FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

太平洋戦略と国際信託統治:米国務省の戦後構想 1942~1947

池上大祐さんから『太平洋戦略と国際信託統治:米国務省の戦後構想 1942~1947』法律文化社、2014年という御著書を送って下さいました。九州大学に提出した博士号申請論文を本にしたものです。池上さんとはまだ会ったことがありませんが、貴重なご本をいただき、心より感謝申し上げます。

アメリカ植民地主義の歴史を対太平洋地域政策の観点から考察したものであり、1940年代の国務省が、基地の確保という軍事戦略と反植民地主義的姿勢を「国際信託統治」という概念で積極的に結びつけようとしてきた過程を明らかにしたのが本の内容です。

これから心して読ませていただきたいと思います。私も『ミクロネシア』早稲田大学出版部、2008年という本を出版したことがありますが、ミクロネシアの島々と琉球とを関連させならが研究することは、琉球にとっても重要な発見があり、ともに平和を創る上でも重要であると思います。
スポンサーサイト

『戦争と平和を問いなおす: 平和学のフロンティア』

琉球から滋賀の自宅に戻りましたら、『戦争と平和を問いなおす: 平和学のフロンティア』が届いていました。帯に「暴力・管理・差別が顕在化する時代に、平和と協同をつくりなおすための視座を提示、シベリア抑留、沖縄差別、平和責任などから考える」と書かれています。執筆者は次の通りです。是非、お読み下さい。
君島東彦(立命館大学教授)
名和又介(同志社大学名誉教授)
横山治生(京都府生活協同組合連合会専任理事)
高岡裕之(関西学院大学教授)
畑谷史代(信濃毎日新聞社編集局文化部記者)
村本邦子(立命館大学大学院教授)
布野修司(滋賀県立大学副学長・理事)
松島泰勝(龍谷大学教授)
澤有吾(奈良女子大学教授)
高橋眞司(長崎大学客員教授)
岡野八代(同志社大学大学院教授)
岡本 厚(岩波書店『世界』前・編集長、現・代表取締役社長)
庄司興吉(全国大学生活協同組合連合会会長理事、東京大学名誉教授)

ヤーコプ・グリム郷土愛について―埋もれた法の探訪者の生涯

沖縄国際大学の稲福先生から、拙書の読書会において『ヤーコプ・グリム郷土愛について―埋もれた法の探訪者の生涯』という先生の御著書を頂戴しました。心よりお礼申し上げます。稲福先生には独立学会当初からいろいろとお世話になり、学会大会でもご意見を頂戴し、学会での議論を盛り上げて下さっております。ドイツと琉球との比較、法制史、法思想史の観点から琉球独立についてこれからご教示いただきたいと思います。

歩くことで土地の記憶を身近に感じる

今日は早朝、から金城地区の基地跡地利用地をもう一度歩きました。地元ですので、すぐ歩いて来れますが、今日、初めてガジャンビラ公園に行きました。眺めがよく、とてもいい公園でした。ガジャンはでませんでした。おもろまち、読谷村とも違う、個性のある、住民主導の基地跡地利用が行われたことが町を歩くことで実感しました。

琉球人の精神世界や記憶も歩きながら感じることができました。太陽が出て、汗が体中から吹き出していましたが、所々の木陰で休むこともできました。高校時代にもよく一人でカメラをもって地元や南部各地を歩きましたが、その時のことを思い出しました。難儀でもあるくことで土地と自分との距離が狭まり、土地の歴史に少しでも接することができそうな気がします。

アジアの中の琉球

今日は、学生とまず福州園に行き、学生から中国における福州文化や庭園の位置づけ等について話を聞きました。園内には韓国からの観光客で賑やかで、今月初めに聞いたハングルが懐かしく耳に聞こえてきました。次に久米崇聖会の神村会長から崇聖会の活動、中国や台湾との文化交流活動等について詳しく話を伺い、資料も頂きました。

今年は崇聖会が設立され100周年であり、特別な式典をするそうです。次に波の上に行き、謝名親方の石碑をみて琉球の植民地支配の歴史を考えました。そして華僑・華人総会に行き、インタビューを行いました。アジアの中の琉球を歴史、現在、そして将来にわたり考えることができました。

照屋さんと新たな研究企画について話をして、先ほど、新報の米倉さんに偶然にお会いして、宮古毎日新聞の労働争議、在琉日本人問題等について話をしました。

琉球の土地の声を聞く

昨日は、県庁の情報公開センターに行き、琉球の経済、基地跡地利用に関する資料を探しました。司書の方が丁寧に対応して下さり、感謝します。その後、大学院生と合流し、国際通り、公設市場、壺屋通り等を歩き、琉球の生活、文化、歴史等の話をして、公設市場の2階で食事をしました。

学生はウッチンが安いといって生ウッチンを買いました。その後、県庁の観光政策課に行き、マルチビザ、外国人向け観光の現状・課題・可能性についてお話を伺いました。そのとき、大学生時代に私が生活していた琉球人の学生寮、南灯寮の後輩が県庁職員として働いており、声をかけてもらい、久しぶりに活躍の姿を見ることができ、嬉しかったです。その後、タイムスに行き、戦後における同社の新聞作成の歴史を学びました。

那覇商工会議所の福地さんから、中琉協会の活動、琉球と台湾との経済的、文化的関係、琉球の経済政策、アジアの中の経済等についてインタビューをさせていただきました。方治さんが揮毫した扁額を見ることができました。学生とともに多くの方から学ばさせていただきました。みーふぁーゆー。今日も、那覇市内を歩いて、島の声を聞いて、考えたいです。

沖縄県立図書館で琉球の息吹きを感じる

昨日は県立図書館の郷土資料室に行き、研究課題の資料を見てきました。興味深い資料があり、研究のヒントを得ました。県立図書館は那覇高校在学中から生活の一部のように活用してきました。とても居心地がよく、琉球の息吹きに触れることができる場所の一つです。高校時代は、美術、思想関係の本を中心に読んでいました。

その後、那覇市役所の情報公開コーナーに行き、米軍跡地である地元の金城地区の跡地利用に関する資料を中心に資料を集めました。担当部署の方も来て下さるなど、職員さんに大変お世話になりました。みーふぁいゆー。今日は、大学院生2人と合流して、琉球のフィールドワークを行います。学生とともに真摯に琉球に学びたいと思います。

琉球独立について議論を行う:夜話会

昨日は、多くの方が拙本の読書会に参加して下さいました。みーふぁーゆー。刺激的な議論が行われました。琉球民族独立総合研究学会のメンバーのご参加が多かったのですが、それぞれの方が、それぞれの場所で独立を議論し、その実現のために行動していることも伺い、互いに励まされた会となりました。

琉球独立の主体がなぜ民族としての琉球人でないといけないのかについても、現在の状況を踏まえて議論することができました。その後、照屋さん、与那嶺さんと交流会をし、大学時代の先島クラブがよみがえったように、激しく琉球について議論しました。学友がそれぞれの場で活躍され、現在も影響を与え合う関係にあることを大変、嬉しく思います。

琉球の空気を体内の隅々まですいこみ、その土地の重みを足裏で実感しながら歩きたい

今日、琉球に帰国します。しまんちゅスクールでの読書会、大学院の集中授業として学生とのフィールドワーク、琉球の振興開発と内発的発展に関する研究調査等をする予定です。多くの方と出会い、充実した議論ができればと思います。琉球の空気を体内の隅々まですいこみ、その土地の重みを足裏で実感しながら歩きたいです。

「沖縄人」意識を「エスニシティの政治化」の表れととらえる

私は最近、毎日『近代沖縄教育と「沖縄人」意識の行方』を読んでいます。大変、勉強になります。教えてもらい、また琉球人として琉球人の先人から励まされる思いで読んでいます。教育史、琉球史の研究に金字塔を打ち立てたのではないかと考えます。照屋さんから次のようなメールを頂戴しました。25日は真摯に議論できる喜びをかみしめています。以下、照屋さんからのメール。

拙著は、沖縄の自立に関する過去にあった可能性の残骸を拾い集めて、現在の想像力につなげようとするものです。
「沖縄人」意識を「エスニシティの政治化」の表れととらえ、その流動性・可変性に注目しましたが、それは、同化しきった現状からでも、「民族形成」が可能であることを含意しています。お時間がございましたら、ご笑覧いただき、ご批判をいただけますと幸いです。

また、来週火曜日の松島さんの著書の読書会に私も参加いたします。再読し、改めて思ったのですが、可能性と、重要な論
点を多数内包した刺激的な著書だと感じました。新川明氏が書評で、独立論・自立論を一つ上のステージにいざなった、というふうな評価をなさっていたと記憶していますが、まさにそのとうりだと思いました。いくつか質問がございますので、火曜日の読書会でお教えいただけますよう、お願いいたします。

『琉球独立への道』読者会

3月25日午後7時より、宜野湾市嘉数にある琉球館におきまして、私の『琉球独立への道』の第3回目の読者会が開催されます。参加したい方はしまんちゅスクールまで電話で予約して下さい。098−943−6945。今回は第4章、5章について皆さんと議論する予定です。これまで熱心に参加して下さった方とともに、第4、5章に関して直接私と議論したい方のご参加を歓迎します。私の本、琉球独立について皆さんと議論する機会を頂戴し、しまんちゅスクールの皆さんに感謝申し上げます。また毎回、熱心に参加下さる方々に心よりお礼申し上げます。琉球独立を実現するには、一歩、一歩の着実な議論が必要であると思います。みーふぁーゆー。

『戦争と平和を問いなおす: 平和学のフロンティア』

『戦争と平和を問いなおす: 平和学のフロンティア』という本が法律文化社より今月末に出版されます。わたしも「「沖縄問題」とは何か─琉球の脱植民地化、脱軍事化への道─」という論文が掲載されていますので、ご笑覧下さい。なお、他の執筆者は次の通りです。立命館大学と生協主催の授業で講義したことを基にした論文集です。君島先生にはお世話になり、感謝します。

君島東彦(立命館大学教授)
名和又介(同志社大学名誉教授)
横山治生(京都府生活協同組合連合会専任理事)
高岡裕之(関西学院大学教授)

畑谷史代(信濃毎日新聞社編集局文化部記者)
村本邦子(立命館大学大学院教授)
布野修司(滋賀県立大学副学長・理事)

松島泰勝(龍谷大学教授)
澤有吾(奈良女子大学教授)
高橋眞司(長崎大学客員教授)

岡野八代(同志社大学大学院教授)
岡本 厚(岩波書店『世界』前・編集長、現・代表取締役社長)
庄司興吉(全国大学生活協同組合連合会会長理事、東京大学名誉教授)

キャンプシュワブのフェンスで平和を考える

キャンプシュワブのフェンスに行き、普久原さんが辺野古新基地建設計画の背景についてお話し下さいました。小雨でしたが、皆さん、真剣に話しを聞き、フェンスの向こう側を見つめていました。フェンスにつけられたメッセージの文字やリボンを読んでいました。

国境を越えた民際的な反基地運動

皆でテント小屋で今の闘いのお話を伺い、パンフを頂き、周辺を歩き、琉球における反基地運動の闘いを肌で感じました。辺野古への訪問は、東アジアの平和を求める韓国の方々の強い希望に基づいたものです。この現実を韓国の大学の学生や市民に伝えてくれると思います。

済州島の基地建設反対運動

辺野古のテント小屋に行き、韓国の平和市民団体の参与連帯の事務局長の李泰鎬さんと、テントにおられた方です。参与連帯は、済州島における海軍基地建設の反対運動も展開されています。韓琉フォーラムでは済州島における基地建設が東アジアの平和を破壊することを詳しく説明して下さいました。辺野古の状況をみて、済州島の反対運動と似ていると述べられました。

内田義彦の思想から考える「新琉球学」

『内田義彦の世界 1913-1989 生命・芸術そして学問』という本に「内田義彦の思想から考える「新琉球学」」という私の文章が掲載されていますので、ご笑覧下さい。




〈プロローグ〉内田義彦 「生きる」を問い深めて  山田鋭夫

I 今、なぜ内田義彦か
1 今、なぜ内田義彦か〈座談会〉
  中村桂子+三砂ちづる+山田鋭夫+内田純一

2 今、内田義彦を読む
  片山善博 花崎皋平 山﨑怜 竹内洋 海勢頭豊 山田登世子
  稲賀繁美 田中秀臣 松島泰勝 宇野重規 小野寺研太

II 内田義彦を語る
1 内田義彦と私
  野間宏 山本安英 木下順二 杉原四郎 福田歓一 竹内敏晴 江藤文夫
  天野祐吉 住谷一彦 山﨑怜 一海知義 加藤亮三 中村桂子 山田真
  山田登世子 野沢敏治 笠井賢一 南堀英二 朴才暎 都築勉

2 内田義彦を語る夕べ
  山田鋭夫 木下順二 川喜田愛郎 長幸男 吉澤芳樹 山之内靖 有馬文雄
  田添京二 山﨑怜 南堀英二 山本稚野子 永畑道子 福島新吾 福田歓一
  唄孝一 玉垣良典 石田雄 江藤文夫 内田純一 内田宣子

III 内田義彦が語る
内田義彦の生誕〔内田義彦はいかにして内田義彦になったか〕(山田鋭夫=編)

内田義彦の知られざる文章から
  “神話”の克服へ/読むこと きくこと/読んでわかるということ/
  社会科学の文章/他の生物とちがう人間の特殊性/資本主義に独自なダイナミズム/
  教育批判への視座/覚書世界史年表

〈エピローグ〉 内田義彦の書斎〔遺されたものに想う〕  内田純一
〈付〉主要作品解説/略年譜/著作目録

上原美智子さんのお仕事から琉球の風土を感じる

私の家の近くにある佐川美術館に行って、上原美智子さんの染織の作品を見てきました。非常に繊細な作品であり、見る角度から様々な色彩、形を感じることができました。あげずば織りという、一本の糸から布を紡ぎだしており、蚕の鼓動を布から感じることもできました。琉球の土の香りに触れたひとときでした。

普天間飛行場に行き、今の琉球の基地問題を考える

次に皆で普天間飛行場が見える、嘉数高台に行きました。普久原さんが詳しく普天間飛行場の問題性について、その歴史を踏まえて話して下さいました。元々村であったところが基地にされたのであり、「世界一危険な米軍基地」です。後日、韓国の皆さんは佐喜真美術館に行き、佐喜真さんから、沖縄戦の絵の前で直接お話を伺ったそうです。琉球における戦争の歴史と現在を心に刻んで帰られました。韓国で反米軍基地運動をしている最大の市民運動である「参与連帯」のリーダーも琉球の基地問題について韓国の市民に伝えて下さると思います。

民族統一への強い思い

次に皆で平和の礎に参りました。大韓民国と北朝鮮民主主義人民共和国の前に行きました。沖縄戦当時は民族は分断されていなかったのに対して、どうして、二つの国に分かれているのかという疑問が参加者から出されました。死亡してからも民族分断が行われているという強い疑問です。民族統一を求める皆さんの強い気持ちが伝わってきました。

摩文仁の韓国人慰霊碑

二月の韓琉フォーラム、フィールドワークの写真の続きを紹介します。皆で摩文仁にある韓国人慰霊碑に行きました。石碑には現在の大統領の父親である、朴正煕氏の署名が刻まれていました。韓国からこられた参加者の方々はどのような思いで慰霊碑を見ておられたのでしょうか。慰霊碑の石は韓国の地から運ばれたものです。

水平社宣言と私

山内さんが読まれた「水平社宣言」を改めて真摯に読み直してみたいです。私も「我々が琉球人であることを誇り得る時がきたのだ」と思い、「絶対の解放、人間性の原理に基づく自由と平等」を求めたいです。




全國に散在する吾が特殊部落民よ團結せよ。

 長い間虐められて來た兄弟よ、過去半世紀間に種々なる方法と、多くの人々によってなされた吾らの爲の運動が、何等の有難い効果を齎らさなかった事實は、夫等のすべてが吾々によって、又他の人々によって毎に人間を冒涜されてゐた罰であったのだ。そしてこれ等の人間を勦るかの如き運動は、かえって多くの兄弟を堕落させた事を想へば、此際吾等の中より人間を尊敬する事によって自ら解放せんとする者の集團運動を起せるは、寧ろ必然である。

 兄弟よ、吾々の祖先は自由、平等の渇迎者であり、實行者であった。陋劣なる階級政策の犠牲者であり、男らしき産業的殉教者であったのだ。ケモノの皮を剥ぐ報酬として、生々しき人間の皮を剥ぎ取られ、ケモノの心臓を裂く代價として、暖かい人間の心臓を引裂かれ、そこへ下らない嘲笑の唾まで吐きかけられた呪はれの夜の惡夢のうちにも、なほ誇り得る人間の血は、涸れずにあった。そうだ、そして吾々は、この血を享けて人間が神にかわらうとする時代にあうたのだ。犠牲者がその烙印を投げ返す時が來たのだ。殉教者が、その荊冠を祝福される時が來たのだ。

 吾々がエタである事を誇り得る時が來たのだ。
 吾々は、かならず卑屈なる言葉と怯懦なる行爲によって、祖先を辱しめ、人間を冒涜してはならなぬ。そうして人の世の冷たさが、何んなに冷たいか、人間を勦る事が何であるかをよく知ってゐる吾々は、心から人生の熱と光を願求禮讃するものである。

 水平社は、かくして生れた。
 人の世に熱あれ、人間に光りあれ。

綱領
一、特殊部落民は部落民自身の行動によって絶対の解放を期す
一、吾々特殊部落民は絶対に経済の自由と職業の自由を社会に要求し以て獲得を期す
一、吾等は人間性の原理に覚醒し人類最高の完成に向って突進す

大正十一年三月三日
全國水平社創立大會

京都の琉球

会場には多くの方が来られており、質問が出され、議論をいたしました。京都沖縄県人会、京都行動の方々等です。取材でこれれた NHK大阪の方は「琉球処分」について特番を作りたいと仰っていました。福本さんからは、家譜や「沖縄を考える会」の資料を頂戴しました。山内さんの会場との議論においても多くのことを学ばせていただきました。

自分と被差別者とのあるべき関係性

最後に、山内さんは「全國に散在する吾が特殊部落民よ團結せよ」で始める「水平社宣言」を全文読み上げられました。現在、山内さんたちは、水平社宣言をユネスコの世界遺産に登録すべく準備を進めています。これまでの被差別部落の方々の歴史や生活を思い、差別を跳ね返すための、まちづくりの取り組みへの決意を改めて実感しました。山内さんと山本さんのお話を学生とともに大学で聞いたときも、自治やまちづくりの背景に差別に対する強い怒りを感じました。ゼミ生たちの崇仁地区の祭りへの参加、琉球展示への協力等をさせていただきましたが、学生たちも自分と被差別者とのあるべき関係性について考えてほしいと思います。

内発的発展を目指す崇仁地区

今年1月、京都市立芸術大学キャンパスが崇仁地区に移転することが京都市長によって発表されました。それを受けて、山内さんは住民主導で大学移設後のまちづくりを構想すべく、既に動き始めています。外部の人、カネ、モノが主導する外発的開発ではなく、地域の人が主体となり、地域の歴史、文化を踏まえた内発的発展を目指しているといえます。特に崇仁地区における日差別の歴史を踏まえた発展を山内さんは主張されました。「沖縄差別」と琉球人が抗議するのように、琉球の被差別の地域です。崇仁地区の人びとがどのように差別と闘ってきたのかを琉球人の一人として私は学びたいです。

崇仁地区の「独立」

次に山内さんが崇仁地区におけるまちづくりについてお話されました。私も前の席で勉強させていただきました。山内さんは、古文書を基にして、現在の崇仁地区が大仏柳原荘から1873年から独立したことで成立したと述べました。琉球独立との関連を示唆して下さいました。琉球から多くのことを学びたいと仰って下さいました。私も崇仁地区におけるまちづくり、差別への闘い、自分たちのことは自分たちで決める、自己決定権の実践から大きな影響を受けています。

琉球の自治とまちづくり

最初に私が「琉球の自治とまちづくり」と題して報告をしました。米軍基地経済と跡地利用について、特に読谷村に重点を置いて述べました。そして沖縄市一番街、ゲート通り等における商店街活性化の具体例、共同売店、「憲章に基づく」島おこし運動等について述べました。最後に、シマ、島、市町村、琉球全体において、「自分たちのことは自分たちで決める」のが自治であり、独立であるとまとめました。京都の方々が琉球の現状を理解しやすいように、写真をお見せしながら話しました。

崇仁と琉球をつなぐ

「自治・自立と人権のまちづくりを目指して ~琉球・沖縄と崇仁をつなぐ」が15日、下京いきいき市民活動センターで開催されました。本シンポを開催する前に、山内さん、山本さん、木村さんを初めとする柳原銀行記念資料館の方々、京都市の職員さんと何回か話合いをしました。企画展、シンポ、琉球料理、エイサー等のイベント、趣旨文等について話し合ってきました。先日のシンポも関係者の方々のご協力で実現しました。心よりお礼申し上げます。

『近代沖縄教育と「沖縄人」意識の行方: 沖縄県教育会機関誌『琉球教育』『沖縄教育』の研究』

『近代沖縄教育と「沖縄人」意識の行方: 沖縄県教育会機関誌『琉球教育』『沖縄教育』の研究』を照屋 信治さんから送っていただきました。みーふぁいゆー。本の構成は次のようになります。
一.本書の課題
二.研究の対象
三.先行研究の検討と本書の視点
四.本書の構成、限界、用語
第一章 日清戦争後における沖縄教育論の形成
第一節 新田義尊の沖縄教育論とその役割
第二節 新田義尊への対応
第三節 『琉球教育』の構成とその変化
第四節 「彙報」欄に映し出された沖縄社会

照屋さんとは私が早稲田大学の大学院生時代に所属した「先島クラブ」という学内サークルで、一緒に琉球に関する勉強会をし、ともに篤く、激しく、琉球について激論した学友です。照屋さんは文学部を卒業後、琉球の高校教諭となりましたが、研究に対する情熱に従って、京都大学大学院に進学し、そこでの博士論文をかきあげ、本書を出版いたしました。

緻密な文献分析により、既存の研究を批判し、新しい学説と、これまで注目されなかった琉球人を提示するに至りました。本書を読んでいますが、不思議なもので照屋さんと大学院時代に議論した時が思い出され、青春の息吹を感じることができます。今後、ともに琉球の新しい学問について議論していきたいです。

多様性が活気を生み出す

この通りにはたくさんの両替店が軒を並べていました。ロシア人商人の商店街もあるように、さまざまな民族がともに住み合う街です。多様性を受け入れることで、街に活気が生まれています。

ソウルの人情味

朝、空港に行く前に少し時間があったので、ホテルの近くを歩き回りました。市場を歩くと大変うきうきしました。那覇の公設市場を思い出しました。数多くの小さな商店が街の多様性を生み出していました。地下鉄のホームで露天商がモノを販売していたのを見たときも、人情味を感じました。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE