FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球人使節団が歩いた橋

琉球から来た琉球使節団は福建から北上して通州のこの場所まできて、ここで人は歩いて紫禁城に行き、荷物は船に積んで運んだそうです。橋の欄干には明、清時代のシーサーがならんでいました。橋の敷石には轍ができており、数えきれない程の車がこの橋を渡ってきたことが分かります。どのような思いで琉球人はこの橋を歩んだのだろうかと、思いを馳せました。
スポンサーサイト

琉球人使節団が歩いた道

通州博物館の元館長の周先生に、朝貢にやってきた琉球人使節団が北京に向かって歩いた歴史的場所等についてお話し下さっています。自分が立っている場所を琉球人使節団が歩いたと思うと足底から感動が全身に伝わりました。周先生も本当に誠実に私たち琉球人のためにご説明下さいました。

長い歴史と日常生活

次に周先生に会うために通州に行きました。その際、歴史的建造物がありましたので、見学しました。ここは山東省出身者が親睦を深める場所であり、かつ通州の歴史的建造物を保存する事務所があるところです。明時代の石碑を大城さんが解説して下さっています。北京市内には普通の道にも明や清時代の歴史的石碑等があり、長い歴史と日常生活が連続しているなと実感しました。

通州に向かう友知さんと平良さん

バスで移動中の友知さんと平良さんです。これから琉球人の墓地の墓参りと調査です。お二人は熱い思いを持って琉球人墓地に向かっています。友知さんは今年3月にも墓参と調査に来ましたが、今回は2回目となります。通州は北京市のなかにあるものの、少し離れた場所にあります。お二人は琉球と中国との関係、そのあり方等について暑く語り合っていました。友知さんは与那国島、平良さんは宮古島のルーツをもっているという強い自覚があります。

北京大学歴史系の新しい校舎

北京大学歴史系の新しい校舎の前で写真をとっている三田さんです。三田さんによれば、北京オリンピック後、新たな校舎が学内に建設され、大変、様変わりしていました。歴史系の新校舎は中国風の建物ですが、近くにある外国語教育の後者は近代的なビルでした。様々な建物が学内にあり、中国トップレベルの教育が行なわれています。また米国からの留学から帰ってきた起業家を育てるために、学内にインキュベーションの施設もあるなど、教育、研究、産業育成を相互関連させていました。学内には様々なレストランもあり、多くの方が大学に集っていました。

北京大学の池のそばで笛を吹く人

北京大学の中を案内してもらいました。学内にある池を歩いていたら、美しい笛の音が聞こえてきて、近づくと笛を吹いている方がいました。おそらく近所の方で自転車が大学内に来て吹いていたのだと思います。池の周りには学生が椅子でくつろぎ、市民が自由に入って音楽を楽しんでいました。開放的な大学でした。子供も池の周りで遊び、海外からの留学生も横椅子で寝ていました。

川満さんの北京での詩作

80歳を超えた川満さんも大変、お元気で私たちといっしょに北京の町を歩きました。ときどき、メモを取りながら、詩作をしている様でもありました。この日は暑かったので、北京大学の学生が屋台から皆にアイスクリームを買ってくれました。ありがたい気遣いに心が和みました。川満さんとも北京滞在中、いろいろと話すことができて良かったです。琉球の詩人が北京でどのような詩をつくったのか大変興味があります。

ちょっと離れた天安門広場前での記念撮影

フィールドワークに参加した琉球人と三田さんです。三田さんは大学院生時代から交流している仲間であり、ツバル、フィジー等でも共同調査をしたことがありますが、今回は北京においていろいろと教えて下さいました。また徐勇先生も紹介して下さり、感謝しています。

青島の研究者との写真

天安門広場の前に行きたかったのですが、交通規制があり、ちょっと離れたところから天安門広場を見て、皆で記念撮影しました。隣の方は青島の大学の研究者の方であり、この日は一日中一緒にフィールドワークをしました。またどこかでお会いして琉球について語り合いたいです。

冷戦、ジェンダー、環太平洋(トランス・パシフィック)帝国主義の様相について


次のようなワークショップが同志社大学で開催されますので、お時間とご関心がありましたら、ぜひご参加ください。

ワークショップ「冷戦、ジェンダー、環太平洋(トランス・パシフィック)帝国主義の様相について」

<奄美-沖縄-琉球>研究コンソーシアム・ワークショップ


ハワイ大学から小碇美玲さんをお招きして、ワークショップを行います。戦後米国による沖縄統治を、トランス・パシフィックな広がりにおいて検討するという極めて重要なテーマです。こうした作業をとおして、沖縄から見出される統治権力とはいかなるものなのでしょうか。そこでは、一見政治とは認識されない領域が統治を担っているのではないでしょうか。冷戦を国家間の国際関係に還元しないためにも、沖縄をトランス・パシフィックな広がりのなかにおいて思考することは必要ではないでしょうか。またそれは、いかなるプロセスを統治からの解放といい、脱植民地化と呼ぶのかという問いとも重なるでしょう。ともに考えたいと思います。ぜひご参集ください。

日時 2014年6月24日(火曜日) 16時より

場所 同志社大学烏丸キャンパス志高館2階 SK289

報告者 小碇美玲(Women’s Studies University of Hawaii at Manoa)

テーマ 冷戦、ジェンダー、環太平洋(トランス・パシフィック)帝国主義の様相について:沖縄‒ハワイ間の「国際技術・文化交流」の動向を中心にして

内容の概要 冷戦期、ハワイ‒沖縄間において展開した国際技術協力・文化交流には目を見張らせるものがある。ハワイ州立大学および東西研究センターを拠点として進められた戦後沖縄の「近代化」のプロジェクトは、米国技術者・教育者の指導の下、農業、医療、看護、観光、都市計画等の知識・技術の移入に専心した。占領下沖縄を対象とした「国際開発」の事業は辺境の地であるハワイを冷戦外交の主要地へと変貌させただけではない。冷戦期における技術教育・交流は女性を対象とした家政学の指導にも力を注ぎ、またさらにハワイ在住の日系・沖縄系移民をもその渦中に巻き込みながら発展していった。今回のトークでは冷戦文化の「舞台裏の立役者」であるところの女性、移民、そして教育者の役割に光を当てつつ、米国軍事化の要塞であるハワイと沖縄の間で展開した「国際交流」の意義を検証し、太平洋という政治空間を舞台に繰り広げられた戦後沖縄支配の構造をジェンダーの視点より再考察する。
.
Copyright© The Amami-okinawa-ryukyu Research Center All Rights Reserved

インターナショナル・スクールとしての国子監

福建、青島等から来た研究者のかたがと、琉球人官生が学んだ施設の模型を見ながら、話し合っています。琉球関係の資料も博物館の中で展示されており、大変勉強になりました。ベトナム、朝鮮、タイ等の人びとも国子監で学んでいました。まさに当時のインターナショナル・スクールだったのです。

国子監で琉球と中国との関係を学ぶ

他に参加された方々と一緒での記念撮影です。国子監を通じて琉球と中国との関係を学ぶことができました。ご一緒に歩くことで多くのことを学ぶこともできました。天気のいい日でしたので、楽しく交流しながら歩きました。

国子監でのフィールドワーク

国子監という、科挙を通過した人びとが官僚として働く前に学んだ学校の中にあった、琉球人官生が学んだ建物の前に現代の琉球人が記念撮影しました。前田さんのご報告を聞いていたので、琉球人官生たちの学びの生活を想像することができました。北京大学大学院で学ぶ大城さんも琉球救国運動についてすばらしい博士論文を書いてもらいたいと期待しています。

友知先生のご報告

友知先生が琉球民族独立総合研究学会の趣旨文の紹介、活動、学会の意義等とともに、基地と経済との関係等についてご報告されました。同時に、今年3月に北京にこられたとき通州で調査された琉球人墓についてもお話し下さり、中国側の参加者も高い関心をもって聞いていました。後日、通州に皆で琉球人墓調査、慰霊祭を行いましたが、中国の方々も深く感動していた様子でした。

姜先生と琉球

北京師範大学の姜先生がご報告されています。琉球での調査を基にして琉球と中国との関係について話されました。先週末、琉球にお越し下さり、渡嘉敷島への訪問、平和祈念資料館、大田平和研究所等を訪問するとともに、小禄の琉球居酒屋で私も交流させていただきました。とても気さくな先生で、北京における琉球人墓地調査等についても協力して下さるそうです。大変有り難いです。

琉球独立学会のオープンシンポジウム:スコットランドと琉球を比較しながら独立を考える

今日、午後2時より沖縄国際大学でスコットランドと琉球とを比較したシンポジウムが開催されます。独自の歴史と文化をもった両地域を様々な観点から比較して、琉球の独立を展望します。

スコットランドは今年9月18日にイギリスからの独立を問う住民投票が実施されます。その日は琉球ではしまくとぅばの日であり、琉球人としてもスコッツの自己決定権行使を自分のこととして考えたいと思います。

また夕方からは独立学会創設1周年を記念した祝賀会も開催されますので、会員の皆様はふるってご参加下さい。ともにこれからの琉球について明るい展望をもって意見交換したいです。

北京大学大学院生の実力

前田さんと、北京大学大学院の学生たちです。10名以上の大学院生が、私たちのロジ、通訳、会議の進行等、様々な仕事を的確に行っていました。張さんは東大に留学する予定ですが、若い人々の研究に対する強い情熱をも感じることができました。中国でトップクラスの北京大学で学ぶ学生の実力の一端に触れました。また琉球人、琉球に対する親近感をも会話からかじることができました。

劉先生の気遣い

劉先生とは昨年初めて沖大でお会いしました。今回の北京での集いでも、色々とおせえわになりました。おかげさまで、大田先生、川満さん、前田さんとの北京での出会いと交流ができました。北京大学での討論でも適宜討論を促し、自由で平等な議論が可能になりました。体調を少し崩された大田先生への、劉先生の気遣いも印象に残りました。

東アジアの平和と川満さん

川満さんが東アジアの平和二兎って何が問題になっているのか、それを解決するための本源的な解決策を提言されました。これまで私は川満さんとゆいまーるの集い、飲み屋等で議論を何度か議論してきましたが、東アジアにおける琉球の平和を求める声を中国の首都、北京で聞くことができて幸いでした。数日間、一緒に過ごした合宿でも様々なメッセージをもらいました。

姜先生との再会

昨晩は、北京師範大学の姜先生、貿易の仕事をされている程さん、石原さん、友知先生と小禄で交流会をしました。北京でお会いした姜先生と琉球で再開でき、琉球と中国との関係、今回が2回目の琉球訪問等についてお話を伺い、楽しい交流会となりました。姜先生は、昨日、渡嘉敷島に行かれ、島の歴史を学び、美しい海に触れた喜びをお話されました。

琉球学研究の発展

北京大学の徐先生が「琉球学」研究の重要性と可能性について報告されました。様々な資料を示しながら琉球学の位置づけをされました。徐先生と昨年、三田さんのご紹介で京都でお会いした時に構想ができ、先生のご尽力で各方面から資金を集めてきて会議が開催されることができました。

中国の琉球研究者と意見交換し、研究上の交流、ネットワークを形成することもできて、大変よい機会であったと思います。

北京大学において琉球研究のセンターが形成され、琉球学研究が活発になればと思います。これまで琉球大学、福建省の大学、台湾の大学や研究機関との間で定期的に学術会議が開催され、研究論文集も何冊も発刊されてきました。今後は、北京、また上海等を加えて琉球学研究が盛んになればと思います。

宮古島と中国、台湾

宮古出身の平良さんが宮古諸島と台湾出兵との関係について報告されました。中国の研究者との討論のなかで、琉球救国運動義士が当時の国際法(万国公法)を認識しながら、各種の交渉を行っていたことを具体的に論じていたことが記憶に新しく残っています。また平良さんは琉球人墓地跡に行った際に、墓石らしい石が窪地にあったのをひっくり返して、何とかして碑文を確認しようとしていました。

北京大学での琉球研究

北京大学の校内です。このなかに学生の寮、教員の宿舎等もあり、生活と研究、教育が一体化しており、うらやましい環境で学問しています。北京大学に留学されていた三田さんに色々と案内してもらいました。

大学内に八百屋、銭湯、散髪屋、コンビニ、さまざまな食堂があり、世界中から様々な留学生、訪問研究者が歩いていました。これまで琉球の研究は福建師範大学、青島の海洋大学、浙江大学、北京師範大学、中国社会科学院等で研究されてきましたが、今後、この北京大学でも琉球研究や教育が本格化する予定です。

今日、琉球に帰国します

今日、琉球に帰国します。25日は琉球独立学会のシンポジウムが開催されます。その準備、運営、参加・討論を行います。充実したシンポになればと思います。26日は、拙書『琉球独立への道』の読書会が宜野湾のしまんちゅスクールであります。毎回、私自身も刺激になり、励まされ、勉強になる学習会です。

中国語が堪能な若い琉球人研究者の可能性

前田さんが明・清時代の琉球人官生について報告されました。その報告は博士論文のエッセンスであり、後日、国子監に行った時、大変参考になりました。

前田さんは学振の特別研究生であり、琉球史研究をさらに進めています。北京大学大学院に留学し、琉球救国運動史について研究している大城さんは現在の「官生」ともいえる方であり、今回の国際会議では大変お世話になりました。30代の、中国語が堪能な琉球人研究者が増え、研究が蓄積されていることも、また琉球の希望の一つです。

大田先生の北京大学での講演

11日から始まった北京大学での国際学術会議において、大田先生は琉球において平和、人間としての尊厳が如何に大切であり、それを希求してきのかを具体的に報告されました。

琉球の新聞を見せ、また会場に配布しました。原稿を見ることなく、真正面を見据えて、力強くはなされる大田先生を間近に見て、胸が熱くなりました。大田先生は、北京大学の授業や中国の高等研究機関の中国社会科学院でも講演されました。

北京大学の学生は熱心にノートをとって聞いていたそうです。大田先生の報告はこれからも中国の人びとに受け継がれていくと思います。14日、先生が朝5時にホテルから空港に向かう前に見送りした際に、大田先生から「がんばりなさいよ」と励まされ、大変、光栄に思いました。

北京での夕食会

10日、歓迎の晩餐会を開いて下さいました。徐先生、姜先生、大田先生、劉先生、川満さん、平良さんです。琉球からの飛行機は少し揺れたそうですが、楽しく食事をともにして、会話を楽しみました。

北京師範大学の姜先生は琉球に来られたこともあり、大田先生にインタビューされたこともあります。川満さんは、以前、魯迅関係の集いで北京に来られ、詩を朗読されたそうです。

ホテルは以前、皇帝の庭の一部であり、緑が豊でした。空気も日本のマスコミで報道されているほど、汚染されておらず、青空が見えました。

生活の中にいきる芸

頤和園で、ご老人が水習字をしていました。同じような光景は、他の場所でもみました。また北京大学内にある不名池と呼ばれる池の畔で、笛を演奏している方がいました。

生活の中に芸が息づいていると思いました。テレビでも水習字の場面を見ましたが、実際に自分の目でみることができて良かったです。

また劉先生からは頤和園の歴史的建造物に描かれたさまざまな絵の解説を伺いました。明の時代からそのまま残された絵も中にはあり、琉球人使節また19世紀の琉球救国運動義士も目にしたかもしれません。

頤和園と琉球

北京に到着してすぐに、清華大学の劉先生とお会いしました。先生は早稲田大学に留学されたこともあり、中国でも著名な研究者です。

御論考等を頂戴するとともに、後日、北京市内の書店で劉先生の御著書を購入しました。劉先生のご案内で頤和園に行きました。園内を見ながら中国の歴史、琉球と中国との関係についてお話を伺いました。明、清の琉球国使節団もこの庭園を訪問したと思います。

劉先生とは初めてお会いしましたが、多くのことを語り合うことができました。龍の銅像の指が5本であったことも印象的でした。

韓国と琉球

今年の2月に韓国から研究者が琉球に来て、3月には私を含む研究者、学生が韓国に行き、それぞれの地域の抱えている問題を学び合いました。それを踏まえた文章が琉球新報に掲載されています。

連載に尽力して下さいました、普久原さん、宮城さんにお礼申し上げます。また独島沖でのセウル号沈没事件後、心痛な状況であるにもかかわらず、新聞に論考を寄稿して下さった李先生にもお礼申し上げます。

韓国の方々と交流し、実際、韓国に行ったこともあり、毎日のように衛星放送で報じられるセウル号沈没事件を我がごとのように心を痛めています。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE