FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北琉球と南琉球との文化的近さ

エルファイアーさんからのコメントです。

>奄美諸島、宮古八重山諸島は首里王府によって侵略されたので、沖縄島と一緒にされることに違和感があります。「沖縄本島中南部」というように、沖縄島の中で「北部」と「中南部」とを分けている、民族学的な理由は何ですか。
>奄美大島の北部と南部を分ける、民俗学的な要素は何ですか。

基本的には、Ethnologueの分類に従っています。多分、ユネスコの分類も同じだと思います。
http://www.ethnologue.com/show_family.asp?subid=1721-16


奄美大島に関しては、言語分類の他に、島唄が南北に分類されていること(笠利唄と東節)、ノロに関しても南北に流派が分かれていること(須多組と真須知組)から、この分離が妥当であると考えました。

ただし、言語分類では大和村が北ですが、島唄やノロからみた文化圏では南で、間切から見ても宇検村と共に焼内間切となっていたので、大和村はどうなるんだろう、と疑問に思っている次第であります。

沖縄本島北部は、広義の『やんばる』となっており、確かに丘陵地が多い地形で、基本的に低地である沖縄本島中南部とは様相が違います。そして、れっきとした北山王国という歴史的枠組みがあり、言語境界線は丁寧に北山王国と中山王国の上を通っています(恩納間切が設置される以前の歴史的な境界線が言語境界線に保存されています)。

では、沖縄中部と南部は分けないのかという問いかけをなされる方もいるかも知れませんが、中部と南部は地形的な障害はなく、言語分類から見ても、あまり差はないようです。そのため、あえて分ける必要はないだろうとの結論に達しました。もっとも、中山王国と南山王国の意識、中部と南部は違うんだという意識が残っているのならば分けて考えたほうがいいのかも知れません。
アバターさんへ
>アイデンティティにしても日本人移住者と先祖からの人と区別する方が正確と思います。

現代・近代移民とそれ以前の移民を分けて考える必要があります。

例えば、シベリアには多数のロシア人が居ますが、その中でも初期移住者は『シベリア人(シビリャク)』と名乗っているそうです。
民族学的には先住民とロシア人の中間的な性質をしているらしく、先住民との親和性は高いそうです。

それと同じように、奄美方面にも薩摩藩の子孫が居るそうです。彼らを、近代移民と一緒にしてはならないと思います。


もう一つ注意すべきは、必ず地域別の集計結果を出さなければならないと思います。例えば、沖縄本島と八重山で政治的傾向が違った場合、統合して結果を出せば、数によってかき消されてしまいます。



私のお返事です。

> >奄美諸島、宮古八重山諸島は首里王府によって侵略されたので、沖縄島と一緒にされることに違和感があります。「沖縄本島中南部」というように、沖縄島の中で「北部」と「中南部」とを分けている、民族学的な理由は何ですか。
> >奄美大島の北部と南部を分ける、民俗学的な要素は何ですか。
>
> 基本的には、Ethnologueの分類に従っています。多分、ユネスコの分類も同じだと思います。
> http://www.ethnologue.com/show_family.asp?subid=1721-16
>
>
> 奄美大島に関しては、言語分類の他に、島唄が南北に分類されていること(笠利唄と東節)、ノロに関しても南北に流派が分かれていること(須多組と真須知組)から、この分離が妥当であると考えました。

島唄の2分類、ノロの各流派についてですが、具体的にどのような内容に違いがあるのでしょうか。


>
> ただし、言語分類では大和村が北ですが、島唄やノロからみた文化圏では南で、間切から見ても宇検村と共に焼内間切となっていたので、大和村はどうなるんだろう、と疑問に思っている次第であります。
>
> 沖縄本島北部は、広義の『やんばる』となっており、確かに丘陵地が多い地形で、基本的に低地である沖縄本島中南部とは様相が違います。そして、れっきとした北山王国という歴史的枠組みがあり、言語境界線は丁寧に北山王国と中山王国の上を通っています(恩納間切が設置される以前の歴史的な境界線が言語境界線に保存されています)。

与論、沖永良部の各島は北山文化圏の影響を受けていると言われます。ゆいまーるの集いで沖永良部島に行ったとき、多くの住民が沖縄との一体化を希望していました。


>
> では、沖縄中部と南部は分けないのかという問いかけをなされる方もいるかも知れませんが、中部と南部は地形的な障害はなく、言語分類から見ても、あまり差はないようです。そのため、あえて分ける必要はないだろうとの結論に達しました。もっとも、中山王国と南山王国の意識、中部と南部は違うんだという意識が残っているのならば分けて考えたほうがいいのかも知れません。


琉球人さんからのコメントです。

定義こそ、奥は深い議論を要すべき
文化圏の共有と、それに伴って発展と展開の共有です。
拡がりを待望するならば、当然、薄弱してしまう部分も、又、総体が抱えてしまう問題であり、我々、琉球文化圏を共有する人間としては、慎重に、掘り下げた展開をより、重視していく事で、更には、根っこの、原始からの繋がりを発見していく事によって、繋がり意識を再確認する作業が、絆を強めていく重要な、要素を育んでいくでしょう。

中央集権主義者達の偽の民族主義に操られてはならない!
民族主義、民族を語る事は、相対的に、個性の違いを認め合う事に他ならない。
権力欲にかられて、人間社会を掌握する為に、民族性とは、存在していないハズではないですか?

言葉巧みな、《大嘘》 に、決して、騙されるな!

個性を尊重し、お互いが、育み合う事が、明るいまともな人間の考える本道である。

歪んだ自己顕示欲に、決して、導かれてはならない!!

さも、「自分達民族だけがが、生き残れば、円満だ。」 等と、考えている様な輩は、自己中心的な孤独な人間なのである。
誰からも相手されている訳などないハズである。
そんな奴には、最初から、すべては、意味を成さない無意味な人間なのである。
耳を傾けなさるな!!

身も心も独立した人間の道
日本の中央集権主義者達の本質は、他人から、「ピンはね」して、さも、自分達の手柄の様に、見せかけているのである。

自分達の努力ではない!
自分達の流した血と汗と涙ではない。

有能な人間とは、率先垂範の人であり、あまり、多くを語らぬ者でもあり、人工的な権力を憎み、神聖な孤高によって、自らを自分自身で支え事の出来る人である。

それに比べて、中央集権主義者達は、いつも、自分達の逃げ場、隠れ家だけの事しか、考えつかない。
世界の何処にいようが、怯えて生きているのである。
沖縄人を擁護するつもりは、特別ないが、ウチナーンチュは、外国でると陽気さを取り戻し、水を得た魚といった感じだが、そして、くれぐれも、中央集権主義者達の嘆きなどには、最初から、同情なさるな!

本質的に弱いから、人間が群れる事で、強くみせかけ様とするのである。
関わっても、人間が、暗く、憂鬱になるだけ、である。

何故か?

自分達の世界から、抜け出せないから、である。

親しい友人など、友情など、育める訳などない。
ましてや、異国の人間ならば、なおさら、不可能に近い。
この手の輩は、口先だけである。

何故か?

人間の心などは、通っていないからである。
だから、知性もないくせに、頭に走り、知識人ぶるのである。
だから、決して、騙されるな!
日本の右翼は、そんなモノである。

クーデターが、起きる事ぐらいしか、自己顕示欲の発散の場がない哀れな人々なのである。

昔は、騙されたかもしれないが、そうはいかないぞ!!





スポンサーサイト



<< 移民、民族と琉球 | ホーム | 琉球人にとって琉球は世界の中心 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP