FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球のノロとユタ

小生の返事です。


Re: 定義こそ、奥は深い議論を要すべき
> 文化圏の共有と、それに伴って発展と展開の共有です。
> 拡がりを待望するならば、当然、薄弱してしまう部分も、又、総体が抱えてしまう問題であり、我々、琉球文化圏を共有する人間としては、慎重に、掘り下げた展開をより、重視していく事で、更には、根っこの、原始からの繋がりを発見していく事によって、繋がり意識を再確認する作業が、絆を強めていく重要な、要素を育んでいくでしょう。

表層的な言語ではなく、ご指摘のような、深い、魂の部分まで掘り下げた琉球文化圏の共通性に着目すべきだと私も思います。

Re: 中央集権主義者達の偽の民族主義に操られてはならない!
> 民族主義、民族を語る事は、相対的に、個性の違いを認め合う事に他ならない。
> 権力欲にかられて、人間社会を掌握する為に、民族性とは、存在していないハズではないですか?
>
> 言葉巧みな、《大嘘》 に、決して、騙されるな!
>
> 個性を尊重し、お互いが、育み合う事が、明るいまともな人間の考える本道である。
>
> 歪んだ自己顕示欲に、決して、導かれてはならない!!
>
> さも、「自分達民族だけがが、生き残れば、円満だ。」 等と、考えている様な輩は、自己中心的な孤独な人間なのである。
> 誰からも相手されている訳などないハズである。
> そんな奴には、最初から、すべては、意味を成さない無意味な人間なのである。
> 耳を傾けなさるな!!
>

先住民族としての民族性について、私たち琉球人も学ぶべき多くのことがあります

> >島唄の2分類、ノロの各流派についてですが、具体的にどのような内容に違いがあるのでしょうか。
>
> ■現代奄美しまうた論
> http://www.kyoto-seika.ac.jp/education/research/r2005/pdf/fukumoto_waka.pdf
> <抜粋>
> 『北部の平地を象徴するようなスローテンポで平坦な回し方をするカサン節に対し、南部の高い山々に囲まれた
> 起伏の激しい地形を思わせるような抑揚の激しい歌い方で、速いテンポのヒギャ節というふうに比較される。』
>
> [注]カサン節=笠利節、ヒギャ節=東節
> 抜粋にはないが、イェーチ節=焼内節は東節の一部とも言える。
>
>
新元さんが歌う島唄は確かにヒギャ節的といえます。


>
>
>
>
> ノロについては、以下二つのリンク参照
>
> ■第6章“大和世(ヤマトユ )”
> http://www.city.amami.kagoshima.jp/amami-e/amamikokaitei/1bu%206sho.pdf
> 6ページ目
>
>
> ■「はら」と「はるち」(Ⅰ)
> http://www1.odn.ne.jp/n-unasaka/hara1.htm
> <抜粋>
> 『この「須田組」というのは、傍系という意味だと通説にはいわれている。いわばノロ宗教における新教である。真筋組というのは、ノロ宗教の正統を引いたものでいわばノロ宗教の旧教である。』


ユタについてはどうですか。



エルファイアーさんからのコメントです。

>ユタについてはどうですか。

お手上げです。資料が見つかりません。
恐らくはノロが『公』に属し、組織だっているために地域による違いがハッキリと見えるのでしょうが、ユタは民に属し、更に偽物も混じっているために、地域の違いよりも個々人の違いが大きく、捉えどころもないためと思われます。

スポンサーサイト



<< 民族多様性と生物多様性 | ホーム | 移民、民族と琉球 >>


コメント

地位や、名誉や、現世欲では、決して介在出来ない世界観もある

琉球自主独立論は、俗に語れる話では、ありません!

根っこの部分こそ、重要なのです、。


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP