FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

パラオのウィグル人

学生さん、エドさん、マイクさんも質問をさせていただきました。丁寧に質問に答えて下さいました。パラオにはグアンタナモから来たウィグル人が住んでいますが、そのことについても話を伺いました。町で増すで移動している時、ウィグル人家族を見ることができました。地元の大学で英語を学んでいるそうです。
スポンサーサイト

パラオの政治経済、日本との関係等について学ぶ

大使館の参事官の方と、専門調査員の方から、今のパラオの政治経済、日本との関係、ODAの状況等をお聞きしました。私も大使館にいた時、様々な来館者と話し合ったことを思い出しました。私が働いていた時は臨時代理大使がおりましたが、現在は全権大使がおり、職員も19人と増えています。それだけパラオが日本にとっても重要な国になってきていることが分かります。

島嶼国パラオで国の独立を学ぶ

かつての職場である在パラオ日本大使館の前です。1年間、パラオで生活しながら、仕事、研究等をしていました。1994年に独立した人口2万人の国から多くのことを体験しながら、学ぶことができました。島嶼国がどのようにしたら、この地球上で生存していくことができるのかを、パラオ人から教えてもらいました。今でも、学んでおり、勇気をもらっております。

PPRの見学

パラオのリゾート、パラオパシフィックリゾートで記念撮影です。日本大使館に行く前に、環境に配慮したリゾートを見学しました。日本大使館ができる前に数ヶ月間、このリゾートの部屋を仮の大使館として働いたことがあります。15年前とほとんど変わらないリゾートのたたずまいでした。経営方式、従業員の採用、環境との調和等、学ぶべき点が多くあるように思います。

パラオ人ガイドさんとともにコロール市内を回りました

エコツアーの次の日から、マイクロバスで、インパックのガイドさんとともに、コロール市内の各地を回りました。グアム大学を卒業されたパラオ人の方で、パラオに関する色んな事を教えてもらいました。エドさんの紹介で会うことになったパラオ議員さんとのインタビューの調整等もしてくださいました。

パラオのイタリア料理

夜はイタリア料理を食べにいきました。私がパラオに住んでいた頃、一人のイタリア人と知り合いになりました。その方はパラオ人女性と結婚され、そのパラオ人女性は様々な企業を経営するとともに、自然保護の大きなNGOの代表、そしてパラオ議会議員、政府の大臣、副大統領になったかたです。いろいろな民族がパラオには住んでいます。

人間も自然の一部であることを体感する

インパックの事務所に帰ってきて、今日、私たちを案内して下さったエコツアーガイドさんが、パラオの地図をさして、私たちが今日行った場所、世界自然遺産の地域などを丁寧に教えて下さいました。今日は朝9時から夕方5時前まで、一日、パラオの自然の大切さ、美しさを体感しました。体は日焼けして、ひりひりするものの、自然の懐に抱かれたという心地よさがあり、自分の自然の一部であることを改めて実感しました。

海中のマイクさん

マイクさんが海中から挨拶してくださいました。海の中を自由に泳いでいました。

珊瑚の海の動画(FB)

きれいな海は人間だけでなく、魚や珊瑚、その他の生き物にとってもかけがえのないものです。

竜宮城の世界

学生たちも「竜宮城」の世界を楽しんでいました。ライフジャケットをつけていますので、安心して見るこことができます。他のツアーの中には、70、80代のお年寄りもシュノーケルを楽しんでいました。

パラオと石垣島の比較

世界最大級のパラ珊瑚です。水深6メーターの所にありました。魚だけでなく、珊瑚の形、色合いも美しく、心が和みます。このような美しい珊瑚礁を守るために、パラオの方々は様々な努力をしております。自然の価値を守ることがパラオの観光業の中心にしっかりあることを改めて気づかされました。貴重な自然は一度失われたら、元には戻りません。来月は石垣島白保でシュノーケルを学生とともにする予定ですが、琉球の珊瑚礁、自然、観光業のあり方を、パラオと比較しながら考えてみたいです。

パラオの珊瑚礁

次にシュノーケルをしました。パラオの海は魚の種類が多く、この時もナポレンフィッシュが泳いでおりました。2年前は、ウミガメも泳いでいました。珊瑚の種類も豊富で、魚が楽しそうに泳いでいました。

生命の進化

海底からクラゲが湧いてくるように、沢山のクラゲと出会いました。しかし、クラゲの数は減少しており、そのためもあり、昨年10月に入場料を100ドルにしたそうです。クラゲと接することができるのは昼間だけで、夜になると海底にいるワニが浮上して危ないそうです。この湖にはクラゲの天敵となるものがいないために、クラゲはほぼ無毒状態に進化したようです。

幻想的な世界

無数のクラゲが泳いでいます。足のヒレや手でクラゲを傷つけないように泳ぎました。クラゲの生活の場にお邪魔する気持ちで、大自然に包まれたように感じました。とても幻想的です。

クラゲの湖

ジェリフィッシュレイクがある島で、入場料100ドルのカードを渡し、足をきれいに洗い、森に入りました。ここで生きているクラゲは毒が少なく、人間をあまりささないが、繊細な動物なので、やさしく泳いでほしいと、エコツアーガイドさんが注意されました。島の森の中で木々に触れながら、鳥の声を聞きながら歩きました。

環境への影響を配慮したパラオのエコツーリズム

この島で昼食です。学生と一緒のパラオへの研究旅行は今回で4回目ですが、毎回この島で昼食を食べます。人が上陸できる島は非常に限られています。この島の前に猪木島と呼ばれる島があり、アントニオ猪木さんが島の首長から上陸を特別に認められた島があります。猪木さんは年に何回もパラオに来ており、子供たちにプレゼントをするなど、私が知るだけでも15年前ほどからパラオに来ています。島で食べた弁当箱、ペットボトル等のゴミは全て持ち帰り、トイレも自然に処理される方式で、環境への影響を最小限に食い止める措置がとられています。

夢を運ぶ鳥

海面と島との間にできた隙間から、全員が体を水平にして島の中の池のようなところに移動しました。目の前に岩が近づき、ぎりぎりの状態で移動しました。移動した向こう側は非常に静かで、「夢を運ぶ鳥」という尾っぽが長い鳥が、ゆったりと空を飛んでいました。時間がゆっくりながれる空間にしばらく浸っていました。

島と人

私もカヤックの上で熱帯の太陽を浴びました。海の上は風がふき、大変、過ごしやすいです。ロックアイランドは多くの島々があり、その中でカヤックをしますので、安心感があります。大きな川や海ですと心配になることもありますが、島の存在は人にとって心や体の拠り所になるのではないでしょうか。

エドさんとパラオ

エドさんは何度もパラオに来たことがあり、パラオの政財界の人々もよく知っておられます。今回、パラオ上院議員のスランゲル議員との意見交換会を実現して下さいました。また私たちの食事会の時にも「皆でシェアーして」といって料理をごちそうしてくださいました。エドさんも海の上で子供のように楽しそうでした。

マイクさんとパラオ

マイクさんはパラオが生まれて初めての訪問でしたが、大変、パラオの海で楽しんでおられました。沢山、写真もとっていました。

どのように美しい島々を守っているのか

20艘近くのカヤックがそれぞれぶつからないように、海の上を移動しました。ロックアイランドの一部は世界自然遺産であり、コロール州政府が自然保護のための様々な取り組みを行っています。多くの島々がありますが、人の居住が禁じられ、観光客が上陸できる島も2つほどに限定されています。

ちなみにロックアイランドを訪問する観光客は一人約5千円を、ツアー代とは別に払います。ジェリフィッシュレイクに行く観光客は1万円の入域料を払います。観光客から徴収したお金を自然保護のために州政府が活用しています。

自然の一部としての人間

二人一組になり、協力しあってカヤックをこぎました。西表島の浦内川でカヤックをした時のことを思い出しました。人間という自然の生き物と、他の自然がすごく近くに感じられました。

カヤックにのって海や島と一体化する

次にカヤックで島々の中をゆっくりと移動しました。鳥が飛び交い、島の蝉が静かに鳴く中で海や島と一体になったように感じました。インパックのエコツアーガイドさんが、島や植物の話をして下さり、また「この静かな空気と一体化しましょう」と言って下さいました。少しの波の音までが聞こえるほどの静かさでした。

ミルキーウェイの不思議

船に乗っている全員が泥パックをして、その後、海に飛び込みました。真っ白な海の中で泥が全てとれました。この泥は周りの島の岩が溶けて海に流れ込んだものでして、ずーと白いままです。このような海は世界でも大変珍しいのではないでしょうか。

泥パックをしました

マイクさんもエドさんも、泥パックをしました。それぞれの変貌がおかしく、互いに写真をとりあいました。

ミルキーウェイ

最初にミルキーウェイに行きました。海底に白い土があり、それを肌に塗ると美白、保湿効果があるそうです。その白土を原料にして化粧品等も製造されていますが、大変高価でした。ミルク色をした海で大変神秘的でした。

パラオのロックアイランド

夜中にパラオに到着して、その日の朝にロックアイランド、ジェリフィッシュツアーに参加しました。世界自然遺産に登録された、世界的にも美しい島々や海があります。朝の眠気を吹き飛ばすほどの美しい風景が目に飛び込んできました。このパラオのロックアイランドは何度も来ていますが、その度に心が洗われます。ツアー会社のインパックさんには大変お世話になりました。ツアーガイドの方も大変、いい方でパラオの自然のことについて深く、また楽しく私たちに教えて下さいました。

電線に引っかかった靴

私たちが泊まったホテルの前にあった電線に2足の靴が掛かっていました。子供が高く投げたものが引っかかったのか、それとも靴を乾かしているのか、不思議な光景でした。パラオでは不思議な光景を目にすることがしばしばあり、楽しいです。

パラオのイタボリ

前からあったのですが、ヤップ空港にはすばらしいイタボリがあります。これはヤップの石貨の材料である石をパラオで切り出して、カヌーでヤップ島に運ぶ様を板に彫ったものです。私も自宅や研究室に板彫りがいくつかありますが、パラオの歴史、伝説、神話等が掘られており、大変美しいです。パラオに近づいていることを感じさせてくれました。

ヤップ島

グアムからパラオに行く途中でヤップ空港でトランジットしました。夜遅くでしたので、皆も疲れた表情でした。ヤップ島にはトランジットでしか来たことがないので、次回はゆっくり島で過ごしたいです。ここはミクロネシア連邦という主権国家です。かつてポンペーイ島にアイランドホップで行ったことを思い出しました。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE