FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

久高島の自治についての新聞報道(琉球新報)

琉球新報2008年1月4日朝刊に、久高島振興会による自治の活動が紹介されていました。NPO法人ゆいまーる琉球の自治の理事である内間豊さんの言葉も書かれています。

昨年3月、久高島でゆいまーるの集いが開かれましたが、そこで住民の方が語っておられた自治に対する熱い気持ちが思い起こされます。



久高島元気 特産品次々、観光客も増加


久高島が元気だ。県内外からの観光客が増加しているのに加え、島の人たちが特産品を生産し、安座真港や徳仁港で販売。過疎に悩んだ島が輝きを取り戻し始めている。

 活性化の仕掛け人は、NPO久高島振興会(西銘文則会長)。2000年に設立された同会は宿泊施設、レストランの運営、特産品開発などを行い、昨年11月には島の振興に貢献したとして総務省から表彰された。

 同会の目的は、島に無理をかけずに住民一人一人が自立し、自分らしく生きていける島にすること。

そのため、宿泊施設の建設などハード事業は行政が行ったが、運営については市からの補助は一切ない。

 会員の一人で同会の前身「コミュニティー推進委員会」の委員長も務めた内間豊さん(59)は「島は36年間失業対策事業で、何もしないで仕事を与えられてきたが、36年もするとどうやって生きるのか、という自立の精神がなくなってしまっていた」と振り返る。

 設立から3年目までは赤字が続き、4年目からようやく黒字に転換した。
サラリーマンを辞めて島に戻り、振興会の中心となって活動している理事の西銘政秀さん(61)は「試算すると500万―600万円の赤字が出た。

それでも、島のために覚悟を決めた設立理事12人の思いと、ボランティアの協力が大きかった」と話す。

 設立から8年。島では小さな起業が相次いでいる。イモや海ブドウ(クビレヅタ)、イラブー(エラブウミヘビ)、お茶など次々に生まれる特産品を流通させるのも振興会の大事な仕事だ。

内間さんは「生産なき観光はもたない。相手に見下される」と島の人たちが工夫して物を作り出すことの重要性を挙げる。

 金もうけが目的ではない。将来的に利益が出てくるようになれば、島の子どもたちやお年寄りに還元したいと考えている。

 「島のお年寄りは『島で死ねたら本望』と言うが、現実はみんな沖縄本島の施設に入り、本島で亡くなっている。島をつくり、守ってきたお年寄りたちが最後まで島にいられるようにしたい」。内間さんと、西銘さんの島に対する思いは熱い。

スポンサーサイト



<< 『境界性の人類学―重層する沖永良部島民のアイデンティティ 』のご紹介 | ホーム | 特定非営利活動法人 ゆいまーる琉球の自治定款⑦ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP