FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

太平洋諸島における地域研究の形成と琉球研究

午後は、Gotta Liberate My People Like Haunani-Kay Trask: Critical Pedagogies of Race, Ethnicity and Indigeneity from Hawai‘iというテーマのセッションに「琉球チーム」で参加し、

‘Feeding Our Own Resistance: Primitive Accumulation and the Filipino Fishing Village on Lāna‘i’

’Teaching Kuleana and Aloha ‘Āina: Land-based pedagogies and the Unmaking of Settler Colonial Relations’

’From “Dispossessions of Empire” to Dispossessing Empire: Kanaka ‘Ōiwi Identity Formation in Culturally-Based Higher Education’’Inside the Ethnic Studies Studio: Towards a Critical Hip Hop Pedagogy’

というテーマの報告をハワイ大学マノア校の研究者を中心の報告が行われ、会場におれらたマオリ人の研究者が議論に参加し、大変、刺激的なセッションとなりました。

ハワイ研究、太平洋研究、ミクロネシア研究、チャモロ研究、マオリ研究、ポロネシア研究等、様々な地域研究が太平洋諸島にあり、植民者の研究者と議論しながら被植民者が自らの島の研究を形成してきた過程を考えることができました。太平洋諸島における地域研究と連係しながら「琉球研究」を進める必要がると思いました。

アートと脱植民地主義研究

大学会場の中には、書籍の販売のほか、社会正義、民主主義、自由等をテーマにした様々なグッズを販売している人もいました。このかたは大学の近くで手作りの様々なメッセージが込められたグッズを販売しているかたで、今日はこの国際会議のために大学内に出店を出していました。斬新な子供服が沢山あり、喜びながら私たちにグッズを見せ、説明してくださいました。アートと植民地主義研究との関係を知る上でもおもしろい活動
だと思います。友知さんも息子さんにプレゼントを買っていました。

シカゴ国際会議での報告

昨日、CESAにおいて正志さん、千尋さん、友知さんが報告し、上運天さんが討論者としてコメント、質問をしているところです。このセッションのテーマはTransnational Okinawa: Contesting U.S.-Japan Empire Buildings
and Decolonizing Knowledge Productionsであり、興味深い報告と議論が行われました。友知さんは、On Issues of Off-Base Residence of the United States Forces Personnel in Okinawa, Japan
千尋さんは、American Studies in Okinawa: “Transnationalism” and “Alternative Contact”、正志さんは
Ryukyuan Languages as Transnational Decolonization Medium
をそれぞれ報告されました。熱のこもった大変よい報告であり、会場との議論でした。

シカゴでの国際会議

CESA国際会議の初日のセッションに参加してきました。全体で600人の報告が3日間で広大なイリノイ大学シカゴ校のキャンパス内で行われます。琉球からは10人が報告、討論で参加しています。今日は、友知さん、千尋さん、正志さんが報告され、上運天さんが討論されました。シカゴにあるデポール大学で教えている喜納さんや、南カルフォルニア大学で研究員をされている山城さんとも話をすることができました。午後からは、ハワイ大学のハウナニ・ケイ・トラスクさんの思想と活動を踏まえたセッションに参加しました。マウイ人研究者も議論に参加し、太平洋島嶼におけるそれぞれの地域研究が、言語復興運動、脱植民地運動で活発になってきたことを当事者の方から聞くことができました。

シカゴに着きました

先ほど、友知さんとシカゴに着きました。今、大雨で雷が鳴っています。明日から、イリノイ大学シカゴ校で国際学会が始まります。多くの学び、発見、刺激、出会いがありますように!空港からホテルまでのタクシーの運転手の方がパレスチナ人の方であり、興味深いお話を伺いました。タクシーの窓からはハングルの文字が書かれた教会もありました。色んな民族が住んでいる街です。

Decolonizing Future Intellectual Legacies and Activist Practice

今日、アメリカ合衆国のシカゴに行きます。Critical Ethnic Studies Associationが主催する国際学会大会で報告するためです。今年はイリノイ大学のシカゴ校舎で開かれ、統一テーマはDecolonizing Future Intellectual Legacies and Activist Practiceとうものです。私は主に琉球の経済植民地化と脱植民地化における主体の役割について報告します。世界から参加される研究者、社会活動家等と意見交換し、ネットワークを作り上げたいです。

もはや琉球独立論しか選択肢はないのか

以下のような講演を来月1日、行いますので、ご関心がありましたらお越し下さい。
アジア記者クラブ9月定例会 「もはや琉球独立論しか選択肢はないのか」

2013年10月1日(火)18時45分~21時 明治大学リバティタワー10階(1103教室)ゲスト 松島泰勝さん(龍谷大学教授) 

「琉球民族独立総合研究学会」が設立されてから4か月が経過した。沖縄の声は日本政府によって無視され続けてきた。為政者による「沖縄の負担軽減」は掛け声に過ぎず、オスプレイの強行配備に至っては、沖縄県民が疲弊して沈黙するのを待っているかの観すらある。

そうした中で、「琉球の独立が可能か否かを逡巡(しゅんじゅん)するのではなく、琉球の独立を前提として、琉球の独立に関する総合的な研究を行う」(会則から)ことを目的に冒頭の学会が設立された意味は小さくない。これまで「居酒屋談義」と批判を浴びてきた琉球独立論が現状を打破するとば口になるのか、注目されているからだ。

設立趣意書には、「琉球は日本から独立し、全ての軍事基地を撤去し、新しい琉球が世界中の国々や地域、民族と友好関係を築き、琉球民族が長年望んでいた平和と希望の島を自らの手でつくりあげる必要がある」と記載されている。

かって沖縄は、琉球王国として独立国であった。学会は、「琉球の地位や将来を決めることができるのは琉球民族のみ」との方針を取るという。ヤマトは琉球独立論とどう向き合うのか。

9月定例会は、10月1日に開催し、石垣島出身で龍谷大学で教鞭をとる松島泰勝さんをゲストにお招きします。松島さんは昨年、『琉球独立への道』を上梓し、ミクロネシアなど島嶼国家の独立と経済的自立について研究を深めてきた論客でもあります。

当日は、琉球(沖縄)を取り巻く状況の中で、独立論が有効なのか、松島さんとの間で掘り下げた議論を交わしたいと考えています。参加される方は、同書を一読の上、参集願います。

■会 場 明治大学リバティタワー10階1103教室(東京都千代田区神田駿河台1-1)
■交 通 JR・地下鉄「御茶ノ水」・都営線「神保町」下車
■費 用 ビジター1500円、会員・学生・年金生活者・ハンディのある方1000円

■主 催 明治大学軍縮平和研究所・アジア記者クラブ(APC)
■連絡先 アジア記者クラブ(APC)

〒101-0061東京都千代田区三崎町2-2-13-502
Tel&Fax:03-6423-2452 

http://apc.cup.com/
E-mail:apc@cup.com

青珊瑚の中で魚が平和に生活をする

世界有数の青珊瑚です。珊瑚に触れないように気をつけて泳ぎました。高温による白化の影響が心配されました。私たちは3つのポイントで3時間近く泳ぎましたが、その影響は見られませんでした。珊瑚の森の中で魚が平和に生活していました。

海から学ぶ

シュノーケルをつけて、私も学生たちも魚になったように、海という別の世界で泳ぎました。後期のゼミの授業では、今回のゼミ旅行の内容について皆で話し合い、経済学部のゼミ対抗の発表会に出場したいと思います。学生にとっても多くの学びがあった旅になったと思います。

日米両政府の愚かさ

先月、パラオの海で泳ぎ魚の数に驚きましたが、白保も多くの魚と触れ合うことができました。本当に、魚湧く海です。琉球では振興開発によって、魚湧く海を埋め立て、日本政府は辺野古の珊瑚礁を埋め立てようとしています。白保の海で泳ぐことで日米両政府の愚かさが分かります。

空港を珊瑚礁の上につくらせなかった

泳いでいたイノ―から撮った新石垣空港です。案内して下さった石垣島のガイドさんが、われわれの海の上に空港をつくらせなかった、われわれの勝利であると述べました。本当に自分たちの海を愛する人の気持ちが伝わってきました。誇らしげでした。

島人の宝

シュノーケルをつけて海を見ると、陸地とは違う別の世界に触れることができます。その発見に学生も大変、興奮し、喜んでいました。白保の海を埋め立てて空港を作る計画がかつてありましたが、埋め立てなかったことで、非常に大切な島人の宝を守ることができました。

白保の珊瑚礁でのシュノーケル

今日は、朝9時から12時前頃まで、白保で世界有数の青珊瑚等を見学しました。生まれて初めてシュノーケルをする学生も多く、珊瑚や魚の美しさに学生も大変喜んでいました。マエザトさんが写真を撮って下さいました。

身体で島の自然を感じる

次に車で川平湾に来ました。川平湾は10年以上ぶりだと思います。静かな風景でした。真珠の養殖や遊覧船の行き来を眺めました。島の東側とは異なる風景が西側にあります。新空港の建設で島の他の風景、景観もこれから大きく変わっていくでしょう。学生たちは、砂浜におりで、砂の感触を裸足で感じ、ズボンを裾野上まで挙げて、波を感じていました。自然との触れ合いが学生たちを楽しくさせているようでした。

石垣島の観光とは

次に石垣市役所の観光文化課に参りました。高坂さんが石垣島観光の概要についてパワーポイントで詳しくご説明して下さいました。石垣島の観光に関する非常に変わりやすいご説明でした。

その後、学生がそれぞれ、これまで自分か体験し、考えたことを踏まえて質問をさせていただき、意見交換をしました。学生も観光と行政との関係、また観光の経済効果、様々な観光の形態等、島の観光について学ぶことができたと思います。

新石垣空港ができて、毎月のように観光客が増え、7月だけで10万人の観光客がこられ、今年中には80万人を越えることは確実な勢いだそうです。

八重山毎日新聞でのインタビュー

午後から、八重山毎日新聞社に行き、比嘉記者にお話を伺いました。比嘉さんは琉球人の寮である南灯寮で共に生活した経験があります。

今日は、学生が中央商店街での聞き取り調査の結果、自分が島について考えたこと等について学生が比嘉さんに質問し、意見を言ったことに対して、比嘉さんが答えるという形で話し合いが進みました。石垣船台湾船衝突事件発生直後であるにもかかわらず、親しく私たちの質問に答えて下さいました。

島の記者として島に発生する事件、出来事を真摯に取材する姿勢に常に感動しております。打ち解けた感じで話が進み、学生たちも自由に意見を述べることができました。また比嘉さんも学生さんたちからの声を聞きたいといって、幾つかの質問をされました。

石垣漁船と台湾漁船の衝突事件

石垣市中央商店街の中にある、歩行者のための休憩所で、各自が聞き取り調査した結果をシェアーし合いました。12人の学生がそれぞれの視点で、島の経済や社会を島の方々から学んだことが分かります。

それぞれが学んだものを、他の仲間とシェアーし合うことで、自分の認識もさらに深まるでしょう。写真の新聞は、八重山毎日新聞のものであり、一面で、石垣の漁船に台湾の漁船が衝突した事件を報じていました。日本の国益のために島の漁業者が不利益を被る事態が発生してしまいました。

その事件についてはホテルでの事前打ち合わせの時に学生に伝えました。これから学生たちは、同様な事件が発生したら、自分のことのように島のことを考えると思います。

生きた経済を島の人から学ぶ

約1時間ほど、島の住民の方々に直接お話を聞く機会が与えられ、心より感謝しております。みーふぁいゆー。学生たちも、島の方々から話が聞けて、生きた島の経済について学ぶ良い機会になったと思います。教室で学んだ経済理論が、現場での声によって生きた経済になると思います。学生たちも勇気をもって、丁寧に、自分の言葉で質問をし、受け答えをしていました。

石垣市中央商店街でのアンケート調査

今日は、朝10時半より石垣市の中央商店街において、町の方々にアンケート調査を行いました。アンケートは八尾ゼミ長が作成してくれました。30、40人の方々が親切にアンケートにお答え下さいました。新空港の影響、島の将来像、移住者の島に対する意見、日本台湾漁業協定、島が直面している諸問題等について、アンケート用紙4枚分の質問事項について学生が商店街を歩く方々に伺いました。

石垣島でのアンケート調査

今日は、石垣市内にあるユーグレナモールにおいて地域経済に関するアンケート調査を学生とともに行います。そして、八重山毎日新聞、石垣市役所に行き、島の経済や社会についてお話を伺い、意見交換をする予定です。今日も石垣島は晴れです。島の方から多くことを学ばさせいただきたいと思います。

セレブを囲い込む高級リゾート

竹富島に来た機会に島内外で大きな論争になった星野やというリゾートをこの目で見たいと思い、皆で行きました。地域経済を研究している学生であること、ぜひ見学したい旨お願いしましたが、宿泊者以外は施設内への入場が一切できないといって断れました。

沖縄島にある「高級リゾート」にも行きましたが、このような扱いをされたことがありません。このリゾートに泊まる人は港でバスにのり、人里離れた場所に行き、そこで過ごすのでしょう。

一種の疎開地のような気がしました。地域社会または社会と離れた形でセレブだけを囲い込むリゾートに学生たちは何を考えたでしょうか。リゾートを見学できずに自転車で去っていきました。

生きた自然を体験する

沖にある岩場まで皆で泳ぎました。ゼミ長が、泳ぎが苦手な学生につきっきりで泳ぎを教えていたのが大変微笑ましく、友情を感じました。この海岸の隣にあるビーチに比べて、岩場、珊瑚があるので、色んな魚やナマコを発見できました。生きた魚、生物をあまり見たことがない都会の学生は大変、喜んでいました。自然の豊かさを体験するというのは人間にとって大変、必要なことであると思います。

カイジ浜で泳ぐ

次に、カイジ浜に自転車で行き、泳ぎました。皆は青い、透き通った、魚も泳ぐ海で大変嬉しそうでした。星の砂も浜辺にあり、他の観光客もきて砂を見つめていました。海温はまだ生温く、夏でした。海に浮かんでいると、ほんとうにほっとします。

竹富島、琉球の貨幣

次に古代から現在までの琉球における貨幣の変遷について、現物を紹介しながら話して下さいました。貨幣を通じて、琉球の支配者が明らかになり、その時代の琉球の社会経済を想像することもできます。経済学部の学生ですので、これほど多くの貨幣が琉球で流通していたことにびっくりしたようです。

竹富島とマチュピチュ

今日は学生12人と竹富島に船で渡り、最初に、喜宝院の上勢頭館長からお会いしました。竹富の言葉、わらざんの話を伺いました。優しい語り口で、最近、マチュピチュに行かれたそうで、そこと竹富島の文化の類似性についてもご指摘されていました。

今、学生と石垣島にいます

今、石垣島にいます。昨晩は学生さんは関西空港までバスや電車、そして那覇空港、そして石垣空港と一日をかけて島に来て、疲れていたようです。

今日は、竹富島に行き、喜宝院という島の博物館に行き、館長さんから島の文化や歴史を学びます。喜宝院は浄土真宗本願寺派の琉球最南端の寺でもあり、龍谷大学とも縁がある場所でります。その後、島の町並みを歩き、海岸で自然と触れ合い、可能であれば、星野やというリゾートを見学したいです。

今は来週行う予定のアメリカ・シカゴ、イリノイ大学での国際学会報告の準備をしております。主にセトラーコロニアリズムの内容になりますが、石垣島、竹富島でもそのことを念頭におきながら、調査したいです。多くのことを島人、島や海から学生さんとともに学びたいです。

これから石垣島に行きます

今、那覇空港にいます。これからゼミ生12人と石垣島に行きます。空港につき次第、レンタカーを借りてホテルに向かい、荷物を置いて、新垣さんの島そば一番で島そばを食べながら交流会をまずします。学生と島を歩き、人から話を聞き、身体で島の過去、現在、そして未来を考えてみたいです。

金城とおもろまちとの違い:権力と人間

今日は朝早くから、家の近くにある小禄金城を歩きました。元米軍基地ですが、現在は返還され、住宅、商業施設、学校、福祉施設等があります。おもろまちと同じように語られがちですが、一昨日、おもろまちを歩いた時に感じた苦痛が、金城ではあまり感じられませんでした。

それは緑が多く、街路樹で太陽光線を防いでくれる場所が沢山あることです。その他にも人間の目線や、人と人との交流の視点でつくられた工夫が金城にはあります。高い建物もそれほど金城は多くありません。他方、おもろまちは、資本の論理が重視され、日本政府の琉球支配の拠点もいくつかあり、権力にいろどられた街のような気がします。

基地跡地における開発の違い、過程、その論理をさらに詳しく調べてみたいです。琉球の開発を自分の身体を通じて考え、感じてみたいです。

誰の為の、誰による琉球開発なのか

今日は、開発によって自分が馴染んだ街がどのように変わったのか、変わるのか、変化によって何がもたらされたのかを考える為に那覇市内を歩きました。まず自宅から那覇市立図書館に行き、開発や行政関係の資料をみて、沖縄大学、真和志小学校、長田、寄宮、那覇市民会館等の周辺を歩きました。

小学から高校までの記憶をたどりながら、地域に変貌を体で感じました。その後、農連市場、公設市場付近を歩き、ジュンク堂をすぎて、元少年会館跡を通り、福州園、新しくなった孔子廟に行きました。開南市場の中に新しく古本屋ができており、中を見ましたが割と多くの古本がありました。

バスターミナルを横切り、奥武山公園の山の上にある、地租改正記念の石碑を見に行きました。以前は旧二中の慰霊碑がありましたが、今はなく、琉球の近代化、植民地化を記す石碑がありました。かつてはその隣に奈良原元知事の銅像もあったそうです。

土地整理によって土地の私的所有制度が始まり、現在の琉球の開発に至りました。暑い中、汗をかきながら、琉球の首都那覇の近代化、開発の一部を見て、誰の為の、誰による開発なのかを感じ、考えた一日でした。

琉球の植民地主義

昨日は、沖縄県庁、沖縄振興開発金融公庫、沖縄総合事務局にいき、研究資料を集めてきました。県庁の担当職員の方が親切に資料を探して下さいました。みーふぁいふゅー。総合事務局はビルの入り口に一人、中に一人ガードマンがおり、上にいくエレベーターの前に駅の改札口のような厳重な入構制限機械がおかれていました。日本政府が琉球人を警戒している、または恐れている、差別している気持ちが形になっているように思いました。

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE