FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゼミ生と鍋会をしました。

昨日は、雨降る中、20名以上のゼミ生が我が家に来てくれました。リビングは学生でいっぱいになりましたが、和気あいあいとナベやピザ、お菓子を食べ、飲み物をのみました。

皆楽しく、全員でできるゲームをしました。学生さんは参加者が仲良くなれ、楽しめるゲームをたくさん知っており、また場を盛り上げる方法も体得しており、感心しました。定期試験もおわり、安心し、心も開放的になったようでした。学生さんからはお土産ももらい、感謝します。外の寒さが気にならない程、熱気にあふれた午後、晩でした。
スポンサーサイト

モルディブでの名護市市長選挙の報道

モルディブでお住まいの琉球人の方から名護市市長選挙についての報道が当地であったとのお知らせを頂戴しました。モルディブでも名護市、辺野古の基地を関心をもって見守っている人々がいます。世界の島嶼が琉球に注目しています。

以下メール引用:

標記選挙の結果が、モルディブでも報道されました。
http://www.sun.mv/english/19395
先ほどの米軍基地の存在の拒否と相通じるものがあります。
小国でも矜持をもって生きています。

モルジブと琉球

モルディブに住む琉球人の方からお知らせが届きました。皆さんとシェアーします。
松島様お久しぶりです。
モルディブ現地のWebnewsに標記の記事が掲載されたのでお知らせします。
http://www.sun.mv/english/19550
人口33万人という人口少国のモルディブでも大国アメリカと対等な外交を展開し、
周辺国との調和を求めて、米国が要求した基地の存在を認めていません。
将来の琉球国の参考になるのではないかと思います。

US dismisses claims of seeking a permanent military base in Maldives
January 26, 2014 - 23 hours 9 minutes ago, 0 comments
Related Articles
Maldives will not pursue defence agreement with US: President Yameen
January 23, 2014
"SOFA agreement does not involve establishing a military base"
April 25, 2013
United States has dismissed claims of seeking a permanent military base in the Maldives. The statement follows reports that President Abdulla Yameen Abdul Gayoom has decided Maldives will not pursue a State of Forces Agreement (SOFA) proposed by the US.

"The US has not and is not considering a permanent military presence in the Maldives. We continue to share a close bilateral defence relationship on areas of mutual interest," Pentagon spokesperson Lt Col Jeffery Pool told Press Trust India (PTI).

Speaking to reporters during a state visit to Sri Lanka last week, President Yameen said: “There have been discussions before, we are not going to pursue it.”

Minister at the President’s Office Mohamed Shareef later said the decision was made over fears that the agreement would upset India. “We have told them that we can’t do it because both India and Sri Lanka are also not happy with it,” Shareef said.

In June last year, a local online blog released scans of a document claiming to be a draft copy of a Status of Forces Agreement to be signed by Maldives and the United States. The agreement alleged to allow the U.S. to establish military bases in the Maldives.

Defence Minister Colonel (Rtd) Mohamed Nazim promptly refuted the claims.

“SOFA is an agreement that allows US military trainings to be conducted in different countries. It does not involve establishing a base. They have not proposed to establish a base, and the government has not decided on the SOFA agreement,” said the Defence Minister, in an interview to Sun in April last year.

台湾と琉球

皆で久米にある孔子廟に行きました。台湾からの観光客をいらしていました。同じ文化を琉球人と共有していると台湾人も思ったのではないでしょうか。

琉球と最も近くにある国、台湾の人々ともっと交流し、繋がりたいと思います。私の祖父は台湾で仕事をし、父は台湾の基隆で生まれ、おばさんも台湾で働いたことがあります。台湾人は琉球人と家族のような関係だと、改めて思いました。

沖縄はなぜ日本から独立しなければならないか

藤原書店から出版された最新号の『環』で小特集「沖縄はなぜ日本から独立しなければならないか 」が掲載されています。


松島泰勝・大田昌秀・新川明・三木健・普久原均・海勢頭豊・石垣金星・仲村渠克・親川志奈子が執筆しています。どうぞお読みください。

 韓琉フォーラム「東アジア平和空間の創出」

来月、次のようなシンポが行われます。ご関心がありましたら、どうぞお越しください。
 韓琉フォーラム「東アジア平和空間の創出」
日時 : 2014年2月11日9時30分~18時(開場:9時)
会場 : 沖縄大学
主催: 韓国ハンシン大学平和と公共性センター
共催: 龍谷大学社会科学研究所付属民際学研究センター、長崎大学

■プログラム
<午前の部> 9:30~12:30
総合司会:松島 泰勝(龍谷大学)

【基調講演・問題提起】「東アジア平和問題をどう見るのか」9:30~11:30
仲地 博 (沖縄大学)
 多賀 秀敏(早稲田大学)予定

【パネル・ディスカッション】11:30~12:30

<パネリスト>
普久原 均(琉球新報社 論説副委員長)
小松 寛(早稲田大学招聘研究員、日本学術振興会特別研究員)
韓国1人

<午後の部> 13:30~18:00

コーディネーター:佐藤 幸男(富山大学)
【テーマセッションⅠ】13:30~15:30

(1)「琉球独立による平和の創出」
松島 泰勝、韓国1人

(2)「領土問題と東アジアの平和」
朴  淳成(東国大学)、小松 寛
【テーマセッションⅡ】15:50~18 : 00

(3)「米軍基地問題を韓琉で考える」
普久原 均 
イ・テホ(参与・連帯事務局長)

(4)日本軍「慰安婦」問題を考える、靖国問題についても
梁 美康(アジアの平和と歴史教育ネットワーク委員会共同代表)
玉城 福子(大阪大学大学院、日本学術振興会特別研究員。)

■参加者(敬称略)

<韓国>李起豪(ハンシン大学)、金東進(ハンシン大学平和と公共性センター研究員)、具甲祐(北韓大学院大学)、李恵正(韓国中央大学)、李熙玉(成均大学)、李日栄(ハンシン大学)、李南周(聖公会大学)、朴淳成(東国大学)、梁美康(アジアの平和と歴史教育ネットワーク委員会共同代表)、

<琉球>仲地博(沖縄大学)、松島泰勝(龍谷大学)、普久原均(琉球新報社)、高良沙哉(沖縄大学)、玉城福子(大阪大学)、小松寛(早稲田大学)
<日本>佐藤幸男(富山大学)、多賀秀敏(早稲田大学)、葉柳和則(長崎大学)、森川裕二(長崎大学) 

*本フォーラムは、アジア共同体の創成への寄与を目的とするNPO法人・ワンアジア財団の後援を得ております。

琉球独立論を京都で議論する

今日は午後から京都産業大学の世界問題研究所の研究会で「琉球独立論」と題する報告を行います。

同研究所の所長は、外務省の幹部であった東郷和彦さんです。参加者の方々と真摯な議論をしたいと思います。

蒋介石が送った孔子像

最終日は、三田さんの琉球と台湾との関係史についてのご報告をうかがって、近くをフィールドワークしました。蒋介石が琉球におくった孔子像は立派でした。そこには明倫堂という王国時代の学校もありました。戦前、河上肇はこの場で、琉球人を励ます演説をしたのですが、当時の琉球の新聞は河上は激しく批判し、島から追い出しました。琉球の近世、近代の歴史、そして現在における台湾との関係について考えました。

名護市長選が意味するもの

先ほど、ABCラジオで名護市長選の結果について話してきました。雪が積もる大津に比べて、大阪には雪がきがありませんでした。道上さんの質問に答える形で、地域の経済自立と平和につながらないカネによって地域は分断されないこと等を話しました。

逆格差論を実現している稲嶺さんの経済政策や、平和に対する強い姿勢が評価されたと思います。来月の石垣市長選挙をはじめとして、毎月のように首長選挙、そして秋には統一地方選挙、そして知事選があります。琉球人は基地はいらない、カネで左右されないことを示すことができます。

アメとムチという日本政府の政策が無効であることを日本政府は気づかないと世界的に恥をかくことになります。今年の琉球の動きに世界が注目しています。

米軍基地跡地から発見された猛毒物

バスで移動中、米軍跡地から毒物が発見された場所を撮影しました。

沖縄市サッカー場のグランドを人工芝として整備する工事の最中、地中から枯葉剤や除草剤を製造している米国企業の名称が確認できる複数のドラム缶が発見されました。ドラム缶の付着物や周辺土壌の調査分析を行った結果、「2,4,5-T(枯葉剤の成分の一つ)」「PCB(ポリ塩化ビフェニル)」「フッ素」などが検出されたました。

さらにダイオキシン類が検出され、中には環境基準値を参考にすると8.4倍を示す値が出ています。この場所は米軍跡地です。多くの琉球人がこの上でサッカーをしてきました。米軍はこのような毒物を投機したことを知らせず、サッカー場として利用されていることも知りながら、何の措置もとりませんでした。日本政府による跡地利用政策の不備も明らかになりました。人道上、大変な問題であると思います。

フレンドリーなまち、コザ

コザインターナショナルプラザの前の通りはポップな看板や壁絵があり、心がうきうきします。商店街の中にはダンススクールがあり、子供たちが踊っていました。

歩いていたみ知らない男性が私に「インディジョーンズに似てる」と言いました。知らない人でも気軽に声を掛け合う、フレンドリーな町です。商店街を活性化するための実験店舗、講座、イベント等も行われています。以前、龍谷大学の学生と一緒に町おこしをされている方々に手作りの料理を食べながら話を伺った事があります。コザを愛する方々と話ができて、刺激をもらいました。

多様な民族が住むコザ

コザインターナショナルプラザに行きました。南米系琉球人や中国から移住された方々と交流しました。コザには様々な民族が生活しており、互いの民族文化を学び合う場であることを、直接話をすることで実感しました。私たちのグループにスペイン語、中国語、英語ができる研究者がいましたので、それぞれの言葉で意見交換をしました。

国境 荒波洗う沖縄 独立、自治州 志向も

昨年12月22日の東京新聞に琉球独立に関する記事が掲載されましたので、ご紹介します。

「居酒屋独立論」。そう揶揄(やゆ)された時代とは明らかに違う議論が、そこにはあった。「琉球民族独立総合研究学会(独立学会)」が十月下旬に那覇市内で開いたシンポジウム。沖縄で話されている島言葉も交え、グアムや台湾から招いたパネリストとともに、小国の自治や独立について語り合った。

 「米国の統治によって土地を奪われ、基地がつくられた。沖縄で起きたことはグアムと同じ」。シンポに参加したグアム政府脱植民地化委員会のエドワード・アルバレス事務局長は強調した。
 グアムは面積の約三割を米軍基地が占め、国連が植民地状態であると判断する「非自治地域リスト」に登録されている。アルバレス氏は、沖縄も非自治地域リスト掲載を目指して活動し、国際社会に現状を訴えるよう提案した。

 独立学会の設立は今年五月。会員は三十代~四十代の研究者を核に二百人を超す。石垣島出身で学会の共同代表、松島泰勝・龍谷大教授は「国際的な連携を取りながら研究と運動・実践を融合させていきたい。いかに国連を活用するかがカギになる」と語る。
     ◇   ◇
 沖縄では、本土復帰や米兵による少女暴行事件などを機にたびたび「独立論」が語られてきた。だが、県民の間に現実味を欠くという冷めた認識があったのも事実。防衛問題の専門家は、中国を念頭に「独立すれば必ず島を奪いにくるだろう。東アジアの緊張はむしろ高まる」と懸念を示す。

 琉球新報が二〇一一年に実施した県民調査によると、今後の沖縄の立場では「現行通り日本の一地域(県)」が61・8%。「独立」を挙げたのは4・7%にとどまり「自治州などの特別区」が15・3%と上回った。現実的な模索として、道州制導入をにらみ、関税や出入国管理などの権限を持つ「特例型沖縄単独州」の実現を目指す動きもある。県議OBが有志の会を組織し「沖縄自治州」を見据える。

 沖縄の自治を研究する島袋純・琉球大教授は、独立学会について「昨年の(米軍の新型輸送機)オスプレイ配備に反対する県民の声も届かなかった。もう基地問題を解決できないというあきらめと日本に対する絶望が沖縄にはある。活動は持続的で、今後広がる可能性が高い」とみる。
     ◇   ◇
 薩摩侵攻、琉球処分、沖縄戦と米軍統治、本土復帰。琉球・沖縄の歴史には、大きく四つの「世替わり」があったが、常に外からの力に翻弄(ほんろう)されてきた。
 欧州では来年、英国・スコットランドで独立の是非を問う住民投票が行われる。スペイン・カタルーニャ自治州政府も今月十二日、来年の住民投票実施を発表した。

 独立論も自治州も、根拠とするのは国際人権規約の第一条にある「人民の自己決定権」。自分たちの地域や社会に関わることを自分たちで決めることができない状況が、沖縄にはある。 (文・近藤晶、写真・伊藤遼)

<非自治地域リスト> 国連の脱植民地化委員会が植民地状態にあるとして総会に勧告し、毎年更新される。現在、グアムやニューカレドニアなど17の地域が掲載されている。1959年に米国の州となったハワイも、かつてリストにあった。グアム住民に大統領選挙の投票権はなく、連邦議会にも正式な議席はない。グアムでは(1)米国の州への昇格(2)米国からの独立(3)米国との自由連合盟約(コンパクト)-のいずれかを選択する住民投票の実施を目指している。

ヒストリートで学ぶ

沖縄市の戦後史の資料館である「ヒストリート」に行きまして、学芸員の方から詳しくコザの庶民史を詳しく伺いました。具体的なモノを通じて、戦後のコザの人々がいかに米軍支配に苦しみながら、自らの生活をつくり、平和を創る運動を展開してきたのかがよくわかりました。これまで何度か来たことがありますが、その度に新たな発見と学びがあります。

嘉手納基地の周辺を歩く

皆で嘉手納基地のゲート通りを歩きました。フィリピン人の世界的な移住について研究されているカルロス先生が直接、フィリピ人にお話をされたかったのですが、クリスマス休暇で、目当てにしていた店はしまっていました。

店の中には故郷の家族に送る大きな荷物箱がいくつもあり、家族への愛を感じました。琉球人移民もハワイや南米からこのような荷物を送ってきたのだと思います。

町にはフィリピン人が経営するレストラン等があり、琉球とアジアとの関係の深さを改めて感じました。インド人が経営する店もありました。こんどゆっくりフィリピンの料理を食べてみたいです。

日本政府から、はした金をもらって喜ぶ琉球人にはなりたくありません

沖縄国際大学の米軍ヘリ墜落事件を考える場所に行きました。同じ大学人として、大学に米軍ヘリが墜落したことの意味について考えました。2004年のヘリ墜落の時、私は現場にいました。

米軍が墜落現場周辺を占拠して、市民やメディアが現場周辺に入らないように叱りつけていました。最近、普久原さんが学生に見て下さった琉球朝日放送の映像をみました。

なぜ琉球人は米軍による犯罪の真実をしることさえ許されていません。日本政府は米軍の方ばかり向いており、我々琉球人のことは関心がないようです。このような日本政府から、はした金をもらって喜ぶ琉球人にはなりたくありません。

基地のフェンスから見える琉球人に対する不信と差別意識

皆で普天間基地のフェンス沿いを歩きました。米軍は戦後、琉球人には無断で土地を奪い、基地をつくって、占拠しつづけているにもかかわらず、よくこのようなことを言えると思います。

このように違法に琉球人の土地を奪った米軍を日本政府は法律で罰することなく、土地を奪回しようとする琉球人を罰しようとしています。

これをみると、フェンスの向こう側にはあたかも日本の法律が適用されているようにみえますが、実際的にはアメリカであり、日本の国家主権は及びません。良き隣人政策を行っていても、結局は琉球人に対する不信と差別意識が米軍の根底にあることがわかります。

韓国と琉球とのゆいまーる関係

嘉数高台に、沖縄戦で戦死された韓国民族の慰霊塔があります。一緒に行動していた在日コリアンのパクさんにご紹介しました。軍夫や従軍慰安婦として琉球に連れてこられ、命を落としました。同様な慰霊塔はパラオにもあります。

今年、2月には韓国のハンシン大学を初めとする韓国の大学の研究者と沖縄大学においてシンポをする予定です。また3月には韓国に大学とともに行き、韓国の研究者や学生と議論をする予定です。

韓国もかつて日本の植民地でしたが、戦後、独立して、自らの思いを国際社会に発信し、自らの意志で行動するなどして、国際社会の中でも無視できない重要な存在になっています。現在の国連事務総長も韓国人です。琉球と韓国をつないで、共に学び合う関係ができればと希望しています。

琉球館の「しまんちゅスクール」

龍谷大学アフラシア多文化社会研究センターの研究会は、宜野湾の嘉数にある琉球館で行われました。2階の会議室で議論を行った後、一階で食事とお茶をしました。琉球館では「しまんちゅスクール」を開講しており、色々な講座が用意されています。

私も何回か話す機会を頂戴し、参加者と直接、話合い、議論することができました。近くには普天間飛行場があり、嘉数高台の展望台にも何回か歩いて行ったことがあります。近くにはターイム畑や豊かなわき水があり、島の豊かさを感じさせることもできます。

また琉球館では定期的に「琉球通信」という会員向けの小冊子を発刊しており、読み応えがあります。他のカルチャーセンターや市民講座にはない、ユニークで刺激的でかつ深く物事を考え、行動することができる講座やコンサート、ヨガ等もあります。皆さんも是非、参加してください。琉球を見る目が変わりますよ。

琉球館での琉球、南アフリカに関する研究会

宜野湾の琉球館において、オキスタ107共同代表の親川さんが「琉球におけるセトラーコロニアリズム:沖縄島のキャリア教育、言語復興、住民運動のケース」、そしてジェトロアジア経済研究所研究員の佐藤さんが「南アフリカにおける先住民運動—ケープタウンのネオ・ネオコイサンを中心に」を報告されました。

琉球と南アフリカにおいて、その土地の民族がセトラーやそれが基づく法制度によって如何に同化されているのか、また植民地支配から解放されるための文化運動、経済運動をどのように進めているのかが報告されました。会場との議論の中で、同龍谷大学教員でフィリピン人のカルロスさんが、フィリピンにも「方言札」があり、自分の言葉を話すと罰を受けたと話されました。

タイムスの新里さんが来てくれましたが、新里さんが京都新聞で働いていた頃に外国人の人権問題で取材をしたことのある、群馬大学の松尾さんと再会されていました。新里さんは京都新聞紙上で琉球の基地問題、外国人の人権問題等の記事を精力的に書かれていました。私たちが研究会をしている時にも、米軍機が上空を横切っていました。また、同志社大学の鵜飼さんも空港から駆けつけてくれ、研究会に参加しました。

ブレイブハート

今年は、イギリスからスコットランドの独立を問う住民投票が9月18日に行われます。今日、午前9時からBSTBSでスコットランドの英雄、ウィリアム・ウォレスを描いた映画、ブレイブハートが放映されます。観て、スコットランドについて考えてみよう!

琉球と南米との関係

夕食は栄町にある南米料理店SUDAKAでご飯を食べました。店主の金城さんは南米に移住したことがある方で、現在、沖縄キューバ友好協会の会長をされています。

とてもおいしい南米料理を食べました。スペイン語ができる群馬大学の松尾さんとも流暢なスペイン語で話されました。南米と琉球との関係についてもお話をして下さいました。金城さんからは『クーバミスタアジマー』というご本を頂戴しました。

キューバに住む琉球人の写真がたくさんあります。南米に住む琉球人に思いを馳せながら金城さんのお話を伺い、勇気をいただきました。また金城さんは琉球民族独立研究学会の活動にも注目されており、励まして下さいました。

何回か同店でご飯を食べましたが、家庭的な雰囲気の中で心のこもった暖かい食事をいただきながら、金城さんのお話を聞くのが楽しみです。同店を紹介して下さった富銘さんに感謝します。

世界のウチナーンチュ若者大会という希望

皆で浦添に移動して玉元さんへのインタビューを行いました。玉元さんは世界の若者ウチナーンチュ大会をブラジルと北米で実施した若者の代表です。

玉元さんは豪州に行って、自分が日本人とは違う琉球人であると自覚したそうです。世界のウチナーンチュ大会における世代間のギャップを克服し、琉球のためになることをしたいという強い意志をもって若者ウチナーンチュ大会の開催を仲間と話し合い、協力し合いながら実現しました。

その過程で多くの困難がありましたが、それらを乗り越えてきた話を具体的に聞きました。次回は欧州で世界の若者ウチナーンチュ大会を開くべく準備を進めているそうです。現在は、しまくとぅば推進協議会のリーダーの一人でもあり、琉球人というアイデンティティに基づいて行動している琉球人若者の行動力、勇気、溌剌さを感じました。

玉元さんのような琉球人若者が活躍しており、21世紀の琉球を世界と結びながら自らの手でつくるのだという希望を、多くの他の琉球人の若者に与えていると思います。現在の琉球の困難な状況があり、それに負けないという考え、行動する玉元さんのような勇気ある若者が琉球ではどんどん生まれています。

いいそーがち でーびる

いいそーがち でーびる。
昨年してきたことを踏まえて、今年も琉球や世界について行動しながら考え、学生や社会人の方々と真摯な議論をしたいと思います。ぐすーよー ゆたさるぐとぅ うにげーさびら。

| ホーム |


 BLOG TOP