FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

国際開発学会全国大会沖縄部会開催される

昨日は早稲田大学で開催された国際開発学会全国大会におきまして、沖縄の振興開発と内発的発展に関するシンポを開催したしました。

有意義な議論ができたと思います。
真喜屋さんは米軍基地の跡地利用問題について読谷村の事例を中心に報告しました。
本浜さんは、本土人主導による沖縄に関する言説の創造を明らかにし、特に貧困イメージを作り出すことで基地を
押しつけるという権力関係について力説されていました。

鈴木さんは、タイとの比較で沖縄の内発的発展の成功事例を検証し、「内発的発展」の内容を問いただしながら、
より地域の人間のための発展である内発的発展を実現させたいという意思を感じ取ることができました。

私は38年間の振興開発の総括を行い、沖縄人の安全保障を実現せるべきの開発が逆にそれを沖縄人から奪っていることを明らかにし、これからの沖縄の内発的発展の在り方を提言しました。

西川先生、上村先生の貴重なコメントを頂戴しました。また座長の阪本さんは司会として議事を的確に進めてくださいました。

会場には多くの方が来てくださり、多くの質問や貴重なコメントを頂戴しました。

2007年に沖縄大学で開催された国際開発学会の講演会で行った内閣府沖縄担当部局の政策統括官の講演内容が非常に植民地主義者的な内容であったという、会場からの発言がありました。このような発言をする官僚が存在することも、沖縄が日本の植民地であることの証拠であるといえます。

今回の知事選でも振興開発が一つの大きな争点になりましたが、現在の振興開発をどのように総括し、次の沖縄の内発的発展につなげるのかが一人一人の沖縄人に問われていると思います。

また日本本土側でも、国民の税金による沖縄の振興開発が沖縄人の人権を大きく侵害していることをどのように考えるのかが本土人一人一人に問われていると考えています。

これからも振興開発がもつ暴力性を徹底的に明らかにし、琉球の島々、シマジマにある公共空間における内発的発展を具体的に検討するとともに、沖縄の地域主権を確立するために私自身が沖縄人の当事者として、沖縄、日本、として国連で運動し、それをまた研究に還元していきたいという決意をさらに強くしました。
スポンサーサイト



<< 第8回ゆいまーるの集い 13 | ホーム | 浜松での沖縄開発、政治、自治に関する講演会 >>


コメント

振興開発について私たちが生活している足元から考え、学び、深めていかなければと思います。今回の知事選挙で考えさせられました。研究者の皆さんと私たち市民の連携が大事ですよね。「国の権力と貧困」の問題については、福祉労働の現場においても共通すると思います。うまくは云えませんが。

Re: タイトルなし

> 振興開発について私たちが生活している足元から考え、学び、深めていかなければと思います。今回の知事選挙で考えさせられました。研究者の皆さんと私たち市民の連携が大事ですよね。「国の権力と貧困」の問題については、福祉労働の現場においても共通すると思います。うまくは云えませんが。

村山様

お返事ありがとうございました。また、伊平屋島では大変お世話になりました。村山さんに久しぶりにお会いして大変楽しく、名護のことをいろいろと教わり、感謝しています。
昨日の国際開発学会も大変示唆的でした。コロンビア大学のスピッバクさんが「ジェンダーが開発」のアリバイとして使われているという指摘をされました。開発を正当化するために、ジェンダー、先住民族などが開発主導者によって利用されています。西川潤先生はODAは必要ないと主張されました。また開発問題は海外のことではなく、沖縄の振興開発にように私たちの問題である。沖縄の振興開発によって問題が山積しており、この開発を根本的に私たち自身が問い直す必要があると力説されました。

国家権力が暴力を作り出しています。市民と研究者とのネットワークをつよくし、基地を押し付けるための振興開発を問い直し、拒否していきましょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP