FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球の脱奴隷根性、救国運動、学問

琉球人さんからのコメントです。

日本社会全体で、本当の、原点を再確認しなければならない!
ボタンは、一段掛け間違えば、すべて、かけ直さなければならない。

同様の事が、日本人の歴史認識にも言えているのである。

沖縄でしか、産出されない貝類が、古代の人々(縄文時代から弥生時代にかけて)儀式用、装飾用として用いられ、広く日本列島全体で、出土しているのです。

これらは、何を意味しているのでしょうか?

つまり、我々が、認識させられている世界観以外にも、日本列島全体が、違った理念を持った集団構成を営んでいた歴史が、厳然と、存在していた事を、証明しています。

私達は、改ざんされ続けた歴史を、頭ごなしに、信じこまされて来ているのです。

権力思考や、力や争いによる、中央集権主義に、まんまと、コントロールされているのです。

では、はっきり、言いましょう!

天皇制は、その、一例です。

だから、琉球王国が、同類ではない!

とは、言っているつもりではない!!

自分達は、上品で、本物だ、と、いうつもりではない!!

完璧な世界などというモノは、歴史上存在した事は、一度もない!

ただ、理想になんとなく近そうだ、と、いうだけの事なのです。

とにかく、現在、私達は、主権在民の民主主義国家なのです。

正月まで、後残り僅かですが、正月の鏡餅すら、蛇を象ったモノであり、本質は、締め括りや、再生への、脱皮の様なのです。

琉球の食文化は、改めて見直さなければいけない
昔は、長時間の仕込み、調理は、当たり前でした。
琉球らしい風情も、そこに在りました。

ファーストフード、ポーク缶や、インスタント食品が、特に、戦後、沖縄の食文化の流れを変えてしまったと、言えるでしょう。

琉球経済は、最も肝心な“食べる”という本能ごと、諸外国に、依存する様になりました。

残念ながら、地場企業や産業が、一段劣った感じで、ブランド力を強化出来ずにいます。

外国産のポーク缶が、沖縄名物になってしまった感は否めない。
沖縄的おおらかさから、来ている面も、無きにしもあらず!
ですが、おかしな話です。

明らかに、需要が存在する訳ですから、もう少し、がめつくなっても、罰はあたりませんよ。

いかがなものですか?

ウチナーンチュよ!


私の回答です。

琉球人はポークをソーメン、ふー、豆腐などどいっしょにチャンプルーにして食べるという、外からのものをうまい具合に取り入れて、新たな琉球の食文化をつくるという独創性と創造性があります。わしたショップは、添加物があまり入らないポークをつくっています。
輸入代替をどんどん行っていけば、島の経済発展にもつながりますね。





jinnseiさんからのコメントです。

琉球人である自覚を持ってほしい
>石垣島で生きていた人が無理やり日本人の祖先にされる

琉球はひとつの独立した、とても高度な文明を持つコミューンだったことは既に証明されていますが、その事実を日本が隠ぺいし、同化という差別を押し付けている好例ですね。

琉球人の特に若い世代ほど心が侵食され、「琉球人は日本人」という奴隷根性を植え付けられています。天皇の保身のために捨て石にされた事実、米帝に気に入られるために沖縄に基地が作られた事実をこれからも訴え続けなければ、‘琉球人’はいなくなってしまうかもしれません。
「わたしは日本人ではない、‘琉球人だ’」私たちは次の世代の子供たちにこの考えを教え伝えていく責務があります。


私の回答です。

日本の教育制度、メディアの中にさらされていたら、同化がどんどん進んでしまします。琉球人のための歴史、文化、政治経済をワークショップ形式で互いに学びあう琉球学校を作る必要があります。また、琉球人の視点からの新聞、テレビ、ラジオをつくる必要もあります。

今の現状におかしいと思う人々がそれぞれの場で、自分ができることを着実にしていくことで、琉球人はこれからも地球上に存在することができるのではないでしょうか。




しまうたさんからのコメントです。

応答ありがとうございます。

がんばりましょう!




抗米救国!抗漢救国!抗日救国!

琉球民族万歳!

琉球独立万歳!



私の回答です。

力強い応援メッセージありがとうございます。
救国運動をそれぞれの場で、それぞれの方法によって続けていきましょう。
マジョリティ―民族による同化、吸収政策に抗して、自らのアイデンティティを具体化するための方法は世界中で見られます。

最近私は、スコットランド国民党の政治経済政策に注目しており、詳しく研究しています。琉球の経済自立策を構築するうえでのたくさんのヒントがあります。自治的自覚をもって、琉球の政治や経済を新たな形にするための学問をしたいと考えています。現実を変える力がなければ学問の意味がありません。
スポンサーサイト



<< アジア経済の中の琉球 | ホーム | 島の食文化と自治 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP