FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

与論島における、ゆいまーる琉球の自治の集いの開催

今週土曜日から与論島におきまして、ゆいまーる琉球の自治の集いが開催されます。前利さん、喜山さん、その他の島の方々がご報告し、議論をさせていただきます。金曜日に那覇港から与論島に船で行き、島を見学します。日曜日に船で沖縄島に戻りますが、船で島々をみるのも楽しみです。与論島に上陸し、島の歴史や文化に触れるのは初めてであり、おおくのことを学びたいと思います。

1374558_524076367684295_1904521030_n.jpg

スポンサーサイト

富山で島の平和を考える

昨日は、富山大学の全学共通の平和学の授業で講義をしてきました。今年で3回目になります。150人の学生は真剣に話を聞き、講義の終わりの方では質問や意見を述べてくれました。

リアクションペーパーを何枚か読みましたが、学生も琉球の植民地主義、脱植民地化運動、独立について初めて知ったことが多く、びっくりした、これからもっと知って、琉球にも行ってみて、現実の琉球を見てみたい等の感想もありました。平和をどのように市民が作っていくのか、琉球のことを自分のこととして受け止め、考えるのかについて議論をしました。

佐藤先生が沖縄タイムスが9月18日に出した、しまくとぅばの社説をコピーして学生たちに配布して下さいました。琉球諸語が日本語とは異なる言語であり、ハワイ、グアム、タヒチ等とおなじように、琉球でも言語復興運動が行われるようになった背景についても話をしました。

交流会では、佐藤先生が最近行かれたニューカレドニアでの脱植民地化運動の現状、安倍首相の「接触的平和」という言葉が日本平和学会にとって持つ意味、平和とは反対の方向に進む日本社会の抑圧的閉塞状況等について話し合いました。また、佐藤先生が80年代の終わり頃に、グアムのエンジェル・サントスさんの家に招かれて、グアムの植民地主義について話を聞いたことについて伺い、その頃のエンジェルさんの言動を知ることができて、よかったです。

来年2月に琉球で行う予定の、韓国の研究者、運動家と琉球独立について議論するシンポの打ち合わせも行いました。佐藤先生は、来年3月に富山大学を退職されますが、私が島嶼における平和学を考える上においてこれまで多くの機会と示唆をいただきました。みーふぁいゆー。

富山大学で講義をします

22日火曜日は富山大学で琉球の平和、脱植民地化、独立について講義を行います。同大学の佐藤幸男先生から呼ばれました。

佐藤先生とは私が学生時代から交流があり、グアムやパラオでの専門調査員試験を紹介してもらったり、佐藤先生が代表をつとめるトヨタ財団の研究会でフィジーとニューカレドニアにいって調査する機会をいただいたりと、これまでいろいろとお世話になり、学問的にも多くの示唆を受けてきました。

富山大学では学生たちと議論するのが楽しみです。来年は琉球に韓国の研究者を及びして韓国、琉球における独立について国際シンポを開催する予定ですが、それについても話し合いたいです。

京都の松田道之

昨日は、京都駅近くのコミュニティーセンターにおいて、2年、3年の学生10人が、崇仁地区、東九条の地域の方々、京都市役所の人、京都の他の大学の院生や学部生等の前で、堂々と発表しました。それぞれのグループで調べたことをパワポにまとめ、それぞれの方法で報告し、会場からの質問に対してもしっかりと答えてくれました。

崇仁地区まちおこし協議会の山内さんから、「琉球処分」の松田道之が京都では小学校の創設者として知られているが、来年予定されている柳原銀行記念資料館での琉球をテーマとした展示では「琉球処分」がもつ差別的意味についても当てたいという言葉が心に残りました。報告会後、学生たちと一緒に京都駅近くで肉を美味しくいただきました。

今日、崇仁地区で学生が報告会をします

今日、京都駅近くの京都市下京いきいき市民活動センターにおいて
柳原フォーラムが開かれます。私の3年のゼミ生が石垣島の珊瑚礁と地域、島の町おこし、そして2年のゼミ生が大阪大正区でのフィールドワーク、首里城の歴史的意味等について報告し、私も琉球差別の経済的背景等について話す予定です。お時間がありましたら、どうぞお越し下さい。

今、崇仁地区に京都市立芸術大学が移転することになっており、まちづくりについての議論も活発になっています。地域のまちづくりについても話し合いができたらと思います。また来年3月には柳原銀行記念資料館で、琉球についての特別展示会が開かれ、同記念資料館の皆さんに協力しながらゼミ生が展示準備に関わる予定です。

日時:2013年10月19日(土) 午後5時~午後7時
場所:京都市下京いきいき市民活動センター、参加費:無料
主催:柳原銀行記念資料館・龍谷大学松島ゼミ

松島ゼミの報告会

今週土曜日、京都駅近くの京都市下京いきいき市民活動センターにおいて
柳原フォーラムが開かれます。私の3年のゼミ生が石垣島の珊瑚礁と地域、島の町おこし、そして2年のゼミ生が大阪大正区でのフィールドワーク、首里城の歴史的意味等について報告し、私も琉球差別の経済的背景等について話す予定です。お時間がありましたら、どうぞお越し下さい。
日時:2013年10月19日(土) 午後5時~午後7時
場所:京都市下京いきいき市民活動センター、参加費:無料
主催:柳原銀行記念資料館・龍谷大学松島ゼミ

オスプレイの琵琶湖近くでの演習

今、琵琶湖上空をヘリが飛んでいます。今日は、米軍のオスプレイが琵琶湖近くで演習をする予定です。

ゆいまーる琉球の自治in与論島

次の通り11月1日から3日まで与論島で、ゆいまーる琉球の自治in与論島を開催します。参加希望の方は、私にご一報くださるほか、直接、旅行社に申し込んでください。

奄美航空ツーリスト 与論営業所 
〒891-9301 鹿児島県大島郡与論町茶花65-1 
TEL 0997-97-2476/FAX 0997-97-2475 MAIL:rnj-city@ama2.jp 

同社への申し込みは電話にてお願いします。

なお、宿泊ホテルは与論島パークホテルです。会場は与論町中央公民館です。
充実した学びの場になればと思います。

歴史は天の配剤

昨日は、東京から私の研究室に野田英二郎さんが来てくださいました。野田さんはインド、ベトナム、ペルーの元大使、香港の元総領事を勤めた元外交官です。私が法政大学で講演した琉球独立論について話をしたいと弁当を持参され来てくださいました。

ペルー大使時代の琉球人との交流、スコットランド独立運動の現状、国際法からみた琉球の政治的地位、奄美諸島人に対する差別問題、道州制の問題性等、有意義な話をお聞き、お話をいたしました。

現在、86歳ですが、お元気で、来週は琉球に行き、平良牧師、大田元知事、新川明さん、友知さん等に会う予定であるといって喜んでおられました。外務省の要職にあった方が日米安保条約、米軍基地の廃止を勇気をもって主張されており、敬意を表したいと思います。

現在の安倍政権に対しても「高速道路を逆走」している車に例えて、アジアにおける不安定要因であると論じておりました。ご著書『歴史は天の配剤』というご著書も頂戴しましたので、勉強させていただきます。みーふぁいゆー。

日本の自立と沖縄の独立

日本平和学会2013年度秋季研究集会(11月9[土]~10日[日]が、明治学院大学白金キャンパス)で行われます。11月10日[日] 09:30-12:00のスケジュールで、部会「日本の自立と沖縄の独立」においては琉球の独立について報告し、議論したいと思います。ご関心がありましたら、是非お越し下さい。

報告 川内博史(前衆議院議員)「鳩山民主党政権と普天間基地“移設”問題」、

前泊博酒(沖縄国際大学)「日米地位協定にみる日米関係-終わらない“占領”」、

松島泰勝(龍谷大学)「琉球の独立と平和」、

討論 石川捷治(久留米大学)、高野孟(インサイダー編集長)、司会 木村朗(鹿児島大学)

『愛と執着の社会学』

ましこ・ひでのりさんから『愛と執着の社会学』を頂戴しました。みーふぁいゆー。ましこさんとは、私が大学院生時代に参加していた、沖縄関係学研究会においてはじめて出会い、議論をさせていただきました。今、読んでいる本が一段落ついたら、読み、勉強させていただきます。考えるヒントが得られればと思います。

世界の琉球人と琉球の脱軍事基地化

岩波書店から今年でた『沖縄の自立と日本』という本を再読していましたら、国吉さんに関する次のような文章を発見しました。大田昌秀さんの発言です。

「県では、何年か前に米本国で基地が返された跡地の環境調査をしたことがあります。すると滑走路の跡地は例外なく確実に汚染されていることが判明しました。たまたま琉球大学の卒業生で、アメリカの大学で博士号を取得して連邦政府に入って、偶然にも環境保護庁に勤める国吉信義さんという方がいて、調査に同行してくれました。彼も滑走路があった所は間違いなく汚染されていると言明していました。

ですから、仮に普天間基地が明日返されたとしても、これまでずいぶん長い間滑走路として使っていただけに、果たしていつから実際に使えるようになるのか、危惧されてなりません」世界の琉球人が琉球の脱植民地化、脱軍事基地化のために貢献されています。みーふぁいゆー。

与論島で第14回目のゆいまーるの集いを開きます

11月1日から3日まで、NPO法人ゆいまーる琉球の自治による集いが与論島で行われる予定です。島の住民が島の自治について議論する車座の集いとして今回で第14回目となります。

今回の開催にあたり、沖永良部島の前利さんに大変お世話になっております。

集いの開催の詳細が決まりましたら、お知らせしますが、この集いに参加されたい方は、私までご連絡下さい。私は沖縄島まで飛行機で行き、那覇から船で与論島に行く予定です。これまで船の上から与論島を見たことは何度かありますが、上陸し、島を歩くのは始めてになります。

島の歴史、文化、政治経済から多くのことを学び、島人との関係を深めたいです。

世界の琉球人から勇気をもらいました

東京の明治大学でお会いしたShingi Kuniyoshiさんからメールを頂戴しました。国吉さんは私と同じ那覇高校を卒業され、UCLAを卒業された後、お仕事をされ、今は引退し、沖縄県人会の活動を精力的にされています。

国吉さんからは米国にある米軍基地と琉球の米軍基地とを比較され、いかに在琉米軍基地が多くの問題を抱えているかというお話や、在米琉球人の活躍や思い等についてお話を伺いました。世界の琉球人と直接つながれるという喜びは最近ではシカゴ以来です。国吉さんは今、私の『琉球の「自治」』という本を読んで下さっており、大変有り難いです。

また琉球民族独立総合研究学会への入会に関しても多くの在米琉球人に呼びかけて下さり、大変嬉しいです。みーふぁいゆー。また再会できることを楽しみにしています。琉球から遠くはなれた場所で、琉球人として生きてこられており、私も勇気をいただきました。

琉球独立論が日本人に突きつけているもの

昨晩は、明治大学において琉球独立論についてお話をさせていただきました。最初に琉球が植民地であることを政治経済的に明らかにし、振興開発体制が琉球の植民地主義を強化するものであることを示しました。

よって日本からどんなに資金が与えられても琉球は基地を押し付けられた植民地として固定化されるものでしかなく、日本の中では奴隷として生きざる終えず、独立しか脱植民地化の方法がないことを具体的に、世界の事例を挙げながら説明しました。

また私の個人的な、身体的な植民地化の記憶についても語りました。会場には多くの方々がお越し下さり、熱心に話を聞き、質問や意見を投げかけて下さいました。ロサンジェルスで県人会活動をされている琉球人の方が私のFacebookを見て、たまたま東京に旅行中であったので、会場に来て下さり、アメリカでの琉球人の活動について講演後話して下さいました。

また新報の米倉さん、TBSの金平さんの他、法政大学研究所研究員、通信社、出版社、雑誌社、ライターの方とも話をさせていただきました。

懇親会でも熱く語りましたが、アジア記者クラブの森広さんは、日本のマスコミが硬直化、右傾化していくなかでジャーナリストの使命感をもってこのような勉強会を毎月開催し、議論を巻き起こしており、敬意を表したいと思います。

明治大学の福田先生もカイザさんについて期待を込めてはなされました。琉球独立を論じ、実践していく主体は琉球人ですが、琉球独立論がなぜいま議論され、実践されているのかを、植民者としての日本人はどう受け止め、どう考えるのかが突きつけられています。

今日、東京に行きます。

今日、東京に行きます。「もはや琉球独立論しか選択肢はないのか」というテーマで講演を行います。琉球が日米の植民地であること、琉球人が人間として主体的に生きるための脱植民地化として独立しかないことを具体的、客観的、国際的にお話します。そして会場との議論により私の琉球独立論を鍛えたいです。

■日時:2013年10月1日(火)18時45分~21時 ■会場:明治大学リバティタワー10階 (1103教室)(東京都千代田区神田駿河台1-1/JR・地下鉄「御茶ノ水」/都営線・地下鉄「神保町」下車) ■参加費:ビジター1500円、会員・学生・年金生活者・ハンディのある方1000円 ■主催:明治大学軍縮平和研究所・アジア記者クラブ(APC)■ゲスト:松島泰勝さん(龍谷大学教授)

 「琉球民族独立総合研究学会」が設立されてから4か月が経過した。沖縄の声は日本政府によって無視され続けてきた。為政者による「沖縄の負担軽減」は掛け声に過ぎず、オスプレイの強行配備に至っては、沖縄県民が疲弊して沈黙するのを待っているかの観すらある。

そうした中で、「琉球の独立が可能か否かを逡巡(しゅんじゅん)するのではなく、琉球の独立を前提として、琉球の独立に関する総合的な研究を行う」(会則から)ことを目的に冒頭の学会が設立された意味は小さくない。これまで「居酒屋談義」と批判を浴びてきた琉球独立論が現状を打破するとば口になるのか、注目されているからだ。

 設立趣意書には、「琉球は日本から独立し、全ての軍事基地を撤去し、新しい琉球が世界中の国々や地域、民族と友好関係を築き、琉球民族が長年望んでいた平和と希望の島を自らの手でつくりあげる必要がある」と記載されている。かって沖縄は、琉球王国として独立国であった。学会は、「琉球の地位や将来を決めることができるのは琉球民族のみ」との方針を取るという。ヤマトは琉球独立論とどう向き合うのか。

 9月定例会は、10月1日に開催し、石垣島出身で龍谷大学で教鞭をとる松島泰勝さんをゲストにお招きします。松島さんは昨年、『琉球独立への道』を上梓し、ミクロネシアなど島嶼国家の独立と経済的自立について研究を深めてきた論客でもあります。当日は、琉球(沖縄)を取り巻く状況の中で、独立論が有効なのか、松島さんとの間で掘り下げた議論を交わしたいと考えています。参加される方は、同書を一読の上、参集願います。  

■連絡 アジア記者クラブ(APC)
〒101-0061東京都千代田区三崎町2-2-13-502
※Tel&Fax:03-6423-2452

★最新の情報(変更・中止の場合があります)は、必ずHPでご確認ください。
★会場等の都合で10月開催です。10月定例会は別途、開催します。
http://apc.cup.com/
E-mail:apc@cup.com

| ホーム |


 BLOG TOP