FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

松島ゼミ活動の紹介

http://www.econ.ryukoku.ac.jp/news/detail.php?id=8240

龍谷大学経済学部のサイトで松島ゼミの活動が紹介されました。

西京国から独立を考える

下から押し上げる式のエレベーターに乗りました。機会も美術品として存在させています。芸術と自分が一体化した感覚がさらに強まりました。

このような所に住んでみたいですね。「海上都市」の建設が世界中で進んでいますが、人類は海の中という、もう一つの世界でも生きることがこれから可能になります。その意味で琉球のアクアポリスは新しい時代を象徴していました。

波の模様がきれいです。琉球やパラオの海でシュノーケルをして海の中で泳いだ時を思い出しました。地上からは別の人が私たちを見つめ写真を撮っていました。私たちも下から上の人を撮りました。人間の関係が再定義されたようで、面白かったです。

プールの下に行き、自分も作品の一要素になりました。外国人観光客も興味津々でした。現代美術館を金沢に作る前に、その当否とめぐり議論があったそうですが、結果的には国際的にも注目される美術館となり、有力な観光スポットの一つになりました。

食堂で野菜カレーを食べました。食卓の上も海をイメージした作品があり、食も美意識で彩られました。美術館には多くの子供達がおり、美術を楽しんでいました。

先日、同美術館に行った時、この特別展を見ました。「西京国」という架空の国をめぐって、日本、中国、韓国のアーティストが作製した作品展です。琉球独立を研究する者として、刺激を受け、考えるヒントを貰いました。

沖縄大学島田ゼミとの合同研究会

沖縄大学の真喜志さんが私の研究室に来て下さいました。私のゼミの川井ゼミ長とともに、今年9月に沖縄大学で予定されている島田ゼミとの合同研究会について話し合いました。9月には学生同士が真摯に意見を交換し、交流して、互いに学び合う存在になればと思います。


昨日の科研費の研究会では、脇村先生による第三世界の開発経済学の歴史とグローバルヒストリーを関連させたご報告を聞きました。他の参加者との討論の中で、国民国家のあり方、島嶼国と世界史との関係、工業化を指標とすることから抜け落ちるもの、亜熱帯の発展、国境線と島嶼との関係、世界的な脱貧困化と琉球経済、琉球とアジア、新しい国際関係等について考えるヒントを頂きました。また学生の頃、その御著書から学ばせて頂いた濱下先生とも学生時代以来お会いすることができ、嬉しかったです。

金沢21世紀美術館で感性が刺激される

美術館そのものが美術作品です。外にも人が体験できる美術作品があります。アートと自分が一体化したように感じました。そこが現代美術の良さの一つです。

プールを媒介にして、見る者と見られる者が交差する作品です。黒く見えるのは地下にいる人です。地下の人は地上の私たちを見ています。

金沢21世紀美術館に行きました。私は高校の時に芸術家を志していましたが、現代美術を見て自らの内にある美意識や感性が刺激され、心地よかったです。

金沢駅です。大胆な門を久しぶりに見て、気持ちが雄大になりました。伝統と現代が融合した印象を金沢ではもちました。

星稜高校での講演会

昨日は、法律文化社の小西さんが研究室にこられ『琉球独立への道』の翻訳出版について話し合い、『琉球独立への経済学』の沖縄タイムスでの公告掲載についてのご報告がありました。小西さんは琉球の平和、人権、経済、独立等に関する本を編集の継続的に行っておられ、敬意を表しております。

今日は、松井秀喜さんの母校で、金沢にある星稜高校の教員約150名の前で「琉球の自己決定権と平和」という題で講演をさせていただきます。『琉球独立宣言』を読まれた先生から教員研修として講演を依頼されました。先生方と真摯な議論ができれば幸いです。

今日は、沖縄大学島田ゼミの真喜志さんが龍谷大学を訪問しますが、私のゼミのゼミ長川井君を含めて、夏のゼミ合同研究会、交流会について話し合います。午後は、科研費の研究会において、脇村さんのご報告「南北問題」再考ー経済格差のグローバル・ヒストリー」を学ばさせて頂く予定です。


昨日は、星稜高校の教員の前で講演をさせて頂きました。同高校はサッカーの本田圭祐さんの母校であり、先日も高校に来られたようです。本田さんのユニフォーム、トロフィーが玄関や校長室に展示されていました。本田さんの寄付でくつられた「本田圭祐コート」というサッカーコートの近くを走る車のナビに本田さんの映像が流れるとタクシーの運転手の方が教えてくれました。

ほっとすてーしょん比良での食事

湖西線比良駅の隣にある「ほっとすていしょん比良」です。時々昼食を食べます。地元の食材を使った料理で、特に三段弁当が美味しいです。わき水も自由に飲め、冷たく美味しいです。

静岡時代から飼っている重子です。11歳になり、少し行動が遅くなりましたが、食事もおいしく食べています。道を通る方々に「微笑み」を与えています。

食堂で働いている女性達も、暖かい言葉をかけてくれ、やさしさが伝わります。

琉球独立に関するインタビュー

昨日は、アボリジニーの研究をされ、大谷大学で先住民族論を教えてられている坂口さんから琉球独立論に関してインタビューを受けました。私の琉球独立についての3つの著作も丹念に読んで下さっており、充実した議論をすることができました。

昨日は、産經新聞東京本社政治部の記者から琉球独立、先住民族、自己決定権等に関するインタビューを受けました。私の考えとは異なるスタンスの新聞でありますが、こちら側の意見を聴きたいという要望でしたので、真摯に答えさせて頂きました。こちら側の考えも併記して読者に示し、考えてもらう良い機会だと思います。

沖縄独立はこのようにして可能だ

http://dot.asahi.com/aera/2016062300186.html

アエラに寄稿した私の琉球独立に関する論考の全文が同誌のHPに掲載されています。

自然のやさしさと厳しさ

猫の鈴子はこの中にいるのが大変好きです。左にあるのは、妻が作ったウサギ小屋ですが、2羽ともイタチに殺されました。動物の世界の厳しさを実感しました。

比良山系を見ながら、里の香りをかぎながら、昼食をしました。比良山系は、冬は大変寒い風をもたらしますが、夏は涼しい風を送ってくれます。琵琶湖との間には多くの田んぼがあり、自然に優しい農法が実践されています。

蚊を媒介にしてフィラリアの病気にならないように、夏になると猫小屋に蚊取り線香をおいています。

読売新聞からのインタビューを受ける

西浜さんからお写真を送付させて頂きました。大阪における辺野古反対運動です。継続的に反対運動されています。

先日、久しぶりに関西大学に行きました。10年程前に3年間、同大学の経済学部で経済発展論の講義をしたことがあります。「自治の山」で多くのことを学ばさせて頂きました。

先日、下地さんと対談したスタジオ・シチズンです。人民新聞の記者であり、フィリピンと日本の境界線に立つラボルテ雅樹さんが司会をして下さり、色々と教えてもらいました。にーふぁいゆー。

スタジオシチズンは関大正門すぐ近くにあります。当日も、FBのお友達をはじめ多くの方がお越し下さり、直接話しをさせて頂きました。独立学会に入会したいという琉球人男性ともお話をしました。

昨日は、読売新聞大阪本社編集委員の方から琉球独立に関するインタビューを受けました。インタビュー時間は3時間近くに及びましたが、鋭い質問に対して真摯に答えさせて頂きました。7月の下旬頃記事が掲載される予定です。

琉球ナショナリズムとは何か

今日は、龍谷大学でボランティアNPO入門講座にて、パラオの平和と環境保護活動から私たちが学ぶことについて講義を行い、学生と議論します。またアメリカ合衆国の大学院で学ぶ南さんから琉球独立に関するインタビューを受ける予定です。たんに私の意見を言うだけでなく、南さんの意見を聞きながら真摯に議論したいです。

昨日は、ジョージワシントン大学のマイク・モチズキさんの下で研究されている南さんのインタビューを受けました。またイギリスのEU離脱が琉球に対して及ぼす影響についてロイター通信社の電話インタビューを受けました。今日は、大阪で下地さんと琉球独立にして真摯に議論したいと思います。ネットで同時中継されますので、琉球在住の方も視聴することができます。

昨日は下地さんと琉球独立について真摯に議論させて頂きました。日本社会において琉球独立運動が台頭してくる必然性について互いに確認するとともに、ナショナリズムについての相互の見解の違いも明らかになりました。私はナショナリズムを「独立を実現させる運動」と定義し、琉球ナショナリズムをスコットランド、カタルーニャ、バスク等と同じマイノリティー・ナショナリズムであると考え、その有効性を認める立場です。下地さんとの議論を通じて自らの立脚点を改めて確かめることができた夜でした。

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP