FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

龍柱、自衛隊機、ソフトクリーム

立派な龍柱が出来上がりました。ここから、孔子廟、福州園、旧久米村等、琉球とアジアとのつながりを感じることができる場所に行くことが出来ます。

那覇空港滑走路に並んでいた自衛隊機です。自衛隊の戦闘機やヘリも訓練のために利用しており、民間機とのニアミスも発生したことがあります。軍民共用空港も非常に危険なのです。

空港で食べた塩ちんすこうのソフトクリームです。琉球と日本とは気候が全く異なります。今、私が住んでいる場所の気温が零度です。琉球が大変懐かしいです。
スポンサーサイト

琉球の今を知る

屋良さんとは学生時代からの長いおつきあいをさせて頂いております。琉球の政治家として信念と情熱を持って政治活動をされています。多くのことを学びました。にふぇーでーびたん。

上地さんとも学生時代から、公私にわたりお世話になっております。沖縄県立博物館で勤務されていた時には、安里館長とお話する機会を頂戴しました。様々な御教示を頂きました。にふぇーでーびたん。

琉球文化が生き甲斐になる

今回は、琉球の病院に行く機会が多くありました。病室で三線を弾いている若い男性、島くとぅばで話されている家族、島唄を大きな声で唄う女性等です。琉球の生活にしまくとぅばと文化が生きており、それが琉球人の生き甲斐になっていることが分かりました。また食堂で沖縄そばを美味しそうに食べる琉球の先輩方の姿を見るのも嬉しかったです。


琉球において自己決定権を考える

今日、琉球に帰国します。琉球人の話を聴き、資料を集め、新著の校正作業を進めるとともに、高齢の両親のお世話をさせていただきます。2015年末の琉球の今を感じ、考えたいです。

昨日は那覇市議の屋良さん、県庁職員の上地さんといろいろなおhなしを伺い大変、勉強になりました。一昨日は、ジャーナリストの与那嶺さん、不動産鑑定士の當銘さんからも示唆的なお話を聞きました。今の琉球の動きが良く分かりました。感謝申し上げます。自宅にたまった新聞2紙を読んで、資料を集めています。新聞からもさまざま情報だけでなく、考えるヒントを得る事が出来ます。

昨日は、Ryukyu企画の本村さん、照屋さんと意見交換しました。現在の琉球の言論情況、辺野古の情況、自治と独立との違い、「自己決定権」を巡る言説の変化とその背景、学会における組織論等、様々なことを話し合いました。とても刺激的な話し合いでした。『うるまねしあ』の第20号も頂きました。平恒次先生他、非常に示唆的な論考が満載です。私も論考を寄稿させていただきました。機会がありましたら、是非御読み下さい。

琉球人による自己決定権の行使ー「沖縄戦」を繰り返さないために

今日の東本願寺でのシンポジウムにおいて、「琉球人による自己決定権の行使ー「沖縄戦」を繰り返さないために」という題で報告をさせていただきます。他のパネラーの方々、参加者の方々と真摯な議論ができれば幸いです。

「沖縄の声に聞く」人権週間ギャラリー展

明日、東本願寺の「しんらん交流館」におきまして 「沖縄の声に聞く」と題する、年度「人権週間ギャラリー展」公開シンポジウム が開催されます。真摯な議論をしたいと思います。14時00分~16時30分 パネリスト 松島泰勝さん 龍谷大学経済学部教授、福島栄寿さん 大谷大学文学部准教授、長谷 暢さん 組織部出仕

沖縄問題と「複合アイデンティティ」

拙書の書評等でお世話になっている佐藤優さんが基調講演し、実り多い議論が展開されそうなシンポが開催されます。ご関心がある方はどうぞご参加下さい。


http://www.kyoto-su.ac.jp/events/20151223_850_sympo.html

山内さんのお話

今日の山内さんのお話は大変、感動しました。被差別部落がなぜ日本社会において歴史的に、また今日も差別されてきたのかを具体的に話されました。

現在も続く差別の実態を直視することが大切であると学生たちに訴えて下さいました。水平社宣言を読み上げて下さいました。

その歴史的、現代的意義を改めて認識し、ユネスコ世界記憶遺産に登録させるべきであると思いました。また差別を跳ね返しながらすすめている、崇仁地区でのまちづくりについても被差別部落民が主体的にまちづくりの担い手になっていることが分かりました。また私の琉球独立論についても言及し、励まして下さり、有り難かったです。

スリランカ、北アイルランド、琉球

先週、私の研究室にダブリン大学のフェルナンドさんが来て下さり、意見交換をしました。韓国の李先生からのご紹介です。先生のご出身はスリランカであり、同国における戦争と平和についてご研究されております。同島のことともに、米軍の軍事戦略との関係、そしてアイルランドや北アイルランドについても興味深いお話を伺いました。22日から琉球に行かれ、辺野古も訪問されるそうです。また大田昌秀先生へのインタビューを調整させていただきました。大田先生に心より感謝申し上げます。

ユネスコ世界記憶遺産登録運動と「まちおこし」

今日は、龍谷大学経済学部の私の授業「地域経済論」において、柳原銀行記念資料館の山内事務局長が講演して下さいます。水平社宣言のユネスコ世界記憶遺産登録運動の意義と、京都最大の被差別部落における、住民主体の「まちおこし」についてお話をして下さいます。差別と闘いながら、地域発展を進めている人々の生き様から多くのことを学びたいです

ロシアと敦賀のみかん

帰りに「霊水」が湧き出ている場所があり、1タンクの霊水を頂戴しました。確かにまろやかな味がしました。著名人もわざわざここから取り寄せているとか。

先日、ご近所の方からのお誘いで敦賀に行き、みかん狩りをしてきました。大きく、甘いみかんでした。農園主から、戦前、戦後のはじめまで、沖合にロシアの船が停泊して、農家が多くのみかんを売って非常に繁盛したという話しを伺いました。

「沖縄の声に聞く」人権週間ギャラリー展

12月4日から来年の1月27日まで京都の東本願寺参拝接待所ギャラリーにおいて「沖縄の声に聞く」と題した人権週間ギャラリー展が開催されています。大谷大学の福島さん、真宗大谷派沖縄開教本部の長谷さんとともに展示内容、解説文の監修をさせていただきました。琉球・沖縄の歴史と真宗、沖縄戦、戦後の沖縄、交流が開く教えの世界という4つの部に分かれた展示内容になっております。京都にお越しの際は是非、ご覧になりますよう、御願いいたします。

公開シンポジウムテーマ 「沖縄の声に聞く」

12月22日(火)に2015年度「人権週間ギャラリー展」公開シンポジウムテーマ 「沖縄の声に聞く」が開かれます。時間は14時00分~16時30分。場所は東本願寺の隣にあるしんらん交流館の2階です。どうぞ皆様お越し下さい。
パネリスト 松島泰勝さん 龍谷大学経済学部教授
福島栄寿さん 大谷大学文学部准教授
長谷 暢さん 組織部出仕

五日市憲法

「琉球とパラオにおける戦争と平和」という講演を行った後、10人以上の学生が質問や意見を述べて下さいました。私も学生の頃、毎回必ず講演者と意見交換していましたが、その中から学問が生まれ発展してきたと言えます。学生の自由な発想から刺激を受けました。


その後、妻の両親が住む日の出町に行き、一泊しました。義父は自宅のそばで野菜や果物を栽培しています。この近くで出来た、民衆の憲法である「五日市憲法」について話しを聞いたり、日本の平和や戦争、琉球の基地問題、独立等についても話し合いました。

学問の独立

蒲田で宿泊した際、ホテルの近くを歩いていたら、徳之島のお店の看板を見つけ、心懐かしくなりました。

大隈重信像の不屈、反骨の顔を見てこの大学で学びたいと思いました。それは今働いている龍谷大学の創設者とも言える親鸞上人にも通じる精神であると考えます。

政治経済学部の建物です。西川潤先生の研究室で学んだ日々を思い出し、これから更なる学問の研鑽を誓いました。

1年ぶりに早稲田大学に行きました。行くと必ず、読むのが、正門にかか出られている大学設立の趣旨文です。その中でも「学問の独立」の言葉を心に刻み込みました。


21世紀世界における戦争と平和

今日は早稲田大学におきまして、全学部学生が履修可能な講義において、「琉球とパラオにおける戦争と平和」と題した講演を行います。学生の皆さんと島嶼における平和、戦争、独立について真摯に議論したいです。毎年、母校の学生さんとの熱い議論があり、楽しみであり、励まされます。

研究者、教育者として大いに羽ばたいて欲しいです

昨日は、李君が戦後中国における8回の経済危機とその克服、土地部と農村部との関係、計画経済から市場経済への移行について龍谷大学の大学院と学部で報告してくれました。中国からの留学生からも多くの質問がでて、充実した議論となりました。学部の授業には山崎さんも来て下さり、長い間、京都において李君を支えてこられ、感謝申し上げました。

龍谷大学の教職員の方々にも一緒にご挨拶しましたが、李君が「貫禄がついた」と励まされていました。その後、大学近くの中華料理店、新華に行き、李君の大学での仕事について色々と話を聞きました。健康に気をつけて研究者、教育者として大いに羽ばたいて欲しいです。

李君の講演

今日は、龍谷大学大学院博士過程において私の研究室で学び、今年3月に博士号を取得した李君が私の大学院と学部の授業で講演してくれます。李君は今年9月、安陽師範学院学院に専任講師として採用され、教育者、研究者として頑張っています。大学院の時の研究テーマは中国内モンゴルにおける定期市の経済的分析です。李君と学生さんとの充実した議論を楽しみにしています。

第1回TFD日台民間交流国際シンポジウムin Kyoto

第1回TFD日台民間交流国際シンポジウムin Kyotoにおいて「琉球独立ー差別からの解放を求めて」という基調講演をさせて頂きました。このような貴重な機会を頂戴し、主催の台湾民主基金会、NPO法人京都景観フォーラムの方々、山内さんに心よりお礼申し上げます。

100年以上前に作られた建物の居酒屋で交流会をしました。原住民族の様々な民族の方々と話し合いました。自分も国際法や国連の関連から研究しており、琉球についても関心をもっており、今後も連絡を取り合おうと言って下さった方もいました。また台湾東部の高地に自分の村があるが、そこから琉球が見えると言って互いの近さを指摘しても下さいました。

2年前に琉球独立学会のシンポで報告してくれたサキヌさんです。再会を互いに喜びました。交流会でもサキヌさんと琉球や台湾の独立について意見交換しました。東日本の被災地でもボランティア活動を継続的に行っています。熱いハートを持った方であり、原住民族の権利獲得運動でも大きな役割をされていることが今回も改めて知ることができ、嬉しかったです。

台湾行政院厳重民族委員会副大臣をされている陳さんが現在台湾原住民族が憲法や法律で民族としての権利を獲得しているのかを詳しく講演してくださいました。台湾島に住んでいる元々の主人という地位を憲法の中に記載させました。10年前には原住民族基本法を制定させました。民族の個人レベルで様々な権利を獲得しました。同時に集団的権利を実現するための方法等についてもご報告され、非常に示唆的なお話でした。


「沖縄の声に聞く」

昨日は、東本願寺のしんらん交流館におきまして、来月から始まる展示会「沖縄の声に聞く」の4回目の監修者会議に参加しました。琉球と真宗大谷派との関係についても毎回、学ぶ所が多くあります。昨日は、近くにある枳殻邸(渉成園)にも案内してもらいました。明日、同地において台湾原住民族の方と私の講演が行われます。

「琉球独立 ― 差別からの解放を求めて」

今日は15時から京都の東九条と崇仁地区において、台湾原住民族の方々とフィールドワークを行い、18時から渉成園で、次のような講演をします。
陳張培倫(原住民族委員會 政務副主任委員)「台湾原住民族の権利と政策発展について」
松島泰勝 (龍谷大学経済学部教授)「琉球独立 ― 差別からの解放を求めて」

東九条、崇仁地区を台湾原住民族と歩く

京都市立芸術大学が崇仁地区に移転する予定ですが、すでに学生さんたちによる芸術によるまちおこしの活動が始まっているようです。崇仁小学校でも大学の取り組みが行われていました。

東九条に住む在日コリアンの歴史や生活について、台湾の原住民族の方々に説明をしている朴さんです。差別と闘いながら東九条マダンというお祭りを続けています。大変励まされ、刺激を受けました。

2010年に在特会は朝鮮小学校だけでなく、デイサービス所、そしてこの児童園が隣接した公園にも来てヘイトスピーチをしました。昨年、裁判に勝利し、賠償金、学校への接近禁止という判決を勝ち取りました。

崇仁地区のまちづくりをされている山内さんが、被差別部落の歴史、現状、そして将来における自立について話されております。来月は私の大学の授業でも、水平社宣言の世界記憶遺産登録運動とまちづくりについて講演して下さる予定です。


『ジュニアエラ』

『ジュニアエラ』という小中学生のニュースマガジンの最新号に、佐藤優さんが私の『琉球独立論』を紹介してくれました。小中学生も本書を読んでもらい、琉球独立について考えてくれたら嬉しいです。

台湾原住民族との交流in京都

枳殻邸におきまして開幕式と基調講演を行いました。会場には奇麗な花が飾られ、日本語と中国語の同時通訳もおられました。歴史を感じながら話しを聞くことができました。

最初に真宗大谷派解放運動推進本部の雨森さんがご挨拶されました。東本願寺と地域との関係等を話されました。来月から1月まで東本願寺で開かれる予定の「沖縄の声に聴く」という展示会のための、パネル作製のお仕事では大変お世話になっております。皆様も是非お越し下さい。

台湾民主基金会執行長の黄さんです。今回のシンポジウムの台湾側主催者の代表です。台湾原住民族がどのように権利の回復を実現したのかを話して下さいました。民族の権利回復条項を台湾の憲法にも書き込ませており、大変進んでいると思いました。

柳原銀行記念資料館におきまして、被差別部落民がどのように経済的自立を自らの手で成し遂げたのかを学びました。差別を跳ね返すための経済的な活動の拠点であり、現代のマイクロファイナンスの先駆けとも言える活動です。

次に鴨川を歩き地域の歴史を学びました。私もいつも鴨川の上の橋を渡って大学に行っているのですが、実際に川端を歩くと波の音や香りを感じることができました。

OKINAWAアジア経済戦略構想

今日は龍谷大学経済学部の私の授業「地域経済論」において、島田勝也さんが講演して下さいます。島田さんはラジオ沖縄で様々な方にインタビューする他、琉球のIT産業のご研究や提案をされています。テーマは「OKINAWAアジア経済戦略構想」です。次のゼミの授業でも学生との意見交換を行います。学生が琉球の過去、現在、未来を考える大きな機会になると考えます。

人と人をつなぐお仕事

昨日は、龍谷大学経済学部の私の授業「地域経済論」で島田さんがアジアと琉球との緊密な経済関係について話されました。その後の授業では、2年生のゼミ生との意見交換して下さいました。25人のゼミ生ひとりひとりの名前を呼びながら真摯に質問に答えて下さいました。

基地問題、シリコンバレー、グーグル、メディア、人の生き方等、多くのことを伺いました。その後、島田さんと京都三条に行き、NTTの山根さんを交えて交流会をしました。奄美諸島と琉球との交流、琉球と福州との交流、ラジオでの活動等、人と人とを結ぶお仕事をこれまでされてきた島田さんから多くのことを学ぶことができました。にふぇーでーびたん。学生にとっても一生の思い出になると思います。

うる

島田さんが製造、販売に協力されたオキネシアの「うる」をお土産に頂きました。琉球の島の香りが凝縮されたようです。これから付けていきたいです。また石垣島の塩で作ったお菓子も学生のために頂戴しました。にふぇーでーびたん。

「琉球とパラオにおける戦争と平和」

今週土曜日は早稲田大学におきまして、全学部学生が履修する講義において、「琉球とパラオにおける戦争と平和」と題した講演を行います。学生の皆さんと島嶼における平和、戦争、独立について真摯に議論したいと思います。

| ホーム |


 BLOG TOP