FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

戦争の実態を体感

戦闘が行われた場所を自分の足で歩き、当時の説明を聞くことで、戦争の実態を体感することができました。
スポンサーサイト

戦争の悲惨さを体全体で知ってほしい

洞窟内には、当時のものがそのまま置かれています。戦争の悲惨さを体全体で知ってほしいというパラオ人のメッセージだと思います。

一日で1メートルくらいしから掘ることができなかった

ペリリュー島の洞窟です。今、歩いているのは人が歩いても良い場所です。この他にもまだ不発弾や遺骨がのこされている多くの洞窟があります。人の手によって掘られ、一日で1メートルくらいしから掘ることができなかったそうです。

毎晩の練習

ホテルに戻り、動画をみながら、YOSAKOIソーラン節の練習をしました。結構複雑な踊りでしたが、皆で練習をして、本番は元気はつらつと、きれの良い踊りを披露しました。パラオの学生の心に残ったと思います。

フルーツコウモリスープ

フルーツコウモリスープを分け合っているところです。味付けも良く、美味しかったです。滋養強壮にもいいと言われ、疲れがいやされたような気がしました。

ジャイブでの夕食

ジャイブでの夕食時の写真です。海を見ながら、波の音を聞きながら、美味しいパラオ料理を食べました。一日の「振り返り」をして、それぞれの気持ちを分かち合いました。

パラオナイトマーケット

パラオナイトマーケットには、パラオの様々な特産物が販売され、ステージではパラオの紹介、歌や踊りが繰り広げられていました。会場一杯にパラオ人、観光客、地元住民が歩き、食事をし、楽しい集まりでした。

アイランドロックカフェ

パラオでも有名な食堂、アイランドロックカフェで昼食をとりました。巨大なサラダに学生さん達もびっくりしていました。

専門調査員のお仕事

日本大使館の専門調査員である中西さんからパラオの政治経済、援助内容等について詳しく聞き、学生さんたちも多くの質問をしました。中西さんは以前、カリブ海のプエルトリコ、ハイチで働いたことがあります。わたしも15年前に同じ職をしており、同じように大使館への訪問者に説明等の仕事をしており、昔の自分も思い出しました。

悪臭のしない堆肥製造所

食べ残し、植物、段ボールゴミ等を発酵させて堆肥を作っている施設です。悪臭が全くしません。周辺の住民からも苦情もないそうです。

雇用や収益を生み出すリサイクルセンター

何十人ものパラオ人がリサイクルセンターで活発に働いていました。雇用効果としても大きい影響を与えています。同センターは確実に収益を生んでおり、持続的に運営、発展しています。地域の人々も、空き缶やペットボトルを集めて売りにきたり、同センターでつくられた肥料を購入しています。

島嶼という何かとコストがかかる地域でのリサイクル

藤さんがコロール島のリサイクルセンターを本当に詳しく、情熱をもってお話をして下さいました。島嶼という何かとコストがかかる地域で、リサイクルの仕組みをパラオ人と協力して成功させており、沢山の学ぶべきことがありました。学生さん達もメモを取り、写真を熱心に撮っていました。

パラオが永遠に平和であって欲しいです

石灯籠の横にあったお札です。本当にパラオが永遠に平和であって欲しいです。

幽霊船

学生が海の上から撮った写真です。「幽霊船」のようだなと言って皆で笑い合いました。

環境保護と入島料

海の中は大変美しく、このようなサンゴが無数にありました。世界最大と言われるバラサンゴも見ました。ジェリフィッシュレイクは入島料を含めて一人100ドルかかりますが、その資金は島や海の環境を守るために使われています。また非常に厳しい環境保護法で自然は人間による開発や乱獲から守られています。

パラオのナマコとマンタ

昼食後、少し海に入り、学生達がナマコを見つけました。その後、近くの海でまたシュノーケルをしました。私はマンタを見ました。ナポレンフィッシュをみた学生もいました。

クラゲの湖

クラゲの湖に行く途中でジャングルの中を歩きました。自然の豊かさを体感しました。

ドラゴン亭スタッフの心に残る言葉

ドラゴン亭で働いておられるフィリピン人女性です。パラオに来て18年になるそうです。学生が英語で、お仕事の大変なところは何ですかと聞いたところ、丁寧に仕事の大変さ、工夫している点、自分への挑戦として仕事をしていることなど、大変、示唆的なお話をして下さいました。

学生代表による感謝スピーチの素晴らしさ

最後の夕食はドラゴン亭でした。いつものように「ふりかえり」をしました。今回の研修旅行には多くの良い点がありますが、その中でも、学生の一人がお話をして下さった方に、日本語や英語で感謝の挨拶スピーチをしてくれたことでした。私達の思い、考えが相手に伝わり感動や感謝の思いが伝わったと思います。

お二人のおかげで、安全で充実した旅になりました。

最終日にこれまでガイドとしていろいろとお世話になった安藤さんとバスの運転手の方と記念撮影です。お二人のおかげで、安全で充実した旅になりました。

それぞれのパラオ

それぞれの思いでパラオについて考えたと思います。

日本パラオ友好橋

日本パラオ友好橋のたもとでの記念撮影です。パラオへの到着と出発は夜中でして見えなかったのですが、昼間、その全体を見ることができました。日本政府の援助で建設されたものです。私がパラオにいた時には仮橋がありました。

島嶼経済とコモンズ

龍谷大学社会科学研究所の出版助成を頂き、3年間の研究会の成果を纏めた論文集が完成しました。大学に納品する前に、編著者の私に確認のためにただいま自宅に送付されました。琉球列島や太平洋諸島、定期市における経済やコモンズについて広い視点から考察した論考が掲載されています。出版年月日は15年3月20日です。詳しい書誌情報が分かり次第、皆様にお知らせします。

チューク州から留学した学生さん

日本の有名人のイケメンクイズもしました。コミュニティカレッジの中には、ミクロネシア連邦のチューク州から来た学生さんも留学に着ていました。その中に琉球出身のおじいさんがいる学生がおり、一度、琉球を訪問したいと私に行って下さいました。

友好的な関係性を大切にして欲しいです。

このような人と人との友好的な関係性を大切にして欲しいです。

別れを惜しみ、互いに共有した時間がとても大切であったことが分かります

互いの連絡先を交換して、これからも友達でいようねと話し合っているようでした。別れを惜しみ、互いに共有した時間がとても大切であったことが分かります。

PCCのアバイ

大学の中にあるアバイの前で記念撮影をしました。皆楽しそうです。

たいへんきれのある踊りで感動しました

たいへんきれのある踊りで感動しました。龍大生の情熱の現れだと思います。

パラオの学生達も感動

パラオの学生達も録画するなどして、大変、感動していたようです。

よさこいソーラン節

次に毎晩、夜遅くまで練習した「よさこいソーラン節」をパラオの学生に披露しました。皆が着ているハッピは踊った後、パラオの学生さんにプレゼントしました。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE