FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『境界性の人類学―重層する沖永良部島民のアイデンティティ 』のご紹介

沖永良部島で生まれ育った高橋孝代さんが書かれた、『境界性の人類学―重層する沖永良部島民のアイデンティティ』 をご紹介します。本書は第35回伊波普猷賞を受賞いたしました。

NPO法人ゆいまーる琉球の自治の理事である、前利潔さんも高橋さんご自身や御著書を高く評価していました。

昨年末、本書を読ませていただき、多くのことを学ばさせいただきました。境界としての島社会の住民がどのように自らのアイデンティティを形成したのかを、さまざまな側面から明らかにしてくださいました。

すべての島嶼はボーダー・アイデンティティ形成の要素をもっているのかもしれません。私がこれまで生活し育ってきた琉球、太平洋諸島においても住民の意識形成の過程は多様で、その内実も固定的なものではありませんでした。

私はまだ沖永良部島に行ったことがないのですが、北琉球(奄美諸島)と南琉球(沖縄諸島、宮古八重山諸島)とを結ぶ沖永良部島にぜひ、行ってみたいと思うようになりました。

高橋さんは現在、オランダで生活されていますが、私は欧州地域にある島嶼におけるアイデンティティ形成についても大変、関心がありますので、いつか教えて下さればと思います。

また、高橋さんは、これまで米国、タイ、日本、オランダ等、世界中で生活してきましたが、沖永良部出身者としての意識を持ち、魂の根っこを問い続けており、非常に貴重な存在だと思います。多くの島嶼民の励みにもなるのではないでしょうか。

本書の目次は次の通りです。

序 章:課題
第一章:先行研究と本研究の課題

第二章:沖永良部島の概観
第三章:外部勢力による政治支配とアイデンティティ形成
     ――「鹿児島/沖縄」の境界性――

第四章:エスニシティとアイデンティティ
     ――「日本/沖縄」の境界性――

第五章:芸能文化とアイデンティティ
     ――「奄美/沖縄」の境界性――

終 章:アイデンティティ論の再構築に向けて

本書は2006年に弘文堂より出版されました。
スポンサーサイト



<< 沖縄の内発的発展 | ホーム | 久高島の自治についての新聞報道(琉球新報) >>


コメント

同感です

同感です。ぼくも随分、琉球弧を考える手がかりをおらいました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP