FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

仲井眞知事の辺野古新基地建設承認が意味するもの

浦添で玉元さんに会うためにバスに移動しました。県庁前で仲井眞知事の不承認を求める市民運動が行われていました。県庁内ロビーで出会った、かまどぅー小の集いの上原さんたちによる「県外移設」の抗議を聞き、我が身に受け止めました。

仲井眞知事は琉球人の県外移設の声を無視して、日本政府の琉球に対する植民地支配に加担するという結果になりました。そのとき、知事は琉球に病院があるにもかかわらず、東京の病院で入院という形で琉球人の前から逃げて、日本政府からカネを引き出そうとしたのです。

これまでの振興開発によって琉球は本当に経済自立したのかどうかを検証せず、自らの足で経済をつくるという気概も見えません。

琉球人の子孫に恥じる歴史的な汚点を仲井真知事という一人の政治家は残しました。琉球側の問題を見据えるとともに、このような状況に仲井真知事を追い込んだ日本、日本人による植民地支配を問い、この植民地主義から琉球人自らが脱していく政治経済的な着実な歩みが必要であると、この写真をみて改めて思いました。

写真は左の欄にあるFBで見て下さい。
スポンサーサイト

龍谷大学アフラシア多文化社会研究センターのメンバーによる琉球のフィールドワーク

龍谷大学アフラシア多文化社会研究センターのメンバーで琉球のフィールドワークを今月20日から22日まで行いました。このメンバーとはトルコで調査して以来ですが、在日韓国人のパクさんや、日系ブラジル人の大滝さんのご準備によってスムーズに調査を行うことが出来ました。

初日は、沖縄県庁にいき、琉球内における外国人の状況、世界のウチナーンチュについてお話を伺いました。我々のメンバーの中には群馬や滋賀で外国人居住に関する研究をしている方々がおり、活発な質疑がなされました。県庁の方から、琉球独立学会に関して日本人から抗議の電話が多数、県庁に掛けられていると聞きました。沖縄県庁の方も日本人によるハラスメントを受けています。

黄金の花

仲井真知事、高良副知事等、カネで琉球を売った人々に聞かせたい。知事は、琉球内の分断を深めた。それが結果的に琉球の日本からの離脱を促す。



黄金の花が咲くという 噂で夢を描いたの
家族を故郷、故郷に 置いて泣き泣き、 出てきたの

素朴で純情な人達よ きれいな目をした人たちよ
黄金でその目を汚さないで 黄金の花はいつか散る

楽しく仕事をしてますか 寿司や納豆食べてますか
病気のお金はありますか 悪い人には気をつけて

素朴で純情な人達よ ことばの違う人たちよ
黄金で心を汚さないで 黄金の花はいつか散る

あなたの生まれたその国に どんな花が咲きますか
神が与えた宝物 それはお金じゃないはずよ

素朴で純情な人達よ 本当の花を咲かせてね
黄金で心を捨てないで 黄金の花はいつか散る

素朴で純情な人達よ 体だけはお大事に
黄金で心を捨てないで 黄金の花はいつか散る

黄金で心を捨てないで 本当の花を咲かせてね

負担軽減策ではなく、負担強化策

知事は承認しても、私は認めません。負担軽減策ではなく、負担強化策でしかありません。



辺野古埋め立て承認へ 沖縄知事、基地負担軽減策を評価
朝日新聞デジタル 12月25日(水)23時47分配信

会談に臨む安倍晋三首相(左)と仲井真弘多・沖縄県知事=25日午後、首相官邸、越田省吾撮影

 安倍晋三首相は25日、沖縄県の仲井真弘多(ひろかず)知事と首相官邸で会談した。首相は在日米軍基地で地元自治体などが環境調査をできるように対米交渉を始めるなど、新たな基地負担軽減策を説明した。仲井真氏は「驚くべき立派な内容だ」と評価。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設先となる同県名護市辺野古の埋め立て申請を、27日に承認する方向だ。辺野古移設に向けた手続きが大きく前進することになる。

【写真】安倍晋三首相との会談を待つ沖縄県の仲井真弘多知事=25日午後、首相官邸、越田省吾撮影

 首相は会談で、普天間飛行場について、県側が求める「5年以内の運用停止、早期返還」を具体化するために、防衛省に作業チームを設ける方針を伝えた。この作業チームは、普天間飛行場に配備されている新型輸送機オスプレイの訓練の約半分を、沖縄県外で行う検討もするとした。県側が「7年以内の全面返還」を求めている牧港補給地区についても、別の作業チームで検討する考えを示した。

 さらに首相は、在日米軍基地に地元自治体などが環境の立ち入り調査をできるようにする特別協定の締結に向けて、米側と交渉を始めると表明。米側とは「日米地位協定を補足する新たな政府間協定」の締結交渉を始めることで合意した、としている。

朝日新聞社

知事は最後の砦ではない

自民党の国会議員や知事は認めても、自らや家族の生命や子孫のことを思う琉球人一般は辺野古新基地建設を認めないという意志は揺らぎません。知事は最後の砦でもありません。




<普天間移設>「最後の砦が…」「裏切りだ」沖縄県民に失望
毎日新聞 12月26日(木)2時10分配信
 沖縄県の仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事が、同県名護市辺野古沖への米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設にゴーサインを出す見通しとなった。27日に正式発表される。日米両政府による1996年の普天間返還合意から17年。県外移設に希望をつないできた県民からは「最後の砦(とりで)と思っていたのに」「裏切りだ」などと知事への失望が噴出。多額の振興予算で知事の決断を引き出そうとした安倍政権への憤りの声も渦巻いた。

 「仲井真知事を最後の砦と思い、長年の闘いを委ねていた。これだけ県民が、世論が反対する中で、『まさか』と思った」。名護市辺野古の移設反対グループ「命を守る会」の代表、西川征夫さん(69)は、政府の埋め立て申請を承認する方向で最終調整に入った知事に対し、失望を隠せない。更に2021年度まで毎年3000億円台の沖縄振興予算を確保する方針を示した政府にも「お金、札束で県民のほおを張っているようだ。どこまでばかにするのか」と怒りをあらわにした。

 名護市の大城敬人(よしたみ)市議も「知事は選挙で県外移設を求めてきた。ここに来て容認するとなれば裏切りだ。歴史的に最悪の知事と言わざるを得ない」と吐き捨てるように言い、振興予算についても「いつまで首相でいるかも分からないし、首相の願望に過ぎない方針だ」と実現に懐疑的な見方を示した。

 知事が要求した普天間飛行場の5年以内の運用停止や牧港補給地区の7年以内の全面返還に対し、「移設対策本部」を防衛省に新設して取り組む政府方針にも批判が集まった。移設に反対するヘリ基地反対協議会(名護市)の安次富浩さんは「履行されるかは結局米国次第。県民に要らぬ期待感を持たせたに過ぎず、軽減策は空手形で全く評価できない」。宜野湾市新城(あらぐすく)区自治会長の与那覇政勇(せいゆう)さん(65)も「米軍相手に国は弱腰で実現は難しいだろう」と話した。

評価する声も 一方、辺野古沖への移設を容認する住民有志でつくる「代替施設安全協議会」の仲嶺真明・共同代表は「普天間の5年以内の運用停止もできる。今までめどを付けられずにきた状況が変わる」と評価した。

 那覇市の県庁周辺ではこの日、知事と安倍晋三首相の会談に先立って県議会野党4会派や市民団体による集会が開かれ、予定の500人を上回る1500人以上の人たちが集まった。県庁や隣接の県議会棟を取り囲み「知事は不承認の判断を」と声を上げた。雨の中、参加者は「不承認」「屈しない」と書かれたボードを掲げ、「知事は埋め立てを認めるな」と声を張り上げた。【青木絵美、関東晋慈、佐藤敬一】

自立的な草の根的な運動としての琉球独立運動

今日26日は、コザ・ゲート通りで、琉球民族独立総合研究学会の交流会が開かれます。それぞれの思いで琉球独立を考え、そして、それぞれの方法で琉球独立実現のための実践をされている方々が集まります。

独立学会のメンバーが自主的に集まりを開き、とてもいいことだと思います。会員さんの中には、小さなチラシをつくり琉球独立を町を歩く人に配ったり、基地反対運動で「琉球独立」と書かれたプレートを掲げ続けている方もおられます。琉球独立が自治的で、自立的な草の根的な運動になってきています。

『琉球独立への道』の読書会

22日、宜野湾にある琉球館の「しまんちゅスクール」において、私の『琉球独立への道』の読書会が開かれ、19人の方が参加して下さいました。読書会の参加者のほとんどは、独立学会のメンバーでした。私の本について議論するとともに、それぞれができる琉球独立のための活動や提案についても話し合いました。

国場さんが、すばらしいといって新聞の声の欄を紹介していたところ、隣の女性が涙ぐみ、どうしたのかと思っていたら、その投書の著者でした。偶然と言えば偶然ですが、同じ志のある方が隣に座り、互いに思いを共有し、大変感動しました。学会メンバーの横のつながりを深めることができた読書会でした。企画、準備をして下さった照屋さん、みーふぁいゆー。

参加して下さった国場さんは、琉球独立の唄の歌詞をつくり、メロディーを海勢頭さんにお願いしたいと言っていました。画廊沖縄の上原さんも、琉球独立に係る展示会を企画しておられるなど、この学会に対する期待の大きさを改めて実感したひとときでした。

今、琉球が直面している危機的状況に対して、一人一人が緊張感と覚悟をもって集まった読書会でした。来年、2月も予定されていますので、お時間がある方は、どうぞご参加ください。

今日、琉球に帰国します

今日、琉球に帰国します。龍谷大学アフラシア多文化社会研究センターのフィールドワークに参加します。今日は沖縄県庁に行き、事前打ち合わせをした後、県の担当者の方に世界のウチナーンチュ大会について聞きます。

その後、場所を移して玉元さんにお会いして、世界の若者ウチナーンチュ大会についてインタビューを行います。明日は、琉球館でワークショップを行い、親川さん、佐藤さんの報告を下にして議論をし、その後、普天間飛行場や沖縄国際大学に行き、そして嘉手納基地周辺に住んでいるインド人、フィリピン人等の諸民族にインタビューを行い那覇に戻ります。

3日後は旧久米村周辺を歩き、崇聖会の人に話を伺います。22日は琉球館にて『琉球独立への道』の読書会を行います。帰国中に出会う方々との議論や発見を楽しみにしています。

琉球と、崇仁地区、京都との関係について学ぶ

今日は、龍谷大学経済学部の地域経済論の授業で、柳原銀行記念資料館の山内さんと山本さんが、崇仁地区における、まちづくりについて講義をして下さいます。

今年、5月には私のゼミ生が崇仁地区のお祭りに参加して、琉球のちんすこうを作って販売しました。来年、3月に柳原銀行記念資料館2階で開催される、琉球に関する企画展のパネル展示の資料を私のゼミ生が今、作成しています。

来年3月には、琉球の企画展だけではなく、京都駅近くにある崇仁地区のコミュニティーセンター等で琉球料理講習、エイサー体験、そして琉球と崇仁地区における、まちづくりについてのシンポジウムが開催される予定です。

今年はゼミ生が崇仁フォーラムで学生が琉球の歴史や文化等について報告したり、来年の企画展、イベントに関して毎月、京都市役所の職員さん、柳原銀行記念資料館の皆さんと話合いをしてきました。琉球と、崇仁地区、京都との関係について学んでいます。

新しい琉球の学問の希望

昨日は、大阪から私の研究室に大城さんが訪ねてきて下さいました。現在、琉球を取り巻く植民地状況、危機的状況や、世界の独立運動等を話し合いました。

また私の研究室の李君を交えて、アジアと琉球との関係、琉球と中国との関係等についても真摯に話し合いました。琉球に新たな基地が押し付けられる中、関西で琉球のために何かしたいという大城さんの強い思いに触れ、勇気をいただきました。

ディエゴガルシア、ハワイと琉球とを比較しながら、島の政治を研究されており、新たな琉球の学問が切り開かれているとの希望を感じることも出来ました。

龍谷大学アフラシア多文化社会研究センター 2013年度 第1班ワークショップ

来週、宜野湾の琉球館で次のような研究会がありますので、お時間がありましたら、下のアフラシア多文化社会研究センターまでご連絡ください。

龍谷大学アフラシア多文化社会研究センター 2013年度 第1班ワークショップ

報告者: 親川志奈子氏(オキスタ107共同代表) 「琉球におけるセトラーコロニアリズム -沖縄島のキャリア教育、言語復興、住民運動のケース-」 佐藤千鶴子氏(JETRO・アジア経済研究所 研究員) 「南アフリカにおける先住民運動 -ケープタウンのネオ・コイサンを中心に-」 日時:2013年12月21日(土) 10:00~12:00 場所:しまんちゅスクール/琉球館 2階 (宜野湾市嘉数4-17-16)

龍谷大学アフラシア多文化社会研究センター TEL&FAX: 077-544-7173 / E-mail: afrasian@ad.ryukoku.ac.jp

新琉球学

昨日は、午前中に藤原書店の藤原社長と山崎編集者と来年、同社から発刊される予定の雑誌『新琉球学』の打ち合わせをしました。来年1月に発刊される同社の雑誌『環』において「琉球独立」の小特集が掲載されます。私を初め、新川さん、大田さん、普久原さん、三木さん等の論考が載る予定です。

12時には、京都駅近くの食堂で、詩人の河津さん、フランス文学者の加納さん、南方熊楠研究者の松居さん、そして藤原社長と山崎編集者と食事をしながら、話し合いました。自分と異なる専門の方から学ぶことが多く、大変、思考の刺激になりました。断酒して1ヶ月になりますが、酒なしの交流会にも慣れてきました。

在沖縄米軍基地問題の「ウソ」

明日、龍谷大学経済学部の「地域経済論」の授業におきまして、琉球新報の普久原均さんが、「在沖縄米軍基地問題の「ウソ」」と題して米軍基地と経済との関係について講義を行います。

その後、じっくり米軍基地問題について学生と議論したいとおっしゃってくださいましたので、3時から5時前まで私の研究室で、普久原さんを囲んで研究会を行う予定ですので、参加希望者は私宛にご連絡下さい。ゆたさるぐとぅ うにげーさびら。大変、貴重な機会ですので、皆さんご都合が付きましたら、ぜひお越しください。

今晩は、京都の町にて、普久原さんのお食事をしながら琉球の基地問題等について大変、興味深いお話を伺い、大変、勉強になりました。

『琉球独立への道』読者会

次のような読者会がありますので、お時間がありましたら、是非ご参加ください。

第一回 『琉球独立への道』読者会  (ゲスト:著者・松島泰勝さん)

12月22日(日)午後3時~5時 @しまんちゅスクール
参加費1,000円(フリードリンク)
要ご予約

具体的な事例が満載の『琉球独立への道』をベースに、琉球独立についてユンタク・議論を行います。著者の松島さんをお招きした貴重な読者会です。深い議論を行うため、「はじめに」と第一章は事前にお読み下さいますようお願いします。

また、事前に質問事項や意見等をメールかFAXにて、担当・照屋までお送りいただけますと幸いです。

龍谷大学アフラシア多文化社会研究センターの研究会

今月21日、沖縄島の琉球館におきまして、下記のような研究会が開催されます。ご参加を希望される方は、龍谷大学アフラシア多文化社会研究センターまでご連絡下さい。入場は無料です。

龍谷大学アフラシア多文化社会研究センター 2013年度 第1班ワークショップ

報告者: 親川志奈子(オキスタ107共同代表)
「琉球におけるセトラーコロニアリズム -沖縄島のキャリア教育、言語復興、住民運動のケース-」

佐藤千鶴子(JETRO・アジア経済研究所 研究員) 「南アフリカにおける先住民運動
-ケープタウンのネオ・コイサンを中心に-」

日時:2013年12月21日(土) 10:00~12:00 場所:しまんちゅスクール/琉球館 2階
(宜野湾市嘉数4-17-16)

龍谷大学アフラシア多文化社会研究センター
TEL&FAX: 077-544-7173 / URL: afrasian@ad.ryukoku.ac.jp

グアムの植民地主義と日本や日本人との関係

今日は立命館高校の学生さんの前でグアムの植民地主義と日本や日本人との関係について話をします。同高校の学生さんは来年初頭、グアムに行き、村のチャモロ人と直接交流し、話を聞き、日本軍統治時代の残虐行為等について学ぶ予定です。

私の研究室にも先生と学生さんが何回か来て、どのようにしたらグアムを深く学べるか、当事者として考えることが出来るのかについて話し合ってきました。高校生とも議論して互いに学び合いたいです。

丹羽さんの講演

先ほど、龍谷大学経済学部、経済学研究科の学生向けの講演を、中国大使、伊藤忠商事社長・会長をされた丹羽宇一郎さんがされたのを、聞いてきました。

中国と日本との関係の今後のあり方、中国が世界において有する役割の大きさ、中国と米国との関係、日本の将来像、そして、自分が学生だったらやりたいことなどを話されました。中国大使としての経験、米国生活での経験をふまえた、具体的なお話でした。今就職活動をしている学生にとっても励みになる言葉がたくさんありました。

日本と中国との関係を別の面から考えさせられました。

ハンナ・アーレント

京都シネマで「ハンナ・アーレント」を見ました。自分の頭で考え、行動すること、どんな妨害や避難があっても自分の意見を貫くことの大切さを学びました。人間が思索することの魅力も体に染み入りました。

学生から学問に対する情熱を学ぶ

昨日は早稲田大学の授業で話をさせてもらいました。他の大学の学生も聴講に来ており、授業最後の20分間、学生たちと議論をしました。

授業終業後も30分くらい、学生と意見交換をしました。「学問の独立」を掲げる大学の学生だけはあると思います。質問をした一人は琉球人の女子学生でして、今、「沖縄を考える学生ネットワーク」の活動をしており、琉球について学生同士で勉強会をしていると紹介して下さいました。私もこの学生ネットワークで話をして欲しいと頼まれました。

私も学生時代、仲間と「先島倶楽部」をつくり琉球の勉強会をしたり、沖縄関係学研究会、南灯寮両生との自主勉強会等、学生同士で琉球について熱く、激しく語り合い、議論し合いました。学生時代に問題意識を深めるために互いに議論し合うことは大変、大切だと思います。多くの学生から学問に対する情熱を感じました。

ナショナル・マイノリティにとっての平和ー琉球・グアムから考える

明日、早稲田大学の「21世紀における戦争と平和」という学部横断的な授業において、「ナショナル・マイノリティにとっての平和ー琉球・グアムから考える」という題で講義をいたします。毎回、会場から多くの質問や意見が出され、私にとっても刺激的であり、勉強になります。明日の授業でも互いに学び合うことができればと思います。

佐藤幸男教授による講義と講演

今日、富山大学の佐藤幸男教授による龍谷大学経済学部での講義が行われます。太平洋諸島における平和、政治経済について講義される予定です。夕方からは大学院生や社会人向けの研究会でもお話をされます。

東アジアにおける平和創出についての講演になる予定です。小規模な研究会になりますが、充実した議論ができればと思います。

佐藤先生のご紹介とご協力により、来年2月には韓国のハンシン大学等の韓国人研究者等と琉球独立と韓国との関係について琉球において議論する予定です。また来年3月には龍谷大学の大学院生や学部生14人を韓国につれていき、韓国人学生、富山大学の学生とアジアの平和について議論をする予定です。

夕方からの研究会に参加されたい方は、minsaik@yahoo.co.jpのアドレス宛にメールをして参加希望をご自身の氏名や職業とともにご連絡ください。有意義な議論をしたいと思います。

「沖縄差別」と米軍基地との関係

明日は、龍谷大学経済学部の教授会の前に行われる人権研修会において「「沖縄差別」と米軍基地との関係」という報告を、職場の同僚の前でする予定です。職場の同僚の方々と琉球における差別について有意義な議論ができればと思います。

| ホーム |


 BLOG TOP