FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

中国援助を評価するバヌアツ、北マリアナ諸島での実弾訓練、独立国としての台湾

2001年8,9月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。
他国の内政に干渉しない中国のひもなし援助が島嶼国から評価されています。日本、豪州などのひも付き援助は批判されています。




9/19 PINA Nius Online
 バヌアツが中国の援助方式を評価している。

 ボホール・バヌアツ副首相は、中国の援助方式を評価し、中国政府はバヌアツ国民の真の友人であると讃えた。

同副首相は、中国からの援助と他の諸国からの援助の違いは、中国援助はひも付きでないことであると指摘した。また、同副首相は、バヌアツ政府は中国から313,589米ドルの援助金を得たが、他国から同額の援助を受け取る場合には専門家の派遣費が含まれ、結局は援助金の全てが援助提供国の人々の給料として戻っていくと語った。さらに、同副首相は、中国だけが現金を提供し、その使い方をバヌアツ政府にまかせるとも述べた。

 バヌアツ政府に対する中国の寛大な対応の結果 、バヌアツ政府は、中国政府の「一つの中国」政策を守り続け、中国を承認し、台湾政府を認めていない。中国政府がバヌアツ政府に対して寛容な姿勢を見せたのはこれが初めてではない。

バヌアツ政府の前政権の時には、バヌアツ政府への巨額の借款返済を中国政府は免除したことがあった。この借款によりバヌアツの国会議事堂、南太平洋大学法学部キャンパス等の大規模建設が行われた。




北マリアナ諸島も米国領土であり、実弾による爆撃訓練が今も行われています。
プエルトリコも北マリアナ諸島と同じく、米国のコモンウェルスでありますが、プエルトリコは脱植民地化、独立を目指して国連で活動しています。同じ米領でもこのような違いがあります。


8/31 PIR
 米軍関係者は、北マリアナ諸島下院議会が同諸島における爆撃実験を支持したことを評価した。

 米国防衛評議会のペリン事務局長は、北マリアナ諸島下院議会が、爆撃訓練用にファラロン・デ・メディニラ島の継続的使用を支持したことを評価した。先週、北マリアナ諸島下院議会は、サイパンの北方にある島々における爆撃訓練、その他の米海軍による軍事訓練の実施を支持する決議案を採択した。

 ペリン事務局長は、「プエルトリコの人々がビエケス島における爆撃訓練を拒否した時期に、北マリアナ諸島の人々が米軍による同諸島内における爆撃訓練を支持したことは非常にタイムリーであった。」と述べた。



沖縄の研究者の中には台湾は非国家とみなしている人がいますが、実際は独立国として外交活動、ODAの提供を世界中に行っています。琉球も台湾を見習うべきです。

8/14 
ナウルで開催されるPIF総会準備のために台湾が500万ドル援助した。

 台湾からの援助金はホテル、シビックセンターの改修等に使われている。ナウル政府は、総会のためにの台湾援助に対して大きな評価を与えた。

ナウルは台湾と外交関係をもっている太平洋島嶼国の1つである。中国は昨年、キリバスで開催されたPIF総会の域外国対話において台湾とフォーラムとの関係について問題にしたが、もし今年、台湾が総会に招かれた場合、中国は総会に参加しないだろうと脅かしている。

ナウルは200人以上の各国代表団の来島を期待しているが、豪州首相、PNG首相、フィジー首相は参加しない見込みである。
スポンサーサイト



<< 米軍基地受け入れ協議の可能性を示した静岡県 | ホーム | 民主党政権のことば自体が信じられなくなったこの一年:基地問題 >>


コメント

今年一年、情報配信、感謝します!

来年も、議論を巻き起こす情報や、ハートフルな話題を、期待します!

歴史とは、一年一年を根気強く、積み重ねたモノであるに、他なりません!

来年も、お互い頑張って、精進致しましょう。



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

Re: 今年一年、情報配信、感謝します!


琉球人さん

真剣なコメントありがとうございました。
また来年も、勇気、希望、可能性にみちたコメントをどうぞよろしくお願いします。




> 来年も、議論を巻き起こす情報や、ハートフルな話題を、期待します!
>
> 歴史とは、一年一年を根気強く、積み重ねたモノであるに、他なりません!
>
> 来年も、お互い頑張って、精進致しましょう。
>
>
>
> 〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP