FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第4回『琉球独立への道』読者会(ゲスト:著者・松島泰勝さん) 5月26日(月)午後7時~

来週月曜日、拙書の読書会が開かれます。毎回、琉球の皆様と琉球の独立について真摯に議論できることを大変楽しみにしております。お時間がありましたら、是非お越し下さい。

第4回『琉球独立への道』読者会(ゲスト:著者・松島泰勝さん) 5月26日(月)午後7時~
参加希望社は予約をして下さい。
琉球館2F (㈱Ryukyu企画)
電話:098-943-6945
FAX:098-943-6947
メールアドレス:teruya@ryukyukikaku.com

琉球前沿問題高端対話論壇

5月10日から14日まで、北京に行ってきました。北京大学におきまして『戦略と管理』雑誌社、北京大学歴史学系、北京市中日文化交流史研究会主催の琉球前沿問題高端対話論壇は2日間にわたって行なわれ、琉球の歴史、政治経済等について中国の琉球研究者と議論してきました。

自由、平等な立場で議論し、中国人研究者が琉球の大国からの自立性、独立性を前提に報告していたのが印象的でした。琉球からは大田元知事、川満信一さん等も参加し、親しく交流することもできました。

琉球人の留学生が学んだ国子監に行くとともに、通州にある琉球人墓地跡に行き地元の研究者からお話を伺うととともに、線香と泡盛で慰霊祭を行ないました。川満さんが琉球人のマブイに呼びかけるように自らつくった漢詩を朗読して下さいました。

北京は初めての訪問でしたが、頤和園、景山公園、天安門広場、国家博物館等を巡り、過去、現在の北京や中国と琉球との関係について考えることができました。「琉球学」を提唱され、本会議開催に大変なご尽力をして下さった徐勇先生に心よりお礼申し上げます。

また北京大学大学院で琉球救国運動を研究されている大城さんや、中国人大学院生にもアテンド、通訳等で大変お世話になりました。みーふぁいゆー。

琉球の自己決定権 ~独立へ向けて~」


◆ 2014.05.25
<ACSILs 設立1周年記念オープンシンポジウム「琉球の自己決定権 ~独立へ向けて~」> PDF

琉球民族独立総合研究学会(ACSILs)
設立1周年記念オープンシンポジウム
「琉球の自己決定権 ~独立へ向けて~」

日 時:2014年5月25日(日)14:00 ~ (開場:13:30)
会 場:沖縄国際大学 7号館2階 (7-201号教室) 宜野湾市宜野湾2-6-1
参加費(資料代):一般1,000円、ACSILs会員500円
キーワード:スコットランド/立憲主義/権利章典/脱植民地/脱軍事基地/
       政治・経済体制/民族/アイデンティティー/ポジショナリティ―
------
プログラム
  (総合司会:友知 政樹 (ACSILs共同代表、沖国大教授))
14:00
  シンポジウム開会
 14:10-15:00
  基調講演
  「スコットランド ~社会契約による新たなネイションの創造~」
   島袋 純 (琉球大学教授)
 15:10-16:40
  パネルディスカッション
島袋 純 (琉球大学教授)
親川 志奈子 (ACSILs共同代表、オキスタ107共同代表)
桃原 一彦 (ACSILs共同代表、沖国大准教授)
松島 泰勝 (ACSILs共同代表、龍谷大教授)
宮里 護佐丸 (琉球弧の先住民族会(AIPR)代表)
 16:50-17:20
  質疑応答・全体討論
 17:20
  シンポジウム閉会
------
 17:30-17:50
  連絡会議 〈ACSILs会員向け〉
 18:00-20:00
  ACSILs設立1周年記念パーティー 〈ACSILs会員向け〉
  @ 沖国大厚生会館4階ホール(3,000円)

スコットランドの独立を巡る住民投票

俳優のショーン・コネリー氏、スコットランド独立賛成呼び掛け 住民投票
2014.3.4 11:49
ショーン・コネリー氏(AP)
 英国北部スコットランドで独立の是非を問う住民投票が実施されることに関連し、英俳優ショーン・コネリーさん(83)は、英週刊誌「ニュー・ステーツマン」(電子版)に寄稿し、独立への賛成を呼び掛けた。ロイター通信が3日、伝えた。
 コネリーさんはスコットランド出身で、独立論者として知られるが、住民投票に関する意見表明は初めて。英国では歌手のデビッド・ボウイさんが先月、独立に反対を呼び掛けるなど、双方の立場からの運動が盛り上がっている。
 コネリーさんは住民投票を「独立のため、またとない機会だ」と評価。独立は映画産業などに大きな恩恵をもたらすとの見方を示した。
 住民投票は9月18日に行われる。最新の世論調査では、独立反対は53%で、賛成の35%を大きく上回っている。(共同)

東チモールのサルバドール君

私の大学院演習指導の学生であった、東チモールのサルバドール君ががんばっています。サルバドール君からは東チモールの独立過程、その後の、国家建設について教えてもらい、議論をしました。

ソ連崩壊で役割失った自衛隊が沖縄にいることが不正義

がんばれ、松元さん。学生時代、東京の南灯寮で他の琉球人学生とともに生活した仲間です。



「ソ連崩壊で役割失った自衛隊が沖縄にいることが不正義」
産経新聞 5月3日(土)19時23分配信
 護憲を掲げる「九条の会・福岡県連絡会」は3日、福岡市中央区の少年科学文化会館ホールで憲法集会を開き、琉球新報論説委員の松元剛氏が講演で「安倍晋三政権は中国と戦争できれば国防軍ができ、長期政権に導いてくれると考えている」と力説した。

 演題は「沖縄に軍隊はいらない!! ~集団的自衛権を許さない 現地からのレポート」。松元氏は「冷戦が終わり仮想敵だったソ連はなくなった。自衛隊は存在意義を見いだすため、次の敵として北朝鮮や中国が喧伝されているが、もはや役割を失った自衛隊・海兵隊が沖縄にいること自体が不正義だ」と断じた。

 中国の東シナ海での軍拡には一切触れず「中国の民間人が尖閣諸島に入って日米が反撃したら沖縄が真っ先にミサイル攻撃される。集団的自衛権の問題は沖縄が火の海になることに直結する」と主張。「産経新聞や読売新聞は、沖縄に配備されたオスプレイが尖閣防衛に有効だと主張するが、攻撃されたらひとたまりもない機体でその役割は果たせない」と述べた。参加者約700人は熱心に聞き入り、講演後、盛大な拍手を送った。

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP