FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

台湾における琉球独立研究の拡大

台湾の中央研究院で研究員をされている呉叡人さんが次のような拙書に関して論考を書かれていますので、ご紹介します。同研究院で研究員をされている、吳啟訥さん、林泉忠さんも琉球独立研究をされており、アジアにおいて琉球独立論が注目されていることが分かります。
〈琉球共和國に捧ぐ──一人の台湾人が松島泰勝「琉球独立の道へ」を読む〉,收入《第6回次世代国際研究大会報告論集》(2013.9),頁165-183。東京:早稲田大学アジア研究機構


http://www.ith.sinica.edu.tw/members_02_look.php?no=76
スポンサーサイト

会津電力によるエネルギーの地産地消運動

昨日は、会津電力社長の佐藤彌右衛門さんのお話を聞き、大変、感動しました。原発に頼らないエネルギーを実際に生み出す会社、会津電力を創設し、それをどのように軌道に乗せてきたのかなどについて具体的にお話を伺いました。豊かな地域の自然を活かして、地域内で循環する内発的発展は琉球の発展を考える上においても大変参考になります。

現在の太陽光発電を中心にして、風力、小規模水力発電、バイオマス等、代替エネルギーを生産し、地域雇用を生み出し、若者の定住をも進めています。首都圏に電気を送るために、危険な原発を押し付けられ、現在も大きな被害を受けている福島の人々が、犠牲の押し付けから脱却するために、自ら動いて、新たな地域を創っておられます。

戊辰戦争の時、長州、薩摩の兵隊に弾圧された会津の人々の自立、自治、独立の精神が現在も脈々と生きているのです。歴史的にも琉球との共通性を改めて感じました。

「同一苦」「呪殺祈祷僧団」

昨日は東洋大学において本化ネットワーク研究会第11回夏期セミナーに参加し、日蓮教学における「同一苦」の意味を学びました。「オキナワとフクシマが幸せにならないと自分も幸せになれない」という日本人の思いが日蓮教学の中でどのように位置づけられているかを研究者、社会実践をされている僧侶が報告されました。『現世を仏国土にする」「一切衆生との同一苦」「末法の世の中を変えるために国を諌めて闘う」という日蓮の教えを現代の宗教者がどのように実現するのかということについても真摯な議論が行われました。

また経産省前で反原発の抗議活動を行った「呪殺祈祷僧団」のリーダーをされている方から、上原専禄の「死者との共闘」という考え方を踏まえた、その名称の意味、活動の意義について話しを聞くことができました。大量死時代の近代化社会のにおいて、死者から発せられる声を受けとめて、悪を現世にもたらしている企業を告発するという目的で40年ぶりに再結成されました。

今日は、福島で原発に依存しないために自らで発電所を建設された佐藤さんのお話を伺います。また琉球がなぜ植民地になったのか、脱植民地のためになぜ独立が最も有効なのか、独立は日本、日本人にとって何を意味するのかを報告し、参加者の方と議論をします。

苦杯からの解放をめざして-琉球独立という道

今日、東京に行きます。セミナーにおいて「苦杯からの解放をめざして-琉球独立という道」とうテーマで 報告し、仏教と琉球独立との関係についてご参加の皆様と議論させていただきます。実り多い議論ができることを願っています。

http://cotosaga.com/event/1517553/

グアムの現状

マイクさんのお話で最も衝撃的だったのは、グアムの米軍基地内では毒物が処分されており、その結果、基地周辺に住む住民のガン罹患率が米本土平均の2千倍にも上るという事実です。米政府はその因果関係を認めず、調査や治療等も行っていません。

またパガットでの実弾発射訓練計画は撤回したものの、島内北部にあるリティジャンでそれを実施する予定です。まさに島内移設という琉球と同じことが行われています。

米軍基地がある琉球とグアムの共通点や相違点をともに理解することができました。交流会でも意見交換して、さらに学び合いました。これからも情報交換していこうと言って分かれました。私が家に着いた時は深夜12時になっていましたが、学びと勇気をマイクさんから頂戴した大阪の夜でした。

日本の国税を使ってグアムの軍事植民地化が進んでいる

主催者として西浜さんがご挨拶されています。西浜さんは私が主宰していた、ゆいま0る琉球の自治の集いにもよくご参加して下さいました。かつて、在沖米軍基地はグアムに移設すべきであると思っていたが、グアムの歴史や状況を知ると、それが誤っており、琉球と同じ植民地であることが分かった、もっとグアムのことを学びたいと話して下さいました。

左下の服部さんは、グアムにおける基地拡張計画に対し国の予算が投下されている現状について記載された資料を防衛省から得たといって私たちにも資料を分けて下さいました。日本の国税によってグアムの軍事化、植民地化が強化されており、私たちにとってもそれは他人事ではすまされない問題なのです。

1ヵ月日本に滞在したマイクさん

マイクさんは8月、一ヵ月、神戸大学の招きで大学院で集中講義を行うとともに、福島、陸前高田、釜石等の被災地を歩き、インタビュー調査もされました。また東京ではチャモロ語やチャモロのダンスを学ぶ帝京大学の学生たちと交流したり、靖国神社の遊就館に行き、戦争が日本人によってどのように認識されているのかを学んだりされたそうです。

今日、グアムに変えられますが、私のマイクさんのお話から勇気をもらいました。今年の10月に石垣島で開催される琉球民族独立総合研究学会のシンポにも、グアム政府脱植民地化委員会事務局長のアルバレスさんとともに来られる予定です。

グアムの基地問題をもっと知りたい

昨晩は大阪のエル大阪でマイケル・ベバクアさんの講演が行われました。大阪の方々とともにマイクさんのお話をお聞きし、交流したいという気持ちが伝わる、講演主催者の名前です。主催された方々は、これまでグアム大学のレオンゲレロさんをお迎えしてお話を聞いたこともあります。私も10年くらい前にグアムのお話をさせてもらったこともあります。

マイケルベバクアさんを迎えて

昨日、マイケル・ベバクアさんの講演が行われ、多くの方がおこしになり、心よりお礼申し上げます。グアムで脱軍事基地、言語復興運動、独立運動を精力的に進めながら研究を行っているマイクさんの力強いお話でした。私も多くのことを学ぶことができ、改めてグアムと琉球との共通性を確認しました。この講演会を準備して下さいました、西浜さん、服部さんをはじめとした「マイケルベバクアさんを迎えて」講演会実行委員会の方々にお礼申し上げます。

講演会の模様は動画でみることができます。
http://twitcasting.tv/jg9u08w8wjtjt/movie/196106027

「グアムからマイケル・ベバクアさんを迎えて」

今日、次のような研究会を行います。お時間がある方は是非ご参加下さい。マイクさんは、神戸大学に招かれ1ヵ月日本に滞在されましたが、福島等の被災地など、様々な場所に足を運んでこられたようです。

「グアムからマイケル・ベバクアさんを迎えて」
 グアムで先住民族チャモロ人の独立運動や米軍基地撤去を闘っているマイケル・ベバクアさん(グアム大学)。

 普天間基地の移設の問題にも密接に関係があるグアム、
琉球と同じような状況に置かれているグアム。
 琉球独立学会も立ち上げた松島泰勝さんも交えて、

反基地・独立などをテーマに議論します。
〇 日 時 : 2015年8月27日(木)18時半~
〇 場 所 : エルおおさか 504号室
〇 講 師 : マイケル・ベバクアさん(グアム大学教員)
        松島泰勝さん(龍谷大教授)

戦後70年 基地問題と沖縄差別

9月1日に、国際人権大学院大学(夜間)の実現をめざす大阪府民会議主催の講演会で話しをさせていただきます。参加者の方と真摯に議論をしたいです。
19:00~21:00
戦後70年 基地問題と沖縄差別
龍谷大学 教授 松島 泰勝(まつしま・やすかつ)さん
大阪市立総合生涯学習センター 第1研修室
〒552-0001 大阪市港区波除4-1-37 H・R・Cビル 9階
 ℡06-6581-8693

学生から学ぶ

大学院の学生との記念写真です。島嶼経済について講義をしましたが、天久さんは宜野湾出身、島袋君は読谷出身、仲田君は那覇出身でしたので、各地の経済問題、内発的発展について調べてもらい授業の最後に発表してもらいました。私自身も3人からそれぞれの地域の話しを詳しく聞くことができて大変勉強になりました。

また琉球独立論についても有意義な議論ができてよかったです。この授業で学んだことがそれぞれの今後の研究で活かしてもらえましたら有り難いです。若い琉球の研究者から多くの刺激と学びを得た6日間でした。

このような機会を頂戴した友知さん、呉さんをはじめとする沖縄国際大学の関係者の方にお礼申し上げます。また北海道からこられていた環境経済学を教えておられた先生とも北海道の話しをすることができてよかったです。

琉球の木

大学中庭の木ですが、大きな葉が強い日射しの防波堤になり、涼しい風を運んでくれました

米軍ヘリが墜落した大学

今から11年前に普天間基地所属ヘリが墜落した大学で非常勤講師として講義をさせていただくことの意味を思いながら6日間バスで通いました。正面の建物の場所にあった旧校舎にヘリが墜落したのです。現場には焼け残った木が一本立ち、「No Fly Zone」と書かれた横断幕が張られていました。大学に米軍ヘリが墜落するというのが琉球の現実なのです。

ポークおにぎりの原点

大学構内で販売されていた「ポークおにぎり」を食べました。琉球以外にもグアム、ハワイなどでも売られていますが、のりがついておらず、ポークとご飯という大胆な姿だったので食べてみました。ご飯の中にはアンダー味噌があり、大変美味しかったです。

深層心理学と琉球

友知さんの研究室で、東新川さんにお会いしました。彼女のルーツは与那国島にあり、現在、アメリカLAの大学院大学で深層心理学を学んでいます。深層心理学という新しい学問領域から琉球人のアイデンティティについての調査活動を行っており、今後博士課程に進む予定の新進気鋭の琉球人研究者です。去年も精力的に調査をされ、インタビュー映像にまとめたものを見せてもらいました。琉球民族独立総合研究学会にも入会して下さいました。これからの活躍が期待されます。

仏教と琉球独立論

下記のように今週土曜日東洋大学で行われるセミナーで講演をする予定です。仏教関係者の方々と真摯に議論し、互いに学び合えましたら幸いです。
第11回夏季セミナーのお知らせです。
下記の通り、来る8月29日(土)と30日(日)の2日間にわたりまして夏季セミナーを開催いたします。
今回は日本の将来をきめる上で現在もっとも重要な沖縄と福島からの問題提起を受けとめての研修となります。現場からのご講師として、沖縄からは松島泰勝先生、
福島からは佐藤彌右衛門先生をお招きします。
松島泰勝(まつしま・やすかつ)先生
1963年沖縄県石垣市生れ。早稲田大学政治経済学部卒。専門は島嶼経済研究。
現在龍谷大学経済学部教授。2007年「NPO法人ゆいまーる琉球の自治」を
立ち上げ代表となる。「琉球民族独立総合研究学会」の設立メンバーとして共同
代表と務める。著書に『琉球独立論』(バジリコ株式会社)、『オキナワ島嶼経済
史―12世紀から現在まで』『琉球の「自治」』(藤原書店)など。
http://ryukyujichi.blog123.fc2.com/
https://www.youtube.com/watch…
佐藤弥右衛門(さとう・やうえもん)先生
会津・喜多方の地で江戸時代より続く合資会社「大和川酒造店」の9代目社長。
2011年3月の福島第一原子力発電所事故をきっかけに、原発に頼らないエネル
ギーの地産地消をめざし、地元の自然エネルギーを利用すべく、一般社団法人
「会津自然エネルギー機構」を立ち上げて、理事に就任して活動中。
http://www.thefuturetimes.jp/archive/no05/sato/
https://www.youtube.com/watch?v=46xrCXmDH3U
貴重な研修の機会ですので、ぜひご聴講申込のほどお願い申し上げます。
また、第100回となる9月例会ですが、東洋大学学長の竹村牧男先生に御講師
をお願いして、以下の通りに開催します。
【第100回例会】
日時:9月24日(木)午後5時~7時
講師:竹村牧男先生
講題:エコ・フィロソフィとしての非情成仏思想
※終了後、白山下「あずま」にて懇親会
詳しいご案内は追っていたしますので、日程をご予定ください。
また『シリーズ日蓮』第五巻の序章で結成が予告されていた「脱原発・安保
法案廃案等をめざす「呪殺祈祷僧団〈JKS47〉」の再結成案内が届きました
ので添付します。生者エゴイズムを糾弾して、死者との共存・共生・共闘を
唱えた上原專祿の理念を受け継いでの再結成です。御参照下さい。

グアムからマイケル・ベバクアさんを迎えて

グアムからマイケル・ベバクアさんを迎えて
 グアムで先住民族チャモロ人の独立運動や米軍基地撤去を闘っているマイケル・ベバクアさん(グアム大学)が来日されます。
 普天間基地の移設の問題にも密接に関係があるグアム、
沖縄と同じような状況に置かれているグアム。
 琉球独立学会も立ち上げた松島泰勝さんも交えて、
反基地・独立などをテーマに議論します。
〇 日 時 : 2015年8月27日(木)18時半~
〇 場 所 : エルおおさか 504号室
〇 講 師 : マイケル・ベバクアさん(グアム大学教員)
        松島泰勝さん(龍谷大教授)

琉球独立を研究する

沖縄国際大学で集中講義をする2時間前から友知さんと大学内を廻りました。大学院学生の研究室のホワイトボードに琉球独立について議論した跡が残っていました。さすが、友知さん、桃原さん、稲福さん、宮城さん、前泊さん、呉さん、安良城さん等が教えられている大学であって、琉球独立に対して関心が高いと感心しました。

大学院生のテキストとしての『琉球独立論』

この琉球独立の院生による勉強で私の本も使って下さいました。心よりお礼申し上げます。それに賛成するにせよ、反対するにせよ、琉球独立を学問として研究しようという学生がもっと増えてきたらいいなと思います。

ガジュマルの木の下

集中講義の一週間は大変天気がよかったので、大学の中庭にあるガジュマルの下で弁当を食べました。大学内、校門近く、道路をわたった場所などに弁当屋さんがあり、味を比べながら、美味しく食べました。自然の風の中で食べました。しかし時々、戦闘機の爆音が空を響かせていました。普天間基地がすぐ近くにあることを体で感じました。

ちゃーがんじゅー

ここ数ヶ月持病のようになっていた右肩、腕、肩甲骨の痛みが激しく、家の近くにある外科医院に行きました。また協同病院にいきレントゲンも撮りました。薬をもらい治療しましたが、なかなか痛みがとれず、肩や腕をもみながら授業を進めました。病院にはられていた「がんじゅうおきなわ」を読んで、無理をしない生活を心がけようと思いました。

ノルウェーから来た青年

今日、台風が近づいているので、一足早く関西に戻ります。最初、空港、そして自宅でダニエルさんのインタビューを受けました。ノルウェーから来られており、琉球独立に大変関心をもっていました。スコットランド独立に触発されたようです。調査結果をまとめて修士論文を書かれるようですが、刺激的な論文を期待しております。大変、まじめで琉球についてもっと知りたいという知的好奇心に満ちていました。

盛世危言:當忠烈祠變成神社

中華琉球研究学会の石理事長が次のような論考を書いてくださいました。お礼申し上げます。
2015.08.19_盛世危言:當忠烈祠變成神社(《兩岸犇報》no.104,p.10)
盛世危言:當「忠烈祠」變成「神社」
石佳音
(中華琉球研究學會理事長、中國文化大學政治系助理教授)
李扁二朝推動的「去中國化」,實質就是「再殖民化/再皇民化」,使臺灣人民認同昔日的殖民者,並從日本帝國主義的視角看待中國和自己。馬英九雖已在位7
年,但因他的「外省原罪意識」早被李登輝訓練到病入膏肓,患有嚴重的道德殘障,察覺不到這種自輕自賤作法的不當。因此,馬不但延續台獨教改(課綱微調幅度太小、做得太遲,且馬根本無心堅持),也放任在野的綠營不斷炒作反中、仇中意識。去年的 陽花、九合一,以及今年的反課綱微調,就是台獨推動「再殖民化」工程的成果。
由於台灣社會主流已習慣於從日本帝國主義觀點看歷史,抗戰勝利、臺灣光復
70週年竟成了向皇民意識招魂的時機。不但綠營執政的縣市大肆舉辦紀念日本「終戰」
的活動,許多地方還大力修復日據時代殖民統治象徵的神社。例如,台中市長林佳龍宣
布將在年底前將台中神社的「鳥居」修復完成;花蓮縣府修復了玉里神社參拜道,並將
吉安鄉的日本殖民村所立的「吉野拓地開村紀念碑」、「吉野神社鎮座紀念碑」列為古
蹟,設立「史蹟公園」來「教育」民眾;台肥花蓮廠復建廠內神社,號稱全台第一座修
復的「構內社」(機構內設置的神社),開放供民眾參拜,並配合園區整建後的日式房
舍,要讓觀光客「體驗日治時期的氛圍」;在1874年牡丹社事件所在地(亦即日本侵略
臺灣的起點)屏東縣牡丹鄉高士部落,由日本神道教神職人員出資1千萬日圓重建「高
士佛神社」,已於本月11日以神道儀式揭幕,臺灣皇民的代表人物岩里正男(李登輝)
還贈以「為國(大日本帝國?)作見證」賀詞。
數日前,我們與來自琉球的三位學者松島泰勝、石原昌英、照屋みどり去參觀
號稱「日本本土以外保存最完整」的「桃園神社」,卻發現桃園市府正藉口修復「拜
殿」屋頂漏水,從今年4月起將主體建築全部圍起來進行大規模「修繕」。為了保證整
修結果能夠精準復原神社舊貌,據說還要請日本技師參與協助。我們可以預計:當明年
9月完工時,將會看到一座由全新銅片瓦包飾得金光閃閃的日本神社,座落在已經光復
超過70年的臺灣。
然而,這座「桃園神社」的正式名稱仍是「桃園忠烈祠」,原是專門祭祀臺灣
地區抗日英烈(如劉永福、羅福星、余清芳、賴和、翁俊明等)的所在。如今桃園市府
為了把代表抗日的「忠烈祠」整修成代表日本殖民統治的「神社」,暫將這些抗日英烈
(以及後來入祀的台海內戰陣亡者)由正殿移置於當年神社管理人員所居的「社務
所」。如果明年神社修繕落成後,這些臺灣抗日英烈又被移回正殿,就如同日本軍國主
義者將當年在冲繩戰役中被迫集體自殺(或直接被日軍所殺)的琉球人強迫供奉在靖國
神社(連同其他死難者,總數超過55000人)一樣,實際上是對這些死難者的羞辱。然
而,這樣美化殖民、羞辱先烈的行為,竟是由當年被殖民者的後人主動為之,世間荒謬
之事,莫此為甚!
那幾位琉球朋友都是「琉球民族獨立綜合研究學會」的理事,為了堅持琉球民族的尊嚴
而反對日本軍國主義和殖民統治。他們看到台灣人如此諂媚殖民者、羞辱自己以及先
人,都覺得不可思議。當他們得知桃園孔廟就在「桃園神社」旁邊(且同歸桃園市民政
局管理)時,松島教授竟然立即從隨身皮夾裡拿出一張琉球最古老的久米孔廟(始建於
1671年)的平安符(見附圖)。他隨身攜帶孔廟的平安符,說明了他們的目標是琉球獨
立建國,但他們在文化上回歸的方向卻正是標舉「民本」和「天下觀」的中國儒家思
想。相比於臺灣全島氾濫成災的再殖民化媚日醜行,我們突然興起「禮失求諸野」的感
嘆,深覺這幾位「知其不可而為」的琉球朋友才是孔子所稱道的「君子」。
當可敬的琉球人在極力去殖民化時,臺灣的再殖民化早已濁浪滔天。當那霸市
長翁長雄志(現任縣知事)支持修建孔廟、參與祭孔時,臺灣各地卻在復建日本神社。
當琉球人正為抗議日本軍國主義將冲繩戰役死難者強迫入祀靖國神社而提起訴訟時,臺
獨卻正在把祭祀臺灣抗日英烈的忠烈祠修建成日本神社。
歷史將會證明:琉球終究無愧於「守禮之邦」的稱號,台獨終將難逃「認賊作
父」的罵名。

アイルランドと韓国の独立運動

昨晩は沖縄国際大学の呉さんと友知さんと交流会をしました。呉さんから、アイルランドと韓国における独立運動についてお聞きしたお話が心に残っています。独立運動においてイェーッがケルト語による演劇を書いたことが、運動が一般大衆にまで広がりました。

韓国でも、日本政府の支配を受けない大学、高校、私塾を作り、人材を育成したことが独立の実現につながりました。いろいろな方の役割分担が大きな役割を果たしました。ま1990年代に琉球を視察して学んでいた済州島の方が今は分権化をさらに推し進め、観光でも大きく発展するようになりました。琉球はアジアから学び、つながりながら平和と発展を実現できると改めて考えました。

仲村渠克さんと話しをしました。

昨日は授業の後,琉球企画の本村さん、照屋さん、そして仲村渠克さんと交流会をしました。近年の琉球の動きについて貴重な意見を伺いました。克さんがこれまで『月刊琉球』に連載した文章は、非常に鋭く、だれもが気づかないこと、書くことができないことが書かれており、大変読み応えがあります。

皆さんも是非、同雑誌をお読みになって、今の琉球を知る最先端の鋭い論考を読んでみてください。

琉球初日

日曜日は空港、自宅でノルウェーからこられたダニエルさんのインタビューを受けました。大変熱心に琉球独立について調査されています。

昨日から集中講義が始まりました。学生さんも大変まじめで、互いに議論しながら学びあいたいです。照屋さん、友知さんと独立学会関連のイベント、学会の運営などについて話し合いました。夜遅くまで楽しく議論をすることができました。

今日、琉球に帰国します。

今日、琉球に帰国します。明日から沖縄国際大学大学院の集中授業を6日間ほど行います。院生との議論を楽しみにしています。今日は、那覇空港において、ノルウェーにある大学院で学ぶブルガリア人院生のインタビューを受けます。なぜブルガリア人が琉球独立に関心をもったのか大変興味があります。

既に大田昌秀先生にもインタビューされたそうです。またアメリカの大学院で深層心理学を学ぶ琉球人院生のインタビューも受ける予定です。非西欧的な手法による心理学に基づいた琉球人アイデンティティの研究をされているようです。独自な研究手法であり、私もインタビューを通じていろいろと学びたいと思います。

西銘さんとの再会

8月初めに東京に行った時、西銘さんにお会いしました。東京都狛江市にある南灯寮の先輩です。當銘さんの結婚式以来でしたので、10数年ぶりでした。娘さんも大学生になられて、時間の早さを実感しました。西銘さんは大変お元気で、近況等について話し合いました。

西銘さんは琉球から東京にでて50年くらいになりますが、琉球人として変わらず生活しており、素晴らしいと思います。南灯寮時代は、近くにある石川荘というアパートに南灯寮のOBが住んでおり、在京の琉球人と交流しました。仏像の彫刻師や物理学者等、いろいろな先輩がいました。異境の地で互いに励まし合いながら生活していました。

2年前の今日

2年前に、エドさん、マイクさんが龍谷大学の学生たちを空港で出迎えて下さったところです。マイク・ベバクアさんが今、神戸に来ています。神戸大学で集中講義をしたり、陸前高田や福島に行き、被災者から聞き取り調査をされています。エドさん、マイクさんとも今年10月は石垣島にこれらて独立学会のシンポにも参加してくれます。琉球と結ぶグアムのありがたいブラザーです。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE