークを広げることができる」と連帯に期待した。

(写図説明)琉球の主権回復や独立について語るパネリストら=27日午後、宜野湾市の沖縄国際大学

御願に始まる自決権

5月2日の琉球新報のコラムをご紹介します。親川さんは、琉球人の日常生活の中にある自己決定権行使を語って下さいました。



<あしゃぎ>御願に始まる自決権

 15日発足の「琉球民族独立総合研究学会」の共同代表に就任予定の親川志奈子さん(オキスタ107共同代表)=写真=が、4・28を前に行われたシンポ「琉球の主権回復を考える」に登壇。会場からしまくとぅば継承に取り組む理由を問われると、「清明の季節ですが皆さんは何語で御願しますか」と問い返した。

 「私が日本語で御願することを、うやふぁーふじは悲しい気持ちで聞いているのではと考えた。私が後世に行って、子孫が外国語で語り掛けてきたらやっぱり複雑な気持ちになると思う」と話し、生活に根差したアイデンティティーのまなざしから、「民族」「独立」といったこわもてなイメージを和ませた。

 4・28どころか5・15の体験もない復帰後生まれ。しかし留学したハワイで、先住民が自らの歴史や文化の復興のため日常的に運動を繰り広げていることに感化された。

沖縄の現状に「今のままでは抑圧者の歴史を非抑圧者が生きることになる」と警鐘を鳴らし、「沖縄問題は国内問題でしかないと考えるのは無意識の差別だ。沖縄は独立する選択肢も持っている」と自己決定権の回復を訴えた。 

人民日報「琉球」論文 県内複雑/日本が武力併合 事実/中国の属国ではない

沖縄タイムスの5月10日の記事を紹介します。琉球は中国のモノでも日本のモノでもありません。琉球人が住む、ワッター島です。




人民日報「琉球」論文 県内複雑/日本が武力併合 事実/中国の属国ではない


 中国共産党機関紙、人民日報が8日、「琉球王国は独立国家で中国の属国」だったとして、日本の「強奪」を批判する論文を掲載した。政府は、中国に抗議したが、琉球処分で「武力を派遣して強制的に併呑(へいどん)」(同論文)したのは歴史的事実。沖縄の反応は複雑で、中国批判一辺倒ではない。(阿部岳、福元大輔)=4面に関連

 考古学者の安里嗣淳さん(67)は、自分で考えた中国名「孫中路」を名刺に刷っている。「琉球の士族は皆、中国名を持っていた。日中両国とうまく付き合った沖縄の歴史と文化にこだわりがある」からだ。

 県による県民意識調査も同じ8日に発表され、中国への印象は89%が否定的だった。「県民は現在の中国には批判的だが、歴史的な親近感はある」とみる。「その沖縄だからこそ、冷静に日中友好の先導役を果たせる」と強調した。

 「琉球民族独立総合研究学会」設立準備委員会のメンバーで、龍谷大教授の松島泰勝さん(50)は、「日本が琉球を暴力的に組み込んだ点は正当化できない」と論文の一部に同調する。

 一方で、「中国と儀礼的な朝貢関係はあっても属国ではなかった。琉球は中国のものというニュアンスがあるが、日本、中国のどちらでもない」と反論。中国での報道を「琉球の問題を国際的な視点で捉える点で意義がある」と評価した。

 北京出身で、日中関係に詳しい沖縄大教授の劉剛さん(55)は「論文には、新しい資料や見方が全くない。古い話の繰り返し」と指摘。「尖閣問題で日本側が妥協しなければ琉球の問題を取り上げますよ、というけん制で、中国側の戦術だ」と分析した。

 その上で、「中国国内の研究者は琉球、沖縄の歴史的な変化や現状に詳しくない。もっと事情を理解して論文を書かなければ、国民同士の理解は生まれない」と話した。

琉球独立 学会を設立/抑圧からの解放訴え/発起人らがシンポ

5月16日の琉球新報の記事を紹介します。独立学会はまさに琉球人が日本国家による抑圧から平和的に解放されるための場であり、手段であると思います。



琉球独立 学会を設立/抑圧からの解放訴え/発起人らがシンポ
 正式発足した琉球民族独立総合研究学会の設立記念シンポジウム「5・15琉球の独立を求め、決意を新たに」(同会設立準備委員会主催)が15日、宜野湾市の沖縄国際大学で開かれた。同会の発起人に名を連ねる3氏が講演。沖縄を抑圧し続ける日本国家からの決別を訴えた。講演会後、主催者から設立意義や、学会の今後の方針が示された。

 設立を祝うあいさつで、ジャーナリストの新川明氏は「学術的なところで独立に向けた動きが出ることはうれしい」と話した。

 リゾート開発への反対運動に取り組んできた西表をほりおこす会代表の石垣金星氏は、与那国への自衛隊配備などに触れながら、日本への復帰で幸せになれるというのは幻想だったと振り返り、「これ以上我慢してはいけない。そのためにも独立の道を開かなければならない」と語った。

 国際平和学が専門で沖国大学非常勤講師の安良城米子氏は、戦争での被害や米軍基地で日常生活を脅かされている現状は、明治時代に日本に併合された「琉球処分」が源流と指摘。欧米の文献を基に併合以前の一時期の琉球が、武力のない平和国家として存在したことを紹介し、目指すべき社会像を提示した。

琉球弧の先住民族会代表の宮里護佐丸氏は講演全てをウチナーグチで語った。中国紙に掲載された論文が「琉球は中国の属国」と報道されたことに「論文を読むと、属国とは書いていない。このように報道するヤマトのメディアは信じられない」と語った。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE