FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球人とは何か

エルファイアーさんからのコメントです。

琉球諸民族案&avatar4649さんへ
>「沖縄本島中南部」とどの地域が違うのですか。

 例えば、奄美大島の人が琉球人、或いは沖縄人と名乗るのには違和感を覚えるという話も聞きます。
沖縄という地名は、本来沖縄本島を指し、そして、琉球王国も沖縄本島から始まっているからです。
だから、『沖縄に近いし、琉球とも言えるけどちょっと違うんだよなぁ』という違和感を『沖縄人と同系統である琉球系の奄美人』という概念に置き換える必要性があると思うのです。
まあ、奄美を例に出したのは、奄美群島の人々がその問題が深刻だと思っているからです。
そして、奄美群島のなかでも、奄美大島ではないところ、
喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島といった、奄美でも奄美として括りきれない文化があるところが一番複雑なのかなぁ、と考えます。

よって、地域別の優先度としては、
1、沖永良部島、与論島
2、喜界島、徳之島
3、奄美大島南部(大和村、宇検村、瀬戸内町)
4、奄美大島北部
5、宮古、八重山
6、沖縄本島の周辺諸島
7、沖縄本島北部
8、沖縄本島中南部
となります。

------------------

>良く調べましたね。

ネット、特にCiNiとWikipediaiは偉大です。

------------------

>高橋孝代さんの本をお読みください。沖永良部島の方々のアイデンティティの複数性について論じられています。
http://www.amazon.co.jp/s?ie=UTF8&rh=i:stripbooks,p_27:%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%AD%9D%E4%BB%A3&field-author=%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%AD%9D%E4%BB%A3&page=1

値段が・・・・・
図書館のアンケートに入れます(涙。

------------------

大和村についてですが、言語は奄美大島北部ですが、文化的には奄美大島南部であることもあるみたいです。
こうなってくると、奄美大島南北に分けて考えるやり方も適切ではないのかも・・・・・。


----------------------------------------
avatar4649さんへ
>>ウイグルでは多数の人間が核実験で死亡している

>無法者の中国どころでない大量の核実験を米国・ソ連、
>そしてフランス・イギリスも原住民族の土地で行い多数の死亡しています。
>言論の自由など人権問題は米国・日本のほうが中国よりましですが、
>民族抹消ジェノサイドの民族問題は米国・日本も中国と同じです。

存在することは認める。
しかし、規模の違うもの、性質の違うものを一緒くたにはしたくない。



>あまりASEAN諸国知りませんが、フィリピンは米軍を撤去させました。

そのせいで、無人島とは言え係争領土が中国の手に落ちてしまったことは有名です。
その後、方針転換し、基地建設までは行かないにしろ合同軍事演習という名目で米軍を受け入れています。



>南シナ海問題は米軍なんか関係なくあります。
>むしろ米軍は中立か、中国に協力しているようです。

アメリカは敵を育てる悪癖がありますから・・・・
しかし、最近はだいぶ方針転換してますよ。



>どちらにせよ、チベット・ビルマ語族(派)は細かく分けてチベット民族を分断しているのに、
>シナ語族(派)は唯一中国語だけです。

まあねぇ。中国語がとんでもないくらい変異があるのは確かなんだけど、例えば、広東人が、『俺は漢民族ではなく、粤民族である!』とでも宣言しない限りはなんとも・・・・・
つまらんことに、漢民族という枠組みには安住しちゃってんだよね。
民族意識がないんだからしょうがない。


>あと日本語族が孤立語というのも疑わしいと思います。
>韓国語と文法的にだいぶん近いと思います。
>韓国語も孤立語らしいが、アルタイ語族と近いのではないですか。
>チベット語の語順は中国語と違い日本語に近いようです。

系統的に関係なくたって、文法が近い例なんてたくさんあるさ。語族なんて、ゴマンとあるんだから・・・・。
まあ、俺もプロじゃないから詳しい説明はできないけど、語族でまとめられたグループってのは、祖語(=語族の最初の分岐以前の言語)が再建できることが前提となっている。
そのキーポイントが基礎語(=外から入ったのではない、昔から受け継がれた単語)。
同系統と思われる様々な言語の基礎語を比べ、その言語の変遷を再構築する。
すると、明らかにランダムではない変化が起きていることがわかり、その変化が起こった年代と起こった言語が分かる。
グリムの法則とかが有名。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%A0%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87



琉球人さんからのコメントです。

何故? 日本人は....
アメリカ合衆国も、カナダも、オーストラリアも、ニュージーランドも、元々は、イギリスの半植民地的国から出発していますが、今や、完全な独立した、個性溢れる世界の名士国家です。
歴史的にみれば、イギリスの影響から離れて、着実に、自分達の国の存在意義を世界の中で築き上げ様と意欲的です。

何故?日本人は、上辺だけの評価に気を奪われて、自分達の国の、人材、人的資源、独創力、勤勉さを、守り抜く事が出来ないのでしょうか?
外との価値観のすれ違いが、発生しだすと、簡単に自分達自身を見限るのでしょうか?
あるいは、卑屈な独りよがりに陥るのでしょうか?

答は簡単です。
血の通わない心に自分自身が負けているからです。
自分自身から一番身近な、皮膚感覚より、身を護るのに勝る確かなモノはない。
頭の中が、独善感覚の鎧で着膨れしているからです。

自分の屁理屈を語るのは、誰にでも出来る。
現実、人々を育て上げるといった、柔軟性が要求される事は、容易な事では決してない。


私には、多数のスペイン人の友人達は、かつての無敵艦隊時代の残忍な面影は微塵も感じられない。
日本の田舎の人々のように、とっても気さくで、とっても明るい。
物事を捉える感覚が自然に近い、支配的な自己中心性で、人間社会という複雑怪奇さと、真摯に向き合っている面が、いつも、感じられる。
これらは、現代の日本人が、完全に見失っている 精神ですよね。
日本人は、金と保身しか、頭の中にないのか! と、憤慨しますね。

う~ん、彼等は外国人だし~.....。


なんて、声が聞こえてきそうですが、

又、内と外で分けてしまえば、世の中済まされる訳なのでしょうか?

こんな事は、いつまでも続きませんよ。

だからといって、私は、沖縄人の擁護人ではない
今日の、沖縄に山積している諸問題の多くは、日本人を批判した事と同様に、日本人社会による植民地的支配と抑圧とは、別に、すげ替えられてしまった大和化の名の基に、仮のアイデンティティーを植え付けさせられた琉球人、沖縄県民、そして自分達自身の偏狭さ、無知、恐れ、意思薄弱さ、これらが、招き入れてしまっているという事実も、残念ながら、否めないのが、現状の琉球の琉球人による完全自治といういささかしたたかさと根気要するロマン的活動の実情と実態をそっくりそのまま映し出してくれてはいる

中央から遠隔地だから、ウチナーンチュが、存在しているのか?

私の答はノーである。

日本の遠隔地に存在する人々は、どこの地方に訪れても、確かに、日本の田舎の人であって、ウチナーンチュではない。

我々、琉球人の中央は、あくまでも、何処までも、琉球に在る




スポンサーサイト



<< 琉球人にとって琉球は世界の中心 | ホーム | 琉球の個々の島における自己決定権の行使 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP