FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

移民、民族と琉球

アバターさんのコメントです。

移民は自然を征服する開拓者
>シベリアには多数のロシア人が居ますが、その中でも初期移住者は『シベリア人(シビリャク)』と名乗っているそうです。
>民族学的には先住民とロシア人の中間的な性質をしているらしく、先住民との親和性は高いそうです。

そんなふうに移民を別民族になったようにするのは、
移民を土着化させて入植地占有を先住民的に正当化するための騙し用語と思います。
民族はある程度隔絶して約千年単位かからないと別民族に分かれないと思います。

移民の99%以上は産業革命以後交通が発達した19世紀後半から20世紀初めをピークの近現代の大量移民と思います。
それ以前の移民も近現代移民と同化していると思います。
先住民さえ移民に同化しています。

自給自足の自然と共存する生活する人々なら、
先住民との親和性は高いそうと思います。
大土地所有して自然を開拓してきた白人などにそんな人々はいないでしょう。



エルファイアーさんからのコメントです。

>島唄の2分類、ノロの各流派についてですが、具体的にどのような内容に違いがあるのでしょうか。

■現代奄美しまうた論
http://www.kyoto-seika.ac.jp/education/research/r2005/pdf/fukumoto_waka.pdf
<抜粋>
『北部の平地を象徴するようなスローテンポで平坦な回し方をするカサン節に対し、南部の高い山々に囲まれた
起伏の激しい地形を思わせるような抑揚の激しい歌い方で、速いテンポのヒギャ節というふうに比較される。』

[注]カサン節=笠利節、ヒギャ節=東節
抜粋にはないが、イェーチ節=焼内節は東節の一部とも言える。

ノロについては、以下二つのリンク参照

■第6章“大和世(ヤマトユ )”
http://www.city.amami.kagoshima.jp/amami-e/amamikokaitei/1bu%206sho.pdf
6ページ目


■「はら」と「はるち」(Ⅰ)
http://www1.odn.ne.jp/n-unasaka/hara1.htm
<抜粋>
『この「須田組」というのは、傍系という意味だと通説にはいわれている。いわばノロ宗教における新教である。真筋組というのは、ノロ宗教の正統を引いたものでいわばノロ宗教の旧教である。』

アバターさんへ
>そんなふうに移民を別民族になったようにするのは、
>移民を土着化させて入植地占有を先住民的に正当化するための騙し用語と思います。

 まず、一つ。
確かにシビリャクはロシア帝国の膨張と全く関係ないというわけではありません。しかし、シビリャクの大半はロシア帝国そしてロシア民族主義から見れば忌むべき存在として扱われていることに留意すべきです。
(ロシア民族主義の観点からすると、ロシア人が『現地化』したということは、ロシア民族の文化がまるで先住民の文化に敗北したかのように感じられたため。)
そして、もう一つは、シビリャクはロシア帝国の意向で入植したわけではないということです。彼らは先住民との交易している間に定着した人々であり、ロシア帝国の圧力を背景にシベリア鉄道を使って侵入してきた連中とは違います。

 その入植が良いことだとは言いません。しかし、実態として出来上がったものと、それが中央政府にとっての有利不利とは関係ないのです。シビリャクが『ロシア人と別民族になったという実態』と、『ロシア人とは違うという自意識』を持っていればそれは独立の民族として認めるべきであります。

無論、薩摩藩の藩士の子孫たちがどういう文化を持っているか、どういう自意識を持っているか、というのはきちんと調査しなければわかりません。そして、自意識は時代や状況によって変動することもまにも注意しなければなりません。






>民族はある程度隔絶して約千年単位かからないと別民族に分かれないと思います。

全然違います。民族が完全に分化するには三百年くらいの分断があれば可能です。ボスニア・ヘルツェゴビナげ壮絶な民族浄化が起こったのだが、ボシュニャク人はオスマントルコがバルカン半島を安定支配してからようやく出来てきた民族です。




>移民の99%以上は産業革命以後交通が発達した19世紀後半から20世紀初めをピークの近現代の大量移民と思います。
>それ以前の移民も近現代移民と同化していると思います。
>先住民さえ移民に同化しています。

>自給自足の自然と共存する生活する人々なら、
>先住民との親和性は高いそうと思います。
>大土地所有して自然を開拓してきた白人などにそんな人々はいないでしょう。

 確認しておきますが、私が言っているのは、近現代の大量の移民と、それ以前の移民は違うものであり、その二つの異なる集団を一緒くたにしてはならない、と言っているわけです。『移民の99%』の近現代移民に移民としての権利を認めよ云々とは一言も言ってないですが。
 『それ以前の移民』が『近現代移民』に取り込まれる例も確かに有りましょうが、全てではありません。


---------------------
追記

先住権も少数権も基本的には認められるべき存在であります。
しかし、少数権は先住権に優先されるべきだと考えます。
それが世界の多様性を少しでも多く残す道であるならば。

琉球人さんへ
さて、前々から気になっていたのですが、貴方は何を指して右翼と言ってるのでしょうか?
一口に右翼と言っても様々な種類があります。

例えば、国家主義者と民族主義者は厳密には違いますし、米軍基地への態度から見ても、完全に親米やってて歓迎している層もあれば、国辱であるから撤去せよという人も居ますし、中国が脅威である以上仕方がないと言っている人も居ます。
戦前への態度を見ても、完全な懐古主義者もいれば、あんな時代に戻るのはカンベンだ、という人も居ます。
日本のあるべき政体については天皇親政を求める人もいれば、自由主義と民衆主義がまず前提として必要である、という人も居ます。

追記
色々書きましたが、このような違いを、大きいものと見るか、それほど大きくないものとして見るかは地元の人しか判断のできないことです。

スポンサーサイト



<< 琉球のノロとユタ | ホーム | 北琉球と南琉球との文化的近さ >>


コメント

お互い様に、違いを認め合う事から


火災は、ボヤで済めば、不幸中の幸いと呼べるモノですよ。


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP