FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

先島諸島軍備強化の意味

琉球が日本の一部であることで、日本本土側の勝手な防衛観に基づいて琉球をふたたび戦場にしようとしています。このような防衛大綱は琉球人の視点からはでてきません。

中国漁船問題は日本政府の内政問題であり、情報管理体制の不備問題です。自らの問題を解決することなく、防衛省の自己拡大のために尖閣諸島周辺地域の軍事力を強化し、中国との緊張関係をあおろうとしています。

本来、長期の歴史において琉球と中国は友好関係にあり、その関係を破壊するために軍事力を日本が投入しているようにみえます。

日本の軍事戦略に琉球が巻き込まれ、再び戦場にならないためにも琉球は独立する必要があります。


12月16日の琉球朝日放送のリポートをお伝えします







政府は、日本の安全保障や防衛力の基本方針を示す「防衛大綱」をあす17日に閣議決定します。しかし、そこで検討されている計画は、沖縄県民に新たな負担を強いるもののようです。

民主党政権になって初めて見直される「防衛大綱」。そのポイントの一つが「南西諸島の防衛態勢の強化」です。先月、沖縄を訪れた安住防衛副大臣は-。

安住防衛副大臣「これからの日本の防衛は北から南へスイングしていかなくてはならないと思っている。陸上自衛隊を(先島地域に)駐屯させるということが県民の皆さんにも受け入れていただけるのであれば」

新しい計画では、与那国島などへ陸上自衛隊を配備することが盛り込まれる見通しです。そんな中で起きた2つの事件。

尖閣諸島での漁船衝突事故を機に浮き彫りになった「中国」との対立。そして緊張する朝鮮半島情勢。それらが政府の計画を後押しするという危うい事態になっています。


過去最大規模となった日米共同統合演習。韓国軍が初めてオブザーバーとして参加したほか、パトリオットミサイルも訓練に加わりました。

中でも象徴的だったのがアメリカ軍の原子力空母「ジョージ・ワシントン」。敵が離島に攻め込んだという想定で訓練を実施。その様子を公開して「脅威」と目される周辺諸国に無言の圧力をかけたのです。

こうした中、アメリカ軍の制服組トップは日本と韓国に連携を呼び掛けます。


アメリカ軍・マレン統合参謀本部議長「これまで行わなかったような形で多国間で軍事的に協力していく必要がある」

広大なアメリカ軍基地。さらに自衛隊の強化が急激に進められようとしている沖縄。軍事ジャーナリストの田岡俊次さんは中国や朝鮮半島の脅威論は見せかけでこうした流れの背景には、冷戦構造が崩れ、行き場を失った自衛隊の存在があるのだと指摘します。


田岡俊次さん「ソ連が崩壊し、北海道に攻めてくる可能性はなくなった。北海道に代わって南西諸島に中国の脅威があるということにして、そこに移すかということで存在価値を確保したいと。単に相手を刺激する、私は戦略的には愚策だと思っています」

「防衛大綱」はあす閣議決定されます。

県民が知らないところで自衛隊の新たな配備、増員計画が着々と進められているようです。確かに、近隣諸国の不安定な要素は気になるものですが、それに引っ張られてしまっては危険、冷静に事実を見極めることが必要ではないでしょうか。

スポンサーサイト



<< 「私は日本人ではなく琉球人です」 | ホーム | 石垣島の2万年前の人骨は「最古の日本人」か? >>


コメント

事実上の、現在の脅威的危険地域は、北朝鮮に近いエリア

北朝鮮による拉致被害は、事実上、軍事的侵略行為です。

不幸にも、安易に、狙いやすい近くの対岸の人々が、主に、ターゲットとされているのでしょうか?

防衛とは、考えられるすべての、人間としての行動を伴う事で、最も、その機能を発揮していくハズです。

力による行動だけでは、数多くの拉致被害者という、軍事的被害者に、ストップをかける事は、出来なかったのです。

琉球の、自衛隊配備が、より強化される事で、対中関係が、本当に改善されていくのでしょうか?

北方領土は、北海道に、最強の自衛隊配備する事で、現在より、進展が、図られるのでしょうか?

余談ですが、あの島々の名前は、すべて、アイヌ語であり、それぞれ、ユニークな意味が込められています。


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

軍隊とは、何を守るべきか?

何処までも、人間性である。

人々と社会と人文である。
そして、平和的友好である。

一部の私腹を肥やした連中だけが蔓延る独裁国家の私兵や傭兵ならば、話は別なのだが、それらと、混同しては、いけない!


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP