FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖縄の内発的発展

以下の文章は、2002年に『機』N0.125、藤原書店に掲載された小論「沖縄の内発的発展」です。同年に出版された私の本『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』を紹介するためにて書いた文章です。


 本書は沖縄の自画像である。沖縄には様々な顔がある。大交易活動に湧いた琉球王国、移民の島、戦争の島、基地の島、観光の島等である。

これまで、時代別に細分化された沖縄像が提示されてきた。本書では約六〇〇年という長期の歴史の中に沖縄を位置付けることで、構造的問題の本質を明らかにし、内発的に提示された発展思想の全体的な流れを確かめようとした。

大国の政治経済的な影響にさらされ、島嶼性から生じる生態的・地理的な困難を抱えてきた人々の生き様を、沖縄の経済思想史に見ることができる。

 島における経済発展のあり方が、この本の一貫したテーマである。本書は内発的発展論を思想的基盤にしている。これは近代化論を拒否し、特定地域の歴史、文化、諸制度、精神世界等を踏まえ、過去、現在、未来が連続するような発展のあり方を目指している。

 本書を執筆するにあたり一つの問いがあった。それは、復帰後、実施されてきた沖縄振興開発計画がなぜ成功しなかったのかという問いである。

これまで、東京に拠点をおく沖縄開発庁(現在は内閣府沖縄担当局)が開発計画の作成・実施において主導権を握るという外発的な開発が行われてきた。

しかし、今日、沖縄の失業率は全国平均の約二倍であり、第三次産業の肥大化・補助金への依存という経済構造が強固になり、環境問題も深刻化している。目標とされた経済自立はいまだ遠い彼方にある。

沖縄に内在する経済発展の思想を軽視し、外部に開発の方法や手段を求めてきた体制が厳しく問われている。

 沖縄が経済自立するためのモデルは、この地球上に存在しないだろう。私は沖縄の内部を深く掘ることで、沖縄型の発展の道を切り開くことが可能になると考える。

それゆえ本書では約六〇〇年にわたる沖縄の経済思想史、経済史の深みに入り、今日的問題に光を与える島嶼民の言葉を探し求めた。

琉球・沖縄人は、各時代におけるアジア・太平洋世界の政治経済的状況を的確に把握し、機敏に対応しながら、自前の発展方法・技法を考え、実践へと踏み出してきた。

沖縄は外部勢力により支配を受け、様々な悲惨な状況にも陥ったが、そこにとどまり嘆いたのではなく、現状打破のための思考を巡らしてきたのである。

 沖縄の経済思想は、島の経済思想であるといえる。アジアや太平洋には数多くの島があるが、個々の島ごとに経済思想があり、その歴史的系譜を辿ることができよう。

経済思想といえば、欧米起源の経済学だけが念頭に浮かぶのが常である。しかし、欧米的環境や歴史の道を歩んでいない非欧米の国や地域には、独自の経済思想があってしかるべきである。

経済政策として必ずしも欧米で形成された経済学を基盤に据える必要はなく、それぞれの地域内在の論理に基づくべきであろう。

 私はこの本の中で沖縄内在の問題性をも厳しく指摘しており、沖縄を善、外部勢力を悪とする分類方法を採用していない。

問題の原因を常に外部に探し求め、糾弾することでは、沖縄問題は永遠に解決しないだろう。沖縄自身の中にある問題の原因を明確にし、それを自助努力で解決してゆくという勇気が必要である。

 一九七二年五月十五日に沖縄が日本に復帰して、今年は三十年目を迎える。沖縄の経済思想史は日本との関係で形成されてきた。

日本人が自らの歴史、経済思想、文明のあり方、経済発展の方向等を考えるうえにおいて、日本の鏡としての役割を果たしてきた沖縄についての思索は欠かせないであろう。

 本書はまた私の自画像でもある。私は石垣島で生まれ、南大東島、与那国島、沖縄本島、東京、グアム、パラオで生活してきた島人(シマンチュ)である。島人であるという強い自覚に突き動かされて書かれたのが本書であり、島への深い思いが込められている。

スポンサーサイト



<< 21世紀の視点 | ホーム | 『境界性の人類学―重層する沖永良部島民のアイデンティティ 』のご紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


【経済史】の情報を最新ブログで検索してみると…

経済史 に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。


 BLOG TOP