FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

日本からの「独立論」強まる沖縄 描く青写真は


日本からの「独立論」強まる沖縄 描く青写真は

2015年6月29日 16時0分 dot.(ドット)

写真拡大
 6月23日、沖縄は戦後70回目の「慰霊の日」を迎える。だが、人々の心は癒えることがない。米軍基地がもたらす「ゆがみ」が、いまも沖縄と本土を分かち、沖縄の人々の仲を引き裂いている。

 5月16日、琉球民族独立総合研究学会の公開シンポジウムが、沖縄県宜野湾市の沖縄国際大学で開催された。大講堂を埋めた数百人の聴衆には、沖縄風に髪を結う男性も目立つ。

 高揚感が漂うなか、パネリストの一人、高良沙哉・沖縄大学准教授が声を詰まらせながら語りかける。

「植民地が独立するのは、きわめて自然な流れです。昔、独立学会に入ったと言うとヤマトの人に寂しそうな顔をされた。でも最近は、独立したほうがいいと言われるようになった。どちらにしても、独立するかしないか、私たちの判断であって、ヤマトの人がどうこう言うことではないですよね」

 大きな拍手が会場に響く。

 自己決定権を貫こう。民族自決が大事だ。琉球は独立国だった。いまもヤマトの植民地だ──そんな激しい言葉が飛び交った。主張は基地反対とも強く結びつく。学会の主要メンバーの友知政樹・沖縄国際大学教授は、シンポジウムでこう語った。「琉球独立に向け、琉球の島々からすべての基地を撤去するのが、学会の掲げる大事な目標。だが、日本政府は基地撤去を認めない。琉球を平和な島々に戻すためには、琉球が自治権を確立し、独立するしかない」

 琉球独立への意欲は本物だが、それでは独立に向け、どんな青写真を描いているのか。
『琉球独立論』(バジリコ)の著者で、同学会の共同代表を務める松島泰勝・龍谷大学教授は、こんなプランを説明する。

(1)国連の脱植民地化特別委員会で「非自治地域」に登録させるため、県議会で決議を行う。
(2)登録後、国連監視下で住民投票し、独立が決定すれば独立を宣言する。
(3)世界にいる50万人の琉球出身者の協力も得ながら、各国に働きかけて国家承認を求める。

 松島さんによれば、南太平洋にある人口1万人のツバルや2万人のパラオも戦後、独立を達成している。

 2005年にある学者が行った調査によれば、独立支持者は25%。経済的自立が確かならば、5割に達する結果だった。一方、今年5月末の琉球新報などの世論調査によると、沖縄の将来について、現行通り日本の一地域(県)のままが66.6%、特別自治州などが21.0%、独立は8.4%だった。調査によって数字にばらつきがあるようだ。

 しかし、この数年、琉球独立論が県民にとって「共通の話題」の地位を獲得しつつあることは間違いない。

 今後の琉球独立論の行方を松島さんは「辺野古問題の成り行き次第です」と見る。

「日本政府が辺野古の海を埋め立てるほど、独立の時期が早まると思います。日本政府が辺野古移設を断念し、普天間も嘉手納も返還するとなれば、一時的には沖縄で独立の雰囲気は弱まるでしょう。つまり日本政府が琉球を選ぶのか、米軍基地を選ぶのかが問われているのです」

※AERA  2015年6月29日号より抜粋

http://news.livedoor.com/article/detail/10287439/
スポンサーサイト

「沖縄の現状とゆくえ」

「沖縄の現状とゆくえ」と題した講演を今週土曜日にさせていただきます。ご関心がありましたら、どうぞお越し下さい。
2015年7月4日(土)午後1時半~5時 豊橋愛知大学記念会館 3階 小講堂 駐車場あり 1000円 チケット販売中 障がい者500円

主催:金子勝憲法講座実行委員会・愛知大学9条の会
連絡先:垣内0532-64-3363 杉浦0532-62-0061保木井0532-62-3069 羽鎌田0533-75-4025長谷川090-8950-6211

『「アジア」を考える』

昨日、『「アジア」を考える』がてに届きました。私も「新しい琉球の時代の幕開け」という短文を寄稿しました。よく知っている多くの先生方、先輩方も「アジア」について書かれており、アジアを多面的に考えるヒントが詰まった本です。


http://www.fujiwara-shoten.co.jp/shop/index.php?main_page=product_info&products_id=1452

琉球独立論の歴史的必然

アエラ最新号に、「琉球独立論の歴史的必然」という見出しで私のインタビュー記事が掲載されています。ご関心がありましたらご覧下さい。

http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=17139

沖縄の自己決定権

新垣毅さんからご著書を頂戴しました。心より感謝申し上げます。私のインタビュー記事も掲載されています。新垣さんはパラオ、スコットランドなど、自ら足を運び、肌で、ハートで感じながら琉球人の自己決定権について取材してきました。

特に1850年代に琉球国が欧米諸国と締結した修好条約の国際法上の意味を改めて問いなおし、琉球人は自己決定権を持っていること、そして新たな政治的な地位を獲得できることを広く琉球人に自覚させました。

また新垣さんの取材を全面的にバックアップされた富田社長の言葉もあり、自己決定権行使を求める富田さんの意思を知ることもできます。自らの手で平和と発展を実現しようとする現在の琉球を象徴する本の一つでもあります。是非、読まれますようおススメします。

沖縄はどこへ向かうのか 「独立論」も再浮上

今日の朝日新聞デジタルに、日本記者クラブで私が話したことが言及されております。ご関心がありましたら、ご覧下さい。


http://www.asahi.com/articles/ASH6M44RDH6MUCVL00C.html

「沖縄羅針盤」での私のインタビュー後編

ラジオ沖縄の「沖縄羅針盤」での私のインタビュー後編がアップされています。また『琉球独立論』の本も写真入りで紹介されています。みーふぁいゆー。

http://pod.rokinawa.co.jp/wp/archives/category/rashinban

島嶼経済とコモンズ

本書の書評は、琉球新報社のウェブサイトからも読むことができます。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-244585-storytopic-6.html

、現実の島の政治経済の問題をどのように克服するのか

島田さんに新報の記事を送付してくださいました。心よりお礼申し上げます。本書は島の経済、コモンズ、自治を具体的、現実的に分析するという共通の認識をもちながら、島の平和や発展のための視点としてコモンズが有する可能性に焦点を当てています。

理想論にとどまるのではなく、現実の島の政治経済の問題をどのように克服するのかが、執筆者共通の問題意識です。現在、沖縄県の経済アドバイザーをされている富川先生に、貴重な書評をかいてもらい光栄であり、今後の研究活動の励みにもなりました。みーふぁいゆー。

島嶼経済とコモンズ

今日の琉球新報の書評の頁で、拙書が紹介されていました。書評を書いて下さった富川先生に心よりお礼申し上げます。父親が電話で書評の内容を教えてくれました。島嶼経済、コモンズ、内発的発展、琉球や太平洋諸島、尖閣諸島問題、定期市等に関心をお持ちの多くの方に読んでもらえましたら、ありがたいです。

http://www.amazon.co.jp/島嶼経済とコモンズ-龍谷大学社会科学研究所叢書-松島-泰勝/dp/4771026084

沖縄羅針盤インタビュー

はいさい。今日の午後4時半からラジオ沖縄で、私のインタビュー放送の後半部分が放送されます。是非お聞き下さい。コーディネーターの島田さんはこれまで多くの方にインタビューされ、琉球のメディア、ビジネス関係にも詳しい方であり、いろいろと教えてもらいました。いつか学生にも話しを聞かせてもらいたいです。

ビックバンとビックアイ

講演会場の隣にあるのが大阪府立大型児童館の「ビックバン」です。子供のための遊び場、宇宙を学ぶことができる施設です。子供達が大型バスで来ていました。漫画家の松本零士さんはここの名誉館長で、UFOのような建物をデザインしたそうです。

牧野元沖縄県副知事も本で「子供科学館」を提唱していましたが、このようなものをイメージしていたのでしょうか。この隣にある国際障がい者支援センターのビックアイで「スコットランド独立」についての講演をさせていただきました。参加者から多くの質問や意見を頂戴し、充実した意見交換ができ、私も学ぶことができました。

リトル沖縄

大正駅のホームから見える琉球料理店です。「はいさい」「やまねこ」にもいつか行ってみたいです。ホームで電車にのるとき「てぃんさぐぬはな」のメロディーの一部が流れ、ホームの「大正駅」と書かれた看板にも琉球のデザインが施されていました。大正区平尾商店街周辺は「リトル沖縄」とも呼ばれています。短い時間でしたが、琉球の空気を吸うことができたひと時でした。

『時代を担う若者 先住民族の権利を語る アイヌ民族、琉球・沖縄の立場 から』

人種差別撤廃条約 日本加入20周年連続セミナー
>第1回 『時代を担う若者 先住民族の権利を語る アイヌ民族、琉球・沖縄の立場
から』
>◆日時:2015年6月27日(土)午後2時-4時半
>◆スピーカー
>阿部千里さん(アイヌ・先住民族電影社代表)
>大城尚子さん(沖縄国際大学非常勤講師)
>永井文也さん(市民外交センター、京都大学大学院)
>
>昨年7月の国連審査で、日本政府は『アイヌそして琉球・沖縄の伝統的な土地と自然
資源への権利を保障し、』『アイヌそして琉球・沖縄に関わる重要な政策の決定にアイ
ヌと琉球・沖縄の人びとが自由に参加できる権利を尊重』するよう勧告をうけました。
このことは、世界の先住民族が採択に深く関与した国連先住民族の権利宣言の根幹に関
わる規範であり、アイヌそして沖縄に関する現在そして未来の課題に直結するテーマで
す。北海道、沖縄、そして京都から、時代をリードする3人をお招きし、それぞれの立
場から大いに語っていただきます。
>http://imadr.net/cerd-20yrs-seminar-series/
>
>◆会場:大阪クリスチャンセンター(JR・地下鉄「玉造」下車7分)
> 大阪市中央区玉造2丁目26?47
>◆参加費:500円
>◆主催:人種差別撤廃NGOネットワーク(ERDネット)
>◆共催:アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)
>    反差別国際運動日本委員会、コリアNGOセンター、RINK
>◆お申し込み:ヒューライツ大阪まで
>    TEL: 06-6543-7003  Eメール:webmail@hurights.or.jp

『第8代エルギン伯爵と幕末日本ー日英条約と日本でのスコットランド人のディアスポラ研究』

創価大学経済学部の北政巳先生から『第8代エルギン伯爵と幕末日本ー日英条約と日本でのスコットランド人のディアスポラ研究』(文生書院、2015年)を頂戴しました。

心よりお礼申し上げます。10年以上前に、日文研で行われた川勝先生の研究会で、北先生からスコットランド人の世界的な活躍についてお話を伺いました。昨年、9月同地を訪問したときにも、北先生のお話を思い出し、スコットランド人の強かさを改めて確認しました。

ガード下の琉球食堂

窓際のカウンターにすわりました。琉球料理を食べて「なつかしい」というよりも、大阪、日本において琉球人として生まれ、育ち、働き、生活してきた人のことを思いながら、ひと時を過ごしました。また自分もその一人であることを。ここが琉球でないことは、ガード下であることからもわかります。

琉球料理と琉球人

ゴーヤーチャンプルー定食です。沖縄そばや、もずく天ぷらもついて800円で満足しました。国際通りで食べた、ゴーヤーチャンブルーよりも、ゴーヤーの苦みが強く、うれしかったです。琉球人は琉球料理を食べるとより元気になりますね。

琉球食堂、いちゃりば

JRのガード下にある食堂に久しぶりに行きました。琉球を主張している、すばらしい食堂です。

おもろ

先日、大阪堺市に講演に行く途中で下車して、大正駅近くを歩きました。大正区は区民の4分の1が琉球人関係者といわれています。久しぶりの大正駅周辺ですが、「おもろ」という看板をみて血が騒ぎました。

『琉球独立論』の書評

多摩大学の久恒副学長が拙書の書評を書いて下さいました。お礼申し上げます。

http://d.hatena.ne.jp/k-hisatune/20150614

沖縄羅針盤インタビュー

昨日、ラジオ沖縄の沖縄羅針盤で放送された私のインタビューをウェブサイトでも聞くことができます。よろしかったらお聞き下さい。

http://pod.rokinawa.co.jp/wp/archives/4290

島とラジオ

今日の4時半からラジオ沖縄の沖縄羅針盤で私のインタビューが放送されます。ラジオ番組の出演としては、大阪にある朝日放送の「おはようパーソナリティ道上洋三です」やコミュニティFMである、タイフーンFM、あまみFMなどにださせてもらったことがあります。

道上さんからは、お友達である石垣島出身のエーデルワイスの社長のお話を聞かせてもらいました。コミュニティFMでも島の香りがし、島人のパワーを感じることができました。ラジオ沖縄も「方言ニュース」を平日毎日放送しているように、地元密着のラジオ局です。

琉球の希望

さきほど、『りゅうぎん調査』という経済誌を読んでいたら、私が大学の学部学生のころ家庭教師をし、その後、はがきで励まし合った方が、琉球を代表する金物卸、小売りの社長になっていました。久しぶりの再会で嬉しかったです。32才で社長になり、現在42才です。大阪,京都、兵庫にも店舗を持ち、約140人の社員の代表として頑張っています。若い琉球の社長が生まれていることは琉球の希望です!

日比谷公会堂、市政会館

日比谷公会堂、市政会館です。周辺には大きなビルがたち、大きくかわる中で変わらないものがあると、心が落ち着きますし、その土地のマブイが力強く主張しているように感じました。スコットランドにはこのような古い建物がいくつもありました。過去、現在、未来を連続して考えることができます。

日比谷公園内にあるヤップ島の石貨

日比谷公園内にあるヤップ島の石貨です。1925年にヤップ島の首長が寄贈したものです。東京のど真ん中にある、ミクロネシア連邦ヤップ島の石貨に久しぶりに会って、うれしくなりました。この石貨はここで日本、東京の歴史を見てきたのです。

松本楼のカレー弁当

その日は久しぶりに松本楼のカレー弁当を食べました。学生時代に、名物のカレーが100円で販売される日があり、並んで食べた思いでがあります。今でも美味しいかったです。

日比谷図書館と私

先日、東京に行った時、学生時代によく通った日比谷図書館に行きました。現在は日比谷図書文化館という名前に変わっていましたが、建物はそのままです。郵便局で深夜勤のアルバイトをしたあと、日曜日に読書室で眠たい目をこすりながら勉強をした大学院生時代を思い出しました。

『琉球独立宣言(仮題)』

当日は講談社の編集者のお二人がお越し下さいました。講演の後、テレビ朝日の川村さんを含めて意見交換をさせていただきました。今年9月に講談社文庫から『琉球独立宣言(仮題)』を出版させて頂く予定です。同書もお読み下されば有り難いです。

https://www.youtube.com/watch?v=L85ePVXW0tc

「民意のうねり」―フリーとフェアー①―スコットランドの人々はなぜ独立を求めるのか?

明日、大阪で次のような講演を行います。お時間がありましたら、是非ご参加下さい。ご参加の皆さんとスコットランドの独立運動について真摯な議論ができれば幸いです。

テーマ:「民意のうねり」―フリーとフェアー①―スコットランドの人々はなぜ独立を求めるのか?
 昨年9月にはイギリスからの独立を問う住民投票も行われ、また朝の連続テレビドラマの影響もあり、スコットランドについての関心が大いに高まったようです。スコットランドの独立運動の背景と活発化している欧州での独立運動についてのお話を伺います。 皆様のご参加をお待ちしております。

講師コメント

2014年9月18日にスコットランドにおいて、イギリスからの独立を問う住民投票が行われました。私はロンドン、エジンバラ、グラスゴー、アバディーンに行き、スコットランド独立運動の背景を調べ、なぜスコッツ(スコットランド人)が独立を求めるのかを考えました。英海軍がスコットランドに押し付けている核兵器基地も訪問し、反核運動をしている市民と意見交換をしました。講演では、その時の写真をお見せしながら、スコットランド独立運動の背景についてお話しいたします。

欧州では、スコットランド以外でもスペインのカタルーニャやバスク、ベルギーの北部オランダ圏等でも独立運動が活発化しています。地域の民主主義や自由を実現するうえで独立という手段が有効であると考える人々が増えているのです。その意味を皆さんと考えてみましょう。

日 時: 2015年6月12日(金) 午後2時~4時
会 場: 泉ヶ丘駅前 ビッグ・アイ 1階研修室
講 師: 松島 泰勝氏(龍谷大学・国際経済学科教授)
要資料代

沖縄羅針盤への出演

毎週日曜日午後4時半からラジオ沖縄で放送している「沖縄羅針盤」、司会の島田勝也さんの質問にお答えする形で、琉球独立について話しをさせていただきました。ご関心がある方は、どうぞお聞き下さい。14日と21日の日曜日に放送する予定です。島田さん、このような機会を頂戴し感謝します。

http://rashinban.okinawa/index.html

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE