FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

4月、福井県で「『琉球独立論』を考える」と題する講演を行います

4月、福井県で「『琉球独立論』を考える」と題する講演を行います

福井講演会16
スポンサーサイト

琉球の現実を見た8日間

今朝、無事、親が退院しました。お祝いで、上の食堂で沖縄そばを皆で食べました。とても美味しかったです。これから関西に戻り、6時から、龍谷大学経済学部執行部の新旧交代の会合に参加します。非常に密度の濃く、色々と考え、経験した8日間でした。

嘉数高台、沖縄国際大学でオスプレイの爆音を聞く

今日は、親の看病の後、嘉数高台にいき、普天間基地、宜野湾の街をみました。その後、歩いて国際大学に行き、そこでも大学の近くを飛ぶオスプレイを何度もみて、その爆音を体に感じました。そして琉球独立学会の紀要400部近くの発送作業を4人の仲間とともに行いました。学会員でない人は、琉球内の公立図書館にも寄贈しましたので、どうぞ御読み下さい。

静岡県庁での講演

静岡県庁から連絡があり、5月に、県庁の幹部職員100人の前で琉球独立について講演をするよう依頼されました。充実した議論ができるように頑張ります。学生時代からお世話になっている川勝知事に感謝申し上げます。

海軍壕と現代の琉球

今日は、親の看病の後、久しぶりに海軍壕に行きました。沖縄戦と現代の琉球との連続性が持つ危険性について考えました。その後、新興住宅街を歩き、町の変貌を体で感じました。そして那覇市内で、ある昔なじみのジャーナリストと現在の琉球が抱える様々な問題群について意見交換しました。鋭い指摘に目を開かれました。

豊見城市議会意見書に関する調査

昨日は、豊見城中央図書館と、歴史民俗資料館に行き、同市議会が可決した意見書の歴史的、社会的背景について調査しました。これから経済的、政治的な分析も行い、研究を深めていきたいです。次号の『うるまネシア』にもこれに関する論考を書く予定です。入院している親は、いろいろな医療従事者、他の患者さんに積極的に話しかけ、皆さんに好かれるようになっています。厳しい状況の時に、自ら意識的に明るくしているようであり、改めて学ぶところが沢山あります。

琉球を訪問する外国人観光客に対するアンケート調査

昨日は、首里城、国際通りにおいてインタビュー、アンケート調査を行いました。総勢70人くらいの方々にご意見を聞きました。数が多い順で、台湾、香港、上海、杭州等からの観光客に琉球における観光に関する経済的な観点から質問を学生がさせていただきました。快く答えて下さり、御礼申し上げます。その後は病院に行き親の看病をしましたが、リハビリ療法士、看護師さん、食事指導の方とも話しをさせて頂き、患者が自立的に生活できるような形で治療が行われていることがわかり、勉強になりました。

沖縄県庁におけるヒアリング調査

昨日は、沖縄県庁の観光政策課、雇用政策課に参りまして、それぞれ琉球の観光、雇用問題について修士論文を書く学生が質問をしてご担当の職員さんにさせて頂きました。20以上の各方面に私質問に対しても丁寧に、詳しく、資料に基づきながら説明して下さいました。

職員さんの一人は龍谷大学文学部のOBでして、嬉しかったです。またグッドジョブセンターに参りまして、求職者の生活・就職支援体制についての説明をご担当の方から詳しく伺いました。夕方は、地方公務員、地方議会議員、国家公務員として働く方々と意見交換をして、非常に貴重なお話を伺うことが出来ました。琉球の今を学ぶことが出来た一日でした。にふぇーでーびたん!

ペリーを歩く

今日は、朝はやくから親の看病で病院に行きました。売店でEM弁当を買って、一緒に食べましたが、病院食もおいしそうでした。その後、米軍基地の那覇軍港に近い山下町を歩き、琉球にも上陸した米軍提督の「ペリー」の痕跡を確認しました。

琉球に帰国します。

今日、琉球に帰国します。2人の龍谷大学大学院生とともに琉球の観光業、労働経済等についてフィールドワークを行い、家族の看病をし、何人かの琉球人と現在の琉球が抱える諸問題について意見交換します。多くのことを学び、感じ、考えたいです。

人が大学、大学院で学ぶことの大切さ

昨日は、妻が京都造形芸術大学大学院染織コース(通信制)を修了しました。同大学の学部から染織を学んでいますが、通信制であることから様々な世代や経歴の方々と交流しながら大学で学ぶことができたと喜んでいました。70代、80代の学生さんもおられたようです。人が大学、大学院で学ぶことの大切さを改めて考えました。

『琉球独立への経済学』表紙


4月5日発刊予定の新著の表紙と裏表紙が決まりました。多くの方々が読んで下さいますよう、お願い申し上げます。


新著表紙写真 のコピー

『琉球独立宣言』の重版決定

この度、本書の重版が決まりました。さらに多くの方が、本書を読んで下さるよう、お願い申し上げます。特に琉球の方で多く読まれているようです。


http://www.amazon.co.jp/dp/4062931966/ref=cm_sw_r_fa_dp_CRp6wb1JEWC1W

豊見城市議会意見書に対する抗議・要求文

『琉球新報』の3月13日付け市町村欄に掲載された囲み記事で論じられたように、昨年12月に豊見城市議会が可決した意見書は多くの問題を含んでいます。琉球民族独立総合研究学会、そして私との連名で、同意見書に抗議する文書を同市議会に送付しました。





 2016年3月13日

豊見城市議会議長
大城吉徳 殿

                                   *琉球民族独立総合研究学会                            
                                    宜野湾市宜野湾2−6−1#5517
                                   *松島泰勝
                                    京都市伏見区深草塚本町67
                                    龍谷大学経済学部

「国連各委員会の「沖縄県民は日本の先住民族」という認識を改め、勧告の撤回を求める意見書」(意見書案第10号)への抗議・要求

2016年3月13日に開催された琉球民族独立総合研究学会第6回総会において以下の抗議・要求が全会一致で採択された。
 以下、豊見城市議会に対して抗議、要求を行う。

                           記

 2015年12月22日に豊見城市議会において可決され、内閣総理大臣、外務省、沖縄県知事に送付され、同市議会ホームページ等で公開されている本意見書は以下の諸点において大きな問題を含んでおり、強く批判し、琉球民族独立総合研究学会に対する謝罪と、意見書の取り消し、松島泰勝に対する名誉の回復、HPでの本意見書取り消しの公表を求める。

1.「2008 年には既に、市民外交センターのアドバイスを受けた琉球民族独立総合研究 学会松島康勝氏の訴えで、国連から日本政府に対し、沖縄県民は先住民族で日本人ではないという勧告文が出されている」
 本意見書の中で引用されている日本政府に対する国連の勧告は「市民外交センターのアドバイスを受けた琉球民族独立総合研究学会松島康勝氏の訴え」に基づいて実施されたものではなく、1996年以来琉球人が実施してきた国連における脱植民地化運動の結果である。また「琉球民族独立総合研究学会松島康勝氏」は、1996年の国連人権委員会先住民作業部会、2011年の国連脱植民地化特別委員会において琉球の脱植民地化、脱軍事化のための国連スピーチを行ったが、2008年の国連勧告に直接影響を及ぼしたとは言えない。さらに「松島康勝」は「松島泰勝」の間違いである。琉球民族独立総合研究学会、同学会の共同代表である松島は、市民外交センターのアドバイスを受ける存在でもない。本意見書は地方自治法99条に基づいた法的影響力の大きい公文書であるが、その中に重要な事実誤認が含まれている。本意見書において誤字を含む個人名を敢えて公表し、虚偽の事実に基づいてその名誉を毀損しており、人権救済の対象になりうる案件であると考える。

2.「私たち沖縄県民は米軍統治下の時代でも常に日本人としての自覚を維持しており、祖国復帰を強く願い続け、1972 年(昭和47年)5月15日祖国復帰を果たした。そしてその後も他府県の国民と全く同じく日本人としての平和と幸福を享受し続けている」
 「私たち沖縄県民は米軍統治下の時代でも常に日本人としての自覚を維持して」いたと断定しているが、米軍統治下においても琉球独立を求める幾つかの政党や市民団体が存在し、「反復帰論」という主張も展開されており、「常に日本人として自覚」していたとは言えない。「復帰」後も、日本総面積の0.6%しかない沖縄県に、74%の米軍専用基地が押し付けられ、現在も県知事、名護市長をはじめ、ほとんどの「沖縄県民」が反対しているにも拘らず、辺野古新米軍基地建設を日本政府は強行しており、「他府県の国民と全く同じく日本人としての平和と幸福を享受し続けている」とは言えない。豊見城市議会は「沖縄県民」の苦悩に寄り添わない姿勢を、法的影響力の大きい意見書という形で公にしており、その撤回を求めたい。

3.「先住民の権利を主張すると、全国から沖縄県民は日本人ではないマイノリティーとみなされることになり、逆に差別を呼びこむことになる」

 琉球人が先住民族としての権利を主張することで、国際法によりその集団的権利が保障され、国際的な支援を得ることで、現在の植民地体制から脱却し、辺野古新基地建設計画を止めることも可能になるのである。日本には在日コリアン、被差別部落の人々、アイヌ民族、在日外国人、性的少数者、障がい者等、多くのマイノリティーが存在している。2016年1月15日に大阪市議会は「ヘイトスピーチ(差別的煽動行為)規制条例」を可決し、2013年6月13日に京都地裁において下された「街頭宣伝差し止め等請求事件」の判決では、京都朝鮮学校に対するヘイトスピーチを行った団体の行為を「人種差別」と認め、今後の差別的煽動行為を禁止し、賠償金の支払いを求めた。日本「本土」においては、自らのアイデンティティや人間としての誇りを保持しながら生きる社会作りが目指されている。本意見書では、「マイノリティーになると差別を呼び込む」と主張しており、現在、日本で生活しているマイノリティーに対する差別意識を助長していると受けとめられかねない、問題のある文言であると指摘し得る。

4.「私たちは沖縄戦において祖国日本・郷土沖縄を命がけで日本人として守り抜いた先人の思いを決して忘れてはならない」

 日本軍による住民虐殺、住民の強制的集団死、住民の壕からの追い出し等、日本軍によって住民が殺害された事例が非常に多く存在し、「祖国日本・郷土沖縄を命がけで日本人として守り抜いた」とは言えないのが沖縄戦の実相である。沖縄戦で亡くなった豊見城村民の数は約3600人であり、全村民の10人に4人が犠牲になった。同市の石造橋の真玉橋も戦時中に日本軍によって破壊された。(豊見城教育委員会編『豊見城市の「戦跡」』豊見城市教育委員会文化課、2014年、14〜15頁)豊見城市議会の沖縄戦に対する認識は、多くの「沖縄県民」が共有しているそれとは大きく乖離しており、同市における今後の平和のあり方に懸念を持たざるを得ない。そもそも豊見城市議会が法的な意見書という形で以上のような戦争観を全国に発信することは、大きな誤解を招き、琉球人として看過できない。

5.「沖縄県民は日本人であり、決して先住民族ではない」

 豊見城市議会が法的意見書において「沖縄県民は日本人であり、決して先住民族ではない」と断言することは、日本国憲法第19条で保障された琉球人の思想・良心の自由の侵害となる。自らの民族的な所属性を決定できるのは、その当人だけであり、人のアイデンティティ形成を尊重しなければならない。ILO169号条約では、ある地域が過去、そして現在植民地であり、その地域の人々が自らを先住民族であると考えることが「先住民族の定義」とされている。同条約は国際的にも支持されており、本意見書が国際的に見ても多くの問題を含み、誤解を生み出すだろう。

6.本意見書の送付先として、当初、「国連人権理事会、国連人種差別撤廃委員会、
 国連脱植民地化特別委員会、国連先住民族会議」が含まれていたが、最終的にはそれらの機関が排除された理由が同議会議事録において明確にされていない。本意見書は、国連の「先住民族」勧告を取り消すことが目的であり、その勧告先に送付しないでは、意見書の本来の効果を自ら損なうものとなる。効果のない意見書を、市民の税金を使って議会において審議し可決しており、税金の無駄使いであり、市議会として市民の負託に応えていないと指摘することができる。


                                   以上

『琉球独立への経済学-内発的発展と自己決定権による独立』

4月5日に次の私の新刊書が出版されますので、是非、お読み下さい。私の本来の専門である、経済学に基づいて琉球独立について論じました。ゆたさるぐとぅうにげーさびら。


http://www.amazon.co.jp/琉球独立への経済学-内発的発展と自己決定権による独立-松島-泰勝/dp/4589037572/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1457984481&sr=1-1

先住民族としての琉球人の自己決定権

今日、次のようなシンポがあります。先住民族としての琉球人の自己決定権を、グアムのチャモロ人の事例と比較しながら考えます。私は、昨年12月に採択された豊見城市議会が可決した意見書を批判・抗議する形で、先住民族・民族としての琉球人の自己決定権について報告します。

日 時:2016年3月12日(土) 14:00-17:00
会 場:沖縄国際大学7号館2階7-201号教室 (沖縄島宜野湾市2-6-1) 参加費:1,000円 (資料代)、予約不要 主 宰:琉球民族独立総合研究学会 (ACSILs)

パネリスト:
知花 愛実 (ACSILs会員、ハワイ大学大学院博士後期課程)
宜野座 綾乃 (ACSILs会員、琉球大学博士研究員) エドワード・アルバレス (グアム政府脱植民地化委員会事務局長) マイケル・ベバクア (グアム大学教養社会科学部准教授)
松島 泰勝 (ACSILs共同代表、龍谷大学教授)[Skype参加]

司 会:
親川 志奈子(ACSILs共同代表、琉球大学大学院博士後期課程)

お問い合わせ:
琉球民族独立総合研究学会 (ACSILs) 事務局 TEL/FAX 050-3383-2609 (留守電対応) E-mail: info@acsils.org
HP: www.acsils.org

「先住民族の自己決定権とは何か」

明日、土曜日、次のようなシンポが開催されます。お近くの方は是非、お越し下さい。今、琉球で議論が活発に行われている「先住民族の自己決定権」についてです。

琉球民族独立総合研究学会(ACSILs)国際オープン・シンポジウム(通算第14回)
「先住民族の自己決定権とは何か」

日  時:2016年3月12日(土) 14:00-17:00
会  場:沖縄国際大学7号館2階7-201号教室 (琉球 沖縄島 宜野湾市宜野湾2-6-1)
参加費:1,000円 (資料代)

パネリスト:
 知花 愛実 (ACSILs会員、ハワイ大学大学院博士後期課程)
 宜野座 綾乃 (ACSILs会員、カリフォルニア大学リバーサイド校)
 松島 泰勝 (ACSILs共同代表、龍谷大学教授)
 エドワード・アルバレス (グアム政府脱植民地化委員会事務局長)
 マイケル・ベバクア (グアム大学教授教養社会科学部准教授)

司  会:
 親川志奈子(ACSILs共同代表、琉球大学大学院博士後期課程)

日中比較産業史: 取引慣行と制度に見る戦前期日中経済の特質

静岡文化芸術大学で教員をされている四方田さんから、下記のご本を頂戴しました。心よりお礼申し上げます。四方田さんとは、京都の日文研で川勝先生主催の研究会で長い間、他の研究者とともに共同研究をしたことがあります。また私の前職である東海大学でも非常勤講師として働いた貰ったことがあります。

近代アジア経済史の研究において非常に注目すべき研究成果だと思います。現在の日中経済を考える上においても多くの示唆を与えるでしょう。琉球のアダン帽子に関する論考も本書にあります。どうぞ皆様お読み下さい。


http://www.amazon.co.jp/dp/4861104866/ref=tsm_1_fb_lk

アフリカマイマイとフクギ

久しぶりに「アフリカマイマイ」をみました。小さい頃はあちらこちらに沢山いました。


歩道を歩いていたら、頭にぶつかるくらいの近さで、情熱的な花が咲いていました。


福木並木ですので、暑い日も階段の上り下りが、少し楽になりそうです。

琉球古道、末吉宮

末吉公園内を歩いていたら、玉城朝薫生誕300年記念碑を見つけました。琉球の民族文化、組踊りの創設者を讃えるレリーフです。


石段の上の木を切らないで、そのまま残しており、木のマブイに対する愛を感じました。

琉球の古道を、王国時代を偲びながら、また、それをしっかりと足の裏で感じながら歩きました。

末吉宮です。天に通じるような祈りを導くような、建物の構築様式になっております。自然に手を合わせました。

謝名親方利山顕彰碑

波の上の旭が丘公園にある謝名親方利山顕彰碑に行き、手を合わせて、琉球の過去、現在、未来を考えました。


上天妃宮石門の跡です。航海の神様を祀る社であり、アジアの人びとと琉球人の宗教的共通性を示すものです。説明板もあり、琉球国時代を偲ぶことが出来ました。


パレット久茂地の「みの家」は私が高校3年の頃からある食堂で、馴染みのお店です。おいしい、なーべらーの味噌煮でした。

「沖縄が、私に問いかける」

立ち振る舞い、紅型の美しさ、優雅さなど、心を奪われた琉球の踊りでした。

京の内という霊力の強い場所を歩き、マブイを強くしてもらいました。


龍潭池は高校時代からしばしば訪問した場所です。静かにものを考えることができる所です。

那覇新都心を歩いていたら、オスプレイが上空を飛んでいました。様々な軍用機が頭上を我が者顔で飛んでいます。

琉球新報社のポスターに書かれていたコピーです。琉球は、私が高校生になったころから現在まで常に私に何か人生において重要なことを問いかけています。これからも、その問いかけに静かに耳を澄ませ、答えていきたいと思います。

| ホーム |


 BLOG TOP