FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ネパールの震災

昨日、家の近くにあるネパールカレーのお店に行き、食事をしました。帰りに、ネパール人従業員の方に地震のことを聞かせてもらいました。ご家族には大きな被害はないそうでしたが、多くの国民が犠牲になり悲しいと話して下さいました。

4年前に東日本大震災の被災地に行き、学生さんたちとボランティア活動をしたときのことを思い出しました。ネパールをはじめとして、インド、中国等で地震の犠牲になられた方に心より御見舞い申し上げます。
スポンサーサイト

『原発に安全はない・フクイチの現実』

月曜日に、『人民新聞』の山田さんから琉球独立に関するインタビューを受けて、下記の御本を頂戴しました。同新聞に掲載された小出裕章さんのインタビューをまとめたものです。
先日、小出さんは石垣島で講演され、台湾にある原発の先島諸島への影響についてお話をされたそうです。関西でも原発は身近な問題です。

http://www.kita-osaka.co.jp/~futabado/pub/

パラオ人学生さんとの交流

パラオコミュニティカレッジの学生さんと、龍谷大学の学生さんたちの写真です。着物は、龍谷大学ボランティアNPOセンターから頂戴し、パラオ人学生さんにプレゼントさせていただきました。大変、喜んでいました。大学の中にはアバイがあり、学生さんたちがゆっくりとくつろいでいました。また大学の壁には、魚、海、伝統的な生活の絵が描かれており、島に対する学生さんたちの強い愛を感じることができました。

1-IMG_9303-570x230.jpg

パラオの学生さん達との交流

今年2月に龍谷大学の学生さん達とパラオを訪問しましたが、訪問先のひとつであるパラオコミュニティカレッジの新聞にその時のことが報じられています。パラオの学生さん達が、パラオの食べ物を龍谷大学の学生さん達に食べさせながら、互いに会話し、よさこいソーラン節を踊り、「ふるさと」を英語で皆で歌いました。同じ若者同士の交流、意見交換ができて、双方の学生さん達の目が耀いていたのが心に残っています。


http://pcc.palau.edu/2015/02/24/ryukoku-university-visits-palau-community-college/

大阪哲学学校での学習会

5月23日に尼崎で琉球独立について議論します。大阪哲学学校という、志のある方々の学びの場です。参加者の皆様と真摯に議論できることを楽しみにしています。


http://oisp.jimdo.com

パラオで学んだ学生たちへの期待

昨日は、パラオ共和国に研修旅行に行った学生さんたちの報告会がありました。小国におけるリサイクルと、ペリリュー島の戦争に焦点をしぼり、分かりやすく、学生さん達の現地での感動や思いが分かりやすく伝わった報告でした。パラオで学んだことをこれからの学生生活、自分の人生に活かしてもらいたいです。

パラオという国がこの地球上にあることの喜びを改めて感じたひとときでした。伊達ボランティアNPOセンター長も言っていたように、今年は「戦後」70年であり、パラオが日本でこれまでになく注目されている年ですので、学生さんたちの貴重な体験をさらに深めるための活動をして欲しいです。

京都のリサイクル問題との比較、ペリリューの戦争の意味のさらなる掘り下げなど、多くの期待を参加者がもった、学生さん達の報告会でした。

『近代日本の「南進」と沖縄』岩波書店、2015年を読了

ただいま、後藤先生の『近代日本の「南進」と沖縄』岩波書店、2015年を読了しました。いかに琉球人が戦前、日本政府の南進政策によって、日本に利用されてきたのかを、最新の研究成果に基づいて、具体的に理解することができました。

本書の中で、私の『ミクロネシア』を引用し、また『琉球独立論』を紹介して下さいました。お礼申し上げます。近代の日本の南進論を考えると、今の琉球の動きがよく分かります。

「島嶼社会における環境、平和、国際関係を考える旅」 パラオ共和国 

明日、パラオ共和国への体験学習に参加した学生たちの報告会があります。事前、現地でのフィールドワーク、事後学習を踏まえた、充実した報告になると思います。お時間とご関心がありましたら、是非ご参加下さい。私も深草校舎から瀬田校舎に移動して、参加させていただきます。

■日時:2015年4月20日(月) 17:30~19:30
■場所:瀬田キャンパス 6号館 プレゼンテーション室
■内容:国内・海外体験学習プログラムの参加報告

    (1)「島嶼社会における環境、平和、国際関係を考える旅」
         パラオ共和国 6日間  10名参加
    (2)「貧困の中で生きる人々と出会い、向き合う旅」
         フィリピン共和国 12日間  6名参加
    (3)「富山五箇山合掌の里 グリーンツーリズム体験」
         富山県南砺市五箇山 4日間   15名参加

『近代日本の「南進」と沖縄』

早稲田大学名誉教授の後藤乾一先生から下記のご著書を頂戴しました。心よりお礼申し上げます。かつて、後藤先生のお力添えで、私は早稲田大学出版部から『ミクロネシア』2008年を出版することができました。グアムとパラオで蓄積した研究成果を世に問うことができました。

アジア政経学会で発表の機会をいただいたこともあります。先生はインドネシアを中心とする東南アジアの歴史を研究されていますが、琉球に関しても今回の本以外にも、『「沖縄核密約」を背負って』岩波書店でも、研究されており、いろいろと教えて下さり、また励ましてもらいました。

http://www.amazon.co.jp/近代日本の「南進」と沖縄-岩波現代全書-後藤-乾一/dp/4000291556

安達征一郎『小さな島の小さな物語』の世界《喜界島の文学と風土》

筑紫女学園大学の松下博文先生から御本を頂戴しました。感謝申し上げます。喜界島の文学について御本です。非常に興味深い内容のようです。松下先生には昨年、博多での講演会で大変お世話になりました。山之口貘の詩を先生に朗読してもらいながら、話しをさせて頂きました。

『貧困,紛争,ジェンダー:アフリカにとっての比較政治学』

京都女子大学の戸田真紀子さんが『貧困,紛争,ジェンダー:アフリカにとっての比較政治学』 晃洋書房 2015)を送って下さいました。心より感謝します。以前、戸田さんが天理大学におられた頃、アフリカと太平洋島嶼の独立についての研究会に招かれ、天理大学で泊まり込みで独立を議論したことが、楽しく思い出されます。

その研究成果は『帝国への抵抗ー抑圧の導線を切断する』世界思想社、2006年にまとめられています。今回の本も、長年研究されてきたアフリカに関するものであり、今のアフリカを多面的に学ぶことができます。

沖縄独立論浮上!

今日発売のフライデーに掲載されている「沖縄独立論浮上!」に私のコメントものりますので、ご関心がありましたら、お読み下さい。


小国における国家創成

坂の上の雲ミュージアム通信『小日本』第21号2015年春号に、私の「小国における国家創成」が掲載されていますので、ご関心がありましたら、お読み下さい。パラオ共和国の国家創成について書きました。


http://www.sakanouenokumomuseum.jp/goods/museumgoods/shonihon.html

『私たちの国際学の「学び」』

http://www.amazon.co.jp/私たちの国際学の「学び」-大切なのは「正しい答え」ではない-奥田-孝晴/dp/4794809999/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1428445298&sr=1-1&keywords=私たちの国際学


文教大学の本浜さんから『私たちの国際学の「学び」』という論文集を頂戴しました。本浜さんも琉球は太平洋諸島について書かれています。みーふぁいゆー。本浜さんは、高校、大学のゼミの先輩でして、琉球新報で働いておられたときから交流をさせてもらっています。西川潤先生と私たち2人で『島嶼沖縄の内発的発展』という論文集を編著させてもらったこともあります。

「現代ビジネス」でのインタビュー

ウェブサイト「現代ビジネス」において、近藤さんの質問にたいして私は次のように答えました。

――あなたの書かれた『琉球独立論』が、いま沖縄でベストセラーになっていると聞きました。

「本当に、琉球独立を、琉球の具体的な政治的選択肢の一つとして考える人が増えたように思います」

――現在の普天間基地の移転問題を巡る安倍政権と沖縄県の全面対決を、どうご覧になっていますか?

「われわれ琉球人は、1945年にアメリカと激しく戦いました。その後、戦後の70年は、アメリカと平和的に戦ってきました。それがいま、日本政府と戦っているわけです。現在の戦いは、戦後一貫して踏みつけられてきた者が当然起こす行動です。琉球という国家が誕生する前段階が現在なのだと思います」

――あなたが著した『琉球独立論』と同様の主張は、数年前から中国国内でも流布し始めています。そこには、中国政府が将来的に、尖閣諸島と沖縄を占領しようという意図が見え隠れしているように思えます。今回、沖縄の独立を日本の側から言い出したことは、中国の戦略を利することにはなりませんか?

「中国による琉球侵略説は、根拠が薄弱な主張だと考えています。いつ、どのように、だれが琉球独立を具体的に論証した議論があるでしょうか。琉球を侵略して中国は何の利益をえるのでしょうか。中国政府は、琉球侵略を計画しているのですか。中国における中国侵略説を研究者として、信頼にたる議論をしている人がいますか?

それは、日本の琉球侵略と支配を隠蔽するために中国侵略という仮説を持ち出しているように思われます。琉球独立は琉球人による琉球人ための独立であり、中国やその他の大国のためのものではありません」

「現代ビジネス」で『琉球独立論』の紹介

講談社のウェブサイト「現代ビジネス」で『琉球独立論』の紹介して下さいました。どうぞお読み下さい。


以下サイトからの引用。


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42754?page=5

同書の解説は、本文で述べたので詳述はしない。極めて真摯に書かれた本で、内容は、その多くは目から鱗のことだったが、中にはやや疑問に思うこともあった。
私はつい中国と比較してしまうのだが、まずはこのような図書が、正々堂々と書店で売られていることが、日本の民主主義の成熟を示す誇るべきことだ。中国で「チベット独立論」という本が新華書店に置かれることは、天地がひっくり返らない限りないし、おそらく韓国でも「済州島独立論」などという書籍は成立しないのではないか。
次に、一般に日本人は、「琉球独立論」と言われても、「何それ?」という感覚だろう。
だが私は中国で暮らした経験から、チベットや新疆ウイグルなどの独立運動というのは、間近で見てきた。だから「琉球独立論」が、「将来日本で起こりうる大問題」に思えてならない。尖閣諸島の問題と異なるのは、無人島ではなく「有権者が暮らす島」の問題だということだ。先進民主国家では、たとえばスコットランドでは国民投票を行って独立の是非を決めた。そのように、将来の日本で大事になるリスクを秘めているのである。
一体何が問題なのか。沖縄が揺れているいま、それを知る格好の1冊である。

東大で『琉球独立論』が議論される

私が大学院生時代からお世話になっている佐藤幸男先生からメールをいただきました。先生が教えている東京大学の大学院の授業において『琉球独立論』を教科書として使って下さいました。お礼申し上げます。琉球独立について、熱い議論を東大生がしたそうです。琉球独立に関する議論がさらに活発になればと希望しています。

http://www.amazon.co.jp/琉球独立論-松島泰勝/dp/4862382118/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1428269999&sr=1-2

琉球差別と日本人市民

『ウォロ』という雑誌に拙論「琉球差別と日本人市民」が掲載されていますので、ご関心がありましたら、お読み下さい。

http://www.osakavol.org/volo/

| ホーム |


 BLOG TOP