FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

石垣島の2万年前の人骨は「最古の日本人」か?

先日テレビのバラエティー番組を見ていたら、私の生まれ島石垣島から2万年前の人骨が発見され、それは「最古の日本人」であるという説明がされていました。琉球併合後、琉球の人々は日本国民に強制的にされたのあり、太古から日本人であるとはいえません。八重山諸島、尖閣列島は日本のものという刷り込みが行われていました。

2万年前の石垣人はニライカナイで、自分が「日本人」として扱われてびっくりしているでしょう。

2010年2月5日の八重山毎日新聞の記事を参照に紹介します。「日本最古」ではなく「琉球最古」ではないでしょうか。





新石垣空港建設地内の石垣市白保竿根田原洞穴周辺遺物散布地(通称C1洞穴)で発見された人骨が約1万5000年から2万年前のもので、日本最古の年代になることが4日分かった。

その結果、後期更新世(旧石器時代)に石垣島にヒトが存在していたことが明確になり、人類学のうえで重要な発見となった。また、遺跡が存在した場合、県文化財保護条例などにより遺跡保護の可能性もあることから、今後の空港建設計画やスケジュールなどへの影響も注目される。

 県立埋蔵文化財センターでは2006年から新石垣空港建設予定地での発掘調査を実施しており、C1洞穴からは人骨化石や多量の獣骨化石、下田原式土器(約3500年前)、八重山式土器(約500年前)などが採集され、遺跡や洞穴としての重要性が指摘されていた。

 指摘を受け、昨年7月に県教育庁文化課や県新石垣空港課、県立埋蔵文化財センター、琉球大学医学部の土肥直美准教授、愛知教育大学非常勤講師の中川良平氏、NPO法人沖縄鍾乳洞協会の山内平三郎理事長が参加して調査を実施したところ、人骨や獣骨化石が含まれる土壌が残っていることが確認された。

 C1洞穴で発掘された人骨9点のうち、6点からコラーゲンを直接抽出することができ、放射性炭素年代測定を行ったところ3点が約1万5000年から2万年前のものであることがわかった。

 東京大学タンデム加速器研究施設で実施した放射性炭素年代測定によると、人骨は20代から30代前半と見られる男性(2号)の右頭頂骨片が約2万年前、成人で性別不明(4号)の右第2中足骨が約1万8000年前、成人男性(8号)の右腓骨(ひこつ)骨体部片が約1万5000年前のものと判明した。

 県教育庁文化課記念物班の瀬戸哲也就任は「記録を保存するということを前提にこれまで通りの調査を続けるが、当時のヒトが使用していた土器や生活の片りんなど、遺跡としての価値が見つかった場合、条例に基づいた遺跡保護の対応も考えられる」とした。

 県土木建築部新石垣空港課の栄野川盛信課長は「場所自体は本体から少し外れているので大きな影響はないと考えられるが、調査の状況を見て、影響が出るのであればその都度、協議していきたい」と話した。

 古い人骨や化石の年代は、発見された地層から間接的に推定されることが多く、これまで人骨から直接測定したもので最も古かった人骨は、静岡県浜北市(現浜松市)で1960年代に見つかった約1万4000年前のものだった。
スポンサーサイト



<< 先島諸島軍備強化の意味 | ホーム | 自由貿易TPPで琉球の島々が沈没する >>


コメント

縄文を抜きにして、琉球論は、存在していない。

これ以外にも、沖縄からは、海底遺跡や遺伝子学などの科学的見地ばかりの検証だけではなく、正しい捉え方で、判断するならば、文化や伝統芸能などの、無形文化の中でも、縄文の連続性は、脈々と生きています。

上辺のウチナーンチュは、琉球人とは、言えません!



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

原点は、永遠を越える!

巷には、エセ琉球人達が、根無しの琉球もどきが、氾濫する現在の沖縄には、なってしまったが、それらと、逆行する様に、嘲笑うかの如く、絶対真実や、普遍的価値は、益々、光輝いて、いく事だろう。

原点だけが、永遠を越える!!



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

Re: 縄文を抜きにして、琉球論は、存在していない。

コメントありがとうございます。

宮古八重山諸島には縄文文化がほとんど及んでいないといわれていますが、これらの人々は琉球人ではないのですか。



> これ以外にも、沖縄からは、海底遺跡や遺伝子学などの科学的見地ばかりの検証だけではなく、正しい捉え方で、判断するならば、文化や伝統芸能などの、無形文化の中でも、縄文の連続性は、脈々と生きています。
>
> 上辺のウチナーンチュは、琉球人とは、言えません!
>
>
>
> 〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

Re: 原点は、永遠を越える!

エセ琉球人とはどのような琉球人をいうのでしょうか。


> 巷には、エセ琉球人達が、根無しの琉球もどきが、氾濫する現在の沖縄には、なってしまったが、それらと、逆行する様に、嘲笑うかの如く、絶対真実や、普遍的価値は、益々、光輝いて、いく事だろう。
>
> 原点だけが、永遠を越える!!
>
>
>
> 〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

意識した領域と意識されていない領域

私の生まれ育った那覇には、御存じだとおもいますが、壺屋焼があります。

琉球の焼き物は、豪華さや、優美さを競う様な感覚はあまりない。

私は、その事は、琉球文化全体が、よそと比較して、劣っているからなのだ、とは、思いたくありません。

同様の事は、様々な角度から見ても、琉球の島々すべてに、当てはまっている事なのだと、信じたい。

素朴な粗削りな焼き物が、訴えているのは、原点回帰(縄文と言ってしまってはいますが)、太古からの、連続性の、したたかなる強さでは、ないでしょうか?


松島さんは、宮古、八重山には、縄文の痕跡は、ない、と、断言なされていますが、本当に、そうでしょうか?

縄文の生き証人として、アイヌ民族や文化が、日本の歴史の片隅に、追いやられ、黙殺されたカタチで、中央集権主義の煽りなども、受けて、劣った民族であるかの様なレッテルまで、貼られてしまっています。

私達、琉球人は、大和の側に立って、無関係で、関心はない、と、おっしゃられるのであれば、その人は、もはや、琉球人ではなく、大和のシフトに、組み込まれた日本を構成している日本人なのでしょう。

松島さん御自身は、縄文の連続性と、石垣の文化は、関係ないと、断言出来ますか?
アイヌの人々と我々は、なんら、共通する様な根っこ、共感出来る部分などはなく、政治上の境遇以外まったくないと、思い当たらないと、断言出来るのですか?

私が、一番、声を大にして、言いたい事は、過去にそういうトコロだったのだ、という過去形の話ではなく、それらを、したたかに守り抜けた琉球というおおらかな土壌の素晴らしさなのです。



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

私達は、歪んでしまった世界観を押し付けられていないか?

「人類館事件」という事件が、あった。

琉球人(沖縄県人)が、アイヌ民族や、朝鮮人達、他に世界中の民族の人々と同じ扱いで、見せ物扱いされるカタチで、商品の如く、陳列されていたという人権無視の事件に、沖縄人は、一体、なんと言って日本人に抗議したか!

「アイヌ達と一緒にしないでくれ!」


この抗議の裏には、琉球人が、如何に、日本の中の劣等人種、低等級人間、永遠に辺境な地域である事を、長い歴史をかけて、刷り込まれて来た悲劇的で両属的な仮のアイデンティティを植え付けられて来た結果である事を、如実に物語っている。

ある日ある時から、琉球人は、琉球人では、なくなっていった。

時代は変わったというが、日本人の中にも、こんな感じの認識を持った人々は、圧倒的多数いる訳だが、世界や太古からの繋がりの中での琉球人は、私の中では、神聖な領域で、汚れなく輝いている。
俗世界に、押し流される事など、決してない。

真実の琉球人ならば、独立の存在を世界の人々に向け、主張していかなければ、ならない。

日本の中で、会社の中で、等級を上げていく事が、琉球人、本来の目的ではない!


縄文時代とは、特定の、固定の民族や地域を指している訳ではない

日本や琉球が、縄文時代と呼ばれる時代だった時期以前から、インドや中国の様に、歴史の長い国は、既に、世界史の檜舞台に立って、周りの国々にまで、影響を与える様な社会を構成、発展させて来た。

突如、琉球が、誕生した訳ではない。

突如、大和が、誕生した訳ではない。

当然、アイヌ民族も、平和に、暮らしていた。

私達、琉球人が、勿論、日本人も同様だと思うが、陥ってはいけないのは、偏狭な島国根性や、井の中の蛙の哀れな境遇である。

我田引水や自己中心性である。

とうとう、重箱の隅を突く事でしか、お互い納得させられない様になってしまった惨めな意気地の無さである。


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

Re: 意識した領域と意識されていない領域

考古学的に、先島諸島には縄文文化がほとんど及んでいないといわれています。東南アジア等の南との文化的関連が強いとされています。

琉球人さんが考える「縄文」というのは、おそらく、考古学的に考える「縄文文化」ではなく、アイヌ、琉球に残る「人間の原初的な、本来の文化、生きる意味」ではないでしょうか。

そのような意味の縄文であれば、石垣をはじめとする先島諸島にもあると思います。
何を「人間の原初的な、本来の文化、生きる意味」と考えるかは人によって違うと思いますが。



> 私の生まれ育った那覇には、御存じだとおもいますが、壺屋焼があります。
>
> 琉球の焼き物は、豪華さや、優美さを競う様な感覚はあまりない。
>
> 私は、その事は、琉球文化全体が、よそと比較して、劣っているからなのだ、とは、思いたくありません。
>
> 同様の事は、様々な角度から見ても、琉球の島々すべてに、当てはまっている事なのだと、信じたい。
>
> 素朴な粗削りな焼き物が、訴えているのは、原点回帰(縄文と言ってしまってはいますが)、太古からの、連続性の、したたかなる強さでは、ないでしょうか?
>
>
> 松島さんは、宮古、八重山には、縄文の痕跡は、ない、と、断言なされていますが、本当に、そうでしょうか?
>
> 縄文の生き証人として、アイヌ民族や文化が、日本の歴史の片隅に、追いやられ、黙殺されたカタチで、中央集権主義の煽りなども、受けて、劣った民族であるかの様なレッテルまで、貼られてしまっています。
>
> 私達、琉球人は、大和の側に立って、無関係で、関心はない、と、おっしゃられるのであれば、その人は、もはや、琉球人ではなく、大和のシフトに、組み込まれた日本を構成している日本人なのでしょう。
>
> 松島さん御自身は、縄文の連続性と、石垣の文化は、関係ないと、断言出来ますか?
> アイヌの人々と我々は、なんら、共通する様な根っこ、共感出来る部分などはなく、政治上の境遇以外まったくないと、思い当たらないと、断言出来るのですか?
>
> 私が、一番、声を大にして、言いたい事は、過去にそういうトコロだったのだ、という過去形の話ではなく、それらを、したたかに守り抜けた琉球というおおらかな土壌の素晴らしさなのです。
>
>
>
> 〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

Re: 私達は、歪んでしまった世界観を押し付けられていないか?

> 「人類館事件」という事件が、あった。
>
> 琉球人(沖縄県人)が、アイヌ民族や、朝鮮人達、他に世界中の民族の人々と同じ扱いで、見せ物扱いされるカタチで、商品の如く、陳列されていたという人権無視の事件に、沖縄人は、一体、なんと言って日本人に抗議したか!
>
> 「アイヌ達と一緒にしないでくれ!」
>
>
> この抗議の裏には、琉球人が、如何に、日本の中の劣等人種、低等級人間、永遠に辺境な地域である事を、長い歴史をかけて、刷り込まれて来た悲劇的で両属的な仮のアイデンティティを植え付けられて来た結果である事を、如実に物語っている。
>
> ある日ある時から、琉球人は、琉球人では、なくなっていった。
>
> 時代は変わったというが、日本人の中にも、こんな感じの認識を持った人々は、圧倒的多数いる訳だが、世界や太古からの繋がりの中での琉球人は、私の中では、神聖な領域で、汚れなく輝いている。
> 俗世界に、押し流される事など、決してない。
>
> 真実の琉球人ならば、独立の存在を世界の人々に向け、主張していかなければ、ならない。
>

> 日本の中で、会社の中で、等級を上げていく事が、琉球人、本来の目的ではない!


まさにそう思います!

純粋に学術的にも、興味深い発見は、沖縄からされては、いるのですが...

専門的に、長々と論じるのも、大変ですので、おおむね、その通りです。

“縄文”とは、シンボリックに、土器の文様の事です。
縄は、蛇信仰を意味しており、古代インドでも、同様の信仰は、ありましたし、ゴーダマ・ブッタつまり、お釈迦様も、古来の蛇信仰を引用しながら、自分の考えを述べられました。広く世界的に共通する古代的原始信仰です。
オセアニアまで、広く伝播した観念の様です。

大綱引きや、しめ繩、お飾り用の縄、古来の神聖な土着宗教儀式の際の縄は、私達には、馴染み深いモノだと、思いますが、元は蛇信仰から由来しています。
縄は、蛇の化身な訳です。
日本や琉球は、縄の文化が、厳然と残っています。

松島さんは、痕跡が、ない。と、おっしゃられる訳ですが、私から言わせれば、単なる勉強不足ですよ。

是非、吉野 裕子さんの著作をお読み下さい!

縄文が、如何なる変容を遂げながら、生活や文化に、浸透しているのかが、理解出来ると思いますが....。

ただし、“最古の日本人か?”という主張は、おかしな文章です。
その骨の人物が生きていた時には、日本は、まだ存在してませんから。


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

Re: 純粋に学術的にも、興味深い発見は、沖縄からされては、いるのですが...

琉球人さんが考える縄文の思想、蛇信仰は先島諸島にもみられます。そういう意味の縄文でしたら世界中の古代社会にあると考えます。私は、考古学者がいう縄文時代、弥生時代等の遺跡、土器等の文化様式が、先島諸島ではほとんどみられないという見解を紹介しただけです。

琉球人が考える縄文はあると言えます。

その意味では「沖縄」の「縄」もその方面から考えると世界が広がります。


> ただし、“最古の日本人か?”という主張は、おかしな文章です。
> その骨の人物が生きていた時には、日本は、まだ存在してませんから。

そうなんです。日本はまだ存在していないのもかかわらず、石垣島で生きていた人が無理やり日本人の祖先にされるという、一つの神話をテレビが国民に刷り込ませようとしているのです。

>
>
> 〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP