FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

米豪と地球温暖化問題、海面上昇による飢餓、米のミサイル実験場と化した太平洋

2001年7,8月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。

太平洋に対して大きな影響力を及ぼしている米、豪が地球温暖化問題に後ろ向きであるために、太平洋諸島の海面上昇問題が深刻化を増しています。琉球が同じ島嶼としてどのような支援、協力策を実施できるかが問われています。何をしてもらうのかではなく、何をするのかが自治の基本です。



8/16 PINA Nius Online
 京都議定書を巡りPIF諸国の事務官が激論を行った。

 ナウルで開催されるPIF総会のために各国の事務官が協議を行っている。パラオの事務官は、海面 上昇を引き起こすグリーンハウス・ガスの排出を抑えるための国際的な努力に対して豪州が孤立主義的立場をとっているとして批判した。気候温暖化に関する京都議定書批准を米国が拒否のを批判するのを豪州政府代表がやめさせようとしている中で、パラオ政府代表団からの批判がでた。

 パラオ政府代表のペリン氏は、総会の共同宣言の中に、京都議定書に対する米国の決定を批判する強いステートメントを挿入すべきであると主張している。

他方、豪州政府は、米国政府が批准しない京都議定書の採択はほとんど価値のないものであり、PIFメンバー諸国は第3の道がないかどうかを見守るべきであるとの立場をとっている。



海面上昇によって海水が作物につかり、飢餓状態におちいる島もできてきているのです。飢餓に陥らないでも、輸入食料品に依存して健康障害問題が深刻になっている、ツバル、マーシャル諸島のような島国もあります。

8/6 PIR
 海面上昇が原因で、ブーゲンビル環礁に住む子供が飢餓に直面 している。

 パプア・ニューギニアのブーゲンビル環礁の中にあるカテレテス諸島では、10才以下の子供が飢餓に苦しんでいる。飢餓の原因は、海面 上昇により海水が島の食糧用の植物を死滅させていることである。人々はココナツや、魚で飢えを凌いできたが、3週間前の強風と荒波で島民は漁業が出来なくなった。

飢えのために既に2人の大人が死亡したとの報道もある。他の島々の人々は、サツマイモ、バナナ、キャッサバ等の救援食料を積極的に送ろうとしているが、輸送手段の確保の困難に直面 している。


米は太平洋をミサイル訓練の場所として利用しています。琉球の米軍基地だけでなく、太平洋全体が米軍の演習場となっているのです。

7/10 PIR
米国は7月14日に弾道弾ミサイル迎撃実験を行う予定である。

 7月14日にカルフォルニアのバンデンバーグ米空軍基地から模擬弾頭を搭載した大陸間弾道ミサイルが発射され、20分後にマーシャル諸島にあるロナルド・レーガン・ミサイル実験施設から迎撃ミサイルが発射される予定である。

 それから10分後に弾道ミサイルは迎撃ミサイルによって、太平洋上225キロ上で打ち落とされるだろう。ブッシュ大統領は、600万ドルを使いミサイル防衛システムを推進しており、ミサイル貿易システムにより「ならず者国家」とされる北朝鮮、イラン、リビア等からの攻撃に対抗する必要があると主張している。
スポンサーサイト



<< ゴミから宝へ:鳩間島の取り組み | ホーム | 米軍基地受け入れ協議の可能性を示した静岡県 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP