FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

石垣島と反開発


11月20日の八重山毎日新聞の社説をご紹介します。

新石垣空港建設にともなう乱開発の動きは、西表島で行われた、ゆいまーるの集いで石垣島の上村さん、鷲尾さんが報告して下さいました。

新石垣空港建設の過程で、赤土流出対策が実施されていますが、白保のサンゴ礁に赤土が流れ込み、サンゴが破壊されているのです。

島の環境は「生き物」であり、開発によって殺してしまったら再生はほとんど不可能です。観光発展のための開発によって、島の魅力がなくなり、結局は観光業が衰退しかねません。

石垣島人の生きたあかしを残していくことは、今に生きる人間だけでなく、将来の石垣島人にとっても過去と現在を結ぶ心のよりどころとなるであろう。コンクリートにおおわれた島に愛着を感じる人はいない。生きた島、先祖の記憶をたどることができる島に私たちは限りない愛着を感じるのである。






乱開発から歴史の道を守ろう

■無秩序な開発に歯止めを
 南の太陽に映える美しい海や山、澄み切った青空、肺腑(はいふ)に染み入る空気。近年の八重山は、これらの魅力が発信され、外からの移住者が増えている。美しい自然と快適な環境にあこがれ、県内外から多くの人たちが八重山に移り住み、活気があふれていることを否定的にとらえてはいけないが、一時的な利益目当ての無秩序な開発が行われていることなど、多くの課題があることも確かだ。

 2012年度の供用開始をめどに、新石垣空港の整備が着々と進んでおり、八重山にとって大きな転換期が訪れようとしている。新空港の建設は、農業、漁業、観光産業等の活性化を促し、八重山の発展に貢献する一大プロジェクトであることは論をまたない。

 しかし、新空港建設や一時的な移住ブームに便乗する形で、むやみやたらに無計画かつ無秩序な開発が計画され、進められている状況には何らかの形で歯止めをかけるべきであろう。

 県や市の行政機関は、現状を放置せず、的確かつ冷静な判断によって、長期的な視点から八重山の将来像を描き、方向性の明確な地域振興施策を推進する責務があることを改めて自覚していただきたい。

■歴史の道の保全施策
 最も懸念されるのは、新石垣空港建設事業のような巨大プロジェクトにあおられた乱開発によって、古い遺跡や歴史の道など貴重な文化財が破壊しつくされ、取り返しのつかない状態になることである。

 例えば、平久保半島東海岸と西海岸一帯は、ともに後世に引き継ぎ残していくべき美しい自然景観や植物、歴史的な遺構などがほとんど手つかずのまま残されている極めて貴重な地域である。

2007年8月に「西表石垣島国立公園」に編入され無秩序な開発から文化財や自然景観を守る条件はある程度整っているものの、リゾート開発計画や平久保半島一周道路計画など、露骨な投機目当ての開発計画が浮かんでは消えている状況は憂慮すべきである。

 沖縄県教育委員会が文化庁の補助を受けて調査し編纂(さん)した「沖縄県歴史の道調査報告書」は、道や沿道に残る遺跡の分布状況、保存の実態、道の歴史的意義等について継続的に調査した優れた報告書である。1990年3月に刊行された第VII巻「八重山諸島の道」編では、八重山の歴史の道を詳細にたどることができる。

 その内、「伊原間から安良への道」の項目には、伊原間村から明石にさしかかる手前の小高い丘一帯に「ウツヌ村」(内野村)があったが廃村になったこと、廃村のいきさつや時期が判明していないこと、安良(ヤッサ)村は石垣や登野城からの寄百姓によって村建てされたものの明和の大津波によって460人余が死亡、その後疫病による壊滅的な打撃を経てさらに寄百姓による再建が行われたものの、結局廃村のやむなきに至ったことなどが記述され、八重山の歴史を知る上で示唆に富む内容となっている。

■「八重山の歴史の道」調査を
 平久保村と安良村を結ぶ安良越地(峠道)を舞台に、若い男女の恋のたわむれを軽快に歌った珠玉の民謡「越地節」(くいへ節)も取り上げられるなど、当時の生活をしのぶことができる。

 また、石垣市市史編集室がまとめた「故郷安良の原風景~その歴史と自然~」は、綿密で詳細な調査がなされており、私たちに先達の足跡を強く印象づける優れた研究成果である。

 ヤッサ村跡には、井戸、御嶽、屋敷跡、墓など往時の生活をしのばせる遺構が比較的良好な状態で残されており、多良間田の跡も確認することができる。廃村とはなったものの、かつては美しく豊かな自然に包まれて、喜びや悲しみに彩られた人々の営みがあったことを忘れれてはなるまい。

 安良村跡に限らず、八重山各地で残されている貴重な文化遺産を乱開発からしっかり守り、後世に引き継がなければならない。そのために行政機関は、八重山全体の歴史の道など文化遺産を改めて詳細に調査し、地域住民の理解と協力を得て、保全のための方向性を明確に示し、次世代へ承継するべきである。
スポンサーサイト



<< 民主党政権のことば自体が信じられなくなったこの一年:基地問題 | ホーム | アジア経済の中の琉球 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP