FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

民族多様性と生物多様性

琉球人さんからのコメントです。

英霊という観念は、日本人が、独創的に考えついたモノではない。
特別、独占的な発想でもない。

アメリカ人であろうが、ヨーロッパ人であろうが、アジア人であろうが、オセアニア人であろうが、琉球人であろうが、アイヌ民族であろうが、アフリカの小部族であろうが、アメリカ・インディアンであろうが、立派に英雄として、神に準じる様にして、崇められている、扱く、世界的に共通の観念である。
ここまでは、よい。
誰も、批判などする人はいないであろう。

何故、関係ない国や民族の人々まで陳腐化されるのか?

内容が、侵略主義だからである。

どこかに、威圧や侵略を前提としているからである。
食うか食われるかぐらいしか、思いつかない低能だからである。

現実的な問題がある訳だが、人間の心があるならば、共存共栄を願うモノである。

日本の中央集権主義者=右翼は、侵略主義にあぐらをかいている、およそ、個性の表現とも呼ぶべき民族性とは、程遠い、独裁的妄想を、平和な市民に押し付けているだけなのである。

〈臨機応変〉という熟語があるが、“柔よく剛を制す”という日本的考え方とも同義的なクレーバーな知恵だが、右翼は、まるで、日本的な知恵には、一切、馴染めない。



エルファイアーさんからのコメントです。

■中国の沖縄への領土欲
http://elfire.blog73.fc2.com/blog-entry-118.html

自分のブログにも書きましたが、中国が琉球を『解放』しようという言説が、だんだんとオフィシャルになってきているのを感じます。

高官とは言えないものの、中国政府の公的機関の人間が、中国共産党の機関誌を発行している新聞社の専門誌で、「同胞が苦難に直面している時、我々はその独立闘争に手を差し伸べるべきだ」と発言した、というのは思った以上に大きなことかと思います。

訂正


先住権も少数権も基本的には認められるべき存在であります。
しかし、『先住権は少数権より』優先されるべきだと考えます。
それが世界の多様性を少しでも多く残す道であるならば。


-----------
ええ、そうです。一番大事なところを逆に書きました。
それと、一応、もう少し詳しく書いておきます。
-----------


少数権は護られるべきですが、先住者にとって驚異となる進出などが起こった場合、それは止められるべきであります。

例えば、北オセチア共和国のウラジカフカスから東は、本来はイングーシ人のものでした。ところが、ソ連時代にスターリンがイングーシ人を反逆的な民族と定義し、イングーシ共和国の土地を剥ぎとって、北オセチア共和国に与えたのでした。そおして、その土地は返還されていません。
このようなことは起こしてはならないと思います。

(オセット人はロシア帝国の時代から親露派で、グルジア人やイングーシ人、チェチェン人とはかなり対立しているます。ベスラン学校占拠事件が北オセチア共和国で起こったのも無関係ではありません。)

>"シビリャク" 検索してみましたが、まともにでてこないですが、

そりゃ、シビリャクはせいぜい数万人の集団ですから、日本語資料なんて数えるほどしか無いわけで。昔、図書館で何本かの論文を見かけたっきりでネットじゃ見かけませんよ。
世界民族事典には乗ってたかと思います。
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%B0%91%E6%97%8F%E4%BA%8B%E5%85%B8-%E7%B6%BE%E9%83%A8-%E6%81%92%E9%9B%84/dp/4335560966

文脈によっては、反帝国だった他の集団(古儀式派など)まで含んでしまうこともあったり、シビリャクという用語自体も実は幾つかある集団をいっぺんに指すものだったり(ロシア系のカムチャダール人など)、厄介な集団です。


>コサックと同じような用語でしょう。
あんな、帝国の尖兵とは一緒にするなよ~。


>ロシア人だけでなくアメリカ人など移民を同じように民族みたいに使うことがありますが、
>それは近現代前の移民に限らず、2世代くらいで移民が独自の民族になったように称されますが、
>植民地でなくなって自分らの土地であり故郷になったと正当化させるための用語と思います。

二世代じゃ、まだ南北戦争じゃないかな?
それはさておき、ある民族集団が存在することと、その民族集団がその土地に対して権利を持つこととは別の事象であります。
例えば米国ならば、アーミッシュがその他のドイツ系移民とは別の集団であると判定したからといって、アーミッシュはアメリカ先住民と同等の権利を持つはずはなく、独自の教育権などに限定されるでしょう。



>実態は民族の多様化ではなく一様化です。
>民族多様性は生物多様性と同じようです。
>外来種は在来種を駆逐して、移民は先住民を駆逐して、
>生物多様性は消失して、民族多様性は消失して、
世界の多様な自然や民族は一様に人工的に改変されてきました。

その論理は諸刃の剣だよ。
例えば、ロシア帝国の伸長とともに領域を広げたサハ人(ヤクート人)や、エヴェンキ人、エヴェン人の扱いはどうなる?シビリャクは、地元経済の一部として浸透していったから、先住民よりも人数が少なかったわけだが、上の三民族はあと少しでユカギール人を滅ぼすところだった。
オイラート系カルムイク人は1630年に突然移民してきた人間だ。
多様性という視点から見れば、最も多様性というものが存在したのは歴史時代に入る直前。

移民・多様性の減少なんてのは歴史全体を通じてずっと起こっているわけで、権利の区切りを近代大量移民とそれ以前に分けなければ、無限に後退して、当然に先住権が付与されるべきと考えられる集団ですら、権利が付与されない、という結果になる。
>"シビリャク" 検索してみましたが、まともにでてこないですが

もう少し書いておきます。
ロシア人から分派した民族集団を研究しているのは、実は日本人では一人しか居ない。(伊賀上 菜穂 氏)


シビリャクについては
■ロシア人サブグループをめぐる昨今の状況
http://ir.minpaku.ac.jp/dspace/bitstream/10502/3919/1/SER78_008.pdf
『5 ロシア人と「先住民族」のあいだで』
が詳しいです。
この章で取り上げれているのが、シビリャクの諸民族となります。




アバターさんからのコメントです。

"シビリャク" 検索してみましたが、まともにでてこないですが、
コサックと同じような用語でしょう。
和訳でシベリア人でシベリアに長く住んでいる住民で先住民を含み、
狭義でロシア人古参住民ということでしょう。
ロシア人だけでなくアメリカ人など移民を同じように民族みたいに使うことがありますが、
それは近現代前の移民に限らず、2世代くらいで移民が独自の民族になったように称されますが、
植民地でなくなって自分らの土地であり故郷になったと正当化させるための用語と思います。

実態は民族の多様化ではなく一様化です。
民族多様性は生物多様性と同じようです。
外来種は在来種を駆逐して、移民は先住民を駆逐して、
生物多様性は消失して、民族多様性は消失して、
世界の多様な自然や民族は一様に人工的に改変されてきました。

スポンサーサイト



<< 沖縄の振興開発、スコットランド国民党、インド国民会議派 | ホーム | 琉球のノロとユタ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP