FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

植民地主義を拡大させる日本の開発政治

昨日は、西宮の甲南大学での国際開発学会の研究会で報告、議論してきました。中野先生からはいかに、原子力を巡り、企業、政府、政治家、学者、マスコミがカネにまみれ、腐敗し、「原発は安全、安い」という神話をつくり、私利を蓄えてきたのかについて具体的に学びました。アジア、アフリカ、南北問題の開発問題を研究している研究者を中心とした研究会ですが、自分の専門を越えて原発・震災に係る研究、社会活動を勇気をもってされている方々でした。

参加者のお一人である阪本さんとは、早稲田大学大学院の時代からともに学んだ仲間であり、開発や原発の問題を深くえぐり、実践活動をされ、学会においても部会を立ち上げるなど、積極的に活動をされています。原発の誘致に対して様々なカネをばらまいて、「周辺」に犠牲を強いる体制を日本政府は形成してきましたが、3.11後も基本的にその体制は変わっていません。

誰のための誰のためのカネ、開発なのかが問われています。琉球でも開発、カネによって日本政府は基地を押し付ける政策を続けています。しかし琉球人のなかには、カネよりも大切なもの、生命、平和な生活、人権があると考え、基地や振興開発を拒否する人が増えてきています。

今年11月に開催される国際開発学会全国大会では、日本における開発の意味を問い直し、日本政府の開発政治が植民地主義を日本国内外で再生産させるものでしかないことについて議論するセッションが予定されており、議論するのが楽しみです。
スポンサーサイト

新たな植民地主義としての琉球の振興開発体制

今日は、国際開発学会研究部会主催の「原発震災から再考する開発・発展のあり方」公開研究会で報告、議論するために西宮にある甲南大学に行きます。私も学生とともに石巻市に学生と何度かボランティア活動したことがありますが、原発震災と琉球開発を通じて、日本国における開発政治のあり方、問題性について議論してたいです。私は「新たな植民地主義としての琉球の振興開発体制」について報告します。ご関心がおありの方はどうぞお越し下さい。

【内容】原発震災であらためて露わにされた、内国的・国際的に展開される不公正な開発政治に、われわれはどう向き合えば良いのでしょうか? 中野洋一氏(原発産業)と松島泰勝氏(琉球開発)のお話を伺いながら考察します。
【プログラム】

1)「原発産業のカネとヒト」(中野洋一 氏、九州国際大学)
原発産業は日本の巨大ビジネスの一つである。9つの電力会社の年間売上高は約15兆円であり、原発産業には年間約2兆5000億円近い資金が動いている。その原発産業のカネとヒトに焦点をあて、特に「原発マネー」の流れを中心としながら分析する。

2)「新たな植民地主義としての琉球の振興開発体制」(松島泰勝 氏、龍谷大学)
本報告では、1879年の琉球併合から今日まで続く、琉球に対する構造的差別を明らかにした上で、「復帰」以降の振興開発体制が新たな植民地主義でしかないことを明らかにする。特に米軍基地とリンクした開発政治の分析に焦点を当てる。
【発表者プロフィール】

☆ 中野洋一 氏  国際経済学、特に南北問題、途上国の貧困問題が専門。九州国際大学国際関係学部教授、博士(商学)。現在、副学長。著書は『軍拡と貧困のグローバル資本主義』法律文化社2010年、『原発依存と地球温暖化論の策略―経済学よりの批判的考察』法律文化社など、多数。

☆ 松島泰勝 氏  石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。在グァム日本国総領事館、在パラオ大使館勤務を経て、現在、龍谷大学経済学部教授。NPO法人ゆいまーる琉球の自治代表。「琉球民族独立総合研究学会」共同設立者。主要著書に『琉球独立への道―植民地主義に抗う琉球ナショナリズム』法律文化社。

【日時】9月29日(日)13時半~17時
【場所】甲南大学 西宮キャンパス(阪急 西宮北口駅 至近、メールで詳細をご案内します。)
http://www.konan-u.ac.jp/faculty/cube/access/index.html
【問い合わせ先】 k_masaki425@nifty.com

地域経済論の授業が始まりました

今週から大学の授業が始まりました。月木の週2回の授業、地域経済論には約200人の学生が履修しました。琉球や太平洋諸島の島の経済についての理論、政策、歴史等について論じます。

島の経済活動と軍事、環境、歴史や文化等の「非経済活動」とがどのような関係を有しているのか、本当の豊かさとはなにか、内発的発展と外発的開発との違い、植民地経済、独立島嶼と非独立島嶼との違い、島嶼経済の問題性と可能性等、世界の島々を事例にして講義を行います。

島の映像やその解説を通じて、人間が実際に生きている島の現実も知ってほしいです。200人という大人数ですが、いつものように学生の机の間を歩き、マイクを学生に向け、学生と意見を交換しながら授業を行いました。なるだけ多くの学生の声を授業に反映させ、議論をしたいです。

授業での議論、まめテスト、レポート、定期テスト等を通じて、学生の地域の経済に対して自分の頭で考える力を身につけてほしいです。今日は、グアム、パラオの研修旅行をした学生と事後学習を行います。どのようなことを島から学んだかを聞いてみたいです。

もはや琉球独立論しか選択肢はないのか

下記のような講演を行います。主催者側が「もはや琉球独立論しか選択肢はないのか」というテーマをつけましたが、「そうです」という私の答えを詳しくお話しし、議論をしたいです。

■日時:2013年10月1日(火)18時45分~21時
■会場:明治大学リバティタワー10階 (1103教室)

(東京都千代田区神田駿河台1-1/JR・地下鉄「御茶ノ水」/都営線・地下鉄「神保町」下車)
■参加費:ビジター1500円、会員・学生・年金生活者・ハンディのある方1000円
■主催:明治大学軍縮平和研究所・アジア記者クラブ(APC)
■ゲスト:松島泰勝さん(龍谷大学教授)

 「琉球民族独立総合研究学会」が設立されてから4か月が経過した。沖縄の声は日本政府によって無視され続けてきた。為政者による「沖縄の負担軽減」は掛け声に過ぎず、オスプレイの強行配備に至っては、沖縄県民が疲弊して沈黙するのを待っているかの観すらある。

そうした中で、「琉球の独立が可能か否かを逡巡(しゅんじゅん)するのではなく、琉球の独立を前提として、琉球の独立に関する総合的な研究を行う」(会則から)ことを目的に冒頭の学会が設立された意味は小さくない。これまで「居酒屋談義」と批判を浴びてきた琉球独立論が現状を打破するとば口になるのか、注目されているからだ。

 設立趣意書には、「琉球は日本から独立し、全ての軍事基地を撤去し、新しい琉球が世界中の国々や地域、民族と友好関係を築き、琉球民族が長年望んでいた平和と希望の島を自らの手でつくりあげる必要がある」と記載されている。かって沖縄は、琉球王国として独立国であった。学会は、「琉球の地位や将来を決めることができるのは琉球民族のみ」との方針を取るという。ヤマトは琉球独立論とどう向き合うのか。

 9月定例会は、10月1日に開催し、石垣島出身で龍谷大学で教鞭をとる松島泰勝さんをゲストにお招きします。松島さんは昨年、『琉球独立への道』を上梓し、ミクロネシアなど島嶼国家の独立と経済的自立について研究を深めてきた論客でもあります。当日は、琉球(沖縄)を取り巻く状況の中で、独立論が有効なのか、松島さんとの間で掘り下げた議論を交わしたいと考えています。参加される方は、同書を一読の上、参集願います。  

■連絡 アジア記者クラブ(APC)
〒101-0061東京都千代田区三崎町2-2-13-502
※Tel&Fax:03-6423-2452

★最新の情報(変更・中止の場合があります)は、必ずHPでご確認ください。
★会場等の都合で10月開催です。10月定例会は別途、開催します。
http://apc.cup.com/
E-mail:apc@cup.com

『基地維持政策と財政』

『基地維持政策と財政』というご著書を、京都府立大学の川瀬光義さんから頂戴しました。みーふぁいゆー。川瀬さんからはこれまでも財政と基地との関係について学ばさせてもらいましたが、新著も同関係の不正義に深く切り込むものであり、勉強させてもらいます。

内容紹介:基地はどのように維持されているか。思いやり予算はじめルールなき財政支出の検証を通じて、新基地計画を機に質的転換を遂げつつある財政政策を解明。原発との比較も注目。

目次
序章 本書の課題
第1章 在日米軍基地と財政

第2章 沖縄の基地と地域経済
第3章 基地と自治体財政
第4章 基地維持財政政策の展開
第5章 嘉手納町にみる基地維持財政政策の実態

第6章 名護市にみる基地維持財政政策の実態
第7章 沖縄振興(開発)政策の展開と帰結
第8章 沖縄市にみる振興政策の実態
終章 ルールなき財政支出の帰結

不公正な開発政治を問う


「原発震災から再考する開発・発展のあり方」公開研究会が29日に開催され、報告をします。不公正な開発政治について参加者皆と議論したいです。どなたでもご参加いただけます。

【内容】原発震災であらためて露わにされた、内国的・国際的に展開される不公正な開発政治に、われわれはどう向き合えば良いのでしょうか? 中野洋一氏(原発産業)と松島泰勝氏(琉球開発)のお話を伺いながら考察します。

【プログラム】
1)「原発産業のカネとヒト」(中野洋一 氏、九州国際大学)

原発産業は日本の巨大ビジネスの一つである。9つの電力会社の年間売上高は約15兆円であり、原発産業には年間約2兆5000億円近い資金が動いている。その原発産業のカネとヒトに焦点をあて、特に「原発マネー」の流れを中心としながら分析する。

2)「新たな植民地主義としての琉球の振興開発体制」(松島泰勝 氏、龍谷大学)

本報告では、1879年の琉球併合から今日まで続く、琉球に対する構造的差別を明らかにした上で、「復帰」以降の振興開発体制が新たな植民地主義でしかないことを明らかにする。特に米軍基地とリンクした開発政治の分析に焦点を当てる。
【発表者プロフィール】

☆ 中野洋一 氏  国際経済学、特に南北問題、途上国の貧困問題が専門。九州国際大学国際関係学部教授、博士(商学)。現在、副学長。著書は『軍拡と貧困のグローバル資本主義』法律文化社2010年、『原発依存と地球温暖化論の策略―経済学よりの批判的考察』法律文化社など、多数。

☆ 松島泰勝 氏  石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。在グァム日本国総領事館、在パラオ大使館勤務を経て、現在、龍谷大学経済学部教授。NPO法人ゆいまーる琉球の自治代表。「琉球民族独立総合研究学会」共同設立者。主要著書に『琉球独立への道―植民地主義に抗う琉球ナショナリズム』法律文化社。

【日時】9月29日(日)13時半~17時
【場所】甲南大学 西宮キャンパス(阪急 西宮北口駅 至近、メールで詳細をご案内します。)
http://www.konan-u.ac.jp/faculty/cube/access/index.html
【問い合わせ先】 k_masaki425@nifty.com

シカゴで琉球に出会う

今日の午後は、石原先生とともにArt Institute of Chicagoに行きました。石原先生といろいろとお話ができて大変よい経験になりました。印象派とファッションについての特別展のほか、常設展も石原先生と話をしながら回りました。また東松照明の特別展も開催されており、琉球の写真を見ることもできました。シカゴで琉球に出会いました。昼食の時には、石原先生の専門である言語学の話、アメリカ留学の話等、大変興味深い話も聞くことができ、よかったです。本で見ていた美術品や仏像等を実際にみて、大変インスパイアーされ、いろいろな発見もありました。

シカゴでの学びを皆でシェアーする

今日の朝は、知念さんの提案で、今回のシカゴで開催された国際会議参加について、それぞれが何を考えたのか、今後どうしたいのかについて、それぞれの思いを語り合い、シェアーし合いました。皆が何を考えながらこの7日間を過ごしていたのかが分かり、大変よかったです。またいろいろと学ばせていただきました。この7日の経験を踏まえて、これからの生活、研究、教育、社会運動等に役立てて行きたいと思いました。

シカゴのジャズ

また昨晩はネイビーピアーに皆で散歩に行きました。多くの人が行き交う中をぶらぶらと皆で楽しく歩きました。何人かでブルースを聴いた後、ジャズを聴きに行きました。さらに地元民が来る酒場に行き、楽しい雰囲気の中、色々と琉球のことについてと朝方近くまで話し合いました。

ブルースを聴きました

昨晩は何人かでシカゴの音楽を聞きにいきました。最初はブルースを聞きました。大変賑やかな感じで踊る人もいました。こちらも楽しくなりました。本場のブルースを聴けていい経験になりました。

私の報告

私は次のような項目の内容の報告をしました。会場からは、なぜ「沖縄ではなく琉球なのか」という質問や、世界の独立した国々と琉球独立との比較についての意見やコメント等をもらい、答えさせて下さいました。最初の質問をされた、カルフォルニアに住む琉球人研究者は後で、独立学会に入会したい、アメリカ在住の妹や親戚にも学会への加入を進めたいという話して下さいました。次の質問をされた方はプエルトリコ人であり、いまはアメリカの大学で教鞭をとっているが、「自分はプエルトリコが独立したらすぐ島に戻りたい」と話して下さいました。
1.Does LewChew(Ryukyu,Okinawa )belong to Japan?
2.Economic Colonization in LewChew
3.The Administrative Control by Japanese Government
4.US forces as Settler in LewChew
5.The Colonial Knowlege by Japanese about LewChew
6.The Way for Decolonization of LewChew
:Independence from Japan

名前を取り戻そう!

石原先生は、普通、ノグチゲラと呼ばれている日本人の「発見者」の名前がつけられた鳥の名前ではなく、日本人が「発見」する前に琉球人が読んでいた名前で、この鳥を呼ぼうと主張されました。大賛成です。チャモロ人が、アメリカ人のセトラーによって名づけられた道路名、首都名をチャモロ語に法律によって変えていったように、琉球人も我々の言葉を回復しなければならないと思いました。

シカゴで思い出した方言札

討論者の石原先生が貴重なお写真を3枚見せて下さりながら、ウチナーグチの琉球人にとってもつ意味について考えさせて下さりました。与那国島から転校した私は1972年4月に那覇の小学校で学びましたが、その時、担任の先生が「方言札」を生徒に架けさせられたことを今でも覚えています。その体の感覚がシカゴで思い出されました。

オキスタ107の脱植民地化のための画期的な活動

赤嶺さんはオキスタ107の活動を中心に精神の脱植民地化ための具体的な取り組みに対する考察を行いました。ハジチに関するワークショップには喜納さんも参加されました。うないフェスティバルを脱植民地化を柱にして活動を進めたことも、オキスタの皆さんの大きな貢献だと思います。ハワイのカナカマオリの脱植民地化活動からも学びながら、琉球の脱植民地化のために幾つかの画期的な取り組みをされてきたことに改めて感動しました。

今日のセッション

今日は、CESA会議最後の日であり、琉球チームはOkinawa and U.S.-Japan: Analyzing Colonial Projects From Indigenous Frameworkという統一テーマで報告しました。赤嶺さんは
Toward Decolonizing Praxis and Pedagogy: Okinawa Studies 107’s Challenges for knowledge productionという報告、
私はDecolonizing the Colonized and Militarized LewChew by Self-Determination of Peoplesという報告,赤嶺さんが
The economic analysis of Japanese Settler Colonialism
Settler Colonialism and Assimilation Policy in Career Education Okinawaという報告をそれぞれ行いました。親川さんは植民地下における琉球の職業教育の問題性を明確に指摘されました。

社会正義関連の活動が活発なシカゴ

今日の朝、シカゴの街を散策しました。ホテルから公園を横切り、ミシガン湖を見ました。本当に海のようでした。それから街の中にあるシカゴ市立図書館に行きました。1階から7階までエスカレーターで上ってみましたが、静かな環境で、充実した図書のなかで勉強できる態勢をみて、大変感激しました。一階の図書館の壁には次のような言葉が記されていました。全ての人に開かれた図書館で、読書し、学ぶ楽しさを市民に提供するという社会正義が根付いています。シカゴは、セツルメント運動の根拠地であり、メーデーの発祥の地であり、労働組合運動も盛んな場所です。昨日も、スーパーの雇用先の前でプラカードを持って賃上げを求めている労働組合の人びとを見ました。

琉球の地図

シカゴの魅力と貧困問題

この晩は知念さんの代わりに参加した、息子さんも楽しく、今晩の琉球人との交流に参加しました。後々、この晩の琉球人の声、交流を何かの場合に思い出すのではないでしょうか。昨晩歩いた大学近くの商店街の中にも様々な、面白い彫刻があり、微笑みながら街で生活できるのがシカゴの魅力だと思いました。

シカゴはブルースの本場であり、アフリカンアメリカンが多い街でもあり、ギターを弾く彫刻の他、実際に若者が街の空き地で歌ったり、踊ったりしていました。

他方では、特に街の中心商店街にはとこどころにホームレスの方がおり、アメリカにおける貧困を考えさせられました。

喜納さんと私たち

右の喜納さんがこの食堂に案内して下さり、また食後は私たちを宿泊所までご自身の車で送り届けてくれました。喜納さんにはセッションの初日から、昼食場所をご案内して下さり、大学への交通手段を色々と考えて下さったりと、私たちの為に色々と配慮して下さり、大変、有り難いです。皆も安心してシカゴの街に滞在できています。みーふぁいゆー

自分が生きる上で書かせないものとしての学問

その後、場所を移して食事会をしました。大学近くの美味しい食堂で、値段も高くありませんでした。大学の周りには多くの飲み屋、レストランがあり、学生割引の看板もありました。この食堂でも互いの考えを出し合い、意見の交換をしました。異なるルーツをもつ方々が、それぞれの思いをもち、痛みをともなう自己探求の過程を経ながら、学問の道を志す、熱をこの晩は深く感じました。自分が生きる上で学問が書かせないものであることが、皆さんの話を聞いて思いました。

上運天さんの島唄に込められた琉球人のマブイ

昨日のセッションでは上運天さんが石垣のトゥバラーマを歌って下さり、感激しましたが、昨晩の集いでも島唄を歌って下さいました。ハワイや川崎の琉球人集落、石垣島などで琉球の島唄や三線を学び、琉球の唄の背景や歴史、琉球人のマブイに触れながら島唄を歌ってきたことが昨晩のお話と唄から分かりました。ウチナーディアスポラの唄といって歌って下さった、浜千鳥も心に響きましたし、汗水節に込められた琉球人の抵抗の意思についてのお話も心に残りました。上運天さんの話を聞きながら、私がグアムやパラオで出会った琉球人のことを思い出しました。

さまざまなルーツをもつ人びとの声を聞きました

琉球人の他に在日コリアンでアメリカの大学に留学されている方、アフリカンアメリカン、チャイニーズアメリカンの方も私たちの集いに参加し、お互いのルーツについて語り合いました。シカゴ大学の大学院で学ばれ、また大学でも教鞭をとられている琉球人のライアンさんがイリノイ大学の教室を予約され、泡盛を含む飲み物、軽食を用意して下さいました。みーふぁいゆー。ライアンさんとは昨年、早稲田大学で開催された琉球に関する国際会議でお会いして以来ですが、現在、琉球のナショナリズムや独立についてご研究されているようです。これからも、この方面でも議論してみたいです。

琉球とのつながりを互いに確かめ合う

また昨晩は心に残る琉球人同士の触れ合いの集いがライアンさんのご配慮で開かれました。沖縄島にルーツをもつ写真右側のお二人、奄美大島にルーツをもつ白いシャツの方など、それぞれの琉球とのつながりを「自分の歴史」を語り合いながら、互いにおたがいのつながりを確かめ合いました。自分と琉球とのつながりについて話されるなかで、涙を流された方もいました。シカゴで琉球人であることの意味の深さを感じました。

シカゴの街作り

昨日は、上運天さんのご案内で、イリノイ大学から歩いて、シカゴのダウンタウンに来て、色んなものを見せてもらいました。街中に芸術作品があり、心に驚きと喜びを感じながら街を歩きました。これは上運天さんが「豆」と読んだ作品であり、多様な宇宙を感じました。

知念さんの報告

知念さんは、なぜ琉球にある米軍基地を日本に移す必要があるのかを、カマドゥー小たちの集いの運動に基づきながら報告されました。崎原さんが紙に書いた数字を見せながら、どれほど琉球が日本に差別されているかを力強く主張されました。また質疑応答では、知念さんが島くとぅばで答え、崎原さんが英語で通訳されました。シカゴで島くとぅばを聞くことができ、大変嬉しかったです。アメリカにいる琉球人のマブイも喜んだと思います。

知花さんの報告

知花さんはハワイ大学博士課程に在学しており、会場には大学の指導教授の来ていましたが、堂々とこれまでのご研究のエッセンスをご報告されました。琉球人の先住民族としてのあり方について、歴史、土地、言葉、儀礼等の関連から掘り下げながら明らかにされました。琉球研究を日本研究の一部としてではなく、ハワイ研究と関連させならが研究されているところに研究の独自性と可能性があると思います。

今日の琉球セッション

今日は朝11時30分から、Weaving Native Voices: Okinawan Resistance Against Militarizationというテーマで琉球セッションが行われました。知花さんが
Striving for Land, Sea, and Life: Okinawan Demilitarization Movementというテーマで報告され、知念さんが
Take Back the Autonomy: Okinawan Women’s Challenge to Deconstruct the Mainstream Notion of “Subordinate” Okinawaという題で報告されました。そして上運天さんが討論者としてコメントをされました。セッション後の写真です。

シカゴでの食事

石原先生とは同じホテルで毎日、一緒にタクシーでイリノイ大学シカゴ校まで通っています。石原先生は前にもシカゴに来られたこともあり、またアメリカで留学されたこともあり、色々とアメリカのお話を聞かせてもらっています。

シカゴでの交流会

昨日は、宿泊所から歩いていける店で夕食を皆でとりました。シカゴ特産の分厚いピザを食べました。最初のセッションが終わったこともあり、皆で楽しく会話しながら食事をとりました。アメフトの映像が店で放映され、大変賑やかな雰囲気の中で食事ができました。

世界のウチナーンチュが琉球独立学会への加入を希望

友知さんは琉球における基地外基地の問題について報告するとともに、琉球民族独立総合研究学会についても話されました。アメリカ合衆国の大学で教員をされている、琉球人の上運天さんと喜納さんも、是非、自分も琉球人だから学会の会員になりたいと言って下さり、大変嬉しかったです。今晩は学会のセッションが終わった後、琉球人のライアンさんのご配慮でシカゴ琉球人の集いを開いて下さる予定です。シカゴで琉球の話で盛り上がりそうで、楽しみです。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE