FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

国連勧告撤廃問題、「土人」発言問題等についてのインタビュー

昨日は、『週刊朝日』の三山記者から国連勧告撤廃問題、「土人」発言問題等についてのインタビュー、そして金城実さんとの対談本『琉球独立は可能か』のために川瀬さんから追加のインタビューを受けさせて頂きました。さらに大学院の授業、教授会、大学院運営委員会、研究科委員会等もあり、大学内を走り回り大変忙しい一日でした。

私、松島泰勝の両親が20年前の新聞記事を大切に保存してくれましたので、今でも見ることができます。両親には本当に感謝しています。取材をして下さった真鏡名さんにも御礼を申し上げます。

松島泰勝が与那国小学校2年生の時、「ジャックと豆の木」「アリババと40人の盗賊」を皆の前で話しました。本成校長も大変優しく良い先生でした。与那国島での生活は今の自分の土台になっています。
スポンサーサイト

国連人権委員会先住民作業部会に先住民族・琉球人として参加した直後の松島泰勝

大学院修士課程1年時の松島泰勝の写真です。就職内定を取り消し、大学院に進学し、琉球、太平洋諸島の島嶼経済をこれから学ぼうとしていた時の顔です。週末は郵便局集配所でアジアからの留学生と深夜勤のアルバイトをしました。

家の近くにある、小野妹子の墓とされる唐臼山古墳です。外交官がよく参拝に来るそうです。湖西地域には古代時代に渡来人系の人々が多く住んでおり、横穴式石棺墓もいくつか見たことがあります。

パラオ共和国の国旗の下で重子さんが昼寝をしています。暖かい日射しで気持ちが良さそうです。

1996年に国連人権委員会先住民作業部会に先住民族・琉球人として参加した直後の松島泰勝です。高校の同級生で、沖縄タイムスの記者をされていた真鏡名さんがインタビューをして下さいました。丁度20年前になります。これからも初心を忘れず精進したいです。


「中国脅威論」の噓

昨日は明星大学で行われた日本平和学会で報告し、議論をしましたが、途中で、多摩センターのモノレール駅の近くでスーパーカーが展示されていました。また学生時代に毎日利用していた小田急線にも久しぶりに乗りました。

清水さんが、高野さんと私の報告についてコメントをして下さいました。日本人にとって琉球独立がどのような意味を持っているのか、琉球を植民地支配している日本、日本人自身が問われていると指摘し、高江での「土人」発言問題を受けて、職務に忠実な公務員によってナチスのホロコースト、南京大虐殺が行われたと話されました。

今回の分科会は平和運動分科会と、琉球・沖縄・島嶼国及び地域の平和分科会の合同で行いました。木村さんは前者の共同代表です。昨日は司会をされ、議論をまとめて下さいました。

高野さんが、「中国脅威論」の噓が毎日, 新聞紙上で提供されている日本のマスコミの問題性を具体的に指摘されました。南シナ海の「危機」を冷静に、多層的に分析し、マスコミに踊らされないようにすべきであると話されました。

「慰安婦」問題の現在―「朴裕河現象」と知識人

一昨日、前田さんから下記の著書を頂戴しました。感謝申し上げます。当事者抜きの政府同士による問題の解決はあり得ません。


https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E3%80%8D%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%81%AE%E7%8F%BE%E5%9C%A8%E2%80%95%E3%80%8C%E6%9C%B4%E8%A3%95%E6%B2%B3%E7%8F%BE%E8%B1%A1%E3%80%8D%E3%81%A8%E7%9F%A5%E8%AD%98%E4%BA%BA-%E5%89%8D%E7%94%B0-%E6%9C%97/dp/4380160017

東アジア共同体・沖縄琉球研究会第2回シンポジウム

今日から神奈川と東京に行き、東アジア共同体・沖縄琉球研究会や日本平和学会の「平和運動」分科会と「琉球・沖縄・島嶼国及び地域の平和」分科会の合同分科会において報告、議論をする予定です。多くの方との出会いと、議論を楽しみにしています。

ピースボートの野平さんが、国際立憲主義を実現するための具体的な取り組みについて話されました。また安倍政権が国連勧告に従わないことに関する閣議決定をしたこと指摘されました。

鳩山さんが首相在任時代に県外移設を実現できなかったことを御詫びし、現在、一市民として琉球を含む東アジアの平和のために全力を尽くしたいと話されました。

昨日のシンポで最初に木村・共同代表が挨拶されました。木村さんとは最近、色々と意見交換する機会が多くなりました。明日も明星大学での平和学会で共同分科会を開催します。

本研究会の主催校である神奈川大学の阿部さんがご挨拶をされました。懇親会では、ご出身の伊豆大島でかつて憲法が作られたこと、琉球独立の際の国籍をどのように定めるのか等、独立に関する国際法上のヒントを教えて下さいました。

勝方(=稲福)さんが、最後のご挨拶をされました。勝方さんには早稲田大学の琉球沖縄研究センターで大変お世話になりました。現在、パラオのレメンゲサウ大統領の娘さんを大学院で研究指導されているという大変興味いお話を個人的に伺いました。


共同通信の石山さんが、フィリピンのドゥテルテ大統領が独自な外交、内政を展開し、「南シナ海紛争問題」を解決しつつあることを具体的に話されました。琉球独立も日本政府からの承認はいらないと指摘されました。

前田さんが植民地支配そのものが国際法違反の犯罪であるという国際的な動向について話されました。また琉球は「植民地的状況」ではなく、明確に植民地であると指摘しました。


大阪府機動隊の沖縄での暴言

Twitterでたけたけさんが今日の東京新聞に掲載された私のコメントを紹介してくれました。
大阪府機動隊の沖縄での暴言。
#松島泰勝 龍谷大教授「安倍政権は沖縄で基地反対の民意が出ているのに #高江 や #辺野古 の工事を強行し、力でねじ伏せようとしている。沖縄の歴史や文化をないがしろにしている。その本音が最前線の機動隊員まで伝わり、侮蔑的な言葉となって公になった」

ケニアから龍谷大学大学院に留学されている学生の報告を聞きました。植民地時代、脱植民地時代、独立後の経済的歩みと、今後の可能性について聞きました。先週ゼミで報告してくれた中国河南省からの留学生と同様、学生からは多くのことを学び、刺激を受けることができます。自分の国や地域を我が身で背負っているという強い責任感を感じます。


琉球気象台で働いていた父親

 今日の『沖縄タイムス』論壇に私の父親が「台風時における特別警報」について論考を寄稿しております。琉球気象台で働いていた父親のお陰で幼少期に石垣島、南大東島、与那国島で生活することができました。体が不自由になった今でも、気象予報士の試験の勉強を一生懸命行っています。大変励まされ、頭が下がります。

今年前期の1年生向けの授業で、龍谷大学ボランティアNPO活動センターでお話を伺いました。ボランティアやNPO,NGO活動を通じて実社会の課題や可能性を学んで欲しいと思います。

9条改憲阻止共同行動の黒石さんと茂木さんが松島泰勝研究室に来られました。12月に予定されている私の講演会「琉球の自己決定権と平和」の打ち合わせをしました。来場者の方と真摯に議論をしたいと思います。

今日は大学の仕事で、多くの企業の就職ご担当の方々と名刺交換、懇談をさせて頂きました。その中に、東日本大震災支援活動をした時の元ゼミ生が元気な、立派な姿を見せてくれ、大変嬉しかったです。学生に内定を出して下さった多くの企業の方にも御礼申し上げました。

また就職支援だけでなく、ゼミや他の授業への支援や交流の提案等の暖かいお言葉も頂戴しました。約400社の企業が今日の企業懇談会に参加しましたが、大勢の方々の前で各学部代表の学生が堂々とゼミ活動についてプレゼンをしました。学生の能力の高さを実感しましたが、企業の方々もその感動を私に伝えて下さいました。

松島泰勝『琉球独立への道―植民地主義に抗う琉球ナショナリズム』

アマゾンの地方分権部門で1位となりました。どうぞお読み下さい。

https://www.amazon.co.jp/%E7%90%89%E7%90%83%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%93%E2%80%95%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%9C%B0%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E3%81%AB%E6%8A%97%E3%81%86%E7%90%89%E7%90%83%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0-%E6%9D%BE%E5%B3%B6-%E6%B3%B0%E5%8B%9D/dp/4589033941/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1476525098&sr=8-2&keywords=%E6%9D%BE%E5%B3%B6%E6%B3%B0%E5%8B%9D

来週、23日明星大学で行われる日本平和学会の次のような分科会で報告します。皆様と真摯な議論ができれば幸いです。
⑪合同開催「平和運動」分科会、「琉球・沖縄・島嶼国及び地域の平和」分科会

テーマ:東アジア共同体と沖縄の未来
報告1:「琉球独立論と中国・台湾」松島泰勝(龍谷大学)
報告2:「『中国脅威論』の虚と実―南シナ海情勢を中心として―」高野孟(東アジア共同体研究所理事)

討論:金平茂紀(TBS記者)
司会:木村 朗(鹿児島大学)

グアムと朝鮮半島における脱植民地化

先日、龍谷大学図書館に保管されている安重根の書「獨立」と、論語の一節を書いた3幅の掛け軸を直接見る機会がありました。書にはそれぞれご本人の手形が捺してありました。朝鮮半島の独立を求める安氏の強い思いに触れることができました。

グアム脱植民地化委員会のエドワード事務局長から送って貰った写真です。グアムで独立、脱植民地化のフォーラムの昨日開かれました。多くの若者が参加されています!

『クーリエ・ジャポン』2016年11月号「佐藤優の新・教養講座 『知』へのショートカット歴史編第19回『徳川の平和』(仮題)において、松島泰勝の『琉球独立論』バジリコ、その中の拙文を紹介して下さっています。心よりお礼申し上げます。皆様どうぞお読み下さい。

初心を忘れずこれからも研究、教育、社会活動に精進します

大学入学時の松島泰勝です。「自分とは何者なのか」というアイデンティティ問題と格闘した4年間でした。経済学という学問と出会い、良き教師や仲間に恵まれ「島嶼経済論」で博士号を取得しました。初心を忘れずこれからも研究、教育、社会活動に精進します。

昨日は、大学院の松島泰勝研究室で学び博士号を取得し、現在、遼寧省の大学で専任講師として働いている李君が、新潟大学での学会発表を終えて、龍谷大学まで顔を出してくれました。元気に大学教師として活躍されうれしかったです。お隣は、李君の同僚で現在、博士号取得のために龍谷大学大学院で学んでいるチュさんです。若い研究者のますますのご活躍をお祈り申し上げます。

松島泰勝研究室で共同研究をした時には李君に秘書としても働いてもらい、琉球にも何回か行ったことがあります。李君の専門は地域経済論、計量経済学であり、内モンゴルの定期市を研究されてきました。

「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」主催 第4回公開シンポジウム(東京開催) 「中国・北朝鮮脅威論の内実を問う!」

次のようなシンポが東京で12月開催されます。是非お越し下さい。

「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」主催
第4回公開シンポジウム(東京開催)
「中国・北朝鮮脅威論の内実を問う!」

「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」主催の東京での2回目(全体では4回目)の公開シン
ポジウムを下記のような形で開催します。共通テーマは、「中国・北朝鮮脅威論の虚構性を問
う!」です。多くの皆様方のご参加をお待ちしています。


期 日:2016年12月5日(月)17:00~19:00(開場16:30)
会 場:衆議院第二議員会館(東京都千代田区永田町 2-1-2)
資料代:500円(非会員のみ) ※事前申し込みは不要です。

●プログラム●

(共同代表からの開会の挨拶)17:00~19:00 司会者:木村 朗(鹿児島大学)

Ⅰ 顧問からの開会のご挨拶(17:05~17:20)※15 分
前田哲男(軍事評論家)
「東アジア共同体の安全保障構想」

Ⅱ 基調報告(17:20~18:10)※各 25 分
【第一報告】
高野 孟(ジャーナリスト、『インサイダー』編集長)
「米中および日中の海空連絡メカニズム」

【第二報告】
田岡俊次(軍事評論家)
「北朝鮮の“脅威”にどう対処すべきか」
Ⅲ 質疑討論(18:10~18:50)
新垣 毅(琉球新報記者)「沖縄にとっての『脅威』」※20 分
フロアから ※20 分

Ⅳ 顧問からの閉会のご挨拶(18:50~19:00)※10 分
進藤榮一(国際アジア共同学会会長)
「東アジア共同体と沖縄」

【事務局】ご不明な点等がございましたら以下までお願いいたします。
野平晋作(ピースボート共同代表)090-6015-6820、nohira@peaceboat.gr.jp
または木村朗(鹿児島大学)090-2856-0955、kimura@leh.kagoshima-u.ac.jp

「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」主催 第3回公開シンポジウム(名護開催) 「高江・辺野古の今を問う ~現地では何が起きているのか」

次のようなシンポが11月に開催されます。是非お越し下さい。
「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」主催
第3回公開シンポジウム(名護開催)
「高江・辺野古の今を問う
~現地では何が起きているのか」

「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」の発足を兼ねて下記のような形で公開シンポジウムを
開催します。共通テーマは、「高江・辺野古の今を問う~現地では何が起きているのか」です。
多くの皆様方のご参加をお待ちしています。


期 日:2016 年11月5日(土)14:00~17:30(開場13:30)
会 場:名桜大学の110教室(階段教室)
参加費(資料代として):300円(非会員のみ) ※事前申し込みは不要です。
<プログラム>

(共同代表からの開会の挨拶)14:00~14:10 司会者:木村 朗(鹿児島大学)
Ⅰ 基調報告など(14:10~15:40)
【基調報告】伊波洋一(参議院議員)
安倍政権と沖縄基地問題~改憲策動との連動

【現地からの個別報告】
(1) 稲嶺 進(名護市長)
未来に遺すべきもの──沖縄の誇りと真の民主主義をかけて

(2) 山城博治(沖縄平和運動センター議長)←当日まで未確定
高江ではいま何がおきているのか~辺野古新基地建設反対運動との連動

10分間の休憩(15:40~15:50)
Ⅱ 討論者によるコメント(15:50~16:30)
小波津義嵩(学生)「米軍基地について考えはじめて 3 年目の今思うこと」
大矢英代(琉球朝日放送)「高江・辺野古を報道はどう伝えたか」(仮題)←報告予定
Ⅲ 会場参加者を交えての質疑討論(16:30~17::20)
Ⅳ 閉会の挨拶(17:20~17::30)

【現地問い合わせ先】
与那覇恵子(名桜大学)0980-51-1236(直通)k.yonaha@meio-u.ac.jp
または木村朗(鹿児島大学)090-2856-0955、kimura@leh.kagoshima-u.ac.jp
【研究会事務局】
east.asian.community.okinawa@gmail.com 琉球大学・池上大祐研究室直通098-895‐8296

松島泰勝ゼミ学生の成長

昨日は、松島泰勝ゼミの4年生3人が就活方法について3年ゼミ生20人に説明し、意見交換しました。久しぶりに見る4年学生は、頭の回転も速く、プレゼンもうまく、一回り大きくなったように感じました。3年生は、4年生の話しから刺激を受け、自分なりの方法で自らの人生を切り開いていくでしょう。4年生も社会に出て大いに活躍して欲しいと思います。


昨日は、松島泰勝研究室に、1年間アメリカ、カナダ、フィリピンに留学した2人のゼミ生が就活の報告に来てくれました。外国で様々な貴重な経験をし、誰もが知る大きな会社の内定をもらったと嬉しそうに話してくれました。私も嬉しく、学生さんの成長をともに喜びました。「かわいい子には旅をさせろ」と言いますが、本当にそうですね。

東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」主催の公開シンポジウム

埼玉弁護士会の中にある「弁護士の連帯を強める埼玉の会」の田中弁護士から、講演依頼を受けました。12月16日埼玉県で「琉球独立論」と題した講演を行います。弁護士の皆さんと琉球独立論を法律的な見地からも議論したいと思います。一般公開かどうかは分かりませんが、チラシ等ができましたらご紹介させて頂きます。


今日は、大学に出勤しましたが、2講時以降全学休講となり、先ほど、自宅に戻りました。2講時の授業に来ていた大学院生とは、少し研究計画について話し合い、寮に帰ってもらいました。湖西地域もだんだん雨や風が少しずつ出てきました。学生さんも台風には十分気をつけて下さいね。

コモンズから今月発刊された御著書『21世紀の豊かさ』を、編者の一人の中野さんから頂戴しました。心よりお礼申し上げます。「経済成長至上主義への根底的批判とコモンズの再構築を通じた21世紀型の豊かさ」の構想がなされています。


次のようなシンポが今月22日に開催されます。私も報告します。チラシの中で、「鳩山友紀夫」となっていますが、誤字ではなく、「由」から「友」に改名されたそうです。「友愛」に込めたご本人の思いの深さが現れていると思います。

「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」主催の公開シンポジウムの開催

 「東アジア共同体・沖縄(琉球)研究会」の発足を兼ねて下記のような形で公開シンポジウムを開催します。共通テーマは、「東アジア共同体と沖縄の未来」です。多くの皆様方のご参加をお待ちしています。

                  記
期 日:2016年10月22日(土)(開場13:30)14:00~17:00
会 場:神奈川大学(〒221-8686 横浜市神奈川区六角橋3-27-1)
参加費:資料代として300円

(共同代表からの開会の挨拶)14:00~14:10   司会進行:木村 朗(鹿児島大学)

Ⅰ 顧問からのご挨拶(14:10~14:25)※15分
鳩山友紀夫(元内閣総理大臣・東アジア共同体研究所理事長)
沖縄を軍事の要石から平和の要石へ

Ⅱ 研究者からの提言(14:30~16:00)
【基調報告】松島泰勝(龍谷大学教授)30分
「東アジアにおける琉球独立の可能性」

【個別報告】※各20分
(1)阿部浩己(神奈川大学教授)
「琉球/沖縄の過去・現在・未来〜国際法の視座」
(2)元山仁士郎(SEALDs琉球共同代表)
「東アジア共同体」とSEALDs/SEALDs RYUKYU
(3)前田  朗(東京造形大学)
植民地支配犯罪論から見た東アジアと琉球
~ 休 憩 ~
Ⅲ 質疑討論(16:10~17:00)※15分
討論者 石山永一郎(共同通信編集員)
フロアから      ※35分

※(記者会見)(17:000~18:00)事務局で対応します。

※(連絡先):
前田朗(東京造形大学)TEL042-637-8872、maeda@zokei.ac.jp または
木村 朗(鹿児島大学)TEL090-2856-0955、kimura@leh.kagoshima-u.ac.jp

私、松島泰勝は最近、あまりお酒をのまず、代わりに美味しいお菓子を楽しむようになりました

今日の『琉球新報』朝刊に、松島泰勝著「台湾「再皇民化」の現場を歩く(下)親日米、反中の「台独」、多様な声を聞き平和発展を」が掲載されていますので、是非お読みください。


FBのお友達の垣内さんが、松島泰勝著「台湾「再皇民化」の現場を歩く(下)」をアップして下さいました。心よりお礼申し上げます。どうぞお読み下さい。


田んぼの中に、松島がありました。これは自然のものなのか、アートとして作ったのか。新しいクラブハリエでは美的感性が揺さぶられた一時を過ごしました。

私、松島泰勝は最近、あまりお酒をのまず、代わりに美味しいお菓子を楽しむようになりました。今度、ゆっくりと店の風景を見ながらお菓子を食べ、食事をしたいですね。

他のお客さんも、声を上げて、笑みをこぼしながら、この店の佇まいに感動しているようでした。クラブハリエのバームクーヘンはとくに美味しいです。

山と建築物が違和感がなく、大きな中には田んぼがあります。この風景は、食堂や店舗内からも見ることができます。

中庭には田んぼがあり、稲刈りが終わり、稲束が架けられていました。稲作を通じて自然を感じることができます。職員の方が丹念に植物の手入れをしていました。

クラブハリエの中に入ると、中庭があり、それを囲むように曲線の長い小屋がありました。自由に椅子に座れて気持ち良さそうでした。

近江八幡に新しくできたクラブハリエの新しいお店

家の近くにある田んぼでは稲が実り、稲刈りが始まっています。朝晩も寒くなり秋を感じさせます。

重子さんと一緒にテレビを見ています。寝る時も私の腕に頭を置いて寝ます。イビキが大きいのですが、おそらく私のイビキも大きいので、とてもうるさいと思います。

近くで屋根をみると、しっかりと草が生えています。風が吹いても飛ばず、暑い時でも涼しそうです。

近江八幡に新しくできたクラブハリエの新しいお店です。後ろの山と調和しており、なじんでいます。

犬の重子が煎餅を食べています。11歳になり、寝ている時が多くなりましたが、元気です。

「台湾「再皇民化」の現場を歩く」

今日の『琉球新報』朝刊の文化欄に、松島泰勝著「台湾「再皇民化」の現場を歩く(中)各地で抗日運動、日本弾圧・虐殺の謝罪せず」が掲載されています。どうぞお読みください。


今日の『琉球新報』朝刊に掲載された、松島泰勝著「台湾「再皇民化」の現場を歩く(中)」です。Twitterでジョージさんが、昨日の(上)とともにツイートして下さいました。御礼申し上げます。

琉球の新聞社の社会的役割の大きさ

12月17日「松島泰勝講演会、琉球の自己決定権と平和」が大阪で開催されます。是非ご来場下さい。


今年11月27日の東大駒場祭において、東大の学術文化団体が主催する「9条だけじゃない改憲・護憲」と題するシンポにパネラーとして参加する予定です。護憲派、改憲派の学者そして会場の参加者とともに、琉球独立、日本と琉球との関係、日本国のあり方、あるべき憲法像等について真摯な議論をしますので、ご関心がある方はどうぞご来場下さい。

今日の『琉球新報』朝刊文化欄に、松島泰勝著の「台湾「再皇民化」の現場を歩く(上)」が掲載されていますので、どうぞ御読み下さい。本日の掲載を教えて下さった乗松様、御礼申し上げます。


毎日新聞元記者で、現在、聖心女子大学教授をされている大野さんのゼミ生、遠藤さんが松島泰勝研究室に来られ、琉球の2つの新聞社に関してインタビューを受けました。日本のメディアの危機的状況に比して、琉球の新聞社の社会的役割の大きさ、メディアとしての健全性を改めて確認しました。

琉球の読者が2紙を支えており、その報道内容も琉球の現実を踏まえたものであり、「偏っている」のではありません。遠藤さんからは2紙に関する研究を丹念に進めようという意欲を感じました。来月、琉球現地での調査でも実り多い成果が得られるようお祈り申し上げます。

| ホーム |


 BLOG TOP