FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第8回ゆいまーるの集い 14

画像 146

伊平屋島で各自がまなんだことを、これから元の生活の場所に戻り、活かしていこうと改めて誓いあいました。

画像 148
ホテルにしえの前での写真です。ホテルにしえには東屋があり、11月でしたが、それほど寒くなく、東屋で皆で話会うこともできました。料理もおいしく、ホテルの方々も非常に親切で、交流会にも参加してもらいました。島の愛を感じることができる島の宿泊所でした。

画像 149
伊平屋港の前にある土産販売、食事をする小屋がありました。商工会の女性部が運営していると聞きました。工夫を凝らした特産物がたくさんありました。

新元さんと村山さんが食事をしていました。他のメンバーも沖縄そばを食べました。

大見謝さんにもまたお会いし、楽しい、大きな笑いで元気をもらいました。前日からのツールドオキナワの受け入れで忙しそうでした。それにもかかわらず、集いで話して下さり、感謝です。船に乗るときに、黒砂糖をもらいました。

伊平屋島から船で本部半島まで行き、夜は安里のヒージャー料理店で安里英子さんと、川満信一さんとお会いして酒を飲みながらお話を伺いました。川満さんからは新しい詩集を頂戴しました。
スポンサーサイト



<< 琉球の言葉 | ホーム | 第8回ゆいまーるの集い 13 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP