FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

70年談話・安保法制を前に「主権」を考えるー琉球独立論が提示するもの

11745953_857320094356637_5626318802991921016_n.jpg


明日は千葉で「主権」「琉球独立」を考える講演を行います。ご関心がありましたら、是非お越し下さい。真摯に議論ができれば幸いです。学生時代からお世話になっている太田の唄とお話を聞くのも楽しみにしています。
スポンサーサイト

ハーフムーンヒルと戦争遺物

かつて激戦地であった場所を歩きました。ここはハーフムーンヒルと呼ばれた場所であり、現在は公園になっていますが、その一角に地中から発見された戦争の遺物が壁に埋め込まれて展示されています。常に沖縄戦を考え、平和を求めることができるという意味で非常に良い試みだと思います。

シュガーローフと那覇新都心

那覇新都心にある、沖縄戦の激戦地の一つとなった、シュガーローフの場所から高層マンションやホテル群を見ました。激戦地であった場所はそのご、米軍基地となり、現在は返還され、何十倍もの経済効果をもたらしています。

エーデルワイスのチョコパフェ

石垣島出身の比屋根さんが創業された洋菓子メーカー、エーデルワイスは神戸市を拠点にして全国に85店舗を展開しています。沖縄タイムスビルの1階にある同店に行き、新聞で宣伝していた「世界最高峰」のチョコパフェを食べました。非常に繊細な味で、美味しいパフェでした。不動産の仕事をしている當銘さんと食事やお茶をしながら島の経済の現状について学びました。

誤解される琉球独立論

遠藤さんは琉球独立論について誤解されているようです。『琉球独立論』をちゃんと読んで、人の考えについて言及してもらいたいです。

http://www.nippon.com/ja/in-depth/a04504/

照屋さんの基調講演

照屋さんはレジュメに基づきながら、弁護士、国会議員として琉球の平和のために何をされてきたのかを具体的に、真剣に話されました。

琉球人はいつから日本国民にさせられたのか、1981年に安里清信さんとパラオを訪問したときのエピソード、なぜ自分は琉球独立を主張するのか、これまで琉球人の人権を守るためにどのような活動をしてきたのかなど、多くのことを学ぶことができました。琉球と日本との関係を梱包的に問い、琉球を平和の島にするという強い意志を感じました。

「琉球国」の旗

シンポジウムで志喜屋初代知事が、ニシムイの芸術家に頼んでつくった「幻の琉球旗」です。もともとのデザイン、寸法に従って照屋さんが再現させました。非常に由緒のある「琉球旗」であり、感動しました。当時のシーツ軍政長官の命令によって、この旗は日の目をみることがありませんでしたが、「琉球国」の旗が存在したことの意味を噛みしめたいと思います。

独立学会オープンシンポの開催

桃原さんの司会でシンポが始まりました。演題右側に琉球民族独立総合研究学会の名前が入った「辺野古新基地反対」の旗、左側に「琉球旗」という、独立学会らしいシンポジウムの舞台となりました。日程が1日延期されたにもかからわらず、会場には多くの方が来て下さり、真剣に議論を聞いていました。

中華琉球研究学会主催シンポへの参加

P1000071.jpg

来月、台湾に行きまして、中華琉球研究学会主催のシンポジウムで報告して、議論する予定です。琉球と台湾の研究者が琉球の政治的地位、言語復興運動、反基地運動、琉球と台湾における独立運動の違い、台湾と琉球との関係について総合的に議論を行う予定です。

北海道と琉球

P1000074.jpg

7月27日付け北海道新聞に私のインタビュー記事が掲載されました。北海道と琉球との関係がさらに強くなればと願っています。アイヌ民族から国連での活動について学びました。

琉球の二紙とともに生きる琉球人

自民党で高名な小説家が琉球の新聞をつぶしてしまえ!と言っていましたが、琉球人にとって新聞は自らの人生とともに歩んでいる存在であり、なくてはならないものです。単に情報を得るだけでなく、自らに係る人や地域のことと毎日接することができるので、生きる張り合いもでてきます。自宅に2ヶ月たまった両紙をよんで本当にそう実感しました。

打ち合わせの時の照屋さん

シンポの打ち合わせの時、親しく照屋さんとお話をすることができました。非常に優しい語り口で、相手への暖かい思いやりが感じられました。また不正義な行為に対しては厳しく叱るという気骨のある政治家であるとあらためて思いました。今日のシンポのレジュメの説明を聞いておられるところです。

バスの中の両親

沖縄国際大学にバスで行った時の写真です。この時も両親はシンポに来てくれました。私が生まれた時から今まで常に励まして、時には叱ってくれる有り難い両親です。私が石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島で生活できたのも父の仕事のおかげです。今も地元紙を読んで、いろいろと自分の意見を言ってくれます。遠慮のない真摯な意見がありがたいです。

琉球独立旗

昨日は照屋寛徳さんを招いたシンポジウムに、多くの方々が参加して下さり、心よりお礼申し上げます。台風によって延期したにもかかわらず、参加し、熱心に議論を聞いて下さいました。照屋さんのお話を聞くのは初めてでしたが、打ち合わせの時を含めて、親しく話しをし、励まして下さいました。

戦後初代の群島知事である志喜屋知事がそのころニシムイで活動していた芸術家に琉球の旗をつくらせましたが、照屋さんがそれを再現した実物を見せて下さいました。琉球人がつくった「独立旗」を見て、感動しました。後日、写真を交えてご説明します。

今、琉球にいます。沖縄島に台風が近づいています。

今、ゆいレールの音を聞きながらFBに投稿しています。昨日は飛行機の中で、また今日の朝も、照屋寛徳さんのご本を呼んでいました。国会議員になって20年間、琉球のために照屋さんが日米両政府と闘ってきたことがあらためて分かりました。

明日は、琉球の主権回復について真剣に照屋さんと議論したいと思います。明日は、午後2時より沖縄国際大学7号館でシンポジウムを開催します。会場の皆さんとともに琉球の自己決定権行使の具体的方法、独立等について真摯に議論したいです。

「琉球の主権と独立―主権はいかに奪われ、そして、いかに取り戻すか―」

昨日、沖縄タイムスの文化面に掲載された私の文章をご紹介します。

7月16日、自公両与党は衆議院本会議において安保法案を強行採決した。自衛隊が「国軍」として集団的自衛権を有し、米軍とともに戦おうとしている。憲法学者が本法案を違憲であると指摘し、国民の大半も望んでいない中で、「戦争ができる国」に日本がなろうとしている。それは米軍基地が集中している琉球(沖縄)で日米両軍による訓練や基地機能がさらに強化され、再び戦場になる恐れが高まることを意味している。戦争を目指す日本の一部として琉球が存在することが琉球人にとって危機的状態となる。

 本シンポでは、衆議院議員の照屋寛徳氏を囲んで「琉球人の主権回復の方法」や「どのように辺野古新基地建設を阻止するのか」などについて議論をする。照屋氏はサイパン島の米軍捕虜収容所で生まれ、うるま市で育ち、弁護士になった後、国会議員となった。照屋氏は本学会の発起人として名前を連ね、学会の活動も応援して下さり、非常に心強い政治家である。

 琉球人の主権回復を求める照屋氏の活動の中でまず特筆されるのが、1981年にパラオ政府の樹立式典に、金武湾を守る会の安里清信氏等とともに参加したことである。当時人口が約1万5千人しかいないパラオが「非核憲法」を掲げて、国連の支援を得ながら独立政府を樹立した。安里氏は「パラオができるなら、沖縄もできる」と述べた。

日米両政府が琉球の民意を無視し、辺野古新基地建設や安保関連法制定を強行するなら、琉球人は自らの生命や生活を守るために、自己決定権を行使して独立すべきであると主張する人が近年、非常に増えている。

 これまで上原康助氏、糸数慶子氏など琉球選出議員が琉球の独立、琉球人や琉球国の法的地位等ついて国会質問をしてきたが、照屋氏も次のような質問をして政府をただしてきた。「琉球の帰属問題に関する国会質問」(1997年)、「ウチナーンチュの法的地位などに関する質問主意書」(2007年)、「琉球王国の歴史的事実と認識に関する質問主意書」(2015年)。

現在、日本政府は独自な民族としての琉球人や、国家として琉球王国の存在を認めていない。このような間違った認識を国会において明らかにし、人間としての琉球人の人権を守るために政府の認識を是正してきたのが照屋氏の国会議員としての功績の一つである。

 本シンポでは「戦争に突き進む安倍政権」を真正面から見据え、それに対抗する琉球人は何を考え、どうすべきなのかを参加者とともに議論し、琉球の未来を展望してみたい。
 琉球民族独立総合研究学会のオープン・シンポジウム「琉球の主権と独立―主権はいかに奪われ、そして、いかに取り戻すか―」は、26日午後2~5時(開場午後1時分)、場所は後ほどご連絡します。参加費1千円(会員、一般)、学生無料。照屋寛徳氏が基調講演。パネル討論では龍谷大学経済学部教授の松島泰勝、沖縄国際大学経済学部教授の友知政樹の両氏が登壇。問い合わせは同学会事務局、電話050(3383)2609(留守番電話対応)

今日、琉球に帰国します。

今日、琉球に帰国します。明日予定されている、琉球民族独立総合研究学会主催のオープンシンポジウム「琉球の主権と独立-主権はいかに奪われ、そして、いかに取り戻すか-」は26日の同時刻に開催すべく準備を進めています。シンポへのご参加予定の方は、ご理解とご協力のほど、どうぞよろしくお願いします。琉球の地において台風を感じながら、琉球の現実を見つめ、未来を展望したいです。

米軍基地移転反対」…沖縄知事も安倍首相と戦争(2)

韓国の中央日報紙(2015年7月20日付)が琉球独立運動についても報じていますので、ご紹介します。



米軍基地移転反対」…沖縄知事も安倍首相と戦争(2)


歴史も不幸だ。独立王国の琉球国だったが、1872年に明治政府によって日本に編入された。第2次世界大戦後には米国の信託統治を受け、72年に本土に復帰した。本土との情緒的な間隔が大きくなるしかない。

最近では沖縄のことは沖縄が決めるという「自己決定主義」主張も強まっている。保守・革新の理念の代わりに沖縄のアイデンティティーを掲げた翁長知事が当選したのは、こうした雰囲気と無関係ではない。宮城篤実前嘉手納町長は「かつて沖縄は革新系がほとんどだったが、今は保守も革新もない『オール沖縄』になっている」とし「こうした時代の変化を読み取れなければ、現在の沖縄を理解することはできない」と述べた(日本経済新聞のインタビュー)。沖縄独立論も登場した。琉球民族独立総合研究学会が設立され、『琉球独立論』という本も出ている。この本の著者の松島泰勝龍谷大教授は2日の会見で、「『オール沖縄』は琉球ナショナリズムとして独立運動の原動力になっている」と述べた。

沖縄は東アジアの戦略的要衝でもある。上海から820キロ、ソウルから1260キロ、東京から1550キロ離れている(沖縄県資料)。有事の際、世界のどこにも迅速な戦力投入が可能だ。日本としては海上輸送路の安全確保と切り離せない。中国が東シナ海と南シナ海に積極的に進出し、戦略的な重要度はさらに高まっている。沖縄問題の本質は、この戦略的な価値と沖縄の基地負担軽減要求の衝突だ。

翁長知事は現在、辺野古沖の埋め立て工事を職権で取り消すかどうかの検討に入った。仲井真弘多前知事の工事承認過程を検証してきた専門家グループ(第三者委員会)が「法的な欠陥がある」という報告書を先週出したからだ。安倍内閣は夏に本格的な工事に入る予定だが、翁長知事はその前に承認取り消し処分を下す可能性が高いという分析が出ている。

この場合、安倍内閣との正面対決は避けられない。メディアはすでに中央・地方政府間の訴訟戦を予想している。積極的な安保と日米同盟強化を掲げた安倍首相には新たなアキレス腱となるしかない。沖縄はあれこれと「世界の掛け橋(万国津梁)」役割をしてきた以前の姿から遠ざかっている。

「琉球の主権と独立-主権はいかに奪われ、そして、いかに取り戻すか-」

今週土曜日、次のようなシンポがあります。ご関心がありましたら、どなたでも参加できますので、どうぞお越し下さい。



琉球民族独立総合研究学会(ACSILs)


オープン・シンポジウム (通算第11回)
「琉球の主権と独立-主権はいかに奪われ、そして、いかに取り戻すか-」 ---> フライヤー(PDF)
日 時:2015年7月25日(土) 14:00 ~ 17:00 (開場13:30)
会 場 :沖縄国際大学 7号館2階 (7-201号教室) 宜野湾市宜野湾2-6-1

参加費(資料代等) :一般・会員 1,000円、学生無料  (事前の参加お申し込みは不要です。)

基調講演:照屋寛徳(ACSILs会員、衆議院議員:沖縄2区選出) ---> Link

パネリスト:松島泰勝(ACSILs会員、龍谷大学経済学部教授)
パネリスト兼司会進行:友知政樹(ACSILs会員、沖縄国際大学経済学部教授)

プログラム
 受付開始:13:30~
 主催者挨拶:14:00~14:10
 基調講演:14:10~15:10
 休憩:15:10~15:20
 パネル討論:15:20~16:30
 質疑応答:16:30~17:00 (終了)

苦杯からの解放をめざして-琉球独立という道

8月30日に「苦杯からの解放をめざして-琉球独立という道」というテーマで東洋大学での研究会で講演、議論をさせて頂く予定です。宗教者の方々と琉球について真摯に議論し、互いに学び合えましたら有り難いです。



※本化(ほんげ)ネットワーク研究会」(主宰・西山 茂 東洋大学名誉教授・宗教社会学)は、本化仏教の再歴史化と本化仏教徒のネットワーキング目指して活動を続ける、自由で開かれた勉強会です。

平成27年(2015年)本化ネットワーク研究会夏季ゼミ
夏季セミナーのスケジュール
日 程 : 平成27年8月29日(土) 13時30分~18時30分 (後に懇親会)
    平成27年8月30日(日) 9時30分~午後5時 終了
会 場 : 東洋大学白山キャンパス(東京都文京区白山5-28-20)※29日と30日で会場が違いますのでご注意下さい
8月29日会場 → 東洋大学 6号館 3階 6301教室
8月30日会場 → 東洋大学 1号館 3階 1308教室
《交通》都営地下鉄三田線「白山」駅 A3出口から「正門・南門」まで徒歩5分

【内容】
☆8月29日「信解を深める」 (13時30分より 6号館2階6201教室にて)
13:30~13:40 開講の挨拶と日程説明
13:40~14:50 講義① 日蓮における日本同一苦の思想 (花野充道・法華仏教研究会)
14:50~16:00 講義②「不軽菩薩の利益」考 (山上弘道・興風談所)
16:00~16:15 休憩
16:15~17:20 講義③ 死者との共闘-「同一苦」の担転としての回向 (澁澤光紀・善龍寺)
17:15~18:30 講義④ 不軽行としての憲法九条の実践 (小野文珖・栗須祖師堂々守)
18:35 初日終了、移動して懇親会場へ(白山下・あづま、会費5千円)

☆8月30日(第2日目)「現場を知る」 (9時30分より 1号館3階1308教室にて)
9:30~ 9:35 日程説明
9:35~11:05 講義⑤ 苦杯からの解放をめざして-琉球独立という道 (松島泰勝・龍谷大学)
11:50~11:10 休憩
11:10~12:40 講義⑥ 地産地消の会津電力-喜多方からの狼火 (佐藤彌右衛門・大和川酒造社長)

午後の部「方向性を探る」 (13時20分より 1号館3階1308教室にて)
13:20~14:50 ドキュメンタリー映画上映「10年後の空へ-OKINAWAとフクシマ-」
15:00~16:00 「分団討議」- 現代の「同一苦」にどのように向き合うか?(1時間)
第一分団 : オキナワ問題と「同一苦」の担転教学と回向
第二分団 : フクシマ問題と「同一苦」の担転教学と回向
16:00~17:00 「全体会」(意見集約、1時間) 分団ごとの報告、まとめ
17:00~17:05 閉講の挨拶
※片付け後に有志にての懇親慰労会あり 以上

会 費 :六千円(両日分・聴講費のみ)★今回、宿泊は各自にてお願いいたします。
(24日のみ参加費―3,000円、25日のみ参加費―4,000円、※懇親会費は、5,000円)

第11回 夏季セミナー申込書(会場枠で 定員60名 先着順)
参加者氏名: 男 ・ 女 、住 所、電話番号: 携帯番号を明記の上、
☆部分参加の方(参加を希望される部分をチェックして下さい)
□24日講義のみ □25日講義のみ / □懇親会

※ 以上を明記の上、お申込みをFAX番号 042-627-7227 へご送付下さい。締め切りは8月20日。どなたでもご参加になれます。

柳原銀行記念資料館第27回特別展「全国水平社創立宣言Ⅱ」

柳原銀行記念資料館の山内さんより、第27回特別展「全国水平社創立宣言Ⅱ」の図録を送って頂きました。水平社創立時代の新しく発見された資料も展示されるそうです。今年8月28日から9月27日まで同資料館で特別展が開催されます。図録には次のような一文があります。

「全国水平社創立宣言は,1922(大正11)年3月3日,京都市の岡崎公会堂 で開かれた全国水平社の創立大会において確認された,被差別マイノリティ(社会 的少数者)自らが宣言した世界初の人権宣言として評価されています。
また , その理念は,国内外の被差別マイノリティの権利回復に向けた自主的な運 動にも大きな影響を与えるなど,歴史的にも重要な役割を果たしてきました。

こうした意義や役割を踏まえ,現在,全国水平社創立宣言及び関係資料を所有す すうじん
る京都の崇仁自治連合会と公益財団法人奈良人権文化財団は,歴史的・世界的に価 値を有する文書や書物などを保全し,広く公開することを目的とした,ユネスコが 主催する事業である「世界記憶遺産」に登録するべく,昨年度に引き続き,日本ユ ネスコ国内委員会に登録の申請を行っています。」

同宣言が世界記憶遺産に登録されるよう心から祈っています。

函谷鉾

函谷鉾の上に上ってみました。エジプト、中国、朝鮮、フランス等の諸外国の絵図が描かれた大きな布が鉾に張り巡らされていました。祇園祭は疫病退散の願いが込められた祭りでしたので、異国の布物を用いて疫病退散を祈ったのかもしれません。

クールな建物

先日、祇園祭を見るために京都四条をあるいたときに、建物全体を緑で覆ったお店をみました。とてもクールであり、自分も住んでみたい建物です。

今日の京都新聞にインタビュー記事が掲載されました

今日の京都新聞に私のインタビュー記事が掲載されていますので、ご関心がありましたらお読み下さい。

琉球の主権を考える講演会

8月1日に千葉で講演を行います。お時間とご関心がありましたら、お越し下さい。大学院生時代から知っております太田さんも三線とお話で参加されます。参加者の皆さんと真摯な議論ができれば幸いです。

千葉講演15

『荻窪さかえだ書店の本を愉しむ人々』

東京の南荻窪にあるさかえだ書店の栄田様から御本を頂戴しました。感謝申し上げます。ご著書に同封して、さかえだ書店の「仕入れ日記」79号、80号も頂戴しました。79号の表紙には『琉球独立論』の表紙写真が掲載されており、拙書の書評を書いた下さいました。合わせてお礼申し上げます。勝俣誠さんを通じて拙書をお知りになられたそうです。人と人とのつながりの大切を感じます。


http://www.amazon.co.jp/本/dp/4434046888

京セラドームと花笠

京セラドーム大阪の色を赤く塗ったら、琉球の「花笠」によく似ています。

琉球につながる川

大正駅の近くに川が流れ、それは海の注いでいます。つまり、この川の水は琉球に通じていると、大阪に来た琉球人は思いながら生活をしていたのかもしれません。テレビで川岸で屋台が開かれていると見たので行ったのですが、人がおらず、週末だけかもしれません。

おきナニワん

大正駅の近くの食堂で見つけたポスターです。「おきなわ」と「なにわ」をコラボした食べ物です。いつか機会があったら食べてみたいです。大正区役所のHPをみましたら、「おきナニワん」プロジェクトが実施されているようです。

次のようなことがHPに書かれていました。「大正区をもっと知ってもらうための取組みを進めるうえで、まずは、特色の一つである「大阪で沖縄を感じられるまち」をテーマとして、大正区の魅力を広く発信していく。 」

「大正区は古くから沖縄出身の人々が多く移り住み、その実数は定かではないが、区民の4人に1人が沖縄出身者ともいわれており、平成24年4月現在、大正区の人口は約68,000人であり、約17,000人が沖縄出身者とその家族である。」

○ 区内には沖縄料理店や物産店、沖縄伝統芸能等の教室も多く、年に1回開催される「エイサー祭り(2012年で38回目)」には全国から多数の参加者が集まり、ふだんでも、府内外から大正区に「沖縄」を求めて訪れる人が後を絶たない。」

中味イリチー

先月と同じ「いちゃりば」に入り、「中味イリチー」定食を食べました。今年の正月は「中味汁」を飲まなかったので、中味を久しぶりに食べて美味しかったです。この日も多くのお客さんで賑わって、活気がありました。心身ともに元気になりました。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE