FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖縄の振興開発、スコットランド国民党、インド国民会議派

私のご返事です。

> >ユタについてはどうですか。
>
> お手上げです。資料が見つかりません。
> 恐らくはノロが『公』に属し、組織だっているために地域による違いがハッキリと見えるのでしょうが、ユタは民に属し、更に偽物も混じっているために、地域の違いよりも個々人の違いが大きく、捉えどころもないためと思われます。

ご調査、ありがとうございます。
先日、沖縄に行ったとき、ユタに会いました。結構当たっており、その予知能力にびっくりしました。

Re: 中国の沖縄への領土欲
> ■中国の沖縄への領土欲
> http://elfire.blog73.fc2.com/blog-entry-118.html
>
> 自分のブログにも書きましたが、中国が琉球を『解放』しようという言説が、だんだんとオフィシャルになってきているのを感じます。
>
> 高官とは言えないものの、中国政府の公的機関の人間が、中国共産党の機関誌を発行している新聞社の専門誌で、「同胞が苦難に直面している時、我々はその独立闘争に手を差し伸べるべきだ」と発言した、というのは思った以上に大きなことかと思います。



どのように中国は琉球の独立闘争に対して具体的に支援しようと提案しているのでしょうか。また、琉球独立後の、中国との関係についても提言がなされていますか。


しまうたさんからのコメントです。

伊波氏の落選には、また失望しました。

私たち琉球民族が現実に国家を勝ち取り、経営し防衛していくためには、「スコットランド国民党」のような自覚して啓蒙・牽引してゆく「民族政党」「革命政党」が必要だと思いました。

インド国民会議派に倣って、琉球国民会議(派) と自称したらどうでしょうか。狂気の中国共産党の領土的野心へのけん制になると思います。

独立は、長い道のりにはなると思います。あせらず、だとおもいます。

スコットランド民族運動は、よい手本だと思います。現実路線ですし、彼らも資源ナショナリズム(海底資源)の観点があります。

民主主義の進展は大国の干渉を排除するそうです。李登輝の台湾民主化も主眼は、中国大陸勢力からの独立にあったそうです。

独立後は、スイス型ハリネズミ国家にならなければ、狂気の大国間の狭間で弱小民族・琉球民族は現実的に生存していけないのではないのでしょうか。独立論議の中から「軍備論者」「軍事同盟論者」を排除しないでほしいと思います。

独立後も米軍は居座るでしょう。キューバですら米軍を追い出すのは困難です。どう対処していくかです。

また、米国の軍事的空白とは簡単になりえないので、「沖縄人が生意気だと中国が占領する」というのは、まったく日本ウヨの妄想です。

うちなーぐち、しまことば、の「公用語化」もしくは「母語公認」があってほしいものです。



村山さんからのコメントです。

> 振興開発について私たちが生活している足元から考え、学び、深めていかなければと思います。今回の知事選挙で考えさせられました。研究者の皆さんと私たち市民の連携が大事ですよね。「国の権力と貧困」の問題については、福祉労働の現場においても共通すると思います。うまくは云えませんが。



私のご返事です。

村山様

お返事ありがとうございました。また、伊平屋島では大変お世話になりました。村山さんに久しぶりにお会いして大変楽しく、名護のことをいろいろと教わり、感謝しています。
昨日の国際開発学会も大変示唆的でした。コロンビア大学のスピッバクさんが「ジェンダーが開発」のアリバイとして使われているという指摘をされました。開発を正当化するために、ジェンダー、先住民族などが開発主導者によって利用されています。西川潤先生はODAは必要ないと主張されました。また開発問題は海外のことではなく、沖縄の振興開発にように私たちの問題である。沖縄の振興開発によって問題が山積しており、この開発を根本的に私たち自身が問い直す必要があると力説されました。

国家権力が暴力を作り出しています。市民と研究者とのネットワークをつよくし、基地を押し付けるための振興開発を問い直し、拒否していきましょう。


しまうたさん
コメントありがとうございました。
仲井真さんは「県外移設」を公約にして当選しました。鳩山さんのように、琉球人の知事までも琉球人を裏切ることはないと思います。

現在、スコットランドに住む方々でスコットナショナリストとメールで情報交換をしています。私もスコットランドのナショナリズムを学び、琉球独立の在り方を考えていきたいと思っています。
インドの独立運動についても、ある論文を書くときに勉強しました。
「琉球国民会議派」も良い名称だと思います。
しかし現代社会において政党が有効かどうか。うごきのとれやすい、世界的な市民社会とも連携が取れやすい、NGO,NPOの方が良いのでは。
琉球の問題は国際的な問題ですので、国際的、民際的なネットワークが欠かせません。

しまことば私たちの母語です。それぞれの島々の言葉はそれぞれの島々の母語なのです。

スポンサーサイト



<< 長野と琉球、信州沖縄塾 | ホーム | 民族多様性と生物多様性 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP