FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

多様な島嶼の言葉

アバターさんからのコメントです。

>ウイグルでは多数の人間が核実験で死亡している

無法者の中国どころでない大量の核実験を米国・ソ連、
そしてフランス・イギリスも原住民族の土地で行い多数の死亡しています。
言論の自由など人権問題は米国・日本のほうが中国よりましですが、
民族抹消ジェノサイドの民族問題は米国・日本も中国と同じです。

>ASEAN諸国が米軍の力をうまく引き入れようと考えているさなか、それに反する動きをする

あまりASEAN諸国知りませんが、フィリピンは米軍を撤去させました。

>ある同系統の言語を独立のものとするか、方言とするかはあくまで政治の世界の話であり、言語学はあまり関係がありません。

そうですね。
言語学者が言語学的に方言説を論じる立場の学者がいますが、嘘つき学者ですね。
政治的にというべきですね。

>日本語派と琉球語派の違いを等価で並べるべきではなく、ゲルマン語派間の違いくらいと想定するのが適切と

単純に、語族のレベルで例えましたが、
言語の差の等価まで例えれば、そのようになると思います。

ゲルマン語とその下位のドイツ方言、オランダ方言、英方言というべきですね。
ラテン系の言語はほんとに方言くらいの違いしかないと思います。
スラブ系なんか同一言語が宗教の違いなどで分かれていたりします。

南シナ海問題は米軍なんか関係なくあります。
むしろ米軍は中立か、中国に協力しているようです。

>シナ・チベット語族に関してはまだまだ研究途上と言えますが、シナ・チベット語族という枠組自体はそろそろ安定してきているという印象
>シナ・チベット語族のそれ自体がウラル・アルタイ語族のように消え去ってしまう枠組みとは思えませんね。

インド・ヨーロッパ語族は体系的で研究が確立しているみたいですね。
シナ語族とチベット・ビルマ語族はウラル・アルタイ語族以上に枠組みが消えるような印象に思います。

http://blogs.yahoo.co.jp/avatar4649/61272242.html

どちらにせよ、チベット・ビルマ語族(派)は細かく分けてチベット民族を分断しているのに、
シナ語族(派)は唯一中国語だけです。

あと日本語族が孤立語というのも疑わしいと思います。
韓国語と文法的にだいぶん近いと思います。
韓国語も孤立語らしいが、アルタイ語族と近いのではないですか。
チベット語の語順は中国語と違い日本語に近いようです。

>上の文章の主語は日本ですか。

下手な文章でわかりにくいと思いますが、申し訳ありません。

日米安保条約や米軍は、莫大な負担を琉球にかけているのに、
中国は、米軍存在根拠のための仮想敵国であるのに、
中国は、根拠の乏しい領有権言いがかりしているのに、
米軍は、日本の味方になって助けず、最も現実的の安全保障の尖閣諸島問題は中立にしている。
それで米軍占領を正当化する者たちは、米軍の犬どころではないですね。



私のコメントです。


> >良いご提案だと思います。具体的な調査方法(だれがどのようにやるのか)、質問項目案等があればご提案ください。
>
>  幸いにして『賛同人』の方々の出身は琉球の様々な地域ですから、まずはその方たちの意見を聞くのがよろしいかと。
> 幾つかのモデルに絞ってから、アンケート等を取るべきだと思います。

賛同人には日本人、ハワイ人、イタリア人など色々な民族もいます。

>

>  アンケートはできるだけ最小限の費用で行なう必要があります。方法を考えることも勿論ですが、対象を絞ることも必要かと思います。『琉球とは複数の民族である』=『文化が沖縄本島中南部とは違う』という事なので、アンケートは沖縄本島中南部以外の地域の出身者を中心にして行えばよろしいかと思います。
>

「沖縄本島中南部」とどの地域が違うのですか。

> 設問としては大きく二つ。
> ◯どういう分け方が望ましいですか
> ◯貴方の民族名と出身地域は何ですか
>
> ------------------
> 民族案
> ■(1)
> 琉球全体で単一民族とする。
>
>
> ■(2)
> 奄美、沖縄、宮古、八重山の四つの民族とする。
>
>
> ■(3)
> 言語区分に基づく民族
>
> 北奄美 (奄美市・龍郷町・大和村、109,518人)
> 南奄美 (瀬戸内村・宇検村、11,748人)
> 喜界島 (喜界町、8,088人)
> 徳之島 (天城町・徳之島町・伊仙町、25,196人)
> 沖永良部島 (知名町・和泊町、14,551人)
> 与論島 (与論町、5,380人)
> 国頭 (名護市・国頭郡の町村・伊平屋村・伊是名村、128,502人)
> 沖縄 (沖縄市・うるま市・宜野湾市・中頭郡・浦添市・那覇市・豊見城市・糸満市・南城市・島尻郡、1,158,454人)
> 宮古 (宮古島市、52,167人)
> 八重山 (石垣市・竹富町、50,952人)
> 与那国 (与那国町、1,668人)

良く調べましたね。

>
>  南奄美は、適切な包括地名が見当たらない。『奄美下方』というやり方もあるが、上方、下方の区分は奄美大島全体の区分だけでなく、三方村(現奄美市)の区分でもあるため混乱を招く可能性がある。
>
> ■(4)
> (2)と(3)を組み合わせての二重アイデンティティ、或いは(1)(2)(3)の三重アイデンティティ。

高橋孝代さんの本をお読みください。沖永良部島の方々のアイデンティティの複数性について論じられています。

> >公用語とは一種の共通語
>
> 公用語はいくつあってもかまいませんが、
> 共通語がいっぱいあっては、共通語になりません。

共通語を一つに限定することによって生じる、差別性、排他性をどうするかが問題です。島々の多様な言葉の存在をみとめた、それらを土台にした新たな共通語ができればと思いますが。

>
> 母語の琉球諸語は第一言語、
> 共通語は第二言語として一つになると思います。
>
> 琉球の共通語は現実的には日本語になると思いますが、
> それでは植民地国とあまり変わらないし、
> 琉球のアイデンティティとしても独自性がそこなわれると思います。
> 琉球國の共通語の首里語が最も理想的と思います。

それに関しては、奄美諸島、先島諸島の方々が了解しないでしょう。言葉には歴史性があり、首里は王国の中心で、権力の中心でした。
>

> 言語学習の負担を小さくするには、
> いっそ、世界共通語の英語を第二言語にしてしまえば、
> 母語と英語だけで済みますし、世界もそれが最も広いと思います。

英語はミクロネシア連邦、パラオでも共通語ですので、世界と琉球とをつなぐ言葉になります。

スポンサーサイト



<< 琉球の個々の島における自己決定権の行使 | ホーム | 琉球の言葉 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP