FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球独立について下地さんと議論します

ClIyfuUUkAAfzli_201606232030204f5.jpg

土曜日に、阪南大学の教員をしている下地真樹さんと琉球独立について議論する予定です。6時半から始まります。
同時中継で見られますので、お時間がありましたら、どうぞご覧下さい。
http://citizen-p.com/movie で視聴できます。
(★ログインフォームよりユーザー名とパスワードを入力してお入りください。★登録がまだの方は、下記フォームよりユーザー登録してご視聴ください(無料・個人情報不要)。

スポンサーサイト

真珠湾攻撃75周年の記念式典と広島、琉球

昨日は、お父様が沖縄戦で亡くなった方のお話も伺うことができました。遺骨はまだ見つかっていないそうです。「戦争は絶対起こしてはならない。太平洋戦争の原因となった、日本軍による真珠湾攻撃から今年は75年の節目になる。安倍首相はハワイに行って、奇襲攻撃の不正義を謝罪すべきである」の言葉に心から賛同させていただきました。米政府は今年12月に真珠湾攻撃75周年の記念式典を準備しているそうです。

先ほど、原爆死没者慰霊碑の前に行き手を合わせ、広島市民病院、広島城、広島女学院等を通過して、広島駅まで歩きました。市内には原爆による被害状況を記した説明板、各種の慰霊碑があり、原爆の被害の大きさを改めて認識しました。昨日もカープ戦の勝利に龍谷大校友会の皆さんが喜んでいましたが、赤いユニフォームを着た応援の市民が大勢で歩いていました。また今日琉球で開かれる県民大会のことを思いながら歩きました。


『琉球独立宣言』を読んで下さり感謝します

今日は大学の仕事で広島に行きます。龍谷大学のOB,OGで構成される校友会から講演を依頼され、主に琉球の基地問題と経済発展について話す予定です。参加者の皆さんとの議論から、広島と琉球との関係について考えたいです。

昨日は龍谷大学校友会広島県支部の方が『琉球独立宣言』を読んで下さり、私を講演に御招き下さったことが分かり、御礼申し上げました。また会場でも多くの方が本書を買って下さいました。私もサインをさせていただきながら琉球独立の話しました。二次会は、琉球居酒屋に行き、広島カープで活躍された安仁屋宗八さんが広島ではレジェンドであり、今もラジオ等で活躍されているという話しを聞き嬉しかったです。平和を求める琉球の声を真摯に受けとめたいという広島の方々と交流することができ、大変よかったです。

沖縄独立論と日本社会

ClIyfuUUkAAfzli.jpg

今週土曜日に下地さんと琉球独立について議論させていただきます。どうぞお越し下さい。

『琉球独立への経済学』読書会のご案内

13433211_1030514640370514_8309695349491821431_o.jpg
来月、次のような読書会を「しまんちゅスクール」にて行いますので、ご関心のある方は、ふるってご参加下さい。

留学生の研究への取り組みから多くを学びました

昨日は、龍谷大学大学院経済学研究科の合同演習があり、15以上の報告のうち、私は、琉球を訪問する中国人観光客の経済的分析、台湾と中国との経済関係、カタルーニャ独立運動の経済的分析、韓国における種子保存運動、ブルキナファソにおける道路建設の経済的影響、アフリカ島嶼国の経済等の報告、議論を聞きました。留学生の研究への取り組みから多くを学びました。

保護者会と琵琶湖

昨日は龍谷大学の保護者懇談会に参加し、学生の学業、就活等について親御さんの相談を受けるお仕事をさせて頂きました。琵琶湖沿いを歩いて会場を往復しましたが、大きな湖水を見て琉球を思い出し、渚で憩う人の姿に心の安らぎを覚えました。

「琉球独立」は夢物語ではない

『文藝春秋』最新号に私の「「琉球独立」は夢物語ではない」が掲載されていますので、御読み下さい。

13394174_1026700117418633_3783905533833203738_n.jpg 

福井で琉球独立論を議論する

福井で私が講演した講演録が送付されました。自治労関係の方々とともに琉球独立について議論しました。交流会では福井での原発反対運動について貴重なお話を伺いました。

13350262_1025686677519977_2322390457296375200_o.jpg 

広島との縁

昨日は、広島県立大学の上水流さんからのインタビューを受けました。琉球の近代化と植民地化との関係、島津藩・鹿児島と琉球との関係、琉球独立論、台湾と琉球との関係等に関して意見交換しました。私の本も読んで下さり、お礼申し上げます。

広島の瀬戸田はl国内レモン生産量全国一の地域です。上水流さんから頂戴したお土産の「島ごころ」も皮まで食べられるレモンを使ったお菓子で、おいしかったです。今日の授業でも広島出身の学生がレモン生産について報告していました。

琉球の新聞を日本において読む

昨日は、フリーの編集者の川瀬さんから、琉球独立に関する追加のインタビューを受けました。また、琉球に住む父親が琉球新報、沖縄タイムスの記事を切り取って丸めた新聞の束が6つ研究室に届きました。私が日本に住み始めたころの、30年以上前から地元紙を送ってもらっています。琉球の今を知ることができて本当に有り難いです。

琉球國の具志頭王子

福井県庁も福井城の中にありましたが、静岡県庁も駿府城の中にありました。いつか、沖縄県庁も首里城の中に移設したほうがいいのではと思いました。

静岡に住んでいた時、時々、1610年にこの地で亡くなった具志頭王子の墓に参拝しましたが、9年ぶりに墓参をさせていただきました。琉球國の文字が嬉しかったです。

1610年に33歳で駿河で亡くなった具志頭王子のマブイに琉球の近況をご報告するとともに、琉球の平和を加護して下さるよう願って手を合わせました。

近世琉球時代において、江戸城に向かった慶賀使、謝恩使の琉球人も墓参をしたそうです。福州や北京という異郷の地で亡くなった琉球國時代の琉球人のことを思い出しました。

墓石の前には壺屋焼の湯のみが置かれてあり、琉球を感じさせました。2010年に「琉球王子没後400年」の法要が行われ、王子供養のために琉球古典音楽と舞踊が奉納されたそうです。

具志頭王子は尚寧王の弟であり、島津藩の琉球侵略後、江戸城に向かう途中で駿河において亡くなりました。兄の尚寧王のお墓は浦添ようどれにあり、普天間基地に隣接しているため安眠できない状況にあります。

お墓がある清見寺は駿河湾に面しています。駿河湾には琉球から北上した黒潮が流れています。JR興津駅から歩いて15分でお寺につくことが出来ます。この日は天気が良く、大汗をかきましたが、王子の遺徳を偲びながら歩きました。

臨済宗妙心寺派の清見寺の境内には大きなソテツの木があり、琉球を感じさせました。同寺は朝鮮通信使の宿泊所でもあり、通信使に関する歴史資料も保存されています。

沖縄自立と東アジア共同体

51Ys8I.jpg

私の論考も掲載されていますので、どうぞご笑覧下さい。

「琉球の基地問題と経済発展」

明日6月18日に龍谷大学校友会広島県支部の総会において、「琉球の基地問題と経済発展」と題する講演をさせて頂く予定です。講演の機会を頂戴し感謝申し上げます。参加者の皆さんと真摯に議論し、交流したいと思います。広島でも琉球の基地問題に対する関心が非常に高まっていることが分かります。

清朝時代に触れる

清朝時代の屋根をそのまま残して、内部をリフォームしています。ホテルの近くを歩きましたが、歴史的な香りと人々の生活感が漂い、落ち着いた街並みでした。

18世紀の馬の飼い葉桶が水槽として再利用され、亀が優雅に泳いでいました。


中国の過去と今を知る

国連の中国事務所で働き、また新たな大学設立にも関わり、環太平洋地域の文化交流事業を行っている倪さんと交流し、意見交換をさせて頂きました。大学院時代からお世話になっている明治大学の三田さんが通訳をして下さいました。

倪さんがマオタイを持参して下さり、3人で飲み干しました。久しぶりのお酒でしたが、とてもまろやかで美味しかったです。倪さんとは2回目の出会いでしたが、様々な話しをすることができました。

4泊目のホテルは三田さんが予約して下さいましたが、清朝時代風のホテルです。近くには、琉球人も明、清時代に留学して学んだ国子監があります。

清朝時代の絵もホテルの廊下に展示されていました。琉球王の御後絵とは異なり、皇帝の大きさ、配置の違いが印象的でした。この絵が最近書かれたのか、当時のモノかは分かりませんが。

アヘンを吸っている人の写真です。アヘン戦争後、中国は欧米諸国、日本による植民地支配を受けるようになりました。国の歴史を様々な観点から紹介しているという印象を受けました。

下地さんとの琉球独立に関する対談

13335963_1022597647828880_833164999115503294_n.jpg

今月、大阪で下地さんと琉球独立について議論する予定です。ご関心がありましたら、どうぞお越し下さい。

アジア、アフリカの留学生から学ぶ

先ほど、インドネシアからの留学生で立命館アジア太平洋大学で学んでいるプトリさんから、琉球独立についてのインタビューを受けました。琉球にも行ったことがあるそうです。将来は研究者になりたいと希望されており、真摯に学問に取り組んでいる姿勢が印象に残りました。頑張って欲しいと思います。

今日、エチオピア、ケニア、ブルキナファソからの留学生が私の学部学生に、それぞれの国の歴史、文化、経済について英語でプレゼンし、意見交換をしました。私も学生ととも三つの国について学ぶことができました。それぞれの国旗の説明も大変興味深かったです。琉球とそれぞれの国の経済的関係についてこれから授業で議論を深めていきたいです。

琉球救国運動家の足跡を辿る

又吉先生が琉球使節、琉球人留学生、琉球救国運動の人々にとって、この場所がいかに大切であったのかを説明して下さいました。かつての琉球人の気持ちを考えて、この地を踏みしめました。

琉球人慰霊団参加者の皆様も、それぞれの思いで琉球と中国をつなぐ橋を見つめました。

通州は北京市の郊外であり、様々な開発が進んでおり、琉球人墓再建運動をしないと、墓の跡地はテーマパークになる予定です。そうならないために沖縄県、北京市に働きかけて墓地の再建運動が進められているのです。

上から橋の近くにある村の佇まいを見ました。昔ながらの落ち着いた家並みです。昨年訪問した福州市の昔ながらの庶民的な家並みを思い出しました。

バスで北京市内に移動するにつれて高層ビルが林立するのがみえました。私は途中でバスを降りて、知人に会わなければなりませんでしたので、慰霊団の方々にご挨拶と感謝の言葉を申し上げました。

金曜実さんと琉球の平和と独立について話し合いました

先週は金城実さんが私の研究室に来て下さり、2日間にわたり、琉球独立をテーマにして対談をしました。社会運動と芸術活動とを連携させながら生きてこられた金城さんの半生から多くのことを学び、また勇気をもらいました。にーふぁいゆー。

これまで金城さんの本を編集された川瀬さんの企画でこの対談を行いました。金城さんとの出会いは読谷のチビチリガマの彫刻を大学生時代に見たことでした。靖国訴訟等、実際に日本と闘いながら琉球独立を求めてきた金城さんの具体的な生き様に触れることもできました。

福州まで続く運河の橋で琉球を考える

通州の街は牛肉、羊肉の屋台等もあり、活気があり、美味しそうなにおいが食欲をそそりました。康煕帝が通州に琉球人のための墓地を整備してくれたそうです。墓地が再建されることを祈りたいです。


かつて琉球人も歩いた石橋を私たちも歩きました。数百年にも渡る車の轍が石の上に刻まれており、長い年月を偲ぶことが出来ます。

この運河は福州まで続いており、琉球の進貢使節団はここで船をおりて、荷物を積み替えて紫禁城に移動したそうです。かつての琉球人にとっても思い入れの深い場所の一つなのです。この風景は2年前と変わりありません。

この日は天気が良く、中国の女性も日焼けしないように「完全武装」で道路をオートバイで移動していました。

羊の一群も橋を渡りました。とてもかわいらし羊達でした

橋の欄干におかれたシーサーもそれぞれ表情が異なり、味わいがあり、また琉球とも通じる懐かしさがあります。かつての琉球人も触ったのではないでしょうか。


『アジェンダ』に私の論考が掲載されました

下記の『アジェンダ』に私の論考が掲載されました。他の論考も大変興味深いですので、どうぞお読みださい。


アジェンダ・プロジェクトでは、
社会問題を考える季刊誌
『アジェンダ 未来への課題』53号(2016年夏号)を発行しました。
今号の特集は「『民主主義』を考える」です。

3・11の福島原発事故以降、
特に昨年の安保関連法制強行採決に反対して、
全国で非常に多くの人々が自らの意思を示すために、
集会やデモに立ち上がりました。
今、「民主主義の危機」が叫ばれ、
来月には参院選も迫る中、
改めて「民主主義」について考えたいと思います。
下記に今号の内容を貼付します。
定価500円+税、ぜひお買い求めください。

全国の主要書店で発売中です。アマゾン等のネット書店でも購入可能です。
また、アジェンダ・プロジェクトのホームページからもご注文可能ですが、
アジェンダ・プロジェクトに直接ご注文の場合は、
送料をご負担いただいております(1冊100円から)

※ただいま定期購読拡大キャンペーン実施中!
季刊『アジェンダ 未来への課題』を新たに1年間定期購読された方に、
48号(2015年春号)までのバックナンバーからご希望の3冊をプレゼントいたします。 
期間は9月末までです。


◆『アジェンダ』53号(2016年夏号) 特集 「民主主義」を考える
A5判 104ページ 定価500円+税

巻頭グラビア  「ooiみらいツアー2016春」に参加して
コラム      パナマ文書

<特集>
・インタビュー 中野晃一さん (上智大学教授)
少数派支配を覆す共通軸は「個人の尊厳を擁護する政治」
・講演録 澤野 義一さん(大阪経済法科大学教授)
  安倍政権の安保と改憲戦略を問う―「緊急事態条項」導入論を中心に
・伊藤 真(伊藤塾塾長)
  選挙制度と民主主義―議員定数不均衡問題を中心に
・高嶋 伸欣(琉球大学名誉教授)
  不正義社会・日本=歪んだ民主主義を教育で正す
・松島 泰勝(龍谷大学教授)
    現代的な植民地主義の下で生きる琉球人

・書評 「主権者教育」を考えるための本
        『高校生の参加と共同による主権者教育』 『高校生を主権者に育てる』
・書評 『格差と民主主義』 ロバート・ライシュ著 /『デモクラシーの論じ方』 杉田敦著
・「民主主義」を考える~特集解題にかえて

<特集外>
・倪 志敏(龍谷大学客員研究員)
  釣魚島(尖閣諸島)はいかにして日本領に編入されたのか―明治期の公文書が示すその領有過程―
・映画評 「ニッポン無責任時代」
・「障害者差別解消法」の施行について
・レポート   稼働中の高浜原発3・4号機の運転禁止仮処分決定!すべての原発を廃炉に!
・書評 『マーシャル諸島 終わりなき核被害を生きる』 (竹峰誠一郎著)

<連載>
・康玲子     時代の曲がり角で 第41回 「越境人」を目ざしながら
・舘明子     食をゆたかに ピンチはチャンス!(29) 豆食のすすめ
・大橋さゆり   弁護士Oの何かと忙しい日々 第35回  安倍首相の言う「同一労働同一賃金」をどう捉えるか
・石橋 正     変わるラテンアメリカ(35) キューバ共産党第七回大会の開催
・歌壇    西村恭子 選
・コミックアジェンダ     施川ユウキ 『バーナード嬢曰く。』


(編集・発行)アジェンダ・プロジェクト
〒601-8022
京都市南区東九条北松ノ木町37-7
℡&Fax 075-822-5035
E-mail agenda@tc4.so-net.ne.jp
URL http://www3.to/agenda/
FB https://www.facebook.com/agenda.project
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
※※※※※※※※※※※※※※※
アジェンダ・プロジェクト
〒601-8022
京都市南区東九条北松ノ木町37-7
℡&Fax 075-822-5035
E-mail agenda@tc4.so-net.ne.jp
URL http://www3.to/agenda/
FB https://www.facebook.com/agenda.project
※※※※※※※※※※※※※※※

通州での厳粛な琉球人慰霊祭

琉球線香の煙とともに、琉球墓参団の皆さんの慰霊の思い、脱植民地化に向けた決意が北京で亡くなった琉球人のマブイに届いたのではないでしょうか。

通州の街は牛肉、羊肉の屋台等もあり、活気があり、美味しそうなにおいが食欲をそそりました。康煕帝が通州に琉球人のための墓地を整備してくれたそうです。墓地が再建されることを祈りたいです。

石垣島から来られた大田さんも三線で島の音楽を弾いていました。北京で亡くなった琉球人の中には石垣島出身の方もいたと思います。ニライカナイで島の唄を懐かしがっているのではないでしょうか。

ニライカナイのお金であるウチカビを燃やすという儀礼です。私もさせて頂きました。琉球で行うのと同じく、厳粛な気持ちで北京でウチカビに火をつけました。

皆が線香を上げている時ずっと、お二人は三線を弾いてくれました。琉球の音楽が琉球人のマブイを悼めてくれたと思います。厳粛な気持ちで慰霊祭に参加することができました。感謝申し上げます。


北京で琉球人のマブイに手を合わせる

通州で琉球人墓地跡において慰霊祭を行いました。最初に王大業のご子孫である国場さんが初めてご先祖が異郷の地で亡くなったことについての深い思いを話されました。

参拝者全員で、それぞれの思いで手を合わせて、琉球人のマブイに祈りを捧げさせていただきました。この土地を利用させて下さった方々、参拝の調整をして下さった姜先生に御礼を申し上げます。

ウチカビ、ちんすこう、黒糖、泡盛、琉球塩、琉球線香をお供えして慰霊祭を挙行しました。墓参団の事務局によるご準備に感謝申し上げます。北京で亡くなった琉球人もニライカナイで私たちを見つめているのではないでしょうか。

比屋根君たちが、厳かに三線を引く中、慰霊祭が挙行されました。比屋根君からはこの場で三線を弾くにあっての覚悟の気持ちを昼食時に御聞きしました。また中国の少数民族との音楽を通じての交流についても伺いました。


琉球墓参団の団長である又吉先生が、北京における琉球人による朝貢活動、留学、琉球救国運動等について説明されました。無念の思いで北京の地で琉球のことを思って亡くなった琉球人の気持ちを偲びました。

金城実さんと琉球独立を議論する

今日、京都のしんらん交流館において下記の講演を行います。お近くの方は是非お越し下さい。真摯に議論できましたら幸いです。
第 59 期 京都人権文化講座 18 時~20 時 ※受講料 1,000 円
◎講師/松島泰勝さん(龍谷大学経済学部教授)
◎講題/「 琉 球 の 自 己 決 定 権 ‐ ミ ク ロ ネ シ ア 諸 島 と の 比 較 を 通 じ て 」 ◎主催/部落解放・人権政策確立要求京都府実行委員会

今日は午前中、龍谷大学の市民向け講座において「琉球独立論」について講演を行い、午後から東京新聞の取材を受けます。その後、彫刻家の金城実さんと、書籍化を目指した対談を行います。琉球独立に関して互いの意見の違いを深めながら、学び合いたいと思います。


昨日は、大阪、読谷で琉球人とともに生活し、芸術活動と社会運動を互いに連携させながら生きてきた金城実さんから多くの貴重なお話を伺いました。今日の午前中も研究室で対談の続きをします。午後は龍谷大学国際学部の清水さんが主催される科研費研究会に参加し、猪口孝さんのご報告を伺う予定です。


琉球独立への経済学

http://www.amazon.co.jp/%E7%90%89%E7%90%83%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E3%81%B8%E3%81%AE%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6-%E5%86%85%E7%99%BA%E7%9A%84%E7%99%BA%E5%B1%95%E3%81%A8%E8%87%AA%E5%B7%B1%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E6%A8%A9%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E7%8B%AC%E7%AB%8B-%E6%9D%BE%E5%B3%B6-%E6%B3%B0%E5%8B%9D/dp/4589037572/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1464121070&sr=8-4&keywords=%E6%9D%BE%E5%B3%B6%E6%B3%B0%E5%8B%9D
作家の佐藤優さんが『週刊ダイヤモンド』誌で『琉球独立への経済学』を書評して下さいました。いつも応援して下さい、心より感謝申し上げます。

琉球独立宣言

http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E5%8F%AF%E8%83%BD%E3%81%AA%E4%BA%94%E3%81%A4%E3%81%AE%E6%96%B9%E6%B3%95-%E7%90%89%E7%90%83%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E5%AE%A3%E8%A8%80-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9D%BE%E5%B3%B6-%E6%B3%B0%E5%8B%9D/dp/4062931966/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1464120415&sr=8-3&keywords=%E6%9D%BE%E5%B3%B6%E6%B3%B0%E5%8B%9D
本書が三刷の重版がかかったとのお知らせを講談社の編集者の方からご連絡を受けました。多くの方がお読み下さり、心よりお礼申し上げます。また今後ともどうぞよろしくお願いします。

富国有徳を目指したい

今日は静岡に行きます。「琉球独立論から考える地域の自立と外交」というテーマで県庁幹部職員100人の方々の前で講演をさせていただきます。真摯に議論をさせていただきたいと思います。

昨日は静岡県庁幹部100人の前で「琉球独立論から考える地域の自立と外交」の話をさせて頂きました。多くのご質問を頂戴しました。その後、川勝知事を初めとする各部長と昼食をして琉球について懇談しました。講演内容は録画され、文字として書き起こされ、全職員が閲覧できるようにするそうです。「富国有徳」を目指す静岡県において琉球独立を議論する機会を頂いた川勝知事に感謝申し上げます。

北京大学国際会議での報告

昨年8月に台湾の研究者が設立した中華琉球研究学会の石理事長のご報告です。戦後における琉球の法的地位についてお話されました。7月に琉球にお越しになり、台湾における再植民地化についてシンポにおいて議論する予定です。

琉球新報の新垣さんが、「沖縄の自己決定権」についてご報告されました。歴史的に、客観的に、国際的に琉球人が自己決定権を持っていること、それを行使して、基地問題等、現在琉球人が苦しんでいる問題を解決できることを力強くはなされました。

沖縄国際大学の友知さんが、琉球の米軍基地撤廃後の経済発展の可能性について、具体的な数値を示して報告されました。基地問題は人権問題であるとともに、経済発展阻害問題でもあることを明らかにしました。

今回の琉球に関する国際会議を主催された、北京大学の徐先生です。2年前の会議に引き続き、今回の会議を開催して下さり、有り難く存じます。今回は40人近い方々が報告する大きな規模になりました。歴史研究を中心にしながら、それが琉球の現在、将来に及ぼす影響についても議論する国際会議となりました。

シンポの最後に比屋根先生が総括をして下さいました。琉球の歴史研究を中心にしながら、それが琉球の現在、将来に及ぼす影響についても議論する国際会議となりました。


| ホーム |


 BLOG TOP