FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今年の3点

朝日新聞の書評委員である柄谷行人さんが、「今年の3点」として拙書も選んで下さいました。みーふぁいゆー。
 
(1)民主政治はなぜ「大統領制化」するのか(T・ポグントケ、P・ウェブ編、岩崎正洋監訳、ミネルヴァ書房・8640円)
 (2)琉球独立論(松島泰勝著、バジリコ・1944円)
 (3)理不尽な進化(吉川浩満著、朝日出版社・2376円)
スポンサーサイト

『琉球独立論』朝日掲載書評が“刺激的”

拙書『琉球独立論』について書いて下さった柄谷さんの書評が産經新聞文化部記者から注目されているようです。ご参考までに。



【文化部記者が選ぶベスト3】
書評 「沖縄は独立して当然」後押しして、危うさも突く 『琉球独立論』朝日掲載書評が“刺激的”


『ガルパンの秘密』(先行初回限定版)。この書評が月刊「正論」に掲載されたのには驚かされた
 読書面で本の紹介を担当していることもあり、自社媒体のみならず他紙や月刊誌の書評にもなるべく目を通すようにしている。この1年を振り返って「これは!」と驚かされた書評記事を紹介したい。(溝上健良)

■仰天書評の本当の狙いは…

 今年もっとも刺激的だったのは9月21日、朝日新聞に掲載された『琉球独立論 琉球民族のマニフェスト』(松島泰勝著・バジリコ)の書評だった。評者は哲学者の柄谷行人氏。9月18日にスコットランドの独立投票が行われ、独立反対が過半数との結果で一件落着したが、その直後の日曜日という絶妙なタイミングでの掲載だった。柄谷氏は《なぜスコットランドが独立を望むのか、私にもよく事情が理解できない》とした上で、《しかし、むしろそれ以上に理解しがたいのは、琉球が日本から独立しないでいることである》と述べている。

 スコットランドが連合王国に加わったのは1707年ですでに300年が経過している。それに対して、琉球(沖縄)ももともと独立した王国であり、琉球藩が設置されたのは明治になってからで《はっきりと日本に領有されたのは、日清戦争後である》、つまり琉球が日本の一部となってからわずか100年余りしかたっていない、というわけだ。

 さらにその後も琉球人は差別され、先の大戦では戦場となり、本土に復帰した後も日本の米軍基地の大部分が置かれている。それゆえ《あからさまに「植民地」の状態に置かれてきた琉球の人たちが、独立を考えたとしても当然である》と、柄谷氏は主張する。

 この書評には続きがある。柄谷氏は沖縄に対してもクギを刺す。いわく《歴史的に、沖縄本島に生まれた王国は、奄美、八重山などの諸島を武力で併合し搾取してきた。薩摩藩あるいは日本国家と同じようなことをやってきたのだ》。仮に沖縄が日本から独立した場合、八重山諸島もまた沖縄本島から独立してしかるべきだ、ということになりかねない、というわけだ。

そして、いざ独立したところで、その独立を保つことができるかどうかも大問題だ。著者の松島氏は独立後、非武装で中立を保つことを志向しているようだが、それは現実的な話なのか。柄谷氏の書評は一見、沖縄独立を全力で後押ししているかと思わせてその実、沖縄独立の危うさも突いている。

龍谷大学の新校舎に雄勝の硯石が使われ、嬉しいです

また今日の京都新聞では、私が勤務する龍谷大学の新校舎で被災地の石巻雄勝町の硯石を活用させていただくという記事も掲載されていました。

2011年3月11日東日本大震災が発生してから、私は龍谷大学のボランティアNPO活動センターのセンター長になり、学生、教職員とともに何回か、京都からバスで十数時間かけて石巻に行き、ボランティア活動をさせていただきました。

学生たちと一緒に、寒かったり、暑かったりしたなか、泥がついた硯石を洗い、整理したことが思い出されます。被災地の生活復興が一日も実現するようにと願っています。来年完成する新校舎の床をみながら、被災地の人々ことを忘れないで過ごしたいと思います。

京都新聞に掲載された琉球独立論の記事

先ほど、京都新聞を見てビックリしました。共同通信社の石山さんのインタビューを受けた記事が掲載されていました。紙面の半分以上のスペースを使っています。琉球独立に関する議論がさらに活発になり、自己決定権を行使して犠牲の歴史から脱却できればと思います。

南灯寮での生活

東京の琉球人男子の学生寮、南灯寮で約4年間ともに生活した嘉手納さんと當銘さんです。30年の付き合いになります。この夜も互いの近況、琉球の教育格差問題、那覇市の急激な市場経済化、子供にとっての生産と消費の関係、不動産市場における移住者の役割等、様々なお話をしました。

学生の頃、南灯寮から一歩外に出ると出ると体全身に緊張が走り、寮に戻ると安心するという生活をしてきた琉球人寮生が少なくありません。お二人からは常に励ましと勇気を貰ってきました。東京に住む寮のOBの西銘さんに電話して、近況を聞いています。来年、皆で東京ツアーをしようと話し合っています。

ゆくしむにー!

「美し島の未来を護る15旅団」?
ゆくしむにー!

第二公設市場の香り

「第二公設市場」には子供の頃よく行っていましたが、今でもあの頃の香りが残っています。表の国際通りにはない、穏やかさと落ち着きと、人の強い関係性を感じることができます。

琉球の歴史的建造物

琉球人の設計士、大城龍太郎氏が設計した大龍ビルです。同じく、大城氏が開設した建築専門学校です。国際通り周辺にはまあ新しい建物が次々に建設されていますが、このような歴史的な建造物を残し、活用することも大変重要だと思います。建物をみていると心が和みます。

琉球人の誇り

近年、「琉球の誇り」「琉球人の誇り」という言葉をよく目にするようになりました。それだけ、琉球人は自らの文化や歴史、土地に対して責任と義務を意識し、自らで島の未来を決定したいという人がこれまでになく増えてきたと言えます。

琉球人の怒りの大きさ

この電柱のシールの文字からも、琉球人の怒りが非常に大きいことが分かります。

琉球人の誇り

那覇の街をフィールドワークしていると、電信柱にこのようなチラシを見つけました。琉球人の誇りが非常に傷つけられた場面です。

今も、安倍首相は翁長知事に会おうとせず、来年度以降の振興開発費を削減しようといます。振興開発費と基地の押し付けがリンクしていることを自ら認めたものです。日本政府、自民党による脅し政策に琉球人は屈するのでしょうか。そうではないことを気付いてほしいものです。

多くの琉球人がスコットランドの独立投票に関心を持つ

桃原さんは、スコットランド独立運動に関する議論を分かりやすく纏めて下さり、会場との意見交換もスムーズに進めて下さりました。

会場には多くの方が来場して下さり、スコットランドでの独立投票に対する関心の高さが伺われます。人ごとではなく、自分のこととして地球の反対側にあるスコットランドの動きを琉球人が考えていたことが分かります。いつかスコッツを琉球に招聘して、真摯な議論をしてみたいです。

スコッツから学ぶ

新垣さんと友知さんです。私を含めた3人がスコットランドの土地を琉球人として歩み、琉球独立を念頭においてどのように感じ、考えたのかを発言しました。「自分達のことは自分達で決めるのだ」という自己決定権をスコッツは行使したのであり、琉球人はスコットランドから多くのことを学び、実践に移すことができると考えます。

スコットランドの土地を踏みしめた琉球人3人

21日にはスコットランドの土地を踏み、スコッツ(スコットランド人)と話しをした琉球人3人が、当事者意識をもってスコットランドの独立投票をどう考えるのかを議論しました。友知さんが、講演をされ、桃原さんが司会をしているもようです。

友知さんのスコットランド独立に対する熱い思いが伝わってきました。また琉球もスコットランドのように独立投票できるという勇気が湧いてきました。

国連での琉球人のチャント

糸数さん、当真さん、上原さん、親川さん、宮里さんによるシンポです。糸数さんとともに、琉球人として国連の会議に参加した上原さんです。上原さんは琉球の祈りの儀礼を国連でされたそうです。

私も33歳の時に国連に行った時、ハワイの先住民族、カナカマオリが祈りのチャントを捧げていたのを聞いて感動しました。国連で他の先住民族も上原さんのチャントを聞いて、厳粛に琉球のことを思ったのでしょう。若い琉球人政治家の今後の活躍が楽しみです。

外務省による糸数議員への便宜供与拒否

国連での糸数さん、当真さんの日本政府との交渉模様です。講演で、外務省が糸数さんに対する便宜供与を拒否したと聞いて、大変驚きました。外務省職員は職務として国会議員に便宜供与を行なうのです。私もかつてそのような仕事をしたことがあります。

辺野古新基地建設に反対する糸数参議院議員に対してそのような嫌がらせをする日本政府は、糸数さんだけでなく、糸数さんを選んだ琉球人をも差別したことになります。琉球人はこのような日本政府による差別に当然怒るべきです。日本政府は、自らの職務である便宜供与を糸数さんに対しては拒否したのかを、公式に説明するべきです。

世界のウチナーンチュの底力

米国に住む琉球人も糸数さん、琉球弧の先住民族会の活動を応援してくれました。世界のウチナーンチュの底力であると思います。最近、ハワイ州では、琉球人の知事、イゲ(伊芸)さんが誕生しました。

世界中に琉球人のネットワークが張り巡らされつつあり、辺野古新基地建設に反対する翁長新知事を世界から支えてくれると思います。

当真さんの基調講演

次に琉球弧の先住民族会の代表代行である当真さんが、糸数さんが参加された国連での活動について写真を使って詳しく話して下さいました。糸数さんが国連で発言する機会を実現するために、世界中、とくにアジアの先住民族が支援して下さったと聞き、胸が熱くなりました。

琉球弧の先住民族会は国連NGOであり、長年にわたり、琉球人の若者を国連に派遣して、国連における琉球人の自己決定権行使に大きな道を開いてくれた団体です。琉球は世界の人々と肩を組んで、自らの植民地問題を解決していくというステージに入ったのであり、当真さん、宮里さん達の地道な活動に感謝したいです。

糸数さんの基調講演

先週土曜日に行なわれた独立学会のシンポにおきまして、参議議員の糸数さんが、8、9月に国連の会議に琉球民族として参加された背景、会議の様子、参加に当たっての思いと決意について話して下さいました。京都での体験が自らが琉球人であるという自覚を持つようになったと伺うこともできました。国会議員として初めて国連に参加されたことは、琉球史においても大変な快挙であると考えます。

今日、琉球に帰国します

今日、琉球に帰国します。学会関連の行事に参加して、参加者の方々と意見交換しながら、新しい学問、琉球独立学を深めていきたいです。また琉球のフィールドワークを行い、琉球の振興開発と内発的発展についての調査をさらに進めていきたいです。

ツイッターで拙書が紹介

Twitter
tomaruseiya (masaya[09マニフェスト再び]) さんのツイートで拙書を引用してくれました。みーふぁいゆー。

たまたま松島泰勝著『琉球独立論』を読んでいるが、本土の人も必読。「琉球人」としての自立心の強さがよくわかる。今度の選挙での野党勝利が当然という気がしてくる。それにひきかえ、本土の国民の自立心はどこにいってしまったのか。

学生たちとパラオから多くのことを学びたい

来年2月、龍谷大学ボランティアNPOセンター主催の海外体験学習でパラオに行く学生さんと、同センターの東郷さんです。応募学生の中から2倍の倍率で、書類審査、面接審査をパスした学生たちです。

この日は最初の事前学習の時間でしたが、学生たちのパラオに対する熱い思いと期待を聞いて、うれしくなりました。学生とともに、パラオから多くのことを学びたいと思います。

学生の成長に励まされる

先日、前の職場である東海大学で教えていた水谷君が研究室に遊びに来てくれました。東京から大阪に転勤になったそうですが、社会人として元気に仕事をしている様子であり、うれしかったです。弟さんは龍谷大学経済学部に在学しており、勉学にがんばっています。

18年前の自分に恥じない

今から18年前の私です。大学院生で、国連人権委員会先住民作業部会に参加した後、北九州でインタビューを受けた時のものです。この翌年にグアムに行き、2年間生活しました。その後、パラオで1年間生活しました。琉球人の自己決定権に目覚め、それを他の島々で学んだ日々を思い出します。18年前の自分に恥じることのないように、研究や社会活動に精進したいと思います。

今日の沖縄タイムスに『琉球独立』の書評が掲載されました

今日の沖縄タイムスに私の『琉球独立』の書評が掲載されました。宜保さん、書評を書いて下さり、みーふぁいゆー。励まされました。今月の琉球独立学会の大会、シンポでお会いしましょう。

心に残る喜山さんのご講演

喜山さんは、レジュメ、パワーポイントを見せるだけでなく、ネットにも接続して興味深い動画もご紹介してくださいました。黒潮がリアルタイムで流れる地球儀には学生とともに私も目を見張りました。「めがね」という与論島が舞台になった映画にも関心を持ちました。与論島を多角的な観点から分析され、やさしく語りかけてくれましたので、学生たちも大変関心を持って講演を聴いていました。島の人間が主体的に島で生き、島を考えていることが心に残りました。

与論島を学ぶ

先日、喜山さんが、龍谷大学の地域経済論の授業で講演して下さいました。与論島の観光業のマネージメントが主なテーマでしたが、それにとどまらず、与論島の歴史、文化、精神、表象文化、地理等、島を大変深く、学生たちに話して下さいました。

喜山さんの与論島に対する深い愛情と、誠実なお人柄が伝わってきたご講演でした。学生たちも与論島に関心をもって、直接、島に行ってもらいたいと思います。私も与論島に対する見方が変わりました。

琉球-自治と基地をめぐる課題-


大阪市政調査会の『市政研究』第185号(2014年秋季)に拙論が掲載されましたので、御関心がありましたら、お読みください。

特集●平和の構築と地方自治

自治体平和政策をめぐる課題と展望


・・・・・・池尾靖志

国の安全保障と自治体外交

・・・・・・富野暉一郎

日韓関係の現状と課題-従軍慰安婦問題に日韓はどう向き合うべきか-

・・・・・・朴 一

琉球-自治と基地をめぐる課題-

・・・・・・松島泰勝

環境問題における日中民間協力の現状と課題・・・・・・相川 泰

図書紹介

案内人・片寄俊秀『おもろい商店街のなかの・メチャオモロイ・みつや交流亭物語』(NPO法人みつや交流亭)・・・・・・中川幾郎

伍賀偕子著『敗戦直後を切り拓いた働く女性たち-「勤労婦人聯盟」と「きらく会」の絆-』(ドメス出版)・・・・・・谷合佳代子

李靜淑著『日本の国民年金制度-改革の歴史と展望-』(大学教育出版)

・・・・・・宮地克典

連 載

連載 なにわ路上観察紀行 第39回

京都府京丹後市峰山町界隈

大地震の記憶が生んだ戦後の名歌謡

・・・・・・前田和男

おおさかミュージアム雑観 ⑰

ポスターの現場・・・・・・加藤英一

連載●朝日新聞資料探訪 第30回

昭和御大典①-「光の号外」、電光ニュース

・・・・・・石原佳子

続・韓国通信 漢江の辺にて (21)

セウォル号・・・・・・金徳煥
http://www.osaka-shisei.jp/shisei/

琉球独立のために国際的ネットワークを構築する

今月、20日、21日に開催される琉球民族独立総合研究学会のシンポに関して私が書いた記事です。

10429441_478433732294706_1110164408986639302_n[1]

两位琉球独立运动活动家·松岛泰胜和佐藤优

中国のネットニュースに次のような記事が掲載されていましたので、ご紹介します。「两位琉球独立运动活动家·松岛泰胜和佐藤优」
続きは実際のHPから読んで下さい。

冲绳县的‘琉球独立运动在冲绳已经不是什么秘密,有众多团体和个人公开地呼吁和推进琉球独立,甚至可以用大张旗鼓来形容。在这里向读者着重介绍两位热衷于从事琉球独立运动的精英松岛泰胜和佐藤优,通过对这两位的了解,也可让我们对琉球独立运动有一个初步把握。

   说松岛和佐藤是精英是因为俩人都曾做过日本的外交官,佐藤毕业于京都同志社大学神学院研究生院,而松岛毕业于早稻田大学,获经济学博士学位。

   松岛1963年出生于冲绳的离岛石垣岛,在东南大岛·与那国岛和冲绳岛上成长。38岁之前,松岛主要精力放在求学上,直到2001年才在早稻田研究生院取得经济学博士学位。不过从1997年5月开始,他就职于日本驻关岛领事馆,任专门调查员两年,其后有转任驻帕劳日本总领事馆的同样职位。之后,松岛离开日本外务省,去了大学教书,现在是龙谷大学经济学系教授,同时,从3013年5月起还兼任‘琉球民族独立综合研究学会共同代表。

   琉球民族独立综合研究学会的宗旨就是---为-最终获得琉球独立而进行理论·方法和路线图的研究。
   松岛今年7月14号出版了《琉球独立论》一书,为琉球的独立推波助澜。该书从历史与现状探讨了琉球独立的合理性,及可能的路径。他在书中指出,琉球已经不是中央政府对地方自治的问题,而是已经到了建构琉球独立的框架,探讨与日本关系的时候了。

  以下是该书的一些要点:(完全不把自己当日本人)
  。日本人的琉球知识少得可怜,他们完全不了解琉球与日本的不同。
  。琉球人具有独立的历史·文化·和国家意识,是一个被日美殖民榨取血汗的苦难民 族。日本对琉球人正在实施国际犯罪。琉球是一个被日本的暴力和贪婪所控制的 地方。

  。日本扑灭了琉球的语言,使冲绳经济崩溃,岛民穷困。
  。同化加歧视,日本的琉球意识形态。
  。在二战末期,日美两军都残杀琉球人民。日本为了延缓决战,把冲绳抛弃了。

  。美国把琉球归还给日本无视国际法,想当然地把琉球交给日本。
  。日本以回归之名再次合并了琉球。
  。琉球国家意识是不要美军基地,也不要日本的辅助金,只要琉球的独立 !

  。总之,军队离开就不会有战争,琉球和日本都会得到和平。
(続く)

http://grass.chinaiiss.com/html/201412/1/wa1701d.html

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE