FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

関西で琉球を思い続けるタクシーの運転手さん

昨日は、私の職場である龍谷大学の職員さんから心温まるお話を伺いました。その職員さんがタクシーに乗っていたら、その運転手さんがウチナーンチュでして、私の本を読んで「独自な考えをしており、大変関心があるから、関西で講演会があったら教えてくれ」と職員さんに話しをされたそうです。

関西で琉球のことを思いながら、がんばっているウチナーンチュがおられることを改めて知り、大変嬉しくなりました。その職員さんが運転手さんに講演会の予定を連絡することを約束したので、その日時や場所を教えてくれとのお話でした。

6、7、9月に大阪で講演をする予定ですので、運転手さんとも出会い、琉球への思い語り合うことができたら嬉しいです。心温まるお話を伝えて下さった職員さんにも感謝したいです。
スポンサーサイト

今なぜ、琉球独立か

来週火曜日、日本記者クラブで「今なぜ、琉球独立か」というテーマで講演をし、記者の方々と議論をします。ご関心がある記者のかたはどうぞご参加下さい。琉球独立について真摯な議論ができれば幸いです。

http://www.jnpc.or.jp/activities/news/report/2015/06/r00030954/
2015年6月2日 14:30〜 15:30
龍谷大学教授 松島泰勝 9階会見場

氏名 松島泰勝
肩書 龍谷大学教授
研究テーマ 沖縄から考える
研究会数 3
研究テーマ:沖縄から考える
研究会回数:3

「琉球民族独立総合研究学会」(2013年5月設立)共同代表を務める松島教授(島嶼経済)からお話をうかがいます。
『琉球独立論』(バジリコ)『琉球独立への道』(法律文化社)を事前に読んでいただきたいとの要望がありました。
琉球民族独立総合研究学会サイト
→ 参加お申し込みはこちら

ラジオで琉球独立を語る

20日の午前中、那覇市西町にあるラジオ沖縄に行きました。私が那覇高校の学生の時、通学途中で同社の前を通ったことがあり、なじみ深いラジオ局です。島田さんが司会をされている「沖縄羅針盤」という番組の収録を行いました。6月の「慰霊の日」前後に放送されるそうです。琉球独立論について話しました。

島田さんとの対談からも多くの学ぶことがありました。島田さんはメディア論を大学で教えられております。収録が終り、島田さんの車で空港まで送って下さいました。貴重な機会を頂戴し、心より感謝申し上げます。

琉球独立に関するワークショップ

19日は宜野湾嘉数にある琉球館において「琉球独立の希望と不安について」というワークショップを行いました。私は琉球人が独立についてどのような希望と不安をもっているのかをもっと知りたいですし、またそれに対する私なりの考えをお示しして、議論したかったのです。

ホワイトボードを使って17人の参加者からそれぞれご意見を聞いて、その一部を書きました。琉球独立について本音ベースで話しができてよかったです。また沖縄キリスト教学院大学の女子学生も参加してくれました。琉球独立についての論考をまとめているそうです。若い方が琉球独立に関心をもっており心強く思いました。

琉球人の誇りと威厳

大田先生が約1時間、力強い基調講演をして下さいました。ご自身の戦争体験を踏まえ、今の危機的状況に警鐘を鳴らし、独立運動への期待を述べられました。

これまでの独立論が政治家を中心としたものであるのにたいし、現在の独立論は研究をする人々を中心としたものであると、双方の違いを指摘した上で、米軍基地を撤去するためにも、今後の独立論の研究と実践に対する期待を述べられました。

同じ琉球人として共通の歴史意識を共有することができたひと時であり、大変嬉しく、パワーを貰いました。大田先生は89才になられますが、全身から平和の叫びを訴えられ、講演もよどみなく、大きな感動が会場を包んだように感じました。「琉球人の誇りと威厳」を目の当たりにした思いでした。

大田先生との出会い

大田先生と私の初めての出会いは、大学院の指導教授であった西川先生からのご紹介でした。西川先生と大田先生は大変親しく、西川先生もその時、大田知事を日本から支えていました。裁判所で大田知事が琉球人の生命や生活を訴えたにも関わらず、最高裁で敗訴になったのが、大変悔しかったです。

それが理由になって、私は1996年に国連人権委員会の先住民作業部会に参加し、基地問題を世界に訴え、国連、国際法を活用して、琉球の問題を解決すべきだと考えるようになりました。私の学問の上でも大田先生の研究や実践は大きな影響を与えています。その大田先生が琉球独立論を支持し、今、それに関する本をまとめていることは大変嬉しく、励みになります。

大田先生からの励まし

大田先生は各人の研究テーマにそったアドバイス、励ましなどもして下さいました。これからの琉球の平和と独立を研究し、実践していく者にとって、またとない貴重な時間となりました。大田先生の本を読み、知事としての決断と勇気を知っている者として、大変、重要な時間であったと思いました。

大田先生との心温まる話し合い

16日のシンポの打ち合わせです。基調講演をされた大田先生と初めてお話をするパネラーの方もいましたので、各自自己紹介をしました。大田先生もやさしく、若い琉球人に自らの体験を踏まえた貴重なお話をして下さいました。

オスプレイは大変危険である

5月16日に沖縄国際大学に行った時に、大学校舎から普天間基地を撮影した写真です。ハワイのオアフ島で墜落したオスプレイが琉球にもあります。翁長知事がオスプレイの飛行停止を求めました。非常に危ない軍用機であることが改めて明らかになりました。

尼崎で琉球独立を議論する

 昨日は、尼崎で琉球独立の講演会を行いました。阪神電鉄にのるのは初めてでしたが、これまでよく乗ったことのある阪急電鉄とくらべて味わいのある電車であり、庶民の香りがする馴染みやすい雰囲気のある電車でした。 

事前に尼崎の琉球人が生活してきた場所等を調べましたが、全部行くには時間がなかったので、出屋敷で降りて、講演会会場がある尼崎駅方面まであるきました。縦横に広がる商店街を歩きました。琉球の食材屋さん、キムチのお店を見ることができました。庶民の生活のパワーがあふれた商店街でした。民衆の力あふれる街でどのように琉球人が生活をしてきたのだろうかと考えながら、歩きました。

 講演会では1時半から5時まで琉球独立について来場者と議論しました。 FBでお友達になった方々も来られており、その中のお一人からラオスのお茶、植物の種を頂戴しました。講演会の後、ガード下にある居酒屋で懇親会をしましたが、値段も安く、料理も量も多く、民衆的なお店でくつろげました。

差別、貧困のそれぞれの現場で戦う方々と親しく意見交換することができました。心よりお礼申し上げます。

尼崎を歩く

今日は、尼崎に行きます。戦前から多くの琉球人が琉球から移住して住んできた街を少し歩いてみたいと思います。

琉球独立論について

明日、尼崎市において大阪哲学学校主催の講演会で、「琉球独立論について」と題する講演を行います。琉球独立を来場者と真摯に議論したいと思います。お時間がある方は、どうぞご参加下さい。
第3回 5月23日(土)午後1時半から5時

「琉球独立論について」

発言者・松島泰勝さん
 (龍谷大学経済学部教授、『琉球独立論』バジリコ、2014、著者)

■場 所:
 尼崎市立中央地区会館(サンシビック尼崎)3階会議室
 (阪神尼崎駅下車、駅南に出て西側神戸方面にほぼ阪神の高架に沿って徒歩5分、下段の地図を参照ください。)

■参加費:千円(学生や無職の方など、お申し出があれば五百円に割引ます)

琉球人の固い意志

これは琉球人の固い意志です。日本政府が国家権力で基地をつくるならば、琉球は人の力、声、結集によって自らの生活と平和を守ります。

3万5千人の叫び

辺野古新基地NO!,屈しないという3万5千人の叫びが那覇の空に響きました。奥武山公園の近くには那覇軍港があります。琉球人の土地にある米軍基地はすべて出て行ってほしいです。

翁長知事の決然たる顔

翁長知事の決然たる顔が印象的です。琉球の民衆に支えられており、何がなんでも辺野古新基地建設を阻止するという強い決意が顔から現れています。

3万5千人の怒り

奥武山球場には約3万5千人の人が集まっていました。会場では、何人かの友達や知人と会うことができました。ひとりひとりの琉球人は「嫌なモノは嫌だ」と声を挙げているのです。日本政府はこのような人間の声をいつまで無視するのでしょうか。

屈しない

「屈しない」という言葉も会場に響き渡りました。不屈の精神が琉球中を覆っています。

安倍首相に琉球の声はとどいたか

強い日差しが照るつける中、私たちが座っていた場所の近くでも、日射病で運ばれる人もいました。熱い日差しにも負けずに、人として扱われない怒りを体全身で叫びました。最後に隣に座っている人と手をつないで新基地反対を大きな声で訴えました。日本政府にこの声は届いたでしょうか。

人の力による勝利

日本政府による基地押し付け、暴力を、人の力、人の連帯の力によって打ち負かしたいものです。辺野古新基地建設反対のための基金にも全国から2億円が集まっているそうです。

琉球とパレスチナ 沖縄の心・琉球の魂

昨日発売のDays Japan に大田先生、高里さんの論考、そして私のインタビュー記事が掲載されていますので、どうぞお読み下さい。
特集1. 沖縄をかえせ 沖縄のもとに
沖縄戦後70年 新たな占領が始まった。文/大田昌秀(元沖縄県知事)
女性たちの闘い、強いられた戦後文/高里鈴代(基地・軍隊を許さない行動する女たちの会共同代表)辺野古新基地許さない。
琉球とパレスチナ 沖縄の心・琉球の魂対談/松島泰勝、広河隆一

琉球人をバカにするな

「琉球人をバカにするな」としまくとぅばで訴えた翁長知事の言葉にも感動しました。多くの琉球人が日本政府に一番いいたいことではないでしょうか。

日本は民主主義国か?

名護市長の稲嶺さんも力強く辺野古基地反対を訴えました。名護市長選、知事選、衆議院議員選などで、琉球人の民意は示されたにも係らず、日本政府は基地建設を強行しています。日本は本当に民主主義の国なのでしょうか?

一人一人の琉球人の固い決意

自宅から歩いて奥武山球場に行きましたが、既に球場には人がいっぱいいました。一人一人の参加者も固い決意をもって球場に向かっていました。一体感を感じ、感動しました。

高校生の訴え

普天間高校の高校生が立派に司会をつとめて、高校生として基地は嫌だという気持ちをしっかりと伝えてました。

基地は経済発展の最大の疎外要因

平良さんが「基地は経済発展の最大の阻害要因である」と力強く訴えていたことが大変、印象に残りました。観光業の発展においても米軍基地はいりません。

県民大会と瀬長さん

不屈館ののぼりもあがりました。瀬長亀次郎さんも私達と一緒に会場にいて、新基地建設に反対しているようでした。

大宜味村憲法9条を守る会

安倍政権は集団的自衛権を法制化しようとしており、憲法改悪する前に、実質的に平和憲法を葬ろうとしています。平和憲法を求めて琉球人は「復帰」運動をしてきたのです。

辺野古新基地建設 NO!

先日の県民大会では球場のグランド席に座っていましたが、スタンドからの辺野古基地建設反対の大きな声は大変迫力がありました。私も大きな声でNOと叫びました。

琉球独立学会のオープンシンポジウム

土曜日の琉球独立学会のシンポには約200人の方が参加してくださいました。大田先生のお話、パネラーのご報告、ともに、これまでの琉球、これからの琉球の独立を考えるうえで大きな示唆を与えるものでした。これまでの独立論と、今の独立論が何が違うのかを大田先生は明確にして下さい、学会の発起人であると明言して下さり、嬉しかったです。

辺野古新基地建設反対県民大会への参加

昨日は、母と県民大会に参加しました。3万5千人の大観衆の中で、グランド側の席に座りました。琉球の怒り、新基地建設拒否への強い意志を体全体で感じました。後日、写真でご紹介します。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE