FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

島の食文化と自治

12月18日の八重山毎日新聞に島の食文化についての社説がありましたので、お伝えします。

石垣島生まれの母親から、かつての島の生活について聞いたことがあります。それは以下の新聞の描写のようでした。

島の人の生活は人が食べる植物を栽培したり、魚や貝をとったり、調理したりなどで時間の大部分を使いました。それだけ島の知恵が食文化の中につまっているのです。

近代化された、ファーストフードでにはない、先人の知恵ど努力が伝統的食にはあり、それは文化と呼べるものです。時々、母がつくる伝統食を食べると、体に良いだけでなく、島の文化を体得していると思います。島の自然が与えてくれる恵みをそのまま食として人間が頂戴することで、人の生命だけでなく、自然をも大切に守ることももできます。

島の食を受け継つぐことも、自治のこころみであると言えます。



大切にしたい先人の経験と知識

■質素で満ち足りていた食生活
 今から50年前の1960年(昭和35年)12月。ある一家の夕暮れ時を想像してみよう。夕暮れ時の井戸端では畑から帰ってきた父親が手足をそそぎ、母親が夕飯の芋を洗っている。男の子達は、馬にハミ(芋を煮て作ったえさ)を与えたり、山羊小屋に草を投げ入れ、女の子は豚の世話だ。一番座に裸電球が灯され、母親はトーラ(台所)のかまどに火をくべる。

 夕食は、あっこん(さつまいも)とカーガスイズ(魚の干物)でだしを取ったアーサ汁に、お祖父さんが取ってきたフクルベ(かわはぎ)の煮付け。スタディ(自家製醤油)、パイル(自家製酢)やアンダ味噌などが添えてある。子供達が学校でおこったあれやこれやの話で騒々しいので、母親が微笑みながら静かに食事するようたしなめる。

 およそ50年前のごくありふれた一家の夕餉(ゆうげ)はこのように質素なものであった。まだガスコンロなどは普及していなかったので、「文化かまど」に薪をくべて食事を作るのが普通であり、身近にある材料を手間ひまかけて、可能な限り食卓に並べる。当時の食生活は、身の回りにある質素な食材を、先人から受け継いできた知恵を生かし時間をかけ、工夫をこらして質素でも満ち足りていたのである。

■優れた食文化を次世代へ
 八重山は、ユンタ、ジラバ、節歌、踊りなど、県内の他地域に比較しても、広くて深い文化を育んできた地域であることはよく知られている。その上、興味深いことに、食文化に対しても優れた触覚を有していた。人々は、身近にある材料を最大限に活用する知恵と根気に支えられた味覚・嗅覚を供えていた。貧しい日常を豊かに彩る工夫を怠らなかったのだ。

 今日でも、八重山で日常的に食されている独特の食材は数多い。よく知られているのはサラムシル(オオタニワタリ)の新芽、アダニヌフク(アダンの芯)そしておなじみのピィパーズなどであろう。

 サラムシル(オオタニワタリ)の新芽は、沖縄本島など山野に数多く自生しているが、食べられること自体知られていない。アダニヌフクを食べる話をするだけで、奇異な目で見られるし、八重山の伝統食文化の代表格ピィパーズも、他の地域では殆ど見向きもされない。

 最先端のグルメ情報は身の回りに氾濫(はんらん)しているが、先人が地を這うような労苦の末に長い時間をかけて育んできた古い食文化については、ほとんど見向きもされず、はるか彼方の記憶としてだんだんかすんでいく。

 つい半世紀前まで、八重山の人々は、タークブ(水おおばこ)、ナバ(茸)、パノール(じゅず藻)、マンジュマイぬムトゥ(パパイヤ樹の幹)ターンナ(タニシ)やツダミ(カタツムリ)のお汁などをごく普通に食べてきた。そのまま手をこまねいて見ていては、これらの経験や知識も消えていくだけだろう。

■食文化に誇りを
 本年8月に策定された「石垣市観光基本計画」では、「石垣市の豊かな自然や地域の顔が見える優しい料理を味わい」とやや漠然とした表現はあるものの、優れた八重山の食文化をきちっと評価せず方向性も示していない。

 何も「50年以上前の質素な食生活に戻ろう」と時代錯誤を言っているわけではない。先人が長い時間をかけて築いてきた食文化に心から敬意を表し、知識、知恵として次の世代へ継承していく手立てはないものか。長い歴史を持つ素晴らしい食文化を記憶の彼方に追いやられるままにしてよいのだろうか。

 戦前戦後の混乱期に食べ物と苦闘してきた古老の舌や手の感覚が記憶している今こそ、八重山食文化に誇りを持ってきちっと聞き書きをし、文章として、音や映像として記録することで先達の労苦に報いるとともに、次へ引き継ぐ責務があるのではないだろうか。活字、映像として体系的に記録し残す、更に行祭事に組み込んで再現する方法など、伝統的な食文化を敬う心を年の瀬の一場の夢とせず、公的機関を中心に具体的な取り組みを期待したい。
スポンサーサイト



<< 琉球の脱奴隷根性、救国運動、学問 | ホーム | 長野と琉球:中学生のこころみ >>


コメント

琉球の食文化は、改めて見直さなければいけない

昔は、長時間の仕込み、調理は、当たり前でした。
琉球らしい風情も、そこに在りました。

ファーストフード、ポーク缶や、インスタント食品が、特に、戦後、沖縄の食文化の流れを変えてしまったと、言えるでしょう。

琉球経済は、最も肝心な“食べる”という本能ごと、諸外国に、依存する様になりました。

残念ながら、地場企業や産業が、一段劣った感じで、ブランド力を強化出来ずにいます。

外国産のポーク缶が、沖縄名物になってしまった感は否めない。
沖縄的おおらかさから、来ている面も、無きにしもあらず!
ですが、おかしな話です。

明らかに、需要が存在する訳ですから、もう少し、がめつくなっても、罰はあたりませんよ。

いかがなものですか?

ウチナーンチュよ!



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

応答ありがとうございます。

応答ありがとうございます。

がんばりましょう!




抗米救国!抗漢救国!抗日救国!

琉球民族万歳!

琉球独立万歳!

Re: 琉球の食文化は、改めて見直さなければいけない

琉球人はポークをソーメン、ふー、豆腐などどいっしょにチャンプルーにして食べるという、外からのものをうまい具合に取り入れて、新たな琉球の食文化をつくるという独創性と創造性があります。わしたショップは、添加物があまり入らないポークをつくっています。
輸入代替をどんどん行っていけば、島の経済発展にもつながりますね。



> 昔は、長時間の仕込み、調理は、当たり前でした。
> 琉球らしい風情も、そこに在りました。
>
> ファーストフード、ポーク缶や、インスタント食品が、特に、戦後、沖縄の食文化の流れを変えてしまったと、言えるでしょう。
>
> 琉球経済は、最も肝心な“食べる”という本能ごと、諸外国に、依存する様になりました。
>
> 残念ながら、地場企業や産業が、一段劣った感じで、ブランド力を強化出来ずにいます。
>
> 外国産のポーク缶が、沖縄名物になってしまった感は否めない。
> 沖縄的おおらかさから、来ている面も、無きにしもあらず!
> ですが、おかしな話です。
>
> 明らかに、需要が存在する訳ですから、もう少し、がめつくなっても、罰はあたりませんよ。
>
> いかがなものですか?
>
> ウチナーンチュよ!
>
>
>
> 〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

Re: 応答ありがとうございます。

力強い応援メッセージありがとうございます。

救国運動をそれぞれの場で、それぞれの方法によって続けていきましょう。
マジョリティ―民族による同化、吸収政策に抗して、自らのアイデンティティを具体化するための方法は世界中で見られます。
最近私は、スコットランド国民党の政治経済政策に注目しており、詳しく研究しています。琉球の経済自立策構築においてもたくさんのヒントがあります。



> 応答ありがとうございます。
>
> がんばりましょう!
>
>
>
>
> 抗米救国!抗漢救国!抗日救国!
>
> 琉球民族万歳!
>
> 琉球独立万歳!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP